最遅の格安SIM、0SIMの評価と他の格安SIMとの比較と評判、主にカーナビ用途

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

0SIM

0SIM

0SIMはソニーネットワークコミュニケーションズが展開する、月額0円から使える格安SIMです。0SIMのデータSIMは月500MB未満のデータ量なら月額無料で使うことができます。音声通話SIMの場合は、月500MB未満なら月額700円です。

データをほとんど使わない場合は、格安SIMの中でも最安で使うことができますが、実際に出る通信速度は最悪です。格安SIMの中でも圧倒的なクズのような速度しか出ないのが0SIMです。

0SIMの公式サイト

0SIMのおすすめポイント

  • 月500MB未満ならデータSIMの月額料金が無料
  • 月500MB未満なら通話SIMは月額料金700円で最安値
  • カーナビ用として使える(ただし、平日昼と連休の日中は厳しい)

0SIMの注意点

  • 実際に出る通信速度が尋常なく遅い
  • 圧倒的に遅いので普通の使い方は使い物にならない
  • 月500MB以上使っていくと、どんどん割高になる
  • データSIMは3ヶ月間、通信を行なっていない場合は強制的に解約になる

0SIMの格安SIMプラン

月額料金データ容量
0SIM データ専用プラン0円0MB〜500MB未満
100円500MB以上〜600MB未満
以下1900MBまで100MB増えるごとに100円加算
1500円1900MB以上〜2047MB以下
1600円2048MB以上(2GB)〜5GB以下

データ専用のSMSプラン:+月150円
音声プラン(通話SIM):+月700円

その他にかかる費用
・初期費用(登録事務手数料):3000円
・SIMカード準備料:400円

音声プラン付きの通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合は最低利用期間内解約金5000円がかかります。

MNP転出手数料:2000円

SIMカード損害金:3000円
0SIMを解約または他社へMNPした場合で、SIMカード未返却やSIMカードに破損や切断などの異常が見つかった場合に、SIMカード損害金が請求される場合があります。

SIMカード有償交換手数料/SIMカード切替手数料:3000円

通話料金:30秒20円

通信制限(規制情報)
月5GBのデータ量を超えた場合、通信速度は200kbpsに制限されます。

0SIMの評価と他の格安SIMとの比較

0SIMってどんなとこ?

0SIMはソニーネットワークコミュニケーションズがnuroモバイルという名前で展開する格安SIMの一つです。

もともとはSo-net(ソネット)が提供していましたが、いつの間に、So-netが社名を変えてソニーネットワークコミュニケーションズになりました。

データSIM(データ専用プラン)で月500MB未満のデータ量なら月額無料で使えることから、かなり話題を集めました。月500MBもデータを使わない、スマホの超ライトユーザは1割くらいいそうなので、そういった人たちにとっては最適な格安SIMのプランでしたが・・・。

2015年12月に雑誌の付録として0SIMの格安SIMが付いてきて、2016年1月下旬ごろに正式にサービスが開始されました。

サービス開始当初はそこそこ通信速度が出て、月500MB未満なら月額0円で使えることから、スマホの超ライトユーザを中心に人気を集めてみました

2016年6月ごろまでは、遅いながらも、なんとか使えるという程度には通信速度が出ていたのですが、そこから速度が急低下しました。8月にはクズのような速度になり、申し込みできる日付を「0のつく日」に制限して、10日、20日、30日だけに制限しました。

そして2016年8月下旬には、限度を軽く超える超クズのような通信速度になりました。

2016年10月に通信速度が突如改善して、格安SIMの中でも結構速い速度が出るようになりました。そんな夢も束の間で、11月には遅い格安SIMになり、12月には再びクズSIMに戻りました。12月から申し込める日を「0のつく日」に限定するのではなく、毎月申し込める枚数を7777枚に限定するようになりました(その後、枚数制限をやめました)。

時折速度が速くなったりもしますが、基本的には劇遅速度が0SIMの定番です。普通の使い方では、基本的にまともに使えませんが、速度がほとんど必要ないカーナビ用として0SIMが使われている感じです。

0SIMの通信速度はミラクソ遅い

ミラクルにクソ遅い、略してミラクソ遅い

それが0SIMの実際に出る通信速度の評価です。

格安SIMは大手キャリアと比べると実際に出る通信速度は遅いのですが、大抵の格安SIMは一般的な使い方なら普通程度に使える速度くらいは出ます。

ところが0SIMだけは圧倒的にダメです。クズです。まともに使えると思わないほうがいいです。

2016年7月までは、自宅にWiFiがあったり、スマホをほとんど使わない超ライトユーザなら割と使える格安SIMでした。ただし、2016年8月以降はもはや使えないことを前提にしている格安SIMになってしまいました。

0SIMの通信速度がなんでこんなにクソ遅いのかというと、0SIMは赤字でもはや事業として成り立たないからです。

「タダだから我慢する・・・」

0SIMには、初期費用(登録事務手数料)3000円、SIMカード準備料で400円を支払っています。確実に0SIMにはこんな価値はありません。

「お金がないから・・・」

正直言って、0SIMを使うのは、往復30分かけて卵が50円安いスーパーに買い物に行くようなものです。まだ、運動がてらスーパーの特売に行く方が生産的な気がします。

自分の時間に価値がないなら、時間を捨てて速度が超遅い0SIMを使うのもアリかもしれませんが・・。できるだけ節約したいなら、格安SIMのキャンペーンのランキングで安く使える格安SIMを渡り歩くのもアリだと思います。

「でも、ほとんど使わないし・・・」

ほとんど使わないなら、0SIMを申し込む必要さえありません。保険に0SIMを申し込んでおく? 使えない0SIMを保険にしてどうしたいのかわかりませんが、もはや、止めません。

0SIMを例えるなら、どんなに遠いところでも徒歩で向かうようなものです。電車賃を200円払えば10分で着くところを、歩きだと2時間かかる。0SIMを選ぶということは、こういうことです。

0SIMの実際に出る通信速度をリアルタイムで計測して公開中

格安SIMの管理人は0SIMを2016年6月から契約して速度計測を行なっていますが、2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。0SIMの実際に出る通信速度も計測しているので参考にしてみてください。

0SIMの速度(リアルタイム)

上記のリアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。

2019年8月版の格安SIM/ドコモ/WiMAXの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家
2位 WiMAX2+ワイモバイル
3位 どんなときもWiFi
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMate
比較的速い 5位 BIGLOBEモバイルのタイプD、IIJmioのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 DMMモバイルmineoのauプラン、mineoのドコモプラン、エキサイトモバイル
普通 7位 LINEモバイルのソフトバンク回線、OCNモバイルONE楽天モバイルのau回線、mineoのソフトバンクプラン、イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
少し遅い 8位 楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、IIJmioのタイプA
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LIBMO、LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 DMMモバイルのSNSフリー、TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン、0SIM

最新の速度ランキングの詳細を読む

格安SIMごとに実際に出る通信速度が異なります。時期によって速度が速くなったり遅くなったりする場合もあります。

格安SIMの管理人はは30枚以上の格安SIMを契約して、速度計測を行い格安SIMの速度ランキングの記録をとっているので参考にしてみてください。

カーナビ用なら使える、ただし平日昼と連休の日中はまともに動くかは不明

0SIMをボロクソ言っていたら、0SIMに親でも殺されたかのような内容で驚かれてしまいました。びっくり!

もともとは0SIMは、データをほとんど使わないけど、たまに使うくらいの人が主に利用(?)していたと思います。それが限度を超えて遅くなったので、スマホやタブレットをたまに使うくらいの人からは結構な割合で見捨てられたと思います。

そこで生き残ったのが、LTE対応のタブレットや使わなくなったスマホに0SIMを入れて、カーナビとして使っている人たちです。

カーナビはデータをほとんど消費しないので、速度が劇遅い0SIMでもカーナビとして使うことができます。カーナビで使うデータ量は1時間で10MBくらいだと思います。

Google Mapsを使って航空写真にしたり、地図を拡大縮小を繰り返したりすると、データを結構たくさん使って0SIM程度の速度では耐えられないと思いますが、航空写真にせずに、むやみに地図を動かしたり、拡大縮小しなければ0SIMでも問題ないです。

ただ、カーナビ用途で使う0SIMユーザは相当いるっぽいです。

その結果、カーナビとして使う人がたくさん出てくる連休の日中などは、超遅い0SIMの速度がさらに遅くなり0.1Mbpsを切ったりします。0.1Mbpsを切った場合でも、カーナビとしてまともに動くかは結構疑問です・・。

いずれにせよ、今の0SIMの主な利用用途はカーナビです。カーナビとして使うなら0SIMを選択肢に入れるのは十分アリだと思います。

データSIMは3ヶ月に1度は使わないと強制解約になる

0SIMを使う上で注意したい点は、データSIM(データ専用プラン)とSMS付きのデータSIMを3ヶ月間使わないと強制解約になることです。

普通の格安SIMにはそんなルールはありません。あったとしても普通に使っていれば、3ヶ月間使わないということはほとんどありません。

ところが0SIMのような超ライトユーザが多い格安SIMだと、3ヶ月間使わずに放置しっぱなしという場合が普通にありえます。ということで、0SIMのデータSIMを使う場合は、せめて3カ月に1度はデータ通信してあげる必要があります。

0SIMの音声プランの場合は、3ヶ月ルールは適用されません。音声プランの場合は、使わなくても強制解約にはなりません。

電話番号だけ維持したい場合は、IIJmioのケータイプランがおすすめ

電話番号だけ維持したい場合、0SIMなら月700円で維持することができます。

ただ、電話番号だけ一生維持したいならまだしも、そのうち使いたい場合はIIJmioのケータイプランのほうがおすすめです。

IIJmioのケータイプランはデータ通信ができませんが、月920円で電話番号を維持することができます。

0SIMよりも維持費は高いですが、IIJmioならプランを変更すれば、まともな速度でネットが使えるようになります。

これからずーと電話番号だけ維持したいなら0SIMを選ぶのが良いですが、日本に一時帰国した時に使いたいとか、そのうち使うようになるとかの場合は、IIJmioのケータイプランのほうがおすすめです。

IIJmioなら2年間契約していると、年間3GB(1GBx3枚)のクーポンコードをもらうことができます。クーポンコードを使えば、ケータイプランでもネットが使えます。クーポンコードの有効期限は1枚につき3ヶ月なので、結構使い勝手が良いです。

ソニーコミュニケーションズ、nuroモバイルは信用できる?

全く信用できません。

もともとソニーコミュニケーションズはSo-netという名の下に、LTE SIM+、Play SIM、0SIMを展開していました。

最初にLTE SIM+が出て、次にPlay SIMが出て、最後に0SIMが出ました。LTE SIM+は月額料金が割高な上にきつい速度制限が付いてきます。Play SIMは月額料金は少し高いくらいですが、LTE SIM+と同じくきつい速度制限が付いています。

LTE SIM+の通信速度は知らないのですが、Play SIMの通信速度はかなり遅いという評判がかなりありました。何れにしても、LTE SIM+もPlay SIMもユーザ数はかなり少ないです。そして、いつの間にやら、LTE SIM+もPlay SIMの新規受付を終了して、nuroモバイルという新しい格安SIMを始めました。

たいていのMVNOは格安SIMを開始したら、その格安SIMの中でプランを増やしたりデータを増量したり、月額料金を安くしたり、オプションを追加したりと改善を行なっていきます。

ソニーコミュニケーションズのnuroモバイルの場合は、前の格安SIMを潰して、新しい格安SIMを始めてしまいます。既存の格安SIMのサービスを改善せず、既存のユーザを放置して、新しく始めてしまうのがソニーコミュニケーションズのnuroモバイルです。

ソニーコミュニケーションズは、名前の通りソニーの子会社ですが、格安SIMでは稚拙なサービスを展開しています。

0SIMのまとめ

0SIMはカーナビ専用の格安SIMです。

0SIMは速度が超遅いので普通の使い方ではまともに使えませんが、速度がほとんど必要ないカーナビならそれなりに使うことができます。

ただ、連休の日中とかだと、0SIMをカーナビとして使う人が多いため、超遅い速度がさらに遅くなって、カーナビとしても動作がかなり厳しくなる恐れがあるので注意してください。

0SIMで買えるお勧めの格安スマホセット

0SIMでは格安スマホを販売していないので、格安スマホは自分で用意する必要があります。

0SIMで使える格安スマホは、格安スマホのおすすめ機種ランキングに記載しているので参考にしてみてください。ドコモ系の格安SIMで使えるおすすめの格安スマホが、0SIMで使える格安スマホになります。

ただし、定価の格安スマホを買って月額料金の安い0SIMを使うよりも、格安SIMとセットだと格安スマホが安く買えるMVNOで契約することをお勧めします。

新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買えるBIGLOBEモバイルのキャンペーンOCNモバイルONEのキャンペーンIIJmioのキャンペーンUQ mobileのキャンペーンなどで格安スマホが安く手に入ります。

参考:格安スマホのキャンペーンのお得度ランキング

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

0SIMのネットの評判

0SIMの評判は良かったです。2016年7月までは。。。

実際どうなっているかはTwitterをざーと眺めてみるとわかると思います。

Twitterでの0SIMの評判

Twitterには、使い物にならないくらい遅いというつぶやきが大半を占めています。つぶやきの中には、0SIMでも速いと言っている人もいますが、こういう人たちは深夜から早朝にかけて0SIMの通信速度を計測している人たちです。

深夜から早朝だと、スマホを使っている人がかなり少ないので、0SIMでも比較的通信速度が出ます。人が普通にスマホを使っている朝から夜の11時ごろまで、クズ速度になります。

他には0SIMでも、4ヶ月に数週間くらい速度が改善する場合もありますが、大半の期間で速度はクズ速度です。

0SIMでも使えるじゃん!みたいなつぶやきをしている人は、深夜から早朝にスマホを使っている人、カーナビとして使う人くらいなのかなと思います。

他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 格安スマホが安く買えるキャンペーンをいつも行っています。楽天市場の買い物でもらえるポイントが2倍になる特典がもらえるので、楽天市場を使う人に一番オススメの格安SIMです。
  • UQ mobile
    • 通信速度が圧倒的に一番速くて安定しているのがUQ mobileです。実質的に月3GBのプランしかなく、月額料金は少しだけ高いですが、回線品質が良すぎるのでUQ mobileを選ぶ価値は大きいです。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
最終更新日 2019年8月11日 / 作成日 2015年5月5日 / 作成者 格安SIMの管理人
「最遅の格安SIM、0SIMの評価と他の格安SIMとの比較と評判、主にカーナビ用途」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

6
この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
4 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
6 Comment authors
ハーゲーゲーハー長期愛読者774格安SIMの管理人 Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
ゲーハー
ゲスト
ゲーハー
この記事は参考になった/良かった :
     

0 SIMはカーナビ以外使えない…と、

長期愛読者
ゲスト
長期愛読者
この記事は参考になった/良かった :
     

デジモノで2回線入手して依頼、LINE用に使っていましたが、このたび電子マネー専用端末に用途を変えました。メイン機が、例のF-04F(v4.2)で、なんとか(*)payアプリはAndroid 5以上が必要です。apkでインストすればいいという話でもないし。
 そしてQuickpay以外の他の*payはオンラインが必要なので、SIMが必要です。コンビニの無料wifiも面倒だし、ここに0SIMを使っています。
現在、Paypay、OrigamiPay、楽天Payをためしていて、どれも.elm(遺物 v5.1)+極低速の0SIMでも、使用感は大丈夫です。500MBも使わないけれど、一応有効な使い方というご紹介でした。

774
ゲスト
774

0SIMの利益の出し方も知らないで記事書くくらい何も知らないようですね。
まるで0SIMに親でも殺されたかのような内容で驚きました。

使い方についてはコメントにもある通り、カーナビの通信端末として使うのが良いです。

ハーゲー
ゲスト
ハーゲー

じゃあカーナビ以外の使い方を教えて♡

通りすがり
ゲスト
通りすがり
この記事は参考になった/良かった :
     

0SIMは、WiFiドングルに挿して、カーナビの渋滞情報(SmartLoop)など通信機能で使うには最高の SIMですよ。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ