モバイルルーターって何? 光回線よりモバイルルータの格安SIM、ポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXを選ぶ理由と選んではいけない理由

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (19)

モバイルルーターを簡単に説明すると、うまく使えば毎月のスマホ代や自宅のネットの料金を大幅に安くできる代物です。

ただし、一言にモバイルルーターといっても、格安SIMを入れたモバイルルーター、ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXなど色々あります。

ここではモバイルルーターの役割と種類、光回線とモバイルルーターの違い、月に使うデータ量とおすすめのプラン、そしておすすめのモバイルルーターとホームルーターを紹介します。

モバイルルーター

モバイルルータなら → FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiは最強の格安SIM&ポケットWiFi、FUJIWiFiなら50GBが月1980円で速度も速い、SIMプランの契約も可能、最高の使い方を徹底解説

モバイルルーターの目次

モバイルルーターとは何?

モバイルルーターとは手のひらサイズの通信端末です。

モバイルルーターを使えば、ノートパソコン、デスクトップパソコン、タブレット、スマホなどでインターネットができます。外でも家でも使えます。

※ Amazonなどでモバイルルーターだけ買ってもネットはできません。格安SIM(データSIM)やポケットWiFiを契約するとネットが使えるようになります。

例) モバイルルーターのAterm MP01LN

モバイルルーターは、モバイルWiFiルーター、WiFi(ワイファイ)ルータと呼んだりもします。ルーター、ルータ、伸ばしても伸ばさなくてもどっちでもいいです。

モバイルルーターの役割

ギガを比較的たくさん使う場合や、スマホやタブレット、ノートパソコン等、複数の端末を使っている場合、モバイルルーターがあると便利に安くできます。自宅の光回線の代わりにもなります。

ドコモ、au、ソフトバンクの大容量プランもありますが、モバイルルーターを使ったほうが、月4000円くらい安くなったりします。

モバイルルーターを持ち歩きたくない場合は、SIMカードが2枚入るDSDV対応のスマホに、安い大容量データSIM(FUJI WiFiのSIMプラン)を入れて、スマホ1台で便利に安く使うこともできます。

※ iPhoneはSIMカードが2枚入らないので、安い大容量データSIMを使うにはモバイルルータが必要です。

モバイルルータの目次

1人〜2人暮らしなら、光回線よりもモバイルルーターがおすすめの理由:安くて簡単に使えるから

1人〜2人暮らしなら、自宅のWiFiは光回線よりもモバイルルータがおすすめです。

理由はモバイルルータのほうが安く使えて、簡単に始められるからです。

使い方にもよりますが、モバイルルータなら月1500円〜2500円くらいです。それに対して光回線は月3500円〜5500円です。

モバイルルータなら外へ持ち歩くことができるので、スマホを一番安いプランにできます。一人暮らしなら光回線よりもモバイルルータを強くおすすめします。

2人以上で暮らしている場合は、外へ持ち歩くのは難しくなりますが、光回線よりも月額料金が半額くらいなるのが魅力的です。

3人以上になると、例えば3人がみんなそれぞれでスマホやパソコンを使い始めると、モバイルルータの速度では厳しい感じが出てくるので注意してください。(3人以上が同時に使わなければ大丈夫な感じです)

アパートなどで自宅に光回線を引けない場合や、引っ越しを良くする場合、モバイルルータなら簡単です。工事不要ですぐ使い始められます。やめるときも、縛りなしの契約を選んでおけば、簡単にやめれます。

モバイルルータの目次

モバイルルータの6つの種類と違い

モバイルルーターは大きく分けて6つの種類があります。

  • 格安SIMを使うモバイルルーター
  • WiMAX2+
  • ③ ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi
  • 民泊系ポケットWiFi (物理SIMタイプ:FUJI WiFi等) ← おすすめ
  • ⑤ 民泊系ポケットWiFi (クラウドSIMタイプ:どんなときもWiFi等)
  • ⑥ docomoのデータプランを使うモバイルルーター

※ 民泊系のポケットWiFiは、民泊経営者が旅行者に貸し出すためのWiFiサービスだったのが、いつの間にか普通の人でも借りれるようになりました。

格安SIMは月10GB以下なら月500円〜2500円くらいで使えます。通信速度は他よりも遅いですが、月10GB以下ならそこまで問題にはなりません。

月10GBを超える場合に選択肢になるのが、WiMAX2+、ポケットWiFi(民泊系、ワイモバイル、ソフトバンク)、docomoのデータプランです。

ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi、それとdocomoのデータプランは月額料金が高いので無視です。

WiMAX2+は使えるギガ数が3日間で実質10GBに制限されています。

民泊系のポケットWiFiは3日間で10GBの制限がありません。通信速度も速く、格安SIMのように平日昼に遅くなったりしません。

民泊系のポケットWiFiはWiMAX2+よりも料金が安いのに加えて、物理SIMなら月20GB〜200GBのデータプランを選ぶことができます。クラウドSIMの場合はギガ使い放題ですが、通信が不安定になったり、超遅くなったりします。

モバイルルータの目次

モバイルルーターの結論:民泊系ポケットWiFi(物理SIMタイプ)、かろうじて格安SIMが隙間に入る

現時点のモバイルルーターのコスパ最高は、民泊系ポケットWiFi(物理SIMタイプ)です。

昔は格安SIMを使うモバイルルータは安く使えましたが、民泊系ポケットWiFiの料金が最近さらに安くなって、格安SIMの立ち位置がほとんどなくなっています。

具体的には月3GB以下なら格安SIM、3GBを超えるなら民泊系ポケットWiFi(FUJI WiFi)を選ぶのが良いです。

FUJI WiFiならSIMのみの契約もできるので、格安SIMと同じように自分の好きなモバイルルータやスマホにいれて使うこともできます。(モバイルルーターをレンタルできますが月500円アップします)

モバイルルータの目次

モバイルルーターと光回線、自宅のネット回線用のベストな選択肢

モバイルルータと光回線の違い

モバイルルーター光回線
格安SIMFUJI WiFi
料金月500円〜2500円月1480円〜2980円月3500円〜5500円
ギガ数1〜10GB20〜200GB無制限(2000GBでも使える)
ダウンロード速度普通(平日昼は遅い)速い超絶速い(粗悪回線だと普通)
アップロード速度速い普通超絶速い(粗悪回線だと速い程度)
PCの銃ゲーム普通普通得意
契約期間縛りなし縛りなし2年または3年の自動更新
外で使える?使える使える無理
工事不要不要必要
使えるようになるまでの日数2〜3日2〜3日1ヶ月
撤去料0円0円1万〜3万円

普通の人が使うギガ数:月5GB〜50GB (平均20GBくらい)
一般家庭が使うギガ数:月50GB〜150GB (平均100GBくらい)

※ ギガの消費はほとんどが動画視聴なので、パソコンやネット対応テレビ(Fire Stick、Chromecastなど)を持っていない場合は、使うギガ数がかなり減ります。スマホでも動画をあまり見ない場合は、格安SIMで十分です。

※ アップロード速度は、クラウドにデータをバックアップするときなどに重要になります。クラウドを多用していなければ、アップロード速度はあんま気にしなくても大丈夫です。

モバイルルータの目次

月100GB以下ならモバイルルータが最適

月100GBならモバイルルータがおすすめです。

モバイルルータなら月額料金が安く、簡単に始められます。月100GB程度ならモバイルルータの速度でも十分です。

一人ならほとんどの場合で月100GB以内で収まります。

光回線がなくても、普通の人なら使うギガ数は月5GB〜50GBです。平均は20GBくらいだと思われます。パソコンやタブレット、ネット対応TVで動画をたくさん見る場合は50GB〜100GBを選ぶ感じです。1人で月200GBは相当な量です。

家族で使う場合は単純に家族の人数を掛けて考えてください。

3人以上で別々に動画を再生する場合はモバイルルータだと厳しいですが、そういった場合でなければ、モバイルルータで対応できます。

モバイルルータの目次

月100GB〜200GBだと個々の事情次第

月100GB〜200GBだと個々の事情次第でモバイルルータか光回線に分かれます。

FUJI WiFiなどのモバイルルータでも十分使えますが、月100GBを超える場合で、いつでも快適に使えるかと言うと少し厳しいです。十分使えるけど、モバイルルータだと速度がたまに3〜5Mbpsくらいに低下したりします。

長時間3〜5Mbpsになるわけでもなく、たまに短時間3〜5Mbpsに落ち込むくらいなので、普通の使い方ならあまり気にする必要はありませんが、100GBを超えるヘビーユーザだと気になるかもです。

光回線なら粗悪な光回線でなければ、速度は常に100Mbps〜500Mbpsくらい出ます。(アパートだと30Mbps〜50Mbpsくらいになるかもです)

アップロード速度は光回線のほうが断然速く安定しています。写真をGoogleなどにバックアップしたり、iPhoneをiCloudにバックアップしたりする時に、アップロード速度が重要になります。

モバイルルータのアップロードでも、適当に放置しておけばそのうちバックアップは完了しますが、さくさくバックアップしたい場合は光回線には勝てません。

Webデザイナーの人なんかは、大容量ファイルを相手先にアップロードすることが多い気がしますが、そういった仕事をしている場合は、光回線が最適です。

モバイルルータの目次

月200GBを超えるなら光回線がおすすめな理由

モバイルルータの中には、ギガ使い放題などのサービスがありますが、信用してはいけません。

ギガ使い放題と大きく書いていても、利用規約の中に「大量通信の場合は速度を制限する場合がある」と記載してあります。

どのくらい使うと大量通信になるかは事業者によって異なりますが、月150GB〜300GBぐらいで速度制限になります。しかも、最初はもっと使える場合でも、時間が経つにつれて、使えるギガ数を制限し始める事業者があったりします。

クラウドタイプの民泊WiFi(どんなときもWiFi等)の多くは、ギガ使い放題と記載していますが、1日5〜10GBで制限したり、大規模障害を起こして全く使えなくなったりもします。

物理タイプの民泊WiFi(FUJI WiFiなど)などで、使えるギガ数が決まっている場合は比較的安定して使えますが、ギガ使い放題のクラウドタイプは安かろう悪かろうです。

光回線なら1000GBでも2000GBでも使える

光回線なら1000GBでも2000GBでも使えます。月200GBを超えるなら光回線を選ぶことを強くおすすめします。

何かしらの理由、引っ越しを良くするとか、光回線が来ていないとか、貸家で光回線を引けないとか、そういう場合で月200GBを超えて使いたい場合は、使えない覚悟でギガ使い放題のポケットWiFiを使うのも良いかもです。(あんま良くないけど・・

95%くらいの人は、不安定なギガ使い放題ではなく、安定しているFUJI WiFiの月200GB以下のプランで十分です。

モバイルルータの目次

モバイルルータと格安スマホのテザリングの違い

モバイルルーターで、パソコン、ノートパソコン、スマホ、タブレット等の端末でネットができます。格安スマホのテザリングでも、それらの端末でネットができます。

モバイルルーターと格安スマホのテザリングは、ネットが使えるという点で違いはありません。

違いをあげるとしたら、モバイルルーターは格安スマホより安くてコンパクトで軽いです。クレードル(卓上ホルダ)を使うと、デスクトップパソコンと有線LANで接続できてより安定した通信が期待できます。

格安スマホはスマホとしても使うことができますが、モバイルルーターと比べると少し価格が高く、本体サイズも大きめです。

どちらが良いかは人それぞれですが、自宅の固定回線代わりに使う場合や、複数人で使う場合はモバイルルーターがオススメです。大手キャリアのスマホを契約していて、データを安く使いたい場合、格安SIMを入れたモバイルルータを使うのも良い考えです。

モバイルルーターの中には自分で電池交換できるものもあるので、ヘビーユーザで電池が消耗しても安く交換できます。機能が単純化されていて扱いやすいです。

モバイルルータの目次

スマホだけならモバイルルータより、DSDV対応スマホがおすすすめ

複数台のスマホやタブレット、パソコン、ネット対応テレビ(Fire Stick、Chromecast含む)を使っている場合は、モバイルルータがおすすめですが、主に普段使っているスマホでネットをしている場合はDSDV対応のスマホがおすすめです。

モバイルルータだと外でスマホを使う場合は、スマホとモバイルルーターの両方を持ち歩く必要があります。

DSDV対応スマホなら、それを一つにまとめることができます。

DSDV対応スマホはSIMカードを2枚入れることができるスマホです。1枚は格安SIMの通話SIMを入れて、もう一枚はFUJI WiFiのSIMプランのSIMカードを入れます。

これで電話を使うときは自動的に通話SIMが使えて、ネットをすときはFUJI WiFIの低価格大容量プランが便利に使えます。

例えば、OCNモバイルONEの通話SIMの月1GBプランは1180円、FUJI WiFiのSIMのみの月20GBプランは1480円です。合計2680円で21GBを快適に使えます。

FUJI WiFiで月50GBを契約してもOCNの1GBプランと合計で月3180円です。これで月51GBを快適に使えます。モバイルルータを持ち運ぶ必要がなく、快適な速度で安くスマホをたくさん使えます。

DSDV対応のスマホを持っていない場合、OCNモバイルONEならかなり安く買えます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える、2020年7月15日までセール中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

今なら2020年7月15日までOPPO Reno Aが1万800円、OPPO Reno3 Aが実質2万1600円、OPPO A5 2020が1円、moto g8 plusが実質1万2800円、AQUOS sense3が8100円等で買えるセールを行っています。

iPhone8の256GBが2万4100円など、中古美品のiPhoneもかなり安く買えます。

他社からの乗り換えなら、moto g8 plusは更に5000円引きです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、格安スマホの叩き売りMVNO

モバイルルータの目次

月に使うデータ量とオススメのプラン

月3GB以下はUQモバイルの高速データプラン

月3GB以下の場合は、UQモバイルの高速データプランがおすすめです。月980円で3GBまで使えます。

UQモバイルなら速度が超速いので、いつでも快適に使えます。UQモバイルはau回線の電波(バンド1、18)を使ってます。

月1〜2GBで十分な場合は、LinksMateを検討してみてください。UQモバイルほど速くはありませんが、比較的速い速度で月1GBは380円、月2GBは660円で使えます。LinksMateはドコモ回線の電波(バンド1、3、19)を使っています。

モバイルルータの目次

月3GB〜月200GBはFUJI WiFiのSIMプランがコスパ最高

最強の格安SIM&格安スマホ&ポケットWiFi、FUJI WiFi

月に使うギガ数が3GB〜200GBの場合は、FUJI WiFiのSIMプランがコスパ最高です。

FUJI WiFiは大容量プランが超安く使えます。縛りなしで、通信速度も速いです。通常の格安SIMと異なり、平日の昼や混雑時でも速度が低下しないので快適にスマホが使えます。

FUJI WiFiはSIMのみを契約して、自分の好きなスマホやモバイルルータにいれて使うことができます。FUJI WiFiはソフトバンク回線の電波(バンド1、3、8)を使っています。

FUJI WiFiのSIMプラン
ギガ数20GB50GB100GB200GB
月額料金月1480円月1980円月2480円月2980円

モバイルルータをレンタルする場合は月500円ほど高くなります。

FUJI WiFiのレンタルプラン
ギガ数25GB50GB100GBクラウド
月額料金月1980円月2480円月2780円月3480円
FUJI WiFiのクーポンとデポコミコースの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで事務手数料無料

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。2020年7月31日までのキャンペーンです。

デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。

ソフトバンク回線なら速度も速いです。
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの公式サイト

モバイルルータの目次

楽天回線エリアに住んでいる場合は1年間無料でギガ使い放題(先着300万人)

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITなら、楽天回線エリアでギガ使い放題、先着300万人まで1年間無料で使うことができます(2年目以降は月2980円)。

※ 楽天回線エリア外だと月2GBまで

このプランにはデータSIMはありませんが、SIMカードをアクティベーションした後なら、バンド3対応のスマホやルータで使える可能性が非常に高いです。(公式には非対応なので、試すのは自己責任で・・)

注意点は楽天回線エリアだけギガ使い放題になることです。楽天回線エリアはまだ狭いので使える人は全体の4分の1くらいです。加えて、楽天回線エリアでも電波が結構悪い場合があるので注意してください。

楽天回線エリアはバンド3、それ以外のエリアはバンド18を使っています。楽天回線エリアで電波が良い場所なら、速い通信速度で無制限にギガが使えます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万1300ポイントプレゼント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元になります。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、追加で最大15,000ポイントがもらえます。Galaxy A7なら実質3700円で手に入ります。
キャンペーンの詳細を見る

モバイルルータの目次

注意:格安SIMによって速度が大幅に違う

速度が遅い格安SIMと速い格安SIMを比較すると、100倍くらい速度差があります。

そこで格安SIMの管理人は、格安SIM35枚、ドコモ、ポケットWiFiを契約して、通信速度をリアルタイムに計測しています。リアルタイム計測をもとに3ヶ月に1度程度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。

格安SIM35枚/ドコモ/ポケットWiFiの速度ランキングの記録

2020年7月版の格安SIM/ドコモ/ポケットWiFiの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家ワイモバイル
2位 楽天モバイルのUN-LIMITWiMAX2+
3位 FUJI WiFiのソフトバンク回線
4位 OCNモバイルONEの新コース、BIGLOBEモバイルのタイプA、BIGLOBEモバイルのタイプD
比較的速い 5位 IIJmioのタイプD、IIJmioのタイプA、LIBMOLINEモバイルのソフトバンク回線、LinksMateエキサイトモバイル、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 mineoのドコモプラン、イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ、楽天モバイルのau回線
普通 7位 mineoのauプラン、mineoのソフトバンクプラン、OCNモバイルONEの旧コース
少し遅い 8位 楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、LINEモバイルの旧プランのドコモ回線
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LINEモバイルの新プランのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン

最新の速度ランキングの詳細を読む

格安SIMは時期によって実際に出る通信速度が変動することがあります。最新情報は速度ランキングの記録をご確認ください。(参考:本当に必要な通信速度の話)

モバイルルータの目次

その他の選択肢

格安SIMの大容量プランや無制限プランは下記を参考にしてみてください。

モバイルルータの目次

おすすめのモバイルルータ

豆知識:自宅の固定回線として使う場合、WiFi中継機を使えば広い範囲をカバーできる

モバイルルータを自宅の固定回線で使う場合、モバイルルータだけだと自宅をすべてカバーするのが難しい場合があります。

1階にモバイルルータを置いている場合、2階だとWiFiの電波が悪くなり、速度が遅くなる場合があります。

そんな場合は2000円程度のWiFi中継機を使えば、広い範囲をカバーしてくれて、2階まで電波を届けやすくなります。

モバイルルータを自宅のWiFiとして使ってみて、電波が届きにくい部屋などがある場合はWiFi中継機の購入も検討してみてください。

Amazon:TP-Link WiFi 無線LAN中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 RE200

モバイルルータの目次

+F FS030W:定番のモバイルルータ、電池持ちが良い&ホームルータとしても使える

+F FS030W

Amazon: 富士ソフト +F FS030W

税込1万3000円程度

連続通信時間 WiFiテザリング 20時間

対応バンド LTE 1,3,8,11,18,19,21
大きさ 63×115×11mm、128グラム、マイクロSIM×1

全ての格安SIMで使えます。FUJI WiFiのSIMプランも使えます。

FS030Wは電池持ちが一番良いです。対応バンドが多いので電波の受信も良いです。

バッテリーを外して、コンセントに繋いで使うこともできるので、バッテリーの劣化の心配する必要なくホームルータとしても使えます。

専用のクレードルがあるので、クレードルの有線LANでパソコンに直接つなげることもできます。モバイルルータの定番といえば、FS030Wです。

FS030Wにおすすめのプラン:速度が速いFUJI WiFiのSIMプラン(月20GB〜200GB)、速度が超速いUQ mobile(月3GB)、速度が比較的速いLinksMate(月1GB〜2GB)

モバイルルータの目次

Aterm MR05LN:高いけど高性能なモバイルルータ

Aterm MR05LN 3B クレードルセット PA-MS05LN 3B

Amazon: Aterm MR05LN 3B クレードルセット

税込2万7000円程度

連続通信時間 WiFiテザリング 14時間

対応バンド LTE 1,3,8,11,17,18,19,21
大きさ 63×115×11mm、115グラム、ナノSIM×2

全ての格安SIMで使えます。FUJI WiFiのSIMプランも使えます。

MR05LNならSIMカードを2枚組み合わせることができます。使用したデータ量に応じて自動的にSIMカードを切り替えることができます。時間帯で使うSIMカードを1日1回自動的に切り替えることもできます。クレードルも使えるので、外で使ったり自宅の固定回線用にも使う場合に一番おすすめです。

Aterm MR05LNにおすすめのプラン:速度が速いFUJI WiFiのSIMプラン(月20GB〜200GB)、速度が超速いUQ mobile(月3GB)、速度が比較的速いLinksMate(月1GB〜2GB)

モバイルルータの目次

HUAWEI E5577S:通信速度が速くて価格が安い、FUJI WiFiのSIMプランにもおすすめ

HUAWEI SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト E5577S-324

Amazon:HUAWEI E5577S

税込9500円程度

連続通信時間 WiFiテザリング 12時間

対応バンド LTE 1,3,5,7,8,19,20
大きさ 58×96.8×17.3mm、112グラム、標準SIM×1

ドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMで使えます。FUJI WiFiのSIMプランも使えます。

HUAWEI E5577Sにおすすめのプラン:速度が速いFUJI WiFiのSIMプラン(月20GB〜200GB)

モバイルルータの目次

Aterm MP02LN:UQ mobileの月3GBプランを使う場合に最適

NECプラットフォームズ モバイルルーター Aterm (nanoSIM×1/有機EL/2GHz, 800MHz/メタリックブルー) PA-MP01LN-SW

Amazon:Aterm MP02LN

税込1万2000円程度

連続通信時間 WiFiテザリング 10時間

対応バンド LTE 1,3,19,26
大きさ 50×91×12mm、71グラム、ナノSIM×1

ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIMで使えます。

Aterm MP01LNにおすすめのプラン:速度が超速いUQ mobile(月3GB)、速度が比較的速いLinksMate(月1GB〜2GB)

モバイルルータの目次

W05 / W06:バンド1のみだけど安い高性能モバイルルータ

W06

Amazon:W06 (W05は旧モデル)

税込1万円程度

連続通信時間 WiFiテザリング 9時間

対応バンド LTE 非公開だけど、少なくともバンド1は対応
大きさ 128×64×11.9mm、125グラム、ナノSIM×1

au回線の格安SIMで使えます。

基本的にはau回線の格安SIMで使いますが、バンド1だけでもFUJI WiFiのSIMプランで結構使えたりします。

わざわざW05やW06を買う必要性は少ないですが、持っていたら試しに使ってみるのはアリです。都市部ならそれなりに使えるはずです。(判断は自己責任で・・)

W05 / W06におすすめのプラン:速度が速いFUJI WiFiのSIMプラン(月20GB〜200GB)、速度が超速いUQ mobile(月3GB)

モバイルルータの目次

SIMロックを解除したワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi

2015年4月以降に発売された、ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFiならSIMロックを解除するとFUJI WiFiのSIMプランで使えます。

FUJI WiFiのSIMプランはソフトバンクの電波を使っているので、SIMロックを解除したワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFiに入れて使うことができます。

ワイモバイル:SIMロック解除のお手続き

モバイルルータの目次

おすすめのホームルータ

HOME L02:バンド1のみだけど安い高性能なホームルータ

HOME L02

Amazon:HOME L02

税込1万1000円程度

コンセントに挿して使うタイプのホームルーターです。

対応バンド LTE 非公開だけど、少なくともバンド1に対応
大きさ 93×178×93mm。436グラム、ナノSIM×1

au回線の格安SIMで使えます。

基本的にはau回線の格安SIMで使いますが、バンド1だけでもFUJI WiFiのSIMプランで結構使えたりします。

市販のホームルータの種類は相当限られているので、WiMAX用のホームルータの検討がおすすめです。

郊外や奥まった場所だと厳しいかもですが、都市部ならFUJI WiFiのSIMプランを入れても、それなりに使えます。(運が悪いと使えないので、判断は自己責任で・・)

HOME L02はホームルータとしてかなり高性能なので、自宅の固定回線として使いたい場合はL02を優先的に検討してみてください。電波が不安な場合は、モバイルルータのFS030WとMR05LNをホームルータ代わりに使うのがおすすめです。

HOME L02におすすめのプラン:速度が速いFUJI WiFiのSIMプラン(月20GB〜200GB)、速度が超速いUQ mobile(月3GB)

モバイルルータの目次

Aterm HT100LN:一般的に市販されている中で唯一の選択肢

Aterm HT100LN

Amazon:Aterm HT100LN

税込1万2000円程度

コンセントに挿して使うタイプのホームルーターです。

対応バンド LTE 1,19,26
大きさ 130×130×37mm、200グラム、ナノSIM×1

ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIMで使えます。

自宅の固定回線用に使おうと思っている場合は、ホームルータのAterm HT100LNならコンセントに挿して使うタイプなので、コンセントに繋ぎっぱなしでもバッテリーの劣化の心配がありません。(ホームルータはコンセントが必要なので外では使えません)

本体サイズがモバイルルータよりも大きくなってしまいますが、そのぶん電波の受信が良くなったり、スマホのWiFiの感度が良くなったりします。有線LANもあるので、デスクトップパソコンとつなげたい場合も便利に使えます。

Aterm HT100LNにおすすめのプラン:速度が超速いUQ mobile(月3GB)、速度が比較的速いLinksMate(月1GB〜2GB)

モバイルルータの目次

WiMAXとポケットWiFiのおすすめ比較ランキング

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック) / 契約月数
(縛りなし、もしくは違約金1000円の場合は平均月額料金は省略します)

平均月額料金は2020年7月時点のキャンペーンを反映して計算しています。

おすすめ1位:FUJI WiFi コスパ最高

FUJI WiFi月額料金
SIMプランルータープラン
契約月数デポコミコースで5000円の保証金(5000円は1年後に返金)
10GB月980円ーーー
20GB月1600円ーーー
30GBーーー月2600円
50GB月2400円月2900円
100GB月3400円月3900円
端末代SIMのみ契約(9600円でモバイルルータ購入可)レンタル0円
事務手数料クーポンコードで無料(7月31日まで)

回線種類 ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 制限なしで契約データ量まで使える / 通信速度と対応エリア◎ / 違約金◎◎

SIMプランは自分で用意したSIMフリーのスマホやモバイルルータを使います。ルータープランの取り扱い端末△ FS030W

総合評価:キャッシュバックなしですが、5000円の保証金を預ければ、月50GB以下のプランがかなり安く使えます。ドコモ回線とau回線もありますが、速度が速いソフトバンク回線がおすすめです。

月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。

FUJI WiFiのクーポンとデポコミコースの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで事務手数料無料

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。2020年7月31日までのキャンペーンです。

デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。

ソフトバンク回線なら速度も速いです。
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiを実際に契約して徹底解説、大容量プランが安くて速度が速い&SIMプランが便利

おすすめ2位:楽天モバイルのUN-LIMIT、先着300万人まで1年間無料

楽天モバイルのUN-LIMIT
契約月数縛りなし
事務手数料3,000円
端末代SIMのみの契約なら0円(端末セットは1万2546円から)
1年間無料(先着300万人まで)
2年目以降月2980円

回線種類 楽天回線 / 使えるデータ量◎ 1日で10GB(超えると3Mbps、夜12時に速度制限解除) / 通信速度◎と対応エリア△ / 違約金◎ / 取り扱い端末△ MR05LN、MP02LN

キャッシュバック◎:楽天ポイントが6300ポイントもらえます。

総合評価:楽天回線エリアで楽天電波が使える場所なら、WiMAXと光回線の代わりなります。WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えて、先着300万人まで1年間無料です。2年目以降でも月2980円です。

楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiにしたり、ホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。

楽天回線エリアで主に使う場合は、楽天モバイルを試してみることを強くオススメします。うまく使える場合はコスパ最高の通信サービスです。パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsです。

ギガ使い放題の楽天アンリミットの詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルUN-LIMITはWiMAXと光回線の代わりになる?モバイルルータ&ホームルータ化の完全ガイド

おすすめ3位:BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+
契約月数初月込みで14ヶ月(途中解約1000円&自動更新なし)
事務手数料3,000円
端末代SIMのみの契約なら0円(端末セットは19,200円)
初月月0円
翌月以降月3,980円(BIGLOBE会員なら月3,780円)
キャッシュバック0円(端末を購入する場合はキャッシュバック15,000円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 違約金◎◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

キャッシュバック◎:サービス開始翌月に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き45日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:キャッシュバックは簡単にすぐ受け取れます。月額料金は他のWiMAXプロバイダーよりも高いですが、1年契約で自動更新なしで契約できます。13ヶ月以内にやめても違約金は1000円だけです。自由です。

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+を徹底解説、キャッシュバックキャンペーンの詳細&SIMのみ契約&違約金1000円だけ

WiMAX2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング+おすすめ圏外

その他のWiMAXとポケットWiFi関連の情報

モバイルルータの目次

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2020年3月21日 / 作成日 2015年8月30日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
5 3
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
19 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ぷー
ぷー
2020年4月30日 2:12 午前

こんばんわ 初めまして
お聞きしたい事があります(T_T)

引越して 固定回線の基本料があまりに高かった為 契約せず
ムゲンwifiとやらをレンタルしたら 全く繋がらなかった為
Aterm MR05LNを購入し IIJミオフォン?のDのsimを契約したのですが
最初の6日間は普通に使えてたのが 3日前から 1画面開くのに1分以上かかるようになり
(一日中です。)
途中で画面切れしてます。
メールの画像すら一部分のみか 全く出ない状況となり
速度とやらを 計ってみたら 下り15kbpsしか出ていませんしブチブチ切れます泣

どうしたら良いのかわかりません(T_T)
ちなみに12GBで契約して まだ4Gしか使って無いです。
通信会社変えた方が良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

通りすがりのFUJIWIFIユーザー
通りすがりのFUJIWIFIユーザー
  ぷー
2020年4月30日 5:04 午前

IIJmioのページに「利用開始月はデータ通信量/月額料金ともに日割となります。」との記載が有りますので、20日頃の契約だと4G位で妥当な感じですね、1日になれば回復すると思います。

IIJmioなら超過時でも200kbps程度出るハズなので、「低速3日間で366MB」にも引っ掛かっているかも?

ぷー
ぷー
  通りすがりのFUJIWIFIユーザー
2020年4月30日 6:30 午後

こんばんは 通りすがりのFUJIWIFI様のおっしゃる通り 日割り計算の様で 通信制限とやらがきておりました(^◇^;)

simデビューで 何もわからず ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m
明日まで 待ってみます(*’▽’*)

ありがとうございました。また宜しくお願い致します(*’▽’*)

関東
関東
2020年4月12日 8:40 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

こんにちは。
自宅のネットにWiMAX 2+を使ってます。(ホームルーターL01、ビッグローブ)
買ってすぐの頃はアンテナのランプが4つ全部点灯していたのですが、最近は1つしか点灯しないことが多くなってきました。
休校になってからは3日間で10GB超の制限にかかり、今週fast.comで計った速度は夜9時630kbpsアップロード1.3Mbpsでした。

引っ越しが多いので縛りのないWiMAXを使ってきましたが、家族がそれぞれのパソコンで快適に動画を見るために改善したいです。
ルーターを新しいのに変えると動画がカクカクしなくなる可能性はありますか?
光にするしかないでしょうか?
何かいい案をよろしくお願いします。

関東
関東
  格安SIMの管理人
2020年4月20日 1:29 午後

返信が遅くなり、申し訳ありません。
楽天回線エリア外に住んでるので、FUJI WiFiに申し込もうと思います!
(なかなか販売再開になりませんが。。。)
アドバイスありがとうございました。

格安子
格安子
2020年4月5日 8:50 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

こんにちは。
この人すごいな~ご自身でどんだけ契約しているんだ~楽しいんだろうな~きっと男性だろうな~といつも記事拝読しています。
(格安SIMの管理人のこと褒めています)(YouTubeで声を聴きました~)

当方は4月で解約月となるSB光、
5月からは+F FS030Wのモバイルルータをホームルーターとして
格安SIMの管理人さんおすすめのFUJIsimに4月から申し込むぞっ、と計画をもくろんでいました。
があああ~今回のコロナの影響でsimがない・・・仕方がありません。

FUJIsimの再開がいつになるかわからんandそのときキャンペーン実施あるかがわからん ですが

そこで!
格安SIMの管理人さんにご相談です。

FUJIsimを契約する前提として再開がいつになるかわからん状態で空白を埋める手立てをご教授いただけますか?(レンタルとか)

モバイルルーターをホームルータ―使用としておすすめは記事以外にございますか?

FUJIsim以外で格安SIM(50GB前後)はございますか?

格安子
格安子
  格安SIMの管理人
2020年4月6日 9:11 午前

ご教授いただきありがとうございます。HOME L02むむむ、全くのノーマーク。
調べてみます。
これからも独自の視点での記事、楽しみにしています。

待ち人
待ち人
2020年3月21日 8:59 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

どんなときもWi-Fiの解約を決めた後、ルーターを探していたときに知ったことを少し補足しときます。

MR05LNは申し分なく私も欲しかったです。
ちなみに、スペックの下り最大375mbpsは、キャリアアグリゲーションが動いているときで、それはドコモ回線のみ作動するようです。
ソフトバンク回線ならば最大150mbpsとなるようですので、その場合はFS030Wの方が割安感が出ます。

W05は、ソフトバンク回線ならバンド1のみですが、ソフトウェアを11.450.05.20.824にダウングレードすると、バンド3が解放されるようです。
(正確には、以前はバンド3使えたけど、アップグレードで塞がれた。)
W06は最初から塞がれているようです。

管理人様の言うとおり、バンド1のみと考えて購入した方が良いです。
オークションサイトなどで、ちらほらバンド3可能みたいに単純にスペックが紹介された出品がありますが、間違っている場合がありました。

ちなみに、ダウングレードしたら、以降、アップグレード通知がくるのがうっとうしいようです。

どなたかのご参考になりましたら幸いです。

待ち人
待ち人
  格安SIMの管理人
2020年3月22日 2:56 午後

ソフトバンク/ワイモバイルのポケットWi-Fiは、狙い目ですよね。

600シリーズを狙いたいところですが、私が物色した時は白ロムはオークションサイトで1万から1万2千円といったあたりでした。
手が出せそうで、でも、FS030Wとも迷ってしまう、微妙な値段です。

SIMロック未解除を買って、非公式解除もありますが、600シリーズはv4コードというものを解析する必要があるらしく、海外業者に有償で解除コードを送ってもらう必要があり、ちょっと不安でした。

以前のシリーズでは、v3コードまでなので、アンロックするアプリをPCにダウンロードするか、Huawei製ならアンロックを紹介するサイトからコードを入手できるようです。(管理人様の掲示板なので詳しい紹介は控えておきます。私も試していませんし。)

ちなみに、結局FS030Wにしてしまいましたが、あとから↓を見つけて悔しかったことが!
現在、残り数は少なくなっていますが、アマゾンで601HWを検索すると、レンタル系ショップが在庫整理しており、白ロムを8千円切る値段で出してます。(私がみたときは在庫20近くありました)
評価もよさげなので狙い目かもしれませんです。

電話・インターネットを安く使用する
電話・インターネットを安く使用する
2019年9月23日 10:11 午前

わたくしは今までPCのインターネット接続でいろんな方法を試しましたが、最終的に1番はUモバイルのLTEつなぎっぱなし(ギガ無制限、他制約等なし)月額料金2480円を使用しています、暇なときには動画等を視聴しています(1か月ぶっ続けで見たときは120ギガ以上になる)。
2番目は、地元のケーブルテレビのインターネット月3000円、その他ワイマックス・NTTの光等も
繋ぎましたがいろいろと制限があったりして満足できませんでした、電話はauのガラホでむせいげんかけ放題(結構30分以上の長電が多いため)1か月2000円は割安になるので。
それと、Uもばいるに接続するルーターはNECのAtermを使用しています、この結論に至るまで約3年掛かりました。
それよりほかに節約できる方法があればお指導ください、なお、電話はKDDIのホーム電話ですNTTより基本料金が1000円ですので月600円~700円安い機能は変わりません、工事費や権利金は不要です。以上よろしく。(mn194002@gmail.com 中原)

「モバイルルーターって何? 光回線よりモバイルルータの格安SIM、ポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXを選ぶ理由と選んではいけない理由」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント