ZenFone 2 Laserのスペックと評価と評判のまとめ

最終更新日 / 作成日 2015年9月12日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安スマホの中でもロングセラーの人気機種がZenFone 2 Laserです。ZenFone 2 Laserは格安スマホとして初めて大ヒットしたZenFone 5の改善版です。ZenFone 5の欠点は電池の持ちが少し悪いこととカメラの画質が少し悪いことでした。

ZenFone 2 Laserで電池の容量が増えて普通の使い方なら1日電池が持つようになりました。カメラの画質も向上して普通レベルになりました。

ZenFone 2 Laserは2015年8月にひっそりと発売され9月には一番人気の格安スマホになりました。それからしばらくして人気トップの座は、P9litearrows M03ZenFone 3honor8などに譲り渡しましたが、ZenFone 2 Laserは発売後1年以上経つ今でも根強い人気を維持しています。

ZenFone 2 Laserは一般ユーザにとって十分な性能を持っています。発売当初は3万円くらいしましたが、段階的に値下がりして、今では1万8000円(税込)ぐらいと手頃な価格で買えることからもロングセーラーの人気機種になっています。

ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laserのスペック(性能)

ZenFone 2 Laser ZE500KL
CPUクワッドコア1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチ
解像度720×1280
カメラ背面1300万画素/前面500万画素
電池容量2400mAh
サイズ143.7 x 71.5 x 10.5 mm
重さ145グラム
連続待受LTE241時間、WCDMA502時間
実売(税込)1万8000円

OS: Android 5 Lollipop、Android 6へのアップデート可、デュアルSIM(マイクロSIM × 2)、SIMフリー、外部SDカード(最大128GB)、テザリング可

ZenFone 2 Laser ZE500KLの対応バンド
LTE(4G): バンド1/3/5/6/8/9/18/19/28
WCDMA(3G): バンド1/2/5/6/8/19

ドコモ系の格安SIMへの対応は問題なし

ドコモの主なLTEバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。バンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドなので気にする必要はないですが、28にも対応しています。他にドコモはバンド21というバンドも使っていますが、超マイナーなバンドなため無視していいです。ドコモのLTEの受信は問題ありません。

ドコモの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド6です。バンド6に対応しているのでFOMAプラスエリアにも対応してています。ドコモの3Gの受信は問題ありません。

au系の格安SIMへの対応も問題なし

auのLTEが使っている主に使っているバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。バンド26はバンド5,6,18,19を含んでいるバンドです。ZenFone 2 Laserはauが使うバンド18は対応しているので、バンド26は必要ありません。auのLTEの受信も問題ありません。

ZenFone 2 LaserはauのVoLTEにも対応しているので、au系の格安SIMでVoLTE用のSIM(通話SIM/SMS付データSIM)を使えば音声通話やSMSもできるようになります。

ソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)への対応も問題なし

ソフトバンクのLTEが使っている主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド8、バンド28です。ZenFone 2 Laserは全て対応しているのでソフトバンクのLTEの受信も問題ありません。

ソフトバンクの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド8です。ZenFone 2 Laserは全て対応しているのでソフトバンクの3Gの受信も問題ありません。

ZenFone 2 Laserはドコモ系の格安SIM、au系の格安SIM、そしてソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMの違いと使えるスマホ
ドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめ

6インチのZenFone 2 Laser ZE601KLについて

2015年11月13日、ZenFone 2 Laserの画面が6インチになる、ZenFone 2 Laser ZE601KLが発売されました。ただし、これは超マイナーな機種なので無視していいです。

ZenFone 2 Laserといった場合、基本的に画面が5インチのZenFone 2 Laser ZE500KLを指します。6インチのZenFone 2 Laser ZE601KLはマイナーな上に偽物(国内版ではなく中国版)が横行しているので購入しない方がいいです。これ以外にも楽天モバイル限定のROM8GB版のZenFone 2 Laserがありましたが販売終了しているので無視します。

ZenFone 2 Laser ZE601KLの性能

6インチ(解像度1920×1080)、CPUオクタコア1.7GHz/1.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、背面1300万画素/前面500万画素、電池容量3000mAh、大きさ164.5 × 84 × 10.55mm、重さ190グラム、連続待受時間LTE353時間/WCDMA439時間、3万7000円

ZenFone 2 Laser ZE601KLの対応バンド(国内版)
LTE(4G): 2,100(1), 1,800(3), 850(5), 800(6), 900(8), 1,700(9), 800(19), 700(28) MHz, 2600(38), 1900(39), 2300(40), 2600(41)
WCDMA(3G): 2,100(1), 1,900(2), 850(5), 800(6), 900(8), 800(19) MHz
TD-SCDMA: 1,900(39), 2,100(34)

ZenFone 2 Laser ZE601KLの対応バンドのTD-SCDMAは中国用のバンドになります。LTEの38,39,40,41も中国/インド用のバンドになります。ZE500KLとZE601KLの対応バンドの主な違いは、ZE601KLは中国でも使えるようになっていることです。

ZE601KLは高性能というわけではありませんが、そこそこ良い性能で6インチの大きな画面を使いたい場合にオススメです。

ただし、ZenFone 2 Laser ZE601KL(国内版)ではなく、ZenFone 2 Laser ZE601KL(中国版/グローバル版)の不正販売が横行しています。中国版/グローバル版は日本の対応バンドと合っていないようで、6インチのZE601KLは不正品を購入するリスクが高いです。

もし大きな画面を使いたい場合はMediaPad T2 7.0 Proの方がオススメです。7インチのタブレットですが、スマホと同じように電話をかけることができます。価格も安くバランスの良い性能をしています。

ここでは、ZenFone 2 Laser ZE601KLは基本的に無視して、5インチのZenFone 2 Laser ZE500KLについて説明していきます。

ZenFone 5とZenFone 2とZenFone 2 Laser(ZE500KL)の違いと経緯

ZenFone 2 Laserから説明します。ここでいう、ZenFone 2 Laserは5インチのZE500KLのことです。

2014年11月にZenFone 5が発売されるとともに一般ユーザにとって十分な性能で価格が税込み2万9000円だったことから大ヒットしました。

そこから格安スマホはZenFone 5が人気トップを独走します。2015年5月にZenFone 5の性能を大幅にアップして価格も1万円高くなったZenFone 2が発売されました。ZenFone 2が発売されたことから、まだまだ人気があったZenFone 5は2015年6月に販売終了となりました。

ZenFone 2は性能怪獣と呼ばれネットでも大々的に取り上げられましたが、価格が税込3万9000円近くして性能が一般ユーザにとっては不必要に高いだけだったのでZenFone 5ほどヒットしませんでした。ZenFone 2はヘビーユーザにはヒットしました。

2015年8月、ZenFone 2 Laserが発売されました。ネットではあまり評判になっていませんでしたが、これがまたたくまに格安スマホで一番人気の機種になりました。

ZenFone 2 LaserはZenFone 2の廉価版という位置づけですが、実際にはZenFone 5の改善版です。ZenFone 2 LaserはZenFone 5の欠点だった電池の持ちとカメラの質が改善されました。価格も税込みで3万円と手ごろな価格に落ち着きました。(2016年11月現在、税込1万8000円程度で販売されています)

ZenFone 2は確かに性能がとても良い格安スマホですが価格も高いです。この性能の良さは高度なゲームアプリぐらいでしか発揮できないので、ヘビーユーザには受けいられても一般ユーザにはあまり受け入れられませんでした。

ZenFone 2 LaserはZenFone 2のように性能は良くありませんが、一般ユーザにとって十分な性能があります。そして大ヒットしたZenFone 5の問題点を改善した機種でもあります。価格も税込み3万円とZenfone 5並の価格に抑えることができたことから、ZenFone 2 Laserが大ヒットしました。

ZenFone 2 Laser ZE500KLの評判と評価、他の格安スマホとの比較

ZenFone 2 Laserの評判は正直言うと微妙です。悪くはないのですが、他の人気の格安スマホと比べると同じくらいのコストパフォーマンスになっています。

ZenFone 2 Laserと競合するのがHuawei P8liteです。Huawei P8liteとZenFone 2 Laserの性能はほぼ互角です。両方とも一般的なユーザにとって十分な性能を持っています。

ZenFone 2 Laserは2015年8月に発売、Huawei P8liteは2015年6月に発売され、すでに1年以上が経過していますが今だに人気を維持しています。人気の理由は両方とも発売当初は税込3万円くらいでしたが、今では税込2万円以下にまで値下がりして、さらに両方ともAndroid 6に対応しているためです。

さらにZenFone 2 Laserは自分で電池交換(Amazonで3000円くらいで販売)もできるので、途中で電池交換しても4年くらい使っていくことができるので、スマホをできるだけ安く長く使いたい一般ユーザにおすすめの格安スマホになっています。他にもauのVoLTEにも対応しているので、au系の格安SIMまで使えます。

このため、ZenFone 2 Laserはロングセラーで人気上位の格安スマホになっています。(P8liteも割と人気を維持しています)

ZenFone 2 Laserは電池が交換できる = 4年使える

ZenFone 2 Laserの最大の特徴は電池が交換できることです。

格安スマホの弱点は電池が交換できないか、交換できても交換するのに高額な料金が請求される上に修理工場へ送る必要があることです。電池が交換できる格安スマホもありますが、性能が超低いため一般ユーザ向けではありません。

せっかく格安スマホを2,3万円で買っても電池が2,3年で消耗するので新しく買いなおす羽目になります。

ZenFone 2 Laserの場合、電池の交換が簡単にできるので、新しい電池を入手さえすれば電池が消耗しても問題ありません。性能的に4年くらい使っていけます。

Amazon: ZenFone2 Laser ZE500KL 交換用 互換バッテリー
ASUS ZenFone2 Laser ZE500KL 交換用 互換バッテリー(電池パック) C11P1428

ZenFone 2 Laserを作っているASUSからはまだ純正電池を発売していませんが、互換電池ならすでに3000円程度で販売されています。

P8liteは良い格安スマホですが、電池が交換できないので、普通に使っていくと電池が消耗して3年でゴミ箱行きになります。ZenFone 2 Laserの場合、2,3年で電池が消耗しても、互換電池を購入して交換すれば4,5年くらい使っていけます。

もし純正電池がほしい場合の交換費用

互換電池なら3000円で販売されていますが、純正電池は販売されていません。互換電池でも十分な性能を持っているのですが、互換電池を使うと1億分の1くらいで爆発(?)する可能性もあります。日本でスマホの互換電池が爆発したことなんてないんですが・・。互換電池を使う場合は自己責任です。

ZenFone 2 Laserを製造しているASUSに問い合わせたところ、純正電池への電池の交換は、修理扱いになっておそらく費用は5000円くらいになると思うとの回答をもらいました。ただし、正式な回答ではなく、たぶん5000円くらいになるのでは?というくらいで、ASUSサポートの個人的な意見っぽかったです。

正確な修理代金(電池交換費用)は修理工場しか把握していない情報になるので、ASUSのサポートセンターでも把握できていないんだとか。ただ、検査費が3000円で部品代が2000円くらいになって、修理代は簡単に取り外せる電池を交換するだけだからほぼゼロ。なので5000円くらいが目安になるのではないでしょうか?みたいな感じの答えになりました。

GSPの精度が悪い

たいていの格安スマホのGSPの精度は普通に良いです。Google Mapsをナビやカーナビとして使っても、使える程度のGPSの精度になっています。

ただし、ZenFone 2 LaserのGPSの精度だけはクソです。格安スマホの中でも圧倒的に悪いです。ZenFone 2 Laserだけは、まともにナビが使えるとは思わないほうがいいです。

ZenFone 2 Laserを持って、Google Mapsを起動して、移動してみたのですが、Google Mapsの現在位置が移動しません。普通の格安スマホだと、移動すればGoogle Mapsの現在位置も移動してくれます。ZenFone 2 Laserの場合、現在位置の取得に時間が掛かるようで、まともに動いてはくれません。

兎にも角にも、Google Mapsなどの地図アプリでナビとして使いたい場合は、ZenFone 2 Laserだけは絶対避けたほうが良いです。

アルミ箔を貼るとGPSの精度が上がる!?

バッテリーカバーを外して、アルミ箔を細長く切ってL字にして貼り付けるとGPSの精度が上がるようです。

参考サイト:出費0円でGPSの受信精度を劇的に改善させる

上記のサイトではZenFone Goでテストしていますが、ZenFone 2 Laserでも同様の効果が得られるようです。このサイトでもZenFone 2 Laserを持っているので、11月中に試してみようと思います。(忙しすぎて色々余裕がなくて・・)

ZenFone 2 Laserの単品での購入価格

5インチのZenFone 2 Laser ZE500KLの定価は税込3万24円でしたが、2016年11月現在の実売価格は税込1万8000円程度まで値下がりしています。

Amazon: ZenFone 2 Laser ZE500KL
エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

MVNOでもZenFone 2 Laser ZE500KLを販売していますが、定価販売のところが多いです。楽天モバイルだけが現在キャンペーンで安く販売しています。ZenFone 2 Laserは楽天モバイルで買うか、Amazonで買って格安SIMだけMVNOで申し込むのをおすすめします。

ちなみに6インチのZenFone 2 Laser ZE601KLの定価は税込4万5144円ですが、Amazonでの実売価格は税込3万3000円くらいになります。

Amazon: ZenFone 2 Laser ZE601KL
エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon S616/メモリ 3GB)32GB グレー ZE601KL-GY32S3

ただし、国内版ではなく日本のバンドには合わない中国版やグローバル版を国内版として販売している業者が横行しているので、6インチのZenFone 2 Laserは買わない方がいいです。MVNOでは発売されていません。

ZenFone 2 Laser ZE500KLとMVNO(格安SIMとセット購入&キャンペーン)

ZenFone 2 Laserを販売しているMVNOは多数ありますが、その中で格安SIMをセットに申し込むと安くなるMVNOは楽天モバイルとUQ mobileだけになります。

楽天モバイル、税込8424円!

2016年12月1日までに楽天モバイルの通話SIMとセットで申し込むと、ZenFone 2 laserが通常価格2万7800円が7800円(税込8424円)で購入することができます。データSIMとのセットの場合は、1万2600円(税込1万3608円)になります。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細
楽天モバイルの割引キャンペーン:ZenFone 2 laser

楽天モバイルの通話SIMまたはデータSIMとのセットで購入した場合に割引価格が適用されます。

楽天モバイルのZenFone 2 Laserの申込みはこちらから → 楽天モバイル

楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

UQ mobileの5分け放題付きのプランなら実質ゼロ円

UQ mobileではZenFone 2 Laserは1万8000円(税込1万9440円)で販売しています。ただし、UQ mobileの5分かけ放題付きのプラン、ぴったりプラン、またはたっぷりプランを申し込む場合、ZenFone 2 Laserが実質ゼロ円で手に入れることができます。

UQ mobileのZenFone Goの価格:1万8000円

ぴったりプランとたっぷりプラン
マンスリー割 750円x24ヶ月 = 1万8000円
→ 1万8000円 – 1万8000円 = 実質ゼロ円!

マンスリー割はスマホとセットに購入するともらえる2年間の月額割引です。

肝心のぴったりプランとたっぷりプランの内容ですが、正直複雑すぎてここで説明するのはかなり困難です。簡単に言うと、5分かけ放題がついた月2GBまたは6GBのプランです。ただし、いろいろ複雑になっているので詳細は下記を参考にしてみてください。

UQ mobileのぴったりプランとたっぷりプラン(おしゃべりプラン)の詳細まとめ

電話をそこそこする場合で、新規契約またはau以外からMNPする場合、そして月に使うデータ量が2GB〜6GBの場合に、ぴったりプランとたっぷりプランは割安で快適に使えるオススメのプランになります。ただし、2年後に割高になるのでその時に他社へMNPする必要がある、そんなプランです。

実質ゼロ円のZenFone 2 Laserの詳細と申し込みはこちらから → UQ mobile

UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

その他のMVNOは定価販売

楽天モバイルやUQ mobile以外でも多くのMVNOでZenFone 2 Laserを販売していますが定価販売です。たまにキャンペーンで安くなる場合もありますが、それでもAmazonよりも高くなっています。楽天モバイル以外の場合は、AmazonでZenFone 2 Laserを買って格安SIMだけMVNOで申し込むのがおすすめです。

ZenFone 2 Laserで使えるおすすめの格安SIM

ZenFone 2 Laserを単品でAmazonや量販店で買った場合のおすすめの格安SIMは楽天モバイル、DMM mobile、mineo(ドコモタイプ)です。ZE500KLとZE601KLの両方とも使えます。SIMのサイズはマイクロSIMです。

  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通ですが、キャンペーンを頻繁におこなっており格安スマホを安く買うことができます。初月無料だったり、楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になる特典がもらえたりと、楽天市場を使う場合は一番おすすめの格安SIMになります。
  • mineo(ドコモプラン)
    • mineoのドコモプランならZenFone 2 Laserが使えます。家族割(月額50円引)や複数回線割(月額50円引)などがあり、複数人で使う場合に便利なオプションが揃っています。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金はかからないので、格安SIMをちょっと試したい場合にもおすすめです。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度も比較的速く、月額料金は実際に使ったデータ量に応じて変わる従量制になっています。1GBごとの従量制なのので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。複数の格安SIMを使う場合は、さらに無駄なくデータを使うことができるようになっています。
  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度もそこそこ速くバースト機能もできます。

その他の格安スマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Huawei P9lite
    • 一番人気の格安スマホがP9liteです。税込2万5000円にもかかわらず、かなり性能が良い格安スマホになっていることから人気を集めています。5.2、CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147g、電池容量3000mAh
  • arrows M03
    • 5インチの格安スマホの中で1番人気があるのがarrows M03です。おサイフケータイと防水、そしてワンセグにも対応していて電池持ちもかなり良いです。価格もMVNOで3万2800円(税抜)程度で買うことができます。ドコモ系とau系の両方の格安SIMを使うことができます。CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141g、電池容量2580mAh
  • ZenFone 3
    • デュアルスタンバイに対応している高性能な格安スマホです。価格は税込み4万3000円程度と高いですが、高性能なCPUと3GBのRAMを搭載しています。5.2インチ、CPUオクタコア 2GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ144g、電池容量2650mAh
  • MOTOROLA Moto G4 Plus
    • 日本初のデュアルスタンバイに対応したSIMフリーのスマートフォンです。ガラケーと格安スマホを1台にまとめることができます。税込3万5000円程度で買うことができます。CPUオクタコア1.5GHz、RAM3GB、ROM16GB、カメラ1600万画素、重さ157g、電池容量3000mAh
  • honor8
    • できるだけ安く超高性能のスマホが欲しい場合に、楽天モバイルのhonor8がおすすめです。税込3万5000円程度で超高性能なスマホが手に入ります。CPU2.3GHz×4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1200万画素x2、重さ153g、電池容量3000mAh

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る