ドコモのahamoと楽天モバイルの違い、どっちが良い? ドコモの絶対品質vs楽天1年無料でギガ使い放題

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (16) / 関連:ドコモ更新順(11) | 楽天モバイル更新順(53)

ドコモのahamoと楽天モバイルの違いを徹底解説します。ahamoも楽天モバイルも月額料金は2980円で同じですが、サービス面がいろいろ違います。

ドコモのアハモは2021年3月開始で、月2980円で20GB、使い切ったら1Mbps、5分かけ放題付き、通信速度はドコモ品質です。

楽天モバイルのRakuten UNLIMITは、300万人まで1年間無料、2年目以降は月2980円、楽天回線エリアはギガ使い放題、楽天リンクで24時間かけ放題、速度も電波が悪くなければいつでも速いです。

ドコモのahamoと楽天モバイルの違い、どっちが良い?

これだけだったら、楽天モバイルのほうがお得ですが、楽天モバイルのキーワードは「だいたい使える」です。「絶対使える」にはなっていません。

ここではドコモを契約しつつ、楽天モバイルも契約して色々試している格安SIMの管理人が、両者の違いとどっちが良いかを解説します。

ドコモのahamoの公式サイト

すごすぎるドコモの新料金プラン、ahamo(アハモ)を徹底解説

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

結論:楽天モバイルは1年無料で使えるから、とりあえず無料で使って、その後に月20GB以下ならahamoや他の格安SIMに乗り換えれば良い。でも、絶対使えないと許さんみたいな人は最初から絶対品質のahamoにしてください。

ahamoと楽天モバイルの違いの早見表

ドコモのahamo楽天モバイル
月額料金2980円1年無料、2年目以降は2980円
データ容量20GB、使い切ったら1Mbps楽天回線エリア:ギガ使い放題
パートナーエリア:5GB、使い切ったら1Mbps
無料の通話時間5分かけ放題、超えると30秒20円楽天リンクで国内通話は時間無制限でかけ放題
使える機種ドコモのVoLTE対応機種(詳細不明)楽天回線対応機種(iPhoneXR以上は可)
サービスエリア無敵だいたい使える(+月480円でほとんど使えるに改善)
通信速度いつでも速い速いが、詰まるときがある
サポートないあるけど、ないものとして考える
契約オンラインオンラインと店舗
満足度100%80%

① 月額料金とキャンペーンの違い

ドコモのahamoも楽天モバイルも月額料金は月2980円ですが、楽天モバイルなら先着300万人まで月額料金が1年間無料です。

楽天モバイルが300万人を突破するのは、2021年4月か5月頃になると思われます。

事務手数料は両方とも無料です。

キャンペーンの違い

ahamoはサービス開始前の先行エントリーをすると、dポイントが3000ポイントもらえます。

楽天モバイルの場合は、SIMのみの契約だと楽天ポイントが5000ポイント、端末セットだと最大2万5000ポイントもらえます。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、1年無料&最大2万5000ポイント&格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら通常かかる事務手数料3300円が無料、さらにSIMのみなら楽天ポイントが5000ポイント、格安スマホとセットだと追加で最大2万ポイントもらえます。

キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

キャンペーンの詳細はこちら → 楽天モバイルの公式サイト

ahamoも端末セットだと何か特典がもらえるかもですが、現時点では何も発表されていません。あったとしても、微妙な特典になると思います。

楽天モバイルで買った格安スマホはahamoで使える?

Rakuten Hand/BIG/miniは無理ですが、それ以外の機種ならahamoで使えると思います。(5年以上前に買った機種とかだと無理だと思います)

ただ、ドコモがahamoで使える機種をまだ公開していないので、現時点では使えると思うけど、確実ではないといった感じです。

② データ容量の違い

ahamoは月20GBまで使えて、使い切ると速度が1Mbpsに制限されます。

楽天モバイルは使う場所によって使えるデータ容量が変わります。

楽天回線エリア:データ使い放題ですが1日で10GBを超えると、その日は夜12時まで3Mbpsに制限

パートナー回線エリア:月5GBまで使えて、使い切ると速度が1Mbpsに制限

楽天モバイルエリア(楽天回線エリア)

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリアとパートナー回線の違いと最新情報を徹底解説

楽天回線エリアの人口カバー率は2020年12月時点で73.8%、2021年夏頃までに96%に拡大予定です。

楽天回線エリアでも電波が弱いと、月5GBのパートナー回線になる場合があります。そういった場所も楽天回線エリアの拡大とともに解消されていくと思われます。

③ 無料の通話時間の違い

ahamoは5分かけ放題が無料で付いてきます。1回の通話が5分を超えたら30秒20円です。

楽天モバイルは楽天リンクを使えば、時間無制限で国内通話が無料でかけ放題です。

ahamoは通常の電話回線を使って電話をしているので、音質は常に良いです。

楽天モバイルの楽天リンクはRCSというIP電話です。69%の人は音質が普通〜良いと評価していますが、31%の人はだいたい悪いと評価しています。

楽天モバイルの無料通話は電話を良くする人や、長電話をする人、仕事にも使う場合はおすすめではありません。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビュー

楽天リンクのレビューと裏技的な使い方まで、通話品質/SMS認証/非通知

④ 使える機種の違い

アハモを使うにはドコモのVoLTEに対応した機種が必要です。

5年以上前のスマホを引っ張り出してこなければ、ドコモのスマホならahamoで使えると思いますが、詳細はまだ公開されていません。

iPhone 6s以上ならおそらく大丈夫です。かなり古い機種でなければ格安スマホの多くも大丈夫だと思いますが、ソフトバンクとauのAndroidスマホだと対応していない可能性が高いです。

楽天モバイルはiPhoneXR以上なら使えます。Androidスマホだと楽天モバイルで使えない可能性が高いです。

楽天回線対応製品は本当に必要?

楽天モバイルで楽天回線対応製品は本当に必要?今のスマホで使えないのか徹底解説

楽天モバイルなら端末セットで申し込むと最大2万5000ポイントもらえるので、Androidスマホを買っても悪くないです。

⑤ サービスエリアの違い

ドコモのアハモならサービスエリアは最高です。アハモは3G回線は使えませんが、どこぞの山奥にでも入っていかなければ関係ないです。

楽天モバイルは圏外になる場所があります。鉄筋コンクリートの頑丈な建物、大規模なモール、高層階、地下が苦手です。

圏外になるとおサイフケータイは使えますが、PayPayなどのQRコード決済やポイントアプリなどは使えなくなります。楽天アンリミットとPayPayの相性は悪いです。

また、楽天モバイルはパートナー回線のローミングの廃止で、一部エリアで短期的に圏外になる場合があります。そういう場所に住んでいる場合は、楽天に問い合わせればドコモ回線の端末を貸してくれます。

楽天モバイルがつながらない圏外の場合

楽天モバイルがつながらない圏外の場合に読む対策ページ、電波なし/通信障害/バンド3とローミングエリア終了問題

楽天モバイルで8割くらいの人は満足していますが、2割くらいの人はサポートやサービスエリアで不満を抱いています。

楽天モバイルは基地局をかなりのペースで設置してサービスエリアが拡大していますが、ほとんどの人を満足させるくらいになるには、まだ時間がかかります。

⑥ 通信速度の違い

ドコモのahamoは通常のドコモプランと同じく、有利不利が無い速度で使えます。つまり、ドコモユーザは今までと同じ使い勝手で使えます。

楽天モバイルも電波が悪くなければ、いつでも速い速度でネットが使えます。

ただし、楽天モバイルはたまに詰まった感じ、読み込みが止まることがあります。たまに起きる程度なので、ほとんどの人は気にしないと思いますが、中には気になる人もいるかもしれません。

⑦ サポートの有無の違い

docomoのahamoは、ドコモショップ等の店舗では申し込めません。オンライン契約のみ受け付けています。契約前も契約後も、何かあってもドコモショップは使えません。

ahamoだと電話での問い合わせも無い可能性があります。現時点はどこにも問い合わせる場所がありません。サービス開始前にチャットで問い合わせが可能になるくらいです。

楽天モバイルは店舗とオンラインで申し込めます。

店舗があるといっても新規契約ができるくらいです。スマホの調子が悪くなったから見てほしいとかはやってないです。

楽天モバイルは電話での問い合わせやチャットでの問い合わせに対応しています。ただし、一般的な質問なら大丈夫だと思いますが、少しでも難しい質問だと、回答を間違えたりするのであまり役に立ちません。

ahamoも楽天モバイルもサポートは無いものとして考えたほうが良いです。

ネットで検索できる人ならサポートは不要です。簡単な検索もできない人は、ahamoも楽天モバイルもやめたほうが良いです。

で、結局どっちが良いんだい?

同じ2980円の料金だったら9割の人はドコモのahamoがおすすめです。

ただし、楽天モバイルは最初の1年間は無料で使えます。

とりあえず楽天モバイルを1年無料で使って、2年目になったら、20GBを超えて使っているならそのまま、20GB以下ならahamoや他の格安SIMに乗り換えるのがおすすめです。

ドコモから楽天モバイルへMNPでの乗り換え手順の詳細

ドコモから楽天モバイルへ乗り換える全手順を徹底解説

楽天モバイルなら事務手数料無料、MNP転出手数料無料、お金もかからずに自由に乗り換えできます。2年縛りも自動更新もないです。

楽天アンリミットの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

大体の人は満足して使えていますが、絶対ちゃんと使えないと許さんみたいな感じだと、最初からドコモのアハモにしたほうが良いです。

だいたい使えればOKな人や、もしダメだったらまた乗り換えれば良いと思っている人に楽天モバイルがおすすめです。

おまけ:月480円で圏外対策、または1円のポケットWiFi利用

iPhone XR以降のiPhoneや、DSDV対応のAndroidスマホなら、月480円で楽天モバイルの圏外対策ができます。

IIJmioの従量制プランを申し込むだけです。

iPhoneは楽天アンリミットはeSIMにして、物理SIMにIIJmioの従量制プランのSIMを挿入、DSDV機種もIIJmioの従量制プランのSIMを入れておきます。

もし楽天モバイルで圏外になった場合でも、10秒くらいでIIJmioに切り替えられてネットが使えます。

IIJmioに切り替えても、楽天リンク経由で電話の発着信ができます(楽天リンクはフリーダイアルや緊急通報はできません)。

楽天圏外の場所で動画を見続けたいとかで無ければ、IIJmioの従量制プランでカバーできます。または動画を見続けたい場合は、IIJmioではなくFUJI WiFiの月980円の10GBのSIMプランがおすすめです。

実質ゼロ円(本体価格1円)のポケットWiFiを利用するのもあり

今のスマホ会社のまま楽天アンリミットを試したい場合は、ポケットWiFiを検討するのもアリです。今ならポケットWiFiが1円で手に入ります。

Rakuten WiFi Pocketのスペックとレビュー

実質0円!Rakuten WiFi Pocketのスペックとレビュー&無料で使える楽天モバイルのポケットWiFiの使い方

最終更新日 2021年1月9日 / 作成日 2020年12月11日 / 作成者 格安SIMの管理人
4 1
この記事は参考になった/良かった
コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
16 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ステップ
ステップ
2020年12月13日 11:59 AM

どぉも

『だいたい使える』楽天モバイルですが、これは実績ですよね。かたやahamoの『絶対品質』ですが、これは現行のドコモ品質のことですよね。
だとすると、比較の対象になっていないというミスを犯しています。

NTT社にahamoをサブブランドで開始するという目論見があったのだとすると、本体とは別の回線で運用しようとしていた可能性あります。その場合、『高くて長期割引も無いけど、メアド変更が面倒なので使っている』ために高品質を維持しているNTT回線は使えません。

エントリーはしましょう。で、3月の人柱さんの感想を聞いた後にMNPを決めた方が、リスクは小さいと思います。逆張り(笑)的には、UQとワイモバの対楽天モバイル商品(2980円)のデータ品質(常時1Mbps)が向上すると思いますので、もりもりキャンペーンを待っているところです。

ナナシ
ナナシ
  ステップ
2020年12月13日 12:42 PM

ドコモ社長の発言で、
「他の(NTTドコモの)プランと、通信品質にはいっさい違いがない」とのこと

ハイパー
ハイパー
2020年12月13日 7:37 AM

日本通信の合理的スマホ料金も良いんじゃないでしょうか?

HS
HS
  格安SIMの管理人
2020年12月16日 2:04 PM

https://kakuyasu-sim.jp/speed/nihon-tsushin
宣伝効果もあったのでしょうが始まって一ヶ月経たずお昼休みの速度低下をしている時点で日本通信でahamoに対抗するのは無理だと思います。
お昼休みの速度低下を許容できる方には良いかもしれませんが、管理人様が日本通信のページで繰り返し書かれているように日本通信の経営状況は最悪なのでリスクが高い思います。

HS
HS
2020年12月12日 2:15 PM
この記事は参考になった/良かった :
     

管理人様amahoと楽天の比較記事お疲れ様です。

無料期間中に楽天がどこまで通信エリアと広さと電波の強さを増強できるかで存亡が決まりそうですね。

以下は個人的な推測ですが

wi-fi環境がなく自宅での通信も全てモバイル通信で賄うようなヘビーユーザーを除くと9割以上の方はahamoの月20GBで足りてしまうと思うんですよ
当初の楽天としては無制限で使い放題と言う謳い文句でインパクトと安心感を与えつつ、超使う(50GB~100GB以上)ヘビーユーザー、そこそこ使う(10GB~20GB)ミドルユーザー、あまり使わない(10GB未満)ライトユーザーという人達が満遍なく来るのを想定していたと思うのですよね。

ところがどっこい通信エリアと通信品質で圧倒的に優り同料金のahamoができてしまったため無料期間が終わったらミドルユーザー以下がごっそり抜けてヘビーユーザーばかりが集まってしまい、そうなったら行き着く先はぷららを始めとした無制限の格安simと同じ結末だと思うんですよね・・・・

ぷららはMVNOですし楽天はMNOなので一概な比較はできませんが相当まずい状態だと思います。
流石にこの状況を黙っているはずもないので楽天の次の一手に期待したいと思います。

ぐま
ぐま
2020年12月12日 5:54 AM

“だいたい使える”ってのが、インフラとしては致命的。
例えば電気や水道やガスが“だいたい使える”って言っているのと同じことだからね。

yamaoku
yamaoku
  ぐま
2020年12月12日 11:20 AM

基地局の増設で早く安定してくれたらいいですね。
でもバンド3しか持ってない時点で、大手3キャリアと並ぶのは無理な気がしちゃいますね。
(屋内とか地下は数年後も不安定だったりして…笑)

ぐま
ぐま
  yamaoku
2020年12月12日 1:51 PM

瞑想です。
楽天を潰したら政権はたたかれます。
政府の大手キャリアを念頭においた値下げ要請で、ヘマをしたキャリアもありようで、もし次にプラチナバンド割当を決めるとすれば。
の話もあり少なくとも楽天無料期間は様子見です

あかさたな
あかさたな
  ぐま
2020年12月13日 6:12 AM

インフラの重要度に関する考え方の違い。
極論だけど、電気ガス水道はなくなったら普通に生活することはできないが、通信インフラは使えなくなっても、大きな不便はあれど何とか生きていける。
インターネットが発達したのは、この20~30年だし、災害時には公衆電話があるからね。

ぐま
ぐま
  あかさたな
2020年12月13日 9:21 AM

それは違うと思う。
単身世帯が増え、固定電話も無いこの時代で、110番や119番に掛かるのは携帯電話しかない。
重要なインフラだと思う。

「ドコモのahamoと楽天モバイルの違い、どっちが良い? ドコモの絶対品質vs楽天1年無料でギガ使い放題」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

毎月のスマホ料金が安くなる一番詳しいサイト(旧タイトル:格安SIMとスマホ比較)

スマホ料金の格安プランのカテゴリ
サイト内検索
コメント