※ 本ページは広告を含みます

ワイモバイルのAQUOS wish3のキャンペーン価格と違い【3980円スマホ評価】

ワイモバイルではAQUOS wish3が大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

通常価格21,996円ですが、他社からの乗り換えなら一括3,980円、新規契約だと13,400円です。機種変更でも実質4,800円で買えます。オンラインストアなら事務手数料や送料も無料です。

ワイモバイルのAQUOS wish2とwish3の詳細

処理能力・ゲーム性能 3.0
カメラ性能(推定) 2.5
画面の大きさ 3.5
電池持ち 4.0
軽さ 4.5

AQUOS wish3 防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ☓ | 顔認証 ◯(マスク対応) | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

この記事では、ワイモバイルのAQUOS wish3とwish2とwishのスペックの違いとキャンペーン価格、毎月かかる料金と評価レビューを徹底解説します。

wish3、wish2、wishの違いはあまりないです。スマホに特にこだわりがない人で、コンパクトなスマホを安く使いたい場合におすすめの機種です。

ワイモバ価格(事務手数料無料&送料無料)
・乗り換え:3,980円
・新規契約:13,400円
・機種変更:実質4,800円
・ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗換:21,984円

さらに新どこでももらえる特典で最大6000円のPayPayがもらえます。

ワイモバイルのAQUSO wish3の詳細と申し込み (ヤフー店)

ワイモバイルのおすすめ機種ランキングと端末評価 [2024年5月最新]

ワイモバイルのAQUOS wish3とwish2とwishの詳細スペックと違い

製品名AQUOS wish3AQUOS wish2AQUOS wish
CPUDimensity 700Snapdragon 695 5GSnapdragon 480 5G
RAM4GB LPDDR4X
ROM64GB UFS 2.1
ベンチマーク(Antutu V9)推定300,000
(GPU 60,000)
推定350,000
(GPU 80,000)
推定280,000
(GPU 65,000)
ディスプレイ5.7インチ
解像度1520 ×720 HD+ / TFT / 画面比率19:9 / リフレッシュレート60Hz
背面カメラ1300万画素(F値2.0)
前面カメラ500万画素(F値2.0)800万画素(F値2.0)
電池容量3730mAh、急速充電対応(130分)
連続待受630時間570時間
サイズ147 × 70 × 8.9mm147 × 71 × 8.9mm
重さ161グラム162グラム
本体カラーグリーン、ホワイト、ブラック、ピンクオリーブグリーン、アイボリー、チャコール
対応バンド5G: n3 / n28 / n77 / n78 / wish3のみn79対応
4G : B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 38 / 39 / 41
3G : B1 / 5 / 8
認証顔認証(マスク対応)指紋認証(側面)
発売日2023年7月2022年6月2022年1月
Android OS13 (14へアップデート可)12 (14へアップデート予定)11 (13へアップデート可)

防水 ◯ | おサイフケータイ ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯ (物理SIM1枚)

その他の性能:SIMフリー、外部マイクロSD(最大1TB)、USB Type C、Bluetooth 5.1、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、NFC対応、耐衝撃対応(MIL規格対応)、簡易留守録(伝言メモ)対応

デュアルSIM:ナノSIM+eSIMのDSDV対応

AQUOS wish3とwish2の主な非対応機能:フルHD画質、有機EL、デュアルスピーカー、ワイヤレス充電

付属品:クイックスイッチアダプターのみ (充電器と充電ケーブルの付属なし)

AQUOS wish3とwish2とwishの違い

ワイモバイルのAQUOS wish3とwish2とwishの主な違いは、wish3が顔認証対応で指紋認証非対応、wish2とwishは顔認証非対応で指紋認証対応な点です。

CPUの性能はAQUOS wish2のSnapdragon 695 5Gが良いですが、体感差はあまりありません。いずれも普通に使える性能です。自撮り用の前面カメラはAQUOS wish3が500万画素で一番劣っています。

Android OSは、AQUOS wish3がAndroid 15まで、wish2がAndroid 14まで、wishがAndroid 13までの対応になると思われます。

ざくり評価すると、大きな違いはないので安さで選ぶのがベターです。

ワイモバイルならAQUOS wish2とwishは終売したので、安くてコンパクトなAndroidスマホを検討している場合は今はwish3が選択肢になります。

ワイモバイルのAQUOS wish3のキャンペーン価格

ワイモバイルのAQUOS wish3のキャンペーン価格

ワイモバイルのオンラインショップで申し込むと、他社から乗り換えでAQUOS wish3が一括3,980円で買えるキャンペーンを行っています。

ワイモバイルショップ(店舗)でも申し込めますが、機種代金と事務手数料が異なります。

ワイモバイルは店舗で申し込むと事務手数料として3,850円かかりますが、オンラインショップなら事務手数料無料で送料もかかりません。

ワイモバイルのAQUOS wish3の詳細と申し込み

オンラインショップなら乗り換えで一括3,980円(新規は13,400円)

ワイモバイルのAQUOS wish3の販売価格は21,984円ですが、新規契約または他社からワイモバイルに乗り換える場合は、大幅割引で買えます。

AQUOS wish3の機種代金
・乗り換え:3,980
・新規契約:13,400円
・ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗換:21,984円

さらに、最大6,000円相当のPayPayがもらえます。

購入前のクーポン獲得でPayPay最大6,000円還元

ワイモバイルのAQUOS wish3を申し込む前に「新どこでももらえる特典(どこでも特典)」でクーポンを獲得すると、PayPay最大6000円相当がもらえます。(一定期間内にPayPay利用が必須です)

ワイモバイルを申し込む前に「新どこでももらえる特典」にエントリーすると、PayPayが最大6000円がもらえます。新規・乗り換え特典です。機種変更は対象外です。

  • シンプル2 S:PayPay最大500円
  • シンプル2 M/L:PayPay最大6,000円

新どこでももらえる特典のクーポン獲得はこちら

ワイモバイルの新どこでももらえる特典と6000円の増額対象の詳細

ワイモバイルを申し込んだ後ではクーポンはもらえないので注意してください。

Sで十分でもMでの申し込みがお得

シンプル2 Mで契約して、Sにすぐにプラン変更してもMの端末価格と特典が適用されるので、Mで契約するのがおすすめします。

※ 機種変更は新どこでも特典はもらえません

機種変更なら実質4,800円

ワイモバイルの機種変更の詳細

ワイモバイルユーザは下記の限定サイトから機種変更すれば、AQUOS wish3が14,800円で買えるのに加えて、PayPay10,000円相当がもらえます。

実質4,800円でAQUOS wish3が手に入ります。機種変更はS/M/Lで端末価格は変わりません。

AQUOS wish3の機種変更はこちら

Sだと機種代が約4,000円アップ (プラン変更OK)

ワイモバイルはシンプル2 Sで契約すると、機種代金が4,000円高くなります。

Sで十分な場合でも、Mで契約して、開通後にSにプラン変更することをおすすめします。Mの機種代金で購入できます。

料金プランはSよりMのほうが最大月1650円高いですが、初月は日割りなので負担額は少なくなります。(※機種変更やソフトバンクからの乗り換えの場合、S/M/Lで機種代金は変わりません)

ワイモバイルのプラン変更の仕方

ワイモバイルショップは店舗によって機種代金が変わり割高

ワイモバイルショップでもワイモバイルを申し込むことが出来ますが、店舗によって機種代金が変わります。

ほとんどの場合でネットで申し込むよりも5000円〜1万円くらいは割高になります。さらに店舗で申し込む場合は3850円の事務手数料がかかります。

ワイモバイルの店舗で申し込む場合は、そのワイモバイルショップに電話をかけて機種代金を聞いてから検討することをおすすめします。

ワイモバイルを申し込むのに必要なもの

ワイモバイルのAQUOS wish3の申し込みで必要なもの

ワイモバイルのAQUOS wish3は18歳以上なら契約できます。

購入するのに必要なものは、①本人確認書類、②クレジットカードまたはキャッシュカード、③今の電話番号のまま乗り換えたい場合はMNP予約番号、④Yahoo! Japan IDです。

本人確認書類は運転免許証(両面)またはマイナンバーカード(顔写真の面)のいずれか1点です。スマホで全体の写真を撮っておきます(eSIMなら事前撮影不要)

ワイモバイルはMNPワンストップ対応なので、ほとんどの場合でMNP予約番号なしで乗り換えられます

自分のYahoo! JAPAN IDも用意します。持っていない場合は新規登録します。(無料)

※ 機種変更、またはソフトバンクからの乗り換えの場合は必要なものは特になし
※ 12歳〜17歳の子供名義で契約したい場合は、ワイモバイルショップに親子同伴で来店が必要です。店舗だと事務手数料が3850円かかり、端末価格が高くなる場合があります。(ネットなら事務手数料無料)

ワイモバイルのAQUOS wish3の申し込みはこちら

ワイモバイルの申し込み手順、必要な本人確認書類、家族割引の詳細

今のスマホ会社がMNPワンストップ対応ならMNP予約番号は不要

ワイモバイルはMNPワンストップに対応しているので、今のスマホ会社もMNPワンストップに対応している場合、MNP予約番号なしで今の電話番号のままワイモバイルに乗り換えられます。

MNPワンストップ対応の事業者:ドコモ / au / ソフトバンク / 楽天モバイル / ワイモバイル / LINEMO / UQモバイル / povo / ahamo / irumo / IIJmio / mineo / 日本通信SIM / LINEモバイル

例えば、ドコモからワイモバイルに乗り換える場合、両方ともMNPワンストップに対応しているので、MNP予約番号なしに乗り換えできます。

※ 新しい電話番号でも問題ない場合もMNP予約番号は不要です。この場合は新規契約になります。

キャリアメールからGmailへの変更がおすすめ

ワイモバイルに乗り換えてもドコモメール、auメール、ソフトバンクメールなどのキャリアメールを使い続けることができますが、月330円かかります。

Gmailなどの無料のフリーメールに変更するのががおすすめです。(キャリアメール代込みでもワイモバイルのほうが安くなるので、乗り換えてから時間ができた時にメルアド変更でもOK)

ワイモバイルのAQUOS wish2の申し込みに必要なものは、基本的に以上です。簡単に乗り換えられます。

ワイモバで毎月かかる料金の詳細

ワイモバイルの毎月かかる料金は通信料金と通話料金です。

初月のみAQUOS wish3の一括払いの料金がかかりますが、ワイモバイルに乗り換えならAQUOS wish3は一括3,980円です。オンラインで契約すれば事務手数料3850円も無料です。(送料もかかりません)

ワイモバイルのデータ通信料金

新料金プランデータ量通常料金家族割料金(2回線目以降)おうち割料金
シンプル2 S4GB月2178円月1078円月1078円
シンプル2 M20GB月3828円
1GB以下2728円
月2728円
1GB以下1078円
月2178円
1GB以下1078円
シンプル2 L30GB月4928円
1GB以下2728円
月3828円
1GB以下1078円
月3278円
1GB以下1078円

※ PayPayカードで支払わない場合は月187円値上げ

おうち割料金はSoftBank光/SoftBank Air契約者とその家族向けの料金です。

データを使い切るとシンプルMは最大300kbps、シンプルM/Lは最大1Mbpsの低速に速度制限されます。低速で既定容量の半分(Sは2GB/Mは10GB/Lは15GB)を消費した場合は、当月中は最大128kbpsの超低速に制限されます。

ワイモバイルの通話料金

  • 通話料金(国内通話)
  • オプション無し:30秒22円 ← GCallを使えば30秒8円
  • 10分かけ放題:月880円、1回10分超過後は30秒22円
  • スーパーだれとでも定額:月1980円で24時間かけ放題
  • 留守番電話:無料

ワイモバイルの評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約して評価】

ワイモバの端末保証は必要?

故障安心パックプラス

ワイモバイルのAQUOS wish3は故障安心パックプラスという端末保証に加入できます。

故障安心パックプラス:月759円

故障安心パックプラスに入っていれば、ワイモバで購入したスマホが故障した場合でも無料で修理してくれます。もしくは8,250円で新品同等品と交換してくれます。

AQUOS wish3は安い機種なのに加えて、防水で耐衝撃構造で壊れにくいので端末保証は不要です。

AQUOS wish3の評価レビュー

AQUOS wish3のレビュー

AQUOS wish3をざっくり評価すると、コンパクトで軽くて落としても壊れない耐衝撃スマホです。

普通に使えるスマホですが、基本的にはスマホをあまり使わない人におすすめです。

※ スマホを普通程度に使う場合は、画面が大きいOPPO Reno9 Aがおすすめ

CPUは比較的高性能

AQUOS wish3のCPUはDimensity 700です。普通性能です。YouTubeやWebサイト、LINE、インスタなどのSNSを使うくらいなら特に問題ないです。

ただし、スマホゲームが好きな人には性能不足です。(ゲームをする人はiPhoneSE3やLibero Flipがおすすめ)

2024年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoC性能)
超高性能
Snapdragon:888、7+ Gen2、8 Gen1、8+ Gen1、8 Gen2、8 Gen3
Google:Tensor G1、G2、G3(スナ888)
MediaTek:9200+(スナ8 Gen2)
iPhone:12シリーズ、SE3、13シリーズ、14シリーズ、15、15Plus、15Pro、15Pro Max
高性能
Snapdragon:6 Gen1、7s Gen2、778G、780G、7 Gen1、855、860、865、870
MediaTek:Dimensity 7030(スナ780G)、7200 Pro(スナ855)、7200 Ultra(スナ860)、8020と1200-Ultra(スナ865)
Galaxy:Exynos1280と1380(スナ778G)、1480(スナ855)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE2、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:732G、750G、695、765G、845
MediaTek:Dimensity 800U
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:480、480+、730、730G、690、720G、4 Gen2、835
MediaTek:Dimensity 700と6020とHelio G99(スナ4 Gen2)
iPhone:7
低性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:6s、SE1

右に行くほど高性能です。一般的な使い方なら普通性能または比較的高性能で十分です。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。ただし、ゲーム性能を最重視する場合はROG系などのゲーミングスマホが無難です。

画面:5.7インチで低解像度

AQUOS wish3は5.7インチでHD+の低解像度です。有機ELにも対応していません。

画面サイズが大きい場合は、解像度が低いと画面の粗さが目立ってしまいますが、5.7インチくらいならHD+の解像度でもほとんど気になりません。

動画やネットだと画質の粗さは気づきませんが、ゲームだと画質が荒く感じる場合が少しある程度です。

電池持ち:比較的良く、3年使っても劣化しにくい

AQUOS wish3は5.7インチの低解像度で電池容量は3730mAhなので、電池持ちが比較的良いです。

普通の使い方なら余裕で1日以上持ちます。

さらにAQUOS wish3はインテリジェントチャージ機能で最大充電量を90%にできます。

100%の充電にすると電池の劣化が進みます。90%までにすることで長期間使い続けても電池のヘタレが少なく、電池持ちよく長く使えます。

※ 電池の劣化を無視して100%の充電量にしたい場合は、AQUOS wish3 オンラインマニュアル(バッテリー利用時の操作
)
を参考にしてみてください。

耐衝撃対応で壊れにくい

AQUOS wish/wish2/wish3の対衝撃性能

AQUOS wish3は高さ1.22mから合板(ラワン材)に26方向で落下させる試験に合格しているので、落としても壊れにくいです。

他にも17項目の耐久性の試験にクリアしています。

カメラ性能:普通

AQUOS wish2のカメラ性能
・背面カメラ:1300万画素(F値2.0)
・前面カメラ:800万画素(F値2.0)

カメラ性能は普通です。普通の明るさの場所で写真を撮る場合は、他のスマホと比べても普通に撮れます。ズームも2〜3倍程度なら特に問題ないです。

夜景、薄暗い場所、逆光など明暗が激しい場所、高倍率のズームなどは、AQUOS wish2程度のカメラ性能では画質が悪くなります。そういったシーンで撮りたい場合は、より高額でカメラ性能の良いスマホが必要です。

顔認証対応(マスクOK)だけど、指紋認証は非対応

AQUOS wish3は顔認証(マスクOK)には対応していますが、指紋認証は非対応です。

防水・おサイフケータイ・2年間のOSアップデート対応

AQUOS wish3は防水・おサイフケータイ・2年間のOSアップデート対応です。

充電器は入っていない

AQUOS wish3には充電器や充電ケーブルは入っていません。

大体の人は持っていると思いますが、持っていない場合は下記のようなものを買っておけば良いです。

Amazon:USB充電器 Type-C 急速充電

総合評価:特にこだわりがない人が、安く手軽に使うスマホ

AQUOS wish3は、スマホにこだわりがない人におすすめの機種です。普通に使えますが、高性能ではありません。

撮影環境が悪くてもきれいな写真を撮りたい、もっとゲームを快適に遊びたい、スマホをたくさん使いたい、そんな場合はより高性能で価格が高いスマホが必要です。

それなりに安く長く使いたい場合は、落としても壊れづらく、電池が劣化しづらく、OSも2年間で最大2回アップデートしてくれて、安価なAQUOS wish3がおすすめです。

※ 普通程度に使うくらいなら3年くらい使えそうです

他社SIM/eSIMでワイモバイルのAQUOS wish2/wish3が使える

ワイモバイルのAQUOS wish2/wish3はSIMフリーです。他社の主要バンドもカバーしているので、そのままで他社の格安SIMやeSIMが使えます。

楽天モバイル、povo、ahamo、irumo、UQモバイル、IIJmioなど全ての格安SIMで使えます。

AQUOS wish3だけ5Gバンドのn79に対応しているので、ドコモの5Gバンドを掴みやすい機種になっていますが、ドコモの5Gを掴んでもあまり良いことはないので気にしなくて良いです。

ワイモバイル版のAQUOS wishシリーズの対応バンド

AQUOS wish3の対応バンド

  • 5G : n3/n28/n77/n78/n79
  • 4G : B1/2/3/5/7/8/12/17/18/19/38/39/41
  • 3G : B1/5/8

AQUOS wish2とwishの対応バンド

  • 5G : n3/n28/n77/n78
  • 4G : B1/2/3/5/7/8/12/17/18/19/38/39/41
  • 3G : B1/5/8

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno9 A
    • 見た目が良くて、電池持ちも良い。実売42,500円、6.4インチ、Snapdragon 695、RAM8GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ183g、電池容量4500mAh、防水、おサイフケータイ
  • Google Pixel7a
    • 超高性能。カメラ性能も良い。69,300円、6.1インチ、Google Tensor G2、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.89)+超広角1300万画素(F値2.2)、重さ193g、電池容量4385mAh、防水、おサイフケータイ
  • AQUOS sense8
    • 2023年の注目スマホ。実売53,000円、6.1インチ、Snapdragon 6 Gen1、RAM6GB、ROM128GB、カメラ5030万画素(F値1.9)+超広角800万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量5000mAh、防水、おサイフケータイ、耐衝撃
この記事の最終更新日 2024年4月16日 / 作成日 2022年1月29日
5 1
この記事は参考になった/良かった

ユーザ登録をしてコメントするとAmazonギフト券プレゼント! (コメントは手動承認が必要になる場合があります)

コメントと実体験を書き込む(口コミ12件)

購読する
通知する
guest

12 の口コミとコメントと実体験
新しい順
古い順 良い順
名無し
名無し
2022年12月19日 10:36 AM

wish2はセキュリティパッチのサポート終了予定がドコモだけ遅いけどなんでなんだろう
Android Enterprise Recommended対応機種一覧で確認した
 ドコモ 2027年3月まで
 他 2025年5月まで
シングルSIMでなければ買替の最有力候補だった

Chankichi
Chankichi
  格安SIMの管理人
2023年6月2日 10:45 PM

いつも参考にさせていただいています。
高齢の親がsense4lite(楽天モバイル)を使用していますが、充電口の故障の可能性が高く(低速充電しかできない)、通話メインでの利用なのでwish2の購入を検討しています。
知識不足で申し訳ありません。
キャリア以外(中古等)で購入したドコモ版で、ドコモ以外のSIMを使っても、2027年3月までセキュリティパッチのサポートが受けられるのでしょうか。

名無し
名無し
  Chankichi
2023年6月2日 11:18 PM

新古品で購入したものをMVNOで使ってます
OSアップデートは可能でした

他キャリアのandroidでもサポート期間中のアップデートはあったのでキャリア契約が必須というわけでないと思ってます

今なら新古品が一万円以下なので悪いタイミングではないと思いますが、sense4liteからの乗換だと画質と操作感は落ちます

Chankichi
Chankichi
  名無し
2023年6月5日 12:15 AM

返信ありがとうございました。
実機を見に家電量販店に行ったついでに、スマホ販売員に聞いたら、回答いただいたことと同様に購入キャリアやSIMはOSサポートには関係ないようです。
sense4liteとの比較も教えて頂いてありがとうございます。
親の使い方は楽天Linkの無料通話以外の機能はあまり使わないので、画質はさほど影響ないと思います。デモ画面ではそれほど感じませんでしたが、動画とかみると違ってくるのでしょうか。
色んなレビューを見るとスクロールの悪さのような記述が多く操作感のアドバイスはその点ではと思いました。OSのアップデート等で改善されているとのレビュー見ましたが、どうでしょうか。
ノジマの新古品が一番安く購入できそうなので、第一候補に考えようと思います。

名無し
名無し
  Chankichi
2023年6月5日 1:43 AM

sense4とwish2を並行使用している実感です
wish2は購入後すぐにアップデートしたので、改善したかどうかは不明です

タップ位置を表示して視認できるようにしているのですがsense4の方が滑らかに認識しています
ただ動作面の違和感は感じてません

スクロールに関しての差は感じません

私が一番気になっているのは指紋認証位置です
wish2は側面ですがsense4は前面
慣れの問題かもですが前面のほうが便利です

また、sense4の方が持ちやすくも感じます

色々書きましたが、通話が主な利用目的であれば問題はないと思います

ぱんな
ぱんな
2022年9月9日 10:54 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

以前に、ワイモバイル版のHuawei P30liteを購入し、デュアルSiMで使用しようとしましたが、スロットは2つあるのに結局1つのSiMしか使えませんでした。
それで、ワイモバイル版のスマホは要注意な気がしてしまうのですが、こちらのAQUOS WISHは、eSiMとnano SiMのデュアルSiMですよね。それならばデュアルSiMとして機能するでしょうか?
ご存知でしたらお聞きしたいです。

名無し
名無し
2022年2月2日 4:40 PM

この機種の影響でsense Basic系が今後出てくるのかが気になりますね

Basicはノーマルからのコストカット部分(RAM容量、カメラ、指紋認証等)
はありますがハイレゾ対応、ディスプレイ品質、防水規格は変わらず
安価であったのでサブスマホ用には当たり機種と思ってました

ゴランノスポンサー
ゴランノスポンサー
2022年1月30日 9:12 AM

今でも3年前発売でスナドラ636のZenfone5が普通に使えるし、これも2~3年は問題なく使えそう。
というかAntutuのベンチマークスコアで10万点ぐらい水をあけられてるw

「ワイモバイルのAQUOS wish3のキャンペーン価格と違い【3980円スマホ評価】」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント