[一括1円]ワイモバイルのAQUOS wishのレビュー!SIMフリーの違いとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (6) / 関連:格安スマホ更新順(69)

ワイモバイルのAQUOS wishをレビューします。

AQUOS wishは、楽天モバイル、UQモバイル、au、SIMフリー版でも販売していますが、対応バンドが少し違うだけで、中身は同じです。

定価は3万円近くしますが、楽天モバイルなら実質10,800円、UQモバイルに乗り換えるなら7,480円、ワイモバイルは実質0円以下でAQUOS wishが手に入るキャンペーンをしています。

AQUOS wishのレビューとキャンペーン情報
AQUOS wish評価(5段階)
処理能力・ゲーム性能 3.5
カメラ性能(推定) 3.0
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯ | DSDV ◯

AQUOS wishの性能は、Snapdragon 480 6G、RAM4GB、ROM64GB、電池容量3730mAh、画面5.7インチ(低解像度)、カメラ1300万画素(F値2.0)、重さ162グラム、耐衝撃対応です。

ここではAQUOS wishの詳細スペックと、楽天モバイル/UQモバイル/ワイモバイル/SIMフリー版の違いとキャンペーン情報、そして性能をレビューします。

ワイモバイルではAQUOS wishが乗換なら1円です(SIMまたはeSIMの契約が必要)。さらに新どこでも特典でPayPay最大3000円がもらえます。

ワイモバイルのAQUOS wishの詳細と申し込み

ワイモバ実質価格 (事務手数料無料)
・乗換:1円-PayPay3,000円 = 実質△2,999円
・新規:4,980円-PayPay3,000円 = 実質1,980円
・ワイモバユーザの機種変:14,760円

※ ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイルからの乗換は21,960円

AQUOS wishをざっくりレビューすると、安価で性能は普通レベルだけど長く使えるスマホです。

格安スマホおすすめ機種ランキングと性能比較

※ 料金は全て税込価格

価格とキャンペーン情報

AQUOS wishはワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイル、SIMフリー版でIIJmioとOCNモバイルONEで販売しています。送料無料です。全てSIMフリーです。

格安SIMとセットにAQUOS wishを買うと、ポイント還元や大幅割引で買えるキャンペーンをしています(SIMまたはeSIMの契約が必要)

ワイモバイル

ワイモバイルのAQUOS wishの価格は21,960円で最安値です。さらに新規または乗り換えなら、最大21,959円の割引が適用されます。

ワイモバイルの実質価格(事務手数料無料)

  • 乗り換え:1円-PayPay3000円= 実質△2,999円
  • 新規契約:4,980円-PayPay3000円= 実質1,980円
  • ソフトバンク系列から乗り換え:21,960円-PayPay3000円 = 実質18,960円
  • 機種変更:14,760円

ワイモバイルを申し込む前に新どこでももらえる特典にエントリーすると、PayPay最大3000円がもらえます。

シンプルMで契約して、すぐにシンプルSにプラン変更した場合でも、シンプルMのPayPay最大3000円の特典がもらえます。

ワイモバイルのAQUOS wishの詳細と申し込み

ワイモバイルのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

※ キャンペーン終了日は未定
※ シンプルSで契約すると機種代金が+3,959円
※ オンライン限定価格 (店舗だと値上がり)
※ ソフトバンク系列:ソフトバンク、LINEMO、LINEモバイルなどのソフトバンクMVNO

UQモバイル

UQモバイルのAQUOS wishの価格は26,180円ですが、「UQ mobile オンラインショップ おトク割」キャンペーンで最大22,000円引きで買えます。

UQモバイルはauまたはpovo1.0からの乗り換え以外は、事務手数料3,300円がかかります。

UQモバイルの実質価格

  • 新規:15,180円+事務手数料3,300円 = 18,480円
  • 乗換:4,180円+事務手数料3,300円 = 7,480円
  • auから番号以降:26,180円
  • 機種変更:26,180円+事務手数料3,300円 = 29,480円

新規・乗換の場合、無料の増量オプションIIとセットで申し込まない場合は、機種代金が4,400円アップします。

※ キャンペーン終了日は未定
※ オンライン限定価格です。店舗だと値上がりします

UQモバイルのAQUOS wishの詳細と申し込み

UQモバイルのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

IIJmio

IIJmioではSIMフリー版のAQUOS wish SH-M20を28,480円で販売していますが、他社からの乗り換えなら8,980円で買えます。

※ IIJmioは初期費用が1650円、SIM発行手数料でドコモ回線は433円(タイプD)、au回線は446円(タイプA)がかかります

お得に契約!IIJmioのキャンペーン詳細 [2022年] 初期費用無料は要注意

IIJmioではキャンペーンで初期費用3300円が半額、月額料金が6ヶ月間440円割引、通話定額オプションが7ヶ月間410円割引です。

乗り換えなら格安スマホやiPhoneが大幅割引セールを行っています。2022年10月31日までのキャンペーンです。(端末割引は10月3日まで)

IIJmioのAQUOS wishの詳細と申し込み

IIJmioのデメリットとメリット&ギガプランの料金の総まとめ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEではSIMフリー版のAQUOS wish SH-M20を28,100円で販売しています。この他に初期費用で別途3,733円がかかります。

OCNモバイルONEでは不定期にさらに安く買える激安セールをしている場合があるので、詳細は下記をご確認ください。

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種【2022年最新】人気端末セール

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種を徹底解説します。OCNモバイルONEでは人気スマホが大幅割引で買えるキャンペーンを不定期に行っています。

キャンペーン機種
・OPPO Reno7 A:24,200円
・Xiaomi 11T Pro:37,500円
・moto g31:乗換2,002円
・iPhone SE 第3世代 128GB:39,215円
・その他多数

Xiaomi Pad 5とMi 11 Lite 5Gのセットが52,553円の激安価格で販売しています(実売価格103,500円)

2022年10月12日までのキャンペーンです。※初期費用3733円が別途かかります

OCNモバイルONEのAQUOS wishの詳細と申し込み

OCNモバイルONEのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

楽天モバイル(在庫なし注意)

楽天モバイルのAQUOS wishの価格は29,800円ですが、1万6000円割引が適用されて、初めの楽天モバイルの契約なら3,000ポイントがもらえます。

楽天モバイルの実質価格(事務手数料無料)

  • 新規/乗換;29,800円 – 16,000円割引 – 3,000ポイント = 実質10,800円
  • 機種変更:29,800円

楽天モバイルのAQUOS wishの詳細と申し込み

楽天モバイルのデメリットとメリット&料金プランの総まとめ

AQUOS wishの詳細スペック

製品名AQUOS wish
CPUSnapdragon 480 5G
RAM4GB
ROM64GB
ベンチマークAntutu V9:推定290,000 (GPU 65,000)
ディスプレイ5.7インチ
解像度1520 ×720 HD+ / TFT / 画面比率19:9 / リフレッシュレート60Hz
背面カメラ1300万画素(F値2.0)
前面カメラ800万画素(F値2.0)
電池容量3730mAh、急速充電対応(130分)
サイズ147 × 71 × 8.9mm
重さ162グラム
本体カラーオリーブグリーン、アイボリー、チャコール
発売日2022年1月14日(UQモバイル)、1月21日(楽天モバイル)、1月28日(ワイモバイル)
価格UQモバイル:26,180円、楽天モバイル:29,800円、ワイモバイル:21,960円、SIMフリー版:34,540円 (キャンペーンで割引)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯(側面) | 顔認証 ☓ | 5G ◯ | eSIM ◯

その他の性能:Android 11(2年間のOSアップデート保証、最大2回)、SIMフリー、外部マイクロSD(最大1TB)、USB Type C、Bluetooth 5.1、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、NFC対応、耐衝撃対応(MIL規格対応)、簡易留守録(伝言メモ)対応

SIMカード:ナノSIM+eSIMのDSDV対応

AQUOS wishの主な非対応機能:フルHD画質、有機EL、顔認証、デュアルスピーカー、ワイヤレス充電

付属品:クイックスイッチアダプターのみ (充電器と充電ケーブルの付属なし)

対応バンドは「楽天モバイル/UQモバイル/ワイモバイル/SIMフリー版の違い:対応バンド

AQUOS wishのレビュー

※ AQUOS wishを購入して入っているのは、AQUOS wish本体とデータ移行に使うクイックスイッチアダプターだけです。USBケーブルやUSB充電器は入っていません。

CPU性能:比較的高性能

AQUOS wishのCPUは、Snapdragon 480 5Gです。最近の格安スマホの多くに搭載されているCPUですが、比較的高性能です。

普通の使い方なら特に不満なく使えます。

大抵のゲームも普通に遊べます。ただ、スマホゲームの中には重いゲームもあるので、どんなゲームでも快適に遊びたい場合は、より高性能なCPUを搭載しているスマホが必要です。

2022年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:870、888、8 Gen1、8+ Gen1
Google:Tensor
iPhone:12シリーズ、SE 第3世代、13シリーズ、14、14Plus、14Pro、14Pro Max
高性能
Snapdragon:845、778G、780G、855、860、865
MediaTek:Dimensity 1200-Ultra(Snapdragon 865と同じくらい)
Galaxy:Exynos1280(スナドラ845と同じくらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、750G、695 5G、765G、835
MediaTek:Dimensity 700(スナドラ480と同じくらい)、800U
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:7
低性能
Snapdragon:630、632、650、636
MediaTek:Helio G37
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
最底辺
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Helio P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

画面:5.7インチで低解像度

AQUOS wishは5.7インチでHD+の低解像度です。有機ELにも対応していません。

画面サイズが大きい場合は、解像度が低いと画面の粗さが目立ってしまいますが、5.7インチくらいならHD+の解像度でもほとんど気になりません。

動画やネットだと画質の粗さは気づきませんが、ゲームだと少し画質が荒く感じます。ゲームを楽しみたい場合は、低解像度のAQUOS wishはおすすめではないです。

電池持ち:比較的良く、3年使っても劣化しにくい

AQUOS wishは5.7インチの低解像度で電池容量は3730mAhなので、電池持ちが比較的良いです。

普通の使い方なら余裕で1日以上持ちます。

さらにAQUOS wishはインテリジェントチャージ機能で最大充電量を90%にできます。

100%の充電にすると電池の劣化が進みます。90%までにすることで長期間使い続けても電池のヘタレが少なく、電池持ちよく長く使えます。

※ 電池の劣化を無視して100%の充電量にしたい場合は、SHARPの公式サイト:【AQUOS wish】充電が90%以上あがらないを参考にしてみてください。

耐衝撃対応で壊れにくい

AQUOS wishの対衝撃性能

AQUOS wishは高さ1.22mから合板(ラワン材)に26方向で落下させる試験に合格しているので、落としても壊れにくいです。

他にも17項目の耐久性の試験にクリアしています。耐久試験の内容については下記をご確認ください。

AQUOS wishのオンラインマニュアル:防水/防塵/耐衝撃性能に関するご注意

カメラ性能:普通

AQUOS wishのカメラ性能
・背面カメラ:1300万画素(F値2.0)
・前面カメラ:800万画素(F値2.0)

カメラ性能は普通です。普通の明るさの場所で写真を撮る場合は、他のスマホと比べても普通に撮れます。ズームも2〜3倍程度なら特に問題ないです。

夜景、薄暗い場所、逆光など明暗が激しい場所、高倍率のズームなどは、AQUOS wish程度のカメラ性能では画質が悪くなります。そういったシーンで撮りたい場合は、より高額でカメラ性能の良いスマホが必要です。

指紋認証対応(側面)、顔認証は非対応

AQUOS wishの指紋認証センサー

AQUOS wishは側面に指紋認証センサーがあります。顔認証には対応していません。

防水・おサイフケータイ・2年間のOSアップデート対応

AQUOS wishは防水・おサイフケータイ・2年間のOSアップデート対応です。

充電器は入っていない

AQUOS wishには充電器や充電ケーブルは入っていません。

大体の人は持っていると思いますが、持っていない場合は下記のようなものを買っておけば良いです。

Amazon:USB充電器 Type-C 急速充電

総合評価:特にこだわりがない人が、安く長く使うスマホ

AQUOS wishは、スマホにこだわりがない人におすすめの機種です。

AQUOS wishは普通に使えますが、高性能ではありません。

撮影環境が悪くてもきれいな写真を撮りたい、もっとゲームを快適に遊びたい、スマホをたくさん使いたい、そんな場合はより高性能で価格が高いスマホが必要です。

それなりに使えて、できるだけ長く安く使えれば良い場合は、落としても壊れづらく、電池が劣化しづらく、OSも2年間で最大2回アップデートしてくれて、安価なAQUOS wishがおすすめです。

※ 普通程度に使うくらいなら4年くらい使えそうです

楽天モバイル/UQモバイル/ワイモバイル/SIMフリー版の違い

AQUOS wishは楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル、SIMフリー版でIIJmioとOCNモバイルONEで販売していますが、違いは対応バンドとVoLTE対応です。

対応バンドの違い

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル、SIMフリー版で対応バンドが微妙に違います。

楽天モバイル版のAQUOS wishの対応バンド

  • 5G(Sub6) : n3(1.8GHz)/n28(700MHz)/n77(3.8GHz)/n78(3.6GHz)/n79(4.7GHz)
  • 5G(ミリ波) : 非対応
  • FDD-LTE : B1/2/3/5/7/8/18/19/28
  • TDD-LTE : B38/39/41
  • UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/5/6/8/19

UQモバイル版のAQUOS wishの対応バンド

  • 5G(Sub6) : n28(700MHz)/n77(3.8GHz)/n78(3.6GHz)
  • 5G(ミリ波) : 非対応
  • FDD-LTE : B1/3/8/18/19
  • UMTS(WCDMA/3G) : B1/8

ワイモバイル版のAQUOS wishの対応バンド

  • 5G(Sub6) : n3(1.8GHz)/n28(700MHz)/n77(3.8GHz)/n78(3.6GHz)
  • 5G(ミリ波) : 非対応
  • FDD-LTE : B1/2/3/5/7/8/12/17/18/19
  • TDD-LTE : B38/39/41
  • UMTS(WCDMA/3G) : B1/5/8

SIMフリー版のAQUOS wish SH-M20の対応バンド

  • 5G(Sub6) : n3(1.8GHz)/n28(700MHz)/n77(3.8GHz)/n78(3.6GHz)/n79(4.7GHz)
  • 5G(ミリ波) : 非対応
  • FDD-LTE : B1/2/3/5/7/8/18/19/28
  • TDD-LTE : B38/39/41
  • UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/5/6/8/19

対応バンドによって他社のSIMでの電波の掴みが変わりますが、楽天/UQ/ワイモバ/SIMフリーのAQUOS wishの対応バンドの差異は、他社で使う場合でも電波の掴みは問題ないです。

※ ドコモの5Gを使う場合だけ、n79に対応している楽天モバイル版とSIMフリー版が少し有利です

VoLTE対応の違い

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルともに自社のVoLTE対応しか記載していませんが、ほぼ確実に他社のVoLTEにも対応していると思われます(95%くらい確実)

楽天モバイル版のAQUOS wish
楽天モバイルのVoLTE:対応
・ドコモのVoLTE:対応不明
・auのVoLTE:対応不明
・ソフトバンクVoLTE:対応不明

UQモバイル版のAQUOS wish
・楽天モバイルのVoLTE:対応不明
・ドコモのVoLTE:対応不明
auのVoLTE:対応
・ソフトバンクのVoLTE:対応不明

ワイモバイル版のAQUOS wish
・楽天モバイルのVoLTE:対応不明
・ドコモのVoLTE:対応不明
・auのVoLTE:対応不明
ソフトバンクのVoLTE:対応

SIMフリー版のAQUOS wish
・VoLTEの記載なしですが、ぼぼ確実に楽天/ドコモ/au/ソフトバンクのVoLTE対応

使える格安SIMの違い

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルのAQUOS wishはSIMフリーなので、そのままで他社のSIMまたはeSIMが使えます。

他社のVoLTE対応が不明ですが、ほぼ確実に対応していると思われ、その場合は全ての格安SIMで使えます。

SIMフリー版のAQUOS wish SH-M20は、ほぼ確実に全ての格安SIMで使えます。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno7 A
    • 見た目が良くて、電池持ちも良い。40,000円、6.4インチ、CPU Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ175g、電池容量4500mAh、防水、おサイフケータイ
  • OPPO Reno5 A
    • コスパが良く高性能。カメラ性能も良い。35,000円、6.5インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ182g、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ
  • Mi 11 Lite 5G
    • 薄型軽量で高性能。40,000円、6.55インチ、CPU Snapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.79)+超広角800万画素(F値2.2)+テレマクロ500万画素、重さ159g、電池容量4250mAh、おサイフケータイ
  • AQUOS sense6
    • 長く使える。40,000円、6.1インチ、CPU Snapdragon 690、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+望遠800万画素(光学2倍)、重さ156g、電池容量4570mAh、防水、おサイフケータイ、耐衝撃
格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年8月2日 / 作成日 2022年1月29日
5 1
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

6 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ぱんな
ぱんな
2022年9月9日 10:54 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

以前に、ワイモバイル版のHuawei P30liteを購入し、デュアルSiMで使用しようとしましたが、スロットは2つあるのに結局1つのSiMしか使えませんでした。
それで、ワイモバイル版のスマホは要注意な気がしてしまうのですが、こちらのAQUOS WISHは、eSiMとnano SiMのデュアルSiMですよね。それならばデュアルSiMとして機能するでしょうか?
ご存知でしたらお聞きしたいです。

名無し
名無し
2022年2月2日 4:40 PM

この機種の影響でsense Basic系が今後出てくるのかが気になりますね

Basicはノーマルからのコストカット部分(RAM容量、カメラ、指紋認証等)
はありますがハイレゾ対応、ディスプレイ品質、防水規格は変わらず
安価であったのでサブスマホ用には当たり機種と思ってました

ゴランノスポンサー
ゴランノスポンサー
2022年1月30日 9:12 AM

今でも3年前発売でスナドラ636のZenfone5が普通に使えるし、これも2~3年は問題なく使えそう。
というかAntutuのベンチマークスコアで10万点ぐらい水をあけられてるw

「[一括1円]ワイモバイルのAQUOS wishのレビュー!SIMフリーの違いとキャンペーン情報」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント