楽天モバイルで楽天回線対応製品は本当に必要?通話ができない?今使っているスマホは楽天モバイルUN-LIMITで使えないのか徹底解説+APN設定情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (360) / 関連:楽天モバイル更新順(25)

楽天モバイルのUN-LIMITを契約しようとして一番疑問に思うことは、楽天回線対応製品は本当に必要かどうかです。

公式サイトには「楽天回線対応製品をご購入、ご準備ください」だとか、「楽天回線対応製品が必要となります」だとかが出てきます。

普通の格安SIMなら今使っているスマホやiPhoneがそのまま使えるけど、楽天モバイルUNLIMITだと必要なの? 楽天回線対応製品の格安スマホが3万円くらいするから、できれば買わずに今のスマホを使いたい・・。

楽天回線対応製品は本当に必要?

結論は、7割くらいの人は楽天回線対応製品は必要ないです

楽天回線対応製品以外でも使えるiPhoneやAndroidスマホが、かなりあります。

iPhone XR以上のモデルならそのまま使えて、iPhone6s/7/8/Xだとパソコンで設定をすれば楽天モバイルで使えます。(大手キャリアで購入したiPhoneだとSIMロック解除が必須)

厄介なのは楽天回線対応製品以外のAndroidスマホです。使えるスマホと使えないスマホが混在しています。

リスクを避けたい場合は、楽天モバイルのキャンペーンで対応する格安スマホを買うのが一番疲れないです(最大2万1300ポイントの楽天ポイントプレゼント)。

ここでは楽天回線対応製品の一覧とおすすめの安い機種、楽天回線対応製品の注意点、楽天回線対応製品以外を使うリスク、楽天回線対応スマホを持っていない場合のおすすめの安い方法などを詳しく紹介します。

楽天モバイルのUN-LIMITの料金プランと速度、デメリットとメリットを徹底解説

楽天モバイルの公式サイト

※ Rakuten UN-LIMITは先着300万人まで1年間無料です。4月8日の正式スタートで、実際の評判がかなり良いので、割と早く300万人を達成するかもです・・。

※ 楽天回線対応製品以外のスマホで楽天アンリミットを使う場合は、全て自己責任でお願いします。

楽天回線対応製品の目次

「楽天回線対応製品が必要となります」は本当?

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」の公式サイトには「楽天回線対応製品をご購入、ご準備ください」と言う表示がデカデカと出ています。

申し込み時には「楽天回線対応製品が必要となります」の項目があり、「了承した」にしないと申し込みができません。

普通の格安SIMだと、ほとんどの場合で今使っているスマホがそのまま使えますが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」だと今使っているスマホが使えないのか・・?

答えは、7割くらいの人は必要ないです。

楽天回線対応製品以外でも、結構多くのスマホがRakuten UN-LIMITで使えます。

Rakuten UN-LIMITが使えない機種は現時点ではiPhone5s以下のモデル、不具合が出る可能性が高いのがAndroid 6などの古いスマホ、場所によって使えなくなるバンド3とバンド18に対応していないAndroidスマホです。

iPhone6以上のモデルのiPhoneや、Android9以上の最近のスマホ、バンド3とバンド18に対応しているAndroidスマホなら、ほとんどの場合で楽天回線対応製品の購入の必要なく使えます。

下記から細かく説明していくので参考にしてみてください。

楽天回線対応製品の目次

楽天モバイルを使うにはアクティベーションが必要

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を使うには、アンリミットのSIMカードをスマホに入れてアクティベーションする必要があります。

楽天回線対応製品なら自動的にアクティベーションして、「Rakuten UN-LIMIT」が使えます。

そもそもアクティベーションって何? ← 楽天回線の開通手続き

アクティベーション:スマホに楽天モバイルのUNLIMITのSIMカードを入れて、APN(rakuten.jp)を設定して、電波を掴んでネットが使えるようになれば、開通手続きが完了です。この一連の作業をアクティベーションといいます。

※ 他社からの乗り換えや、楽天MVNOからの転入の場合は、転入手続きが必要です。

基本的には30秒ほどで電波バーが立って、電波を受信するようになります。スマホの中には3分くらい時間がかかる場合もあるので、とりあえず放置してみてください。

電波を受信するようになったら(データ通信ができるようになったら)、アクティベーション完了です。

いまいちイメージできない場合は、下記を参考にしてみてください。申込みから設定までを全て説明しています。

楽天モバイルの「楽天アンリミット」を実際に申し込んで全部解説!本人確認書類などの必要なもの、届くもの、MNP転入手続き、開通手続き、必要な設定をすべて説明

楽天回線に対応していないスマホだとアクティベーションができず(電波を掴めず)、スマホが使えない可能性があります。

ただし、楽天回線対応製品以外の全てのスマホがアクティベーションできないのかと言われると、そうでは無いです。

楽天回線対応製品以外でも、アクティベーションできて「Rakuten UN-LIMIT」が使える機種はかなりあります。というか、アクティベーション出来ない機種は相当少ないです。数%くらいな気がします。

まず最初に問題なくアクティベーションできる楽天回線対応製品を紹介してから、楽天回線対応製品以外で使えるスマホを説明します。

楽天回線対応製品の目次

問題なくアクティベーションできるのが「楽天回線対応製品」

楽天回線対応製品の一覧&おすすめの安い機種

楽天回線対応製品の一覧
・Rakuten Mini ← これだけeSIMで物理SIMはありません
OPPO A5 2020
OPPO Reno A ※注1
・OPPO Reno 10x Zoom
・OPPO AX7
・OPPO Find X
・OPPO R17 Pro
・arrows RX
AQUOS sense3 lite ※注2
AQUOS sense3 plus ※注3
AQUOS sense2 SH-M08 ※注4
AQUOS sense lite SH-M05
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS zero SH-M10
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS R compact SH-M06
HUAWEI P30 lite ※注5
HUAWEI nova lite 3 ※注5
・HUAWEI nova 5T
Xperia Ace
・Galaxy A7
・Galaxy S10 ※注6
・Galaxy Note10+ ※注6
・Aterm MP02LN (モバイルルーター)
・Aterm MR05LN (モバイルルーター)

※注1:楽天版のOPPO Reno Aのみ正式対応ですが、SIMフリー版や他のMVNOで販売しているOPPO Reno A (ROM64GB版)も使えます。

※注2:ドコモやauのAQUOS sense3はSIMロック解除すれば使えます。UQ版はそのまま使えます

※注3:楽天版のAQUOS sense3 plusのみ対応ですが、SIMフリー版は動作報告をもらいました。他のキャリアで販売しているAQUOS sense3 plusも使える可能性は非常に高いです(基本的には使えると思って大丈夫ですが、絶対大丈夫とまではいかない感じです・・)。

※注4:UQ版のAQUOS sense2は使えます。au版はSIMロック解除すれば使えます。ドコモ版のAQUOS sense2はバンド18に対応していないので使わないほうが良いです。

※注5:ソフトウェアアップデートが必要になる場合があります。P30 liteやnova lite 3などは、ビルド番号の最初の4桁が「C635」になっていると楽天回線に対応します。(ビルド番号の確認方法:設定 → システム → 端末情報 → ビルド番号)。他の機種でもソフトウェアアップデートが必要な場合があります。

※注6:ドコモやソフトバンク、auなどで販売しているGalaxy S10とGalaxy Note10+が対応しているかはわかりませんが、バンド3と18(または26)に対応していれば、高い可能性で使えます。

楽天回線対応製品の詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

楽天回線対応製品のおすすめの安い機種

楽天モバイルでは楽天回線対応製品が割安に手に入るキャンペーンを行なっています。

キャンペーンの詳細に加えて、おすすめ機種などをランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

楽天回線対応製品の目次

少しだけ注意:楽天回線対応製品でも楽天回線エリアでの電波の掴みが異なる

Rakuten UNLIMITをパートナーエリアで使う場合は気にする必要はありませんが、楽天回線エリアで使う場合は、楽天回線対応製品でも電波の掴みが異なる場合があるので注意してください。

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに繋がらない理由と対処法、パートナーエリアのエリアマップの違い

楽天回線エリア内で電波が良い場所なら問題ないですが、電波が良くない場所だと、楽天回線対応製品によって電波をかろうじて繋げてくれる機種と、ネットが全くできなくなる機種があります。

格安SIMの管理人が遭遇したのは、AQUOS sense3 liteとP30 lite(ソフトウェアアップデート済み)です。

格安SIMの管理人の自宅は楽天回線エリア内ですが、自宅での電波がかなり悪いです。AQUOS sense3 liteならかろうじて繋げてくれる場合もあるのですが、P30 liteだとウンともスンとも言いやがりません。

個体差があるのか、それとも機種自体の問題かはわかりませんが、楽天回線の電波の受信が悪い場合、他の機種なら電波が繋がる可能性があるので、複数機種を持っている場合は試してみてください。

2020年4月8日に楽天の電波が良くなり、P30 liteでも普通に使えるようになった

Rakuten UNLIMITの正式スタート日の2020年4月8日になったら、楽天の電波が良くなり、P30 liteでも普通に使えるようになりました。

楽天の電波がかなり悪い場所だと、AQUOSのほうが頑張れるのかな・・とか思う感じです。普通の場所ならP30 liteでも大丈夫な気がします。

楽天回線対応製品の目次

別のところで購入した楽天回線対応機種は使える? ← 使える

楽天回線対応製品の中には、他のMVNOやネットショップ、大手キャリアでも販売している機種があります。

別のところで購入した楽天回線対応機種は使えるかですか、使えます。

4月8日に正式スタートしてから、いろんな人がRakuten UNLIMITを試していますが、別のところで購入した楽天回線対応機種が使えないという報告がほとんどありません。というか、そんな報告は見つかりません。

楽天の公式回答は“非対応”ですが、別のところで購入した楽天回線対応機種でも運が超悪くなければ、アクティベーションも含めて問題なく使えそうです。

※ 非対応と言っても、使えないという意味ではありません。動作確認をしていないので、使えるかわからないという意味です。

※ 注:コメントからの情報提供から、ワイモバイルで購入したP30 liteは使えないそうです。

楽天回線対応製品の詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

楽天回線対応製品の目次

楽天回線対応製品以外だと、アクティベーションできない可能性はあるけど、本当に少しだけ

楽天回線対応製品と楽天回線対応製品以外の端末の挙動は下記です。

① 楽天回線対応製品

全て問題なく使える。

② 楽天回線対応製品以外のiPhone

iPhone6s〜Xならパソコンで設定するとアクティベーションできる。iPhone XR以上ならそのままアクティベーションができる(eSIMも大丈夫)。

データ通信、音声通話ができる。Rakuten Linkは使えない。iPhone XR以上だとパートナーエリア(au電波)ではSMSの送受信ができないけど、PCで設定すると一部のiPhoneでSMSの送受信ができるようになる。

③ 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホ

ほとんどの場合でアクティベーションできる。バンドが対応していれば、データ通信もほとんどの機種でできる。

Rakuten Linkで音声通話やSMSが使える機種は8割くらい。緊急通報やフリーダイアルはほとんどの機種でできない、パートナーエリア(au電波)だとSMSの送受信ができない機種がほとんど。

※ ZenFone3、4、Liveシリーズ、それとBlade E02だとデータ通信に難ありなので、使わないほうが良いです。

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホを使って、アクティベーションができない場合は、楽天回線対応製品が必要です。

アクティベーションできない原因は、かなり古いAndroid OSの場合、もしくはスマホがバンド18(もしくは26)に対応していない場合に、発生する可能性が高いです。

ドコモとソフトバンクのAndroidスマホだと。バンド18(もしくは26)に対応していない機種が多いので、それが原因でパートナーエリアでアクティベーションできなかったりします。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホだとSIMロックの解除が必須です。

対応バンドに気をつければ、基本的にはアクティベーションできてデータ通信もできます。

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホを使う場合の問題点は、アクティベーションではありませんでした。

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホを使う場合の最大の問題は、フリーダイアルと緊急通報、固定電話からの着信、そしてSMSの送受信に関してです。

楽天回線対応製品の目次

楽天回線対応機種以外:Rakuten UNLIMITが使える機種と使えない機種

iPhoneなら使えるけど、いくつか注意点あり

iPhoneは楽天回線対応機種ではありませんが、iPhone6以上なら、楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードでもアクティベーションできて、普通に使えます。eSIMも使えます。

簡単に使えるiPhone
・iPhone XR、XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro MAX / SE(第2世代)

パソコンで設定すれば使えるiPhone
・iPhone 6 / 6 plus / 6s / 6s Plus / 7 / 7 Plus / SE(第1世代) / 8 / 8 Plus / X

iPhoneを使う場合、Rakuten Linkアプリがまだ対応していないので、無料のかけ放題サービスは使えないので注意してください。

楽天でんわなどの電話も使えないので、通話料金は30秒20円です。フリーダイアルと緊急通報は使えます。固定電話からの電話も普通に受けられます。

iPhone 11シリーズだとパートナーエリア、またはバンド18(もしくは26)を掴んでいると、SMSの送受信ができないので注意してください。その他のiPhoneはPCで設定するとパートナーエリアでもiPhoneでSMSの送受信ができます

Rakuten UN-LIMITでiPhoneを使う場合の詳細情報は、下記にまとめているので参考にしてみてください。

実は楽天モバイルはiPhoneが使える?楽天モバイルUN-LIMITをiPhoneで使えたけど要注意

iPhone6s、iPhone7、iPhone8でも楽天モバイルのRakuten UNLIMITが使えるようになる裏技は本当?←本当に使えた!(要PC)

楽天回線対応製品の目次

楽天回線エリアはバンド3に対応しているAndroid機種、パートナーエリアはバンド18(26)に対応しているAndroid機種で使えるけど、いくつか注意点あり

楽天回線対応製品ではないAndroidスマホでも、適切なバンドに対応している場合は、Rakuten UN-LIMITでネットが使えます。(100%確実ではないですが、80%くらいの機種はデータ通信が使えます)

注意点は楽天回線とパートナーエリアで使うLTEバンドに対応していることです。

※ かなり古いAndroidスマホだとバンドが合っていても使えない可能性が高くなります。

楽天回線エリア(楽天自社電波):LTEのバンド3を使用

ほとんど全てのAndroidスマホはLTEバンド3に対応しています。特殊な機種を持ってこなければ、バンド3は大丈夫だと思って良いです。

ただし、楽天回線エリア内でも、auの電波を使っている場所があります。その場合はAndroidスマホがLTEバンド18(または26)に対応している必要があります。

パートナーエリア(au電波):LTEのバンド18、またはバンド26を使用

SIMフリーのAndroidスマホならほとんどの場合でバンド18(26)に対応しています。バンド18かバンド26のどちらかに対応していれば大丈夫です。

3年以上前の格安スマホや、2万円以下のスマホの場合はバンド18(26)に対応していない場合があります。auのVoLTE対応と記載されている機種なら使えます。

楽天回線エリアとパートナーエリアの違い

ドコモとソフトバンクのAndroidスマホだと、バンド18(26)に対応していない可能性が高いです。バンド18(26)に対応していない場合は、パートナーエリアでは使えません。

楽天回線エリアの一部も、auの電波を使っている場所があるので、その場合もバンド18(26)に対応していない場合は、電波をつかめずスマホは使えなくなります。

条件を満たしているのに、使えないスマホが少し存在する

バンド3とバンド18(または26)に対応していれば、ほとんどの場合で使えますが、スマホの中にはバンドが全て対応しているのに使えない機種もあるみたいです。

例えば、バンド3と18に対応しているZenFone3、4、Liveシリーズ、それとBlade E02が使えないという報告が上がっています。

Rakuten UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天回線対応製品の目次

標準の電話アプリが使えないので、電話は楽天リンクを使う

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホのほとんどは標準の電話アプリは使えません。

楽天リンクを使えばSMSの送受信や電話が使えるようになります。

楽天リンクのレビューと裏技的な使い方まで、通話料無料、通話品質、電話番号は非通知?SMS認証ができない?対応機種とiPhone対策まで徹底解説

ただし、パートナーエリアだと、そのままでは楽天リンクの初期設定ができません。

※ 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホでも、楽天VoLTEに対応していれば、標準の電話アプリで電話やSMSの送受信ができます。

楽天回線対応製品の目次

パートナーエリアだとSMSの受信ができず、無料通話アプリの楽天リンクを使い始めることが出来ない(解決方法はある)

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、ほとんどの場合で通常の電話アプリでは電話はできません。

無料通話アプリの楽天リンクをインストールしてSMS認証をすれば、電話やSMSができるようになります。

楽天回線エリアでバンド3を掴んでいれば、楽天リンクは簡単に設定できて使えるようになりますが、パートナーエリアだと楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだけでは、SMS認証ができず楽天リンクを使い始めることが出来ません。

パートナーエリアや楽天回線エリアでもパートナー回線のバンド18を掴んでいる場合は、下記を参考にSMS認証を行い、楽天リンクを使えるようにしてください。

楽天LinkのSMS認証ができない場合の原因と解決方法

SMS認証を行えばパートナーエリアでも楽天リンクが使えるようになります。

楽天回線対応製品の目次

古すぎるAndroidスマホは楽天リンクがクラッシュして使えない

他には、コメントからもらった情報提供によると、Android 6のarrows M03でRakuten Linkアプリを使おうとすると、アプリがクラッシュして使えないそうです。格安SIMの管理人が持っているP8liteでもクラッシュしました。

おそらくAndroid8以上のAndroidスマホなら楽天リンクアプリの無料通話が使えると思いますが、Android7以下の古いAndroidスマホだとどうなるかわかりません。

楽天回線対応製品の目次

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、ほとんどの場合でフリーダイアルや緊急通報はできない

楽天モバイルのUNLIMITを使っていて、通常の電話アプリで電話をするには、スマホが楽天回線のVoLTEに対応している必要があります。

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、ほとんどの場合で楽天のVoLTEに対応していません。そのため通常の電話アプリは使えないと思っておいたほうが良いです。

楽天リンクでフリーダイアルや緊急通報をすると、強制的に通常の電話アプリから電話をかけようとします。このため、楽天のVoLTEに対応していない楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、フリーダイアルや緊急通報が使えません。発信できず切れるだけです。

※ 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホでも、楽天VoLTEに対応していれば、フリーダイアルや緊急通報ができると思われます。

楽天回線対応製品の目次

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、ほとんどの場合で固定電話からの電話が鳴らない

固定電話から楽天アンリミットの自分の電話番号にかけると、楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと楽天リンクを入れていても電話は鳴りません。

楽天回線対応製品以外のAndroidスマホでも固定電話からの通話が鳴る場合がありますが、動作は不安定です。

※ iPhoneや楽天回線対応製品なら普通に電話が鳴ります。

※ 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホでも、楽天VoLTEに対応していれば、固定回線からの電話も鳴ると思われます。

楽天回線対応製品の目次

楽天UNLIMITを使うのに必須の設定:APN(rakuten.jp)を設定する

iPhoneの設定については下記を参考にしてください。

iPhoneを使うためのAPNの設定、テザリングの設定、音声通話の設定

下記はAndroidスマホの設定方法です。

AndroidスマホでRakuten UNLIMITを使うにはAPNの設定が必須です。

楽天回線対応機種のAndroidスマホだと自動的に設定されるのがほとんどですが、楽天回線対応機種以外のAndroidスマホだと手動でAPNを設定する必要があります(必要ない場合もありますが・・そこはスルーで)。

Androidスマホによって少し変わりますが、だいたい下記のような場所でAPNの設定ができます。

Androidスマホ → 設定 → 無線とネットワーク → モバイルネットワーク → アクセスポイント名(APN) → 新しいAPNを作成

APN情報
・名前:rakuten
・APN:rakuten.jp ←これが必須
・ユーザ名:なし (入力が必須の場合は、rakutenとでも入力してください)
・パスワード:なし (入力が必須の場合は、rakutenとでも入力してください)
・MCC:440
・MNC:11
・認証タイプ:未設定
・APNタイプ:default,supl,dun ← 一部端末でdunの削除が必要かも、一部端末でimsの追加が必要かも、一部端末でtetherの追加が必要かも
・APNプロトコル:IPv4/IPv6
・APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
・PDPタイプ:IPv4/IPv6
・ベアラー:指定なし ← 一部端末でLTEにする必要があるかも

必須なのがAPNのrakuten.jpです。名前は何でも良いです。

基本的にはAPNのrakuten.jpだけ設定してください。楽天回線対応機種ならrakuten.jpの設定だけで動きます。

楽天回線対応機種以外のAndroidスマホでも、大半はrakuten.jpだけで動きます。

うまくいかない場合にだけ、dunを削除したり、imsを追加したり、tetherを追加したり、ベアラーをLTEにするなど、いろんなパターンを試してみてください。

※ スマホの中にはユーザ名とパスワードの入力が必須になっている場合があります。その場合にだけrakutenとでも入力してください。ユーザ名とパスワードを入力すると、APNタイプのdunの削除が必要になる場合もあります。

※ Xiaomiのスマホだと、APNタイプは「default,mms,supl,hipri,fota,cbs,mcx」にしたりする場合もあるそうです。

APNを設定すると、数秒〜30秒ほどですると電波を掴むようになります。初めて使う場合は、機種によっては3分くらい待つ必要がある場合もあるので、とりあえず放置してみてください。

うまくいかない場合は、スマホを再起動すると、うまくいったりもします。

楽天アンリミットの詳細と申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

他社や楽天MVNOから乗り換えている場合は、楽天SIMが届いた後にWebサイトで転入手続きをし忘れている人がいます。転入手続きをしないと、楽天モバイルのSIMは使えないです。

楽天回線対応製品の目次

APNだけでは動かない場合の追加設定、楽天回線対応機種以外のAndroidスマホ用

APNの設定だけで大体はうまくいきますが、うまくいかない場合は下記を試してみてください。

※ 名称はAndroidスマホによって少し変わる可能性があるかもですが、大体のニュアンスで進んでください。

システムアップデート(ソフトウェアアップデート)をする

スマホのファームウェアが古いと楽天アンリミットのSIMカードでうまく通信できない場合があります。

とりあえずAndroidのバージョンを一番新しくします。スマホによってバージョンアップの場所が変わりますが、大体下記のような場所にあります。

Androidスマホ → 設定 → システムと更新 → ソフトウェア更新

※ Android 9からAnrdoid 10にすると、動かなくなるアプリが一部ある可能性があるのでソフトウェアの更新は自己責任で。。普通のアプリなら動きますが、かなりマイナーなアプリだとどうなるかわかりません。

楽天回線対応製品の目次

通信事業者を選択する

Androidスマホ → 設定 → 無線とネットワーク → モバイルネットワーク → 通信事業者

通信事業者が自動になっている場合は、自動をオフにしてRakuten 4G(またはRakuten、440-11、440-50、440-53等)を選択する。自動になっていない場合は、自動にしてみる。

楽天回線対応製品の目次

可能性高い:LTE Only(4Gのみ)に設定する

Androidスマホ → 設定 → 無線とネットワーク → モバイルネットワーク → 優先ネットワーク

2G/3G/4G等がある場合は、LTE Only(4Gのみ)にしてみる。

普通の電話アプリから「*#*#4636#*#*」、または「*#36446337#」をダイアル → 携帯電話情報 → 優先ネットワークの種類を設定 → LTE Only

スマホを再起動する。これでデータ通信ができるようになる可能性が高いです。4636が効くのはSoCがSnapdragonの場合っぽいです。36446337はOnePlus用のコマンドっぽいです。

うまく動かない場合は下記のアプリも試してみてください。
4G LTE Switcher ( no ads )
Force LTE Only

ファーウェイの場合は設定の優先ネットワークを変更するだけで、大丈夫な感じです。

楽天回線対応製品の目次

ある場合はVoLTEを設定する(4G LTE拡張モード)

Androidスマホ → 設定 → 無線とネットワーク → モバイルネットワーク → 4G LTE拡張モードをオンにする

Xiaomiのスマホだと標準の電話アプリから「*#*#86583#*#*」でVoLTEのキャリアチェックを無効にして、設定のSIMカードとモバイルネットワークから、VoLTEを有効にできるようです。

VoLTEを有効にできると、楽天アンリミットでもフリーダイアルと緊急通報ができるようになります(Xiaomiのスマホがバンド3と18に対応していればです。動作確認は各自で行ってみてください)。

楽天回線対応製品の目次

デュアルSIMの場合は反対側のSIMスロットに入れて設定してみる

SIMカードが2枚入るデュアルSIMの場合、たまに片方のSIMスロットには細かい設定が反映されない場合があります。

何やってもうまくいかない場合は、とりあえず反対側のSIMスロットに入れていろいろ試してみてください。

楽天回線対応製品の目次

楽天回線対応スマホを持っていない場合のおすすめの安い方法

今使っているスマホでも使える可能性がある

iPhone 5s以下のモデルのiPhoneを使っている場合は、諦めて新しいiPhoneに買い換えることをオススメします。

iPhone6〜Xのモデルはパソコンで設定すれば使えて、iPhone XR以上のモデルならそのまま楽天モバイルのUNLIMITで使えます。

※ ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイル、BIGLOBEモバイルで購入したiPhoneの場合はSIMロックの解除が必要です。

SIMフリーの格安スマホなら、古いスマホでなければ、ほとんどの場合でUNLIMITで使えます。

厄介なのは、大手キャリアが販売したAndroidスマホです。大手キャリアのAndroidスマホは対応バンドを自社バンドのみに制限していたりする場合があるので、Rakuten UN-LIMITだと使えない可能性が比較的高いです。

大手キャリアが販売したAndroidスマホを使う場合は、スマホがバンド3と18(もしくは26)に対応しているか確認してから、UNLIMITを試すことをオススメします。

auのAndroidスマホなら殆どの場合でバンド3と18に対応しています。ドコモとソフトバンクのAndroidスマホだとバンド3だけに対応していてい、バンド18に対応している端末は少ないです。(大手キャリアのスマホの場合、SIMロック解除が必須です)

楽天回線対応機種以外:Rakuten UNLIMITが使える機種と使えない機種

なんだかよくわからない・・、そんな場合は、素直に楽天モバイルで楽天回線対応スマホを買うのが一番無難で頭が疲れません。

ドコモとソフトバンクで販売しているAndroidスマホを、楽天アンリミットで使おうとするのは結構分が悪いです。この場合は、最初から楽天回線対応製品を買ったほうが良いと思います・・。

auのAndroidスマホなら結構分が良いです。ただ、いずれにせよ楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、フリーダイアルや緊急通報は出来ない可能性は高いです。

楽天回線対応製品の目次

楽天モバイルで楽天回線対応スマホを買うのが簡単で安い

確実に簡単に楽天モバイルのアンリミットを使いたい場合、楽天モバイルで楽天回線対応スマホを買うのが一番良いです。

理由は、楽天モバイルのキャンペーンで楽天回線対応スマホを割安に手に入れることができるからです。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

キャンペーンの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天回線対応製品の目次

OCNモバイルONEの超安い格安スマホを手に入れる(楽天回線エリアの人はおすすめ)

OCNモバイルONEで販売している超安い楽天回線対応のDSDV対応の格安スマホを購入して、Rakuten UN-LIMITで使うのもおすすめです。

DSDV対応機種はSIMカードが2枚使える機種です。

楽天回線エリア内で使う場合は、楽天回線の電波が悪くなる場合がそれなりにあります。電波が悪い場所で使いたい場合、OCNモバイルONEのSIMカードに設定で切り替えれば、簡単にOCNモバイルONEのSIMカード経由でネットが使えます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買えるセールを実施中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

moto g8が実質7800円、moto g8 powerが実質1万2800円、OPPO Reno Aが実質2万6000円、AQUOS sense3が実質2万2100円など。他社からの乗り換えなら、さらに5000円引きで買えます。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEの公式サイト

※ OCNモバイルONEの格安スマホを購入して、すぐOCNモバイルONEを解約するのはやめたほうがいいです。少なくとも半年は使うことを強くお勧めします。即解約するとブラックリストに載って、その後はOCNモバイルONEで格安スマホを契約することができなくなります。

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、格安スマホの叩き売りMVNO

楽天回線対応製品の目次

最終更新日 2020年5月12日 / 作成日 2020年3月24日 / 作成者 格安SIMの管理人

360
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
105 Comment threads
255 Thread replies
5 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
228 Comment authors
たけたけ格安SIMの管理人たけたけTakaさだもんた Recent comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
さだもんた
ゲスト
さだもんた
この記事は参考になった/良かった :
     

動作報告です。

Galaxy S20+ 5G(SIMフリー/香港版/SM-G9860)で、問題なく楽天UN-LIMITを開通(通信・通話)できました。MNPからの設定でした。楽天回線エリアに行かずともauローミングエリア内でSMS認証まですべてを終えられました。

ちなみに、固定(NTTひかり電話) → Galaxy S20+ 5G で受電できました。この場合、Rakuten Linkではなく標準電話アプリが立ち上がりました。

楽天⇔携帯、楽天⇔固定ともにエコーバックの発生など通話品質に関してはまだまだ改善の余地ありといった印象ですが、通話自体はできました。

楽天UN-LIMITの導入にあたって貴サイトにはいろいろお世話になりましたので、後に続く人のためにも記しておきますね。紹介者コードも使わせていただきました。ありがとうございました。

たけたけ
ゲスト
たけたけ

ひさびさ、楽天UN-LIMITサイトのご利用製品の対応状況確認
のページを見てみたら、各端末の機能一覧に
「接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線) 」の項目が追加されていて
驚くことに、この機能は今現在発売されている楽天公式端末も対応している製品はない
いつから、この項目が登場したのかは不明

https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/byod/?l-id=product_byod

これから発売される楽天公式端末に搭載されるということなのでしょうが、
おそらく楽天バンド3を優先的に選択してくれる機能のように思えます
(詳しい説明分がありませんが 「楽天回線エリアでの、楽天回線への自動
接続機能です」としかない)

Taka
ゲスト
Taka

今週スーパーホウダイからUlimitに移行手続きをしました。インターネットは貴ホームページを参考にして接続できましたが、以下の2点で困っています。
(1)携帯電話が使えない。
 使用している端末はHUAWEI P8maxでアンドロイドは6.0です。色々やってみたのですが、楽天モバイルのVoLTEに端末が対応していないのが原因のようです。ただテキストメッセージは送られて来ており、電話は鳴らないものの着信履歴がテキストメッセージで送られて来ます。
(2)Rakuten link の認証が完了しない。
 Rakuten link インストール後立ち上げると送信ボタンを押すと、6桁の認証コードが送られてきます。認証コードを入力後送信を押しますが、次の画面に遷移しません。
 楽天モバイルのコールセンターに電話して色々アドバイスを貰ったりトライしていますが、現状良い解決策が見つかっていません。P8maxは画面が大きくバッテリー容量も大きくこのまま出来れば使い続けたいところです。どなたか良い方策をご存知であればアドバイス願います。
 また当方目黒区居住で、楽天回線エリア内でほぼ使います。

たけたけ
ゲスト
たけたけ

発売時はアンドロイド5.1でアップデートされて6.0の端末のようです
バンド3には対応していますが、バンド18,26には対応していなく
楽天エリアだけ対応の、首都圏ではほぼ東京23区内でしか使えない
端末と思われます

楽天VOLTE非対応のアンドロイド6だけど、Rakuten linkの認証ができた成功例(一応)もこのサイトではそれなりに見ています
ですが
できなかったという端末もあり、このスマホもおそらく
Rakuten linkの認証ができない=データ通信専用でしか使えない(しかも楽天エリア限定)という厳しい端末ではないかと思います

楽天公式端末を買うか、楽天回線完全対応とわかっているスマホを
ヤフオク、フリマ等で安く買うか
の方向にした方がいいのではと思います

Taka
ゲスト
Taka

たけたけ様
情報提供ありがとうございます。やはり新しい端末を購入するのが最善の解決策のようですね。楽天回線完全対応とわかっているスマホをヤフオク等で購入する件ですが、楽天回線完全対応スマホの機種名はご存知でしょうか?あるいはどこで知ることができるでしょうか? 重ねての質問で恐縮ですが教示願います。         
TAKA

たけたけ
ゲスト
たけたけ

AQUOS sence3シリーズであれば、SIMフリー品はもちろんどこのキャリア品でもSIMロッククリアしてあれば
大丈夫と思われます このサイトにも記事があります
https://kakuyasu-sim.jp/aquos-sense3-sense3-lite

一応、楽天アンリミット本家サイトにも対応一覧はあります
楽天MVNOから発売されていた端末以外の情報が
ほとんどなさそうなのでいまいち
(見てみたら今回新たな発見が)
https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/byod/?l-id=product_byod

AQUOS sence2シリーズも、システムアップデートを
きっちりやれば、どこの端末でもほとんど大丈夫そうな印象

ググってみたら、どこかのブログ、サイトで楽天回線対応製品状況をまとめてくれている人がいるかもしれません
(見たことがあるような記憶があります)

スマホにこだわりがなければ、普通に本家楽天アンリミットサイトからAQUOS sense3 liteを購入すれば、
ポイント還元で実質18,319円で購入できます
楽天MVNOから移行されておられますが、端末購入していないので今から端末だけ購入してもポイント還元を受ける権利はあるはずです

たけたけ
ゲスト
たけたけ

一度返信したんだけど消えてしまった
もう一度

まず、このサイトにも記事があり、私も使っている
AQUOS sense3 (sense3 lite)シリーズ
https://kakuyasu-sim.jp/aquos-sense3-sense3-lite
このシリーズは、どれでも楽天回線OKのように思えます

AQUOS sense2シリーズも、同じくどれでもいけそうな感じがしています システムアップデートは必要

楽天UN-LIMIT本家サイトにも情報あり
ただし、楽天MVNO端末以外の情報はない
(今回ここ見直してみて新たに発見)
https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/byod/?l-id=product_byod

ググってみたら、楽天回線対応端末一覧をまとめてくれているサイトがあるかもしれません
前に見たことがあるような記憶があります

なんだかんだと、AQUOS sense3 でいいのだったら
本家サイトから端末だけ購入する
ポイント還元で実質18319円で購入できます
楽天MVNOからの移行のようですが、端末を購入していられないので、これからの端末購入だけでもポイント還元の権利はあると思われます

Taka
ゲスト
Taka

たけたけ様
種々の楽天回線端末情報ありがとうございます。
楽天のポイント還元付き機種に絞って現在機種選定を進めています。現行機種とあまり差のない大画面、大メモリー、大バッテリーの機種に落ち着きそうです。

stera
ゲスト
stera

動作報告です。
中国製のTECLAST M16というタブレットです。アンドロイド8.0のものですが、標準のapn設定で、通信が可能となりました。
スロットが2つありますが、スロット2のほうが調子はいいようです。また、ピクトの表示が完全に(4Gとアンテナが立つ)通信OKとなるまでに、1時間くらいかかりました。(認識しないのかな、と放置していたら、いつの間にか×印が消えてました)

なお
ゲスト
なお

楽天モバイルUN-LIMT新規契約しました。以前使用していたSHー01KSIMロック解除済みで進めているのですが、どうもうまくいきません。助けて頂けないでしょうか。

権兵衛
ゲスト
権兵衛

記載の情報量が少ないので、断言はできませんが端末を変えないとUN-LIMITは使えないと思います。
以下の内容も教えて頂けるとありがたいです。
(1)docomoで買ったAQUOS senseをSIMロック解除したということで合ってますか?
(2)居住地域は、楽天回線エリアorパートナーエリアのどちらでしょうか?

うまくいかない理由は、docomo版のAQUOS senseだと、SIMロック解除しても、パートナーエリアのバンド18、26の周波数に対応していないので、楽天回線エリア以外では、圏外になって使えないと思います。

「楽天モバイルで楽天回線対応製品は本当に必要?通話ができない?今使っているスマホは楽天モバイルUN-LIMITで使えないのか徹底解説+APN設定情報」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
コメント