b-mobile Sの評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

b-mobile S

b-mobile S

日本通信のb-mobileは格安SIMの草分け的存在でしたが、無制限で使える”使えない”高速データ通信のプランで評判が地に落ちて、その後も有効打を打てずに今では存在感の薄い格安SIMです。

そんな中、日本通信は起死回生にソフトバンク回線を使った格安SIM、b-mobile Sの提供を始めました。(のちにドコモ回線も追加)

b-mobile SのデータSIMとして190PadSIM、通話SIMとして990 JUST FITという名前でサービスを行なっています。b-mobile S自体は特に悪くない格安SIMですが、日本通信の業績が致命的に悪く、そのうえ通信速度が速くて料金も安いLINEモバイルのソフトバンク回線が登場してしまいました。

b-mobile Sを検討している場合は、日本通信の業績とLINEモバイルをにらめっこして十分に検討することを強くオススメします。

公式サイト → 190PadSIM(データSIM) / 990 JUST FIT(通話SIM) / スマホ電話SIM(通話SIM)

※ 正式名称がb-mobileなのか、b-moble Sなのか、わかりませんが、とりあえずb-mobile Sを通称とします。(SはソフトバンクのSですが、b-moile Sでもドコモ回線を提供し始めて、なんだかよくわからないことになっています)

b-mobile Sおすすめポイント

  • 通信速度が他の格安SIMと比べて少し速い
  • SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneが使えるけど・・

b-mobile Sの注意点

  • 業績が超悪い
  • 業績が超悪い
  • 業績が超悪い
  • LINEモバイルのソフトバンク回線も、SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneが使える。LINEモバイルのソフトバンク回線なら通信速度がさらに速く、料金が安く、SNS系アプリをデータ消費なしに使える・・。

b-mobile Sの格安SIMプラン

日本通信のb-mobileは、ソフトバンク回線とドコモ回線の格安SIMを提供しています。

b-mobile S月額料金データ量
190PadSIM(データSIM)

ドコモ/ソフトバンク回線
ソフトバンク回線はSMS不可

190円100MB
540円1GB
以降10GBまで1GB増えるごとに350円加算
3690円10GB
990 JUST FIT(通話SIM)

ドコモ/ソフトバンク回線

990円1GB
1490円2GB
1990円3GB
以降10GBまで1GB増えるごとに500円加算
5490円10GB
5840円11GB
以降15GBまで1GB増えるごとに350円加算
7240円15GB
スマホ電話SIM(通話SIM)
5分かけ放題付

ソフトバンク回線

2450円1GB
2800円2GB
3150円3GB
以降10GBまで1GB増えるごとに350円加算
7350円15GB

※ 日本通信(もしくはU-mobile)で提供していた、おかわりSIMと開幕SIMの新規受付は終了しました。

全て従量制プランです。従量制プランは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わるプランです。

その他にかかる料金
・SIMパッケージ料金 3000円

最低利用期間(通話SIMのみ)
スマホ電話SIMの最低利用期間はありません。990 JUST FITの最低利用期間は5ヶ月間。5ヶ月以内の解約(他社へMNP)は解約金として8000円かかります。
MNP転出手数料は3000円かかります。

・留守番電話 300円/月
参考記事→無料で使える留守番電話の設定の仕方

・SIMサイズの変更 データSIM2000円、音声付きSIM3000円
参考記事→安く格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM

通話料金 30秒20円
・b-mobile電話アプリを使うと30秒10円
・b-mobile S用の通話5分かけ放題 500円/月、5分以内の国内通話がかけ放題、1回5分超過後の通話料金は30秒10円

低速モードの詳細 (低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道)
・バースト転送不明
・低速3日間で360MBまで利用可、実測不明
・低速と高速の切り替えアプリなし

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切ると通信速度は200kbpsに制限される。ファイル共有ソフトの通信に制限を設ける場合があり、大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信は時間帯によって制限をかける場合がある。低速度時(200kbps)で3日間で360MB以上使うと速度をさらに制限する場合がある。

b-mobile Sの190PadSIMと990 JUST FITはソフトバンク系の格安SIMドコモ系の格安SIMから選ぶことができます。スマホ電話SIMはソフトバンク系の格安SIMのみ提供しています。

b-mobile S(190PadSIM、990 JUST FIT、スマホ電話SIM)は余ったデータ量の繰越はできません。

b-mobile Sの評価と他の格安SIMとの比較

格安SIMはb-mobileを運営する日本通信が最初に始めました。かつては、日本通信がトップシャアだった時期もありましたが、いまでは見る影もない無残な状態です。

日本通信はドコモ系の格安SIMを展開していましたが、シェア低下やら業績悪化やらで、2016年8月にU-mobileに売却してしまいました。それから、社運を賭けてソフトバンク系の格安SIM、b-mobile Sを2017年3月から始めました。

そしていつの間にやらb-mobile Sでもドコモ回線を選べるようになりました。(b-moile SのSはソフトバンクのSのはずですが・・、行き当たりばったり?)

日本通信の業績が悪すぎる

サービス内容を説明する前に、b-mobile Sを運営している日本通信の業績の話をします。

日本通信のIR
2015年3月期 売上51億円 当期利益3億円 純資産48億円
2016年3月期 売上41億円 当期損失22億円 純資産27億円
2017年3月期 売上27億円 当期損失22億円 純資産17億円
2018年3月期 売上30億円 当期損失23億円 純資産9億7400万円
2019年3月期 第一四半期 売上8億3400万円 損失1億6200万円 純資産7億3500万円

あぁぁぁ・・。(ポックルな気分)

会長の役員報酬
2015年3月期 2億7953万円
2016年3月期 2億6339万円
2017年3月期 2億6339万円
2018年3月期 1億7093万

やばみ (やばいです)
すこ (すっごく)
すこ (すっごく)

純資産という体力ゲージがガンガン減ってく!!
だけど会長の役員報酬、億越え不思議なの!

※ もし記述が間違っている場合は、指摘してくれると助かります。(当方、会計のプロでも投資のプロでもないので・・)

筆頭株主とかだったら、ありえる話かもしれませんが、会長でも1%くらいしか日本通信の株式を保有していません。なんでこんなことが可能なのか正直計り知れません。

社員一丸となって頑張っているとかなら少し応援したくもなりますが、もはやどうしようもない感じになっています。ここ1,2年が山場になると思います。

そんな日本通信が運営しているのがb-mobile Sですので、自己責任のもと検討してください。

この時点でサービス内容を詳しく紹介する気がなくなってしまいましたが、とりあえずグダグダと続けます。

以降の文章は無駄にしかならないと思うので、格安SIMや格安スマホを探している場合は、とりあえずUQ mobileを検討してみてください。ソフトバンクのスマホやiPhoneを使いたい場合はLINEモバイルのソフトバンク回線がオススメです。

暇な人は下記も読み続けてくださいな。

プランをたくさん作り出すも、その後、どうなったか不明

日本通信は色々な名前のプランを作るのが好きです。

日本通信のb-mobileにあったプラン
Platinum SIM、PAYG SIM、携帯電話SIM、イオン音声通話SIM、データ通信月額課金サービス、Platinum Data SIM、b-mobile X SIM、b-mobile4G PairGB SIM、b-mobile4G 基本料0円 SIM、b-mobile4G アマゾン限定 高速定額、ヨドバシカメラ格安スマホセット スマホ電話SIM フリーData、高速定額プラン

その後どうなったかはわかりません。

b-mobile Sを始めてからも、開幕SIM、190PadSIM、990 JUST FIT、スマホ電話SIMなど、新しい名前を作るのが日本通信の伝統芸なのかもしれません。

そして、開幕SIMも新規受付を終了しました。

過去にあった無制限プラン

安かろう悪かろうを地で行くのが、格安SIMの高速通信無制限プランです。高速データ量に制限のある格安SIMと比べて、無制限に高速データ通信が使える格安SIMの通信速度はかなり遅くなります。

無制限プランで有名だったぷららモバイルLTEなんて潰れました。

日本通信にも悪名高い無制限プランがありましたが、いまでは受け付けていません。悪評はAmazonのレビューで見ることができます。

Amazon: 日本通信 b-mobile SIM 高速定額

71%の人が☆1つ付ける評判になっています。動画視聴等に謎の通信規制がある場合もあるようです。

b-mobile Sのソフトバンク回線のメリット、SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneが使えるが・・

こんな感じのb-mobileですが、b-mobile Sのソフトバンク回線にもメリットがあります。それはSIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneでも格安SIMが使えることです。

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneは、通常の格安SIMでは使うことができませんでしたが、ソフトバンク回線のb-mobile Sなら使うことができます。

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhone
ソフトバンクのiPhone 5、5c、5s、6、6 Plus

ソフトバンクのiPhone SE、6s、6s Plus、7、7 Plus、8、8 Plus、Xを使っている場合は、SIMロック解除をすると他の格安SIMでも使えるので、SIMロックを解除して他の格安SIMを使うことを強くお勧めします。とりあえずオススメする2つを選ぶとしたら、UQ mobileDMMモバイルがオススメです。

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneを使いたい場合は、LINEモバイルのソフトバンク回線がオススメ

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneを使いたい場合、b-mobile Sのソフトバンク回線ではなく、LINEモバイルのソフトバンク回線のほうがオススメです。

LINEモバイルのソフトバンク回線でも、SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneが使えて、月額料金が安く、通信速度がかなり速く、さらにデータフリーでSNS系アプリをデータ消費なしに使うこともできます。

あえてb-mobile Sのソフトバンク回線を選ぶメリットはかなり少ないです。

この他に、SIMロックを解除できないソフトバンクのiPhone 5、5c、5s、6、6 Plusが使える格安SIMは、nuroモバイルのソフトバンク回線、QTモバイルのSタイプ、U-mobile S(データSIMのみ)などがありますが、ベストな選択肢はLINEモバイルのソフトバンク回線です。

LINEモバイルの詳細評価&実際の速度と他の格安SIMとの比較と評判

b-mobile SはAndroidスマホでも使える?

なぜかb-mobile SはiPhone、またはiPad専用の格安SIMとして売り出していますが、実際にはAndroidスマホでも下記のAPNを設定することで使うことができます。

名前: b-mobile s (何でもいい)
APN: sb.mvno
ユーザー名: bmobile@4g
パスワード: bmobile
認証タイプ: CHAP

Androidスマホならテザリングも使えます。ただし、Androidスマホでの利用は自己責任でお願いします。もし何かしらの不具合が生じた場合でも自己責任で・・・。

LINEモバイルのソフトバンク回線の場合は、公式サイト上でもソフトバンクのAndroidスマホが利用できるとの記載があります。(ソフトバンクのAndroidスマホの場合は、大半はSIMロックの解除が必要です)

b-mobile Sの実際に出る通信速度

b-mobileは他の格安SIMと比べて月額料金が少し高めに設定されていて、キャンペーンもしていないので、b-mobileの通信速度は比較的速めになっています。

b-mobileのデータSIM (ソフトバンク回線/ドコモ回線)
1GB 540円
2GB 890円
3GB 1240円
以降、1GBごとに350円

通常の格安SIM(データSIM)の月額料金は3GBで900円程度です。b-mobileは月額料金が高い分、帯域を少し多く確保して、他の格安SIMよりも通信速度が速くなっています。

ただ、それでもLINEモバイルのソフトバンク回線には勝てないので、ソフトバンク回線を検討している場合はLINEモバイルがオススメです。ドコモ回線を検討している場合に、b-mobileを検討してみてください。(日本通信は大赤字の会社なので、自己責任で検討してくだし・・・)

このサイトでは2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。b-mobile S(ソフトバンク回線)の実際に出る通信速度もリアルタイムで計測しているので参考にしてみてください。

b-mobile Sのソフトバンク回線の通信速度 (リアルタイム)

このサイトでは、上記のリアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。

2018年11月版の格安SIM35枚とドコモ本家の通信速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家(ドコモwith)
2位 BIGLOBE WiMAX 2+ワイモバイル
3位 LINEモバイルのソフトバンク回線(暫定順位)
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMatemineoのソフトバンクプラン(暫定順位)、b-mobile Sのドコモ回線(暫定順位)
比較的速い 5位 NifMoLIBMO、mineoのドコモプラン
6位 IIJmioのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線、LINEモバイルのドコモ回線、mineoのauプラン
普通 7位 DMMモバイル楽天モバイルの新APN、楽天モバイルの新新APN、b-mobile Sのソフトバンク回線、IIJmioのタイプA
少し遅い 8位 エキサイトモバイルイオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、QTモバイルのDタイプ、BIGLOBEモバイルのタイプD、FREETEL
遅い 9位 OCNモバイルONE、U-mobileの通常プラン、DTI SIM、nuroモバイルのドコモ回線、nuroモバイルのソフトバンク回線、ロケットモバイル、イオンモバイルのタイプ1のau回線、QTモバイルのSタイプ、ヤマダニューモバイル
論外 10位 DMMモバイルのSNSフリー、TONEモバイル、0SIM

最新の通信速度ランキングと実際に出る通信速度の詳細を読む

b-mobile以外にも30枚以上の格安SIMの実際に出る本当の通信速度の記録も取ってあるので、最新情報は格安SIMの実際に出る通信速度の記録をご確認ください。

おかわりSIMの墓標

b-mobileではb-mobile Sのほかに、おかわりSIMも提供していました。

もともとは日本通信がb-mobileの1ブランドとして、おかわりSIMを提供していましたが、2016年8月におかわりSIMの事業をU-mobileに売却しました。売却以降もb-mobileの1ブランドのように提供を続けていました。

おかわりSIMはドコモ系の格安SIMです。月に使ったデータ量によって月額料金が変わる従量制プランでした。通信速度は悪くなかったのですが、知名度なし、キャンペーンなしで、ほとんど誰も契約してくれませんでした。

そうこうしているうちに、個人向けMVNOサービスを終了したと言っていた日本通信が、ソフトバンク回線のb-mobile Sを個人向けMVNOサービスを再開して、そしていつの間にやらb-mobile Sでもドコモ回線を選べるようになりました。

そして、おかわりSIMは2018年7月25日に新規受付を終了しました。

エキサイトモバイルも従量制プランを提供している

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランを提供している格安SIMは少ないです。

b-mobile以外では、ドコモ系の格安SIMでエキサイトモバイルが従量制の月額プランを提供しています。エキサイトモバイルの従量制プランなら月10GBまで使うことができます。

U-mobileにも中途半端な従量制プラン(ダブルフィックス)がありますが、中途半端すぎるので考慮外。。

b-mobile Sのまとめ

b-mobileを運営している日本通信は格安SIMの草分け的存在ですが、格安SIMのシェアを大幅に落としてしまっています。

もともとの原因は、通信速度が使い方によってかなり遅くなるため評判が悪化して、そして割高なVAIO Phoneの販売で失敗して、個人向けサービスを売却したり、再開したりと、迷走しているうちに、今に至っています。

これからb-mobileが挽回するのはかなり厳しいと思われます。頼みの綱のソフトバンク回線も、LINEモバイルがソフトバンク回線を提供し始めて、どうにもならない感じがします。

いますぐヤバイというわけではなりませんが、中期的にはどうなるかわからないMVNOなので、b-mobile Sを検討する場合はよくよく考えて検討することをオススメします。

b-mobileの詳細と申し込みはこちら → 190PadSIM(データSIM) / 990 JUST FIT(通話SIM) / スマホ電話SIM(通話SIM)

おかわりSIMの申し込みやSIMカードの設定に不安がある人は下記を参考にしてみてください。

b-mobile(日本通信)のおかわりSIMの申し込みから設定までの全て

b-mobile Sの評判とTwitterでの満足度調査の結果

b-mobileが無制限の高速データ通信プランを提供していた時は評判がかなり悪かったです。ただし、b-mobile Sが始まってからはネットの評判はそんなに悪くありません。

というのも、b-mobile Sの実際に出る通信速度が結構速かったため、悪い評判が出る要素はありませんでした。ただ、2018年2月ごろに実際に出る通信速度が低下したので、今後は良い評判はなかなか出てこなくなると思います。

b-mobile Sは特に悪い話は出ていませんが、問題はb-mobile Sを運営している日本通信です。

日本通信の評判はとても悪いです。評判が悪くなっている一つの大きな原因は会社の業績がとても悪いためです。

Twitter:日本通信で検索

格安SIMを評価しているサイトはたくさんありますが、今後は格安SIMのサービス内容だけでなく、運営会社も加味して評価すべきだと思います。

Twitterでの満足度調査の結果

格安SIMはどこもかしこも何かの調査で満足度1位を掲げていたりしますが、胡散臭いことこの上ないです。

そこで、このサイトでは2018年5月にTwitterで格安SIMの満足度の投票を行いました。MVNOごとの満足度の投票も行い、b-mobileの投票結果は・・・

投票結果だけ見るを除くと
33.3%が満足
19.1%が不満
47.6%がやめた

b-mobileの満足度は33.3%でかなり低い結果になりました。格安SIMの中でもかなり悪いほうです。b-mobileは格安SIMの老舗ということで辞めた人が多くなるのは仕方ないと思いますが、それでもだいぶ悪い結果になりました。

ちなみにUQ mobileの満足度は87.2%、IIJmioは64.4%、楽天モバイルは46.9%、mineoは44.4%、ワイモバイルは48.1%という結果になっています。

格安SIMとスマホの口コミ:Twitterでの格安SIMの満足度調査の実施結果

b-mobileの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。b-mobileも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問や口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:b-mobileの口コミ

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。月3GBで足りる場合は、一番オススメの格安SIMです。
  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。安く使えるキャンペーンも積極的です。
    • LINEモバイル
      • LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。LINEモバイルのソフトバンク回線は通信速度が速いです。
    • NifMo
      • 通信速度が比較的速めで、格安スマホとセットで申し込むと高額のキャッシュバックをもらうことができます。バリュープログラムという割引サービスもやっています。新しいスマホが必要な場合にオススメです。
    最終更新日 2018年8月16日 / 作成日 2015年4月18日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る