楽天モバイルのキャンペーンの詳細情報、格安スマホが最大72%引きになるセールを実施中

最終更新日 / 作成日 2016年6月1日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

楽天モバイルで2016年10月3日まで格安スマホが72%引きで買えるキャンペーンセールを行っています。

今回の半額セールで一番オススメの格安スマホは、最高のカメラ性能を搭載したP9(5万9800円→2万9900円)です。次に、防水でおサイフケータイ対応のAQUOS SH-RM02(3万9800円→1万9300円)、長く使える5インチスマホZenFone 2 Laser(2万7800円→7800円)、高性能なCPUを搭載したMate S(7万9800円→2万9800円)です。

他にも5.5インチスマホで一番安いZenFone Go(1万9800円→9900円)、ポケモンGO向きのZenFone 2(3万5800円→1万7200円)、大きな画面で電池交換できるZenFone Selfie(3万7800円→1万8100円)、5.5インチの大画面でカメラ性能も良いhonor 6 Plus(4万5800→2万2900円)などもお買い得でオススメです。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細と対象機種

楽天モバイルでは現在下記のキャンペーンを行っています。

2016年10月3日 9:59まで 秋の特価キャンペーン

秋の特価キャンペーンの詳細はこちらから → 楽天モバイル

楽天モバイルの通話SIMまたはデータSIMを申し込むと、格安スマホの価格が最大半額で購入することができます。(P9とZenFone Goだけ通話SIMとの申し込みが必要です)

キャンペーンで超お買い得な格安スマホ、1機種

・HUAWEI P9
通話SIMのセットで、通常価格5万9800円のところ、2万9900円で購入できます。超高性能なCPUに3GBのRAM、そして何よりライカ製の1200万画素のデュアルカメラを搭載することにより格安スマホで最強のカメラ性能になっています。この性能で2万9900円で買えるのは超お買い得です。最優先に検討してみてください。

キャンペーンでかなりお買い得な格安スマホ、3機種

・AQUOS SH-RM02
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格3万9800円が1万9300円で購入できます。防水・おサイフケータイ対応していて、電池持ちもかなり良く、カメラの性能も良く、ROMも32GBあります。この性能で1万9300円で買えるのは超お買い得です。

・ZenFone 2 Laser 16GBモデル
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格2万7800円が7800円で買えます。電池交換ができてAndroid 6にも対応しています。防水やおサイフケータイは必要ないスマホを長い間(4〜5年)使いたい一般ユーザ向けの格安スマホです。ただ、GPSの精度が悪いので、地図アプリでナビなどを使う場合は選ばないほうがいいです。

・Huawei Mate S
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格7万9800円が2万9900円で購入できます。ヘビーユーザ向けの超高性能の格安スマホです。基本的には超高性能なカメラを搭載した搭載したP9がオススメですが、データSIMのセットで申し込める超高性能なスマホの場合は、Mate Sが選択肢になります。

キャンペーンでそこそこお買い得な格安スマホ、4機種

・ZenFone Go
通話SIMとのセットで、通常価格1万9800円が9900円で買うことができます。一般ユーザ向け、5.5インチの格安スマホで一番安く買うことができます。性能は普通ですが、価格が安いのが最大の特徴です。

・ZenFone 2 ZE551ML
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格3万5800円が1万7200円で買うことができます。CPUの性能が良いので、ゲームが好きなユーザ向けです。ポケモンGOをしたい場合にお勧めです。

・ZenFone Selfie
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格3万7800円が1万8100円で買うことができます。5.5インチの大画面でAndroid 6へのアップデートも出来て電池交換もできるので、一般ユーザなら4,5年使っていくことができます。長い目で見るとコスパがとても良い格安スマホです。

・honor6 Plus (秋の特価キャンペーン)
通話SIMまたはデータSIMのセットで、通常価格4万5800円が2万9800円で買えます。大画面で、CPUの性能も良く、カメラの質も良いです。一般ユーザとヘビーユーザ向けの格安スマホです。ポケモンGOも普通に遊べます。

秋の特価キャンペーンのの詳細については、楽天モバイルの公式サイトをご確認ください。

公式サイト → 楽天モバイル

初月の月額料金は無料です。通話SIMを申し込むと楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと2倍になる特典も付いてきます。

楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

HUAWEI P9、高価格帯のスマホで一番人気、高性能で圧倒的なカメラ性能、5万9800円が2万9900円

HUAWEI P9

HUAWEI P9
通常価格5万9800円 → 通話SIMとセットで購入すると2万9900円(税込3万2292円)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.5GHz/1.8GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素x2、重さ145グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE566時間、ナノSIM、Android 6.0、FOMAプラスエリアにも対応、本体カラー(ミスティックシルバー、チタニウムグレー)

高価格帯の格安スマホの中で一番人気のあるのがHUAWEI P9です。

高画質で大きすぎない画面、超高性能なCPUと3GBのRAMでなんでもサクサク動かせます。ROMは32GBなので一般的な格安スマホの倍のデータを保存することができます(ただし、他の格安スマホもマイクロSDカードで保存容量は増やせます)。電池の持ちも良いです。

そして何より最大の特徴は、ライカ製の1200万画素のカメラを2つ搭載することで、最もカメラの性能の良い格安スマホになっています。カメラの性能にもこだわるなら、HUAWEI P9が一番です。

今回のキャンペーンで半額の3万2292円(税込)で買えるのは超絶お買い得です。ぜひ最優先に検討してみてください。(ポケモンGOも普通に遊べます。ジャイロがあるのでARモードも使えます)

格安スマホがたくさんありすぎて、何の格安スマホを買えばいいのかよくわからなくなったら、HUAWEI P9を選んでください。もし防水とワンセグ、そしておサイフケータイが必須の場合にだけAQUOS SH-RM02がおすすめになります。

楽天モバイルの半額のP9の申込みはこちらから → 楽天モバイル

AQUOS SH-RM02、スマホを便利に使いたい人におすすめ、3万9800円が1万9300円

AQUOS SH-RM02

AQUOS SH-RM02
通常価格3万9800円 → 通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると1万9300円(税込2万844円)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ145グラム、電池容量2450mAh、連続待受LTE610時間、防水、おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 5.0、FOMAプラスエリアにも対応、本体カラー(ゴールド、レッド、ホワイト、ネイビー)

AQUOS SH-RM02はスマホの一般ユーザにとって、とても良い格安スマホです。カメラの性能も良く、電池持ちもかなり良く、防水とおサイフケータイにも対応しています。ROMが32GBあるので、普通の格安スマホ(ROM16GB)よりも倍のデータを保存することができます。

通常価格3万9800円は正直高いですが、半額(52%オフ)の1万9300円なら超お買い得です。AQUOS SH-RM02はスマホをできるだけ安くそして便利に使いたい場合に一番オススメの格安スマホです。

格安スマホがたくさんありすぎて、何の格安スマホを買えばいいのかよくわからなくなったら、防水・ワンセグ・おサイフケータイが必須なら税込2万844円で買えるAQUOS SH-RM02が一番オススメです。それ以外なら半額になっているP9がオススメです。AQUOS SH-RM02もポケモンGOが普通に遊べます(ジャイロが付いているのでARモードも使えます)

楽天モバイルのの半額のAQUOS SH-RM02の申し込みはこちらから → 楽天モバイル

ZenFone 2 Laser、5インチスマホで電池交換可、スマホをできるだけ長く安く使いたい一般ユーザにおすすめ、2万7800円が7800円

ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser 16GBモデル
通常価格2万7800円 → 通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると7800円(税込8424円)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145グラム、電池容量2400mAh、連続待受LTE241時間、マイクロSIM、Android 6対応、FOMAプラスエリアにも対応

ZenFone 2 Laserのスペックと評価と評判のまとめ

スマホをできるだけ安く長く使っていきたい一般ユーザにオススメなのがZenFone 2 Laserです。楽天モバイルにはZenFone 2 Laserの8GBモデルがありますが、8GBモデルは性能が貧弱なので無視してください。ZenFone 2 Laserは16GBモデルを選びます。

ZenFone 2 Laser 16GBモデルは、一般ユーザに十分な性能を持っていて、電池交換にも対応しています。電池はAmazonで3300円くらいで買うことができて、誰でも簡単に10秒くらいで電池を交換することができます。Android 6にもアップデート可能なので、スマホが壊れない限り、4年くらい使っていけるようになっています。

税込8424円で4年くらい使えるので、コスパがとてつもなく良い格安スマホになっています。ただし、ZenFone 2 LaserはGPSの精度がかなり悪いので、Google Mapsなどの地図アプリでナビを使う場合は避けたほうが良いです。

ポケモンGOには対応していますが、GPSの精度が悪いので、ポケモンGOで遊びたい場合はZenFone 2 Laserを選ぶのはやめたほうが良いです。

楽天モバイルの72%引きのZenFone 2 Laserの申込みはこちらから → 楽天モバイル

HUAWEI Mate S、ヘビーユーザ用の高性能スマホ、7万9800円が2万9800円

HUAWEI Mate S

HUAWEI Mate S
通常価格7万9800円 → 通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると2万9800円(税込3万2184円)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz/1.5GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ156グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM

HUAWEI Mate Sは通常価格7万9800円が63%引きの2万9800円(税込3万2184円)で買うことができます。

今回の格安スマホセールで一番の割引額になります。ただし、HUAWEI Mate Sの通常価格がもともと超割高なので、一番の割引額だから一番お買い得というわけでもありません。ただし、さすがに6.3割引の2万9800円になると、かなりお買い得になっていると評価できます。

CPUの超高性能で、RAMも3GBあり、ROMも32GBあります。カメラの質もいいです。HUAWEI Mate Sはスマホのヘビーユーザにおすすめの格安スマホになっています。ポケモンGOも普通に遊べます(ジャイロが付いているのARモードも使えます)

データSIMとのセットでも申し込めるので、通話SIMを申し込めないスマホのヘビーユーザにHUAWEI Mate Sがオススメです。(通話SIMを申し込める場合は、P9が一番オススメです)

楽天モバイルのの63%引きのHUAWEI Mate Sの申し込みはこちらから → 楽天モバイル

ZenFone Go、一番安く買える5.5インチの大画面スマホ、1万9800円が9900円

ZenFone Go

ZenFone Go
通常価格1万9800円 → 通話SIMとセットで購入すると9900円(税込1万692円)

性能 5.5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池3010mAh

ZenFone Goのスペックと評価と評判のまとめ

5.5インチの格安スマホで2016年9月現在、一番売れているのがZenFone Goです。売れている理由は一番安い5.5インチスマホで、一般ユーザにとって十分な性能を持っているためです。

ZenFone Goには優れた性能といったのが全くと言ってないのですが、そのぶん価格を下げて、安さ重視、でも一般ユーザにとっては不満が出ない性能を維持していることから、大ヒットしています。

スマホの性能にそんなにこだわりはないけど、できるだけ大きな画面のスマホがほしい場合にZenFone Goがおすすめです。(ARモードは使えませんがポケモンGOは遊べます)

楽天モバイルの半額のZenFone Goの申し込みの詳細はこちらから → 楽天モバイル

ZenFone 2 ZE551MLが半額の1万7200円、安くて高性能な格安スマホ(ポケモンGO向き)

ZenFone ZE551ML

ZenFone 2 ZE551ML
通常価格3万5800円 → 通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると1万7200円(税込1万8576円)

性能 5.5インチ、CPUクワッドコア1.8GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(前面500万画素)、重さ170グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE267時間、マイクロSIM

ZenFone 2 ZE551MLのスペックと評価と評判のまとめ

ZenFone 2は古いバージョンのポケモンGOには対応していませんでしたが、現在のバージョンのポケモンGOには対応しています。ジャイロも搭載しているのでARモードも使えます。

ZenFone 2を検討する上での最大の注意点は、近々ZenFone 2の新型 ZenFone 3が発売されることです。ZenFone 3の発売日はまだ決まっていませんが、2016年9月末頃になると思われます。

ZenFone 3はとても良い出来の格安スマホになりそうですが、価格は4万円前後になりそうです。簡単に言うと、ZenFone 3は大幅に性能がアップします。通常価格であれば、ZenFone 2は買わずにZenFone 3を待つのが良いのですが、ZenFone 2の半額価格はお買い得です。1万円引き程度なら無視して良いのですが、半額になるとZenFone 2の性能からみても買って後悔することはないです。

スマホに4万円くらい出せる場合はZenFone 3が出るのを待つ、スマホ代をできるだけ抑えてなおかつ高性能なスマホがほしい場合はZenFone 2 ZE551MLがオススメです。

楽天モバイルの半額のZenFone 2 ZE551MLの申し込みはこちらから → 楽天モバイル

ZenFone Selfie、3万7800円が1万8100円、大きな画面で電池交換が可能、長く使いたい一般ユーザにおすすめ

ZenFone Selfie

ZenFone Selfie
通常価格3万7800円 → 通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると1万8100円(税込1万9548円)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHz/1.0GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素(全面1300万画素)、重さ170グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE255時間、マイクロSIM、電池交換可

ZenFone Selfieの性能自体は一般的な格安スマホよりも少しだけ良いくらいです。違いは、5.5インチスマホで電池交換できる点です。加えてAndroid 6にも対応しているので、電池を交換すれば5年くらい使っていくことができます。交換電池は4300円くらいで販売されています。

元々の売りは全面のカメラの画素数が1300万画素で、自撮りを高画質で撮れることです。ただ、高画質で自撮りができるニーズはあまりありませんでした。

その結果、ZenFone Selfieはそんなにヒットしなかったのですが、税込1万9548円なら話が変わります。通常の格安スマホは電池交換ができなかったりAndroidが少し古かったりと、3年くらいが使える限度です。

ZenFone Selfieは電池交換ができて、Android 6にも対応していて、性能も平均的な格安スマホよりも少し良いので、一般ユーザなら4年くらい使っていくことができます。

スマホをできるだけ長く使いたい場合に、ZenFone Selfieがおすすめです。

ヘビーユーザだとCPUの性能に不満が出る可能性が高いです。あくまで一般ユーザ向けのスマホになります。(ジャイロも搭載しているのでポケモンGOのARモードでも遊ぶことができます)

楽天モバイルの半額のZenFone Selfieの申し込みの詳細はこちらから → 楽天モバイル

honor6 Plus、5.5インチの大画面(老眼用)、ゲームユーザ、そして写真好きな人にもおすすめ、4万5800円が2万2900円

honor6 Plus

honor6 Plus
通常価格4万5800円が、通話SIMまたはデータSIMとセットで購入すると2万2900円(税込2万4732円)で購入できます。

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz/1/3GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ800万画素×2個、重さ165グラム、電池容量3600mAh、連続待受LTE444時間、マイクロSIM

50代以上の人と、ゲームをよくする人、そして写真を撮るのが好きな人にhonor6 Plusがおすすめです。

50代以上になると老眼が入ってくるので小さい文字が読みづらくなります。そういった場合に、スマホがでかければでかいほど文字を大きく表示することができるので、50代以上の人には5.5インチの大画面のスマホがおすすめになります。(5.5インチでも厳しそうな場合は、対老眼で最強の7インチタブレット MediaPad T2 7.0 Proがオススメ)

ゲーム好きな人にもhonor6 Plusがおすすめです。CPUのコアが多ければ多いほど性能が良いのですが、honor6 PlusのCPUにはコアが8個入っています。4個は1.8GHzで動いて、残りの4個は1.3GHzで動きます。たいていの使い方ならコアが4個あるクワッドコア1.2GHzでも問題ないですが、3Dゲームも楽しみたい場合はhonor6 Plusがおすすめです。

その他、honor6 Plusは格安スマホの中でカメラの性能がトップクラスに良いです。写真を撮るのが好きな場合もhonor6 Plusがおすすめになります。

honor6 Plusの注意点は地域(山間部や郊外など)によってはLTEの受信が弱い可能性があることです。山間部や人がほとんど住んでいない郊外に住んでいる場合は、honor6 Plusは電波の受信が悪くなるので避けたほうが良いです。

楽天モバイルの半額のhonor6 Plusの申込みはこちらから → 楽天モバイル