ドコモから格安SIMへのMNP(乗り換え)の仕方の詳細

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではドコモから格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を説明します。

ざっくりとした流れ

ドコモポイント/dポイントを使い切ります。

スマホを持っている場合は必要に応じてSIMロックを解除します。

電話でMNP予約番号をもらいます(ドコモショップやネットからでも可能)

MNP予約番号を使って格安SIMを申し込みます。
必要な場合は格安スマホも購入します。(スマホユーザは必要ない場合がほとんど!)

3,4日すると格安SIMが自宅に届きます。
ドコモのスマホやガラケーを使っている場合は、この間も普通に使えます。

届いた書類に従って開通手続きをします(所要時間1,2分程度)。開通手続きをすると、ドコモのスマホやガラケーが使えなくなります。

ガラケーユーザの場合は、届いた格安SIMをスマホに入れます。スマホユーザの場合は、使っているスマホや新しいスマホに格安SIMを入れます。必要に応じて、届いた書類に記載されているAPNの設定を行います(所要時間1,2分程度)。

開通手続きから2時間ほどで手続きが完了して、スマホが普通に使えるようになります。

ステップ0: MNPをするかどうか+コジ割にチャレンジ+違約金を確認する

ドコモから格安SIMへ移るとき、大雑把に二つの方法があります。一つはMNPをする方法、もう一つはMNPをしないで解約して新しい電話番号で格安SIMを使う方法です。

MNPをすると、MNP転出手数料が2000円かかりますが、今まで使っていた電話番号を格安SIMでも使うことができます。MNPをしない場合は、MNP転出手数料はかかりませんが、今まで使っていた電話番号が失効され、格安SIMでは新しい電話番号を使うことになります。

ここではMNPをする前提で説明していきます。

MNPしない場合は、ステップ3の「MNP予約番号をもらう」を飛ばして、ステップ5の「格安SIMを申し込む」ではMNP予約番号を入力せずに、新規番号で申し込みます。ステップ6の「格安SIMを設定する」で、開通手続きなしで格安SIMを入れてAPNを設定するだけで使えるようになります。最後にドコモで解約手続きすれば完了です。その他の部分は、MNPをする場合と同じになります。

機種変の割引クーポン、コジ割にチャレンジする

MNPをする場合でもしない場合でも、とりあえずコジ割にチャレンジしてみると良いかもしれません。面倒なら普通に飛ばしていいです。

コジ割とは、乞食割引という身も蓋もない通称が付いていますが、ドコモなどの大手キャリアから他社へMNPする場合に、ユーザを引き止めるためにもらえるかもしれないMNP引き止めポイントです。

このポイントは機種変をするときに使うことができます。契約内容によりますが、ポイントがもらえなかったり、最大3万ポイントがもらえたりする場合があります。(有効期限は数ヶ月くらい)

※ 以前はコジ割は結構もらえていたようですが、最近はもらえなかったり、もらえる場合でも微妙なお得度になる場合が多いようです。

ドコモに問い合わせたところ2016年1月にコジ割は終了したとのことですが、2月以降も体裁を変えて実質的には存在しているようです。(ドコモに詰問しても、一般的な回答を得るのが非常に難しく、ドコモ契約者じゃないと正確には教えられないとウダウダ回答を避けてくれました)

ドコモのスマホ/ガラケーから151をダイアルして、ガイダンスに従って4と2をダイアルした後に、オペレーターにつながったら、「auにMNPをしたいのですが、MNPを引き止めるのにポイントがもらえると聞いたのですが、何ポイントくらいもらえるものなのですか?」と聞いてみてください。

格安SIMにMNPをすると言うと不利に働く可能性があるとかないとか、とりあえずauを槍玉にしてしまいましょう。

この時点ではまだMNP予約番号をもらいません。

違約金を確認する

2年ごとにある2ヶ月間の更新月以外でMNPや解約をする場合、違約金がかかります。長期のドコモユーザなら違約金がかからなかったり3000円くらいだったりしますが、基本的にスマホの場合は違約金は1万円程度かかるのが普通です。

ドコモのスマホ/ガラケーから151をダイアル、または0120-800-000へダイアルして、違約金と更新月の確認をしてください。

更新月まで1,2ヶ月だった場合は更新月まで待つのもありですが、3ヶ月以上先の場合は諦めて違約金を支払ってさっさと格安SIMへMNPしたほうが安くなります。

ステップ1: 機種変をするかどうか考える、ドコモポイントやdポイントは使い切る

ポイントを使い切って機種変をするかどうか

ポイントは機種変でも使うことができますが基本的に機種変を考慮すると面倒なことになります。面倒だと思う場合は、綺麗さっぱり飛ばしてもいいです。

機種変ポイント(コジ割/引き止めポイント)とドコモポイント、dポイントの合計が3万ポイント以上になった場合、機種変を検討してみてください。加えて、更新月あたりになると機種変用の割引クーポンが配布される場合があります。

これらのポイントは機種変で使うことができるのですが、注意点は割引クーポンが使える対象機種が不明な点です。加えて、更新月でもらえる割引クーポンとコジ割でもらえる割引クーポンを併用できるかどうかも不明です。ドコモに問い合わせましたが、契約者本人じゃないとクーポンの内容も変わるので教えられないと回答を受けました。

機種変をする場合の注意点は、機種変したらすぐにSIMロックを解除することです。

SIMロックを解除しなくてもドコモ系の格安SIMなら使えますが、ドコモのiPhoneならSIMロックを解除することでau系の格安SIMでも使えるようになります。

ドコモのスマホの購入や機種変から100日経過するとSIMロックの解除が出来ますが、一括で支払う場合は購入日からSIMロックの解除ができます。

ネット(My docomo)から無料でSIMロックの解除の手続きができます。ドコモを解約すると100日後にはSIMロック解除の手続きができなくなるので注意してください。

月々サポートの割引について

機種変をすると月々サポートの月額割引が復活しますが、ドコモのスマホの月額料金自体が高額になっているので、機種変をした場合でも月々サポートは無視して、さっさと格安SIMへMNPした方が良いです。

ドコモポイントやdポイントは使い切る

ドコモからMNPする場合や解約する場合に、ドコモポイントは消滅するのでその前までに使い切ります。dポイントはdアカウント作成することで保持することができるのですが、保持し続けたところで良いこともないので、さっさと使い切ることをおすすめします。

使い方1) dショッピングの買い物の支払いに使う

数百ポイントくらいなら面倒なので無視してもいいですが、1000ポイント以上あれば、ドコモポイントやdポイントが使えるdショッピングで使い切ります。

dショッピング:飲料、食品、日用品、家電などが買えるオンラインショッピング

dショッピングはAmazonなどで買うよりも1割くらい高い場合が多いですが、ドコモポイントやdポイントを最も効率的に簡単に使える場所がdショッピングです。

使い方2) 3000ポイント以上あればドコモのケータイ料金の支払いに使う

毎月のドコモのケータイ利用料金に3000ポイントから100ポイント単位でdポイントを充当することができます。(ドコモポイントは使えません)

充当対象料金は、Xi/FOMAの基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料(一部除く)です。

使い方3) dポイントカードを発行してコンビニで使う

dポイントカードをもらって登録すると、dポイントカードでdポイントをローソンやマクドナルドで使うことができます。

dポイントカードは全国のドコモショップ、ローソン、マクドナルドで無料でもらうことができます。dポイントカードを手に入れたら下記のサイトで利用登録します。

dポイントカード利用登録

ドコモからMNPをしたり解約しても、dポイントがなくなることなくdポイントカードをそのまま使うことができます。ローソンやマクドナルドで使えるので便利です。

使い方4) 100ポイント以上の余ったドコモポイントは寄付する

ドコモポイント:寄付につかう

「子供の未来応援基金を通じ、貧困の状況にある子供等に寄り添って支援を行っているNPO等に対する支援として活用されます」らしいです。100ポイント単位で寄付できます。

使い方5) dカードを持っている場合はiDキャッシュバックもあり

dカードというクレジットカードを既に持っている場合で、ドコモポイントが2000ポイント以上ある場合は、iDキャッシュバックという選択肢もあります。

ドコモポイント2000ポイントに付き2000円分のiDキャッシュバックがもらえます。iDはセブンイレブンやローソン、イオン、その他たくさんのところで使うことができます。

ただし、iDキャッシュバックをするにはdカードというクレジットカードが必要な上にポイントの有効期限は半年だけです。既にdカードを持っていて使うあてがある場合は、iDキャッシュバックをするのも良いですが、それ以外はdショッピングやdポイントカードでポイントを使った方が良いです。

ステップ2: 必要に応じてSIMロックの解除をする

ドコモでiPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / Xを使っている場合は、SIMロックの解除の手続きを行います。(iPhone 6以前はロック解除できません)

ドコモのiPhoneを購入、もしくは機種変してから100日経過するとSIMロックを解除することができます。一括で支払う場合は購入日からSIMロックの解除ができます。

ドコモからMNPをすると、SIMロックの解除の手数料が3000円かかるのに加えて、100日後にはSIMロックの解除手続き自体ができなくなるので、MNPをする前にネット(My docomo)でSIMロックの解除をすることを強くお勧めします。

iPhone以外のドコモのスマホの場合、電波がドコモ用に最適化されているのでSIMロックを解除してもあまり意味はないですが、念のためSIMロックを解除しておくことをお勧めします。

2015年5月以降に発売されたドコモのスマホの場合、SIMロックの解除をすることができます。

SIMロック解除の期限の例外

すでにドコモでSIMロックの解除をしたことがある場合で、前回のSIMロック解除の手続きから100日以上経過している場合、端末購入日から100日経過していなくてもすぐにSIMロックの解除ができます。

ステップ3: MNP予約番号をもらう

ポイントを処分したら、次にドコモでMNP予約番号をもらいます。MNP予約番号を使えば、同じ電話番号を格安SIMで引き続き使うことができます。新しい電話番号でも良い場合は、MNP予約番号をもらう必要はありません。

MNP予約番号はドコモへ電話するか、ドコモショップへ行くか、またはネットからでももらうことができます。

ドコモへ電話をする場合
オススメは電話をしてMNP予約番号をもらうことです。今使っているdocomo携帯電話からは151をダイアルします。受付時間は9時から20時までになります。一般電話からだと、0120-800-000へダイアルします。

ドコモショップへ行く場合
近くのドコモショップの受付時間を確認してからドコモショップへ行きましょう。本人確認があるので契約者本人が身分証明書を持ってドコモショップへ行きます。

ネットからMNP予約番号をもらう場合
iモードから: i-menu → 料金&お申し込み・設定、PCから: My docomo (www.mydocomo.com)へアクセスする。ネットからだと、システムメンテナンス時間を除いた24時間受け付けています。

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含めて15日間になります。有効期限がまだあっても、発行日から3日以上経つとMNPで問題が出てくる場合があります。

トラブルを避けるためにもMNP予約番号をもらったら、その日か翌日にはその番号を使って格安SIMや格安スマホを申し込んでください。

ステップ4: 格安SIMを選ぶ、スマホは必要に応じて購入する

MNP(乗り換え)をする場合や新規番号で申し込む場合は、音声通話機能つきの格安SIM(通話SIM/音声通話SIM)を選びます。

ドコモのスマホを持っている場合

ドコモのスマホを持っている場合は、そのスマホのままで格安SIMを使うことができます。新しくスマホを買う必要はありません。今まで使ってきたスマホをそのまま使い続けることができます。アプリのデータもそのまま使えるので楽チンです。

テザリングの注意点

ドコモのスマホを格安SIMで使う場合、iPhoneならテザリングができますが、iPhone以外のドコモのスマホだとテザリングが基本的にできませんでした。

スマホにかなり詳しい人なら少し特殊な設定をすることでテザリングができるようになる場合がありますが、普通の人ではかなり厳しいです。テザリングが必要な場合は格安スマホやSIMフリー機種を購入するほうが無難です。

ただし2016年後半以降に発売されたドコモのスマホの場合、iPhone以外でも格安SIMでテザリングができるようになっています。

テザリングできるドコモの機種に関しては下記でまとめているので参考にして見てください。

ドコモのスマホを格安SIMで使うための詳細:テザリングの可否

使える格安SIM

ドコモのスマホはドコモ系の格安SIMで使うことができます。

ドコモのスマホでもSIMロックを解除すればau系の格安SIMでも使えますが、ドコモのスマホは電波がドコモ用に調整されています。ドコモのSIMロック解除したスマホをau系の格安SIMで使うと電波の受信が悪くなります。加えてドコモのスマホではauのVoLTEが使えないので、音声通話機能(携帯電話番号で通話する機能)とSMSが使えません。

ただし、ドコモのスマホでも、iPhoneだけが全キャリアの電波に対応しているので、ドコモのSIMロック解除したiPhoneならau系の格安SIMでも問題なく使うことができます。(※ au系の格安SIMだとUQ mobileだけがSIMロック解除したiPhone 6s/6s Plus/SEならテザリングができますが、それ以外のau系の格安SIMではiPhoneではテザリングができないので注意してください)

今まで使ってきた電話番号を格安SIMで使うには音声通話機能付の格安SIMを申し込む必要があります。音声通話機能つきの格安SIMの比較と評価から自分に合った格安SIMを選んでください。

ドコモのスマホを使う場合はそのスマホのSIMカードのサイズを確認しましょう。SIMカードのサイズは標準SIM、micro(マイクロ)SIM、nano(ナノ)SIMがあります。ほとんどのスマホはナノSIMです。iPhoneはナノSIMです。古いスマホだとマイクロSIMの可能性があります。

SIMのサイズは、スマホの機種名とSIMのサイズで検索すればわかると思います。

ドコモではSIMのサイズの呼び方が若干違う場合があります。
UIM = 標準SIM
miniUIM = microSIM
nanoUIM = nanoSIM

SIMカードのサイズを間違えると、格安SIMがドコモのスマホにはまらないので気をつけましょう! (格安SIMのサイズを変更する方法で変更することはできますが、いろいろ面倒なことになります)

ドコモのスマホを持っていても、予備に格安スマホを確保しておくのがおすすめ

ドコモのスマホを持っていれば新しくスマホを買う必要はないのですが、格安SIMを申し込むときに一緒に格安スマホも申し込むと割安に格安スマホが買えるMVNOがあります。

格安SIMにするとスマホが壊れて修理するとき、端末保証に入っていないと代替機種を貸してくれません。端末保証は少し割高なので、万が一に備えて予備に割安に買える格安スマホを購入しておくというのも良い手だと思います。

格安SIMと一緒に格安スマホを購入すると格安スマホが安くなるMVNOのキャンペーンはNifMoのキャンペーンエキサイトモバイルのキャンペーンBIGLOBEモバイルのキャンペーンなどです。

ドコモのガラケーユーザの場合

ドコモのガラケーユーザの場合、新しくスマホを購入する必要があります。

ドコモのガラケーユーザの場合は、ドコモ系の格安SIMでもau系の格安SIMでも、どちらを選んでも問題ありません。ドコモの電話番号であっても、MNPでau系の格安SIMへ移ることもできます。

ドコモ系の格安SIMを選ぶと、選べるスマホ(SIMフリーのスマートフォン、ドコモの白ロム)の種類がたくさんあります。ただし、ドコモ系の格安SIMはau系の格安SIMと比べて通信速度が少し遅くなる傾向があります。

au系の格安SIMを選ぶと、選べるスマホは少なくなりますが(iPhoneと一部のSIMフリースマホとauの白ロム)、au系の格安SIMは通信速度が比較的速くなります。

ドコモ系の格安SIMを選ぶ場合

どれがドコモ系の格安SIMなのかは、ドコモ系の格安SIMの一覧を参考にしてみてください。

ドコモ系の格安SIMは、ほぼ全てのSIMフリーのスマートフォンやドコモのスマホで使うことができます。ただし、au系の格安SIMと比べると通信速度が少し遅くなりがちです。特に平日の昼はドコモ系の格安SIMはストレスになるくらい遅くなるのに対して、au系の格安SIM、UQ mobileなら平日の昼でも快適に使える通信速度が出ます。

平日の昼でも快適に使いたい場合は、基本的にUQ mobileが唯一の選択肢になります。平日の昼の時間帯くらい少し我慢できる場合に、ドコモ系の格安SIMを選んでください。

ドコモ系の格安SIMを選ぶ場合、おすすめは格安スマホが安く買えるNifMoエキサイトモバイルBIGLOBEモバイルのタイプD等です。新しくスマホを買う必要がなければ他の格安SIMでもいいのですが、MVNOの中ではNifMoやエキサイトモバイル、BIGLOBEモバイルは格安スマホを安く買えるキャンペーンをほとんど毎月やっています。

どんなスマホがあっているかは格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)を参考にしてもらえれば、だいたいわかるかと思います。

ドコモ系の格安SIMは20以上あるので音声通話機能つきの格安SIMの比較と評価を参考に選んでみてください。

au系の格安SIMを選ぶ場合

au系の格安SIM
UQ mobile
BIGLOBEモバイルのタイプA
mineoのauタイプ
IIJmioのタイプA
QTモバイルのAタイプ

au系の格安SIM、特にUQ mobileは通信速度が大手キャリア並みです。全ての格安SIMで一番速度が出ます。BIGLOBEモバイルのタイプAはUQほど超速い速度は出ませんが、安定した速い通信速度が出ます。それに続いて、IIJmioやmineoも安定して比較的速い速度を維持する格安SIMです。

au系の格安SIMを選ぶメリットは、通信速度が超速いUQ mobileを選ぶことができることです。

ただしau系の格安SIMは使えるSIMフリーのスマートフォン(格安スマホ)は限られています。使える格安スマホは下記にまとめているので、そちらを参考にしてみてください。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報):au系の格安SIMで使える格安スマホ

ステップ5: 格安SIMを申し込む

格安SIMを申し込む前に、まず最初に下記を確認してください。

格安SIMの申し込みに必要なもの

・Gmailを作る
・クレジットカード(本人名義)を用意する
・MNP予約番号を発行する (発行から2日以内、過ぎていれば再発行)
・本人確認書類を用意する (名前と住所は格安SIMの申込みと同じにする必要あり)

MNPをする場合の注意点

月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。更新月の月末近くで手続きすると更新月を逃す恐れがあるので、更新月の場合はできるだけ早めに手続きをすることをオススメします。

1.キャリアメールが使えなくなるのでGmailを作る

格安SIMの購入手続きを行うとキャリアメールが使えなくなるので、その前にGmailで新しいメールアドレスを作成して、メールアドレスの変更を家族や友人に知らせましょう。

Gmailのメルアドでガラケーユーザへメールするとブロックされる場合があるので、キャリアメールが使えなくなる前に、キャリアメールからメルアドの変更を家族や友人に知らせるのが無難です。相手がガラケーの場合は受信許可アドレスに追加してもらえるように連絡しておくと完璧です。

2.申し込みには本人名義のクレジットカードが必要

格安SIMや格安スマホを申し込むには本人名義のクレジットカードが必要です。親兄弟のクレジットカードでもダメです。本人名義が必要です。

すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。クレジットカードを持っていない場合は、ポイント還元率の高い楽天カードがお勧めです。100円の支払いにつき1ポイントの楽天ポイントがもらえます。(楽天カードは審査が一番優しいクレジットカードなので、ほとんどの人はクレジットカードの審査に通ると思います)

楽天カードの詳細と申し込みはこちら → 楽天カード

口座振替に対応している格安SIMも極少数ですがありますが、選択肢が大幅に少なくなるので、基本的にはクレジットカードを使って支払ったほうが良いです。

格安SIMや格安スマホの支払いにオススメのクレジットカードと口座振替できるMVNO

本人名義以外のクレジットカードだと申し込み自体ができないか、申し込みが一応完了しても、審査時に申し込みがキャンセルになります。

3.本人確認書類を用意する

格安SIMや格安スマホの申し込みには、免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カードなどの本人確認書類1点が必要です。免許証を持っている場合は、それを使ってください。免許証がない場合、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なる場合があるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認してください。

本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメで撮って(またはスキャナーでスキャンして)、その画像を格安SIMの申し込み時にアップロードします。あまり高画質で撮ると容量をオーバーして申し込み時にエラーが出るので、低画質で撮りましょう。

本人確認書類の住所と格安SIMの申込者の住所も一致させておく必要があります。何かしらの理由で住所が一致していない場合は、住民届けや公共料金の領収書などの追加書類が必要になります。

4.MNPをする場合、一部のドコモ系の格安SIMで1〜2日電話やネットが使えなくなる場合がある

大半の格安SIMはMNPの手続き中でも、スマホやガラケーが使えなくなる期間はないのですが、一部のドコモ系の格安SIMだと1〜2日、電話やネットが使えなくなります。

一部と言っても今ではTONEモバイルだけなので、その他の格安SIMや格安スマホは、スマホやガラケーが不通になることなくMNPすることができます。MNPの手続き(開通手続き)は格安SIMごとに若干異なったりするので、詳細は下記を参考にしてみてください。

MNPの手続きで自宅で回線切り替え手続きができるMVNOの詳細と注意点

上記のことを確認したら、さっそく格安SIMの購入手続きに進みましょう!

格安SIMを申し込んだら3日〜4日程度待つ

格安SIMを申し込んだら、あとは待つだけです。だいたい申し込みから3日〜4日程度で届きます。ただし、状況によっては少し届くのが遅れる場合もあります。

TONEモバイル以外の格安SIMや格安スマホは届くのを待っている間でも、今使っているスマホやガラケーをそのまま使うことができます。電話もネットもできます。

TONEモバイルへMNPする場合だけ、格安スマホの購入手続きをした翌々日に今使っているスマホやガラケーが使えなくなります。TONEモバイルの場合、格安スマホの購入手続きをした翌日にはスマホを発送するので、使えなくなる期間は1日くらいになります。

ステップ6: 格安SIMを設定する

格安SIMが届いたら同封されている書類に従って設定を行います。

まず最初にやるのは回線の切り替え手続き(開通手続き)です。格安SIMのコールセンターやマイページから回線の切り替え手続きをすることができます。

TONEモバイルは回線の切り替え手続きが済んだ状態で届くので、切り替え手続きは必要ありません。TONEモバイル以外の格安SIMは回線の切り替え手続きが必要になります。

回線の切り替え手続きはSIMカードに同封されている用紙に記載されています。

MNPの手続きで自宅で回線切り替え手続きができるMVNOの詳細と注意点に、格安SIMごとの回線切り替え手続きをまとめているので参考にしてみてください。

回線の切り替え手続きをして、少しすると今使っているスマホやガラケーで電話やネットが使えなくなります。格安SIMによって違うのですが、回線の切り替え手続きをして2時間くらいすると、新しく届いた格安SIMが使えるようになります。

回線の切り替え手続きをしたら、格安SIMをドコモのスマホや格安スマホに挿入します。

ドコモのスマホを持っている人は、スマホからSIMカードを取り出して、格安SIMに入れ替えてください。入れ替え方がわからない!といった場合は、ネットで調べればやり方が載ってあります。調べるのを含めても、数分あれば入れ替えられると思います。

格安スマホを一緒に買った人は格安SIMを格安スマホに挿入しましょう。説明書を見ながらやってもいいし、ネットで調べてもやり方は載っていると思います。

10分くらいで格安SIMの設定が完了して利用できると思います。(SIMカードの挿入に四苦八苦する人がいると思いますが、長くても30分あればなんとかなるかと・・・)

回線の切り替え手続きを行うと、そのときにドコモの契約は自動的に解約になります。何もしない場合は、1週間程度で自動的に回線の切り替わってドコモの契約も解約になります。

わざわざドコモへ行って解約手続きをする必要はありません。回線の切り替え手続きが完了することで、ドコモとの解約手続きは完了になります。

MNPではなく、新規番号での契約の場合は、ドコモでの解約手続きが必要

MNPではなく、新規番号で格安SIM/格安スマホを申し込んだ場合、ドコモとの契約は自動的に解除されないので、格安SIMや格安スマホが届いてスマホが使えるようになったら、ドコモショップへ行って解約手続きをします。

以上で完了です。

その他の格安SIMや格安スマホへの乗り換え情報

↑このページの先頭に戻る