実はお得!本家ワイモバイルは事務手数料3300円が無料&アウトレットとタイムセールの最新情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (2) / 関連:キャンペーン情報(24) | ワイモバ更新順(16)

本家ワイモバイルのオンラインストアでは、事務手数料3300円が無料です。

格安スマホとiPhoneとセットに申し込むと、端末割引やアウトレットとタイムセールのキャンペーン価格が適用されて、PayPayが3000円相当もらえます。

端末大幅割引(実質価格)
・iPhone SE 第2世代 64GB:36,600円 (128GBは43,080円)
・iPhone7:19,320円
・P30 lite:4,128円
・OPPO Reno3 A:18,600円 ← スーパーセール価格
・Xperia 10 II:33,000円 ← スーパーセール価格
・Android X4:マイナス2,020円 ← スーパーセール価格

※ スーパーセールは2020年11月16日午前10時までです。

夜21時〜朝9時のタイムセール(実質価格)
・Libero S10:600円

SIMのみの契約の場合は最大9,000円のPayPayがもらえます。

ワイモバイルの事務手数料無料とタイムセール

実は結構お得なワイモバイルの事務手数料無料、端末割引、タイムセールを詳しく解説します。アウトレットは現在安くないのでスルーします。

※ 注:LINEモバイルのソフトバンク回線は、ヤフー店のワイモバイルのオンラインストアで受け付けています。

ワイモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&ネットの買い物が最安値

本家のワイモバイルのオンラインストア

※ ワイモバイルのキャンペーン情報は全て税込で記載しています。

目次

ソフトバンク回線のMVNOからの乗り換えは、本家ワイモバイルでは受け付けていない

ソフトバンク回線のMVNOからの乗り換えは、本家ワイモバイルでは受け付けていないので注意してください。

※ ソフトバンク回線のMVNO:LINEモバイルのソフトバンク回線、mineo/nuroモバイル/b-mobile/QTモバイルのソフトバンク回線

ソフトバンク回線のMVNOからの乗り換えは、ヤフー店のワイモバイルのオンラインストアで受け付けています

ヤフー店のワイモバイルのオンラインストア

ヤフー店のワイモバイルは5のつく日と日曜日がお得、PayPay増量キャンペーンの最新情報

ソフトバンク回線のMVNOを使っている場合はUQモバイルを検討

ソフトバンク回線のMVNOからワイモバイルへ乗り換える場合は、キャンペーン特典がほとんど対象外なので、UQモバイルへ乗り換えることをオススメします。

UQモバイルなら同じように快適に使えて、UQモバイルの端末が安く買えたり、SIMのみでも1万円のキャッシュバックがもらえます。

iPhone6s以上ならSIMロックを解除すればUQモバイルでも使えます。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック、または最大1万8000円の端末割引

UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

どこでももらえる特典のPayPay3000円相当にエントリー

ワイモバイルを申し込む場合、まず最初に全員もらえる「どこでももらえる特典」のPayPay3000円相当にエントリーします。

どこでももらえる特典の事前エントリーでPayPay3000円

「どこでももらえる特典」をエントリーするにはYahoo! JAPAN IDが必要です。

Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合、前月までに作成したYahoo! JAPAN IDが必要です。つまり、今Yahoo! JAPAN IDを作った場合、どこでももらえる特典にエントリーできるのは翌月からになります。

ワイモバイルを申し込んだ後では、どこでももらえる特典はエントリーできないので注意してください。PayPayは申込日の翌々月の月末にもらえます。

本家ワイモバイルなら事務手数料3300円が無料&送料無料

本家ワイモバイルのオンラインストアで申し込むと事務手数料3300円が無料です。

SIMのみの申し込みでも、格安スマホやiPhoneとセットでも、タイムセールやアウトレット品でも事務手数料は無料です!

ソフトバンクからの乗り換えだけ事務手数料がかかりましたが、2020年4月21日からソフトバンクからの乗り換えでも事務手数料が無料になりました。

もちろん送料も無料です。

ワイモバイルショップなどの実店舗で申し込むと事務手数料3300円がかかるので注意してください。

ヤフー店のワイモバイルのオンラインストアだと事務手数料3300円がかかります。

プランM/Rで申し込んで、すぐにプランSに変更しても大丈夫

プランM/Rで申し込んで、すぐにプランSに変更しても大丈夫です。プランM/R申し込み時の特典が適用されます。

プランSで十分な場合でも、とりあえずプランMで申し込んで、SIMが届いたらプランSに変更することを強くおすすめします。

ワイモバイルとPayPay特典の秘密

ワイモバイルを申し込む時に知らないと損するPayPay特典と端末割引の秘密

プランMはプランSよりも月1000円高くなりますが、ワイモバイルの初月の月額料金は日割りなので、実際の支払額の増加は数百円です。

すぐにプランSに変更すれば、翌月からはプランSの料金で使えます。

サマーセール、タイムセール、アウトレットもプランM/Rで申し込む必要がありますが、これもすぐにプランSに変更しても特にペナルティーはありません。

端末の機種代金割引も、プランM/Rで申し込んで、すぐにプランSに変更する場合でも、申込時のプランM/Rの割引が適用されます。

SIMのみ申し込み:合計で最大9000円相当のPayPayプレゼント

ワイモバイルをSIMのみで申し込む場合、最大9000円相当のPayPayがもらえるキャンペーンを行っています。かなりお得なキャンペーンです。

SIMのみの場合でも事務手数料3300円が無料、送料も無料です。

SIMのみ契約プラン合計PayPay内訳
新規契約
(新規電話番号)
プランS3000円相当どこでも特典3000円
プランM/R9000円相当どこでも特典3000円+PayPayキャンペーン6000円
他社からM乗り換えプランS6000円相当どこでも特典3000円+PayPayキャンペーン3000円
プランM/R9000円相当どこでも特典3000円+PayPayキャンペーン6000円

※ ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)は、乗り換え特典とプランM/R特典は対象外です

SIMのみの申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

ワイモバイルのSIMのみ

一番お得にワイモバイルのSIMのみを申し込む方法

端末大幅割引&ワイモバイルスーパーセール

スマホベーシックプランM/Rを申し込んだ場合、格安スマホが大幅割引で買うことができます。(プランSも割引価格で買えますが、割引額が少し少なくなります)

ワイモバイルスーパーセールの対象機種
・OPPO Reno3 A
・Xperia 10 II
・Androi One S7
・Android One X4

11月16日午前10時までスーパーセール対象機種がさらに安く買えます。

※ ソフトバンクからの乗り換えは機種代金割引の対象外です。

おすすめ1位:iPhone SE 第2世代、超高性能でコンパクト

iPhone SE

iPhone SEの機種代金
・64GB版:57,600円
・128GB版:64,080円

機種代金割引
・プランS:14,400円割引
・プランM/R:18,000円割引 ← こっちを選ぶ

PayPay:どこでももらえる特典の3000円(有効期限2ヶ月間)

実質価格 = 機種代金+事務手数料無料-割引-PayPay3000円

64GB版の実質価格
・プランS:税込40,200円
・プランM/R:税込税込36,600円

128GB版の実質価格
・プランS:税込46,680円
・プランM/R:税込43,080円

iPhone SE 第2世代の性能:4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

iPhoneSE 第2世代はiPhone7よりも処理能力が2倍にアップします。RAMも2GBから3GBにアップするので、より多くのアプリをたくさん使ってもサクサク使える性能です。

iPhone7でも3年くらい使えますが、iPhoneSEは超高性能なので5400円の電池交換をはさめば、最大で6年くらい使えます。

できるだけ長く快適に同じiPhoneを使い続けたい場合に、iPhone SEがおすすめです。

iPhone SEの詳細と申し込み → 本家のワイモバイル

最安値!ワイモバイルのiPhone SE 第2世代を徹底解説

おすすめ2位:P30 lite、バランスが良く比較的高性能

P30 lite

P30 liteの機種代金:22,966円

機種代金割引
・新規:12,240円割引
・乗換:15,840円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・新規:税込7,728円
・乗換:税込4,128円

P30 liteの性能:6.15インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズカメラ(広角2400万画素+超広角800万画素+200万画素)、重さ159グラム、電池容量3340mAh

2018年で一番売れた格安スマホP20 liteの後継機種です。2019年7月に発売されました。

P20 liteと比べて、CPUの性能は1.6倍で比較的高性能、ROMは2倍の64GB、暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズを搭載、広い範囲の風景が撮れる超広角レンズも搭載しました。

バランスの良い格安スマホに仕上がっています。

P30 liteの詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

P30 liteの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ3位:OPPO Reno3 A、防水・おサイフケータイ対応の本命

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aの機種代金:39,600円

機種代金割引
・プランS:14,400円割引 ←スーパーセールの割引額
・プランM/R:18,000円割引 ←スーパーセールの割引額

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・プランS:税込22,220円
・プランM/R:税込18,600円

OPPO Reno3 Aの性能:6.44インチ(有機EL)、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、メインカメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aはワイモバイルで2020年8月20日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホです。

OPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、ROMが64GBから128GBへ倍増、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、OPPO Reno3 Aがおすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno3 Aのコスパはかなり良いです。

※ ワイモバイルのOPPO Reno3 AはシングルSIMです。

OPPO Reno3 Aの詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

PayPayが追加で5000円相当もらえるキャンペーンの適用は、ワイモバイルを契約した後にキャンペーンフォームから応募する必要があります。

OPPO Reno3 Aの詳細スペックと性能レビュー、防水・おサイフケータイの大本命

おすすめ4位:iPhone7、安いiPhone

iPhone7

iPhone7の機種代金:32GB 36,720円 / 128GB 50,400円

32GB版の機種代金割引
・プランS:12,240円割引
・プランM/R:14,400円割引

128GB版の機種代金割引
・プランS:12,240円割引
・プランM/R:15,840円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・iPhone 7の32GB:税込19,320円 (プランS:税込21,480円)
・iPhone 7の128GB:税込31,560円 (プランS:税込35,160円)

iPhone7の性能:4.7インチ、CPU A10チップ、RAM2GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ138グラム、防水対応、Felica対応(SUICA、iD、QUIC Pay)

iPhone6sからiPhone7になって、性能が3割アップして、電池持ちが良くなり、カメラ性能も良くなり、防水とFelicaにも対応しました。便利に長く快適に使えるのはiPhone7です。

iPhone7は2年くらい使える感じの製品寿命です。iPhoneを普通程度に使う場合は32GB版、写真などを多く撮る場合はiPhone SE 第2世代がおすすめです。

iPhone7の詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

おすすめ5位:Xperia 10 II、高性能で縦長・防水・おサイフケータイ対応

Xperia 10 II

Xperia 10 IIの機種代金:54,000円

機種代金割引
・プランS:14,400円割引 ←スーパーセールの割引額
・プランM/R:18,000円割引 ←スーパーセールの割引額

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・プランS:税込36,600円
・プランM/R:税込33,000円

Xperia 10 IIの性能:6インチ(有機EL)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズ(メイン1200万画素(F値2.0)+超広角800万画素(F値2.2)+望遠800万画素(F値2.4))、重さ151グラム、電池容量3600mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia 10 IIは2020年5月下旬に発売された6インチの縦長ディスプレイで比較的コンパクトなスマホです。

比較的高性能なCPUのSnapdragon 665(SDM665)を搭載しています。

旧モデルのXpeira 8よりも軽く高性能で、そして何よりも電池容量もよりも大幅アップして、電池持ちがかなり良くなっています。

Xpeiraのミドルスペックスマホは微妙な機種が多かったですが、Xperia 10 IIはオススメです。

Xperia 10 IIの詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

おすすめ5位:Android One X4、ワンセグ対応(アウトレット)

Android One X4

Android One X4の機種代金:19,800円 (アウトレット価格)

機種代金割引
・新規:14,401円割引 ←スーパーセールの割引額
・乗換:18,820円割引 ←スーパーセールの割引額

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・新規:税込2399円
・乗換:税込マイナス2020円

Android One X4の性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ145グラム、電池容量3100mAh、防水、ワンセグ、おサイフケータイ対応

Android One X4は2018年6月7日発売の5.5インチの縦長ディスプレイを搭載した普通性能の格安スマホです。

防水・ワンセグ・おサイフケータイにも対応しています。

安さを重視する場合は基本性能が良いP30 liteがおすすめですが、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応で安さを最重視する場合にAndroid One X4を検討してみてください。

Android One X4の詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

おすすめ6位:Android One S7、電池持ち特化で普通性能で防水・おサイフケータイ対応

Android One S7

Android One S7の機種代金:26,640円

機種代金割引
・プランS:14,400円割引 ←スーパーセールの割引額
・プランM/R:18,000円割引 ←スーパーセールの割引額

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・プランS:税込9240円
・プランM/R:税込5640円

Android One S7の性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

Android One S7は2019年12月19日発売の普通性能の格安スマホです。

普通性能ですが電池容量が4000mAhもあるので、電池持ちが超良いです。安さと電池持ちを重視する場合におすすめです。

Android One S7の詳細と申し込み → 本家のワイモバイル

おすすめ7位:Xperia 8、比較的安いXperia

Xperia 8

Xperia 8の機種代金:36,000円

機種代金割引
・プランS:12,240円割引
・プランM/R:15,840円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・プランS:税込20,760円
・プランM/R:税込17,160円

Xperia 8の性能:6インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素、重さ170グラム、電池容量2760mAh、防水、おサイフケータイ対応

Xperia 8は普通性能なCPUのSnapdragon 630(SDM630)を搭載した、6インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトなスマホです。

Xperiaは電池持ちが良いXperia 10 IIを選んだほうが良いですが、スマホをあまり使わない場合でXperiaを使い場合に、Xperia 8を検討してみてください。

Xperia 8の詳細と申し込み → 本家のワイモバイル

Xperia 8の詳細スペックと性能レビュー、コンパクトな縦長スマホ

おすすめ7位:Android One X5、高性能で防水・おサイフケータイ対応

Android One X5

Android One X5機種代金:54,000円

機種代金割引
・プランS:17,280円割引
・プランM/R:20,880円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
・プランS:税込33,720円
・プランM/L:税込30,119円

Android One X5の性能:6.1インチ、CPU SDM835、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ158グラム、電池容量3000mAh、防水、おサイフケータイ対応

Android One X5は2018年12月13日発売の6.1インチの縦長ディスプレイを搭載した高性能な格安スマホです。

SDM835の高性能なCPUを搭載した、防水、おサイフケータイ対応スマホです。価格はワイモバイルの機種の中で一番高いですが、防水とおサイフケータイに対応している高性能スマホを探している場合に検討してみてください。

Android One X5の詳細と申し込み → 本家のワイモバイル

高齢者用の格安スマホでおすすめ1位:かんたんスマホ

かんたんスマホ

かんたんスマホの機種代金:31,680円

機種代金割引
・15,840円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
税込12,840円

かんたんスマホの性能:5インチ、CPU SD430、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ142グラム、電池容量2600mAh、防水、ワンセグ

60歳以上の人で電話を良くするする場合に検討する機種です。

かんたんスマホの詳細と申し込み → 本家のワイモバのオンラインストア

高齢者用の格安スマホでおすすめ2位:かんたんスマホ2

かんたんスマホ2

かんたんスマホ2の機種代金:41,760円

機種代金割引:15,840円割引

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
税込22,920円

かんたんスマホ2の性能:5.6インチ(有機EL)、CPU Mediatek Helio A22 MT6761、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ151グラム、電池容量3300mAh、防水、ワンセグ

60歳以上の人で電話を良くするする場合に検討する機種です。

かんたんスマホ2は、かんたんスマホよりも処理能力が1割ちょっとアップして、画面が縦に長くなりました。

ただ、性能がちょっと良くなっただけで価格が1万円アップするので、安く買えるかんたんスマホがおすすめです。

かんたんスマホ2の詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのト

タイムセールで端末大幅割引

ワイモバイルでは夜21時から朝9時まで、タイムセールで格安スマホが大幅割引で買えます。

※ プランM/Rで申し込む必要があります。
※ ソフトバンクからの乗り換えはタイムセール対象外です。

おすすめ7位:Libero S10、安さ最重視のAndroidスマホ

Libero S10

Libero S10の機種代金:23,760円 → タイムセールで税込3,600円

実質価格(事務手数料無料+PayPay3000円相当)
税込600円

Libero S10の性能:5.7インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、デュアルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ165グラム、電池容量3100mAh、防水対応

Libero S10は2019年11月8日に発売された、低性能の防水対応スマホです。

Libero S10の詳細と申し込み → 本家のワイモバイルのオンラインストア

Android One S5、普通性能で防水対応

Android One S5

Android One S5の機種代金:28,800円 → タイムセールで税込10,800円

Android One S5の性能:5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ149グラム、電池容量2700mAh、防水対応

Android One S5は2018年12月21日発売の5.5インチの縦長ディスプレイを搭載した低性能な格安スマホです。安い防水対応スマホを探している場合に少し検討するくらいです。

その他の割引端末

※ ソフトバンクからの乗り換えは割引対象外です。

Android One S6、壊れにくい普通性能で防水・おサイフケータイ対応

Android One S6

Android One S6の機種代金:36,000円

機種代金割引
・14,400円割引

Android One S6の性能:5.84インチ、CPUオクタコア2.3GHz+1.8GHz P35、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ151グラム、電池容量3050mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

Android One S6は2019年12月19日発売の普通性能の格安スマホです。

普通性能ですが耐衝撃に対応しているので、スマホを落として壊しやすい人の場合におすすめです。

ワイモバイルにはこの他にも扱っているスマホがありますが、微妙すぎるので紹介は省略します。

ワイモバイルを申し込むのに必要なもの

※ 使っているスマホをそのまま使いたい場合は、ワイモバイルへ乗り換える前にSIMロックを解除します。

ワイモバイルの申し込むのに必要なもの

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの一点、無い場合は保険証と住民票
  • 本人名義のクレジットカード
  • すでにスマホやガラケーを使っていて電話番号をそのままで使いたい場合はMNP予約番号 (ソフトバンクからの乗り換えならMNP予約番号は不要です)

スマホやタブレット、ガラケー、デジカメ等で本人確認書類の写真を撮って、スマホやパソコン、タブレット等で申し込むときに画像をアップロードできるようにしておきます。

実際に格安SIMの管理人もワイモバイルのオンラインショップで格安スマホを申し込んでいます。

オンラインで申し込むのは何となく不安な場合は、失敗しないワイモバイルの申し込みのまとめを参考にしてみてください。

補足事項:MNP予約番号のもらい方

電話でもらうネットでもらう
ドコモケータイから151
固定電話から0120-800-000
受付時間9:00~20:00
My docomo
受付時間24時間
auケータイ・固定電話から0077-75470
受付時間9:00~20:00
my au
受付時間9:00~20:00
My au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き → お問い合わせ/お手続き → MNPご予約
ソフトバンクMNP予約番号は不要で乗り換えられます
楽天モバイルメンバーズステーション
受付時間24時間
その他の格安SIMマイページから発行可能(最大4日かかりますが、通常は1日程度で発行できます)

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合(番号移行)は、本家ワイモバイルのオンラインストアからなら、MNP予約番号なしで乗り換えられます。

ヤフー店のワイモバイルのオンラインストアだと、ソフトバンクからの乗り換えの場合でもMNP予約番号が必要です。

最終更新日 2020年10月21日 / 作成日 2020年2月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
2 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
GH
GH
2020年5月1日 5:21 PM

SNSに参戦なさる前から更新される度に参考にさせてもらってます!

>他社から乗り換えでSIMのみの契約
>・プランS:6000円相当のPayPay (どこでも特典3000円+乗り換え特典3000円)
>・プランM/R:9000円相当のPayPay (どこでも特典3000円+乗り換え特典3000円+プランM/R特典3000円)

こちらですが、申込み時にプランMにして9000円相当ゲットした場合、プランSへの変更時期などの縛りはあるのでしょうか?在宅勤務で月4GBで足りそうなので、今月Mで申込み→来月6月からSに変更可能なのかなと、、。もしおわかりでしたらお手すきの時に教えてくださ🙏

「実はお得!本家ワイモバイルは事務手数料3300円が無料&アウトレットとタイムセールの最新情報」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント