※ 本ページは広告を含みます

moto g53y 5Gの購入レビューと詳細スペック[1円スマホ評価]

ワイモバイルのmoto g53y 5Gを購入して実機レビューしています。発売日は2023年6月29日です。

最近は円安で格安スマホの価格も高くなっていますが、moto g53y 5Gなら定価21,996円です。ワイモバに乗り換えなら一括1円、新規契約だと13,400円で買えます。

高性能ではありませんが、Snapdragon 480+搭載で普通程度に使える性能です。カメラの実性能は2万円レベルです。

ワイモバイルのmoto g53y 5Gと、SIMフリー版のmoto g53j 5Gの違いは、g53yはRAM4GB、g53jはRAM8GB搭載している点です。それとg53jは価格が34,800円もします。

ワイモバイルのmoto

処理能力・ゲーム性能★★★☆☆
カメラ性能★★☆☆☆
画面の大きさ★★★★☆
電池持ち★★★★☆
軽さ★★★☆☆
コスパ★★★★★

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

ここではワイモバイルのmoto g53y 5Gの詳細スペックと評価、ワイモバイル版の違いとキャンペーン価格を徹底解説します。

moto g53y 5Gは写真は撮れれば良い程度の人で、安さと電池持ちを重視する場合におすすめの機種です。

ワイモバ価格(事務手数料無料&送料無料)
・乗り換え: 1円
・新規契約:13,400円
・機種変更:実質4,940円
・ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗換:21,996円

さらに新規と乗り換えなら新どこでも特典でPayPay最大6000円がもらえます。

このサイトではワイモバイルのmoto g53y 5Gを購入して実機テストをして、その結果を元にレビューしています。

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの詳細と申し込み

ワイモバイルのおすすめ機種ランキングと端末評価 [2024年2月最新]

ワイモバイルのmoto g53y 5Gのスペック

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの外観

ワイモバイルで安さを最重視する場合に一番おすすめの機種はmoto g53y 5Gです。

格安スマホで定評のモトローラ製でCPUはSnapdragon 480+、RAM4GB、ROM128GBの普通性能です。

5,000mAhの大容量電池で電池持ちがかなり良いです。6.5インチの大画面でHDの低解像度ですが、画面の荒さはほとんど感じません。

ネックはメインカメラが5000万画素ですが、写真写りがあまり良くないことです。写真をあまり撮らない場合で、安さを重視する場合におすすめの機種です。

性能moto g53y 5G
CPUSnapdragon 480+ 5G
RAM4GB
ROM128GB
処理能力Antutu V10:405,263(GPU 85,469)
Geekbench 6:シングルコア 748 / マルチコア 1815
PCMark:Work3.0:9830
3DMark:Wild Life Extreme 293 (FPS 1.80) / Wild Life 986 (FPS 5.90)
ディスプレイ6.5インチ / TFT / リフレッシュレート120Hz
解像度1600×720 HD+、画面比率20:9
背面カメラメイン5000万画素(F値1.8、ビクセルサイズ0.64um、センサーサイズ1/2.75インチ)
マクロ200万画素(F値2.4、ピクセルサイズ1.75um)
光学手ぶれ補正非対応
前面カメラ800万画素(F値2.0、センサーサイズ1/3.92インチ)
電池容量5000mAh
サイズ163 × 75 × 7.8mm
重さ183グラム
充電時間115分 (USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタ / TurboPowerチャージ対応)
本体カラーインクブラック、アークティックシルバー、ペールピンク
対応バンド5G:n3 / n28 / n77 / n78
4G(LTE):1 / 2 / 3 / 4 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41 / 42
3G:1 / 2 / 4 / 5 / 8
発売日2023年6月29日
価格定価21,996円、ワイモバイルに乗り換えなら一括1円

防水 △ (防滴) | おサイフケータイ ◯ | 指紋認証 ◯ (側面) | 顔認証 ◯ | 5G ◯ | eSIM ◯ | デュアルSIM ◯

Android 13 (Android 15までアップデート予定)、SIMフリー、外部マイクロSD(最大1TB)、USB Type C対応、Bluetooth 5.1、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、Beidou、GLONASS、GALILEO対応)、イヤフォンジャック搭載、ステレオスピーカー

デュアルSIM:ナノSIM+eSIM対応 (デュアルSIM対応)

主な非対応機能:ワイヤレス充電、FHDの高解像度のディスプレイ、有機EL

moto g53y 5Gの付属品はSIM取出し用ピンと保護ケースです。充電器は付いてきません。

ワイモバイルの公式サイト:moto g53y 5Gの詳細スペック

moto g53y 5Gの購入レビュー

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの購入レビュー

ワイモバイルのmoto g53y 5Gを購入してレビューします。

簡単にまとめると、デメリットはカメラ性能が思ったよりも悪いことです。

当初は6.5インチの大画面なのにHDの低解像度の画質を懸念していましたが、実際に見てみると画質の荒さはほとんど気づかない程度でした。

メリットは、リフレッシュレート120Hzなので画面が滑らか、ステレオスピーカーで音もそれなりに良く、電池持ちが良く、183グラムでそこまで重くなく、そして低価格で買えることです。

Snapdragon 480+とRAM4GBで普通に使える性能

ワイモバイルのmoto g53y 5GのCPU性能

moto g53y 5Gは、Snapdragon 480+とRAM4GB搭載の普通性能のスマホです。

高性能ではなりませんが、普通の人が普通に使える程度の性能はあります。2万円前半のスマホとしてはコスパはかなり良いです。

moto g53y 5GのAntutuスコア

ワイモバイルのmoto

moto g53y 5GのAntutuスコアは405,263です。GPUスコアは85,469です(Antutu V10)。発熱も少なめです。

その他のベンチマークテストの結果

3DMark
Wild Life Extreme:293 (FPS 1.80)
Wild Life:986 (FPS5.90)

Geekbench 6:シングルコア 748 / マルチコア 1815
PCMark3.0:9830

2023年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoC性能)
超高性能
Snapdragon:888、7+ Gen2、8 Gen1、8+ Gen1、8 Gen2
Google:Tensor、Tensor G2、G3(スナドラ888くらい)
MediaTek:9200+(スナドラ8 Gen2くらい)
iPhone:12シリーズ、SE3、13シリーズ、14シリーズ、15、15Plus、15Pro、15Pro Max
高性能
Snapdragon:6 Gen1、778G、780G、7 Gen1、855、860、865、870
MediaTek:Dimensity 8020と1200-Ultra(スナドラ865くらい)
Galaxy:Exynos1280と1380(スナドラ778Gくらい)
iPhone:XR、XS、XS Max、SE2、11シリーズ
比較的高性能
Snapdragon:750G、695、765G、835、845
MediaTek:Dimensity 800U、Helio G99(スナドラ695くらい)
iPhone:8、X
普通性能
Snapdragon:480、480+、730、730G、690、720G、732G
MediaTek:Dimensity 700
iPhone:7
低性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、680、710
MediaTek:Helio G85
iPhone:6s、SE1

右に行くほど高性能です。一般的な使い方なら普通性能または比較的高性能で十分です。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。ただし、ゲーム性能を最重視する場合はROG系などのゲーミングスマホが無難です。

6.5インチ大画面でHD低解像度でも荒さを感じない。ただし発色が微妙

ワイモバイルのmoto

ワイモバイルのmoto g53y 5Gは、6.5インチの大画面でHDの低解像度です。

通常はFHDという高解像度ディスプレイを使うのですが、moto g53y 5Gは製造コストをできるだけ抑えるため低解像度のHDディスプレイです。

大画面で低解像度だと画面の荒さが出てくると思ったのですが、実機で確認したらよく見ると少し荒さがありますが、ほとんどの人は気にならないレベルです。

画面の発色が少し悪い

ワイモバイルのmoto g53y 5Gと有機ELの比較
左がPixel7a(有機EL)、右がmoto g53y 5G(TFT液晶)

moto g53y 5Gの画面は通常のTFT液晶です。有機ELと比べて写真の発色が悪くなる場合があります。

ワイモバイルのmoto g53y 5GとPixel7aの画面の比較
上がPixel7a(有機EL)、下がmoto g53y 5G(TFT液晶) ※タップで拡大

実際の色が合っているのはPixel7aです。moto g53y 5Gはピンク髪が白っぽく、紫の服が青っぽくなっています。

ワイモバイルのmoto g53y 5GとOPPO Reno5 Aの画面比較
上がOPPO Reno5 A(TFT液晶)、下がmoto g53y 5G(TFT液晶)

同じTFT液晶なのに、OPPOは普通に発色しています。。moto g53y 5GのTFT液晶が低品質なのか、それともFGOのHD用の画像が元々色が違うのかもです。

ちなみにmoto g53y 5GでFGOを少しプレイしてみましたが、スムーズにゲームができました。色が若干微妙なところがありますが、画質自体は問題ないです。

リフレッシュレート120Hzで滑らかに表示される

ワイモバイルのmoto g53y 5Gのリフレッシュレート

moto g53y 5Gの画面のリフレッシュレートは120Hzなので、画面をスクロール中でも滑らかに表示され続けます。

スクロール中に滑らかに表示されても、そこまでメリットはありませんが、リフレッシュレートが高いほうが目への負担が少し少なくなります。

ステレオスピーカー搭載

ワイモバイルのmoto g53y 5Gのステレオスピーカー

moto g53y 5Gはステレオスピーカー搭載なので左右から音が出ます。スマホを横にして動画を見るときは、ステレオスピーカーのほうが楽しめます。

音質は・・、そもそもスマホの音の良し悪しがわからないので、実際に聴いても良し悪しがわかりません。。

高級感のある音ではないと思うのですが、スマホのスピーカーとしては十分楽しめると思います・・。

5000mAhの電池持ちの実機テストの結果

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの電池持ち

moto g53y 5Gは5000mAhの大容量電池を搭載していますが、重さは183グラムでそんな重くないです。

※ スマホは200グラムぐらいになると、それないに重いです

moto g53y 5Gの実際の電池持ちのテスト結果

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの電池持ち

moto g53y 5Gの電池持ちのテスト結果(PCMark)
・リフレッシュレート自動:14時間13分
・リフレッシュレート60Hz:14時間41分
・リフレッシュレート120Hz:13時間44分

moto g53y 5Gの電池持ちは比較的良いです。5000mAh搭載スマホとしては、電池持ちが少し悪いですが、十分な電池持ちです。

スマホの実機テストによる実際の電池持ち(実測)

PCMarkの電池持ち
AQUOS sense815時間54分
Pixel7a16時間04分 (60Hz)
14時間41分 (90Hz)
Pixel6a15時間11分
OPPO Reno10 Pro 5G14時間53分
OPPO Reno7 A16時間35分 (90Hz)

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

顔認証と指紋認証に対応しているけど、顔認証の挙動が少しおかしい

moto g53y 5Gは顔認証と指紋認証に対応しています。

指紋認証は左側面の電源ボタンと共有です。指紋認証の精度は良いのですが、顔認証の挙動が少しおかしいです。

普通はスマホを持ち上げると顔認証が動作するのですが、moto g53y 5Gはスマホを持ち上げて画面をスワイプするか、電源ボタンを押さないと顔認証が作動しません。

設定で持ち上げて解除できるようになる

設定→ジェスチャー→持ち上げてロック解除

デフォルトだと持ち上げてもロック解除なしになっていました。この設定を変更すれば、持ち上げれば自動的にロック解除できるようになります。

GPSの精度は普通に使えるけど、他の機種より悪い

moto g53y 5Gは、GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、みちびきに対応しています。

ワイモバイルのmoto

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

moto g53y 5Gは位置衛星の掴みが悪いです。これでもナビなどで困ることはほとんどないですが、位置情報を安定して使いたい場合は避けた方が無難かもです。

moto g53y 5Gのカメラの実機テストの結果はこちら

ジェスチャー機能で便利に使える

moto g53y 5Gはジェスチャー機能で便利に使えます。

  • 持ち上げてロック解除
  • 手首をひねってカメラ起動、さらに手首をひねると自撮りモード
  • 2回振り下ろしてフラッシュライト、さらに振り下ろすと消灯
  • 背面をダブルタップすると「オーディオレコーダを開く/音楽の再生と停止/スクリーンショットの撮影/画面の録画機能/ホームにもどる/直前のアプリに切り替える/指定のアプリを開く」を選べる
  • スワイプするだけで画面を分割
  • 持ち上げて瞬時に着信音OFF
  • 3本指でスクリーンショット
  • スマホを下向きに伏せるとマナーモード

RAMブーストで4GBから5GBに増量できる

moto g53y 5GのRAMは4GBですが、設定で5GBに増量できます。

設定 → システム → パフォーマンス → RAMブースト → ON

これでmoto g53y 5GのRAMが5GBになります。そこまで高い効果があるとは思いませんが、ROMがだいぶ余っていればRAMブーストをしておくのがおすすめです。

※ ROMの空き容量が少なすぎる場合は、RAMブーストは避けた方がいいです

ワイモバイルのmoto g53y 5Gのキャンペーン価格

ワイモバイルのmoto g53y 5Gのキャンペーン価格

ワイモバイルのオンラインショップで申し込むと、新規なら13,400円、他社からの乗り換えならmoto g53y 5Gが一括1円で買えるキャンペーンを行っています。

ワイモバイルショップ(店舗)でも申し込めますが、機種代金と事務手数料が異なります。

※ ワイモバイルのオンラインショップは送料無料で事務手数料も無料。店舗は事務手数料3,850円

オンラインショップ:新規13,400円、乗換なら一括1円

ワイモバイルのmoto
※ ワイモバのオンラインショップでmoto g53y 5Gを買いました!

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの販売価格は21,995円ですが、新規契約または他社からワイモバイルに乗り換える場合は、大幅割引で買えます。

moto g53y 5Gの機種代金
・新規契約:13,400円
・乗り換え:1円
・ソフトバンク/LINEMO/ソフトバンクMVNOから乗換:21,995円

さらに最大6,000円相当のPayPayがもらえます。

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの詳細と申し込み

購入前のエントリーでPayPay最大6,000円還元

ワイモバイルのmoto g53y 5Gを申し込む前に「新どこでももらえる特典(どこでも特典)」に事前エントリーすると、PayPay最大6000円相当がもらえます。

ワイモバイルを申し込む前に「新どこでももらえる特典」にエントリーすると、PayPayが最大6000円がもらえます。新規・乗り換え特典です。(機種変更は対象外)

  • シンプルS:PayPay最大500円
  • シンプルM/L:PayPay最大6,000円

新どこでももらえる特典のエントリーはこちら

ワイモバイルの新どこでももらえる特典と6000円の増額対象の詳細

エントリーしないとPayPay特典はもらえません。ワイモバイルを申し込んだ後ではエントリーできないので注意してください。

エントリーにはYahoo! JAPAN IDが必要です。今からIDを作ると、エントリーできるのは翌月からです(前月以前に作成したYahoo! JAPAN IDが必要)

※ワイモバイルからの指摘による注記:※PayPayポイントは出金と譲渡はできません。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可能。

シンプルSで十分でもシンプルM/Lでの申し込みがお得

シンプルM/Lで契約して、シンプルSにすぐにプラン変更してもシンプルM/Lの端末価格と特典が適用されるので、シンプルM/Lで契約するのがおすすめします。

※ 機種変更は新どこでも特典はもらえません

機種変更は実質4,940円

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの機種変キャンペーン

ワイモバイルユーザは下記の限定サイトから機種変更すれば、moto g53y 5Gが14,940円で買えます。

さらに10,000円相当のPayPayポイントがもらえるので実質4,940円で機種変できます。すごくお得です。

moto g53y 5Gの機種変更はこちら

シンプルSだと機種代が約4,000円アップ (プラン変更OK)

ワイモバイルはシンプル2のSで契約すると、機種代金が4,000円高くなります。

Sで十分な場合でも、Mで契約して、開通後にSにプラン変更することをおすすめします。Mの機種代金で購入できます。

料金プランはSよりMのほうが月1650円高いですが、初月は日割りなので負担額は少なくなります。

ワイモバイルのプラン変更の仕方

※ ワイモバユーザの機種変更やソフトバンクからの乗り換えの場合、S/M/Lで機種代金は変わりません

ワイモバイルショップだと店舗によって機種代金が変わり割高

ワイモバイルショップでもワイモバイルを申し込むことが出来ますが、店舗によって機種代金が変わります。

ほとんどの場合でネットで申し込むよりも5000円〜1万円くらいは割高になります。さらに店舗で申し込む場合は3850円の事務手数料がかかります。

ワイモバイルの店舗で申し込む場合は、そのワイモバイルショップに電話をかけて機種代金を聞いてから検討することをおすすめします。

超PayPay祭でスマホ代金 全額戻ってくるチャンス(1月8日まで)

ワイモバイルの超PayPay祭でスマホ代金 全額戻ってくるチャンスの詳細

超PayPay祭の期間中なら、ワイモバイルの機種代金をPayPayで支払うと、抽選で全額戻ってきます。2023年11月1日から2024年1月8日までのキャンペーンです。

1等:100%還元
2等:5%還元
3等:0.5%還元
4等:ハズレ

平均で4回に1回、1等〜3等のいずれかに当選します。ただし、当選した場合でもほとんどの場合で3等です。。

1等が当たる確率は0.02%くらいなので考えるだけ無駄です。

超PayPayジャンボの詳細(公式サイト)

ワイモバイルのmoto g53y 5Gを購入するのに必要なもの

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの申し込みで必要なもの

ワイモバイルのmoto g53y 5Gは18歳以上なら契約できます。

購入するのに必要なものは、①本人確認書類、②クレジットカードまたはキャッシュカード、③今の電話番号のまま乗り換えたい場合はMNP予約番号、④Yahoo! Japan IDです。

本人確認書類は運転免許証(両面)またはマイナンバーカード(顔写真の面)のいずれか1点です。スマホで全体の写真を撮っておきます(eSIMなら事前撮影不要)

ワイモバイルはMNPワンストップ対応なので、ほとんどの場合でMNP予約番号なしで乗り換えられます

自分のYahoo! JAPAN IDも用意します。持っていない場合は新規登録します。(無料)

※ 機種変更、またはソフトバンクからの乗り換えの場合は必要なものは特になし
※ 12歳〜17歳の子供名義で契約したい場合は、ワイモバイルショップに親子同伴で来店が必要です。店舗だと事務手数料が3850円かかり、端末価格が高くなる場合があります。(ネットなら事務手数料無料)

ワイモバイルの申し込み手順、必要な本人確認書類、家族割引の詳細

今のスマホ会社がMNPワンストップ対応ならMNP予約番号は不要

ワイモバイルはMNPワンストップに対応しているので、今のスマホ会社もMNPワンストップに対応している場合、MNP予約番号なしで今の電話番号のままワイモバイルに乗り換えられます。

MNPワンストップ対応の事業者:ドコモ / au / ソフトバンク / 楽天モバイル / ワイモバイル / LINEMO / UQモバイル / povo / ahamo / irumo / mineo / 日本通信SIM / LINEモバイル / ジャパネットたかた

例えば、ドコモからワイモバイルに乗り換える場合、両方ともMNPワンストップに対応しているので、MNP予約番号なしに乗り換えできます。

※ 新しい電話番号でも問題ない場合もMNP予約番号は不要です。この場合は新規契約になります。

キャリアメールからGmailへの変更がおすすめ

ワイモバイルに乗り換えてもドコモメール、auメール、ソフトバンクメールなどのキャリアメールを使い続けることができますが、月330円かかります。

Gmailなどの無料のフリーメールに変更するのががおすすめです。(キャリアメール代込みでもワイモバイルのほうが安くなるので、乗り換えてから時間ができた時にメルアド変更でもOK)

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの申し込みに必要なものは、基本的に以上です。簡単に乗り換えられます。

毎月かかる料金の詳細

ワイモバイルの毎月かかる料金:通信料金+通話料金

※ moto g53y 5Gは乗り換えなら一括3,610円なので、初回に機種代を3,610円払うだけです。(乗り換えなら一括13,400円)

ワイモバイルのデータ通信料金

新料金プランデータ量通常料金家族割料金(2回線目以降)おうち割料金
シンプル2 S4GB月2178円月1078円月1078円
シンプル2 M20GB月3828円
1GB以下2728円
月2728円
1GB以下1078円
月2178円
1GB以下1078円
シンプル2 L30GB月4928円
1GB以下2728円
月3828円
1GB以下1078円
月3278円
1GB以下1078円

※ PayPayカードで支払わない場合は月187円値上げ

おうち割料金はSoftBank光/SoftBank Air契約者とその家族向けの料金です。

データを使い切るとシンプルMは最大300kbps、シンプルM/Lは最大1Mbpsの低速に速度制限されます。低速で既定容量の半分(Sは2GB/Mは10GB/Lは15GB)を消費した場合は、当月中は最大128kbpsの超低速に制限されます。

ワイモバイルの通話料金

  • 通話料金(国内通話)
  • オプション無し:30秒22円 ← GCallを使えば30秒8円
  • 10分かけ放題:月880円、1回10分超過後は30秒22円
  • スーパーだれとでも定額:月1980円で24時間かけ放題
  • 留守番電話:無料

ワイモバイルの評判とデメリット&料金プラン総まとめ【契約して徹底評価】

端末保証は必要?

故障安心パックプラス

ワイモバイルのmoto g53y 5Gは故障安心パックプラスという端末保証に加入できます。

故障安心パックプラス:月759円

故障安心パックプラスに入っていれば、ワイモバで購入したmoto g53y 5Gが故障した場合でも無料で修理してくれます。もしくは11,000円で新品同等品と交換してくれます。

moto g53y 5Gは安い機種なので基本的には端末保証なしで、保護ケースに入れて使えば十分です。

スマートフォンセキュリティパックは不要

ワイモバのmoto g53y 5Gはの申し込み時に、オプションで月660円のスマートフォンセキュリティパックがありますが、不要です。

充電器の付属なし、おすすめの充電器

大体の人は持っていると思いますが、持っていない場合は下記のようなものを買っておけば良いです。

moto g53y 5Gのカメラで撮った写真

ワイモバイルのmoto g53y 5Gの外観

ワイモバイルのmoto g53y 5Gは21,996円という低価格スマホにも関わらず、メインカメラは5000万画素です。

  • メインカメラ:5000万画素(F値1.8、ビクセルサイズ0.64um、センサーサイズ1/2.75インチ)
  • マクロ:200万画素(F値2.4、ピクセルサイズ1.75um)

2万円前半のスマホは1300万画素のしょぼいカメラになることが多いですが、moto g53y 5Gはカメラ性能も割と頑張っている・・・

と思ったのですが、実際にmoto g53y 5Gで写真を撮ってみるとカメラの実性能は2万円レベルでした。

明るい場所で撮った写真(公園)

※ 画像をクリックするとオリジナルの大きな画像になります

moto g53y 5Gのカメラ:公園
moto g53y 5G
Pixel7aのカメラ:公園
Pixel7a

明るい場所で風景を撮るような場合は、スマホで見る程度なら2万円のmoto g53yと6万円のPixel 7aのカメラで撮った写真の違いはあまり見分けがつきません。

原寸大に拡大すると違いがわかります。

moto g53y 5Gのカメラ:公園の原寸大拡大
moto g53y 5G (5000万画素)

Pixel7aのカメラ:公園の原寸大拡大
Pixel7a (6400万画素)

moto g53y 5Gのカメラで撮った写真の色がおかしいです。Pixel7aと比較してディテールも失われています。

moto g53y 5Gのカメラ:公園のズーム
moto g53y 5Gの5倍ズーム
Pixel7aのカメラ:公園のズーム
Pixel7aの5倍ズーム

画像をタップしてオリジナルを見てみるとわかると思いますが、ズームして撮った写真だと鮮明さがかなり違います。

明るい場所で撮った写真(線路)

※ 画像をクリックするとオリジナルの大きな画像になります

moto g53y 5Gのカメラ:線路
moto g53y 5G
Pixel7aのカメラ:線路
Pixel7a

Pixel7aと比較してmoto g53y 5Gのカメラで撮った写真は少し薄暗くなってしまいました。

スマホで見るくらいならあまり差は見えませんが、ズームしてみるとmoto g53y 5Gのカメラで撮った写真の荒さが目立ってきます。

moto g53y 5Gのカメラ:線路の4倍ズーム
moto g53y 5Gの4倍ズーム
Pixel7aのカメラ:線路の4倍ズーム
Pixel7aの4倍ズーム
moto g53y 5Gのカメラ:線路の8倍ズーム
moto g53y 5Gの8倍ズーム(最大)
Pixel7aのカメラ:線路の8倍ズーム
Pixel7aの8倍ズーム(最大)

Pixel7aは光学ズームができる望遠カメラは搭載していませんが、高倍率のズームしても割と綺麗に撮ってくれます。

moto g53y 5Gはズームするとボロボロになります。

近づいて撮った写真(花)

moto g53y 5Gのマクロカメラ:花
moto g53y 5Gのマクロカメラ
Pixel7aのカメラ:花
Pixel7aで2倍ズーム

マクロカメラは被写体にかなり近寄って撮れますが、Pixel7aで2倍ズームで撮ったほうが鮮明に写ったりします。。

ただし、moto g53y 5Gのマクロカメラは色がバグりませんが、メインカメラは色がバグったりします。。

moto g53y 5Gのカメラの写真の色がおかしい

撮影環境で変わると思いますが、moto g53y 5Gのメインカメラで撮ると、ピンクの花が紫色になります・・。

moto g53y 5Gのメインカメラの花の写真
moto g53y 5Gのメインカメラで撮ったピンクの花

夜景の写真

※ 画像をクリックするとオリジナルの大きな画像になります

moto g53y 5Gのカメラ:夜景
moto g53y 5G
Pixel7aのカメラ:夜景
Pixel7a
moto g53y 5Gのカメラ:夜景の2倍ズーム
moto g53y 5Gの2倍ズーム
Pixel7aのカメラ:夜景の2倍ズーム
Pixel7aの2倍ズーム

モトローラーの公式サイトには夜もキレイに撮れると記載されていますが、嘘です。

moto g53y 5Gのカメラ性能の評価

スマホで見るくらいならmoto g53y 5Gのカメラでも大丈夫です。ただし、色がバグる場合があります。赤系の色に弱い印象です。

ズームして写真を撮ったり、写真を拡大して見たり、夜景を撮ったりする場合は、moto g53y 5Gのカメラは残念品質になります。

ワイモバイルのAndroidスマホでそれなりの写真を撮りたい場合は、OPPO Reno9Aがおすすめです。

ワイモバイルのOPPO Reno9 Aの違いとキャンペーン価格の詳細

ワイモバイル版のmoto g53yとSIMフリー版のmoto g53j 5Gの違い

moto g53y 5Gとmoto g53j 5Gの違いはRAMと価格です。

違いワイモバイル版SIMフリー版
RAM4GB8GB
価格21,996円34,800円

SIMフリー版のmoto g53j 5GはRAMが8GBもありますが、ほとんど無意味です。6GBもあれば十分です。

ワイモバイル版のmoto g53y 5GはRAMが4GBしかありませんが、少し物足りなさはありますが、2万円前半という価格を考えると十分な安さです。

SIMフリー版のmoto g53j 5Gはコスパが悪いのでおすすめではないですが、ワイモバイル版は安いので結構おすすめです。

他社SIM/eSIMでも使える

ワイモバイルのmoto g53y 5GはLINEMOでも問題なく使えます。SIMロック解除済みなので、SIMロックを解除する必要もないです。

楽天モバイル、povo、ahamo、UQモバイル、IIJmioなど全ての格安SIMで使えます。

この記事の最終更新日 2023年11月20日 / 作成日 2023年6月25日
0 0
この記事は参考になった/良かった

ユーザ登録をしてコメントするとAmazonギフト券プレゼント! (コメントは手動承認が必要になる場合があります)

楽天モバイルの紹介特典
当サイトでイチオシの楽天モバイル!データ無制限・電話かけ放題で月3278円

楽天モバイルユーザになると最大13,000ポイントもらえるのに加えて、楽天モバイルを家族・知人・他人に紹介すると1人につき7000ポイントもらえます!(限定サイトで最大16,000ポイント還元)

楽天モバイルを紹介していたら三木谷さんに直接表彰されました! / 楽モバ紹介の詳細

コメントと実体験を書き込む(口コミ12件)

購読する
通知する
guest

12 の口コミとコメントと実体験
新しい順
古い順 良い順
S.S
2023年10月17日 10:54 AM

楽天を筆頭としたMNO機種ほどではないですが、この機種もワイモバイル専売ということで妙なチューニングをされたせいで電池持ちがおかしくなってるみたいなデータが調べたら出て来たみたいな話がありますね。ワイモバイルのSIMを入れてでさえ電池持ちがエントリーモデルとは思えないほど悪いのに、他のSIMカードだとさらに悪くなっていたというトンデモな話まで……

他に考えられる話としてはただでさえg52jから廉価性能にされたg53jよりずっと安いわけですから、RAM容量以外の見えないところでさらにコストダウンされた部分がある可能性もあり得ますね。

実売で一括1円(ワイモバイルMNP特価)、新古品14000円前後で売られてるスマホに何を期待してるんだって言われればそれまでですし、安かろう悪かろうに比べれば実用に耐えうるんだから、最低限動くなら他なんぞ削られてしかるべきと言えばその通りなんですけどね。

なお新古品を結局買ってしまったので、巷で言われるほどバッテリー持ちが悪いかはおいおい自分でも確かめてみようと思います。……4G契約のSIMカードしか持ってないですが、5Gなんぞどうせまともな実用に関係ないので気にしないつもりです。

いろは
いろは
2023年7月9日 10:58 AM

モトローラ特有のジェスチャー機能がかなり充実している点をレビューに入れてほしいです。
ここは他社機と比較してアドバンテージだと思います。

今回このg53yが安かったので、ようやくmoto機が購入出来ていじって遊んでいます。

RAMが4GBですがブーストで+1GBという点も、記載があると参考になる人もいるかもしれません。(もちろんブーストはあくまでブーストという見解もありますが)

いろは
いろは
  格安SIMの管理人
2023年8月13日 10:21 PM

コメントを拾って反映していただき、どうもありがとうございます。
こちらのサイトには大変お世話になっております。
記事がフェアで芯を捉えているからです。
【おすすめ機種ランキングと性能比較】ばかり読んで次は何を買おうか、楽しくなります。
いつも本当にありがとうございます。

白玉あんみつ
白玉あんみつ
2023年7月8日 3:09 PM

モトローラがどういう意図で、このモデルを市場に投入したのかが語られている記事がありました。
一番のお題目は『「moto g53j 5G」は「moto g52j 5G」の後継機ではない』という事ですね。
 
https://news.biglobe.ne.jp/it/0628/imm_230628_0984793126.html
(行間が詰まって読みにくいかもしれないので、そういう方は元記事のITmedia Mobileを)
 
 
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2306/07/news197_2.html
上のこちらの記事、1ページめ後半からはモトローラの今後の日本での取り組みについて書かれてますが、私が注目したのはこれとは別に、Yモバイルには毎月50万件の意見が寄せられる、という点です(2ページ目の中ほど)
サブブランドのYモバイルで50万件とすると、3大キャリアの規模だとどうだろうとか想像しましたし、ユーザーの声というのは経営の施策に反映するものなんだな、という実感に繋がりました。
 
 
https://news.mynavi.jp/article/mobiletopics-104/?gpt=newspicks&utm_source=newspicks&utm_medium=rss
もう一つ、こちらの記事では、京セラと富士通が端末から撤退した市場のスペースをモトローラが埋めるようになってくるのかも、と想像しました。

いろは
いろは
  格安SIMの管理人
2023年8月13日 10:27 PM

本当におっしゃるとおりですね!
ちょうどいい、をまとめて整えたコスパ機だと感じます。
リフレッシュレートとタッチパネル感度がストレスを感じさせないミドル性能で、逆にロー解像度がSoCに負担をかけずバッテリー持ちに寄与しています。
実にうまいマッチングです😊

いぢち
いぢち
  格安SIMの管理人
2023年7月5日 9:48 PM

記事参考にさせていただいています。
g53yですが、ymobile以外のlinemoにもsimロック解除手続きなしでsim差し替えで使えるのでしょうか?

はむ
はむ
  いぢち
2023年7月7日 8:16 AM

上の記事に管理人さんが、LINEMOで使える、とかかれています。実機確認したらさらに確実とも管理人さんが言われていますが、実機テストの優先度は低いでしょう。

それでもご心配ならば、
「moto g53y 5G 楽天モバイル」
でググってみると、できた、とあります。なので、moto g53y 5G もSIMロックはかかってないです。

バンドも同じソフトバンクなので大丈夫。

あとは、APNを設定するだけかと。

「moto g53y 5Gの購入レビューと詳細スペック[1円スマホ評価]」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント