格安SIMでのテザリングの仕方と速度、テザリング向けのおすすめの格安SIM

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:お役立ち情報(42)

デザリングではなく
テザリングです。
(念のため)

英語でTetheringです。

テザリングとは、テザリングをしている端末(ネットに接続中)を経由することで別の端末でもネットが使える仕組みです。

例えば、ネットにつながっているスマホをテザリングすると、そのスマホを経由してタブレットやノートパソコンでインターネットができます。

格安SIMとテザリングの図解

外でWiFi専用のタブレットやノートパソコンを使う場合、スマホをテザリングすればネットが使えるのでとても便利な機能です。

データは消費しますが、格安SIMは追加料金無しでテザリングが使えます。

ポケットWiFiと同じように、WiFi専用タブレット、ノートパソコン、デスクトップパソコン(無線LAN付き)はもちろん、ネット対応テレビ、Chromecast、Fire TV Stickなどでネットが使えます。

ここではテザリングのメリットとデメリット、テザリングの3つの種類、格安SIMでテザリングが使えない機種、格安SIMでのテザリングの速度の注意点を説明します。

テザリングのメリット

  • 自宅のWiFiなしで、パソコン、WiFi専用タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使える
  • データは消費するけど、テザリングで別料金は発生しない(無料)

スマホのテザリングを使えば、自宅に光回線がない場合でも、パソコン、WiFi専用タブレット、ネット対応テレビなどでネットが使えます。

外でパソコンを使う場合でも、ポケットWiFiなしで、スマホのテザリングでノートパソコン等でネットができます。

スマホのデータを消費しますが、データをたくさん使わなければ、光回線やポケットWiFiを契約するよりスマホのテザリングが経済的です。

テザリングのデメリット

  • パソコンやネット対応テレビで動画を見るとデータをたくさん使うので、スマホのテザリングで日常的に動画を見るのは難しい
  • スマホのテザリングは電池を消費するので、ヘビーユーザだとスマホの電池が劣化しやすくなる
  • 格安SIMだと速度が遅く、快適に使えない場合がある

たまにスマホのテザリングを使って、パソコンやネット対応テレビでYouTube、Hulu、Amazonプライム、Netflixなどを見る程度なら大丈夫です。

日常的にパソコンなどで動画を見ると、1時間で600MB〜1.5GBくらいデータを消費します。

テザリングを普通程度に使う場合は電池の消耗を気にしなくて大丈夫ですが、毎日何時間も使うとはスマホの電池を結構使ってしまうので、モバイルルーターがおすすめです。

格安SIMだと速度が遅いため、格安SIMを入れたスマホでテザリングすると、パソコンで快適にネットが使えない場合があります。

この話は結構長くなるので、後述の格安SIMの速度に詳しく記載しています。

テザリングの3つの種類

テザリングにはWiFiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3種類があります。それぞれに特徴があるので、簡単に説明します。

結論から先に書くと、基本的にWiFiテザリングだけ使っておけば十分です。

WiFiテザリング:一般的で一番簡単

最も一般的なテザリングの方法がWiFiテザリングです。テザリングを使う人の8割くらいはWiFiテザリングを使ってテザリングしている感じです。

AndroidスマホのWiFiテザリングの方法
設定 → 無線とネットワーク → テザリングとポータブルアクセス → ポータブルWiFiアクセスポイント → オンにして、「アクセスポイントを設定」の場所にあるWiFiのパスワードを確認する

※ Androidスマホは機種によって設定名が少し変わったりしますが、大体は上記のような名前と流れです。

iPhoneのWiFiテザリングの方法
設定 → インターネット共有 → インターネット共有をオンにして、WiFiのパスワードも確認する (必要に応じてWi-FiとBluetoothをオンにするを選択)

ノートパソコンやタブレットのWiFiをオンにすると、WiFiのリストにAndroidスマホの場合は機種名やスマホの型番、iPhoneの場合は「〜のiPhone」という名前が出てきます。それを選択してWiFiのパスワードを入力して接続します。

これでノートパソコンやタブレットでネットが繋がるようになります。かなり簡単です。

USBテザリング:速度が速いけど(?)、USBケーブルで繋げる必要がある

USBテザリングは、スマホとパソコンをUSBケーブルで繋げると、パソコンでネットが使えるようになります。

ケーブルを繋げる手間がかかりますが、WiFiテザリングよりも速度が速くなるのが特徴です。

ただし、実際に格安SIMで試したところ、スマホ本体の速度が31Mbps、USBテザリングでの速度が27Mbps、WiFiテザリングでの速度が26Mbpsという結果になりました。格安SIMだとUSBテザリングとWiFiテザリングの速度差はほとんど誤差です。

スマホ本体で100Mbps近く出れば、USBとWiFiに速度差が出てくるのかな・・とか思います。実際のところ、USBテザリングをしながらスマホを充電できるくらいがメリットな気がします。

AndroidスマホのUSBテザリングでMacに繋げるのは厄介

iPhone → USB → Macは簡単
iPhone → USB → Windowsパソコンは少し手間だけど普通に使えるはず (試していません)

Androidスマホ → USB → Macは厄介すぎる
Androidスマホ → USB → Windowsパソコンは簡単

とりあえずWiFiテザリングを使っておくのが確実で簡単なので、USBテザリングは無視しても大丈夫です。

Bluetoothテザリング:電池消費が少ないけど速度が遅い

Bluetooht経由でもテザリングをすることができます。電池消費が少ないのが特徴です。

ただし、速度がWiFiテザリングやUSBテザリングの10分の1くらいになります。速度がほとんど必要ない限定的な状況でBluetoothテザリングを使いかもくらいです。

WiFiテザリングでも電池をそんな消費するわけではないので、WiFiテザリングを使っておけば十分です。

格安SIMだとテザリングが使えない端末がある

ほとんどの場合で格安SIMでもテザリングが使えますが、格安SIMだとテザリングが使えない端末が少しあるので少し注意が必要です。

  • 格安SIMだとテザリングが使えない端末
  • 2018年4月以前に発売されたソフトバンクのAndroidスマホ/タブレット
  • 2015年4月以前に発売されたドコモのAndroidスマホ/タブレット
  • FUJI WiFiのソフトバンク回線だとiPhoneとiPadとPixelシリーズでテザリング不可

ソフトバンクで購入した端末の場合は、結構最近のAndroidスマホとタブレットで格安SIMでテザリングが使えなくなっているので注意してください。

※ 2018年10月まで、大半のau回線の格安SIMでiPhoneでテザリングできませんでしたが、この制限は10月末に撤廃されました。

格安SIMでのテザリングの速度の注意点

格安SIMは大手キャリアと比べて速度が遅いですが、中には大手キャリア並みの速度が出る格安SIMもあります。

格安SIMでも遅い格安SIMと速い格安SIMを比べると速度差が100倍になったりします。

テザリングは、ノートパソコンやタブレットでネットを使うのがほとんどだと思いますが、画面が大きい分、快適に使うにはスマホよりも速度が必要になります。

そのためテザリングをよく使う場合は、実際に出る速度を重視して格安SIMを選ぶことを強くおすすめします。

2021年7月版の格安SIMの速度ランキング

速い
普通
遅い
  • 7位 LINEモバイルのau回線、OCNモバイルONEの旧コース
  • 圏外 nuroモバイルのドコモ回線、TONEモバイル、楽天モバイルのスーパーホーダイ、楽天モバイルの組み合わせプラン(CO/JP)、ロケットモバイルの神プラン

最新の速度ランキングの詳細を読む

おすすめの格安SIM/ポケットWiFi/ホームルーター

1位:楽天モバイル、ポケットWiFiが実質0円

楽天モバイルならポケットWiFiのRakuten WiFi Pocket 2Bが1円、事務手数料無料、5000ポイントの楽天ポイントプレゼント、最大4ヶ月無料です。いつやめても違約金もありません。

無料期間後は実際に使ったデータ量で料金が月0円〜3278円になる段階制プランです。

楽天モバイル月額料金
1GB以下月0円
1GB超〜3GB以下月1,078円
3GB超〜20GB以下月2,178円
20GB超〜無制限月3,278円

Rakuten WiFi Pocket 2Bのスペックとレビュー

Rakuten WiFi Pocket 2Bの実質0円キャンペーンの詳細と申込み

楽天回線エリア内で主に使う場合におすすめです(人口カバー率90%ちょっと)

楽天回線エリア外だと月5GBを超えると1Mbpsに制限されるのでおすすめではありません。

楽天モバイルはポケットWiFiではなく、SIMのみの契約もできます。

ポケットWiFiを持ち歩きたくない場合は、今のスマホ会社から楽天モバイルに乗り換えてスマホのテザリングを使うのもありです。

※ 楽天モバイルは、実質無料のモバイルWiFiでたくさん試してから乗り換えるのが無難です。。

2位:FUJI WiFi、大容量プランが安くて速度も十分

FUJI WiFiのソフトバンク回線は大容量プランが安く、速度も速いです。通常の格安SIMと異なり、平日の昼や混雑時でも速度が低下しないので快適にスマホが使えます。

FUJI WiFiをSIMのみで契約すれば、普通の格安SIMのデータSIMとして使えます。

音声プランは無いので、今のスマホ会社から乗り換えることはできません。FUJI WiFiのSIMプランは、DSDS対応のスマホやモバイルルータで使います。

FUJI WiFiのSIMプランソフトバンク回線の月額料金
20GB月1,760円
50GB月2,640円
100GB月3,740円

※ 上記の料金プラン(デポコミコース)は5500円の保証金が必要ですが、5500円は1年後に返金されます。

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiを実際に使って徹底解説、大容量プランが安くて速度が速い&SIMプランが便利

2位:ドコモのhome 5G、高品質なホームルーター

ドコモのhome 5Gは無制限で使えるホームルーターです。

月4,950円、本体価格は39,600円ですが月々サポートで3年間は月1,100円引きになるので実質無料です。いつやめても違約金はかかりません。

楽天モバイルだと1日10GBを超えるとその日は3Mbpsに制限、WiMAXは3日10GB(5Gプランは15GB)使うと夜中は1Mbps制限になりますが、home 5Gはおそらく3日50GB以上使えそうです。

ほとんどの人は楽天モバイルのデータ量でも足りますが、楽天モバイルの電波が悪い場合は、home 5Gがおすすめです。

ドコモのhome 5G レビュー

ドコモのhome 5G レビュー!本体価格/エリア/速度制限

3位:LIBMO、20GBと30GBプランが最安水準

LIBMOは音声プランとデータ専用プランを選べます。

音声プランなら今のスマホ会社からLIBMOに乗り換えてスマホでテザリングができます。データ専用プランは、DSDS対応のスマホやモバイルルータで使います。

平日昼12時だと速度がかなり遅くなりますが、それ以外の時間帯なら普通に使えます。余ったデータを翌月に繰り越せて、20GBと30GBプランの月額料金も最安水準です。

LIBMO月額料金
20GB月1991円
30GB月2728円

20GBと30GBプランの詳細と申込み → LIBMOの公式サイト

4位:WiMAX、3日間10GBで十分なら検討

WiMAXは直近3日間で10GBまで高速データ通信が使えます。3日間で10GBを超えると翌日の18時から2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

基本的には楽天モバイル、FUJI WiFi、ドコモのhome 5Gがおすすめですが、日中にたくさん使いたい場合はWiMAXを検討してみてください。WiMAXはモバイルルーターで使います。

WiMAXは3年契約で月平均4000円前後になります。GMOとくとくBB WiMAXなら端末は無料です。

※ WiMAXは基本的に3年以内で解約すると最大2万円の違約金がかかります。

GMOとくとくBB WiMAX2+の月額割引のキャンペーンサイト

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバックとキャンペーンの最新情報

格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2021年8月18日 / 作成日 2015年6月27日
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「格安SIMでのテザリングの仕方と速度、テザリング向けのおすすめの格安SIM」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント