UQモバイルの余ったデータ量の繰り越し方、データ残量の確認、データチャージを徹底解説

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:UQモバイル更新順(28)

UQモバイルは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

ここではUQモバイルのデータ残量の確認の仕方、余ったデータ量の繰り越し方、ついでにデータ増量キャンペーンのデータチャージについて解説します。

UQモバイルのデータの繰り越し、データ残量、データチャージの仕方

必要なのはアプリの設定だけです。その設定さえしてしまえば、簡単にデータ残量を確認できて、無料分のデータチャージが簡単にできます。

※ UQモバイルとワイモバイルは同じような料金プランですが、ワイモバイルは余ったデータは翌月に繰り越せません。ドコモとauも余ったデータは繰り越せないです。

UQモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&速度が速くて満足度最高

UQ mobileの公式サイト(最大1万円キャッシュバック/端末割引)

「UQ mobile ポータルアプリ」をインストールして、データ残量を確認する

UQモバイルはWebサイト経由、もしくはアプリ経由でデータ残量を確認できますが、便利なのはアプリ経由での確認です。

ということで、「UQ mobile ポータルアプリ」をインストールします。

インストールしたらアプリを起動します。

my UQ mobile IDとパスワードを入力してログインします。

my UQ mobile IDをまだ設定していない場合は、my UQ mobile IDの設定を参考にIDとパスワードを設定してください。

これでUQアプリを起動すれば、データ残量を確認できます。

UQモバイルの余ったデータ量の繰り越し方、うまく使って料金を節約&ギガ難民回避

繰り越せる上限は契約データ量までです。それを超えると超えた分は切り捨てられます。

※ UQモバイルは初月の月額料金は日割りですが、初月でもデータ量は丸々もらえます。

例えば1月にスマホプランS(契約データ量3GB)を契約すると・・

1月:3GBのうち2GB使う → 1GBが翌月に繰り越される
2月:4GBのうち、2GB使う → 2GBが繰り越される
3月:5GBのうち、2GB使う → 3GBが繰り越される
4月:6GBのうち、2GB使う → 4GB余るけど繰り越せるのは契約データ量の3GB
5月:6GBから始まる、以下同じ

余ったデータは最大3GBまで翌月に繰り越せるので、データを普段よりも多く使った時でも余裕を持って使えます。

スマホプランRなら契約データ量は10GBなので、最大10GBまで翌月に繰越せます。

※ データチャージしたデータ量の有効期限は90日間です。90日すぎるとデータチャージで残っていたデータ量は無くなります。ただし、90日以内に再びデータチャージをすると、データチャージで残っていた古いデータ量も含めて有効期限は90日になります。

UQアプリの節約モードを使えば、ギガ消費なしでネットが使える

UQアプリには節約モードという機能が付いています。

節約モードをオンにすると、通信速度が遅くなりますが、データ消費なしにネットを使うことができます。主に動画をたくさん見る場合に便利な機能です。

UQモバイルのデータを消費しない節約モード(300kbpsと1Mbps)の使い道

UQモバイルのデータを消費しない節約モード(300kbpsと1Mbps)を徹底解説、ギガ消費無しで動画見放題

データチャージの仕方

UQアプリを使えば簡単にデータチャージができます。ギガが無くなったり、データ増量キャンペーンの増量データを適用するときにデータチャージを使います。

UQアプリ経由でデータをチャージする

UQ mobileのポータルアプリ経由でデータがチャージできます。

データ増量キャンペーンが適用できる場合は、「まとめてチャージ」で無料分をチャージできます。

データチャージで増えたデータの有効期限は90日です。

チャージするとそれ以前にチャージして余っていたデータ量の有効期限も90日に更新されます。つまり毎月無料分をチャージしていれば、チャージして余った分はずーと繰り越されていきます。

データ増量キャンペーンで無料で月1GB〜2GBのデータチャージができる

UQモバイルを申し込むと、13ヶ月間、スマホプランSなら毎月1GB、スマホプランRなら毎月2GBもらえるキャンペーンを実施しています。キャンペーン終了日は未定です。

データ増量キャンペーンの条件
・申し込み時に、通話オプションの月700円の10分かけ放題、月500円で月60分まで無料通話、または月1700円で時間無制限のかけ放題のオプションに加入する
au IDを登録する

上記の条件を満たすと、13ヶ月間、毎月最大2GBのデータを無料でチャージできます。

注意点は、途中で通話オプションを解約した場合は、データ増量が適用されなくなることです。再度、通話オプションに加入してもデータ増量の再適用はされません。

最大2GBは自動的にはチャージされません。毎月自分でチャージする必要があります。

今月チャージしなかったからといって、翌月に前月チャージしなかった分も含めてチャージすることはできません。無駄にしないためには、毎月1回チャージする必要があります。

無料のチャージを超えると、超えた分は通常のチャージ料金が発生します。

100MB:100円 (有効期限90日)
500MB:500円 (有効期限90日)

結構割高です。

※ 「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は500kbpsの固定速度なのでデータチャージはできません。

旧プラン:おしゃべり/ぴったりプランの繰り越しは結構複雑

UQモバイルは、2019年8月までは「おしゃべり/ぴったりプラン」というプランの受付をしていました。

おしゃべり/ぴったりプランの余ったデータ量の繰り越しは結構複雑です。

基本データ容量の有効期限は翌月末までですが、増量オプションでチャージしたデータ容量の有効期限は90日間です。そしてチャージをするごとに、増量オプションのすべてのデータ容量の有効期限が90日間に上書きされます。

有効期限が短いものから先にデータを消費します。

つまり、基本データ容量は翌月まで繰越せますが、翌々月になると消滅します。無料のチャージ容量は毎月チャージしてあげれば、余ったチャージ容量は消滅することなく永遠と繰り越され続けます。

説明するのが結構難しいので、下記の例を参考にしてください。

例えば、月5GB使う場合で1月におしゃべりプランのプランMの9GBを契約した場合

1月の基本データ量6GBと無料のチャージ3GB。5GB使って、1月の基本データ1GBとチャージ3GBが繰越
2月の基本データ量6GBと無料のチャージ3GB。5GB使って、1月の繰越分1GBと2月の基本データ4GBを消費。2月の基本データ2GBとチャージ6GBが繰越
3月の基本データ量6GBと無料のチャージ3GB。5GB使って、2月の繰越分2GBと3月の基本データ3GBを消費。3月の基本データ3GBとチャージ9GBが繰越
4月の基本データ量6GBと無料のチャージ3GB。5GB使って、3月の繰越分3GBと4月の基本データ2GBを消費。4月の基本データ4GBとチャージ12GBが繰越
5月の基本データ量6GBと無料のチャージ3GB。5GB使って、4月の繰越分4GBと5月の基本データ1GBを消費。5月の基本データ量5GBと無料のチャージ15GBが繰越。(5月にプランSの3GBに変更)
6月の基本データ量2GBと無料のチャージ1GB。5GB使って、5月の繰越分5GBを消費。6月の基本データ1GBとチャージ16GBが繰越
7月の基本データ量2GBと無料のチャージ1GB。5GB使って、6月の繰越分1GBとチャージ4GBを消費。チャージ13GBが繰越
最終更新日 2020年10月9日 / 作成日 2019年6月5日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「UQモバイルの余ったデータ量の繰り越し方、データ残量の確認、データチャージを徹底解説」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント