FUJI WiFiを実際に使って徹底解説、FUJIWiFiなら大容量プランが安くて速度が速い&SIMプランが便利

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (310) / 関連:FUJIWiFi更新順(4) | ポケットWiFi更新順(18)

コスパ最強の格安SIM&ポケットWiFi、FUJI WiFi(フジワイファイ)なら大容量プランが安くて、速度が速く安定しています。一般的な格安SIMのように混雑時に速度が遅くなりません。

WiMAXは3日間10GB制限がありますが、FUJI WiFiなら月10GB〜100GBのプランが選べて、1日で数十GB使っても速度制限になりませんでした。

一般的なWiMAXのように3年縛りではなく、FUJI WiFiならいつ解約しても違約金なしです。

FUJI WiFi(FUJIWiFi)

FUJI WiFiのSIMプランの10GBプランは月1480円、20GBは月2100円、50GBは月2900円、100GBは月3900円です。実質1年縛りのデポコミコースにすると、月500円引きで利用できます。

FUJIWiFiのSIMプランを契約して、好きなモバイルルーターを自分で買ったり、スマホやLTE対応のタブレットなどに入れて使うこともできます。ポケットWiFi本体を借りるルータープランもあります。

格安SIMの管理人は2020年2月からFUJI WiFiを契約しています。FUJI WiFiを徹底的に解説します!

FUJI WiFiの公式サイト

目次

FUJI WiFiのメリット

  • 縛りなしなので、いつ解約しても違約金なしで解約できる
  • 普通の格安SIMのように平日昼に遅くならない(ソフトバンク回線)
  • 平均10Mbps〜15Mbpsでるので実用上、快適に使える
  • 実質1年縛りにすると10GBは月980円、20GBは月1600円で使える
  • 初月のデータ量はまるまるもらえる

FUJI WiFiの注意点とデメリット

  • 余ったギガは翌月に繰り越せない
  • データ消費量の確認方法は、スマホのギガ消費量を記録するアプリや、モバイルルータ等で表示される消費ギガ数で確認するくらい
  • FUJI WiFiのau回線とドコモ回線は、ソフトバンク回線と比べて速度が遅い可能性が高いので、au回線とドコモ回線を選ぶメリットがほとんどない
  • SMSの送受信不可、一般的な格安SIMのような通話SIMは提供なし
  • iPhone、Pixel3/4シリーズ、セルラーモデルのiPadだとテザリングができない
  • ルータープランにすると、レンタルルーターの中に入っているSIMカードを他の端末では使用禁止
  • ソフトバンクのCA対応の端末なら速度が30Mbpsを超えるけど(50Mbps〜70Mbps)、CA対応機種が少ない

FUJI WiFiとFUJI SIMって何もの?

FUJI WiFi(フジワイファイ)は、ソフトバンク回線のポケットWiFiを提供している老舗の会社です。

最近は〇〇WiFiのようなポッと出の小学生が考えそうなポケットWiFiが新登場していますが、FUJIWiFiは2010年くらいから存在している老舗です。

昔からその界隈で人気があるポケットWiFiです。

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiのSIMプラン(SIMのみ契約)を、FUJI SIMといいます。FUJI WiFiとFUJI SIMは意味は少し違いますが、ここでは同じものとして扱います。

FUJI WiFiと普通の格安SIMの違い

FUJI WiFiと普通の格安SIMのざっくりとした違いは下記です。

FUJI WiFi普通の格安SIM
縛り縛りなし縛りなし(ただし、知名度の低いところだと1年縛りの自動更新なし)
通信速度速い、平日の昼などの混雑時でも速度低下しない!平日の昼など混雑時で極端な速度低下をする。平日夜も速度は速くないけど、それなりに使える
大容量データ10GB以上の大容量データがかなり安い10GBを超えると飛躍的に料金が高くなる。15GB以上は罰ゲーム
小容量データないある、そして安い
通話機能
SMS機能
不可。DSDV機種で格安SIMと組み合わせると可能可能

FUJI WiFiのSIMプランは、格安SIMのデータSIMと同じように使えます。FUJI WiFiのルータープランは、一般的なポケットWiFiと同じように使います。

ギガを月10GB以上使う場合は、FUJIWiFiを検討することを強くおすすめします。

FUJI WiFiの料金プランの詳細

FUJI WiFiのクーポンとデポコミコースの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで事務手数料無料

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。2020年7月31日までのキャンペーンです。

デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。

ソフトバンク回線なら速度も速いです。
キャンペーンの詳細を見る

デポコミコース、5000円のデポジットでずーと月500円引き

デポコミコースは最初に5000円のデポジット(保証金)を支払うと、通常の月々払いよりも月額料金がずーと500円引きになるコースです。

5000円は1年後にクレジットカードに直接返金になります。1年以上使いそうな場合は、デポコミコースを選ぶことをおすすめします。

※ 1年未満で途中解約やプラン変更をすると、5000円の返金は不可になります。

法人限定:おまとめコースの詳細、1年前払いでずーと月500円引き

おまとめコースは法人契約限定のコースです。1年前払いすることで、通常の月々払いよりも月額料金が500円引きで使えます。

※ 1年未満で途中解約やプラン変更をすると、前払い料金の返金は不可です。

SIMプラン:FUJI SIM(SIMのみ)の月額料金と手数料

SIMプラン
ソフトバンク回線
月額料金
通常の月々コースデポコミコース
10GB月1480円月980円
20GB月2100円月1600円
50GB月2900円月2400円
100GB月3900円月3400円
事務手数料クーポンコードで1000円クーポンコードで無料
SIMプラン
ドコモ/au回線
月額料金
通常の月々コースデポコミコース
12GB月1780円月1280円
30GB月2600円月2100円
事務手数料クーポンコードで1000円クーポンコードで無料

手数料は通常3000円です。2020年7月31日までに申し込む場合で、申込時にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力すると、手数料が1000円、または無料になります。

FUJI WiFiのSIMプランには一般的な格安SIMのように通話SIMはありません。

SIMプラン(FUJI SIM)はSMSなしのデータSIMです。音声通話も使いたい場合は、コスパ最強の格安スマホ、OCNモバイルONEの激安格安スマホとFUJI SIMの組み合わせを参考にしてみてください。

SIMプランの申し込みはこちら → FUJI SIMの公式サイト

FUJI WiFiの申し込みの全て、必要なもの→実際に申し込む→日数と届いた中身→設定のためのAPN情報→忘れると損する安心サポートの解約の仕方

ルータープラン:FUJI WiFiの月額料金と手数料

ソフトバンク回線月額料金
通常の月々コースデポコミコース
30GB月3100円月2600円
50GB月3400円月2900円
100GB月4400円月3900円
事務手数料クーポンコードで1000円クーポンコードで無料
ドコモ/au回線月額料金
通常の月々コースデポコミコース
30GB月3100円月2600円
事務手数料クーポンコードで1000円クーポンコードで無料

手数料は通常3000円です。2020年7月31日までに申し込む場合で、申込時にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力すると、手数料が1000円、または無料になります。

ルータープランの申し込みはこちら → FUJI WiFiの公式サイト

ルータープランの注意点

ルータプランのルーターはレンタルです。ルーターを壊したり紛失したりすると、2万円(税込2万2000円)の機器損害金が発生します。紛失だと電池パック4000円が加わります。

FUJI WiFiのSIMプランを選ぶと、同じルーターを9600円で買えます。

ルータープランよりも、SIMプランを選んでルータをFUJI WiFiで購入することを強くおすすめします。

初月の月額料金は少し変わっている

FUJIWiFiは、申し込み月を当月か翌月かを選べます。翌月申し込みを選ぶと、翌月1日に届くように発送されます。

1日〜24日までに申し込む場合
・当月か翌月利用を選択可能

25日〜末日までに申し込む場合
・翌月利用のみ選択可能

満額請求と半額請求

1日〜15日までに当月利用で申し込んだ場合は、初月の月額料金は日割りにはならず満額請求になります。

16日〜24日までに当月利用で申し込んだ場合、初月の月額料金が半額(おまとめ払いの場合は1ヶ月分の月額料金が半額)になります。

※ 当月申し込みの場合は3営業日以内に発送されます。

FUJI WiFiのキャンペーン情報(クーポン情報)

FUJI WiFiのキャンペーン情報(クーポン情報)の詳細は、下記にまとめています。

FUJI WiFiのクーポンとデポコミコースの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで事務手数料無料

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。2020年7月31日までのキャンペーンです。

デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。

ソフトバンク回線なら速度も速いです。
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの速度 ← 平日の昼でも速い、普通の格安SIMと比べて数十倍速い

FUJI WiFiのソフトバンク回線の通信速度は速いです。

普通の格安SIMだと平日の昼にかなり遅くなったり、平日の夜もそれなりに遅くなりますが、FUJI WiFiなら混雑時でも速度低下しません。

FUJI WiFiの速度(リアルタイムで計測中)

2020年6月の平日のFUJI WiFiの速度
FUJI WiFiの速度

普通の格安SIMだと平日の昼は1Mbps以下に速度低下します。

FUJI WiFiなら格安SIMで速度が一番遅くなる平日の昼の時間帯でも快適にスマホが使えます。

※ 土日祝日もFUJI WiFiは速いです。

FUJI WiFiは10GBが月980円、20GBは月1600円、50GBでも月2400円です。そして混雑時でも速度が速く快適に使える・・。コスパはかなり良いです。

一般的な格安SIM(データSIM)だと6GBで月1500円くらいです。

同じような料金を払って、FUJI WiFiならギガを3倍くらい多く使えて、速度は混雑時だと10倍〜20倍速くなります。

FUJI WiFiとワイモバイルは速度が同じなの?

FUJI WiFiはソフトバンク回線を直接使っているので、ワイモバイルのほうが速度が速くなります。

ただ、普通の使い方ならFUJI WiFiの速度でも十分に快適にスマホやタブレット、パソコン、ネット対応TVが使えます。

ソフトバンクのCA対応の端末なら速度が30Mbpsを超える(50Mbps〜70Mbps)

都市部ならソフトバンクのCA対応の端末を使うと、FUJI WiFiの速度が50Mbps〜70Mbpsくらいになります。

AXGP対応エリアで速度アップします(ただし、電波状況によっては速度アップしないかもです)。

SIMロックを解除した601HW、603HW、またはSIMロックを解除したソフトバンクのAndroidスマホなどがCAに対応していたりします。

601HWと603HWはヤフオクなどで9000円で出品されていたりします。機械関係に強い人は、試してみると良いかもです。

FUJI WiFiのau回線とドコモ回線を選ぶメリットはほとんどなさそう・・

FUJI WiFiは2020年6月までソフトバンク回線のみのプランでしたが、7月からau回線とドコモ回線を選べるようになりました。(廃止されたクラウドプランは無視)

au回線とドコモ回線はBIGLOBEモバイルの設備を使っています。

BIGLOBEモバイルは格安SIMの中でも速度は結構速いほうですが、平日の昼に速度が結構低下します。FUJI WiFiのソフトバンク回線なら、平日の昼でも速度低下なしに快適に使えます。

au回線とドコモ回線は格安SIMの中では悪くない選択肢ですが、より良い選択肢がFUJI WiFIのソフトバンク回線です。

ソフトバンクの電波がかなり悪い場所に住んでいる人だけ、FUJI WiFiのau回線とドコモ回線を検討してみてください。

支払いはクレジットカード、またはコンビニ払い

FUJI WiFiの支払いはクレジットカードとコンビニ払いを選ぶことができます。

基本的にはクレジットカードで支払うのが面倒がなくて良いですが、クレジットカードを持っていない場合はコンビニ払いを選んでください。

コンビニ払いを選ぶ場合、月500円引きになるデポコミコースは選べません。加えて、SMS認証ができるスマホが必要です。

契約には本人確認書類が必要、無い場合は3000円の手数料がかかる

FUJI WiFiの契約には本人確認書類が必要です。

該当する本人確認書類を持っていない場合、月々払いのSIMプランでクレジットカード支払いのみ申し込めます。本人確認書類なしだと、簡易審査手数料3000円が追加で発生します。

FUJI WiFiの本人確認書類

下記の1点のうちどれか
・運転免許証、マイナンバー

上記の本人確認書類を持っていない場合は、パスポートと補助書類1点
・補助書類:公共料金領収書、住民票、公的機関より送付された郵便物、通信事業者より送付された郵便物、観光庁発行の印刷物 (いずれも発行から3ヶ月以内のもの)

SIMプランだと月300円の「安心サポート Premium for SIM」が強制加入、2ヶ月目に解約する

FUJI WiFiの不満点の一つは、SIMのみのプランだと月300円の「安心サポート Premium for SIM」が初回加入必須になっていて、オプションを解約できるのは2ヶ月目からになっていることです。

※ルータープランだと月400円の「安心サポート Premium」と月250円の「安心サポート」の初回加入は不要です。

安心サポートのサポート内容や利用規約に分かりにくく記載されています。とりあえずいらないです。

オプションの解約は毎月15日が締め切りなので、15日までに届いた人は15日までにオプション解約、それ以降に届いた人は翌月になったらさっさと解約です。

安心サポートの解約の仕方は、下記にも掲載しているので参考にしてみてください。

FUJI WiFiの申し込みの全て、必要なもの→実際に申し込む→日数と届いた中身→設定のためのAPN情報→忘れると損する安心サポートの解約の仕方

プラン変更と解約については、ちょっと気をつけよう

プラン変更手数料は1500円かかります。

プラン変更や解約は毎月15日まで申し込みを受け付けています。

SIMプランならSIMカードの返却、ルータープランならルーターの返却が必要です。送料は自己負担です。

返却は必ず返却発送日の記録(追跡番号、問合せ番号)が取得出来る宅配業者(日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便)を利用し、最短の着日を指定する必要があります。

翌月3日までに返却(消印有効)しないと、遅延違約金が発生するので注意してください。

返却発送後、FUJI WiFiのマイページで追跡番号(問合せ番号)を入力する必要があります。

翌月1日以降にデータを使った場合、データ超過違約金が発生するので、月内にルーターの電源を切ったり、SIMカードを抜いてください。

SIMプランはSIMカードとSIMカードケース一式(SIM PIN、SIMアダプター3種全て含む)を返却する必要があります。SIMカードを紛失したら再発行手数料4000円、SIMカードケース一式の何かを無くしたら800円の機器損害が発生します。

ルータープランはルータ本体を盗難・紛失・故障したら2万円(税込2万2000円)、電池パックが無かったら4000円、USBケーブルを無くしたら200円の機器損害金が発生します。

コスパ最強の格安スマホ:OCNモバイルONEの激安格安スマホとFUJI SIMの組み合わせ

コスパ最強の格安スマホは、OCNモバイルONEでDSDV対応の激安格安スマホ(月1GB)を契約して、FUJI WiFiのSIMプランを契約することです。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える、2020年7月15日までセール中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

今なら2020年7月15日までOPPO Reno Aが1万800円、OPPO Reno3 Aが実質2万1600円、OPPO A5 2020が1円、moto g8 plusが実質1万2800円、AQUOS sense3が8100円等で買えるセールを行っています。

iPhone8の256GBが2万4100円など、中古美品のiPhoneもかなり安く買えます。

他社からの乗り換えなら、moto g8 plusは更に5000円引きです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEの公式サイト

OCNモバイルONEの激安の格安スマホ情報はこちら

DSDV対応スマホはSIMカードを2枚入れて使えます。1枚はOCNモバイルONEの月1GBの音声通話SIMです。これで電話やSMSが使えます。もう1枚はFUJI SIMです。これで大容量ギガでネットができます。

・OCNモバイルONEの1GBの音声通話SIMの月額料金:月1180円
・FUJI SIMの20GBの月額料金:月1600円

合計で月2780円で平日昼に速度が遅くなることなく快適にスマホが月20GB+1GB使える、コスパ最強の格安スマホの出来上がりです。

例:DSDV機種で、SIM1が通話SIM、SIM2がFUJI SIMの場合

電話がかかって来ればSIM1が反応して電話が鳴ります。ネットをするときはSIM2が反応してSIM2を通してネットができます。自動で両方反応してくれるので、面倒とかは一切ないです。

OCNモバイルONEを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&格安スマホが大幅割引

SIMプランとルータープラン、どちらが良い?

モバイルルータ(ポケットWiFi)が必要な場合でも、SIMプランがおすすめです。

理由は、FUJI WiFiSIMプランを選ぶと、申込時にFS030Wというモバイルルーターを9600円で買えるからです。

ルータープランを選ぶと、FS030Wがレンタルとして届きますが、月額料金が500円アップします。

もしレンタルルータをなくしてしまうと、機器損害金2万円と電池パック4000円の違約金は発生します。

安心サポートPremiumに加入していると無料で交換してくれますが、月400円かかります。

1年未満で解約する予定なら、ルータープランを選ぶのもいいですが、1年以上使う場合はSIMプランと必要に応じて9600円のモバイルルーターをFUJI WiFiで購入することをおすすめします。

Amazon:富士ソフト +F FS030W

Amazonでも売っていますが1万3000円前後します。

FS030Wは結構オススメのモバイルルーターです。FS030Wは電池を抜いてコンセントにつないでも使えるので、電池の劣化の心配をせずに、ホームルータとしても使えます。

SIMのみプランなら、好きな端末に入れて使える

SIMのみプランなら好きなモバイルルーターを選んだり、スマホやLTE対応のタブレットなどに入れて使うこともできます。

FUJI WiFiのレンタルルータの中に入っているSIMカードは他の端末では使えません。

あとFUJI WiFiを解約した場合でも、自分が買ったモバイルルータは他のSIMのみ契約ができるポケットWiFiや格安SIMでも使えます。

FS030Wの他にもFUJI WiFiで使えるモバイルルーターは結構あるので、下記で紹介しているので参考にしてみてください。

モバイルルーターって何? 光回線よりモバイルルータの格安SIM、ポケットWiFi、民泊WiFi、WiMAXを選ぶ理由と選んではいけない理由

iPhoneを使っている場合はポケットWiFiを使う

※ ポケットWiFi = モバイルルーター

iPhoneを使っている場合はFUJI SIMを入れたポケットWiFiを使うことをおすすめします。

iPhoneはSIMカードを1枚しか入らないのに加えて、テザリングができません。

セルラーモデルのiPadも同じくSIM1枚しか入らず、テザリングができないのでポケットWiFiを使うことをおすすめします。

パソコンやタブレットなどでも使う場合はポケットWiFiが良い理由

パソコンやタブレットなどでも使う場合もFUJI SIMを入れたポケットWiFiがおすすめです。

DSDV対応のAndroidスマホにFUJI SIMを入れて、テザリングしてパソコンやタブレットなどで使うのも良いですが、使いすぎる場合は電池の消耗が気になります。

テザリングして、パソコンやタブレット、ネット対応テレビで少し使うくらいなら問題ないですが、日常的に動画を長時間見る場合は、スマホがそれなりに発熱して電池が消耗、スマホの電池がヘタってしまいます。

比較的安価なポケットWiFi(富士ソフト +F FS030W)を使えば、スマホの電池を痛めません。

それにポケットWiFiの方が電池持ちが良く、発熱も若干抑えているので、電池もヘタりづらいです。

あと、FS030Wなら5000円程度で交換電池が売られているので、もし電池がヘタった場合でも簡単に電池を交換できます。

何GBが良い? スマホのみなら月10GB〜50GB、パソコンやタブレットなどを使う場合は月50GB〜100GB

FUJI WiFi(FUJI SIM)には月10GB〜100GBのプランがあります。

主に自分のスマホでネットを使う場合は、月10GB〜50GBがおすすめです。月10GBでもほとんど大丈夫な気がしますが、動画をかなりたくさん楽しみたい場合は20GB〜50GBを選んでおくのが良いです。

スマホだけの場合でも、動画を超たくさん見る場合は月100GBを選んでみてください。

パソコンやタブレット、ネット対応テレビ(Apple TV、Fire TV、クロームキャスト等)を使う場合は、月50GB〜100GBプランがおすすめです。

パソコンなどの大きな画面で動画を見るとスマホよりもギガをたくさん消費します。そこそこ見る場合は月50GB、たくさん見る場合は月100GBがおすすめです。

※ パソコンやタブレットを使う場合でも、動画をあまり見なければ10GB〜20GBでも十分だったりします。パソコンだとOSのアップデートなどがあるので、動画をあまり見なくても20GBが無難です。

データプランの詳細 → FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiのデメリット

FUJI WiFiのデメリットは、ソフトバンクの電波を使っているので、ソフトバンクのスマホが使えないようなところだとFUJI WiFiも使えないことです。

ただ、ソフトバンクのスマホが使えないような場所ってどこなんでしょう・・・。

ほとんどの場所では使えると思いますが、運の悪い3%くらいの人はソフトバンクの電波が悪い場所に住んでいるかもです。。

そんな運が悪い人に対応するのがクーリングオフ制度です。

FUJI WiFiのクーリングオフ制度(初期契約解除?)

FUJI SIMの利用規約から抜粋(若干省略)

> サービスエリア内かつ利用場所が屋外にも関わらず、電波状態が圏外によりサービスを利用できなかった場合のみ、レンタル開始日から7日以内にお問合せフォームなどで届け出る必要があります。

> 屋内(室内)での電波状態が圏外でサービス利用出来なかった場合はクーリングオフの対象外です。

サービスエリア内にも関わらず屋外で電波が圏外になった場合にクーリングオフが使えます。少し条件が厳しいので注意してください。

クーリングオフの適用外だった場合、1ヶ月〜2ヶ月分の月額料金を支払って解約になります。

他のポケットWiFiと比べてどうなの?

ポケットWiFiはFUJI WiFiの他にもたくさんあります。

ざっくり評価してしまうと、月50GB以下なら月額料金が安いFUJI WiFiが一番おすすめです。

月100GBだと月額料金が安くなるWiMAXや、ギガ使い放題の楽天モバイルUNLIMITを検討してみてください。

FUJI WiFi
・ソフトバンク回線のポケットWiFiとしては、おそらく一番の老舗。縛りなし。安い。10GB〜100GB。途中でプラン変更ができる。SIMのみでも契約できる。基本的にどこでも使える。

楽天モバイルのUN-LIMIT
・先着300万人まで1年間無料でギガ使い放題、2年目以降は月2980円。縛りなし。SIMのみ契約もできる。楽天回線エリアで楽天電波を掴めばギガ使い放題、それ以外の場合は月5GB&低速1Mbps。

一般的なソフトバンク回線のポケットWiFi
・新参者。2年縛りが主流だけど、一部で縛りなしも。FUJI WiFiよりも少し高いかも。物理SIMタイプの無制限プランとクラウドタイプの無制限プランが主流。プラン変更ができないところがほとんど。一部でSIMのみを受け付けている。基本的にどこでも使えるけど、どんなときもWiFiなどは大規模な通信障害で爆死した。

WiMAX
・ポケットWiFiとしては最古参。3年縛りの自動更新。快適に使えるのは3日間で10GBまで。ソフトバンク回線のポケットWiFiよりも速度が速いけど、電波が悪い場所がそれなりある。地下や郊外で使うのは厳しい。

FUJI WiFiの公式サイト

次点でおすすめ:楽天モバイルUN-LIMIT、ギガ使い放題で1年間無料

楽天回線エリアで楽天電波が使える場所なら、楽天モバイルUN-LIMITはコスパ最高の通信サービスです。

WiMAXや光回線の代わりなります。WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えます。1日10GBを超えると3Mbpsの速度制限になりますが、夜12時に制限は解除されます。

先着300万人まで1年間無料です。2年目以降でも月2980円で使えます。

楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiとして使うのもアリです。モバイルルータと無線LAN親機を組み合わせてホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。

無難な選択肢はFUJI WiFiですが、うまく使えれば楽天モバイルUN-LIMITが最高の通信サービスになります(うまく使えない場合はゴミになりますが・・)。

楽天モバイルUN-LIMITはWiMAXと光回線の代わりになる?モバイルルータ&ホームルータ化の完全ガイド

ギガ使い放題の詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万1300ポイントプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元になります。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、追加で最大15,000ポイントがもらえます。Galaxy A7なら実質3700円で手に入ります。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&1年無料でギガ使い放題

ギガ使い放題のポケットWiFiはおすすめではない

ギガ使い放題のポケットWiFiはいろいろありますが、そうとう胡散臭いです。

どんなときもWiFiもギガ使い放題でしたが、大規模な通信障害を起こして、総務省から行政指導を受けました。

FUJI WiFiもギガ使い放題のクラウドプランを提供していましたが、極一部のユーザが極端にギガを超大量に消費して、通信障害を起こしてクラウドプランを廃止しました。

100GBを超えそうな場合は、楽天モバイルのUN-LIMITを検討してみてください。それ以外だと、日中にたくさん使うならWiMAXを検討するのもアリだと思います。(WiMAXは3日10GB制限がありますが、日中なら制限なしです)

他には、UQモバイルなら月2980円で10GB+低速1Mbpsが使えます。スマホでネットをするなら1Mbpsは結構使える速度です。

UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの1Mbpsの違いを徹底レビュー

うさんくさいギガ使い放題のポケットWiFiには注意してください。

FUJI WiFiの悪い評判は本当?嘘っぱち?

FUJI WiFiの評判を調べていれば見つけられるかもですが、FUJI WiFiをやたらとディスりまくっているレビューサイトがたくさんあります。

FUJI WiFiはコスパのが超良いサービスですが、完全無欠というわけではありません。でも、どう考えても頭のおかしいレビューサイトがかなりあります。

そういったFUJI WiFiをディスりまくっているサイトの目的は、特定のWiMAXプロバイダーや別の懇意にしているプロバイダーを勧めることです。

FUJI WiFiだけでなく、他の多くの通信サービスをクソのような理由を並べて、訪問者を騙して特定のWiMAXプロバイダーだけを契約させようとしています。それでお金をもらいます。

人それぞれ意見が違うのかもですが、異常としか思えないディスり方です。存在が害悪です。

仕事で自分が儲かるプロバイダーを勧めるのは仕方ないかもですが、大して非がない他社サービスを貶めるな。

人を騙して得られるお金って、嬉しいものなのでしょうか?最近のインターネット、Webサイトは腐っているのが多すぎる思う。

妥当な悪い評判もある

FUJI WiFiはソフトバンク回線を使っているので、ソフトバンクの電波が届かない場所だとFUJI WiFiも使えません。そんな場所は、ソフトバンクのスマホも使えない場所です。

そういった場所でFUJI WiFiが使えなかった人が、悪い評判を書くのは妥当だと思います。ただ、かなり運が悪くないと自分に降りかからない点は知っておいてもらいたいところです。

速度がWiMAXより遅いとか、端末が古いとか、なんちゃらかんちゃら、そんなもの実際の使い勝手にはほとんど影響しません。

ポケットWiFiを使う人のほとんどは動画をたくさん見る人たちです。動画なんて3Mbpsくらい出れば普通に再生されます。動画を見ながら何かするために、余力込みで10Mbpsもあれば特に問題ないです。

GBクラスのファイルをダウンロードしまくる場合は、速度の速いWiMAXが良いかもです。ただ、WiMAXは3日間で10GBまでしか使えないので、WiMAXで巨大ファイルを馬鹿みたいにダウロードするのは現実的ではないです。

Webサイトには嘘を平気で故意に書く人がいるので注意してください。

申し込みはこちら → FUJI WiFi / FUJI SIMの公式サイト

FUJI WiFiのまとめ!

FUJI WiFiならギガ大容量プランを段違いに安く使えて、縛りもなし、キャンペーンで事務手数料もなしです。

ポケットWiFiとして使うのもありだし、SIMのみの契約でDSDV対応の格安スマホでコスパ最高のスマホとして活用するのもありです。

普通の格安SIMだと平日の昼に速度がかなり低下したり、平日の夜もそれなりに速度が低下します。格安SIMだと月10GB以上の大容量プランになると月額料金が飛躍的に高くなります。

ドコモやau、ソフトバンクなら超速い通信速度でギガ大容量プランを快適に使えますが、月7500円くらいかかってしまいます。

FUJI WiFiなら混雑時でも速度低下せず、快適にスマホが使えます。月額料金も20GB使っても月1700円です。

格安SIMの管理人は2020年2月7日からFUJIWiFiを契約して、速度計測など色々試していますが、現時点で95%確実に快適に使えると判断しています。

FUJI WiFiが人気すぎて、ソフトバンクが締め付けてくる可能性が少しあるかもしれません。ただ、そうなった時はFUJI WiFiは縛りがないので、自由に解約してどこか別のところを契約すれば良いだけです。

そのうちダメになる可能性があるかも・・、みたいなことでFUJI WiFiを利用しないのは、FUJI WiFiのコスパが良すぎて正直もったいないです。

最終更新日 2020年7月3日 / 作成日 2020年2月10日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
4.9 39
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
310 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
こはな
こはな
2020年7月7日 7:24 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

最近、格安SIMを使用し始めたので、たびたび参考にさせて頂いております。分かりやすい解説と状況が変わる度に更新してくださる事、とても感謝しています。どうもありがとうございます!
DSDV機用として、FUJIWiFiさんの「SIMプラン」を検討しています。
以前は、楽天mvnoさん(スーパーホーダイ)のSIMとOCN モバイルoneさんのSIMを差していましたが、よく訪ねる場所(豊島区の地下1・2階)で殆ど電波を掴まない事が気になり、OCNさんのSIMは解約して、今は楽天mvnoさん一枚を差しています。家ではwifiに接続しており、そこまで不便はありませんが、上記の電波の掴まなさ、また、昼と夕方の速度も気になっています。
FUJIWiFiさんのSoftBank回線はキャリアと同じものと伺ったので、この度SIMプランを検討中です。 
三大キャリアでは、auさんしか利用した事がなく、SoftBank回線が地下に強いのか気になっています。
私見で結構ですので、ご意見・アドバイスを頂けるととてもありがたいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ふ
2020年7月3日 8:44 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

200gbsim最近低速化してきたような体感ですねぇ

匿名希望
匿名希望
2020年7月2日 2:26 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

思っていたより値上がり幅が大きくて驚きました。デポジット割引加味しても100GB3500円は高い。。4月中旬に200GB3000円で契約できてほんとに良かった。。

匿名希望
匿名希望
  匿名希望
2020年7月2日 2:45 午前

追加でコメント失礼します。
——————————————-
SIMロックを解除した601HW、または603HWが良いと思います。WiFiの5GHz帯を使うと、速度が普通のモバイルルータよりもかなり速くなったりします。(今検証中なので、まだ正確な結果が出るのにはしばらくかかりますが、かなり優秀な感じです
——————————————-
とありますが、SIMロック解除した601HW、または603HWはどこで買うのがおすすめですか?ネット通販や家電量販店でSIMロック解除されていない(?)ものを新品購入して、SIMロック解除する方法もあるのでしょうか。

虎党
虎党
  匿名希望
2020年7月2日 6:11 午前

新品は手に入らないか、あっても高額なので、中古品をヤフオクメルカリ等で購入が現実的かと。5〜6000円くらいで買えます。
simロック解除はソフトバンクショップに行けば3000円払うことで解除できますよ。
(今は時短営業してるので、要予約?)

木村栄
木村栄
  格安SIMの管理人
2020年7月6日 3:14 午後

FS030Wはバッテリ外してAC給電で使えるとのことですが601HWも同様の使い方はできるのでしょうか?
もし試す機会があれば教えて頂けるとありがたいです。

虎党
虎党
2020年7月1日 4:53 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

simプラン契約の場合、別途モバイルルーター等用意しますが、CAが機能するルーターって、ソフトバンクから提供される601hwなどしかないのでしょうか。
HUAWEI Mobile WiFi E5785なんかは未対応ですかね?
スマホだと他にも対応しているものがあるようですが、調べ方がイマイチよくわからず…

ふじさん
ふじさん
2020年6月30日 12:32 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

いつも参考にさせていただいてます。
フジワイファイ100ギガプランを契約しています。
98.5ギガを使ったところで速度制限に入りました。
砂時計がクルクルしたままページが開かないんで、どのくらいの速度が出るんだろうと測ってみたら、11kbps!
128kbpsすらも程遠いです。
速度制限にかかったら使えるものではないですね。

「FUJI WiFiを実際に使って徹底解説、FUJIWiFiなら大容量プランが安くて速度が速い&SIMプランが便利」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント