格安SIMでのテザリングの仕方と速度の注意点、テザリング向けのおすすめの格安SIM

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

デザリングではなく
テザリングです。
(念のため)

英語でTetheringです。

テザリングとは、テザリングをしている端末(ネットに接続中)を経由することで別の端末でもネットが使える仕組みです。

例えば、ネットにつながっているスマホをテザリングすると、そのスマホを経由してタブレットやノートパソコンでインターネットが使えるようになります。

テザリングの図解

外でWiFi専用のタブレットやノートパソコンを使う場合、スマホをテザリングすればタブレットやノートパソコンでネットが使えるのでとても便利な機能です。LTE対応のタブレットでもテザリングが使えます。

格安SIMではオプションに加入することなく無料でテザリングが使えます(データは消費します)。

テザリング中のスマホやタブレットは、ポケットWiFiと同じ役目を提供します。スマホのWiFiテザリングを使えば、WiFi専用タブレット、ノートパソコン、無線LANやWiFi子機付きのデスクトップパソコンはもちろん、ネット対応テレビ、Chromecast、Fire TV Stickなどでネットが使えます。

ここではテザリングのメリットとデメリット、テザリングの3つの種類、格安SIMでテザリングが使えない機種、格安SIMでのテザリングの速度の注意点を説明していきます。

テザリングのメリットとデメリット

まず最初に、スマホやLTE対応のタブレットでテザリングを使うメリットとデメリットを説明します。

テザリングのメリット

  • 自宅のWiFiやポケットWiFiなしで、パソコン、WiFi専用タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使える
  • データは消費するけど、テザリングで別料金は発生しない(無料)

スマホのテザリングを使えば、自宅に光回線がない場合でも、パソコン、WiFi専用タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使えます。

外でパソコンを使う場合でも、ポケットWiFiなしで、スマホのテザリングを使えばノートパソコン等でネットを使うことができます。

スマホのデータを消費しますが、データをたくさん使わなければ、光回線やポケットWiFiを契約するよりもスマホのテザリングを使った方が経済的です。

テザリングの目次へ戻る

テザリングのデメリット

  • パソコンやネット対応テレビで動画を見るとデータをたくさん使うので、スマホのテザリングで日常的に動画を見るのは無理
  • スマホのテザリングは電池を消費するので、ヘビーユーザだとスマホの電池が劣化しやすくなる
  • 格安SIM(格安スマホ)だと速度が遅く、快適に使えない場合がある

たまにスマホのテザリングを使って、パソコンやネット対応テレビでYouTube、Hulu、Amazonプライム、Netflixなどを見る程度なら大丈夫ですが、日常的に見るとギガがなくなります。設定にもよりますが、1時間で600MB〜1GBくらいデータを消費します。

日常的にパソコンやネット対応テレビで動画を見る場合は、どんなときもWiFiや光回線などを契約することをおすすめします。

テザリングを普通程度に使う場合は電池の消耗を気にしなくて大丈夫です。テザリングを毎日何時間も使う場合は電池を結構使ってしまいますが、そもそもそういった人たちはテザリングは合っていません。どんなときもWiFiなどのポケットWiFiがおすすめします。

格安SIM(格安スマホ)だと速度が遅いため、格安SIMを入れたスマホでテザリングすると、パソコンで快適にネットが使えない場合があります。

この話は結構長くなるので後述の格安SIMでのテザリングの速度の注意点に詳しく記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

テザリングの目次へ戻る

テザリングの3つの種類

テザリングにはWiFiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3種類があります。それぞれに特徴があるので、簡単に説明します。

結論から先に書くと、基本的にWiFiテザリングだけ使っておけば十分です。

WiFiテザリング:一般的で一番簡単

WiFiテザリングが最も一般的なテザリングの方法です。テザリングを使う人の8割くらいはWiFiテザリングを使ってテザリングしている感じです。

AndroidスマホのWiFiテザリングの方法
設定 → 無線とネットワーク → テザリングとポータブルアクセス → ポータブルWiFiアクセスポイント → オンにして、「アクセスポイントを設定」の場所にあるWiFiのパスワードを確認する

※ Androidスマホは機種によって設定名が少し変わったりしますが、大体は上記のような名前と流れになっています。

iPhoneのWiFiテザリングの方法
設定 → インターネット共有 → インターネット共有をオンにして、WiFiのパスワードも確認する (必要に応じてWi-FiとBluetoothをオンにするを選択)

ノートパソコンやタブレットのWiFiをオンにすると、WiFiのリストにAndroidスマホの場合は機種名やスマホの型番、iPhoneの場合は「〜のiPhone」という名前が出てきます。それを選択してWiFiのパスワードを入力して接続します。

これでノートパソコンやタブレットでネットが繋がるようになります。かなり簡単です。

テザリングの目次へ戻る

USBテザリング:速度が速いけど(?)、USBケーブルで繋げる必要がある

USBテザリングは、スマホとパソコンをUSBケーブルで繋げると、パソコンでネットが使えるようになります。

ケーブルを繋げる手間がかかりますが、WiFiテザリングよりも速度が速くなるのが特徴です・・。

ただし、実際に格安SIMで試したところ、スマホ本体の速度が31Mbps、USBテザリングでの速度が27Mbps、WiFiテザリングでの速度が26Mbpsという結果になりました。格安SIMだとUSBテザリングとWiFiテザリングの速度差はほとんど誤差です。

スマホ本体で100Mbps近く出れば、USBとWiFiに速度差が出てくるのかな・・とか思います。実際のところ、USBテザリングをしながらスマホを充電できるくらいがメリットな気がします。

AndroidスマホのUSBテザリングでMacに繋げるのは厄介

iPhone → USB → Macは簡単
iPhone → USB → Windowsパソコンは少し手間だけど普通に使えるはず (試していません)

Androidスマホ → USB → Macは厄介すぎる
Androidスマホ → USB → Windowsパソコンは簡単なはず (試していません)

とりあえずWiFiテザリングを使っておくのが確実で簡単なので、USBテザリングは無視しておけばいいです。

テザリングの目次へ戻る

Bluetoothテザリング:電池消費が少ないけど速度が遅い

Bluetooht経由でもテザリングをすることができます。電池消費が少ないのが特徴です。

ただし、速度がWiFiテザリングやUSBテザリングの10分の1くらいになります。速度がほとんど必要ない限定的な状況でBluetoothテザリングを使いかもくらいです。

WiFiテザリングでも電池をそんな消費するわけではないので、WiFiテザリングを使っておけば十分です。

テザリングの目次へ戻る

格安SIMだとテザリングが使えない端末がある

ほとんどの場合で格安SIMでもテザリングが使えますが、格安SIMだとテザリングが使えない端末が少しあるので少し注意が必要です。

  • 格安SIMだとテザリングが使えない端末
  • 2018年4月以前に発売されたソフトバンクのAndroidスマホ/タブレット
  • 2015年4月以前に発売されたドコモのAndroidスマホ/タブレット

ソフトバンクで購入した端末の場合は、結構最近のAndroidスマホとタブレットで格安SIMでテザリングが使えなくなっているので注意してください。

※ 2018年10月まで、大半のau系の格安SIMでiPhoneでテザリングできませんでしたが、この制限は10月末に撤廃されました。今ではau系の格安SIMでもiPhoneでテザリングが使えるようになっています。

テザリングの目次へ戻る

格安SIMでのテザリングの速度の注意点、テザリング向けの格安SIM

格安SIMは大手キャリアと比べて速度が遅いですが、中には大手キャリア並みの速度が出る格安SIMがあったり、格安SIMでも遅い格安SIMと速い格安SIMを比べると速度差が100倍になったりします。

テザリングは、ノートパソコンやタブレットでネットを使うのがほとんどだと思いますが、画面が大きい分、快適に使うにはスマホよりも速度が必要になります。

そのためテザリングをよく使いそうな場合は、実際に出る速度を重視して格安SIMを選ぶことを強くおすすめします。

格安SIMの管理人は、格安SIM多数、ドコモ、WiMAX2+、どんなときもWiFiを契約して、通信速度をリアルタイムに計測しています。リアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しているので、速度の参考にしてみてください。

2019年9月版の格安SIM/ドコモ/WiMAXの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家
2位 WiMAX2+ワイモバイル
3位 どんなときもWiFi
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMate
比較的速い 5位 BIGLOBEモバイルのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 IIJmioのタイプD、mineoのauプラン、mineoのドコモプラン、mineoのソフトバンクプラン、LINEモバイルのソフトバンク回線、エキサイトモバイル
普通 7位 イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
少し遅い 8位 OCNモバイルONE楽天モバイルのau回線、楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、IIJmioのタイプA
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LIBMO、LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン、0SIM

最新の速度ランキングの詳細を読む

格安SIMは時期によって実際に出る通信速度が変動することがあります。最新情報は速度ランキングの記録もご確認ください。

テザリングをよく使う場合は、「比較的速い」以上の格安SIMを選ぶことをおすすめします。

比較的速い格安SIMなら、テザリングでパソコンを使う場合でも比較的普通に使えます。混んでいない時間帯なら、パソコンやネット対応テレビでも動画を結構普通に見ることができます。

平日の夜は結構混んでいて、比較的速い程度だとパソコンやネット対応テレビで普通に動画の視聴をするのは難しい場合があります。その場合は「超速い」格安SIMを選ぶことをおすすめします。

平日の昼でも快適にテザリングを使いたい場合は、選択肢はUQモバイル、ワイモバイル、どんなときもWiFi、WiMAX2+、ドコモなどの大手キャリアくらいになります。

テザリングの目次へ戻る

テザリング向けの速度重視の格安SIMとポケットWiFiのおすすめ

UQモバイル:格安SIMで最速、大手キャリア並みの速度が出る

UQモバイルは格安SIMの中で実際に出る通信速度が一番速いです。大手キャリア並みの速度が出ます。UQモバイルならテザリングを使う場合でもいつでもサクサク快適に使うことができます。

UQ mobileの詳細評価と評判&実際に使った結果とauからの乗り換えや他の格安SIMとの比較

テザリングの目次へ戻る

BIGLOBEモバイルのタイプA:速度も結構速く、料金も安めでコスパが良い

BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)はUQモバイルほど速度は出ませんが、格安SIMの中ではトップクラスの速度が出ます。月額料金もUQモバイルよりも安めなので、コスパが良いです。

ほとんどの場合で快適に使えますが、平日の昼やコンサートやスタジアムなどの局所的に人が大勢集まるような場所だと、テザリングを快適に使うのは難しい場合があります。

格安SIMでテザリングをいつでも快適に使いたいならUQモバイル、ほとんどの場合で快適に使えるくらいで十分な場合でコスパを重視する場合はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

BIGLOBEモバイルの詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

テザリングの目次へ戻る

どんなときもWiFi:速度が速く、使えるデータは無制限で月3480円!

テザリングをたまに使う場合は格安SIMでも十分ですが、テザリングを日常的に使う場合はデータをたくさん消費することになるので格安SIMは不向きです。

特にパソコンやネット対応テレビで動画を日常的に見る場合、スマホのテザリングで見ようとするのは無謀です。

代わりにおすすめなのが、どんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiなら月3480円でデータは使い放題です。無料でレンタルできる端末を使うと、スマホやパソコン、タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使えるようになります。実際に出る通信速度もかなり速いので、ほとんどの場合で快適に使えます。

動画をたくさん見たい場合に、どんなときもWiFiが一番おすすめです。

どんなときもWiFiの評判とデメリットを実際に契約して、速度は遅いのか制限があるのか徹底検証!

テザリングの目次へ戻る

GMOとくとくBB WiMAX2+:3日間10GBで十分ならおすすめ、端末無料

GMOとくとくBB WiMAX2+は、月額割引やキャッシュバックを考慮すると、3年契約で月平均3300円程度で3日間10GBのデータを使うことができます。端末はレンタルではなく無料でもらえます。

無料でもらった端末で、スマホ、パソコン、タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使えるようになります。実際に出る速度はいつでもかなり速いです。平日の昼でも快適に使えます。

ただし、WiMAX2+だと高層階や郊外だと電波が届きづらく、快適に使えない可能性があります。Try WiMAXを申し込めば無料でWiMAX2+を2週間試せるので、無料で試したのち契約することをおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの理由と詳細評価

テザリングの目次へ戻る

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2019年5月30日 / 作成日 2015年6月27日 / 作成者 格安SIMの管理人
「格安SIMでのテザリングの仕方と速度の注意点、テザリング向けのおすすめの格安SIM」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ