データ専用の格安SIM(データSIM)を選ぶポイントとおすすめのデータ量

最終更新日 / 作成日 2015年3月17日 / 作成者 格安SIMの管理人

データ専用の格安SIM(データSIM)とは、070、080、090の携帯電話番号で電話をすることができないインターネット専用の格安SIMです。

データSIMは携帯番号で電話をしたり受けたりできないだけで、アプリのダウンロード、アプリの利用、Webサイトの閲覧、LINEの無料通話や無料の050番号を使った通話などは問題なくすることができます。

データSIMにも携帯電話の電話番号が付与されていますが、その携帯番号を使って電話をしたり受けたりはできなくなっています。SMS機能付きのデータSIMの場合は、月額料金が120円から150円ほど高くなりますが、データSIMの携帯番号を使ってSMSの送受信をすることができます。

携帯電話の電話番号で電話をすることにこだわりがなければ、データSIMは月額料金も安く、手続きも簡単なのでお勧めです。

ただ、データSIMでも050のIP電話を使って電話をすることができますが、110や119の緊急通報はできません。スマホで普通に電話を使いたい場合は、データSIMは不向きなので、普通に電話ができる音声通話プランのある格安SIM(通話SIM)を選ぶことをお勧めします。

関連記事:
音声通話SIMとデータSIMの違いは緊急通報(110と119)の有無
データSIMのSMS機能は付けるべき? セルスタンバイによる電池消費問題

下記のリストは格安SIMの実際に出る通信速度を定期的に計測するために、このサイトで実際に契約している格安SIMです。

実際にデータSIM(データ専用の格安SIM)を申し込んで、格安スマホで使えるまでを記載しています。申し込みや設定に不安のある人は参考にしてみてください。この他にも、nuroモバイル、ワイモバイル、0SIM等を契約しています。

データSIMを選ぶ上でのポイント

データ専用の格安SIM(データSIM)の選ぶ上で重要なポイントは、月に使えるデータ量、月額料金、実際に出る通信速度、キャンペーンの有無です。

データ量は月に利用できる高速通信のデータ容量です。月中にこのデータ量を使い切ってしまうとアプリのダウンロードやインターネットのスピードが急激に遅くなって使いものにならなくなります(かなり我慢すれば使えなくはないですが・・)。データ量は1GB、2GB、3GB、・・・、10GBなどに分かれています。

月額料金は月に使えるデータ量で変わります。月1GBなら500円、月2GBなら800円、月3GBなら900円ぐらいが相場になっています。同じデータ量でも格安SIMごとに料金が少し変わります。

実際に出る通信速度は速ければ速いほどアプリのダウンロードやインターネットを素早くすることができます。ただし、実際に出る通信速度は時期によって大きく変動することがあるので注意が必要です。

格安SIMの実際に出る通信速度は、格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る通信速度の記録に掲載しているので参考にしてみてください。

一般的な使い方なら普通程度の通信速度がでれば問題なく使うことができます。

データSIMのデータ量別の評価

自宅にWiFi(無線LAN)があるかないかで、必要なデータ量が大きく変わってきます。自宅にWiFiがあれば、家にいる間はスマホはデータ消費なしに使うことができます。自宅にWiFiがない場合は、データ消費が大きい、アプリのダウンロードやアップデート、動画の視聴などで、より多くのデータ量が必要になります。

どのくらいデータを使っているかわからない場合は、データ量の目安、動画、アプリ、インターネットで使うデータ量も参考にしてみてください。

高速通信がないデータSIM、超ライトユーザ向け

高速データ通信ができない(データ量がない)データSIMのプランでも、低速モードでインターネットをすることができます。ただし低速モードの通信速度はかなり遅いです。

自宅にWiFiがある場合で、外ではほとんどスマホを使わない場合は、高速通信がないデータSIMでもほとんど問題ありません。

自宅にWiFiがない場合は、アプリのダウンロードは少なくとも30分以上かかるので現実的ではありません。月298円〜525円で使えますが、かなり割り切ってスマホを使う必要があります。

月1GB使えるデータSIMのプランの月額料金は480円なので、高速通信がないデータSIMのプランを検討する場合は、とりあえず月1GB使えるデータSIMのプランを選んでおいたほうが良いです。

推定:データSIMを契約している人の0.5割くらいが高速通信がないデータSIMのプランを契約

下記のページで、高速データがないデータSIMを選ぶポイントをより詳しく説明したあとに、高速データがないデータSIMのおすすめをランキング順で紹介しているので参考にしてみてください。

高速通信がないデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

月1GB使えるデータSIM、ライトユーザ向け

あまりスマホを使わないライトユーザや、自宅にWiFiがあり外ではあまりスマホを使わない場合に月1GBのデータSIMがオススメです。料金も月500円くらいとお手頃です。

推定:データSIMを契約している人の2割ぐらいが月1GBのプランを契約

月1GB使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

月2GB使えるデータSIM、ライトユーザと一般ユーザ向け

家にWifiがない場合でスマホをそこそこ使う場合や、家にWifiがある場合でも外でそこそこスマホを使う場合は月2GB使えるデータSIMがおすすめです。料金は月800円くらいです。

ただし、月2GBのプランがあるデータSIMは少ないです。あと100円くらい出せば、月3GBプランを選ぶことができて、月3GBのプランがあるデータSIMはたくさんあります。月2GBを検討する場合は、とりあえず月3GBを検討することをおすすめします。

推定:データSIMを契約している人の1割ぐらいが月2GBのプランを契約

月2GB使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

月3GB使えるデータSIM、一般ユーザ向け

家にWifiがない場合、または家にWiFiがある場合でも外で普通にスマホを使う場合は、月に3GB使えるプランがおすすめです。月額料金は900円くらいになります。

格安SIMは月3GBが定番のデータ量です。選べるMVNOの数も最多です。月に使えるデータ量の選択に迷っている場合は、とりあえず3GBを選んでおくのが一番無難です。

推定:データSIMを契約している人の3割ぐらいが月3GBのプランを契約

月3GB使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

月4GB以上使えるデータSIM、ヘビーユーザ向け

外でスマホを使うことが多い場合、または自宅にWiFiがない場合でスマホを普通程度に使いたい場合は、月4GB以上のプランがおすすめになります。

特に自宅にWiFiがない場合で動画を見たい場合、もしくは外でも動画を見ることが多い場合は、月4GB以上が必須になります。(動画の視聴はデータをたくさん使います)

推定:データSIMを契約している人の3割ぐらいが月4GB以上のプランを契約

月に4GB以上使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

無制限に高速通信が使えるデータSIM、ヘビーユーザ向け

家にWifiがない場合や、通勤通学中、またはカフェなどでYoutubeやニコニコ動画、Hulu、Netflix等の動画をたくさん見たい場合に、無制限で高速通信が使えるデータSIMがおすすめです。

ただし、無制限プランは通信速度が不安定だったり遅かったり、使えるデータ量に実は制限があったりする場合があるので利用には注意が必要です。

推定:データSIMを契約している人の0.5割ぐらいが無制限プランを契約

無制限に高速通信が使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

月額1000円未満で使えるデータSIM、ライトユーザと一般ユーザ向け

上記ではデータSIMをデータ量別に評価していきましたが、下記のページでは月1000円未満で使える手頃なデータSIMをおすすめ順に紹介していきます。

月額1000円未満で使えるデータSIMを選ぶポイントとおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る