[完全版]ソフトバンクから楽天モバイルへMNPで乗り換える全手順を徹底解説

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:楽天モバイル更新順(58)

ソフトバンクから楽天モバイルへMNPで乗り換える全手順を説明します。今のソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホを楽天モバイルで使う方法も合わせて解説します。

※ MNPは今の電話番号のままで楽天モバイルへ乗り換えられる手続きです。

ソフトバンクから楽天モバイルへMNPでの乗り換え手順の詳細

今のスマホが楽天モバイルで使えるか確認する

ソフトバンクの違約金を確認&最小化

今のスマホのSIMロックを解除

ネットや電話でMNP予約番号をもらう

MNP予約番号を使って楽天モバイルを申し込む

1〜3日程度するとSIMカードが自宅に届く。ソフトバンクのスマホはこの間も普通に使える。

転入手続きをする。転入手続きをすると今のスマホが使えなくなる。届いたSIMカードを今のスマホに入れる。必要に応じてAPNの設定をする。

転入手続きから数分〜30分ほどで、今のスマホが今の電話番号のままで再び電話やネットが使えるようになります。

これでスマホがデータ無制限で1年間無料で使えます(2年目以降は月2980円。パートナー回線エリアだと月5GB+低速1Mbpsです)

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

申込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

ステップ1:SoftBank光を使っている場合はワイモバイルも検討する

SoftBank光を契約している場合

SoftBank光を契約している人の多くは「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「光電話」の3つのオプションに加入しています。

ソフトバンクかワイモバイルを契約していると、3つで月1924円のオプション料金が月500円になります(おうち割 光セット)。

光電話を使っている場合は、一人はワイモバイルへ乗り換えたほうが良い

自宅の固定電話を光電話にしている場合、楽天モバイルへ乗り換えるとSoftBank光の料金が月1424円もアップします。

そのためSoftBank光で光電話を使っている場合は、ワイモバイルへ少なくとも一人は乗り換えたほうが良いです。

ワイモバイルならSoftBank光の料金も上がらず、SoftBank光を契約していればワイモバイルの最初の1人は月500円引きです。ワイモバへ乗り換えても、ソフトバンクと比べるとスマホ料金がかなり安くなります。

光電話を使っていない場合

光電話を使っていないのに「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「光電話」の3つのオプションに加入している場合、「Wi-Fiマルチパック」と「光電話」を解約します。

光BBユニットだけになり月467円になります。ソフトバンクやワイモバイルを使わなくても、SoftBank光の料金は上がりません。むしろ月33円安くなります。

ただし、これだとWiFiが使えなくなるので、適当な無線LAN親機(5000円〜1万円)をAmazonで購入して、光BBユニットに無線LAN親機をつなげます。これでWiFiが引き続き使えます。

これで楽天モバイルにしてもSoftBank光が高くならないです。

SoftBank光を契約していない場合

SoftBank光を契約していない場合は、ごちゃごちゃしたことを考える必要ありません。楽天モバイルへ乗り換えれば良いです。

ステップ2:今のソフトバンクのスマホが楽天モバイルで使えるか確認する

まずは今のソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホで、楽天モバイルの楽天アンリミットが使えるか把握します。

利用製品の対応状況確認 → 楽天モバイルの公式サイト

※ 対応状況確認で今のスマホがデータ通信、通話、SMS(楽天回線)に対応していれば基本的に大丈夫です。AndroidスマホだとSMS(パートナー回線)の機能も必要です。

楽天モバイルで使えるソフトバンクのiPhone

  • iPhone XR / XS / XS Max
  • iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
  • iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
  • iPhone SE 第2世代

楽天モバイルで使えるソフトバンクのAndroidスマホ

  • Pixel 4 / 4 XL
  • AQUOS R2 706SH / R2 compact 803SH / R3 808SH / R5G 908SH / sense3 plus 901SH / zero2 906SH

ソフトバンクのAndroidスマホで楽天アンリミットに対応しているAndroid機種は少ないです。

上記のソフトバンクのスマホならSIMロックを解除すれば楽天モバイルで使えます。

楽天モバイルで使えるスマホを持っていない場合は、格安スマホとセットに楽天モバイルを申し込むのがおすすめです。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、3ヶ月無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは月3278円のギガ使い放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

3ヶ月無料キャンペーンと楽天ポイントのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

キャンペーンの詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

ステップ3:ソフトバンクの違約金を確認する&最小化する

2019年10月以降にプラン変更をしたことがある場合は、ソフトバンクの違約金は最大1000円です。気にせず楽天モバイルに乗り換えです。

2019年9月以前の古いプランはプラン変更をすると、違約金を最小化できる

2019年9月以前の古いプランを使っている人の場合は、2年ごとの更新月以外に他社へ乗り換えると違約金が1万円程度かかります。

古いプランで更新月ではない場合は、ソフトバンクの新しいプラン(ミニフィットプラン)に変更します。

新しいプランは翌月から適用されて違約金がゼロ円になります。プラン変更して、翌月になったら楽天モバイルへ乗り換えるのが違約金を最小化する方法です。

更新月の確認の仕方

My SoftBankにログイン → 右上のメニューバーをタップ → 「契約・オプション管理」→ 更新期間を確認

電話で問い合わせる場合(9:00~20:00)
・ソフトバンクのスマホから157
・0800-919-0157

SoftBank on LINEへの乗り換えなら違約金はかからない

2021年3月から始まるSoftBank on LINEへの乗り換えなら更新月でなくても違約金はかかりません。

ただ楽天モバイルなら1年間無料で使えて、楽天ポイントもたくさんもらえるので、違約金が9500円かかってもとりあえず楽天モバイルを申し込むというのはアリです。

もしあまり良い感じには使えなかった場合は、楽天ポイントをもらってからSoftBank on LINEに乗り換えても、楽天モバイルなら違約金やMNP転出手数料もかかりません。

ステップ3:Tポイントを使い切る

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると、そのままだとTポイントが消滅します。

Tポイントはソフトバンクの毎月の携帯電話料金に使うのがベストです。

ステップ4:SoftBankメールを使っている場合はGmailに変更する

SoftBankから格安SIMに乗り換えると、SoftBankメール(キャリアメール)が使えなくなります。

既にSoftBankメールを使っていない人は問題ないですが、SoftBankメールを使っている人はGmailに変更してください。iCloudメールやYahooメール等でも良いです。

〇〇〇@i.softbank.jpや〇〇〇@softbank.ne.jp

〇〇〇@gmail.com

SoftBankのメルアドでショッピングサイトやSNSを登録している場合は、Gmailのメルアドに変更します。必要に応じて、家族や知人などにもメルアドの変更をメールしておきます。

SoftBankに乗り換えるとSoftBankメールが見れなくなるので、必要に応じてSoftBankメールの中で大切なメールはGmailに事前に転送します。

ステップ5:SIMロックを解除する

ソフトバンクのAndroidスマホやiPhoneは基本的にSIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除はネットで10分くらいでできます。下記を参考に、さっくりと解除してしまいましょう!

ソフトバンクのiPhoneとスマホを格安SIMで使うためのSIMロック解除

ソフトバンクのiPhoneとスマホのSIMロック解除の仕方

ステップ6:タブレット等を契約している場合は対処を考える

ソフトバンクでiPadなどのタブレットを購入している場合、データシェアを使っている可能性が高いです。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると、スマホの契約は自動解約になりますが、タブレットのデータシェアが自動的にデータ契約に変更になってしまいます。

データシェアだと月500円だったのが、タブレットだけで最大で月7480円になる可能性があります。

ソフトバンクでiPad等のタブレットを購入した場合は、My SoftBankにログインしてタブレット契約の解約も忘れないようにしましょう。

電話で問い合わせる場合(9:00~20:00)
・ソフトバンクのスマホから157
・0800-919-0157

タブレットの場合もSIMロック解除を忘れずにしておきます。SIMロックを解除すればデータSIMで使えます。(WiFiでも使えますが・・)

ステップ7:MNP予約番号をもらう

今のスマホの電話番号のままで楽天モバイルで使いたい場合は、ソフトバンクでMNP予約番号をもらう必要があります。

※ 新しい電話番号でも問題ない場合はMNP予約番号は不要です。

電話でMNP予約番号をもらう(おすすめ)

電話でMNP予約番号をもらう場合(9:00~20:00)
・ソフトバンクのスマホから*5533
・0800-100-5533

ソフトバンクショップでもMNP予約番号をもらえますが、事前に予約しないといけないので、普通に電話でもらったほうが良いです。

My SoftBankでもMNP予約番号がもらえますが、相当見つけづらい場所に隠されています。MNP予約番号は手っ取り早く電話でもらったほうが簡単です。

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含めて15日間ですが、楽天モバイルへ乗り換える場合は有効期限が7日以上残っている必要があります。残りの有効期限が6日以下になった場合は再発行します。

※ MNP予約番号を発行しただけでは手数料はかかりません。MNP予約番号を使って楽天モバイルに乗り換えて、楽天モバイルが使える状態になったら、MNP転出手数料3000円がソフトバンクから請求されます。

ステップ8:楽天モバイルを契約する

月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。当月中に乗り換えたい場合は、25日までに申し込むことをおすすめします。

楽天モバイルはnanoSIMとeSIMを申し込めますが、とりあえず簡単なnanoSIMで申し込むのがおすすめです。eSIMに変更したくなったら後からでも無料で交換できます。

申込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

オンラインで契約、それとも店舗で契約したほうが良い?

楽天モバイルはオンライン、または店舗でも申し込めますが、基本的にはオンラインで申し込むのがおすすめです。

というのも、楽天モバイルは契約後は店舗でサポートしてくれないからです。電話やチャットでのサポートも、オペレーターによって回答が変わったりするので結構絶望的です。

店舗で店員さん任せに契約すると、楽天モバイルというのをあまり理解していないまま契約する場合が多いため、その後に四苦八苦する可能性が高いです。

店舗でしか契約できない人には楽天モバイルはおすすめではないです。店舗が多いワイモバイルが良いです。

オンラインで契約できる人は、事前に自分で調べて契約する傾向が高いので、トラブル可能性は低いです。もしトラブっても、自分で検索すればほとんどの問題は解決できます。

楽天モバイルはオンラインの公式サイトで申し込める人におすすめです。

楽天モバイルを申し込むのに必要なもの

  • クレジットカード、または銀行のキャシュカード
  • MNP予約番号 ← 発行から9日以内、過ぎていれば再発行
  • 本人確認書類

クレジットカードは家族名義のカードでも大丈夫です。

本人確認書類を用意する

本人確認書類をアップロードする必要があります。スマホで申し込む場合は、スマホで本人確認書類を撮っておけば大丈夫です。

※ スキャナーやスマホのスキャンアプリの写真は不可です

下記の本人確認書類ならどれか1点
・運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)等

下記の本人確認書類だと本人確認書類に加えて補助書類1点
・健康保険証、日本国パスポート、住民基本台帳カード等

補助書類
・発行から3ヶ月以内で氏名と住所が一致しているもので契約者本人のもの
・公共料金の請求書や領収書、住民票(マイナンバーの記載なし、本籍地の記載なし)等

楽天モバイルの本人確認書類の注意点

楽天モバイルの本人確認書類の注意点、写真の撮り方とアップロードを徹底解説

申込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルを申し込んだら1〜3日程度待つ

楽天モバイルは申し込みから1〜3日程度で届きます(平均2日)。

楽天モバイルを申し込んだ後も、今のスマホははそのまま使えます。電話もネットもできます。

ステップ9:SIMカードが届いたら転入手続きをしてSIMを設定する

楽天モバイルのSIMカードが届いたら同封されている書類に従って、転入手続きをした後に、SIMカードの設定を行います。

転入手続きの受付時間
・9:00~21:00 → 転入完了時間:当日中(受付から10分〜30分程度で完了)
・21:01~翌8:59 → 転入完了時間:翌9:00以降に転入完了

転入手続き → 「my 楽天モバイル

my 楽天モバイル内の右上メニューをタップして、「お申し込み履歴」を選択します。該当の申込番号を選択してタップします。「転入を開始する」をタップします。

これで転入手続きは完了です。転入が完了するまで少し待ちます。

転入手続きをすると、数分で今のスマホで電話やネットが使えなくなります。

SIMカードを入れる

転入手続きをして、今のスマホで電話やネットが使えなくなったら、楽天モバイルのSIMカードをスマホに入れます。

楽天モバイルのSIMカードとauのスマホ

SIM取り出しピンをiPhoneの側面の小さい穴に少し強く挿しこむと、SIMスロットが取り出せます。

SIM取り出し品を持っていない場合は、100円ショップのクリップでも代用できます。

楽天モバイルのSIMカードをスマホに入れる

こんな感じでRakuten UNLIMITのSIMを入れます。

SIMを入れたら、あとは下記の設定を行ってください。

設定をして転入手続きが完了すると、今のスマホでネットや電話ができるようになっています。

ステップ10:楽天リンクを使ってキャンペーン特典を適用する

楽天リンクを使うとキャンペーンが適用されるので、最後に楽天リンクをインストールして少し使っておきます。

楽天ポイント還元の特典適用の詳細

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、3ヶ月無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは月3278円のギガ使い放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

3ヶ月無料キャンペーンと楽天ポイントのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

キャンペーンの詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

✅ Rakuetn UN-LIMITを申し込んだ翌月末日までに下記3点をする
✅ ①開通する(データ通信をする)
✅ ②Rakuten Linkで電話を発信して10秒以上の通話を1回以上する
✅ ③Rakuten Linkでメッセージ送信を1回以上利用する

楽天リンクからフリーダイアルなどへ電話をかけた場合はカウントされません。スマホや固定電話の電話番号に発信するとカウントされます。

iPhoneの場合:iTunes
楽天リンク
my 楽天モバイル

Androidスマホの場合:Google Play
楽天リンク
my 楽天モバイル

無料通話アプリの楽天リンクの詳細は下記も参考にしてみてください。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビュー

楽天リンクのレビューと裏技的な使い方まで、通話品質/SMS認証/非通知、対応機種とiPhoneまで徹底解説

楽天リンクだけインストールしてもいいですが、my 楽天モバイルをインストールしておけば、利用履歴なども確認できます。

楽天リンクでちゃん条件を達成できたかは、数日後にmy 楽天モバイルの利用履歴から確認できます。

これで必要なことは一通り完了です!

ステップ11:ソフトバンクの解約手続き

ソフトバンクから楽天モバイルへMNPでの乗り換えた場合は、乗り換えが完了して楽天モバイルが使えるようになった時点でソフトバンクは自動的に解約になります。ソフトバンクで解約手続きは不要です。

スマホの分割払いが残っている場合は、そのまま分割が継続される

スマホの分割払いが残っている場合は、楽天モバイルに乗り換えた場合でも、ソフトバンクの分割払いはそのまま継続されます。

残高を一括で支払いたい場合は、ソフトバンクに問い合わせれば一括に変更できます。

ステップ11:もし使ってみて電波が悪かったら

楽天モバイルの評判は人によって結構極端です。実際のところどうなっているのかTwitterで投票をとってみました

投票の結果だけを除くと、
・普通に使えている人が58.3%
・月1,2回くらい圏外になる人が16.0%
・週1,2回以上圏外になる人が25.6%

ただし、この投票期間中に限定的な条件下でiPhoneのDSDS利用で圏外になるバグが発生したため、週1,2回以上で圏外になる人が通常よりも5%くらい加算された感じです。

加えて、この手の圏外になるかどうかの投票だと、普通に使えている人よりも、圏外になる人のほうが投票する傾向が高くなります・・。

以上から推察すると、1割は圏外が多く使い勝手が悪くなる人たち、1割はなんとも微妙な感じ、残り8割は特に問題ない人たちになると思われます。

※ 他サイトが行ったアンケート結果も楽天アンリミットの満足度は8割でした。

iPhoneやDSDV対応のAndroidスマホなら、月480円SIMで圏外対策

データSIMを契約してSIMスロットに入れておけば、楽天回線の電波が死んでいる時は簡単にデータSIMでネットができます。

Rakuten Linkを使っていれば、楽天回線が死んでも、データSIM側でRakuten Link経由で電話が使えます。

IIJmioなら月480円で1GB使えるので、圏外になることがそこそこある場合は、IIJmioで塞ぐのがおすすめです。

とても運が悪い人たちの場合

楽天モバイルは使ってみないとわかりません。

8割くらいは満足して使っているので、分が悪い賭けではありませんが、中には我慢できないくらい電波が悪くなる人達もいます。

そんな場合は、あきらめてSoftBank on LINEへ乗り換えるのがおすすめです。楽天モバイルはいつ乗り換えても違約金はかからず、他社へのMNP転出手数料もゼロ円です。

オンラインで契約している人たちなら2回目以降の乗り換えはすごく簡単

初めてオンラインでスマホを乗り換える場合、慣れていないため結構難しく感じるかもですが、2回目以降の乗り換えは簡単です。最初の10分の1くらいの労力で乗り換えられると思います。

ただ、店舗で契約している人だと労力があまり変わりません。このご時世で店舗に行って、いろいろ手続きしてもらってようやく乗り換えられる感じです・・。

別方法:乗り換えではなくポケットWiFiを使って節約する方法

ソフトバンクのままで楽天アンリミットを利用したい場合は、ポケットWiFiもおすすめです。今なら本体価格1円で楽天アンリミットで使えるポケットWiFiが手に入ります。

Rakuten WiFi Pocketのスペックとレビュー

実質0円!Rakuten WiFi Pocketのスペックとレビュー&無料で使える楽天モバイルのポケットWiFiの使い方

ポケットWiFiがうまく使えたら、ソフトバンクの契約を一番安いプランに変更して、スマホ料金を節約できます。

別方法:eSIM対応のiPhoneならソフトバンクの契約のままで安くする方法

ソフトバンクのまま楽天モバイルを試したい場合で、eSIM対応のiPhoneを持っている場合は、楽天モバイルをeSIMで新規電話番号で契約するのもおすすめです。

※ 新規電話番号での契約なので、MNP予約番号は不要です

eSIM対応のiPhoneの内部(iPhone XR以上)
・基盤に張り付いているeSIM ← Rakuten UNLIMITを設定
・取り外せる物理SIM ← ソフトバンクのSIMが入っている

データ通信は楽天UNLIMIT経由でギガ使い放題で1年無料なので、ソフトバンクの料金プランを一番安いプランに変更して節約できます。

ソフトバンクのiPhoneは楽天モバイルのUN-LIMITで使える

ソフトバンクのiPhone+楽天のeSIMで大幅節約する方法

最終更新日 2021年1月5日 / 作成日 2021年1月5日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「[完全版]ソフトバンクから楽天モバイルへMNPで乗り換える全手順を徹底解説」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

毎月のスマホ料金が安くなる一番詳しいサイト(旧タイトル:格安SIMとスマホ比較)

スマホ料金の格安プランのカテゴリ
サイト内検索
BIGLOBEモバイルのバナー
コメント