ワイモバイルの公式オンラインストアを徹底解説&タイムセールとアウトレット情報(事務手数料無料)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (2) / 関連:キャンペーン情報(22) | ワイモバ更新順(22)

ワイモバイルの公式オンラインストアでは事務手数料3300円が無料、最短翌日発送で送料も無料です。SIMのみの申込みなら最大8000円相当のPayPayがもらえます。

端末セットだと3000円相当のPayPayがもらえるのに加えて、端末割引/アウトレット/タイムセール価格でスマホがかなり安く手に入ります。

ワイモバイルのおすすめ機種
・iPhone SE 第2世代 64GB:36,000円
・OPPO Reno3 A:乗り換えなら8,640円
・Libero 5G:10,800円

夜21時〜朝9時のタイムセール
・arrows J:111円

公式ワイモバイルの事務手数料無料とタイムセール

実は結構お得なワイモバイルの事務手数料無料、端末割引、タイムセール(アウトレット)を詳しく解説します。

ワイモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

公式サイトのY!mobileオンラインストア

新どこでももらえる特典のPayPay最大3000円相当にエントリー

ワイモバイルを申し込む場合、まず最初に全員もらえる「新どこでももらえる特典」のPayPay最大3000円相当にエントリーします。

新どこでももらえる特典の事前エントリーでPayPay最大3000円

「新どこでももらえる特典」をエントリーするにはYahoo! JAPAN IDが必要です。

Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合、前月までに作成したYahoo! JAPAN IDが必要です。今から作った場合、特典にエントリーできるのは翌月からです。

ワイモバイルを申し込んだ後ではエントリーできません。PayPayは申込日の翌々月の月末にもらえます。

「新どこでももらえる特典」でもらえるPayPayの有効期限は無期限です。

シンプルSで十分でもシンプルM/Lでの申し込みがお得!

新どこでももらえる特典はシンプルSだとPayPayが500円しかもらえませんが、シンプルM/LならPayPay3000円がもらえます。

シンプルM/Lで契約して、シンプルSにすぐにプラン変更してもシンプルM/Lの特典が適用されるので、シンプルM/Lで契約することをおすすめします。

公式オンラインストアなら事務手数料3300円が無料(送料も無料)

公式サイトのY!mobileオンラインストアで申し込むと事務手数料3300円が無料です。

SIMのみの申し込みでも、格安スマホやiPhoneとセットでも、タイムセールやアウトレット品でも事務手数料は無料になります。

もちろん送料も無料です。

ワイモバイルショップなどの店舗で申し込むと、事務手数料3300円がかかるのに加えて、端末割引も少なくなるので機種代金も高くなるので注意してください。

SIMのみ申し込み:合計で最大8000円相当のPayPayプレゼント

ワイモバイルをSIMのみで申し込む場合、最大8000円相当のPayPayがもらえるキャンペーンを行っています。かなりお得なキャンペーンです。

SIMのみの場合でも事務手数料3300円が無料、送料も無料です。

SIMのみ契約シンプル合計PayPay内訳
新規契約/乗り換えS500円相当どこでも特典500円
M/L8000円相当どこでも特典3000円+PayPayキャンペーン5000円

SIMのみの申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

※「新どこでももらえる特典」とPayPayキャンペーンでもらえるPayPayの有効期限は無期限

ソフトバンク系からの乗り換えは、PayPayキャンペーン5000円は対象外

ソフトバンク系からワイモバイルへ乗り換える場合、シンプルM/Lで申し込んでもPayPay5000円は対象外です。

※ ソフトバンク系:ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル/mineo/nuroモバイル/b-mobile/QTモバイルのソフトバンク回線

SIMのみはシンプルSの人でも、シンプルMで申し込んだほうがお得だけど

シンプルSで十分でもシンプルMで申し込んで、利用開始月の翌月末に5000円のPayPayを受け取ったら、シンプルSに変更するのがおすすめです。

シンプルMにすることで得られるメリット
・利用開始月の翌月末までにPayPay5000円のギフトコードがもらえる。どこでも特典で3000円のPayPayがもらえる。

シンプルMにすることで発生する費用
・利用開始月は1100円の日割り+翌月の月額料金1100円が余分にかかる

PayPayのほうがたくさんもらえるので、シンプルMで申し込んだほうがお得です。

PayPayを受け取る前にシンプルSへ変更すると、5000円のPayPayがもらえなくなる可能性

公式のY!mobileオンラインストアだと、PayPayを受け取る前にシンプルSに変更すると、5000円のPayPayがもらえなくなる可能性があります。

プラン変更は月末21時まで受付

PayPayのギフトコードは、ワイモバイルの利用開始月の「翌月末まで」にメールで届きます。

ワイモバイルのプラン変更は月末21時まで受け付けていますが、最悪な場合は月末21時以降にギフトコードのメールが届く可能性があります・・

ヤフー店ならすぐにプラン変更してもシンプルM/L特典がもらえる

公式のオンラインストアだと、プラン変更すると5000円のPayPayがもらえなくなる可能性がありますが、ヤフー店ならすぐにプラン変更してもシンプルM/L特典がもらえます。

SIMのみを申し込む場合は、ヤフー店のY!mobileストアで申し込むことを強くおすすめします。

ワイモバイルのSIMのみ

ヤフー店のY!mobileオンラインストア

一番お得にワイモバイルのSIMのみを申し込む方法、知ってると最大13,300円相当の特典

ソフトバンク系からの乗り換えは、端末割引の対象外

ソフトバンク系からの乗り換えの場合、端末割引の対象外です。定価購入になります。アウトレットとタイムセール品も対象外です。

※ ソフトバンク系:ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル/mineo/nuroモバイル/b-mobile/QTモバイルのソフトバンク回線

ワイモバイル公式オンラインで買えるおすすめのスマホランキング

※ 公式サイトのY!mobileオンラインストアは事務手数料3300円が無料、送料も無料です。

おすすめ1位:iPhone SE 第2世代、超高性能でコンパクト

iPhone SE

64GB版の定価:57,600円
・新規契約/乗り換え:36,000円

128GB版の定価:64,080円
・新規契約/乗り換え:42,480円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

iPhone SE 第2世代の性能:4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

iPhoneSEは超高性能なので、途中で電池交換(5940円)をすれば最大5年くらい使えます。指紋認証にも対応しています。

手軽なサイズでできるだけ長く快適に使いたい場合に、おすすめです。

iPhone SEの詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

最安値!ワイモバイルのiPhone SE 第2世代を徹底解説

おすすめ2位:OPPO Reno5 A、高性能カメラスマホで良コスパ

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aの定価:39,600円
・新規契約/乗り換え:21,600円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円+OPPOキャンペーンでPayPay3000円

OPPO Reno5 Aの性能:6.5インチ、CPU Sapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+モノクロ200万画素、重さ182グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、5G対応

OPPO Reno5 Aはワイモバイルで2021年6月3日発売の高性能な5G対応スマホです。

旧モデルのOPPO Reno3 Aと比べて処理能力が約2倍、ゲーム性能が約3倍になるSnapdragon 765Gを搭載しているので、なんでもサクサク使える性能になっています。

防水とおサイフケータイにも対応していて、カメラ性能も良いです。比較的安く快適にスマホを使いたい場合におすすめの機種です。

※ ワイモバイルのOPPO Reno5 AはシングルSIMでeSIM非対応です

OPPO Reno5 Aの詳細と申し込み → 公式サイトのY!mobileオンラインストア

おすすめ3位:iPhone 12、大きな画面のiPhoneで一番人気

iPhone 12

64GB版の定価:110,880円
・新規契約/乗り換え:92,880円

128GB版の定価:116,640円
・新規契約/乗り換え:98,640円

256GB版の定価:131,040円
・新規契約/乗り換え:113,040円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

iPhone 12の性能:6.1インチ、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.6)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ162グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

iPhoneで一番売れているのはiPhone SE第2世代、2番目に売れているのがiPhone 12です。iPhone 12は指紋認証には対応していませんが、顔認証対応です。

iPhone SEはコンパクトで安くて指紋認証に対応していることから売れています。iPhone 12は6.1インチの比較的大きな画面で、電池持ちはSEと比べて3割アップします。

スマホをたくさん使う場合でiPhoneを選ぶ場合は、iPhone 12がおすすめです。性能的に電池交換をすれば、6年くらい使えます。128GB版がおすすめです。

iPhone 12の詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

iPhoneを格安SIMとeSIMで使うための完全ガイド

おすすめ3位:OPPO Reno3 A、カメラが良い防水・おサイフケータイ

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aの定価:26,640円
・新規契約:14,400円
・乗り換え:8,640円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

OPPO Reno3 Aの性能:6.44インチ(有機EL)、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aはワイモバイルで2020年8月20日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホです。

比較的高性能なSDM665搭載なので普通に使えます。6.44インチの大画面でカメラ性能も良いです。

基本的にはより高性能なOPPO Reno5 Aがおすすめですが、できるだけ安い機種で良い感じの写真を撮りたい場合や、おサイフケータイや防水対応が欲しい場合に検討してみてください。

※ ワイモバイルのOPPO Reno3 AはシングルSIMです。

OPPO Reno3 Aの詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

OPPO Reno3 Aのレビューと詳細スペック、カメラが良い防水・おサイフケータイ

おすすめ4位:iPhone 12 mini、5.4インチで133グラム

iPhone 12 mini

64GB版の定価:96,480円
・新規契約/乗り換え:78,480円

128GB版の定価:102,960円
・新規契約/乗り換え:84,960円

256GB版の定価:116,640円
・新規契約/乗り換え:98,640円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

iPhone 12 miniの性能:5.4インチ、CPU A14 Bionic、RAM4GB、カメラ1200万画素(F値1.6)+超広角1200万画素(F値2.4)、重さ133グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

5.4インチで133グラム、iPhone 12 miniはiPhoneで一番軽いです。iPhone SE 第2世代よりも性能が1割アップして、電池持ちも1割ちょっとアップします。

iPhone 12 miniは指紋認証には対応していませんが、顔認証対応です。

コンパクトなiPhoneは基本的にはiPhone SE 第2世代がおすすめですが、コンパクトでもできるだけ大きな画面で電池持ち良く使いたい場合は、iPhone 12 miniがおすすめです。

性能的に電池交換をすれば、6年くらい使えます。128GB版がおすすめです。

iPhone 12 miniの詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

おすすめ4位:Libero 5G、超安い5G対応スマホ

Libero 5G

Libero 5Gの定価:25,920円
・新規契約/乗り換え:10,080円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Libero 5Gの性能:6.5インチ、CPU Snapgragon 690 5G、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ1600万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.2)+深度200万画素、重さ202グラム、電池容量3900mAh、防水、おサイフケータイ、5G対応

Libero 5Gはワイモバイルで2021年4月8日に発売された防水・おサイフケータイ・5G対応スマホです。

高性能なスマドラ690 5G搭載なのでサクサク使えます。すごく安く買えますが、全体的に質感が安っぽいです。安さを重視する場合におすすめです。

Libero 5Gの詳細と申込み → 公式のY!mobileオンラインストア

Libero 5Gのレビューと詳細スペック、5G対応スマホで一番安くて、実際に安っぽい

おすすめ5位:Xperia 10 II、比較的軽い縦長・防水・おサイフケータイ対応

Xperia 10 II

Xperia 10 IIの定価:46,800円
・新規契約/乗り換え:25,200円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Xperia 10 IIの性能:6インチ(有機EL)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メインカメラ1200万画素(F値2.0)+超広角800万画素(F値2.2)+望遠800万画素(F値2.4)、重さ151グラム、電池容量3600mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia 10 IIは2020年5月下旬に発売された6インチの縦長ディスプレイで比較的コンパクトなスマホです。

旧モデルのXpeira 8よりも軽くて高性能、そして何よりも電池持ちが大幅アップしています。軽くて電池持ちが良いAndroidスマホでおすすめです。

Xperia 10 IIの詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

おすすめ6位:Android One S8、安いAndroidスマホ

Android One S8

Android One S8の定価:25,920円
・新規契約/乗り換え:4,320円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Android One S8の性能:6.26インチ、CPU Helio P65 MT6768、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1600万画素+800万画素、重さ169グラム、電池容量4100mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

Android One S8は2020年12月17日発売の比較的高性能な格安スマホです。可もなく不可もなくですが、とにかく安く買いたい場合に一番おすすめです。

※ Android One S6が2,160円で販売していますが、S6は低性能なので、少し高くなりますがS8を選ぶことをおすめします。

Android One S8の詳細と申し込み → 公式のY!mobileオンラインストア

おすすめ7位:Xperia 8、安いXperiaスマホ

Xperia 8

Xperia 8の定価:36,000円
・新規契約/乗り換え:14,400円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Xperia 8の性能:6インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素、重さ170グラム、電池容量2760mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia 8は2019年10月に発売された普通性能の格安スマホです。

安さを最重視する場合は、Libero 5GやAndroid One S8がおすすめですが、安くいXperiaスマホが良い場合に検討してみてください。

Xperia 8のレビューと詳細スペック

おすすめ8位:Android One X5、古いけど今でも高性能

Android One X5

Android One X5の定価:54,000円
・シンプルS:36,720円
・シンプルM/L:33,120円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Android One X5の性能:6.1インチ、CPU SDM835、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ158グラム、電池容量3000mAh、防水、おサイフケータイ対応

Android One X5は2018年12月13日発売の6.1インチの縦長ディスプレイを搭載した高性能な格安スマホです。

2年以上前に発売された機種ですが、SDM835を搭載しているので今でも高性能機種です。防水とおサイフケータイに対応している高性能スマホを探している場合に検討してみてください。

高齢者用の格安スマホ:かんたんスマホ2

かんたんスマホ2

かんたんスマホ2の定価:31,680円
・新規契約/乗り換え:10,080円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

かんたんスマホ2の性能:5.6インチ(有機EL)、CPU Mediatek Helio A22 MT6761、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ151グラム、電池容量3300mAh、防水、ワンセグ

かんたんスマホ2は高齢者向けの格安スマホです。かんたんな設定でスマホを使いたい場合に検討してみてください。

おすすめではない:arrows J

arrows Jの価格
・[タイムセール品(アウトレット)] 新規契約:3,960円
・[タイムセール品(アウトレット)] 乗り換え:110円

タイムセール:夜21時〜朝9時

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

arrows Jの性能:5.8インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ166グラム、電池容量2880mAh、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証非対応

arrows Jは2019年11月に発売された低性能の格安スマホです。安さを最重視する場合は、Libero 5GやAndroid One S8がおすすめです。

おすすめではない:Android One S7

Android One S7

Android One S7の定価:26,640円
・新規契約/乗り換え:12,240円

その他の特典:事務手数料3300円が無料、どこでも特典でPayPay最大3000円

Android One S7の性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

Android One S7は2019年12月19日発売の普通性能の格安スマホです。電池持ちが良いです。

値段の割には性能が微妙なので、安さを最重視する場合は、Libero 5GやAndroid One S8がおすすめです。

おすすめではない:Android One S6

Android One S6

Android One S6の定価:23,760円
・新規契約/乗り換え:2,160円

Android One S6の性能:5.84インチ、CPUオクタコア2.3GHz+1.8GHz P35、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ151グラム、電池容量3050mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

Android One S6は2019年12月19日発売の低性能の格安スマホです。安さを最重視する場合は、Libero 5GやAndroid One S8がおすすめです。

その他、ワイモバイルではAndroid One S3も販売していますが、古すぎるスマホで安くもないので無視です。

申し込むのに必要なもの

※ 今のスマを使いたい場合は、ワイモバイルへ乗り換える前にSIMロックを解除します。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合、本人確認書類やMNP予約番号なしに、簡単に乗り換えられます。

ワイモバイルを申し込む時にMy SoftBankにログインする場所があるので、そこからログインするだけで、本人確認書類やMNP予約番号が不要になります。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える手順(番号移行)

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順を徹底解説、今のスマホのままで番号移行

※ ソフトバンクの支払いが「請求書窓口払い」の場合にだけ、口座振替もしくはクレジットカードに支払方法を変更する必要があります

新規契約、またはソフトバンク以外からの乗り換えの場合

ワイモバイルの申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの一点、無い場合は保険証と住民票
  • 本人名義のクレジットカード
  • 今の電話番号のままで乗り換えたい場合はMNP予約番号

スマホやタブレット、ガラケー、デジカメ等で本人確認書類の写真を撮って、申し込むときに画像をアップロードできるようにしておきます。

他社からMNPで乗り換える場合は、申込前にMNP予約番号を用意する

のりかえの場合は、今のスマホ会社に電話をかけてMNP予約番号をもらいます。ネットでもMNP予約番号を発行できます。

※ 新規電話番号での契約の場合は、MNP予約番号は不要です。

MNP予約番号のもらい方

電話でもらうネットでもらう
ドコモケータイから151
固定電話から0120-800-000
受付時間9:00~20:00
My docomo
受付時間24時間
→ログイン→「ドコモオンライン手続き」→「携帯電話ポータビリティ予約」→「解約の手続き」→「手続きを完了する」

ガラケーの場合:i-menu→お客さまサポート→お申し込み・お手続き→各種お申し込み・お手続き

auケータイ・固定電話から0077-75470
受付時間9:00~20:00
my au
受付時間9:00~20:00
My au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き → お問い合わせ/お手続き → MNPご予約
楽天モバイル、その他の格安SIMマイページから発行可能(最大4日かかりますが、通常は1日程度で発行できます)

MNP予約番号の取得日から5日以内に申し込む必要があります。

実際に格安SIMの管理人もワイモバイルのオンラインショップで格安スマホを申し込んでいます。

オンラインで申し込むのは何となく不安な場合は、失敗しないワイモバイルの申し込みのまとめを参考にしてみてください。

最終更新日 2021年6月1日 / 作成日 2020年2月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
2 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
GH
GH
2020年5月1日 5:21 PM

SNSに参戦なさる前から更新される度に参考にさせてもらってます!

>他社から乗り換えでSIMのみの契約
>・プランS:6000円相当のPayPay (どこでも特典3000円+乗り換え特典3000円)
>・プランM/R:9000円相当のPayPay (どこでも特典3000円+乗り換え特典3000円+プランM/R特典3000円)

こちらですが、申込み時にプランMにして9000円相当ゲットした場合、プランSへの変更時期などの縛りはあるのでしょうか?在宅勤務で月4GBで足りそうなので、今月Mで申込み→来月6月からSに変更可能なのかなと、、。もしおわかりでしたらお手すきの時に教えてくださ🙏

「ワイモバイルの公式オンラインストアを徹底解説&タイムセールとアウトレット情報(事務手数料無料)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント