楽天モバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、春のスマホ割引キャンペーンと2回線目以降のプラス割キャンペーン

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

楽天モバイルでは2019年3月14日まで、格安スマホとiPhoneが割安に買える2019年春のスマホ割引キャンペーンを行っています。

このキャンペーンに加えて複数契約をすると2回線目から月額基本料が3ヶ月0円になるのに加えて、通話SIMだと5000円のキャッシュバック、通話SIMと格安スマホのセットなら格安スマホが最大5000円引きになるプラス割キャンペーンも行っています。

楽天モバイルの通常のキャンペーンの詳細

2019年春のスマホ割引キャンペーンの期間
2019年1月30日(水)10:00~2019年3月14日(木)9:59

対象プラン
スーパーホーダイ、もしくは組み合わせプランの通話SIM (データSIMはキャンペーン対象外)

対象プランとセットに対象の格安スマホまたはiPhoneを購入すると、割引価格で購入することができます。割引価格になるiPhoneと格安スマホの詳細は、楽天モバイルの整備品/海外販売のiPhone楽天モバイルで買えるオススメの格安スマホのランキングを参考にしてみてください。

楽天モバイルを契約する人の8割くらいがスーパーホーダイを選択しています。スーパーホーダイは1年契約、2年契約、3年契約を選ぶことができますが、月額料金が安くなる2年契約または3年契約がおすすめです。

さらに2回線目からは、プラス割キャンペーンで月額基本料3カ月が無料、通話SIMのみだと5000円のキャッシュバック、格安スマホは感謝セールのセール価格から最大5000円引きで購入することができます。

対象プランの詳細は下記を参考にしてみてください。
楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価
楽天モバイルの詳細評価 ← 組み合わせプランの詳細

その他、楽天モバイルのキャンペーンや料金の詳細は下記の楽天モバイルの公式サイトをご確認ください。

キャンペーンの詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

家族でお得、2回線目から適用されるプラス割キャンペーンの詳細

楽天モバイルは2回線目の申し込みから、月額基本料3カ月が無料、通話SIMのみだと5000円のキャッシュバック、通話SIMと格安スマホのセットなら感謝セールの割引価格の格安スマホ/iPhoneがさらに最大5000円引きになるキャンペーンを行っています。

キャンペーンの終了日は未定です。

プラス割キャンペーンの詳細

特典① 2回線目から月額基本料3カ月無料特典
・対象:スーパーホーダイ、または組み合わせプランの通話SIMとデータSIM

特典② 2回線目は5000円のキャッシュバック
・対象:スーパーホーダイの通話SIMのみ、もしくは組み合わせプランの通話SIMのみ

特典③ 2回線以降に購入したスマホが5000円割引
・対象:格安スマホまたは楽天モバイルのiPhoneとスーパーホーダイの通話SIM、もしくは組み合わせプランの通話SIMをセットに申し込んだ場合

例えば、通話SIMのみ申し込むと特典①と②がもらえます。通話SIMとセットに格安スマホを購入すると特典①と③がもらえます。データSIMの場合は特典①のみ適用されます。

※ 組み合わせプランの20GBと30GBプランはキャンペーン対象外です。

重要!プラス割キャンペーンの適用の仕方

1回線目(スーパーホーダイ/組み合わせプランの通話SIM)は普通に申し込みます。申し込みが完了すると、申し込み完了メールが届きます。その申し込み完了メールに記載されている専用ページへアクセスして、2回線目を申し込むとプラス割キャンペーンが適用されます。2回線目を申し込む時に、1回線目の楽天モバイルユーザIDと1回線目の契約者の生年月日の入力が必要になります。

※ 楽天モバイルユーザID(raから始まる番号)は、申し込み完了メールに記載されています。

3回線目は、2回線目を契約した時に届く申し込み完了メールに記載されている専用ページからアクセスして、2回線目の楽天モバイルユーザIDと2回線目の契約者の生年月日の入力が必要になります。3回線目の申し込み時に、1回線目の楽天モバイルユーザIDと生年月日を入力するとキャンペーン適用外になるので、必ず2回線目の情報を入力する必要があります。

4回線目も同じように3回線目の楽天モバイルユーザIDと生年月日を入力すれば、4回線目もプラス割キャンペーンが適用されます。

月額基本料3カ月無料の詳細

楽天モバイルの組み合わせプラン、例えば月5GBのプランの月額基本料金は2150円ですが、2回線目からこの2150円が3ヶ月間無料になります。

楽天モバイルのスーパーホーダイの場合、話がちょっと複雑で、契約するスーパーホーダイの1年目の月額基本料が3ヶ月無料になります。

例えばスーパーホーダイのプランMを2年契約にすると、2年間の月額基本料金が2980円です。2回線目から、この2980円が3ヶ月無料になります。ただし、楽天のダイヤモンド会員の場合は、1年間は月500円引きになるので、プランMを2年契約の最初の1年目は月2480円になります。この場合は2480円が3ヶ月無料になります。

楽天モバイルの5000円のキャッシュバックの詳細

2回線目に通話SIMのみ、もしくはスーパーホーダイのSIMのみを申し込むと、5000円のキャッシュバックがもらえます。

契約月を1ヶ月目として、3ヶ月目の月末近くにキャッシュバックの手続きの申し込み時に入力したメールに届きます。メールがが届いたら45日以内にキャッシュバックの手続きを行えば、キャッシュバックがもらえます。

楽天モバイルの格安スマホ/iPhoneが最大5000円引きの詳細

2回線目から楽天モバイルで販売している格安スマホとiPhoneが最大5000円引きになります。

例えば、nova lite 2の価格は新春スマホ割引キャンペーンでのセール価格で1万5980円です。この場合は5000円引きで1万980円になります。

プラス割キャンペーンの詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天カードを申し込むと格安スマホの購入で使えるポイントがたくさんもらえる&楽天市場のポイント+2倍!

楽天モバイルを検討する場合、申し込み前でも後でもいいですが、楽天ポイントがたくさんもらえるので楽天カードも申し込むことをおすすめします。

楽天カードを申し込むと、新規入会キャンペーンで楽天スーパーポイントをたくさんもらえます。新規入会でもらったポイントも、格安スマホの購入代金にあてたり、月額料金の支払いにもポイントを使うことができます。

最初にもらえる大量のポイントに加えて、楽天モバイルの通話SIM、もしくはスーパーホーダイを申し込むと、楽天市場の買い物でもらえるポイントが+2倍になります。

さらに楽天市場の買い物で楽天カードを使うと、もらえる楽天ポイントが+2倍アップします。つまり、いつでも5倍のポイントをもらえるようになります。

楽天カードは月額料金が無料で、通常の支払いのポイント還元率も1%あります。楽天モバイルの通話SIMやスーパーホーダイで楽天ポイントが貯まりやすくなって、楽天カードでさらに貯まりやすくなります。

楽天カードの申し込みはこちら → 楽天カード

楽天モバイルを申し込む場合は楽天カードの申し込みも検討してみてください。

楽天モバイルの格安スマホのオススメランキング

おすすめ No.1:nova lite 3、高性能なのに安い2019年コスパ最強機種

nova lite 3

nova lite 3
楽天モバイル価格 2万6880円
→ 9980円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線対応、au回線はソフトウェアのアップデートで対応予定

性能:6.21インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.7GHzx4 Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ160グラム、電池容量3400mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応予定)

nova lite 3は2019年2月1日に発売された性能が良いのに安い2019年コスパ最強機種です。

2018年で一番売れた格安スマホのP20liteよりもCPUの性能は1.6倍、暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズを搭載していて、6.21インチの大画面の格安スマホです。

以前は安いスマホには安いなりの理由がありましたが、今の格安スマホは安いのに高性能という恐ろしいコスパになっています。

格安スマホが色々ありすぎて、よくわからなくなってしまった場合は、nova lite 3を最優先で検討することを強くオススメします。

nova lite 3の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

HUAWEI nova lite 3の性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.2:nova lite 2、2018年のコスパ最強の格安スマホ

Huawei nova lite 2

nova lite 2
楽天モバイル価格 2万5980円
→ 5980円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線対応

性能:5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

nova lite 3が発売されるまではnova lite 2をオススメしていましたが、発売された今となっては4000円高くなりますが、CPU性能の性能が1.6倍になってカメラ性能もだいぶ向上しているnova lite 3がオススメです。

性能良いもとにかく安く、普通に使えるスマホを優先するのであれば、nova lite 2でも結構サクサク使えるのでオススメです。

nova lite 2の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

HUAWEI nova lite 2の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.3:AQUOS sense2、バランスの良い防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense2

AQUOS sense2
楽天モバイル価格 2万9800円
→ 1万4980円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証搭載(前面)

AQUOS sense2は2018年12月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホです。

電池持ちも結構良く、比較的性能の良いCPU、RAM3GB、ROM32GB、5.5インチの縦長ディスプレイを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

キャンペーンセールでかなり安くなっているので、楽天モバイルで防水・おサイフケータイ対応スマホを検討している場合はAQUOS sense2がオススメです。

AQUOS sense2の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

AQUOS sense2の性能評価と評判+実機の詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.4:honor9、比較的安く買える超高性能スマホ

honor9

honor9
楽天モバイル価格 5万3800円
→ 3万2880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線対応

性能:5.15インチ、CPUオクタコア2.4GHz×4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ155グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)

価格をある程度抑えた格安スマホの中で一番高性能なのがhonor9です。カメラ性能を重視している場合にもhonor9がオススメです。

honor9の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

honor9の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.5:AQUOS sense plus、高性能で電池持ちも良いおサイフケータイ・防水対応スマホ

AQUOS sense plus

AQUOS sense plus
楽天モバイル価格 3万2800円

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157グラム、電池容量3100mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

AQUOS sense plusは防水・おサイフケータイに対応しているスマホの中でも高性能な格安スマホです。

5.5インチのスリムな縦長画面、比較的高性能なCPU(SDM630)、RAM3GB、ROM32GB、電池容量が大容量の3100mAhです。防水、おサイフケータイに対応している格安スマホの中でもかなり完成度の高いスペックになっています。

普通に使う分には安くなっているAQUOS sense2がオススメですが、スマホをたくさん使う場合により高性能なAQUOS sense plusを検討してみてください。

AQUOS sense plusの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

AQUOS sense plusの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.6:AQUOS sense lite、手頃な防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite
楽天モバイル価格 2万9800円
→ 6980円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃

AQUOS sense liteは防水・おサイフケータイ・耐衝撃に対応していて、電池持ちもそこそこ良く、RAM3GB、ROM32GBを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

おサイフケータイと防水に対応している格安スマホの中で一番安く買うことができます。ただ、性能的にAQUOS sense2のほうが結構良くなっているので、安くなっていても今からAQUOS senseを買うのは少し微妙な感じです。

スマホをあまり使わない場合でおサイフケータイと防水が必須な場合にAQUOS senseを検討してみてください。

AQUOS sense liteの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

AQUOS senseとAQUOS sense liteの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.7:ZenFone 5、6.2インチの縦長ディスプレイとAI搭載のDSDV対応の高性能スマホ

ZenFone 5

ZenFone 5
楽天モバイル価格 5万2800円
→ 3万9880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 5は高性能なCPUと6.2インチのディスプレイを搭載したDSDVに対応した格安スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラの性能も良い、高品質の格安スマホです。

CPUは高性能で、なおかつ省エネ性能にも優れているSnapdragon 636というCPUとRAM6GB+AI機能で、なんでもサクサク使えて電池持ちもかなり良くなっています。デュアルスピーカーを搭載しているので音も良いです。スマホのヘビーユーザや、風景を撮るのが好きな人にオススメです。

ZenFone 5の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

ZenFone 5の性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.8:nova 3、インスタ映えするカメラ性能でコスパが良い超高性能スマホ

nova 3

nova 3
楽天モバイル価格 5万4800円
→ 4万9880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.3インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.8GHzx4 Kirin970、RAM4GB、ROM 128GB、背面ダブルレンズカメラ1600万画素カラーセンサー(F値1.8)+2400万画素モノクロセンサー(F値1.8)、前面ダブルレンズカメラ2400万画素+200万画素(F値2.0)、重さ166グラム、電池容量3750mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

nova 3は2018年10月5日発売の、超高性能なCPUを搭載していて、インスタ映えする写真が撮れるコスパの良い超高性能スマホです。

CPUはKirin 970という超高性能なCPUを使っているので何でもサクサク使えます。画面も6.3インチの縦長大画面でDSDVにも対応しています。

インスタ映えするカメラで超高性能スマホを探している場合にnova3を検討してみてください。

nova 3の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

HUAWEI nova 3の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.9:Essential Phone PH-1、Android 9 Pie搭載の超高性能スマホ

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1
楽天モバイル価格 4万9800円

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.71インチ、CPUオクタコア2.45GHz SDM835、RAM4GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ1300万画素(F値1.85)、重さ185グラム、電池容量3040mAh、ナノSIM

Essential Phone PH-1はSDM835の超高性能CPUを搭載していて、水しぶきくらいなら大丈夫な防水性能(IPX4)を持っています。ある程度価格を抑えたゲーム向けの格安スマホです。

Android 9 Pieに対応しているので、最新のAndroid OSで実機テストを行うことができます。Androidアプリの開発者向けの格安スマホでもあります。

Essential Phoneの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.10:P20、カメラ性能を特に重視

P20

P20
楽天モバイル価格6万9800円
→ 6万4880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.8インチ、CPUオクタコア2.8GHzx4+1.8GHzx4 Kirin970、RAM4GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ1200万画素カラーセンサー(F値1.8)+2000万画素モノクロセンサー(F値1.6)、重さ165グラム、電池容量3400mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

P20はカメラ性能に特化したスマホです。

背面カメラは、ライカ製のダブルレンズカメラ、F値1.8の1200万画素カラーセンサーとF値1.6の2000万画素モノクロセンサーを使っています。前面カメラはF値2.0で24000万画素です。

AIフルオートで、場面に応じて最適な写真を自動的に撮ることができます。カメラ性能を特に重視する場合、P20が一番おすすめです。(カメラ性能を最重視する場合は、Mate 20 Proを検討してみてください)

P20の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

P20の性能評価の詳細と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.11:Mate 20 Pro、3つの高品質カメラを搭載した最先端の超高性能スマホ

Mate 20 Pro

Mate 20 Pro
楽天モバイル価格 9万1880円

ドコモ回線対応

性能:6.39インチ、CPUオクタコア2.6 GHzx2 + 1.92 GHzx2 + 1.8GHzx4 Kirin 980、RAM6GB、ROM128GB、トリプルレンズカメラ(広角カメラ4000万画素F値1.8 + 超広角カメラ2000万画素F値2.2 + 望遠カメラ800万画素F値2.4)、重さ189グラム、電池容量4200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応予定)、USB Type C対応、防水・防塵対応

Mate 20 Proは2018年11月30日に発売された超高性能CPU、高品質な3つのカメラ、ワイヤレス充電、防水、高精度なGPS機能、ディスプレイ指紋認証を搭載した、6.39インチの格安スマホです。

Kirin 980という最新の超高性能CPUを搭載して、格安スマホの中でもトップクラスの性能を持っています。3つの高品質カメラとAIによる自動調整も加わり、それぞれのシーンで一番良い写真を簡単に撮ることができます。被写体から2.5センチまで超接近してドアップの写真も撮れます。

価格は高いですが、カメラ性能を最重視する場合にMate 20 Proを検討してみてください。

Mate 20 Proの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

Mate 20 Proの性能評価と評判+詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.12:Oppo Find X、可動式のカメラ搭載の超高性能スマホ

Oppo Find X

Oppo Find X
楽天モバイル価格 9万1880円

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.4インチ、CPUオクタコア2.8GHz SDM845、RAM8GB、ROM256GB、ダブルレンズカメラ1600万画素+2000万画素(F値1.85)、重さ186グラム、電池容量3400mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、auのVoLTE対応、DSDV対応)、顔認証(指紋認証はない)

価格は税込みで10万円近くしますが、最高性能と最先端技術を取り入れたのが可動式のカメラを搭載した超高性能スマホのOppo Find Xです。

CPUはSnapdragon 845という超高性能CPUを採用して、RAM8GBとROM256GBの大容量メモリを搭載しています。auのVoLTE対応のDSDV対応機種です。

最大の特徴は、何と言ってもスマホで初めて可動式のカメラを搭載することにより、余白がほとんどない全画面(93.8%)のディスプレイを搭載していることです。顔認証や写真撮影など、必要な時にカメラが上部からにょきっと出てきて使うことができます。

何か新しいモノが好きな人におすすめのスマートフォンです。

Find Xの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.13:AQUOS R compact、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の超高性能のコンパクトスマホ

AQUOS R compact

AQUOS R compact SH-M06
楽天モバイル価格6万7800円
→ 4万9880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:4.9インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ 1640万画素、重さ140グラム、電池容量2500mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

AQUOS R compact SH-M06は2018年1月25日に発売された高性能なCPUを搭載した防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の4.9インチのコンパクトスマホです。

防水・おサイフケータイ・ワンセグ・コンパクトが必須な場合に、AQUOS R compactを検討してみてください。

AQUOS R compactの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

AQUOS R compactの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.14:OPPO R17 Pro、夜景が綺麗に撮れる高性能スマホ

OPPO R17 Pro

OPPO R17 Pro
楽天モバイル価格6万9880円

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.4インチ、CPUオクタコア2.2GHz SDM710、RAM4GB、ROM128GB(マイクロSDカード非対応)、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.5/2.4)+2000万画素、重さ183グラム、電池容量3700mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

OPPO R17 Proは2018年12月21日に発売された夜景が綺麗に撮れる高性能スマホです。

カメラはシーンに応じてF値1.5とF値2.4に自動で変わることができるので、暗いところでも明るく撮ることができます。1.4μmのピクセルと1/2.55インチの受光面積、OIS光学式手ブレ補正機、そしてウルトラナイトモードで完璧な夜景を撮ってくれます。

夜景を綺麗に撮りたい場合に一番オススメのスマホです。

OPPO R17 Proの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.15:LG Q Stylus、メモ書きするならこのスマホ!

LG Q Stylus

LG Q Stylus
楽天モバイル価格3万9800円

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ172グラム、電池容量3300mAh、ナノSIM(auのVoLTE対応)、防水・防塵対応、ワンセグ対応、耐衝撃対応

LG Q Stylusは2018年12月7日に発売された専用のスタイラスペンが付いているメモ書きに便利な格安スマホです。

SDM450というそこそこ高性能のCPUを搭載して、RAM3GB、ROM32GBなので一般的な使い方なら普通に使うことができます。防水とおサイフケータイにも対応しています。

メモ書きを良くする場合にオススメの格安スマホです。

LG Q Stylusの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.16:HTC U12+、最高性能の防水・おサイフケータイ対応スマホ

HTC U12+

HTC U12+
楽天モバイル価格 8万9800円

ドコモ回線とau回線対応

性能:6インチ、CPUオクタコア2.8GHzx4+1.8GHzx4 SDM845、RAM6GB、ROM128GB、カメラ1200万画素(F値1.75)+望遠1600万画素(F値2.6)、重さ188グラム、電池容量3500mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水・防塵、おサイフケータイ対応

HTC U12+は最高性能の防水・おサイフケータイ対応スマホです。

HTC U12+のカメラはスマホの中でも最上位のカメラ性能を持っています。そしてCPUはSDM845の最新最速のCPUを搭載しています。

価格は8万9800円と高いですが、防水とおサイフケータイに対応している最高性能のスマホ探している場合に検討してみてください。防水とおサイフケータイが必要ない場合で、超高性能スマホが良い場合はEssential Phoneがオススメです。

HTC U12+の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.17:OPPO AX7、電池持ち最強で性能も比較的良いトリプルスロット搭載スマホ

OPPO AX7

OPPO AX7
楽天モバイル価格 2万9880円
→ 1万4980円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:6.2インチ(解像度1520×720)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素+200万画素)、重さ168グラム、電池容量4230mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

大画面で電池持ち最強クラスで、性能も比較的良くて、価格も安いのがOPPO AX7です。

解像度が1520×720という低画質なので綺麗なゲームをするのには向きませんが、ネットをするくらいならそんなに画面の荒さは気になりません。

ただ、より高性能で高画質、セール価格も安いnova lite 3が発売された今となってはOPPO AX7を選ぶメリットはほとんどないです・・。

OPPO AX7の申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.18:ZenFone 4 Max、電池持ち最強クラスのトリプルスロット搭載スマホ

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max
楽天モバイル価格 1万9800円
→ 1万7880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 SDM430、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 500万画素広角)、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone 4 Maxは電池持ちが超良いトリプルスロットに対応した格安スマホです。電池持ちを重視する場合や、DSDSを使いながらマイクロSDカードも使いたい場合にオススメの格安スマホです。

ただ、電池持ちがZenFone 4 Maxと同じくらい良く、CPUの処理能力が2割アップして、RAMやROMの容量も多くなっているAX7が同じような価格で発売された今となっては、まだAX7を選んだほうがいいです。

ZenFone 4 Maxの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

ZenFone 4 Maxの性能評価の詳細と評判+購入後の実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.19:P20 lite、2018年で一番売れている格安スマホ

Huawei P20 lite

P20 lite
楽天モバイル価格 3万1980円

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

P20 liteは2018年6月15日発売の、auのVoLTEに対応した、ベゼルレスでノッチ付きの5.84インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトな格安スマホです。

CPUも比較的高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いです。

ただ、P20 liteよりも高性能で安いnova lite 3が発売された今となっては楽天モバイルで安くなっていないP20 liteを選ぶメリットは皆無です。

P20 liteの申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

HUAWEI P20 liteの性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ No.20:HTC U11 life、高性能なおサイフケータイ・防水対応スマホ

HTC U11 life

HTC U11 life
楽天モバイル価格 3万9800円
→ 3万5880円 (キャンペーン価格)

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.2インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1600万画素、重さ142グラム、電池容量2600mAh、ナノSIM、おサイフケータイ対応、防水対応

HTC U11 lifeは高性能なCPUを搭載したおサイフケータイと防水に対応している格安スマホです。

おサイフケータイ・防水対応スマホで、安さ重視の場合はAQUOS sense2、性能重視の場合はAQUOS sense plusがおすすめです。

HTC U11 lifeも悪くはないのですが、この機種を選ぶ場合は、電池持ちも良いAQUOS sense2のほうがおすすめです。

HTC U11 lifeの申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

おすすめ No.21:ZenFone 4、ゲーム性能が良い高性能スマホ

ZenFone 4

ZenFone 4
楽天モバイル価格 5万6800円

ドコモ回線とau回線対応

性能:5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角(F値2.2))、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 4は高性能で省エネのCPUと6GBのRAMを搭載した、電池持ちも良く、カメラの性能も良い、高級感のある格安スマホです。

CPUは高性能なSnapdragon 660というCPUを使っていて、ゲーム性能に優れています。なんでもサクサク使えて電池持ちもかなり良くなっています。

カメラはダブルレンズカメラになっていて、片方は通常のカメラ、もう片方は広角カメラになっています。広角カメラで写真を撮ると、通常のカメラの2倍の大きさで風景を撮ることができます。

基本的にはZenFone 4よりも最新のZenFone 5を選んだ方が良いです。ゲーム性能を最重視する場合はEssential Phoneの方が良いです。ZenFone 4は悪くないのですが、中途半端なポジションにいます。

ZenFone 4の申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

ZenFone 4の性能評価の詳細と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.22:Mate 10 Pro、旧最先端の最高性能スマホ

Mate 10 Pro

Mate 10 Pro
楽天モバイル価格8万9800円

ドコモ回線対応

性能:6.0インチ、CPUオクタコア(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53) + i7 コプロセッサ Kirin 970 / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit、RAM6GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー F値1.6)、重さ178グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、USB Type C対応、防水・防塵対応

Mate 10 ProはCPUの性能も最高性能ですが、それに加えて音声認識、画像認識、電力効率化をサポートするAIを初搭載しています。

価格は高いですが、最先端の最高のスマホを使いたい場合にMate 10 Proがおすすめでしたが、同じような性能でP20が発売され、さらに最先端の後継機種のMate 20 Proが発売された今となっては、Mate 10 Proを選ぶメリットは少ないです。

Mate 10 Proの申し込みはこちら → 楽天モバイルの公式サイト

Mate 10 Proの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

オススメではない楽天モバイルの整備品/海外販売のiPhone

iPhone

海外販売
iPhone SE 16GBの価格:4万1800円

ドコモ回線とau回線対応

楽天モバイルのiPhoneは整備品、もしくは海外で販売されていたiPhoneです。整備品は何かしらの不具合で修理されたiPhoneです。

それに加えて、楽天モバイルの海外販売版や整備品のiPhoneを買うよりも、普通にアップルストアで新品を買ったほうが安いです。

キャンペーン価格になっているiPhoneは少しオススメですが、iPhoneはマイクロSDカードで保存できる容量を増やせないので、16GB程度では普通に使う場合でも空き容量がなくなってデータを保存できなくなります。楽天モバイルの16GB版のiPhoneはスマホをあまり使わない人にオススメです。

楽天モバイルでiPhoneを普通程度に使いたい場合は、AppleストアのiPhoneで32GB以上、安く手に入れたいなら白ロムのiPhoneをヤフオクや中古店などで入手して使うのがオススメです。

楽天モバイルのiPhoneの申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

参考:iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

一番簡単に快適にiPhoneが使える組み合わせ、UQ mobileのiPhone 6s / 7

楽天モバイルは整備品のiPhoneしか扱っていませんが、UQ mobileの場合は普通に新品のiPhone6sとiPhone7を取り扱っています。iPhoneを初めて使う場合や、iPhone 5sなどかなり古いiPhoneを使っている場合にオススメのiPhoneのモデルです。

楽天モバイルの通信速度は少し微妙ですが、UQ mobileの通信速度は超速いです。UQ mobileなら快適にiPhoneを使うことができます。

さらに、UQ mobileの5分かけ放題(もしくは月60分〜180分の無料通話)付きのプランを選ぶと月額割引と高額のキャッシュバックがもらえるので、かなり割安にiPhoneが手に入り、とても簡単に格安SIM(UQ mobile)でiPhoneを使うことができます。

UQ mobileの5分かけ放題(もしくは月60分〜180分の無料通話)付きのプランの詳細はこちら → UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

UQ mobileのiPhone 6s

UQモバイルのiPhone6s 32GBの価格:5万5300円 (128GB版だと1万2000円加算)

おしゃべり/ぴったり
キャッシュバックと月額割引を考慮したiPhone6sの32GB版の実質価格

プランS → 実質ゼロ円、キャッシュバックが300円残る
プランM → 実質ゼロ円、キャッシュバックが1300円残る
プランL → 実質ゼロ円、キャッシュバックが3300円残る

詳細な内訳の参考:UQモバイルのiPhone6sの性能評価+キャッシュバックで実質ゼロ円

UQモバイルのiPhone7

UQモバイルのiPhone7の32GB版の価格:6万2900円 (128GB版だと1万2000円加算)

おしゃべり/ぴったり
キャッシュバックと月額割引を考慮したiPhone7の32GB版の実質価格

プランS → 実質3万3700円
プランM → 実質2万700円
プランL → 実質1万8700円

詳細な内訳の参考:UQモバイルのiPhone7の性能評価と一番お得なキャッシュバック情報+購入後の実機レビュー

UQ mobileのiPhone → 最大1万3000円のキャッシュバック

UQ mobileでiPhoneを申し込むと格安SIMも一緒に届いて、あとは格安SIMを入れるだけです。

楽天モバイルや他の格安SIMだとAPNの設定の為に構成プロファイルをダウンロードしてインストールする必要があったりと、少し難しいところがありますが、UQ mobileなら格安SIMを入れるだけで使えます。超簡単です。

UQ mobileなら通信速度もとても速いので、快適に簡単にiPhoneを使うことができます。(テザリングもできます)

実際の設定の仕方は下記に詳しく書いてあるのでそちらを参考にしてみてください。

初めてiPhoneを格安SIM(UQ mobile)で使う方法、お得な買い方から必要な設定の全て

おすすめではない格安スマホ

楽天モバイルで取り扱っている格安スマホの中には、型落ちすぎてお勧めできない格安スマホが結構たくさんあります。価格と性能的にオススメできない格安スマホは下記になります。

おすすめではない:arrows M04

arrows M04
楽天モバイル価格 3万400円
→ 2万6880円 (キャンペーン価格)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2580mAh、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、耐衝撃、泡洗対応、指紋認証非対応

電池持ち良し・防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応と、隙のない構成をしています。衝撃に強く壊れにくく、洗剤で洗うこともできます。

ただし、CPUの性能がかなり低いのでサクサクは使えません。ワンセグが絶対必須でなければ、防水・おサイフケータイ対応スマホはAQUOS sense liteやAQUOS sense plusを選んだほうが良いです。

arrows M04の性能評価と評判

おすすめではない:Huawei P10

Huawei P10
楽天モバイル価格6万800円

性能 5.1インチ、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ145グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)

P10は2017年6月9日に発売された5.1インチのコンパクトな超高性能スマホです。CPUも超高性能、RAM4GB、ROM64GB、カメラもダルブレンズで最高クラスのカメラ性能になっています。

ヘビーユーザと写真を撮るのが大好きなユーザにオススメです。ただ今から買う場合はP10の後継機のP20を選んだ方がいいです。

おすすめではない:Huawei P10 Plus

Huawei P10 Plus
楽天モバイル価格6万7800円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ165グラム、電池容量3750mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)

P10 PlusはP10と基本的には同じ性能ですが、画面が5.5インチに大きくなり、電池容量も2割り増し、カメラの画素数は同じですが、より高級なカメラ部品を使っています。

P10 Plusのカメラ性能は良いですが、カメラ性能を特に重視する場合は、より高性能になっている最新のP20やより高性能なMate10 Proを選んだ方がいいです。

その他のおすすめではない機種

楽天モバイルでは今でも使えるにしても、売るべきではない機種を販売しているので注意してください。下記の機種は今からでは検討にも値しません。(どこか中古ショップで格安で買う場合に検討するくらいです)

nova lite、P10 lite、honor 8、ZenFone Live、arrows M03、ZTE BLADE E02、AQUOS SH-M04、ZenFone 3

楽天モバイルの関連情報

楽天モバイルのキャンペーン内容は変わりやすいので、正確なキャンペーン情報は楽天モバイルの公式サイトでご確認ください。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
楽天モバイルのスーパーホーダイの通信速度(リアルタイム)
楽天モバイルのAPN(JP)の通信速度(リアルタイム)
楽天モバイルのAPN(CO)の通信速度(リアルタイム)
楽天モバイルのau回線の通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2019年1月31日 / 作成日 2016年6月1日 / 作成者 格安SIMの管理人