mineo(マイネオ)のキャンペーンの最新情報、月額料金が3ヶ月間800円引き(合計2400円)

最終更新日 / 作成日 2017年1月21日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

mineo(マイネオ)では、デュアルタイプ(音声通話SIM)を2017年5月9日までに申し込むと月額料金が3ヶ月間800円引き(合計2400円)になるキャンペーンを行っています。

mineoのキャンペーンの詳細

mineoの月額料金が3ヶ月間800円引き(合計2400円)

キャンペーン期間:2017年5月9日まで
キャンペーン内容:mineoのデュアルタイプ(音声通話SIM)を申し込むと、月額料金が3ヶ月間800円引き。シングルタイプ(データSIM)の場合は割引は適用されません。

利用開始月は割引は適用されず日割りでの月額料金になります。翌月から3ヶ月間の間、月額料金が800円引きになります。割引はデータ通信料金の部分の割引になるので、月1GB以上のプランなら月800円の割引になりますが、月500MBのプランだと月700円引きになります。

キャンペーン適用後のmineoの格安SIMプラン

auプラン(Aプラン)月額料金データ容量
デュアルタイプ(通話SIM)1310円-700円(3ヶ月間)500MB
1410円-800円(3ヶ月間)1GB
1510円-800円(3ヶ月間)3GB
2190円-800円(3ヶ月間)5GB
3130円-800円(3ヶ月間)10GB
ドコモプラン(Dプラン)月額料金データ容量
デュアルタイプ(通話SIM)1400円-700円(3ヶ月間)500MB
1500円-800円(3ヶ月間)1GB
1600円-800円(3ヶ月間)3GB
2280円-800円(3ヶ月間)5GB
3220円-800円(3ヶ月間)10GB

※1GBプランの場合だけ、初月のみ追加で1GBもらえます。

このキャンペーンは少しだけお得なキャンペーンになっています。割引適用後の月500MBと月1GBの料金は変わらないので、月500MBを選ぶくらいなら月1GBを選んだ方がお得です。

mineoにはフリータンクという月1GB無料でもらえる機能が付いているので、データが少しだけ足りなくなる程度ならフリータンクである程度しのぐことができます。

キャンペーンの詳細 公式サイト → mineo

mineo(マイネオ)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

おまけ:マイネオで買えるオススメの格安スマホ

mineoでおすすめNo.1 防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応の人気スマホ、arrows M03

arrows M03

arrows M03
mineo価格:税込3万4344円

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141グラム、電池容量2580mAh、連続待受LTE640時間、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、ナノSIM、Android 6

電池持ち良し・防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応と、日本向けの機能が満載の隙のない構成をしています。スマホを便利に使いたい一般ユーザにオススメの格安スマホです。

電池持ちがとても良い格安スマホになっています。ポケモンGO(ARモードにも対応)にも対応しています。

arrows M03はmineoのドコモプランでもauプランでも使うことができます。

mineoのarrows M03の申込はこちらから → mineo

arrows M03のスペックと評価と評判のまとめ

mineoでおすすめNo.2(ドコモプランのみ可) 人気ナンバーワンの格安スマホ、Huawei P9 lite

P9 lite

Huawei P9 lite
mineo価格:税込2万5920円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE610時間、指紋認証対応、ナノSIM、Android 6

Huawei P9 liteはマイネオのドコモプランのみ使うことができます。auプランでは使えないので気をつけてください。

2016年6月17日に発売されて、2017年1月現在でも、最も人気の格安スマホの一つがP9liteです。

人気の理由は、2万5000円前後の格安スマホの中で性能が最も良いからです。CPUの性能が良く、電池も大容量で省エネにも優れているので電池持ちはかなり良いです。加えて、反応が素早い指紋認証も搭載しています。カメラの質も格安スマホの中で上位クラスです。

防水やワンセグ、おサイフケータイは特に必要を感じない場合は、Huawei P9 liteが一番おすすめです。

mineoのHuawei P9 liteの申込はこちらから → mineo

Huawei P9 liteのスペックと評価と評判のまとめ

mineoでおすすめNo.3 一番安く買える5.5インチの大画面スマホ、ZenFone Go

ZenFone Go

ZenFone Go
mineo価格:税込2万1384円

性能 5.5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池3010mAh

5.5インチの格安スマホで2017年1月でも売れ続けているのがZenFone Goです。売れている理由は一番安い5.5インチスマホで、一般ユーザにとって十分な性能を持っているためです。

ZenFone Goには優れた性能といったのが全くと言ってないのですが、そのぶん価格を下げて、安さ重視、でも一般ユーザにとっては不満が出ない性能を維持していることから、ヒットしています。

今までmineoでは安くて性能が一般ユーザ向けの格安スマホがありませんでしたが、ZenFone Goの登場でmineoでも割安な格安スマホが買えるようになりました。(mineoで売っている格安スマホのLUCEは性能が悪すぎるので選ばないほうがいいです)

注意点は、カメラの性能が悪いので写真を撮るのが好きな場合にはオススメできません。GPSの精度も悪いのでナビには向いていないことです。

ZenFone Goはmineoのドコモプランでもauプランでも使うことができます。

mineoのZenFone Goの申込はこちらから → mineo

ZenFone Goのスペックと評価と評判のまとめ

mineo(マイネオ)の以前のキャンペーン内容

MVNOの中には、しょっちゅうキャンペーンをやっている楽天モバイルやNifMo、エキサイトモバイル、BIGLOBE SIMなどがありますが、大半はキャンペーンをほとんどしないMVNOです。

mineoは少し特殊で、キャンペーン期間は2〜3ヶ月間で、キャンペーンが終わるとしばらく何もキャンペーンを行わずに、2〜3ヶ月すると再びキャンペーンを展開するといった感じでキャンペーンを行なっています。

以前は、シングルタイプ(データSIM)もキャンペーンに含まれていたり、キャンペーンの割引期間も半年と長かったのですが、最近はデュアルタイプだけ割引されて、割引期間も短めになっています。

最近はCMを比較的多く流している感じがするので、キャンペーン割引よりも、CM代にマーケティング費用を割り当てているのかな?と思います。格安SIMをよく知っている場合、CMなんかよりもキャンペーン割引をもっとしろ!みたいな気になるかもしれませんが、格安SIMをよく知らない場合は、CMの影響力は無視できないので、仕方ないのかな・・と思います。

キャンペーン期間:2016年10月31日まで
キャンペーン内容:デュアルタイプ(音声通話SIM)を申し込むと月額料金が半年間800円引き(合計4800円)になるキャンペーンを行っていました。これにくわえて、格安スマホ、arrows M03、ZenFone Go、P9liteを申し込むと1000円分のAmazonギフト券がもらえていました。

その他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通ですが、格安スマホを安く買えるキャンペーンをしょっちゅう行っています。楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと2倍になる特典もあるので、新しいスマホが必要な人や楽天市場を使う人におすすめです。
  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で通信速度が一番速くて安定しているのがUQ mobileの格安SIMです。auユーザに特におすすめです。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
  • LINEモバイル
    • LINEモバイルはLINEをデータの消費なしに使うことができます。LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。そのほかTwitterやFacebook、Instagramのデータ消費もなしに使えるプランがあるので、これらのサービスを良く使う場合にオススメの格安SIMになっています。