楽天モバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホとiPhone、初夏の大セール

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

楽天モバイルでは、2018年6月11日まで、格安スマホとiPhoneが割安に買える初夏の大セールを行っています。

このキャンペーンに加えて、スーパーホーダイの2年契約の場合に1万円、3年契約だと2万円のキャッシュバックがもらえます。(スーパーホーダイは最大1Mbpsを無制限に使える通話SIMのプランです)

楽天モバイルのキャンペーンの詳細

最初に楽天モバイルのスーパーホーダイのキャッシュバック特典について説明した後に、現在行われている楽天モバイルのキャンペーンとオススメの格安スマホとiPhoneを紹介して行きます。

スーパーホーダイ限定!長期優待ボーナスで端末代金が最大2万円のキャッシュバック

楽天モバイルのスーパーホーダイを選んだ場合で、2年契約の場合に1万円のキャッシュバック、3年契約で2万円のキャッシュバックをもらうことができます。

通常の通話SIM(3.1GBプラン等)やデータSIM、050データSIMを申し込む場合はキャッシュバックはありません。

楽天モバイルのスーパーホーダイは最大1Mbpsを無制限に使える通話SIMのプランです。5分かけ放題が付いて、月1980円(2年目以降は2980円)で使うことができます。スーパーホーダイの詳細は下記を参考にしてみてください。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

組み合わせプラン(スーパーホーダイ以外のプラン)の詳細は下記を参考にしてください。組み合わせプランは通話SIMのペーシックプラン、3.1GB/5GB/10GB/20GB/30GBプラン、それとデータSIMと050データSIMのプランです。

楽天モバイルの詳細評価

スーパーホーダイの2年/3年契約だと、最低利用期間内の解約時の違約金が高額になる

スーパーホーダイの注意点は最低利用期間の解約手数料も高額になることです。

解約手数料

最低利用期間1年:12カ月目以内9800円
最低利用期間2年:12カ月目以内1万9800円、13カ月目~24カ月目以内9800円
最低利用期間3年:12カ月目以内2万9800円、13カ月目~24カ月目以内1万9800円、25カ月目~36カ月目以内9800円

最低利用期間1年の場合は長期優待ボーナスの端末割引はありませんが、契約から1年経過すれば解約手数料なしで解約やMNPをすることができます。

最低利用期間2年や3年にすると、楽天モバイルで何か不満が出た場合でも、解約手数料なしに解約や他社へMNPできるまでに時間がかかります。

ただし、例えば3年契約にすると2万円のキャッシュバックがもらえますが、13ヶ月目で解約すると解約手数料が1万9800円かかります。もし1年契約ならキャッシュバックはもらえませんが、解約手数料もかかりません。

トータルでみると3年契約でも1年契約でもほとんど同じ結果になります。3年契約の場合は、続ければ続けるほどトータルでメリットが出てきます。1年契約だと続けても特にメリットはありません。

このためスーパーホーダイを契約する人の9割近くの人は3年契約で契約しています。その他、楽天モバイルの長期優待ボーナスのスーパーホーダイの詳細は、楽天モバイルの公式サイトをご確認ください。

公式サイト → 楽天モバイル

初夏の大セール

楽天モバイルでは2018年6月11日まで、格安スマホとiPhoneが安く買える初夏の大セールを行っています。

一体どれを選べばいいのかわからないと思うので、ここではiPhoneと格安スマホをオススメ順に紹介していきます。

通話SIM/スーパーホーダイを申し込む場合にセール価格が適用されます。データSIMは通常価格での販売になります。

※ ビックセール価格に加えて、スーパーホーダイの2年契約だとキャッシュバック1万円、3年契約だとキャッシュバック2万円がもらえます。

楽天カードを申し込むと格安スマホの購入で使えるポイントがたくさんもらえる&楽天市場のポイント+2倍!

まず最初に、楽天モバイルを検討する場合、申し込み前でも後でもいいですが、楽天ポイントがたくさんもらえるので、楽天カードも申し込むことをおすすめします。

楽天カードを申し込むと、新規入会キャンペーンで楽天スーパーポイントをたくさんもらうことができます。新規入会でもらったポイントも、格安スマホの購入代金にあてたり、普段の月額料金の支払いにもポイントを使うことができます。

最初にもらえる大量のポイントに加えて、楽天モバイルの通話SIM、もしくはスーパーホーダイを申し込むと、楽天市場の買い物でもらえる楽天ポイントが+2倍になります。

さらに楽天市場の買い物で楽天カードを使うと、もらえる楽天ポイントが+2倍アップします。つまり、いつでも5倍のポイントをもらえるようになります。

楽天カードは月額料金が無料で、通常の支払いのポイント還元率も1%あります。楽天モバイルの通話SIMやスーパーホーダイで楽天ポイントが貯まりやすくなって、楽天カードでさらに貯まりやすくなります。

楽天モバイルを申し込む場合は楽天カードの申し込みも検討してみてください。

楽天カードの詳細と申し込みはこちら → 楽天カード

楽天モバイルの整備品/海外販売のiPhone

iPhone

整備品/海外販売のiPhone SE 16GB
楽天モバイル価格 4万1800円
→ 1万2700円 (セール価格)

整備品のiPhone 6s 16GB
楽天モバイル価格 5万6800円

整備品のiPhone 6s Plus 64GB
楽天モバイル価格 7万2800円

整備品のiPhone 6s Plus 128GB
楽天モバイル価格 7万9800円

楽天モバイルのiPhoneは整備品、もしくは海外で販売されていたiPhoneです。整備品は何かしらの不具合で修理されたiPhoneです。

春のビックセール価格になっているiPhoneはオススメです。ただし、16GBのiPhoneは選ばない方がいいです。iPhoneはマイクロSDカードで保存できる容量を増やせないので、16GB程度では普通に使う場合でも空き容量がなくなってデータを保存できなくなります。楽天モバイルの16GB版のiPhoneはスマホをあまり使わない人にオススメです。

楽天モバイルでiPhoneを普通程度に使いたい場合は、大感謝セール対象のiPhone 6s Plus 64GB、もしくはAppleストアのiPhoneで32GB以上、安く手に入れたいなら白ロムのiPhoneをヤフオクや中古店などで入手して使うのがオススメです。

楽天モバイルのiPhoneの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

参考:iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

一番簡単に快適にiPhoneが使える組み合わせ、UQ mobileとiPhone SE / 6s

楽天モバイルは整備品のiPhoneしか扱っていませんが、UQ mobileの場合は普通に新品のiPhoneを取り扱っています。

扱っているiPhoneは比較的手頃な価格で買えるiPhone SEとiPhone 6sです。加えて容量は32GBと128GBです。iPhoneを初めて使う場合や、iPhone 5sなどかなり古いiPhoneを使っている場合にオススメのiPhoneのモデルです。

楽天モバイルの通信速度は少し微妙ですが、UQ mobileの通信速度は超速いです。UQ mobileなら快適にiPhoneを使うことができます。

さらに、UQ mobileの5分かけ放題(もしくは月60分〜180分の無料通話)付きのプランを選ぶと月額割引と高額の商品券ももらえるので、かなり割安にiPhoneが手に入り、とても簡単に格安SIM(UQ mobile)で使うことができます。

UQ mobileの5分かけ放題(もしくは月60分〜180分の無料通話)付きのプランの詳細はこちら → UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

コンパクトなスマホが良い場合はiPhone SE、少し画面の大きなスマホが良い場合はiPhone 6sがオススメです。

UQ mobileのiPhone SE

UQのiPhone SE 32GBの価格4万900円

おしゃべり/ぴったり
プランS → 実質ゼロ円、キャッシュバックが9900円残る計算
プランM → 実質ゼロ円、キャッシュバックが1万900円残る計算
プランL → 実質ゼロ円、キャッシュバックが1万2900円残る計算

データ高速+音声プラン → 実質3万5900円

(詳細な内訳はUQ mobileのiPhone SEの実質価格を参考に)

UQ mobileのiPhone 6s

UQのiPhone 6s 32GBの価格5万5300円

おしゃべり/ぴったり
プランS → 実質2万6100円
プランM → 実質1万3100円
プランL → 実質1万1100円

データ高速+音声プラン → 実質5万300円

(詳細な内訳はUQ mobileのiPhone 6sの実質価格を参考に)

キャッシュバック付きのiPhone SE / 6sの詳細と申込はこちら → UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン

UQ mobileでiPhoneを申し込むと格安SIMも一緒に届いて、あとは格安SIMを入れるだけです。

楽天モバイルや他の格安SIMだとAPNの設定の為に構成プロファイルをダウンロードしてインストールする必要があったりと、少しだけ難しいところがありますが、UQ mobileなら格安SIMを入れるだけで使えます。超簡単です。UQ mobileなら通信速度もとても速いので、快適に簡単にiPhoneを使うことができます。(テザリングもできます)

実際の設定の仕方は下記に詳しく書いてあるのでそちらを参考にしてみてください。

初めてiPhoneを買って格安SIM(UQ mobile)で使う方法、お得な買い方から必要な設定の全て

楽天モバイルで買えるオススメの格安スマホ

おすすめ No.1:Huawei nova lite 2、2018年のコスパ最強の格安スマホ

Huawei nova lite 2

Huawei nova lite 2
楽天モバイル価格 2万5980円
→ 6800円 (セール価格)

性能 5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

HUAWEI nova lite 2の性能評価と評判+キャンペーン情報

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

格安スマホが色々ありすぎて、よくわからなくなってしまった場合は、nova lite 2を最優先で検討することを強くオススメします。

楽天モバイルのnova lite 2の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.2:Huawei nova lite、2017年のコスパ最強の格安スマホ

Huawei nova lite

Huawei nova lite
楽天モバイル価格 2万1800円
→ 4800円 (セール価格)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.1GHz/1.7GHz、RAM3GB、ROM16GB、カメラ1200万画素、重さ147グラム、電池容量3000mAh、ナノSIMx2、Android 7

HUAWEI nova liteの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

nova liteは2017年2月24日に発売されたコスパ最強の格安スマホですが、後継機のnova lite 2が発売された今となってはnova liteを買うメリットは少ないです。

値段を最優先する場合で、できるだけ安く買いたい場合にnova liteがオススメです。ただ、できるだけROMが32GBあるnova lite 2を選んだほうがいいです。値段に釣られてnova lite 2よりもnova liteを選ぶと、あとで後悔します。

楽天モバイルのnova liteの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.3:honor9、比較的安く買える超超高性能スマホ

honor9

honor9
楽天モバイル価格 5万3800円
→ 1万7800円 (セール価格)

性能 5.15インチ、CPUオクタコア2.4GHz×4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ155グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)

honor9の性能評価と評判+キャンペーン情報

価格をある程度抑えた格安スマホの中で一番高性能なのがhonor9です。カメラ性能をかなり重視している場合にもhonor9がオススメです。

楽天モバイルのhonor9の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.4:AQUOS sense lite、一番おすすめの防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite
楽天モバイル価格 2万9800円
→ 1万2800円 (セール価格)

性能 5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃

AQUOS senseとAQUOS sense liteの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

AQUOS sense liteは防水・おサイフケータイ・耐衝撃に対応していて、電池持ちも良くそこそこ高性能なCPUとRAM3GB、ROM32GBを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

SIMフリーの防水・おサイフケータイ対応スマホはいくつかありますが、そのどれもが何かを我慢する必要がありました。AQUOS sense liteの登場でようやく何か我慢する必要のない防水・おサイフケータイ対応スマホを使うことができます。

防水もしくはおサイフケータイ対応のスマホを探している場合は、AQUOS sense liteが最善です。

楽天モバイルのAQUOS sense liteの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.5:ZenFone 4 Max、電池持ち最強のトリプルスロット搭載スマホ

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max
楽天モバイル価格 1万9800円
→ 9250円 (セール価格)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 500万画素広角)、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応予定、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone 4 Maxは電池持ちが超良いトリプルスロットに対応した格安スマホです。電池持ちを重視する場合や、DSDSを使いながらマイクロSDカードも使いたい場合にオススメの格安スマホです。

高性能というわけではありませんが、実用性がかなり高いのがZenFone 4 Maxです。普通に使えて、予算を抑えられて、電池持ちが超良い格安スマホならZenFone 4 Maxが最適です。

※ただしカメラ性能が微妙なので、写真を撮るのが好きな場合は少し避けたほうがいいです。

楽天モバイルのZenFone 4 Maxの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

ZenFone 4 Maxの性能評価の詳細と評判+購入後の実機レビューとキャンペーン情報

おすすめ No.6:HTC U11 life、高性能なおサイフケータイ・防水対応スマホ

HTC U11 life

HTC U11 life
楽天モバイル価格 3万9800円
→ 2万9800円 (セール価格)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1600万画素、重さ142グラム、電池容量2600mAh、ナノSIM、おサイフケータイ対応、防水対応

HTC U11 lifeは高性能なCPUを搭載したおサイフケータイと防水に対応している格安スマホです。

普通に使う分にはAQUOS sense liteでも大丈夫ですが、ゲームを快適にしたい場合は、Snapdragon 630という高性能なCPUを搭載しているHTC U11 lifeがおすすめです。

楽天モバイルのHTC U11 lifeの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.7:ZenFone 4、大きな風景が撮れる&ゲーム性能が良い

ZenFone 4

ZenFone 4
楽天モバイル価格 5万6800円
→ 4万2800円 (セール価格)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角(F値2.2))、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 4の性能評価の詳細と評判+実機レビューとキャンペーン情報

ZenFone 4は超高性能で省エネのCPUと6GBのRAMを搭載した、電池持ちがかなり良く、カメラの性能もかなり良い、高級感のある格安スマホです。

カメラはダブルレンズカメラになっていて、片方は通常のカメラ、もう片方は広角カメラになっています。広角カメラで写真を撮ると、通常のカメラの2倍の大きさで風景を撮ることができます。風景を撮ることが多い場合はZenFone 4が最高です。

CPUはゲーム性能に強く、なおかつ省エネ性能にも優れているSnapdragon 660という超高性能なCPUを使っているので、なんでもサクサク使えて、電池持ちもかなり良くなっています。

楽天モバイルのZenFone 4の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめNo.8:Mate 10 Pro、AI搭載の最先端の最高性能スマホ

Mate 10 Pro

Mate 10 Pro
楽天モバイル価格8万9800円
→ 6万9800円 (セール価格)

性能 6.0インチ、CPUオクタコア(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53) + i7 コプロセッサ Kirin 970 / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit、RAM6GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー F値1.6)、重さ178グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、USB Type C対応、防水・防塵対応

Mate 10 Proの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

AIチップを搭載した最新のスマホ、それがMate 10 Proです。

Mate 10 ProはCPUの性能も最高性能ですが、それに加えて音声認識、画像認識、電力効率化をサポートするAIを初搭載しています。

従来はクラウドで音声認識を行なっていましたが、Mate 10 ProならAIが音声認識をサポートすることから、タイムラグなしの音声認識を行うことができます。画像認識もサポートして、状況に応じた最低なカメラ設定を行い、最高の写真を撮ることができます。

価格は高いですが、P10やP10 Plusよりも上回る、最先端の最高のスマホを使いたい場合にMate 10 Proがおすすめです。防水と防塵にも対応しています。

楽天モバイルのMate 10 Proの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.9:arrows M04、低性能だけどワンセグ・おサイフケータイ・耐衝撃

arrows M04

arrows M04
楽天モバイル価格 3万400円
→ 1万4800円 (大感謝セール価格)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2580mAh、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、耐衝撃、泡洗対応、指紋認証非対応

arrows M04の性能評価と評判+キャンペーン情報

電池持ち良し・防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応と、隙のない構成をしています。衝撃に強く壊れにくく、洗剤で洗うこともできます。

ただし、CPUの性能がかなり低いのでサクサクは使えません。ワンセグが絶対必須でなければ、防水・おサイフケータイ対応スマホはAQUOS sense liteを選んだほうが良いです。

楽天モバイルのarrows M04の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.10:ZenFone 4 Selfie、自撮りに特化した格安スマホ

ZenFone 4 Selfie

ZenFone 4 Selfie
楽天モバイル価格 1万6800円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(インカメラ2000万画素/800万画素広角)、重さ144グラム、電池容量3000mAh

ZenFone 4 Selfieは自撮りに特化した格安スマホです。自撮り用のインカメラの画素数が2000万画素、広角カメラもついているので大勢で自撮りすることもできます。自撮りをすることが多い場合にオススメです。

楽天モバイルのZenFone 4 Selfieの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.11:moto g5s、DSDS対応の安い格安スマホ

moto g5s

moto g5s
楽天モバイル価格 1万6800円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ157グラム、電池容量3000mAh

moto g5sはauのVoLTEに対応していて、なおかつDSDSにも対応しています。ただし、ZenFone 4 Selfieも同じく対応しているので、RAM4GB、ROM64GBになっているZenFone 4 Selfieを選んだほうが少しだけ良いです。

楽天モバイルのmoto g5sの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.12:AQUOS R compact、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の超高性能のコンパクトスマホ

AQUOS R compact

AQUOS R compact SH-M06
楽天モバイル価格6万7800円
→ 4万7700円 (セール価格)

性能 4.9インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ 1640万画素、重さ140グラム、電池容量2500mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応)

AQUOS R compactの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

AQUOS R compact SH-M06は2018年1月25日に発売された、超高性能なCPUを搭載した防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の4.9インチのコンパクトスマホです。

性能的にも価格的にもZenFone 4のほうが良いのですが、防水・おサイフケータイ・ワンセグ・コンパクトが必須な場合に、AQUOS R compactを検討してみてください。

楽天モバイルのAQUOS R compact SH-M06の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.13:P10 lite、2017年で一番売れた格安スマホ

Huawei P10 lite

P10 lite
楽天モバイル価格 2万9980円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ146グラム、電池容量3000mAh、ナノSIMx2、Android 7

HUAWEI P10 liteの性能評価と評判+キャンペーン情報

P10 liteは2017年6月9日に発売されたnova liteのアップグレード版です。ROMが32GBに増量されて、アプリをたくさん入れることができます。

2017年で一番売れた格安スマホですが、セール価格になっていないので、楽天モバイルとしては割高になっています。セール価格になっているnova lite 2を選ぶことを強くお勧めします。

楽天モバイルのP10liteの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.14:Huawei P10、カメラ性能重視のコンパクトな超高性能スマホ

Huawei P10

Huawei P10
楽天モバイル価格6万800円

性能 5.1インチ、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ145グラム、電池容量3200mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、Android 7

P10は2017年6月9日に発売された5.1インチのコンパクトな超高性能スマホです。CPUも超高性能、RAM4GB、ROM64GB、カメラもダルブレンズで最高クラスのカメラ性能になっています。

ヘビーユーザと写真を撮るのが大好きなユーザにオススメです。サイズも手頃なサイズになっています。

楽天モバイルのHuawei P10の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.15:Huawei P10 Plus、カメラ性能最重視の大画面の超高性能スマホ

Huawei P10 Plus

Huawei P10 Plus
楽天モバイル価格6万7800円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ165グラム、電池容量3750mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、Android 7

P10 PlusはP10と基本的には同じ性能ですが、画面が5.5インチに大きくなり、電池容量も2割り増し、カメラの画素数は同じですが、より高級なカメラ部品を使っています。

P10よりも電池持ちは少し良くなっています。ヘビーユーザと写真を撮るのが大好きなユーザにオススメです。

楽天モバイルのHuawei P10 Plusの詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.16:ZenFone 3

ZenFone 3

ZenFone 3
楽天モバイル価格3万4800円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ144グラム、電池容量2650mAh、デュアルSIM(ナノSIM+マイクロSIM、DSDS対応)

ZenFone 3の性能評価と評判

ZenFone 3は2016年10月7日に発売された、高性能で省エネのCPUと3GBのRAMを搭載した高級感のある格安スマホです。デュアルスタンバイにも対応していて、ガラケーと格安スマホを1台にまとめることもできるのが特徴です。今から買うには流石に少し型落ちしていて、セール価格にもなっているので選ぶメリットはないです。

楽天モバイルのZenFone 3の詳細はこちら → 楽天モバイル

おすすめ No.17:honor 8

honor 8

honor 8
楽天モバイル価格4万2800円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.3GHzx4/1.8GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1200万画素x2(前面800万画素)、重さ153グラム、電池容量3000mAh

honor8の性能評価と評判

honor8は超高性能なCPUと4GBの大容量のRAM、ROMは32GBあります。カメラも2つ搭載していて、格安スマホの中でも上位クラスのカメラ性能になっています。電池の持ちも、そこそこ良い感じです。2016年に発売された機種で流石に今から買うには少し古い機種なのに加えて、セール価格にもなっていないので選ばないほうが良いです。

楽天モバイルのhonor 8の詳細はこちら → 楽天モバイル

おすすめではない格安スマホ

おすすめではない:AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04
楽天モバイル価格 2万9800円

性能 5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ137グラム、電池容量2700mAh、防水・防塵、おサイフケータイ対応、指紋認証非対応

AQUOS SH-M04とAQUOS L2の性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

防水・おサイフケータイ対応スマホの中でもそこそこ性能が良いのがAQUOS SH-M04です。ただし、同じような価格で防水・おサイフケータイ・指紋認証対応でRAM3GB、ROM32GBのAQUOS sense liteが買えてしまいます。

今からわざわざAQUOS SH-M04を選ぶメリットは少ないです。防水・おサイフケータイ対応スマホなら、AQUOS sense liteを検討することを強くオススメします。

楽天モバイルのAQUOS SH-M04の詳細と申し込みはこちら → 楽天モバイル

おすすめではない:ZTE BLADE E02

ZTE BLADE E02

ZTE BLADE E02
楽天モバイル価格1万2800円
→ 780円 (セール価格)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.1GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ135g、電池2400mAh、指紋認証非対応

楽天モバイルで一番安く買えるのがZTE BLADE E02です。性能がかなり低いので買わないほうがいいです。安いスマホなら一番まともなnova lite 2を選ぶことを強くオススメします。

おすすめではない:ZTE BLADE E01

ZTE BLADE E01

ZTE BLADE E01
楽天モバイル価格1万2800円

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.1GHz、RAM1GB、ROM8GB、カメラ800万画素、重さ155g、電池2200mAh、指紋認証非対応

ZTE BLADE E02の旧モデルがE01です。買う意味はないので、安いスマホなら一番まともなnova lite 2を選ぶことを強くオススメします。

おすすめではない:ZenFone Live

ZenFone Live

ZenFone Live
楽天モバイル価格1万7800円

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ120g、電池2650mAh、指紋認証非対応

価格は安いですが性能が低いので買わないほうがいいです。安いスマホなら一番まともなnova lite 2を選ぶことを強くオススメします。

おすすめではない:AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03
楽天モバイル価格4万9800円

性能 4.7インチ、CPUヘクサコア1.8GHzx2/1.4GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ120グラム、電池容量2810mAh、連続待受LTE460時間、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、指紋認証非対応、Android 6

AQUOS mini SH-M03の性能評価と評判+キャンペーン情報

AQUOS mini SH-M03はコンパクトな4.7インチの画面に、高性能なCPUと3GBのRAM、防水、おサイフケータイ、そしてワンセグにも対応しています。性能に比して価格が高すぎるので買わないほうがいいです。

おすすめではない:arrows M03

arrows M03

arrows M03
楽天モバイル価格3万2800円
→ 7700円 (大感謝セール価格)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141グラム、電池容量2580mAh、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、指紋認証非対応

arrows M03の性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

arrows M04の旧モデルがarrows M03です。かなり古いモデルで性能も低いので、防水・おサイフケータイ・耐衝撃スマホならまともな性能になっているAQUOS sense liteがおすすめです。

楽天モバイルの関連情報

楽天モバイルのキャンペーン内容は変わりやすいので、正確なキャンペーン情報は楽天モバイルの公式サイトでご確認ください。

公式サイト → 楽天モバイル

楽天モバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMのSNS:楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
楽天モバイルのスーパーホーダイの通信速度(リアルタイム)
楽天モバイルの新APN(JP)の通信速度(リアルタイム)
楽天モバイルの新新APN(CO)の通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2018年5月12日 / 作成日 2016年6月1日 / 作成者 格安SIMの管理人