楽天モバイル用のIO-DATA WN-CS300FRの実機レビュー、楽天回線のみ掴めるMR600と速度比較

楽天モバイルで使えるホームルータを探している場合、IO-DATAのWN-CS300FRはかなりおすすめです。税込1万4000円くらいで比較的安く、楽天アンリミットが普通に使えます。

楽天回線エリアで楽天電波が届いているはずなのにau回線を掴んでしまう場合、WN-CS300FRなら利用バンドを設定すれば、ギガ使い放題の楽天回線を簡単に掴めます

※ 楽天電波が瀕死か死んでいる場所だと無理です・・。瀕死の場合はアンテナを延長できるMR600のほうがチャンスがあります。

楽天モバイルで楽天回線のみ掴めるIO-DATA WN-CS300FRの実機レビュー

モバイルルータを家の固定回線として使うと電池が劣化したり、WiFiの電波が届く範囲が少し短くなります。

IO-DATA WN-CS300FRはコンセントに繋げるタイプのホームルータなので、電池の劣化の心配は不要です。WiFiの電波も結構遠くまで届いてくれます。

ここでは楽天モバイル用のホームルーター「WN-CS300FR」のメリットとデメリット、スペックと購入場所、楽天モバイルでWN-CS300FRを使う方法を実際に行いながら徹底レビューします。

WiMAXや光回線の代わりを検討している場合に参考に・・。

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

楽天アンリミットの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルUNLIMIT用のホームルーター、WN-CS300FRのメリット

  • 普通に使える
  • 利用バンドを指定できるので、楽天回線のみを掴むことができる
  • 楽天モバイルUNLIMITのSIMをCS300FRに挿入すれば簡単に使える
  • 16台まで繋げられる
  • 有線LANでパソコンにも繋げられる
  • 4G対応ホームルータで結構パフォーマンスが良い
  • 1万4000円で比較的安い
  • 4G対応ホームルータで日本で一番売れている
  • IO-DATAは日本の企業で老舗

WN-CS300FRのデメリット

  • 5GHzに非対応(WiFiのacに非対応)
  • 有線LANポートが一つだけ
  • 有線LANはギガビットに非対応
  • 何ギガ使ったかわからない(楽天のマイページや「my 楽天モバイル」アプリで把握できる)

IO-DATA WN-CS300FRの詳細スペックと購入場所

IO-DATA WN-CS300FRの詳細スペック

IO-DATA WN-CS300FR
サイズ133 × 133 × 35 mm
重さ210グラム
通信速度ダウンロード速度最大75Mbps / アップロード速度最大50Mbps
無線LANIEEE802.11 b/g/n 最大300Mbps
対応バンドLTE:1、3、8、11、18、19、21、26 ← 利用バンドを指定できる
3G:1、6、8、19
電池容量コンセントにぶっ刺すタイプ
WiFi同時接続数推奨16台
有線LANポート1つ(10/100Mbps)
その他スペックその他スペック / 取扱説明書等
発売日2020年2月下旬
実売価格税込1万4000円

その他のスペック:マイクロSIM、1年保証

タッパみたいな形をしています。

LANポートは1つだけなので、複数のパソコン等に繋げる場合はスイッチングハブなどを使う必要があります。

WN-CS300FRの購入場所:Amazon等

IO-DATAのWN-CS300FRはAmazon等で販売しています。

Amazon:【Rakuten/docomo/au/Softbank対応】利用バンド指定可能 I-O DATA WN-CS300FR

時期によって価格が変わりますが、今だと税込1万4000円くらいです。

性能レビュー(主にデメリットの解説)

IO-DATAのWN-CS300FRは、性能的にMR600の劣化版だし微妙かな・・とか思っていましたが、実際に買って使ってみるとCS300FRも結構良いです。十分使えます。

WN-CS300FRはWiFiのacに対応で5GHz帯は使えませんが、2.4GHz帯でも楽天モバイルで使う場合はパフォーマンスはほとんど変わりません。

2.4GHz帯が混線しているマンションだと少し微妙かもですが、混線している場所の場合は、2000円くらいのWiFi中継機で強化すれば対処可能です。

有線LANポートはギガビットに対応していません。最大100Mbpsです。

LANに接続した機器同士で大容量のファイルを転送する場合はギガビットがほしいですが、そういう場合は無線LAN親機を増設すれば、ギガビットでファイルのやり取りができます。

つまり、楽天モバイルで使うホームルータとしては、IO-DATAのWN-CS300FRは十分な性能です。実売価格が税込1万4000円と比較的安いのも良いです。

広い範囲をカバーしたい場合や、楽天回線の電波が弱い場合はMR600も検討

MR600はメッシュWiFiに対応しているので、広い範囲をスムーズにカバーしやすいです。

またMR600はアンテナを取り外して、1000円くらいの4GアンテナをAmazonなどで買えばアンテナを延長できます。

外にアンテナを設置したり、窓に貼り付けたり、一番良い場所にアンテナを設置できるので、楽天回線の電波が弱い場合は、MR600も検討してみると良いかもです。

楽天モバイル最強のホームルーター

楽天モバイル最強のホームルーター、自宅のWiFiに最適なTP-Link MR600を徹底解説

下記から楽天モバイルを簡単に紹介してから、WN-CS300FRを楽天モバイルで使うための設定を解説します。

最後にWN-CS300FRとMR600と速度比較とWiFiの届く範囲の比較を載せているので参考にしてみてください。

楽天モバイルのアンリミットならギガ使い放題、先着300万人まで1年間無料

楽天モバイルのアンリミットならギガ使い放題です。先着300万人まで1年間無料で使えて、2年目以降は月2980円です。縛りもありません。

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

楽天アンリミットの詳細と申し込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのSIMのみを契約して、ホームルーターのWN-CS300FRに入れて使えます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

WN-CS300FRで使う前に、スマホに入れて楽天リンクを使うことをおすすめします。

楽天リンクで電話をかけて10秒間通話をして、楽天リンク経由でSMSを送信すれば楽天ポイントが8000円分もらえます。

楽天リンクをクリアしてからホームルーターに入れて使うことをおすすめします。

ギガ使い放題の制限について

楽天モバイルはギガ使い放題と言っても、1日10GBを超えて使うと、その日は3Mbpsに制限されます。夜12時になったら速度制限は解除されます。

1日10GB&その後3Mbps制限で問題になる人は相当少ないです。データ使い放題と思っても十分な内容です。

一番の注意点は『楽天回線エリア』で楽天電波(バンド3の自社電波)を使っている場合にだけギガ使い放題になる点です。

自分が使うところが楽天回線エリアかチェックする

楽天モバイルのサービスエリア

(楽天回線エリアは順次拡大中・・)

濃いピンクの場所が楽天回線エリアです。薄いピンクの場所はパートナーエリアでauの電波(月5GBまで、低速は1Mbps)が使えます。

楽天回線エリアで楽天電波を使っている場合にギガ使い放題ですが、楽天回線エリアでも楽天電波とau電波の両方を使っている場所があります。

他の機種だとauの電波を掴んでしまう場合でも、WN-CS300FRなら利用バンドを指定すると楽天電波のみを掴ませることができます

楽天電波が使えるかは下記に詳しく説明しているので、そちらを参考にしてください。

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに繋がらない場合の対処法、パートナーエリアのエリアマップの違い

WN-CS300FRを買う前に:楽天モバイルが使えるかどうか試す

WN-CS300FRを買う前に、楽天モバイルが使えるか実際に楽天モバイルを契約して試す必要があります。

使える端末を持っている場合でも、楽天モバイルで安く手に入る格安スマホや実質ゼロ円のポケットWiFiをセットに申し込むのもアリです。不要な場合はメルカリ等で売却すれれば、結構お金になります。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

楽天アンリミットの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのSIMをWN-CS300FRに入れて使えるようにする(これだけで動く)

楽天モバイルUNLIMITのSIMをWN-CS300FRに挿して、電源を入れれば使えます。

WN-CS300FRに楽天モバイルUN-LIMITのSIMを入れる

WN-CS300FRの裏面に、WiFiに繋げるのに必要なSSIDとパスワードが記載されています。ここは重要です。

利用バンドを設定するための管理画面に入るためのユーザー名とパスワードも裏面に記載されています。

プラスドライバーでネジを緩めて、蓋を外します。

WN-CS300FRのSIMサイズはマイクロSIMです。楽天モバイルのSIMサイズはナノSIMですが、簡単にマイクロSIMにできます。

楽天モバイルのSIMサイズは実際にはマルチSIMなので、白い枠にはめればナノSIMがマイクロSIMになります。(白い枠はSIMカードに付いています)

こんな感じに楽天モバイルのSIMカードを置いて・・

こんな感じにするだけ。

たまに接触が悪くSIMカードを認識しない場合がありますが、その場合は少しいじって、WN-CS300FRの電源を引っこ抜いて再起動してみてください。

これで完了です。

あとはACアダプターを繋げて、電源を押して1分くらい経てば、WiFiが使えるようになっています。

スマホやノートパソコンのWiFi設定から、WN-CS300FRのSSIDに接続して、パスワードを入力すればネットができるようになっています。

楽天UNLIMITのSIMを入れたWN-CS300FRの速度

格安SIMの管理人はパソコン2画面(27インチx2)、iPad、たまにスマホでネットを主にしますが、問題ない感じです。とりあえず数週間くらい楽天ホームルーターの生活をしてみようと思います(12月30日からスタート)。

設定すると便利なオプション

詳細設定するために、管理画面にログインする

今回はパソコンから設定しますが、スマホからでも大丈夫です。

CS300FRのSSID、IODATA-✕✕✕✕を選択して、パスワードを入力します。

※ SSIDとパスワードは各自異なります。CS300FRの裏面を確認してください。

CS300FRのWiFiに繋げたら、ブラウザのアドレスに「192.168.0.1」を入力してエンター。

管理画面のユーザ名とパスワードを入力します。(ユーザ名とパスワードはCS300FRの裏面を確認してください)

これで管理画面にログインできました。

①利用バンドを指定して楽天回線だけ掴むようにする

「詳細設定」の「利用バンド設定」を選択します。

デフォルトは全バンドを利用する設定になっています。これを楽天回線のみ掴むようにする設定は・・

Band 3だけ使用するにして、残りは使用しないにして、最後に設定ボタンをクリックします。

これでCS300FRはギガ使い放題の楽天回線のみを掴むようになります。

②楽天モバイルUNLIMITのAPNを設定する ← より安定するかも?

CS300FRは自動的に楽天電波に繋がるのでAPNの設定は不要ですが、気分的に設定したほうがより安定するかもで、念の為に設定しておきます。

インターネットを選択します。

プリセットをクリック

「Rauten UN-LIMIT」を選択

設定をクリックして、楽天UNLIMITのAPNの設定は完了です。

③Zoom、Teams、Google Meets用の通信量節約モードがある

CS300FRには、Zoom、Teams、Google Meetsを利用している時の通信速度を制限することで、データ消費量を節約できる「通信量節約モード」があります。

この機能を使えば、500Kbps、1.0Mbps、1.5Mbpsに制限できます。

楽天モバイルは楽天回線はギガ使い放題、パートナー回線はデータ高速モードをオフにすれば1Mbpsで使い放題なので、通信量節約モードは意味はありません。他の格安SIMを使う場合は便利かもです。

④その他にできる設定

システム設定

デフォルトでリモートメンテンナス機能が有効なので、CS300FRのソフトウェアの更新があった場合は、自動的に適用されます。

LAN設定

無線設定

セキュリティ

詳細設定

MR600と速度比較、CS300FRはアップロード速度が速い!

左がCS300FR、右がMR600です。

楽天モバイル最強のホームルーター、自宅のWiFiに最適なTP-Link MR600を徹底解説

楽天モバイルは3契約しているので、2枚の楽天モバイルのSIMカードを使って、同じ位置で速度計測をしてみました。

赤い枠がCS300FRの速度です。それ以外はMR600の速度です。

CS300FRは、最強のMR600よりも速度が速いだと!? 特にアップロード速度はMR600よりCS300FRのほうが2倍速いです。

入れているSIMカードを交換してみました。

SIMを入れ替えたらCS300FRのダウンロード速度が結構下がって、MR600のほうが速くなってしまいました。ただし、アップロード速度は引き続きCS300FRのほうが2倍速いです。

ダウンロード速度の実測は正直どっちもどっちな感じですが、アップロード速度はCS300FRのほうが確実に優秀です。

ただ、アップロード速度が必要な人はそんなにいないと思うので、あまり気にしなくても良い感じです。

CS300FRはMR600よりも安く買えますが、CS300FRのパフォーマンスは良いです。

MR600とWiFiが届く範囲比較、単体ではCS300FRのほうが届く

どちらがよりWiFiの電波が届きやすいか比較をしてみました。

2階の端っこにCS300FRとMR600を設置して、それなりに離れた1階の端のほうで速度計測したところ。

赤い枠がCS300FRの速度です。それ以外はMR600の速度です。

CS300FRはそれなりに繋がったり激遅になったりしましたが、MR600は主に激遅い速度になりました。CS300FRのほうがWiFiの電波がもう少し遠くに飛びそうです。

ちなみに家の構造にもよりますが、1階分ならホームルータでカバーできますが、2階分だと厳しいです。2階建てをカバーしたい場合は、2000円くらいのWiFi中継機を買って設置するのが定番です。

最終更新日 2020年12月30日 / 作成日 2020年12月30日 / 作成者 格安SIMの管理人
コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「楽天モバイル用のIO-DATA WN-CS300FRの実機レビュー、楽天回線のみ掴めるMR600と速度比較」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

毎月のスマホ料金が安くなる一番詳しいサイト(旧タイトル:格安SIMとスマホ比較)

スマホ料金の格安プランのカテゴリ
サイト内検索
コメント