データSIMのSMS機能は付けるべき? 違いとセルスタンバイによる電池消費問題

最終更新日 / 作成日 2015年6月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

データSIMにはSMS機能付きとSMS機能なしの2つの種類があります。(SMS機能=SMSオプション)

音声SIMには最初からSMS機能が付いていて、データSIMだけSMSを付けるか付けないか選択することができます。ここではデータSIMにSMS機能を付けるべきかどうかについて説明します。

結論から先に言うと、データSIMにはSMS機能をつけるべきです。

SMS機能を付けるデメリット、月額料金が140円くらい高くなる

データSIMにSMS機能を付けるか付けないかで悩む原因は、SMS機能を付けると月額料金が140円くらい高くなるからです。

格安SIMによってSMS機能の月額料金は異なりますが、月に120円から150円高くなります。平均値で140円くらいです。たかが140円、されど140円なんです。(UQ mobilemineoだけデータSIMは全てSMS込みの料金になっています)

データSIMの月額料金が900円だったのが、SMSを付けると1040円になってしまうのです!

SMSなんか送らないから、いらないやと思ってデータSIMにSMSを付けないと、とてもひどい目に合う可能性があります。それが、電池消耗問題です。

データSIMにSMS機能を付けないと電池がすぐに消耗する! セルスタンバイ問題

データSIMにSMS機能を付けないと電池が消耗する可能性があります。

例えば、SMS機能をつけたデータSIMを入れたスマホの場合、スリープ状態にすると1時間で1%くらい電池を使ったとします。これがSMS機能が付いていないデータSIMの場合、スリープ状態でも1時間で5%くらい電池を使ったりします。

つまり、SMSなしのデータSIMだと、寝る前にスマホの電池が100%だったのが8時間後に起きたときに電池が60%くらいになってたりします。SMSありのデータSIMなら、起きたときでも92%くらい電池が残っています。

データSIMにSMS機能をつけないことにより電池が消耗する問題を、セルスタンバイ問題(アンテナピクト問題)といいます。

この電池消耗問題(セルスタンバイ問題)がやっかいなところ、すべてのスマホでは起きないところです。データSIMにSMS機能をつけなくても、電池が消耗しないスマホがあったり、消耗するスマホがあったりします。

さらに、やっかいなことにSMSなしでも電池が消耗しないスマホの情報が錯綜しています。

例えば、Zenfone 5はセルスタンバイ問題が発生しても、電池が消耗しないという情報がネットに載っていますが、実際にZenfone 5にぷららモバイルLTEのSMSなしのデータSIMを入れたところ、スリープ状態でも1時間で5%くらい電池を消耗していきました。

スマホ以外にも、格安SIMによって、電池が消耗するセルスタンバイ問題が発生する可能性があります。さらに使っているアプリによっても発生する可能性があります。正直、なにがきっかけで電池が消耗するセルスタンバイ問題が発生するのかわかりません。

寝る前に電池が100%だったのが、起きたら60%になっているのは、かなりショックです。。

もしSMSなしのデータSIMを購入してセルスタンバイ問題が出た場合、あとからSMSを付けることができないので、新しいデータSIMを購入する必要があります。

無理して使っても充電の回数が増えるため、電池の寿命も短くなってしまいます。

データSIMにとって月額140円高くなるのは割と大きいですが、データSIMにはSMSをつけることを強くおすすめします。

iPhoneの場合はデータSIMにSMS機能をつけるべき

iPhoneの場合は、iOSによってデータSIMにSMSが付いているかいないかで、使い勝手が大きく変わります。

iOS7以前は、SMSがないデータSIMはLTE通信ができませんでした。
iOS7になって、SMSがないデータSIMでもLTE通信ができるようになりました。
iOS8になって、SMSがないデータSIMの場合、LTE/3Gの接続に時間がかかるようになりました。

iOSのバージョンによって、SMSがないデータSIMだと問題が発生する場合が多いです。今後iOS9やiOS10になったときに、いったいどんな問題が発生するのかわかったものではありません。

iPhoneを使う場合は、データSIMにはSMSをつけましょう!

データSIMにSMSをつけるメリット、Lineの認証が簡単

データSIMにSMSをつければ、電池の消耗問題やiPhoneの接続問題が発生しません。これが一番のメリットです。そのほかだとLineの認証が簡単にできるという、ちっちゃいメリットがあります。

データSIMにSMSを付けないと、LineでSMS認証ができず、Facebookで認証をする必要があります。SMS認証なら、SMSの番号を入力すれば、SMSで認証コードが届くので、それを入力すればLineが使えるようになります。Facebook認証だと、Facebookにアカウントを作って連携することでLineの認証が通るようになりますが、手間的には3倍くらいです。

SMS認証でもFacebook認証でもLineの無料通話をすることができますが、Facebook認証の場合はLineから携帯電話に電話をかけることができません。とは言うものの、Lineから携帯電話に電話をかける人はほとんどいないので、無視しても良いです。

他には、データSIMにSMSをつければ、他の携帯やスマホへSMSを使ってメッセージを送ることができますが、1件送るごとに数円かかるので、実際にやっている人はほとんどいません。SMSの代わりにLineの無料メッセージを使っています。

ガラケーと格安スマホの2台持ちなら、データSIMのSMS機能は必要なくても大丈夫

ガラケーと格安スマホの2台持ちなら、基本的に格安スマホに入れるデータSIMにはSMS機能がなくても大丈夫です。

セルスタンバイで電池が消費する原因は、スリープ時でも電波を探し続けるために発生します。

スリープ時には電波を完全に遮断してしまえば電波を探さなくなるので電池を消耗しません。それが簡単にできるのがiBatteryという無料のアプリです。

メリットは電池の消耗をかなり抑えることですが、デメリットはスマホのスリープ時は新しいメッセージが来ても何も反応しないことです。iBatteryを使ってスリープ時に電波を完全遮断してる場合、050アプリを使って電話をしている場合、スリープ時は相手の電話が届かなくなります。あと、LINEの新しいトークのお知らせもスリープ時は届かなくなります。

ガラケーと格安スマホの2台持ちの場合は、格安スマホがスリープ時に電波を完全遮断しても困ることはほとんどないと思うので、2台持ちの場合はデータSIMにはSMS機能がなくても大丈夫です。

LINEの新しいトークのお知らせや無料電話の着信をすぐに知りたい場合は、スリープ時に電波の遮断はできないので、SMS機能をつける必要が出てきます。

タブレットの場合は、データSIMのSMS機能は必要ない場合が多い

タブレットの場合は、基本的にデータSIMにSMS機能は必要ありません。音声通話機能がついている場合にのみ、セルスタンバイによる電池消費問題が発生します。タブレットの多くは音声通話機能が付いていないので、セルスタンバイで電池が異常に減ってしまうということはほとんどありません。(ごく一部の音声通話機能が付いていないタブレットでも、データSIMのSMS機能無しだと電池消耗が起きるかもしれません。可能性はゼロではありませんが、ゼロに近いです)

タブレットでも音声通話機能が付いている場合は、基本的にSMS機能が必要になりますが、iBatteryというアプリを使って、スリープ時に電波を完全遮断してしまえばSMS機能がなくても電池が消耗しなくなります。

スリープ時に電波を完全遮断した場合は、スリープ時は050を使った電話が着信しなくなったり、LINEの新しいトークの知らせや無料通話の着信が届かなくなります。こういったことに特に問題がなければ、音声通話がついたタブレットでもデータSIMのSMS機能をつけなくても問題ありません。

まとめの一言

データSIMにはSMS機能(SMSオプション)を付けましょう!

例外は、ガラケーと格安スマホの2台持ちと、タブレットです。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る