ahamoと楽天モバイルを徹底比較、両方契約して違いを解説!

ahamo(アハモ)と楽天モバイルの違いを徹底比較します。

ahamoは20GB月2970円、100GB月4950円、5分かけ放題付き、通信速度は超速いドコモ品質です。

楽天モバイルは3GB以下1078円、20GB以下2178円、無制限3278円の段階制プランです。楽天リンクで通話料金が無料、楽天市場のポイントが最大3.5倍アップです。

ahamoと楽天モバイルを徹底比較

ここではahamoと楽天モバイルの両方を契約して色々試している格安SIMの管理人が、違いをできるだけわかりやすく比較します。

都市部なら楽天モバイルでも困ることはほとんどないですが、旅行など行動範囲の広い人や郊外で使うことが多い場合は、ahamoがおすすめです。

楽天モバイルの詳細と申し込みはこちら

ahamoと楽天モバイルの比較まとめ

ahamoと楽天モバイルの比較をまとめると下記になります。

主な違いはデータ通信料金、通話料金、取扱機種、サービスエリア、通信速度、海外利用です。

ahamo楽天モバイル
3GB以下月2970円月1078円
3GB〜20GB月2178円
20GB〜無制限月4950円 (100GBまで)月3278円
事務手数料0円0円
違約金なしなし
通話料金5分かけ放題が無料 (超えると30秒22円) 無料 (楽天リンクで時間無制限でかけ放題)
留守番電話なしあり (無料)
キャンペーンドコモユーザ以外は最大1万円相当のポイント最大24,000円相当のポイント
楽天市場ポイント16倍
使える機種iPhone6s以上、Androidスマホもだいたい使えるiPhone6s以上、Androidスマホは使える機種が少ない
通信速度超速い。低速は1Mbps速い。パートナー回線で月5GBを超えると1Mbpsに制限
サービスエリア99.9%以上98%
サポートチャット/電話/店舗だと1回3300円チャット/電話/店舗
海外利用20GBまで追加料金なし(14日間)、通話料金は1分100円以上2GBまで通常の料金プラン(超えたら1GB500円でチャージ可)。楽天リンクで通話料金無料
契約オンライン/店舗だと手数料3300円オンライン/店舗

下記からahamoと楽天モバイルの違いをできるだけ詳しく説明します。

ahamoと楽天モバイルの料金の違い

ahamoと楽天モバイルの料金の比較まとめ

月額料金などの比較

ahamo楽天モバイル
3GB以下月2970円月1078円
3GB〜20GB月2178円
20GB〜無制限月4950円 (100GBまで)月3278円
事務手数料0円0円
違約金なしなし

ahamoは20GBと100GBの2プランです。楽天モバイルは実際に使ったーデータ量で料金が変わる段階制です。

ahamoと楽天モバイルの料金を比較すると、楽天モバイルの方が安く使えます。

通話料金と留守番電話対応の違い

ahamo楽天モバイル
通話料金5分かけ放題が無料 (超えると30秒22円) 無料 (楽天リンクで時間無制限でかけ放題)
留守番電話なしあり (無料)

ahamoは5分かけ放題が無料で付いていきます。時間無制限のかけ放題は月1100円です。

楽天モバイルは楽天リンクを使えば、無料で時間無制限でかけ放題です。楽天リンクの通話品質の評判は、良い14%、普通41%、悪い45%です。なんとも微妙な評価です・・。

Rakuten Link(楽天リンク)の評判と通話品質

楽天リンクの評判は?通話品質を420人が回答

ahamoは留守番電話非対応ですが、楽天モバイルなら留守番電話が無料で使えます。

キャンペーンの比較

ahamoと楽天モバイルのキャンペーンを比較すると、楽天モバイルのほうがお得に契約できます。

ahamoは10,000円相当のポイント還元ですが、楽天モバイルなら最大24,000円相当のポイントがもらえます。

楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ [2023年] 新規と乗り換え特典

ここでは楽天モバイルの最新のキャンペーン情報をまとめています。

楽天モバイルを新規契約または他社から乗り換えると、SIM/eSIMのみなら最大10,000ポイント、端末セットは最大24,000円相当おトクに買えます。

  • SIMまたはeSIMのみ:8,000pt+エントリーで2,000pt
  • Androidスマホ:3,000pt+16,000円割引
  • iPhone:最大24,000pt

事務手数料も無料です。楽天モバイルなら新規でも乗り換えでも同じキャンペーン特典が適用されます。キャンペーン終了日は未定です。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細 (公式サイト)

ahamoと楽天モバイルの速度の違い

ahamoと楽天モバイルの速度の比較まとめ

高速通信の速度比較

ahamoと楽天モバイルの速度を比較すると、基本的にはahamoの方が速度が速いです。

ahamoはドコモの電波を使っていてドコモと同じ速度が出ます。

場所によって通信速度は変わりますが、個人的な予想は全ユーザを平均すると、ahamoの平均速度は60Mbps、楽天モバイルの平均速度は20〜30Mbpsくらいな感じがします。

楽天モバイルの速度でも困ることはほとんどないですが、速度重視だとahamoに軍配が上がります。

低速時の速度の違い

楽天モバイルは実際に使ったデータ量で料金が変わるので、常に高速通信になります。パートナー回線エリアの場合は月5GBを超えると1Mbpsに制限されてしまいますが、対象者は全体の5%くらいだと思われます。

ahamoの20GBプランの場合は、20GBを使い切ると1Mbpsの低速に制限されます。ahamoは余ったデータの繰越非対応です。

サービスエリアの違い

ahamoと楽天モバイルのサービスエリアを比較すると、ahamoの方が広くて電波が安定します。

ahamoはドコモの電波を使っていうので、人口カバー率は99.9%です。楽天モバイルは98%です。

数字ではそんなに違いはありませんが、行動範囲の広い人や郊外でよく使う場合は、ahamoがおすすめです。

楽天モバイルエリアの評判

1000件以上!楽天モバイルエリアの都道府県別の口コミを集めた

対応機種と取扱機種の違い

iPhone6s以降ならahamoでも楽天モバイルでも使えます。

Androidスマホの場合は、ahamoならほとんどの機種が使えますが、楽天モバイルだと使える機種が限られています。

ahamoと楽天モバイルの取扱機種(販売機種)の違い

ahamoではスマホをほとんど販売していません。売っているように見えるかもですが、実際にはドコモオンラインショップでの購入しになり、あまりお得には購入できません。

楽天モバイルならキャンペーンで格安スマホやiPhoneを割安に購入できます。

楽天モバイルのおすすめ機種ランキングと入荷情報

楽天モバイルのおすすめ機種ランキングと性能評価

新しいスマホが必要な場合は、楽天モバイルがおすすめです。

サポートの違い

ahamoも楽天モバイルもサポートはあまり重視しない方が良いです。

ahamo
・問い合わせ:チャット、店舗で1回3300円
・申し込み:オンライン、店舗だと手数料3300円

楽天モバイル
・問い合わせ:チャット、電話、店舗
・申し込み:オンライン、店舗

ahamoも楽天モバイルも手取り足取りみたいなサポートはしていません。

楽天モバイルは申込時だったら、店舗で手取り足取り教えてくれるかもですが、申し込みが終わったら店舗でのサポートは一部を除いて対象外です。

正直、契約後に何のスマホのサポートが必要なのか謎ですが、サポートを重視する場合は料金が高いですがドコモ、au、ソフトバンクのままが無難です。

ahamoと楽天モバイルの海外利用の違い

海外でahamoは20GB(14日間)、楽天モバイルは2GB使える

海外でスマホを使いたい場合、ahamoなら追加料金なしで20GBまで海外で使えます。ただし、海外で15日以上になると速度が128kbpsに制限されます。

楽天モバイルなら海外で2GBまで追加料金なしに使えます。2GBを超えると速度が128kbpsに制限されますが、1GB500円でチャージできます。

海外でahamoは通話料金1分100円以上、楽天モバイルの海外通話は無料

ahamoは海外から日本へ電話をかけたり、海外で電話を着信できますが、通話料金が1分100円以上かかります。(着信時も通話料金がかかります)

楽天モバイルなら楽天リンクを使えば、通話料金が無料です。(iPhoneは楽天リンクでも海外で着信料金がかかります)

※ 楽天リンクで日本以外の電話番号へ電話をかける場合は、国際通話料金がかかります

結局どっちが良い?

個人的には安い楽天モバイルを試して、良い感じに使えれば楽天モバイルを継続して、電波などで不満な場合はahamoに乗り換えがおすすめです。

楽天モバイルの詳細と申込み (公式サイト)

楽天モバイルで問題なく使えれば、楽天モバイルのほうがahamoよりも料金が安く、通話料金も無料です。キャンペーンもお得です。

もし楽天モバイルの電波が悪かった場合、楽天モバイルからahamoへ乗り換えれば良いだけです。

事務手数料もかからないですし、違約金もなし、乗り換え費用もかかりません。楽天モバイルで使えるスマホなら、ほとんどの場合でそのスマホでahamoが使えます。

楽天モバイルにしないほうが良い人

行動範囲が広い人、旅行が好きな人、出張が多い人、仕事で使っている人、郊外に住んでいる人は、楽天モバイルの電波だと不満に感じる可能性が高くなるので、ドコモ品質のahamoがおすすめです。

ahamoの詳細と申し込みはこちら (公式サイト)

4 1
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

コメントを書き込む(口コミ20件)

購読する
通知する
guest

20 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
島村ジョー
島村ジョー
2021年6月9日 2:37 AM

普通に考えて楽天モバイル

魔滅の剣
魔滅の剣
2021年1月21日 9:53 PM

管理人様、こんばんは。
BIGLOBEのiPhoneSE(第2世代)で物理SIMをBIGLOBE
(今月DプランからAプランに変更)で、先月の初めから
Rakuten UNLIMITをeSIMで使っております。
個人的には、楽天リンクの通話品質は全く問題無い水準だと
思っています。
アプリのSMARTalkみたいな本当に酷い品質だと思って
いたので、この点ではいい意味で予想を裏切られました。

一方で通信に関しては良くも悪くも予想外です。
自分の自宅は東京と神奈川の県境に近い川崎市で、職場は
世田谷区を中心とした東京なのですが、自宅では最初だけ
30~40Mbpsの速度が出たものの、それ以降は数百Kbpsしか
出ません。
そして、東京都内で居ても、この数百Kbpsしか出ないケースが
結構多いです。
楽天リンクのアプリで確認する限り、パートナー回線にはなって
おらず、使い切っての1Mbps状態という訳でも無いようなのですが……。
グーグルマップの使用や通常のブラウジングではさほど
問題ありませんが、ちょっと重いアプリを使うとイライラします。
東京の屋外で圏外になる事は滅多にありませんが、鉄筋コンクリートの
建物や地下の施設に入ると割とあっさり圏外になります。
なお、その状況でもBIGLOBEは問題なく使え、100Mbpsを超える
驚異的な速度を出した事もありました。

総論として、現在の安定性では無料でなんとか使える、同じ
金額ではahamoと太刀打ちは出来ないと思います。

魔滅の剣
魔滅の剣
  格安SIMの管理人
2021年1月23日 9:59 PM

こんばんは。
月2980円付近の価格帯だと、自分の用途だとahamoどころか
BIGLOBEのA回線の方がまだ得かな~と思ってしまいます。
A回線、想像以上に安定して速いです。

ステップ
ステップ
2020年12月13日 11:59 AM

どぉも

『だいたい使える』楽天モバイルですが、これは実績ですよね。かたやahamoの『絶対品質』ですが、これは現行のドコモ品質のことですよね。
だとすると、比較の対象になっていないというミスを犯しています。

NTT社にahamoをサブブランドで開始するという目論見があったのだとすると、本体とは別の回線で運用しようとしていた可能性あります。その場合、『高くて長期割引も無いけど、メアド変更が面倒なので使っている』ために高品質を維持しているNTT回線は使えません。

エントリーはしましょう。で、3月の人柱さんの感想を聞いた後にMNPを決めた方が、リスクは小さいと思います。逆張り(笑)的には、UQとワイモバの対楽天モバイル商品(2980円)のデータ品質(常時1Mbps)が向上すると思いますので、もりもりキャンペーンを待っているところです。

ナナシ
ナナシ
  ステップ
2020年12月13日 12:42 PM

ドコモ社長の発言で、
「他の(NTTドコモの)プランと、通信品質にはいっさい違いがない」とのこと

ハイパー
ハイパー
2020年12月13日 7:37 AM

日本通信の合理的スマホ料金も良いんじゃないでしょうか?

HS
HS
  格安SIMの管理人
2020年12月16日 2:04 PM

https://kakuyasu-sim.jp/speed/nihon-tsushin
宣伝効果もあったのでしょうが始まって一ヶ月経たずお昼休みの速度低下をしている時点で日本通信でahamoに対抗するのは無理だと思います。
お昼休みの速度低下を許容できる方には良いかもしれませんが、管理人様が日本通信のページで繰り返し書かれているように日本通信の経営状況は最悪なのでリスクが高い思います。

HS
HS
2020年12月12日 2:15 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人様amahoと楽天の比較記事お疲れ様です。

無料期間中に楽天がどこまで通信エリアと広さと電波の強さを増強できるかで存亡が決まりそうですね。

以下は個人的な推測ですが

wi-fi環境がなく自宅での通信も全てモバイル通信で賄うようなヘビーユーザーを除くと9割以上の方はahamoの月20GBで足りてしまうと思うんですよ
当初の楽天としては無制限で使い放題と言う謳い文句でインパクトと安心感を与えつつ、超使う(50GB~100GB以上)ヘビーユーザー、そこそこ使う(10GB~20GB)ミドルユーザー、あまり使わない(10GB未満)ライトユーザーという人達が満遍なく来るのを想定していたと思うのですよね。

ところがどっこい通信エリアと通信品質で圧倒的に優り同料金のahamoができてしまったため無料期間が終わったらミドルユーザー以下がごっそり抜けてヘビーユーザーばかりが集まってしまい、そうなったら行き着く先はぷららを始めとした無制限の格安simと同じ結末だと思うんですよね・・・・

ぷららはMVNOですし楽天はMNOなので一概な比較はできませんが相当まずい状態だと思います。
流石にこの状況を黙っているはずもないので楽天の次の一手に期待したいと思います。

ぐま
ぐま
2020年12月12日 5:54 AM

“だいたい使える”ってのが、インフラとしては致命的。
例えば電気や水道やガスが“だいたい使える”って言っているのと同じことだからね。

yamaoku
yamaoku
  ぐま
2020年12月12日 11:20 AM

基地局の増設で早く安定してくれたらいいですね。
でもバンド3しか持ってない時点で、大手3キャリアと並ぶのは無理な気がしちゃいますね。
(屋内とか地下は数年後も不安定だったりして…笑)

ぐま
ぐま
  yamaoku
2020年12月12日 1:51 PM

瞑想です。
楽天を潰したら政権はたたかれます。
政府の大手キャリアを念頭においた値下げ要請で、ヘマをしたキャリアもありようで、もし次にプラチナバンド割当を決めるとすれば。
の話もあり少なくとも楽天無料期間は様子見です

あかさたな
あかさたな
  ぐま
2020年12月13日 6:12 AM

インフラの重要度に関する考え方の違い。
極論だけど、電気ガス水道はなくなったら普通に生活することはできないが、通信インフラは使えなくなっても、大きな不便はあれど何とか生きていける。
インターネットが発達したのは、この20~30年だし、災害時には公衆電話があるからね。

ぐま
ぐま
  あかさたな
2020年12月13日 9:21 AM

それは違うと思う。
単身世帯が増え、固定電話も無いこの時代で、110番や119番に掛かるのは携帯電話しかない。
重要なインフラだと思う。

最終更新日 2022年12月24日 / 作成日 2020年12月11日
「ahamoと楽天モバイルを徹底比較、両方契約して違いを解説!」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント