低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道、ギガを消費せず賢く節約する方法

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (41) / 関連:お役立ち情報(38)

格安SIMの通信速度には、高速モードと低速モードがあります。

※ 高速モードを、高速データ通信、ターボON、クーポンONという場合もありますが、全て同じです。ここでは高速モードで統一します。速度について特に言及しない場合は高速モードです。

※ 低速モードを、低速データ通信、ターボOFF、クーポンOFF、節約モードという場合もありますが、全て同じです。ここでは低速モードで統一します。

低速モードに切り替えると速度が遅くなりますが、データを消費せずにスマホが使えます。データを使い切った場合は強制的に低速モードが適用されます。

低速モードの仕組み

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアだと、ギガを使い切った後は基本的に超遅い128kbpsの低速モードに制限されます。そしてギガが残っている間は低速モードに切り替えることはできません。

格安SIMは大手キャリアより低速モードの速度が速いです。それに加えて、低速モードに切り替えて、ギガを消費することなくネットができる格安SIMもあります。

低速時でも最初の1秒くらいは高速通信ができる格安SIMがあったり、低速でも最大1Mbps出る格安SIM、逆に低速で60kbps〜120kbps程度しか出ない格安SIMなどもあります。

ここでは、まず最初に格安SIMの低速モードの主な使い道を説明した後に、格安SIMの低速モードを比較する上で重要なポイントから順に詳しく説明します。最後に低速モードが使える格安SIMを、おすすめ順に紹介します。

格安SIMの低速モードの主な使い道

① 格安SIMの低速モードは、インターネットラジオのraidkoや音楽ストリーミングサービスのAmazon Music、Spotify、Google Play Music、Apple Music、LINE Music等を長時間聴くときに使えます。

② 300kbps以上の速度の速い低速モードならYouTubeなどを見るときに使えます。

③ ヤフーなどの比較的軽いサイトやTwitter(画像なし)を使う場合に、ギガを消費しない低速モードにして使ったりします。

④ 月末近くになってギガを使い切った場合、強制的に低速モードになります。

少し長くなりますが、格安SIMの低速モードについて一つ一つ紐解いていきます。

低速モードの実際に出る通信速度と速度別の使い道

格安SIMごとの低速モードの速度

低速モードといっても、格安SIMごとに実際に出る低速モードの通信速度が結構違います。最も速いのが1Mbps、最も遅いのが100kbpsです。

1MbpsUQ mobileのスマホプランR、ワイモバイルのスマホベーシックプランR、楽天アンリミットのパートナーエリア
500kbpsmineoのパケット放題オプション
300kbpsUQ mobileのスマホプランS、ワイモバイルのスマホベーシックプランS
240kbpsOCNモバイルONE
200kbpsIIJmio、mineoのパケットオプションなし、エキサイトモバイル、イオンモバイル、楽天モバイル、UQ mobileのデータ高速プラン、LINEモバイルのドコモ回線とau回線(?)、LIBMOのライトプラン
128kbpsLIBMOの通常プラン
100kbpsロケットモバイル、nuroモバイル、LINEモバイルのソフトバンク回線

※ LINEモバイルのドコモ回線とau回線の低速時の通信速度は計測したことないので推定です。

月末近くになってギガ数を使い切りそうな可能性がある場合は、低速モードが100kbps程度しかでない格安SIMは避けたほうが良いです。

ギガを使い切ってもチャージできますが、割高なのでほとんどの人はチャージせず翌月になるまで我慢します。

低速1Mbps:結構何でも使える、特に動画をたくさん見る場合におすすめ

1Mbpsなら結構何でも普通に使えます。

インターネットラジオや音楽はもちろん、Webサイトも結構普通に見れます。

画像などはちょっと読み込みが遅いかな?くらいは感じますが、実用上はそんなには不便には感じません。

YouTubeも480pの高画質でほとんど止まらずに見ることができます(動画によっては重い動画もあるので、8割くらいの動画は止まらずに再生できるくらい)。

1Mbpsの使い勝手は下記にまとめているので参考にしてみてください。

UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの1Mbps

UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの1Mbpsの違いを徹底レビュー

低速500kbps:YouTubeの普通画質360pなら何とか再生できる

mineoのパケット放題オプションで低速500kbpsが使えますが、これも結構使えます。

インターネットラジオや音楽は普通に使えます。Webサイトの読み込みは1Mbpsと比べると遅いですが、ギリギリ許容範囲内くらいです。

YouTubeは360pの普通画質なら何とか再生できるくらいです(途中で止まる動画がそこそこあるかも・・)。

Googleマップも使えます。ただ、地図をガシガシ動かしたり、拡大縮小をサクサクしたいとかになると1Mbpsがほしい感じです。

YouTube用のおすすめの格安SIM

格安SIMでYouTubeを見る最適な方法、ギガ消費なしの格安SIM&YouTubeのデータ量と必要な速度

低速300kbps:YouTubeの低画質240pなら再生できる

300kbpsならインターネットラジオや音楽が普通に聴けて、YouTubeの低画質240pなら止まらずに再生できます。

Webサイトも見れますが、画像の表示は結構遅くなります。

低速240kbps:普通の格安SIMよりちょっぴり速い

OCNモバイルONEは非公式で低速は240kbpsの速度にしています。普通の格安SIMよりちょっぴり速いです。(ちょっぴりなので、体感だとあまり変わらない感じですけど・・

低速200kbps:格安SIMの標準、ラジオや音楽がデータ消費なしに聞ける

一般的な格安SIMの低速モードの速度は200kbpsです。

インターネットラジオや音楽がデータ消費なしに聞けます。YouTubeは144pの最低画質ならギリギリ再生できるくらいです(途中止まるかも)。

Webサイトも見れますが、文章が表示されても画像が表示されるのが結構時間がかかる場合があります。重いWebサイトだと文章の表示も遅い場合があります。

基本的には200kbps〜240kbpsはラジオと音楽用です。

低速128kbps以下:ゴミ

ゴミです。基本的人権はないですが、インターネットラジオなら100kbpsくらいでも聴けます。

低速モードと高速モードを切り替えることができる格安SIM

低速モードに切り替えてギガを節約できる格安SIM

格安SIMの中には高速データ容量を使い切る前でも、低速モードに切り替えて高速データ容量を使わずにネットができる格安SIMがあります。

低速⇔高速の切り替えができる格安SIMの場合、速い速度が必要なときはギガを消費する高速モード、遅い速度でも大丈夫なときはギガを消費しない低速モードにして節約できます。

簡単に低速に切り替えられる格安SIMと低速速度

  • UQ mobile:300kbpsと1Mbps
  • OCNモバイルONE:240kbps(契約データ容量の半分)
  • mineo:500kbpsと200kbps)
  • IIJmio:200kbps(3日間で366MBまで)
  • イオンモバイル:200kbps(タイプ1は3日間で366MBまで)
  • 楽天モバイルUNLIMIT:パートナーエリアで1Mbps

一番気軽に切り替えられるのがこの6つです。

OCNモバイルONEはMUSICカウントフリーで音楽をギガ消費なしに聴き放題

切り替えアプリはないけど、Web経由で切り替えられる格安SIM

エキサイトモバイル、LinksMate、LIBMO

途中で低速に切り替えられない格安SIM

ワイモバイル、LINEモバイル、BIGLOBEモバイル、U-mobile、DTI SIM、ロケットモバイル、nuroモバイル、QTモバイル、NifMo

これらの格安SIMには切り替えアプリもなく、Webサイト経由でも切り替えることができません。

インターネットラジオや音楽ストリーミングサービスを長時間使う場合は、不向きな格安SIMです。

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリーでギガ消費なしにYouTubeが見放題、音楽やラジオが聴き放題

低速モードで節約できるデータ量:ラジオ30MB/時間、音楽80MB/時間、動画200MB〜350MB/時間

低速モードにするとギガを消費しなくなりますが、1時間あたりどの程度節約できるかは下記になります。

  • インターネットラジオ:30MB
  • 音楽ストリーミングサービス:80MB
  • 最低画質144pのYouTube:81MB(必要速度180kbps)
  • 低画質240pのYouTube:122MB(必要速度270kbps)
  • 普通画質360pのYouTube:239MB(必要速度530kbps)
  • 高画質480pのYouTube:360MB(必要速度800kbps)
  • 一般的な動画の普通画質:450MB(必要速度1Mbps)

※ 1GB = 1000MB (細かいことは気にしない)
※ 低速が必要速度に満たない場合は、動画が途中で止まることがあります。動画によっては必要速度を満たしていてもたまに止まる場合があります。

低速モードを使えば、ギガを結構節約できます。

低速モードはWebサイトの読み込みだと時間を安売りする結果になる

Webサイトなどを見るのに低速モードを使うのは生産的ではありません。

高速データ量の相場は月3GBで900円くらい、1GB300円、1MBで約0.3円、100KBで約0.03円です。

通常のWebサイトを読み込むのに必要なデータ量はキャッシュを考慮して平均500KBくらいです。高速データ通信でWebサイトを見ると、1ページあたりのコストは0.15円です。

500KBのデータを高速データ通信(2Mbps)で読み込みのに、ざっくり2秒(体感値1秒)かかります。200kbpsの低速モードだと20秒(体感値4〜5秒)です。

ざっくりとした体感値から計算すると、0.15円節約するのに4秒の時間を浪費します。単純に時給に換算すると135円です。

時給135円程度の節約になるだけなので、低速モードでWebサイトやメール、Twitter、Facebookなどを見るのは、時間的にコスパが悪いです。

例外:500kbpsが使い放題になるmineoのパケット放題

mineoなら月350円足せば、500kbpsの低速モードが使い放題です。500kbpsなので快適とは言えませんが、それなりに使えて何より安いです。

mineoならデータSIMなら最安で月1050円、通話SIMなら最安で1750円で最大500kbpsが使い放題なので、コスパ的に釣り合うのはmineoくらいです。

低速モードで使えるデータ量

低速モードの中には、低速モードで使えるデータ量に制限がある格安SIMがいくつかあります。

それがOCNモバイルONE、IIJmioとIIJmio系の格安SIM(エキサイトモバイル、イオンモバイルのタイプ1)、LinksMateです。

OCNモバイルONEは契約データ量の半分のデータ量まで

OCNモバイルONEは契約しているデータ量の半分のデータ量まで、240kbpsの速度で低速モードが使えます。

例えば、月3GBを契約している場合は、低速モードで月1.5GBまで使えます。月1.5GBを超えると、低速モードの速度がかなり遅くなります。

※ 月3GBの基本データ容量は低速モードにすると消費されません。低速モードにすると低速用の1.5GBが消費されるだけです。

IIJmioとIIJmio系の格安SIMは3日間で366MBまで

IIJmioとIIJmio系の格安SIMの場合は、低速モードで3日間で366MB以上使うと低速の速度が制限されます。

低速モードを使いすぎて速度制限になってしまった場合、高速データ通信に切り替えれば通常の速度で高速データ通信が使えます。

LinksMateは3日間で300MBまで

低速モードで3日間で300MB以上データを使うと、通信速度がさらに制限される場合があります。この制限が加わるとLinksMateのカウントフリーサービスも速度制限の対象になります。

IIJmioは低速の3日制限に引っかかっても、高速モードに切り替えれば高速データ通信が使えますが、LinksMateは低速の3日制限に引っかかると高速モードにしても高速データ通信は使えません。超低速のママです。

LiksMateだと低速利用で3日間300MBを下回らないと、高速データ通信も高速にならないので注意してください。

3日300MB〜366MBはどのくらい?

低速モードにしてWebサイトやTwitterを見るくらいでは、普通は3日300MBを超えることはありません(頑張れば超えられるくらい)。

ただし、インターネットラジオや音楽ストリーミングサービスを長時間聴く場合は、比較的簡単に超えます。

ラジオや音楽をよく聞く場合は、無制限に低速モードが使える格安SIMを選ぶことをおすすめします。

少しだけ高速データ通信になるバースト転送ができる格安SIM

バースト転送は、低速モードでも最初の0.5秒〜1秒くらい高速データ通信ができるサービスです。

例えば、Webサイトを見る場合、そのページを開いたときに0.5秒〜1秒くらい高速データ通信ができて、その後に低速になります。

実際には秒数ではなく、一定のデータ量になるまで高速データ通信ができて、それを超えたら低速になります。

バースト転送があれば、Yahooくらいの軽いサイトや、Twitterなどは割と普通に見れます(画像の読み込みは遅れます)。

バースト転送量

  • 200KB以上:ロケットモバイル、nuroモバイル
  • 150KB:OCNモバイルONE、イオンモバイルのタイプ2
  • 75KB:IIJmio、mineo、イオンモバイルのタイプ1、エキサイトモバイル
  • あるけどデータ量は不明:BIGLOBEモバイル

※ ロケットモバイルはバースト転送量は多いですが、バースト後の速度は超遅いです。

低速モードが使える格安SIMのまとめ&おすすめランキング

低速モード最強、おすすめNo.1:mineoのパケット放題

mineoの低速モードの詳細

  • 低速と高速を切り替えるアプリあり
  • 低速200kbpsで無制限
  • バースト転送(75KB)があり
  • 月350円のパケット放題オプションで低速500kbpsで無制限に速度アップ

mineoの最安値プランとパケット放題の組み合わせで、データSIMは月1050円で500kbpsが使い放題、通話SIMは月1750円で500kbpsが使い放題です。超割安です。

「ゆるずね。」を使えば、夜間(23時~7時)はギガ消費なしに高速データが使い放題になります。低速をたくさん使う場合、mineoが最高の選択肢です。

mineoの公式サイト

mineoを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&ギガの使い勝手が一番良い格安SIM

おすすめNo.2:UQ mobileのスマホプラン (通話SIMのみ)

UQ mobileの低速モードの詳細

  • 低速と高速を切り替えるアプリあり
  • 月3GBプランは低速300kbps、月10GBプランは低速1Mbpsで無制限
  • バースト転送なし

UQ mobileのスマホプランはデータSIMはありません。通話SIMのみです。

月額料金はmineoよりも高くなりますが、UQモバイルの高速モードならいつでも快適に使えます。月10GBプランだと低速1Mbpsが使い放題なので、動画をたくさん見たい場合におすすめです。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または最大1万9500円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万9500円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバック/端末割引)

UQモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&速度が速くて満足度最高

おすすめNo.3:楽天モバイルUNLIMIT、1年無料で1Mbps使い放題 (通話SIMのみ)

楽天モバイルのUN-LIMIT

楽天モバイルのUN-LIMITなら、楽天回線エリアでギガ使い放題、電話かけ放題、先着300万人まで1年間無料で使うことができます(2年目以降は月2980円)。

※ ギガ使い放題は楽天回線エリアのみ

楽天回線エリアで楽天電波を掴めれば速度も速く快適に使えますが、少し奥まった場所だと電波が弱くなる可能性があります。

パートナーエリアは高速データ通信は月5GBまでですが、使い切っても速度が1Mbps出ます。高速モードをオフにすればギガ消費なしに1Mbpsが使い放題です。

このプランにはデータSIMはありません。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万8000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが8000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

2020年12月8日午前8:59までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのUN-LIMITを徹底解説、料金プランと総合評価&1年無料でギガ使い放題

おすすめNo.4:イオンモバイルのタイプ2 (データSIMのみ)、最安値

イオンモバイルのタイプ2の低速モードの詳細

  • 低速と高速を切り替えるアプリあり
  • 低速200kbpsで無制限
  • バースト転送(推定150KB)があり
  • 高速1GBが480円で安い

月480円で1GBの高速データ通信が使えるので、普段は低速200kbpsで節約して、たまにアプリのダウンロード等で高速データを消費する感じで使います。

イオンモバイルのタイプ2は通話SIMはありません。データSIMのみ受け付けています。

イオンモバイルの詳細評価

おまけ:raidko、ポケモンGO、アプリのダウンロードについて

低速モードでradikoが聴ける?

普通のラジオだと雑音が多少入りますが、インターネットラジオなら雑音がありません。超クリアな音でラジオが聞けます。

radikoで使うデータ量は1時間30MB

radikoでラジオを聞くと1時間で約30MBのデータを消費します。低速モードでも再生できます。

1MBで約0.3円の節約になるので、1時間低速モードでradikoを聴けば9円節約できます。

格安SIMの低速が100kbpsくらい出ていれば、radikoは再生できるので、平日昼を含めてほとんどの時間帯で再生できます。

radikoを聴いている時に、サイトの閲覧などはできる?

低速モードでradioを聴いている時も、だいぶ遅いですが軽いサイトの閲覧程度なら、なんとか見れる程度です(あまりお勧めはできません・・)

UQ mobileのスマホプランSは低速モードでも300kbps出るので、radikoを聴きながらWebサイトを見たりなども、そこそこ普通にできます。

BIGLOBEモバイルなら高速データ通信を使いながらradikoを無制限に聴ける

通常、低速モードにすると全ての通信が低速になります。低速無制限でradikoを聴きながらWebサイトを見たい場合、Webサイトも低速での読み込みになってしまいます。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら、エンタメフリー用の通信速度と高速データ通信用の通信速度を同時に使えます(Webサイトの読み込み分は通常のデータを消費します)

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説&YouTube見放題

低速モードでポケモンGOは遊べる?

低速モードでポケモンGOで遊ぶことができます。ただ、ポケモンGOはデータほ少ししか使わないので、低速モードにしてもほとんど節約になりません。

ポケモンGOを遊ぶのに必要なデータ量は1時間10MBくらいです。低速モードで遊ぶと1時間で約3円の節約になります。

ただし、快適には遊べないので低速モードでポケモンGOはやらないほうがいいです。ポケモンが表示されるのに時間が少しかかったり、ポケモンを捕まえる時にポケボールが停止したりします。

ポケモンGOを格安SIMや格安スマホでやる上での注意点のまとめ

低速モードでアプリをダウンロードできる?

低速モードでもアプリのダウンロードはできますが、時間がかかるのでおすすめではありません。

平均的なアプリのデータ量は50MBです。200kbpsの低速でダウンロードすると33分かかります。UQモバイルのような1Mbpsの低速なら6分くらいでダウンロードできるので何とか実用の範囲内です。

低速モードでアプリをダウンロードしようとするくらいなら、コンビニに行って無料のWiFiでアプリをダウンロードすることをおすすめします。

無料のWiFiスポット

格安SIMと格安スマホのための無料のWiFiスポットのまとめ、ギガ消費無しでスマホやパソコンが使い放題

最終更新日 2020年9月27日 / 作成日 2016年8月16日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

4.7 7
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
41 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
hi
hi
2020年10月16日 10:07 AM

とても素晴らしい記事ですね。凄く参考にさせて頂きました。私の悩みがありまして、相談させて下さい。

・iPhonese2
・wifiあり
・月3GB以内
・通話はお店予約になんだかんだかなり電話します(平均9分/1回)
・simフリー
・月3500円が月額
使用状況です。

以上に伴い、節約モードを切り替える使用がメインとなります。
そうなると
・mineo
・UQ
になるわけですが…。

UQ
・速度安定
・通話かけ放題がアプリいらず
・エントリーパッケージあり、キャッシュバックもあり
・低速300メガ
・3000円位
mineo
・低速500メガ+プチバースト
・限定オファー使えば手数料なし
・半年700円位割引キャンペーン
・月額3000円

どちらも月額は同じ料金なのですよ。一昨日から悩んでてどうにも答えが出なくて。
mineoは、低速が少し早いけど、元々の電波が不安定なら結果きっと300メガしか出ないだろうし。
UQは速度安定してても最大300メガはやっぱり気になる。
キャッシュバックも見逃せない。

とっちがいいんでしょうかね?

まこ
まこ
  hi
2020年10月30日 7:46 AM

スマホの格安SIMに
①OCNモバイルONE→②楽天モバイル→③DMMモバイル→④LINEモバイル
を使用してきました。

スマホのネット回線は
「しっかりした速度の低速のみで十分。なるべく安く。」と思ってますが、いつの間にか「HISモバイル月100MB 198円プラン」と言うのができたそうで、「しっかり速度が出るなら、LINEモバイルから移ろう」と考えて、調査にお邪魔しました。^_^

HISモバイルの低速モード性能について、説明はないみたいですけど、ぜひ、調べて紹介していただきたいと希望いたします。^_^

らんらん
らんらん
2020年10月8日 7:21 PM

mineoのバースト機能は、75kBです。
公式に記載があります

るんるん
るんるん
  格安SIMの管理人
2020年10月18日 7:12 PM

“No.1 mineo”の欄にまだ
“ バースト転送(転送量不明)があり”との誤記があります

ジークイオン
ジークイオン
2020年6月5日 1:52 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

モバイル通信の会社は、契約者が高速データ通信を使いきったかどうか(ギガを使いきった)判断をどのように行っているのでしょうか?

私が今契約してる イオンモバイル通話SIM docomo回線は、高速データ通信を使いきると、即低速に切り替わります
「高速・低速切り替えアプリで管理してるのか?」
と思い、アプリをアンインストールしても同じでした

ところが、以前契約してたSoftBank通話SIMの場合
深夜2時過ぎくらいだと、高速データ通信を使いきっても、高速で繋がり続け、朝8時過ぎくらいに、
「高速データ通信使いきってますんで、低速に切り替えます」とのメールが届き、低速になりました
高速1ギガの契約でしたが、8ギガ位使えた事もありました
もちろん日中だと、もっと敏速に切り替わります
何か人力で切り替えてるような感じがします

trolyn
trolyn
2020年5月20日 1:48 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

 serversman sim LTE(600円で表向き600kbps)を8か月程使用しています。深夜帯am2時~4時頃までは800kbps程度出るのですが、その他の時間帯は10kbps~40kbpsしか出ません。googleの最初の検索画面がタイムアウトエラーになるほどです。また、深夜帯でもPDFの表示はできません。途中まで読み込みますが、最終的には接続エラーになるので、途中で切られている印象です。正直なところ全く使い物になりません。色々なページで高速で安定しており間違いなくおススメと書かれているのが不思議でなりません。ただし、時間をかければテキストのみのページは表示できます、そんなサイトほとんどありませんが。
 そこで、管理人様のサイトを参考にさせて頂き、mineoのパケット放題と楽天、UQモバイルの3ギガと無制限を検討しているのですが、どれが一番おススメでしょうか。できれば、金額は2千円代までに抑えたいです。
 ちなみに、7Gb(wifi)は10日前後で通信制限になりました。

ナナシ
ナナシ
  trolyn
2020年5月20日 3:44 PM

今の使用状況から考えるとmineoのパケット放題でしょうか?
一番安価です
ひと手間かければ(ゆずるね。10日達成)で
夜間高速フリー(23~7時)にもなります
mineoは良くも悪くも管理人さんも注目してますね

ジークイオン
ジークイオン
2020年4月18日 5:35 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

一月程前に、SoftBankのキャンペーン切れの為、最安にこだわりイオンモバイルに乗り換えました
高速データ通信は、SoftBankもイオンもさほどかわりませんが、低速モードはバーストのせいもあるのでしょうが、イオンかなり早く感じます
スピードテストしてみると、240kbps出てました
低速三日間で366MB使って速度制限にかかると、40kbpsまで堕ちました
更に、低速等充実の格安SIMが有ることを、ここで勉強させて頂きました、ありがとうございます
イオンは店舗でのサービスが売りですが、コロナでイオンモール閉鎖されちゃったのが痛いですね

名無し
名無し
2020年4月16日 6:28 PM

楽天モバイルUN-LIMITはローミングエリアでのみ高速/低速の切り替えが可能です。
マイ楽天アプリより切り替え出来ますよ。
また、今はないですが、MVNOの時も楽天モバイルアプリから切り替えが出来てました。

aochan
aochan
2020年3月31日 3:36 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

NHK らじるらじる youtube 低画質
web 閲覧 を 低速で 10 GB / 月
OCN mobile で 使っていました。
しかし更新して頂いたように 制限され
使えなく なりました。
DMM モバイル は 3 日制限で 使えなく なります。
Mineo か Aeon 2 あるいは exite モバイルを 検討しています。

うーたん
うーたん
2020年3月22日 9:43 PM

OCNモバイルoneの低速モードは、新コースの場合は容量使うので、3日程度で超低速の制限がかかってしまい使い物になりませんでしたね。

ぼたもち
ぼたもち
2020年3月18日 3:37 PM

最近解約してしまいましたが、LineモバイルSoftBank回線の低速は200Kbps出ましたよ。
バースト無いので微妙でしたが。

棚ぼた戦車
棚ぼた戦車
2020年2月29日 2:54 PM

毎日見てます。有用な記事ありがとうございます。質問ですがBIGLOBEモバイルにバースト転送機能があるというのは、どこ情報になりますか?今1枚使わせて頂いていて、2枚目を親のために低容量で契約予定ですがバースト転送あるとこから選ぼうと思っています。いま自分で試せればよいのですが、なかなか使い切ることが無くて。。

おうみん
おうみん
2020年2月24日 3:13 PM

「radikoを低速モードで使う」 以前mineoを使っていた頃には問題なく使えていたのですが、「例の件」でIIJmioに移った後は同じ設定で使っていてもバッファで切れることが時々あり、低速モードで使うのを止めました。(なお、IIJにはある「低速モードでのデータ量制限」には引っかかったことがありません) おま環の可能性もあるのでしょうけど

y.h
y.h
2020年2月22日 9:59 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

旧DTI現在トーンモバイルのServersMan SIM LTE(旧元祖ワンコインSIM)が低速500-600kbpsで
使えるようですが月額600円と安すぎる値段設定のため、いろいろ(総量規制、動画サイト規制等)な
制限があるようです、利用したことがないのでわかりませんが
https://dream.jp/svmsim/

通常の3倍の名無し
通常の3倍の名無し
  y.h
2020年2月23日 9:07 AM

そこ変な規制多いからストレスたまりますよ。
艦これはダメだけど、エロ画像系のサイトだと20メガとか平気で出ます。
ニコニコ静画がダメでpixivが爆速だったり。
昔はWindowsUpdateなんかも速かったけどこれは規制された。win10の大型アップデートも2ギガ位までは爆速でダウンロード。

あと通信の最適化って言うんでしょうか。
UQで落とした画像と、ServersManで落とした画像の容量が結構違いましたね。
マイネオなんて目じゃない位露骨に低画質にされてました。

y.h
y.h
  通常の3倍の名無し
2020年2月23日 2:04 PM

回答ありがとうございます、やはり規制かけられているサイトやアプリが
多いのですね、WEBサイト閲覧メインでも最適化で画質が落ちるのでしたら
ちょっと気になる人には不向きかもしれません。
雑誌付録から4年以上利用していました0SIMが終了しますので、どうしようか
思案中ですが、WEB閲覧のみでしたらそのままNUROのお試し200MBでいかな?
とは思っていますが、ロケットモバイルやほとんど使わないのでHISモバイル
なども検討中です。

y.h
y.h
  格安SIMの管理人
2020年2月24日 9:07 PM

ありがとうございます、とりあえず0SIMはNUROお試し200MB/月
に無料で乗り換えて、もうひとつのたまに使うサブの古い端末
SH04Eに入れて使ってみます。
使い勝手が悪ければまた検討すると思いますが、今の使い方
でしたらNUROは低速のバーストもあるみたいですので
多分大丈夫な気がします。

通常の3倍の名無し
通常の3倍の名無し
  y.h
2020年2月24日 11:35 PM

キチンと検証はしていないので体感であることと、改悪されている可能性もある前提ですが、スマホで出来る事は割と自由に出来ます。
そして速いのは深夜のみです。
艦これやニコニコ静画(画像サイトです)辺りはURLでブロックされているのかも。
DMMやらsmilevideoなんてとりあえず拒否りそうですし。
マンガアプリのマガポケは不自由なく動きます。
レイヤーの小遣い稼ぎサイト。
ファンティアの200メガぐらいの動画も下り30メガ位でダウンロードできました。
グーグルマップ、ヤフーカーナビも問題なく。
OneDriveというクラウドアプリを使ってのアップロードも速かった。
スマホ利用で不自由したのは艦これ、You Tube、アプリ更新位。
スマホ本体のファームウェアアップデートはわかりませんが。

とりあえずそこまで負荷にならなく外でも頻繁に操作する艦これが駄目な時点で私には合いませんでした。
艦これ規制してYou Tube規制もしているのに、画像系のエロサイトとかそれ以外の動画は爆速で規制素通りなのも不信感マシマシ。
どこもこのシムについて解説していないので詳しく人が分かりやすく検証結果を出してくれると回覧者増えそうですよ。

「低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道、ギガを消費せず賢く節約する方法」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント