安くても快適!iPhoneを格安SIMで使うおすすめ方法と手順

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (11) / 関連:iPhone更新順(27)

ここはiPhoneを格安SIMで安く使いたい人向けの完全ガイドです。

大雑把な流れは、最初に対応するiPhoneを用意して、格安SIMを申し込んで、最後に届いた格安SIMをiPhoneに入れて少し設定します。

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneで格安SIMが使えます。eSIM対応のiPhoneなら楽天モバイルやIIJmioのeSIMプランでも使えます。

iPhoneを格安SIMで運用

今のスマホ会社のままでも楽天モバイルのeSIMを利用すれば、電話代がタダにできます。

乗り換えられる人なら、楽天モバイルとIIJmioの組み合わせなら、月440円で3GB使えて電話が無料でかけ放題です。

楽天モバイルとmineoの組み合わせだと、月1265円で1.5Mbpsが使い放題など、iPhoneがすごく安く使えます。

ここではiPhoneを格安SIMで安く使うためのおすすめの方法と、iPhoneを格安SIMで使う手順をわかりやすく解説します。

※ iPhone 6以下は無視します。iPhone 6以下は新しいiPhoneに買い替えてください

おすすめ方法

  • 方法① 楽天モバイルのeSIMのみ使う方法
  • 方法② 楽天モバイル+IIJmio
  • 方法③ 楽天モバイル+mineo
  • 方法④ 楽天モバイル+povo2.0
  • 注:物理SIMのプロファイルをインストールした後にeSIMを設定

方法①は比較的簡単です。方法②と③は中級者以上の人向けです。機械操作が苦手な場合は②と③はやめたほうが良いかも・・

※ SIMフリーまたはSIMロック解除済みのeSIM対応のiPhoneが必要

方法① 楽天モバイルのeSIMで電話が無料でかけ放題

eSIMに対応しているiPhoneXR以降なら、楽天モバイルのeSIMを契約すれば、電話が24時間無料でかけ放題になります。

楽天モバイルは月1GB以下なら無料です。普段のデータ通信は今のスマホ会社経由にしておけば、楽天モバイルの料金はかかりません。楽天リンクで電話料金が無料になります。

楽天モバイルのeSIMで無料で電話かけ放題

iPhone
・物理SIM ← 今のスマホ会社のSIMが入っている (データ通信)
・eSIM ← 楽天モバイルのeSIMを新規契約 (無料通話用)

楽天モバイルはeSIMで新規契約します。乗り換えではないです。

楽天モバイルのeSIMの詳細と申込みはこちら

運転免許証またはマイナンバーカードを持っていれば、AIかんたん本人確認(eKYC)で最短5分で開通できます。

楽天モバイルのeSIMを設定して、あとは楽天リンクをインストールして、楽天リンクから電話をかければ24時間無料でかけ放題です。

※ 無料電話は楽天モバイルからもらった新しい電話番号からの発信になります。

方法② 楽天モバイル+IIJmio:月440円で3GBで電話かけ放題

楽天モバイルの物理SIMとIIJmioのeSIMを組み合わせれば、月440円で3GB使えて無料で24時間電話かけ放題にできます。

今のスマホ会社から楽天モバイルに物理SIMで乗り換えて、IIJmioのeSIMを新規契約します。

iPhone
・物理SIM ← 楽天モバイルに乗り換える (無料通話用)
・eSIM ← IIJmioのeSIMを新規契約 (データ通信)

これで下記のプランでiPhoneが使えます。

月額料金データ量繰越通話料金
440円3GB(2GB+1GB)最大2GB無料:楽天リンクで国内通話が24時間かけ放題
660円5GB(4GB+1GB)最大4GB
1100円9GB(8GB+1GB)最大8GB
1430円16GB(15GB+1GB)最大15GB
1650円21GB(20GB+1GB)最大20GB

毎月のスマホ料金をできるだけ安く便利にしたい場合におすすめです。

楽天モバイルとIIJmioで最安スマホ料金

最安スマホ料金の作り方:月440円で3GBで電話かけ放題

方法③ 楽天モバイル+mineo:月1265円で1.5Mbps使い放題など

YouTubeなどの動画をたくさん見る場合におすすめなのが、楽天モバイルとmineoの組み合わせです。

今のスマホ会社から楽天モバイルにeSIMで乗り換えて、mineoのデータSIM(シングルタイプ)の1GBをパケット放題 Plus付きで新規契約します。

iPhone
・eSIM ← 楽天モバイルに乗り換える (無料通話用)
・物理SIM ← mineoのデータSIMを新規契約して設定 (データ通信)

楽天モバイルのeSIMの詳細と申込み

mineoのデータSIM(シングルタイプ)の詳細と申し込み

これで月1265円で1.5Mbpsが使い放題で、楽天リンクを使って無料で24時間電話かけ放題にできます。

楽天モバイルに乗り換えれば、今の電話番号で発信できます。

1.5Mbpsならスマホで480pの高画質の動画を止まらずに見れます(上限:1日平均5時間の視聴)

mineoのパケット放題 Plusを実機検証

mineoのパケット放題 Plusを実機検証!YouTube等は見れる?低速1.5Mbpsの実測

mineoの1.5Mbpsは、動画の視聴が毎日5時間を超えると、3日10GB制限で速度が更に制限され、動画が見れなくなる可能性があります。

方法④ 楽天モバイル+povo2.0:1GB以下は無料で電波も安心

楽天モバイルは場所によっては圏外になる可能性があります。そんな場合は、楽天モバイルと基本料0円のpovo2.0を組み合わせれば、良いとこ取りができます。

使うデータ量によって、おすすめの組み合わせが変わります。

月1GB以下、または月30GB超の場合

iPhone
・eSIM ← 楽天モバイルに乗り換える (データ通信と無料通話用)
・物理SIM ← povo2.0を新規契約 (バックアップ回線)

楽天モバイルは月1GB以下なら無料です。月30GBを超える場合は、無制限で使える楽天モバイルがおすすめです(パートナー回線を掴む場合は月30GB超は無理です)

楽天モバイルを主に使って、電波が悪くなった場合は、基本料0円のpovo2.0にデータ通信を切り替えます。切り替えても楽天リンクで今の電話番号で無料通話ができます。

月1GB超〜30GB以下の場合

iPhone
・物理SIM ← povo2.0に乗り換える (データ通信)
・eSIM ← 楽天モバイルのeSIMを新規契約 (無料通話用)

月1GB超〜30GB以下の場合は、povo2.0を主に使ったほうが割安になります。

楽天モバイルは楽天リンクの無料通話のために新規契約します。この場合、楽天リンクから電話をすると、楽天モバイルの新しい電話番号からの発信になります。

注:物理SIMのプロファイルをインストールした後にeSIMを設定

楽天モバイルのeSIMを設定した後に、物理SIMの構成プロファイルをインストールすると、なぜか不具合が出る可能性が高くなります。

よくわからない不具合が出てくる場合は、楽天モバイルのeSIMを再発行して、eSIMの再設定をしてみてください (楽天モバイルのeSIMの再発行は無料)

※ 楽天モバイルとpovo2.0は構成プロファイルは不要です。mineoとIIJmioは構成プロファイルが必要なので、楽天モバイルと併用するときは要注意です。

手順1(ケース1):今のiPhoneを使う場合

今のiPhoneを使う場合のトピックス

  • SIMロックの状態を確認
  • SIMロックありの場合は、SIMロック解除
  • iOSをアップデート

今のiPhoneを格安SIMで使うには、「SIMロックなし」でiOSは最新バージョンにしておく必要があります。

SIMロックの状態を確認

iPhone → 設定 → 情報 → ページ中部の「SIMロック」を確認

「SIMロックなし」と表示されていれば、iPHoneはSIMロック解除済みです。そのまま格安SIMで使えます。

「SIMロックあり」になっている場合は、SIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロックありの場合は、SIMロック解除

iPhoneのSIMロック解除はネットで10分くらいで解除できます。

格安SIMのためのiPhoneのSIMロック解除

格安SIMのためのiPhoneのSIMロック解除のまとめ

iOSを最新のバージョンにアップデートする

古いiOSのままだと、格安SIMで使えない、もしくは不具合が出る可能性があるので、最新版にアップデートしておきます。

iPhone → 設定 → 一般 → ソフトウェア・アップデート

手順1(ケース2):新しいiPhoneを買う場合

格安SIMとセットだとiPhoneが割安に買える

新しいiPhoneが必要な場合、格安SIMとセットならiPhoneが割安に買えるキャンペーンをしているところがあります。

iPhoneが割安に買えるキャンペーンは下記にまとめているので参考にしてみてください。

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング

iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング、安くiPhoneが買えるMVNOとサブブランド

iPhone本体のみを購入したい場合

iPhone本体のみ買いたい場合は、Appleストアヨドバシカメラ等の家電量販店で買えます。

※ 家電量販店ではSIMフリーモデルを選ぶ

おすすめの人気のiPhoneは?

人気なのはiPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone SE 第2世代です。その後に値下げしたiPhone12とiPhone12 Proもそこそこ人気です。

メルカリやヤフオクなどで中古でも問題ない場合は、iPhone XR、XS、11などもおすすめです。

※ iPhone X以下は中古で安くても今からは買わないほうが良いです。

手順2:格安SIMを申し込む

格安SIMの申込みのトピックス

  • 事前準備:MNP予約番号をもらう
  • 通話SIM vs データSIM ← 基本的に通話SIM
  • 通常のSIMカード vs eSIM
  • SIMのサイズ
  • キャンペーンをチェックして申し込む

事前準備:MNP予約番号をもらう

今のスマホやガラケーの電話番号を格安SIMで使いたい場合は、格安SIMを申し込む前にMNP予約番号を手に入れます。

ドコモ/au/ソフトバンクユーザは、スマホ会社に電話をかけてMNP予約番号をもらいます。それ以外のスマホ会社を使っている場合は、ネットで簡単にMNP予約番号を発行できます。

携帯電話やスマホを持っていない人、新しい電話番号でもかまわない人は、MNP予約番号は必要ありません。

方法①「楽天モバイルのeSIMで電話が無料でかけ放題」の人はMNP予約番号は不要です。

通話SIM vs データSIM ← 基本的に通話SIM

よくわからなければ、通話SIMを選ぶものだと思っておけば大丈夫です。

通話SIMとデータSIMの違い

通話SIMは音声SIMやらデュアルタイプやら呼ばれたりもします。通話SIMから電話機能を削ったのがデータSIMです。

方法① 楽天モバイルのeSIMでかけ放題
・楽天モバイル:通話SIM(eSIM)

方法② 楽天モバイル+IIJmio
・楽天モバイル:通話SIM(物理SIM)
・IIJmio:データSIM(eSIM)

方法③ 楽天モバイル+mineo
・楽天モバイル:通話SIM(eSIM)
・mineo:データSIM(物理SIM)

方法④ 楽天モバイル+povo2.0
・楽天モバイル:通話SIM(eSIM)
・povo2.0:通話SIM(物理SIM)

※ 楽天モバイルとpovo2.0は通話SIMのみ提供

通常のSIMカード vs eSIM

格安SIMは、通常のSIMカード(物理SIM)とeSIMを選べます。

※ 格安SIMの中にはeSIM非対応のところもあります。

iPhoneXR以降のeSIM対応機種を使っている場合は、eSIMを選べば最短即日で開通して、すぐに使えます。

物理SIMを選ぶ場合は、SIMカードの配送に時間がかかるので、申し込んでから2〜3日くらいで使えるようになります。

物理SIMを選ぶ人が8割、eSIMを選ぶ人が2割といったところです。

SIMのサイズ

通常のSIMカードの場合はSIMのサイズをしてする必要があります。

iPhoneの場合は、SIMのサイズがナノSIM、マルチSIM、またはVoLTE用SIMと書いてあれば大丈夫です。サイズ指定がない場合はマルチSIMが来ます。

※ eSIMにはSIMのサイズはありません

キャンペーンをチェックして申し込む

お得に格安SIMが使えるキャンペーンをしているところがあります。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング、キャッシュバックと月額割引等でお得にSIM替え

キャンペーンや格安SIMの速度ランキングを参考に、格安SIMを申し込んでみてください。

手順3:格安SIMをiPhoneに設定する

格安SIMの設定のトピックス

  • 手順3の1:iPhoneを起動して下準備
  • 手順3の2:WiFiを設定する
  • 手順3の3:eSIMの場合
  • 手順3の3:物理SIMの場合

手順3の1:iPhoneを起動して下準備

初めてiPhoneを使う場合は、普通にiPhoneの初期設定をします。

古いiPhoneから新しいiPhoneに変更した場合は、データ移行をします。パソコンのiTunes、パソコンがない場合はiCloudでデータ移行するのが一般的です。

iPhone間で直接データを転送する方法(クイックスタート)もありますが、LINEの移行やゲームアプリの移行などが少し手間になります。

今のiPhoneを使う場合は下準備は特に無いです(SIMロックなしの確認とiOSのアップデートは必要)

手順3の2:WiFiを設定する

格安SIMの設定には基本的にWiFiが必要です。

※ WiFiが不要なケースもありますが、ごちゃごちゃするので省略

手順3の3:eSIMの場合

格安SIMをeSIMで申し込むと、最短5分で審査が完了します。審査完了後にeSIMの設定するとすぐ使えるようになります。

楽天モバイルのeSIMの設定

IIJmioのeSIMの設定

その他の格安SIMも公式サイトでeSIMの設定が結構詳しく書いてあるので、公式サイトを参考にするのがおすすめです。

手順3の3:物理SIMの場合

乗り換えの場合は、開通手続きをする

他社からMNPで乗り換えている場合は、SIMカードが届いたら、開通手続きをします。

開通手続きの方法は各社で異なりますが、SIMカードなら同封されている用紙に記載されています。

SIMカードを差し替える

格安SIM(物理SIM)が届いたら、届いたSIMカードをiPhoneに挿入します。

SIM取り出しピンをiPhoneの横にある小さい穴に押し込むと、SIMスロットが取り出せるようになっています。ピンがない人は、ペーパークリップで代用できます。

SIMスロットから古いSIMカードを取って、届いたSIMカードをセットしてもとに戻します。

電源を入れて、必要に応じて構成プロファイルをインストールする

格安SIMによっては、構成プロファイルをiPhoneにインストールする必要があります。

構成プロファイルが不要な格安SIM
楽天モバイル、ワイモバイル、LINEMO、povo2.0、ahamo

構成プロファイルが必要な格安SIM
IIJmio、mineo、OCNモバイルONE

一部のiPhoneで構成プロファイルが必要な格安SIM
UQモバイル、BIGLOBEモバイル

構成プロファイルは格安SIMの公式サイトからダウンロードして、インストールできます。

格安SIMなら無料でテザリングできる

格安SIMで運用しているiPhoneでもテザリングができます。別途申し込んだり、追加で料金が取られることなく無料でテザリングが使えます。(データは消費します)

iPhoneから
設定 → インターネット共有 → インターネット共有をONにする

別のスマホからテザリングしているiPhoneへWiFi接続をしてみます。

テザリング中ということで青いバーが上のほうに出てきて、問題なくテザリングができました。

iPhoneの性能と価格一覧

eSIM対応:iPhone 13シリーズ

iPhone1313 mini13 Pro13 Pro Max
CPUApple A15 Bionic
RAM4GB6GB
Antutu V9820,000(GPU:330,000)
ディスプレイ6.1インチ5.4インチ6.1インチ(120Hz)6.7インチ(120Hz)
メインカメラ1200万画素(F値1.6 / 1.7um)1200万画素(F値1.5 / 1.9um)
超広角カメラ1200万画素(F値2.4)1200万画素(F値1.8)
手ブレ補正センセーシフト光学手ブレ補正
LiDARLiDARLiDAR
望遠カメラ1200万画素(F値2.8 / 光学3倍ズーム)
前面カメラ1200万画素(F値2.2)
電池容量3227mAh2406mAh3095mAh4352mAh
動画再生時間19時間17時間22時間28時間
サイズ146.7 × 71.5 × 7.65mm131.5 × 64.2 × 7.65mm146.7 × 71.5 × 7.65mm160.6 × 78.1 × 7.65mm
重さ173グラム140グラム203グラム238グラム
防水性能水深6m
価格128GB
↳9万8800円
256GB
↳11万800円
512GB
↳13万4800円
128GB
↳8万6800円
256GB
↳9万8800円
512GB
↳12万2800円
128GB
↳12万2800円
256GB
↳13万4800円
512GB
↳15万8800円
1TB
↳18万2800円
128GB
↳13万4800円
256GB
↳14万6800円
512GB
↳17万800円
1TB
↳19万4800円
発売日2021年9月24日

※ AntutuスコアはPro Max > Pro > 13 > miniの順番に良いですが、最大1割程度の違いです

性能寿命:残り7年

eSIM対応:iPhone 12シリーズ

iPhone1212 mini12 Pro12 Pro Max
CPUApple A14 Bionic
RAM4GB6GB
Antutu V9720,000(GPU:280,000)
ディスプレイ6.1インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
メインカメラ1200万画素(F値1.6 / 1.4um)1200万画素(F値1.6 / 1.7um)
超広角カメラ1200万画素(F値2.4)
手ブレ補正光学手ブレ補正デュアル光学手ブレ補正センセーシフト光学手ブレ補正
LiDARLiDARLiDAR
望遠カメラ1200万画素(F値2.0 / 光学2倍ズーム)1200万画素(F値2.2 / 光学2.5倍ズーム)
前面カメラ1200万画素(F値2.2)
電池容量2775mAh2227mAh2775mAh3687mAh
動画再生時間17時間15時間17時間20時間
サイズ146.7 × 71.5 × 7.4mm131.5 × 64.2 × 7.4mm146.7 × 71.5 × 7.4mm160.6 × 78.1 × 7.4mm
重さ162グラム133グラム187グラム226グラム
防水性能水深6m
価格64GB
↳8万6800円
128GB
↳9万2800円
256GB
↳10万4800円
64GB
↳6万9800円
128GB
↳7万5800円
256GB
↳8万7800円
終売終売
発売日(2020年)10月23日11月16日10月23日11月16日

性能寿命:残り6年

iPhone 12/mini/Pro/Maxの詳細スペック

iPhone 11シリーズ / SE(第2世代)

iPhone1111 Pro11 Pro MaxSE(第2世代)
CPUA13 Bionicチップ
RAM4GB3GB
Antutu V9約630,000(GPU:260,000)
ディスプレイ6.1インチ
Liquid Retina HD
5.8インチ
Super Retina HD
6.5インチ
Super Retina HD
4.7インチ
Retina HD
背面カメラ広角1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)広角1200万画素(F値1.8)+超広角1200万画素(F値2.4)+望遠1200万画素(F値2.0 / 光学2倍ズーム)広角1200万画素(F値1.8)
前面カメラ前面1200万画素(F値2.2)前面700万画素(F値2.2)
動画再生時間17時間18時間20時間13時間
サイズ150.9 x 75.7 x 8.3mm / 194グラム144.0 x 71.4 x 8.1mm / 188グラム158.0 x 77.8 x 8.1mm / 226グラム138.4 × 67.3 × 7.3mm / 148グラム
防水性能水深2m水深4m水深1メートル
価格終売終売終売64GB
↳4万9800円
128GB
↳5万5800円
256GB
↳終売
発売日2019年9月20日2020年4月24日

性能寿命:残り5年

前モデルのiPhone XR / XS / XS Maxと比べて、iPhone 11シリーズはCPUが最大20%性能アップ、GPUは最大20%性能アップ、AI(Core ML)は最大6倍高速化しました。

消費電力は、2つの高性能CPUコアは最大40%が少なくなり、4つの高効率CPUコアは最大25%少なくなり、GPUコアも最大30%少なくなることで、電池持ちが良くなっています。

カメラ性能は超広角1200万画素(F値2.4)が加わり、広い範囲の写真が撮れるようになりました。ProとPro Maxの望遠レンズの性能がアップしました。前面カメラも1200万画素の高画素にアップしました。

防水性能も前モデルよりもアップしています。iPhone SE(第2世代)は顔認証には対応していませんが、指紋認証には対応しています。

iPhone SE 第2世代の性能レビュー

iPhone XS / XS Max / XR

iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
CPUA12 Bionicチップ
RAM4GB3GB
Antutu V9約530,000(GPU:190,000)
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina HD
6.5インチ
Super Retina HD
6.1インチ
Liquid Retina HD
背面カメラ広角1200万画素(F値1.8)+望遠1200万画素(F値2.4)広角1200万画素(F値1.8)
前面カメラ前面700万画素(F値2.2)
電池持ちネット12時間、動画14時間ネット13時間、動画15時間ネット15時間、動画16時間
サイズ143.6 x 70.9 x 7.7mm / 177グラム157.5 x 77.4 x 7.7mm / 208グラム150.9 x 75.7 x 8.3mm / 194グラム
防水性能水深2m水深1m
発売日2018年9月21日2018年10月26日

iPhone 8シリーズと比べて、iPhone XS / XS Max / XRはCPUが最大15%性能アップして、GPUは最大50%性能アップ、AI(Core ML)は最大9倍高速化しました。

CPUに4つの効率コアを使うことで消費電力を最大50%少なくすることで、電池持ちが良くなっています。

iPhone Xと比べて、iPhone XSは電池持ちが最大30分、XS Maxは最大1.5時間長くなりました。iPhone 8 Plusと比べて、iPhone XRは最大1.5時間電池持ちが良くなっています。

カメラ性能のスペックはiPhone Xとあまり変わりませんが、A12 Bionicチップの強力なISPにより、実際のカメラの実性能はかなり上がっているようです。

性能寿命:残り4年

iPhone 8 / 8 Plus / X

iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone X
CPUApple A11 Bionic 6コア (2× Monsoon + 4× Mistral) 2.39GHz
RAM2GB3GB
Antutu V9約390,000(GPU:125,000)
ディスプレイ4.7インチ5.5インチ5.8インチ
背面カメラ1200万画素(F値1.8)広角1200万画素(F値1.8)+望遠1200万画素(F値2.8)広角1200万画素(F値1.8)+望遠1200万画素(F値2.4)
前面カメラ前面700万画素(F値2.2)
電池持ちネット12時間、動画13時間ネット13時間、動画14時間ネット12時間、動画13時間
サイズ138.3 x 67.1 x 7.1mm / 143グラム158.4 x 78.1 x 7.5mm / 202グラム143.6 x 70.9 x 7.7mm / 174グラム
発売日2017年9月22日2017年11月3日

iPhone 8 / 8 Plus / X(以下iPhone 8シリーズ)は前モデルのiPhone 7シリーズよりもCPU/GPUの性能が25%程度アップしました。ワイヤレス充電にも対応しました。

iPhone Xは画面上部に凹凸があるノッチ付きのベゼルレスのスタイルになり、ホームボタンと指紋認証が廃止され顔認証を搭載しました。

CPU/GPUの性能の大幅アップが主な違いな感じです。

性能寿命:3年

iPhone 7 / 7 Plus

iPhone 7iPhone 7 Plus
CPUApple A10 Fusion 2コア+2コア(クアッドコア) (big.LITTLE) 2.33GHz
RAM2GB
Antutu V9約310,000(GPU:95,000)
ディスプレイ4.7インチ5.5インチ
背面カメラ1200万画素(F値1.8)広角1200万画素(F値1.8)+望遠1200万画素(F値2.8)
前面カメラ700万画素(F値2.2)
電池持ちネット12時間、動画13時間ネット13時間、動画14時間
サイズ138.3 x 67.1 x 7.1mm / 138グラム158.2 x 77.9 x 7.3mm / 188グラム
発売日2016年9月16日

性能寿命:残り2年

iPhone 7シリーズから、IP67等級の防水・防塵耐性、ホームボタンが壊れにくい静電容量方式に変更、イヤホンジャックは廃止、Felicaに対応しました。

カメラも全モデルで光学手ぶれ補正に対応して、カメラのF値が1.8に向上したので、暗いところでも綺麗に写真を撮りやすくなりました。

CPUの性能的には前モデルのiPhone 6sシリーズよりも少しアップしたくらいであまり変わらないのですが、省エネ性能が良くなったので、電池持ちがiPhone 7シリーズからざっくり2割アップしました。

iPhone 6s / 6s Plus / SE(第1世代)

iPhone 6siPhone 6s PlusiPhone SE
CPUApple A9 デュアルコア1.85GHz
RAM2GB
Antutu V9約240,000(GPU:72,000)
ディスプレイ4.7インチ5.5インチ4インチ
カメラ1200万画素(F値2.2)/前面500万画素(F値2.2)
電池持ちネット10時間、動画11時間ネット12時間、動画14時間ネット13時間、動画13時間
サイズ138.3 x 67.1 x 7.1mm / 143グラム158.2 x 77.9 x 7.3mm / 192グラム123.8 x 58.6 x 7.6mm / 113グラム
主な変更点前モデルから性能超大幅アップ、第2世代のTouch ID(指紋認証、※SEは第1世代)、3D Touch対応、LPDDR4、iPhone 6s Plusのみ光学手ブレ補正
発売日2015年9月25日

性能寿命:残り1年

iPhone6sがここまで長く使える理由は、前モデル(iPhone 6)から性能が超大幅アップしているためです。CPUの性能も大幅アップしていますが、それ以上に重要なのがRAMです。RAMが1GBから2GBに増えて、より高性能なLPDDR4というメモリになりました。

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年1月5日 / 作成日 2015年7月11日
5 3
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
11 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ルーるるる
ルーるるる
2022年1月5日 11:27 AM

管理人さまのページから、楽天モバイルを物理SIM、iPhoneで運用中。Androidのラジカッターを使いたいので、サブ機を探しています。楽天モバイルを2回線、3ギガ980円、本体1円が現実的ですか?解約は、いつ頃した方が良いですか?お忙しいところ、申し訳ありません。

山猫男
山猫男
2021年9月11日 12:08 PM

こんにちは。
iPhoneに「重大な不具合」判明。
音声物理SIM+データeSIM利用時「緊急通報不可」との事。
各社で対象機種、対応策が出ているようです。
iPhoneでeSIMの方は要確認。

BJ
BJ
2020年7月20日 9:54 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつも見させていただいております。
両親と自分の3つのスマホ変更を考えております。
現在は、3人ともiphone6のmineo auプランです。
両親はiphoneがいいとのことで、iphoneSEにしようと思っております。
変更手順は以下でよろしいでしょうか。
1,appleストアでiphone SE購入
2.biglobeにMNPでSIM申し込み
3.新規で楽天モバイルアンリミット(eSIM)申し込み

心配なのは、1と2の間で、新しいiphoneに今のiphone6に入っているmineoのSIMを挿して、mineoで使えるのでしょうか?MNPするまでの間に使用したいです。
mineo auプランは注意と書かれていたので、少し気になりました。

ちなみに私は、同じようにするか、biglobeでRedmi note 9sと迷い中です・・・。
よろしくお願いいたします。

BJ
BJ
  格安SIMの管理人
2020年7月24日 1:05 AM

そうみたいですね、本日アップルストアに受け取りに行ってきましたが、アップルの方にも使えないと言われました。
なので、すぐにMNPをしようと思っております。

私はredmiにしようと思います。
ありがとうございます。

いもっち
いもっち
2020年2月13日 5:12 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

いつもこちらのページに大変お世話になっています。今回、XRをキャンペーン価格でOCNモバイルワンで購入しました。今まで8プラスだったのですが、スムーズに移行出来そうです。
引き続き参考にさせていただきます。
よろしくお願い致します。

ゴン
ゴン
2019年6月25日 4:50 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

はじめまして!
こちらを拝見して2016、4月にiPhoneSEをアップルストアにて購入し、Dmmモバイルで契約し現在に至ります。
とても快適にまた、経済的にも助かりました。SEの画面が小さいので機種変更したいと考えていますが、iPhoneのオススメを教えていただけませんか?

よく使うものは、ゲームとショッピングが多く、ラインや電話の頻度は少ないです。
宜しくお願いします!

「安くても快適!iPhoneを格安SIMで使うおすすめ方法と手順」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント