Galaxy Feel2の詳細スペックと評価レビュー、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Galaxy Feel2 SC-02Lは2018年11月9日に発売したミドルレンジのドコモのスマホです。ドコモとドコモ系の格安SIMで使うことができます。

Galaxy Feel 2 (Feel2)

Galaxy Feel2は高性能なCPUを搭載して電池持ちもかなり良い、5.6インチの比較的コンパクトな縦長ディスプレイを搭載しています。

ドコモのミドルレンジのスマホの性能比較
(良い)Galaxy Feel 2 = iPhone 6s > AQUOS sense 2 >= arrows Be F-04K >= LG style L-03K(悪い)

ざっくり評価すると、性能を重視する場合はGalaxy Feel 2かiPhone 6s、安さを重視する場合はAQUOS sense2、頑丈さを重視する場合はarrows Be F-04Kという選択肢になります。

Galaxy Feel2は発売から少し経つので、今から買うのは微妙な機種になります。ドコモのスマホの購入を検討している場合は、下記のランキングページを参考にしてみてください。

ドコモのAndroidスマホのおすすめランキングと性能評価

Galaxy Feel 2 SC-02Lのスペック(性能)

Galaxy Feel 2 SC-02L
CPUオクタコア2.2GHzx4+1.6GHzx4 Exynos 7885
RAM4GB
ROM32GB
ディスプレイ5.6インチ、画面比18.5:9
解像度720×1480(HD+、有機EL)
カメラ背面1600万画素(F値1.7)/前面1600万画素(F値1.9)
電池容量3000mAh、ドコモ電池持ち時間140時間
サイズ149×70×8.4mm
重さ168グラム
連続待受450時間
充電時間120分
本体カラーフロストホワイト、オパールブラック、オーロラピンク
発売日2018年11月9日
価格(税込)3万9600円

Android 8.1、テザリング対応、外部マイクロSD(最大512GB)、nanoUIM(ナノSIM)、指紋認証(背面)、顔認証、WiFi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth v5.0、USB Type C、ワンセグ(外部アンテナ、本体のみに録画可能)、防水・防塵、おサイフケータイ、2CA対応、ストラップホール付き

格安SIMへの対応

Galaxy Feel2はドコモのスマホなので、ドコモ系の格安SIMでも使うことができます。

SIMロックを解除してもau系の格安SIMでは使えません。対応バンドの違いとauのVoLTEに対応していないので無理です。SIMロックを解除すれば、ソフトバンク系の格安SIMならある程度使えますが、対応バンドの違いから電波の受信が悪くなります。

Galaxy Feel2の目次

Galaxy Feel2の評価と比較

ドコモwith対象機種の中でも高性能なCPUを搭載

Galaxy Feel2のCPUは、オクタコア2.2GHzx4+1.6GHzx4 Exynos 7885を搭載しています。ざっくりと評価してしまうとSnapdragon 636に相当する高性能なCPUです。

※ 旧モデルのGalaxy Feelと比較するとCPUが30%高速化、GPUは270%高速化しています。

ドコモwith対象機種のAQUOS sense2arrows Be F-04KLG style L-03Kは全てSDM450というCPUを搭載しています。それらと比べると、Galaxy Feel2のCPU(GPU)のほうが性能が1.8倍くらい良くなっています。

Galaxy Feel2は結構高性能ですが、GPUの性能はドコモwith対象機種の中ではiPhone 6sが一番良いです。iPhone 6sのGPUのベンチマークスコアはFeel2の2倍近くになっているので、ゲーム性能を重視する場合はiPhone 6sがおすすめです。

※ iPhone 6sは少し古いモデルですが、それでも実は結構高性能です。特にゲームに強いです。

ドコモwith対象機種で性能を重視する場合、Galaxy Feel2とiPhone 6sの二択になります。ゲーム性能をそこまで重視していない場合は、カメラ性能が良く、電池持ちもかなり良いGalaxy Feel2を優先的に検討することをお勧めします。

Galaxy Feel2でもゲームも結構快適にプレイできるけど

高性能だったら何か良いことがあるのかというと、ゲームが快適にできることです。基本的にそれくらいです。(あとはカメラ性能も付随して良くなります)

AQUOS sense 2やarrows Be F-04K、LG style L-03Kでも一般的なゲームは普通に遊ぶことができます。モンストやツムツム、パズドラ、ポケモンGOなどなど普通にできます。

ただ、ポケモンGOの場合は、結構重い処理をするシーンがあったりします。

ポケモンGOは普通に遊ぶくらいならSDM450のスマホでもいいですが、レイドバトルなど重い処理があったりするので、快適に遊びたい場合はより高性能なGalaxy Feel2がオススメです。

他には難しいのが音ゲーとかFGOなどです。SDM450でもそこそこ普通に遊べますが、快適に遊ぶとなると厳しいです。率直に言って、ゲーム性能を重視する場合はSD450を搭載しているスマホは、やめたほうがいいです。

Galaxy Feel2なら重い音ゲーやFGOでも結構快適に遊べます。ただ、それでも限界があります・・。

ドコモwith対象機種の中ではiPhone 6sがゲーム性能が一番良いので、ゲーム性能を重視する場合はiPhone 6sが候補になりますが、それでも何でも快適にゲームを遊びたい場合は、iPhone 6sでも難しいシーンが出てくる可能性があります。

ゲーム性能を特に重視する場合は、ドコモwith対象機種は諦めて、月々サポートがもらえるiPhone 8などを検討することをオススメします。

ゲームをどの程度快適に遊びたいかで、おすすめのドコモwith対象機種が変わってきます。結構快適にゲームができるくらいで良いならGalaxy Feel2がオススメです。

Galaxy Feel2のAntutuのスコア

Galaxy Feel2のAntutuスコア 115,000程度
CPU: 50,000程度
GPU : 25,000程度
UX : 30,000程度
MEM: 6,000程度

Antutuのスコアが高いほど高性能なCPU(&GPU&メモリ)を搭載していることになります。

下記はAntutuテストv7以上での評価基準です。

一般的な使い方なら70,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。80,000ぐらいで比較的サクサク使えて、100,000以上で普通の使い方で十分満足できるサクサク感になります。

スマホをたくさん使う場合やゲームが好きな場合はAntutuスコア130,000以上のスマホ、スマホを超たくさん使う場合やゲームが大好きな場合はAntutuスコア200,000以上のスマホがおすすめです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

Galaxy Feel2の目次

RAM4GB

Galaxy Feel 2のRAMは4GBです。

RAMの容量が大きいほど一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは3GBで十分ですが、RAMが4GBあるとゲームをしながら、色々なアプリを使う場合でも、バックグランドで動いているアプリが落ちる可能性が少なくなります。

普通程度に使う場合はRAM3GBでも十分ですが、スマホをたくさん使う場合はRAM4GBあったほうが良い感じです。Galaxy Feel 2は高性能なCPUなのでスマホをたくさん使う場合にも向いています。RAM4GBがちょうど良い感じです。

Galaxy Feel2の目次

ROM32GB

Galaxy Feel 2のROMは32GBです。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROMは32GBもあるので、アプリをたくさんインストールしたり、写真をたくさん撮る場合でも余裕です。

Galaxy Feel 2のROMは32GBあるので、アプリを比較的たくさんインストールすることができます。写真や音楽を比較的多く保存しても大丈夫です。

写真などのデータはマイクロSDカードに保存するのが少しオススメ

1500円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、写真や動画、音楽、書籍データなどのデータはマイクロSDカード側に保存することを少しオススメします。

スマホは精密機械なんで、何かの拍子で壊れる可能性があります。もしスマホが起動できないくらい壊れても、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておけば、ほぼ確実に写真のデータをもとに戻すことができます。

保護ケースに入れて使っていれば、最近のスマホはほとんど壊れないと思いますが、それでも万が一に備えておくのがオススメです。

他にも、保存容量を多く使う電子書籍系のアプリ(KindleやKobo等)や動画系のアプリ(Netflix等)は、データの相当部分をマイクロSDカード側に自動的に保存することができるので、ROMが32GBあっても、基本的にはマイクロSDカードを買って設定することをオススメします。

マイクロSDカードを購入して設定する

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon: microSDカード32GB Class10 UHS-I対応
Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO

ドコモオンラインでも、docomo selectとしてクソ高いマイクロSDカード(32GBで7020円)を販売していますが、こんなクソ高いマイクロSDカードは不要です。

Amazonで1500円程度で買えるマイクロSDカード(32GB)がちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。下記のページで、マイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は、他機種の例になりますが参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

これで写真や動画、たいていの電子書籍系のアプリのデータがマイクロSDカードに自動的に保存されるようになります。スマホが壊れた場合でも、かなり高い可能性でマイクロSDカードのデータは無事です。(念のため、たまにはパソコンなどにデータをバックアップしておくことをオススメします

Galaxy Feel2の目次

最大の強み:電池持ちがかなり良い

Galaxy Feel2の電池持ちはかなり良いです。docomo with対象機種の中で一番良いです。

ドコモの電池持ち時間
・Galaxy Feel2:140時間
・arrows Be F-04K:130時間
・AQUOS sense 2:110時間程度?
・iPhone 6s:100時間程度?
・LG style L-03K:95時間

※ AQUOS sense 2の電池持ち時間はまだ公開されていませんが、おそらく110時間前後になると思います。iPhone 6sは電池持ち時間の公開自体行なっていませんが、だいたいLG styleと同じ程度だと思われます。

LG styleでも普通に1日くらいは電池が持ちますが、Galaxy Feel2の電池持ちはLG styleの1.4倍です。arrows Beも結構電池持ちが良いですが、それよりも1割くらい電池持ちが良くなっています。

電池持ちを重視する場合、Galaxy Feel2が一番オススメです。

Galaxy Feel2の目次

強み:5インチの本体サイズで5.6インチディスプレイを搭載

Galaxy Feel 2は18.5:9という縦長の画面比率のディスプレイと、余白を少なくするベゼルレススタイル(インフィニティディスプレイ)で5インチの本体サイズで5.6インチのディスプレイを搭載しています。

Galaxy Feel 2 画面5.6インチ
149×70×8.4mm 168グラム

AQUOS sense 2 画面5.5インチ
148×71×8.4mm 155グラム

LG style 画面5.5インチ
144×69×8.7mm 146グラム

arrows Be 画面5インチ
144×72×8.3mm 146グラム

本体サイズはほとんど変わらず、Galaxy Feel 2は画面のサイズが縦に長くなっています。縦に画面が長いほど、一度に表示できる情報量が増えるので、Webサイトを見たりSNS(Twitter、Facebook、インスタ)などをするのに便利に使えます。

Galaxy Feel 2の画面は有機ELなので、他の機種よりも画面の色合いが鮮やかになります。Galaxy Feel 2は他の機種よりも少し重いですが、大容量の電池(3000mAh)を搭載しているのが一因です。

Galaxy Feel2の目次

カメラ性能は結構良い(インスタ映え搭載)

Galaxy Feel 2のカメラ性能
・背面1600万画素(F値1.7、CMOSサイズ 1/2.8インチ、電子手ぶれ補正、デジタルズーム最大4倍)
・前面1600万画素(F値1.9、CMOSサイズ 1/3.1インチ)

Galaxy Feel 2のカメラの主な特徴(製品ページから引用)

カメラ
『昼も夜も、明るく鮮明に:F値1.9のインカメラとF値1.7のアウトカメラを搭載。どんな瞬間も鮮明に残せる高性能カメラで、ポートレート写真や風景写真など、まるでアート作品のような一枚を残すことができます。』

自分撮りフォーカス
『ハイクオリティなセルフィー撮影:セルフィーもアウトカメラ並みの高画質撮影が可能に。 雰囲気のあるハイクオリティなセルフィーが撮れる「自分撮りフォーカス」、顔のラインを細くしたり、目の輪郭をくっきりさせることができる「美肌モード」や、自分そっくりのアバターを作成できる「AR絵文字」など、多様な撮影機能とモードで、スマホカメラに新たな楽しみを。』

フィルター&エフェクト
『どの写真をSNSにアップする? SNSにアップした写真の「いいね」数を増やすための方法は? 撮った写真にメッセージを入れたり、ステッカーなどの装飾を施すことができる「ARスタンプ」、食事をおいしくキレイに写す「食事モード」など、さまざまなフィルターとエフェクトを使って「いいね」数アップに挑戦しましょう。』

通常モード

食事モード(勝手に別名:インスタ映え機能)

スペック的にドコモwith対象機種のスマホの中でGalaxy Feel 2のカメラ性能が一番良くなっています。

指紋認証と顔認証に対応

最近の大半の格安スマホと同じように、Galaxy Feel 2にも指紋認証を搭載しています。Galaxy Feel 2の背面に指紋センサーが付いていて、そこに指でタッチすれば指紋認証でスマホのロックを解除することができます。

顔認証にも対応

Galaxy Feel 2は顔認証にも対応しているので、手袋をしている場合でも簡単に画面のロックを解除することができます。

もしくは、手が濡れていて指紋認証がうまくいかない場合や、歳とって指紋が薄すぎて指紋認証がうまくいかない場合に、顔認証が便利に使えます。

Galaxy Feel2の目次

充電器について、USB Type C対応の充電器が必要

Galaxy Feel 2はUSB Type Cに対応しています。充電するとき、充電ケーブルの向きを気にする必要がないので少し楽です。

注意点はGalaxy Feel 2を購入しても、充電器が入っていないことです。USB Type Cに対応した充電器を持っていればいいのですが、持っていない場合は自分で購入する必要があります。

今までAndroidスマホを使っていた場合は下記の変換アダプターを今まで使っていた充電器につけると、Galaxy Feel2でも充電できるようになります。

Amazon: Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01
Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01

初めてスマホを使う場合にオススメの充電器

Amazon: Anker PowerPort Speed 2 (QC3.0搭載2ポート 39.5W)
Anker PowerPort Speed 2 (QC3.0搭載2ポート 39.5W USB急速充電器) iPhone, iPad, Galaxy S9, Xperia XZ1,その他Android各種対応

Amazon: Rampow Type Cケーブル USB3.1ケーブル 3.0A急速充電
Rampow Type Cケーブル USB3.1ケーブル 3.0A急速充電 生涯保証 5Gbps高速データ転送 7000回以上の曲折テスト QuickCharge3.0対応 USB type cケーブル 多機種対応

充電器を持っていなければ、この2つを買えばGalaxy Feel 2で充電できます。

ドコモオンラインショップでも対応する充電器を販売していますが、少し割高なので基本的にはAmazonで揃えることをお勧めします。

ドコモオンラインショップで買う場合
・ACアダプタ 06またはACアダプタ 07
・microUSB変換アダプタ B to C 01

Galaxy Feel2の目次

その他の細々としたこと

最大受信速度500Mbpsの「PREMIUM 4G」に対応(キャリアアグリゲーション対応)

Galaxy Feel 2はキャリアアグリゲーション対応しているので、最大受信速度500Mbpsの「PREMIUM 4G」を使うことができます。

キャリアアグリゲーション対応していると、通信速度が速くなるのに加えて、電車などの高速以上中でもインターネットの接続がより少し安定します。

ドコモの通信速度は超速いので、これ以上超速くなってもあまり意味はないのですが、接続の安定性がより良くなるのがポイントです。(キャリアアグリゲーションに対応していない場合でも特に問題はないですが、あったらあったで良い機能です)

ワンセグとおサイフケータイに対応

Galaxy Feel 2はワンセグとおサイフケータイに対応しています。

ワンセグを使うには外部アンテナをイヤフォンジャックに付ける必要があります。番組の録画ができますが、録画データはROM側に保存されます。

WiFi 802.11ac対応

Galaxy Feel 2はWiFi 802.11acにも対応しています。WiFiの接続も安定します。

Galaxy Feel2の目次

Galaxy Feel2の評判

Galaxy Feel2の前評判は概ね好評ですが、解像度戦争を起こしていました。

Galaxy Feel2の画面の解像度は720×1480です。最近のスマホの解像度は1440×2880程度が一般的ですが、それと比べるとGalaxy Feel2の解像度は低いです。

解像度が高いほど画質が良くなりますが、電池消費が多くなったり動作が少し重くなったりします。

ただ、Galaxy Feel2の画面は5インチ型が縦長になった5.6インチです。この場合、解像度は720×1480でも1440×2880でも画面を凝視しないと違いがわかりません。WebサイトやSNSなどを使うときは、ほとんど変わりません。

違いが出てくるとしたら、綺麗な画像を使うゲームくらいですが、それでも5インチ型の縦長画面なので画像の荒ささはそんなに出ません。720×1480でも楽しめますが、より綺麗な画質でゲームを楽しみたい場合は、低解像度のスマホは避けたほうが無難になります。

それ以外は、電池持ちも良いし、性能も比較的高性能ということで、好評な感じです。ただ、価格が4万円台なので、そこが少しだけネックになっているかもな感じです。

Galaxy Feel2の目次

Galaxy Feel 2が使えるおすすめの格安SIM

Galaxy Feel 2はドコモ系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIM/ドコモ/WiMAX2+の速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1000円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

Galaxy Feel2の目次

最終更新日 2019年10月15日 / 作成日 2018年11月8日 / 作成者 格安SIMの管理人
「Galaxy Feel2の詳細スペックと評価レビュー、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ