HUAWEI nova liteの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

HUAWEI nova liteは2017年2月24日に発売された、P9liteに変わる新たなコスパ最強の5.2インチのSIMフリーのスマートフォンです。

HUAWEI nova liteの特徴は、コスパ最強と評価されて2016年で最も売れた格安スマホ、P9liteよりも性能が良くて、価格が安くなっていることです。

価格が2万円くらいで、5.2インチの比較的手頃なサイズ、電池持ちは結構良く、カメラの性能やGPSの精度も普通に良く、CPUの性能も比較的良いです。RAMは3GBです。およそ一般ユーザなら満足する性能をしています。この性能で2万円はかなり安いです。このクラスで競合できる相手がいません。

nova liteはスマホにこだわりはないけど、できるだけ安く、できるだけ快適に使いたい場合に最もオススメの格安スマホです。

このサイトではHUAWEI nova liteを実際に購入して、詳細レビューを行なっています。下記からやたら長い評価文章がずらずら出てきますが、ざっくり評価すると3万円以下のスマホを選ぶ場合は、HUAWEI nova liteを選ぶのが最善です。

ただし、2017年6月6日にnova liteの上位版、P10 liteが発売されました。P10 liteはnova liteよりも8000円くらい高いですが、ROMが32GBあります。ROMが16GBのnova liteよりも、かなり多くのアプリをインストールできるので、いろんなアプリ、特にゲームアプリをたくさん入れようと思っている場合は、P10 liteがおすすめです。

今のおすすめの格安スマホ:nova lite 2、コスパ最強の格安スマホ
Huawei nova lite 2

Huawei nova lite 2
価格:2万2800円(取り扱いMVNOで価格が前後します)

性能 5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GB、デュアルレンズカメラを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

nova lite 2はスマホを普通に使いたい、できれば安く使いたい、できれば快適に使いたい、そんな場合にnova lite 2が一番オススメです。新しいスマホが必要な場合に、ぜひ検討してみてください。

HUAWEI nova lite

HUAWEI nova liteのスペック(性能)

HUAWEI nova lite(ファーウェイ ノバ ライト)
CPUオクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin655
RAM3GB
ROM16GB
ディスプレイ5.2インチ
解像度1920×1080
カメラ1200万画素(F値2.2)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量3000mAh
サイズ147.2 x 72.94 x 7.6mm
重さ147グラム
連続待受LTE:531時間 / WCDMA:670時間
充電時間USB Type Cではなく、microUSBだけど急速充電に対応
本体カラーホワイト、ブラック、ゴールド
価格1万9800円

Android 7.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、マイクロSDカードを使う場合、ナノSIMの1つが使えなくなリます)、指紋認証対応、ジャイロスコープ非搭載(ただし擬似ジャイロによりポケモンGOのARモードが使えます)、Bluetooth v4.1 with BLE、Wi-Fi 802.11b/g/n

HUAWEI nova liteの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、バンド3、バンド19です。nova liteはすべて対応しているので、LTEの受信は問題ないです。ドコモ系はこのほかにバンド21とバンド28を使っていますが、バンド21は超マイナーなバンドなので気にしなくて良いです。バンド28は2015年から稼働したバンドでおまけ程度の影響しかありませんが、nova liteでは対応しています。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでのデータ通信や音声通話がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。nova liteはバンド1、バンド19、バンド28に対応しています。バンド11は超地味な存在で、バンド28も影響力はほとんどないので気にしないでいいです。重要なバンド18(または26)に対応していないので、LTEの受信感度が悪くなります。

auのVoLTEには対応していないので、au系の格安SIMでは音声通話とSMSができません。au系の格安SIMでは使わない方が良いです。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。nova liteは全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話とSMSの送受信が問題なくできます。

nova liteはドコモ系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。au系の格安SIMはデータ通信(LTE)の受信感度にも問題があり、音声通話やSMSはできません。au系の格安SIMは使わない方が良いです。

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

nova liteの評価と比較

最大の特徴:新たなコスパ最強機種

nova liteはMVNOで2万円程度で買うことができます。

nova liteのコスパの高さはP9liteと比べることでわかります。

P9liteはおそらく2016年で最も売れた格安スマホです。売れた理由はコスパが最高だからです。コスト的には2万4000円なので、とにかく安いというわけではありませんが、性能が2万4000円のスマホとしてはかなり良かったため、コスパ最強と評価されていました。

P9liteは2017年2月時点でも格安スマホの中でトップクラスで売れていたのですが、そんな中に2月24日に登場したのがnova liteです。

nova liteはP9liteよりも性能が少しアップしています。それにもかかわらず価格がP9liteと比べると4000円くらい安くなっています。P9liteよりも、さらにコスパ最強機種が突如出現しました。

比較的性能の良いCPUを搭載

nova liteのCPUはオクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin655です。格安スマホの中でも比較的良いCPUを搭載しています。

簡単に評価すると、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザでも満足して使えるCPUの性能です。ただし、CPUがKirinなので、ゲームが好きな場合は、少し避けた方が良いスマホになります。

一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGO(ARモードも使える!)などは、快適に遊ぶことができます。多少高度なゲームでもnova liteでも普通に遊べます。

Kirinは特定のゲームでパフォーマンスを発揮しない場合がありました。

有名な例ではデレスマでした。デレスマという音ゲーは3Dのキャラが踊るのですが、その3Dの輪郭がギザギザになりました。CPUの性能的には問題なく動いても良いのですが、何かしら不具合がどこかにあったようです。

それが、2017年7月にデレスマのアップデートがあり、nova liteでもデレスマがジャギらないで遊ぶことができるようになりました。

ごく一部のゲームアプリで引き続き何か不具合がある可能性は否定できませんが、ファーウェイのスマホ(nova liteなど)は日本で大ヒットしていることから、徐々に不具合が発生するゲームアプリの数は少なくなっていくと思います。(現時点でもかなり少ないと思われます)

もし万全にゲームをしたいのであれば、novaがおすすめです。novaは一般的なSnapdragonを搭載しているので、超高度な3Dゲームでない限り快適にゲームをすることができます。超高度な3Dゲームなら、より高性能なSnapdragonを積んでいるZenFone 4がオススメです。

ネットや、Twitter、Facebook、LINEなど、一般的な使い方や一般的なゲームの場合は、特に問題なく使うことができます。

nova liteのAntutu(v6.2.7)のスコア

nova liteのAntutuスコア 57,758
3D : 9,977
UX : 23,270
CPU: 19,528
RAM: 4,983

Antutuのスコアが高いほど高性能なCPU(&GPU&RAM)を搭載していることになります。

その他の格安スマホのAntutuスコア
Mate 9 133,506
P10honor9: 115,279(発熱時)〜133,194(通常)
ZenFone 4 112,031
nova 65,136
ZenFone 3 62,562
P10 lite: 57,619
ZenFone 3 Max ZC553KL 43,000くらい

一般的な使い方や一般的なゲームなら、Antutuが27,000程度でも普通に使えたりします。サクサク感は少し厳しいですが、実用の範囲内と捉えることができます。

もうちょっとサクサク使いたいなら、Antutu40,000程度あるスマホがオススメになります。さらにサクサク使いたいなら、Antutu50,000以上が望ましいです。

Antutu50,000以上からは、一般ユーザにとってはサクサク感の上限になっているので、50,000だろうが100,000だろうがあんまり快適性は変わりません。Antutu50,000以上での評価要素になってくるのが、ゲームです。

CPUの種類は大きく分けて、Snapdragon、Kirin、MediaTekがあります。このうち、かなり特殊なゲームで快適性が損なわれる可能性があるのがKirin、安定性が悪いのがMediaTekです。ゲーム大好きユーザの場合は、Snapdragonが無難な選択肢になります。

nova、ZenFone 3、ZenFone 4がAntutu50,000を超えて、CPUもSnapdragonなので、ゲームユーザの場合はnovaかZenFone 3、ZenFone 4がオススメになります。

RAM3GB

nova liteのRAMは3GBです。nova liteの比較的高性能なCPUを支えるRAMとして、適切な容量です。

CPUが脳みそに相当しますが、RAMは勉強机の広に相当します。RAMの容量が大きければより多くのアプリを同時に起動することができます。

RAMの利用状況と、RAM3GBについて

特に何もしていない起動時は1.1GB使っていて、1.6GBの空きがあります。

一般的なユーザならRAM2GBでも大丈夫ですが、今後できるだけ長く使っていきたい場合は、RAMは3GBくらいあったほうがいいです。

少しヘビーに使うユーザならRAM3GB以上が適切な容量になります。ハードゲーマーの場合は、RAM4GB以上が推奨です。

格安スマホの中にはnova liteよりもCPUの性能が悪いのに、RAMを4GBも搭載しちゃったりしている格安スマホがありますが、あれは、頭の悪い人間がでっかい机に物を散らばせているような感じであまり意味がありません・・・。

最大の弱点、ROM16GB、その対策

nova liteの最大の弱点をあげるとしたら、それはAndroid 7なのにROMが16GBしかないことです。

ROMは机の引き出しの大きさに相当します。ROMの容量が大きければより多くのデータを保存することができます。

で、nova liteの初期状態のROMの空き容量が、他の16GBのROMを搭載している格安スマホよりも2GBくらい少なくなっています。

nova liteのROMの空き容量

最初の空き容量が7.52GBしかありません。P9liteなどの、ROM16GBを搭載している格安スマホは確か9.5GB〜10GBの空き容量があったのですが、nova liteの空き容量は少ないです。

スマホのライトユーザなら気にしなくていいのですが、一般的なユーザやヘビーユーザよりの一般ユーザの場合は、まずいです。早々に対策しないと後でかなり面倒なことが生じるので、下記を参考にさっさと対策を取ることを強くお勧めします。

絶対必要:マイクロSDカードで保存できる容量を増やす

1600円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、保存できる容量を増やしてください。保存できる容量がなくなった後に対策すると、結構面倒なことになるので、nova liteを買ったらすぐにマイクロSDカードの設定をすべきです。

これをすることで、写真や動画、アプリのデータをマイクロSDカードに自動的に保存することができます。音楽もマイクロSDカードに保存できます。

この場合での注意点は、ゲームアプリのデータの場合、ほとんどのデータをマイクロSDカードに保存することができません。パズドラやモンスト、ツムツム、FGO(フェイトグランドオーダー)などをインストールして更新データをアップデートしましたが、更新データの全てがROMの方に保存されてしまいます。

しょぼいゲームアプリは別として、一般的なゲームアプリは多く見積もって平均500MBくらいはデータを使うので、ゲームアプリを10個も入れれば、ROMが圧迫されてどうしようもなくなります。

一般的なアプリの場合は、そこまで保存容量を必要としないので気にしなくていいです。保存容量を多く使う電子書籍系のアプリ(KindleやKobo等)や動画系のアプリ(Netflix等)は、データの相当部分をマイクロSDカード側に自動的に保存することができるようになっています。

マイクロSDカードを購入して設定する

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon: Samsung microSDHCカード 32GB
Samsung microSDHCカード 32GB EVO+ Class10 UHS-I対応 (最大読出速度80MB/s:最大書込速度20MB/s) MB-MC32DA/FFP

マイクロSDカードは32GBぐらいがちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。ちなみに、nova liteの場合、高性能なマイクロSDカードを入れても大して意味はありません。普通のマイクロSDカードを入れておけば良いです。

下記のページで、nova liteにマイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

これで、写真や動画、たいていの電子書籍系のアプリのデータがマイクロSDカードに自動的に保存されるようになります。

一般的な使い方なら、これで問題はだいぶ緩和されます。アプリを結構入れるヘビーユーザの場合は、無理なのでnova liteは選ばないほうが良いです。

アプリをたくさんインストールする場合は、P10 liteがおすすめ

P10 liteはROMが32GBあるので、アプリをたくさんインストールする場合は、nova liteよりも8000円くらい高くなりますが、P10 liteがおすすめです。

USBホスト(OTG)機能は使えるけど・・

nova liteではUSBホスト(OTG)機能が使えます。ただ、ファーウェイは正式対応を表明していないので、何かしらの制限がある可能性があります。

USBホスト(OTG)機能とは、主にスマホからUSBメモリにアクセスできる機能です。この機能が使えれば、USBメモリのデータを見たり、スマホのデータをUSBメモリに移したりできます。

とりあえず、OTGケーブルとその辺に転がっていたUSBメモリを引っ張ってきました。

短いケーブルがOTGケーブルです。合体させます。

こんな感じになります。

スマホから見ると、USBドライブ(写真などのメディア転送用)という表示が出てきます。ちなみに、P9liteにもOTGケーブルをぶっ刺してみましたが無反応でした。

デフォルトで入っているファイルアプリを起動すると、USBメモリ(2GBしかない!)がUSBドライブとして認識されていました。ここからUSBメモリの中身を確認することができます。PDFを開いたり、音楽が中に入って入ればその音楽聴けます。写真も見れます。

ただ、デフォルトのファイルアプリだと、データを移動することができませんでした。

いくつかのファイル系のアプリを試してみましたが、普通にデータを動かすことができたのがファイルマネージャ(Maple Media)でした。

Maple Mediaのファイルマネージャを起動すると上記のような画面になって、USBメモリ(外部メモリー)からデータを移動したり、USBメモリへデータを移すことができました。

ちなみに、ESファイルエクスプローラーというアプリではUSBメモリを認識することができず、ESファイルエクスプローラーを入れると、Maple MediaのファイルマネージャからもUSBメモリが認識できなくなるのでご注意を。。

一般的にはあまり使いそうもない機能ですが、USBメモリでデータのやり取りをすることが多い場合は、少し便利な機能だと思います。

電池持ちは結構良い(かなり良いとも言えます)

事前予想では、そこそこ電池持ちが良い格安スマホになっていると思ったのですが、実際に試したところ、電池持ちはP9liteよりも電池持ちが良くなっていました。

nova liteのYoutubeの連続再生時間は11時間22分を記録しました。ちなみにP9liteの連続再生時間は9時間25分です。

動画の再生ならP9liteよりも2時間多く電池が持ちます。

ちなみにスマホで電池持ちが普通レベルは8時間、結構良いレベルで9時間、10時間以上はかなり良い電池持ちという評価になります。

なぜnova liteのほうが電池持ちが良くなっていたのかCPUの使用率から見つけ出してきました。

CPUの使用率
nova lite ツムツム14%、ビデオ9%、何もしていない2%
P9lite ツムツム14%、ビデオ17%、何もしていない2%

ツムツム、ゲームのホーム画面のままで放置した場合のCPU使用率
ビデオ、Youtubeの480pの動画を再生中のCPU使用率
何もしていない、アプリなどは起動せずに、ホーム画面を表示させた状態のCPU使用率

nova liteとP9liteはツムツムと何もしていない状態では同じ結果になりましたが、nova liteはCPU使用率をかなり低い状態でビデオを再生することができました。

おそらくAndroid 7、もしくはEMUI5.0が原因だと思います。

P9liteは電池持ちが良いスマホとして好評でしたが、nova liteもP9liteと同じくらい、もしくはそれ以上の電池持ちを発揮してくれます。

※ nova liteはRAM3GBなので、もしかしたらRAMの増加で電池落ちが多少落ちる可能性はありますが、おそらくRAMの増量メリットの方が大きいので気にしなくて良いです。

諸々ひっくるめて、nova liteの電池持ちは、格安スマホの中でもかなり良い電池持ちになっています。

その他の格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査を参考にしてください。

SMSなしのデータSIMだとセルスタンバイで電池を消費します

nova liteは、SMSなしのデータSIMで使うとセルスタンバイで電池を結構消費してしまうので、注意が必要です。

スリープ時の電池消費を試してみたところ、
nova lite(データSIMのSMSなし) 7.3日
nova lite(データSIMのSMSあり、または通話SIM) 27.4日

データSIMのSMSありなら、スリープさせておけば27.4日も電池が持つのですが、SMSなしだとスリープ時の電池持ちは4分の1くらいになってしまいました。スリープ時の電池持ちは15日くらいあれば、特に問題ないのですが、7日はマズイです。

バックグラウンドアプリをデフォルトで殺さなくなった

P9liteはデフォルトでは、バックグラウンドで動くアプリを殺したりするのですが、nova liteで殺さなくなりました。(全部は確認していません、時折使っていてバックグラウンドで殺されるアプリだけ確認しました)

これが原因でnova liteの連続待受時間がP9liteよりも少し短くなったんだと思います。もしくはnova liteはAndroid 7でDozeをある程度緩和させたのが時間を低下させたのかもしれません。(連続待受時間:nova liteは531時間、P9liteは610時間)

バックグラウンドアプリを殺さないようにする対応策はあるのですが、めんどくさいし、スマホ初心者にとって親切ではありません。

いずれにせよ、nova liteでは無理に電池持ちを伸ばそうとしなくなったので良いと思います。

5.2インチで比較的コンパクト

nova liteは5.2インチのディスプレイを搭載していて、最近の格安スマホでは最も一般的な大きさになります。

もっと大きい画面が良いなら5.5インチ、よりコンパクトなスマホなら5インチを選ぶ感じなります。5インチ未満だと選択肢がほとんどなくなります(5インチの選択肢もかなり少ないです・・・)。

特にスマホの大きさにこだわりがなければ、5.2インチが一般的な人の場合は丁度良いサイズになります。

nova 大きさ141.2 x 69.1 x 7.1mm 145グラム (5インチ)
P10 lite 大きさ 146.5 x 72 x 7.2mm 146グラム (5.2インチ)
nova lite 大きさ 147.2 x 72.94 x 7.6mm 147グラム (5.2インチ)
ZenFone 3 Laser 大きさ 149 × 76 × 7.9mm 150グラム (5.5インチ)

重さはほとんど同じと言っていいですが、大きさに関しては微々たる違いと思うかもしれませんが、少し長く使っていると5インチ、5.2インチ、5.5インチで結構違いが出てきます。

左から、nova、nova lite、honor8、P9liteです。

novaは5インチスマホで、5インチスマホの中でもコンパクトに作られています。写真では分かりづらいかもしれませんが、novaの持ちやすさは結構良いです。あとは5.2インチスマホなので、大きさの違いはほとんどありません。

nova liteの外枠がプラスチック感

nova liteの裏面はhonor8と同じようにガラス系の質感になっています。ただし、外枠部分がプラスチック感のある素材が使われています。

若干持った感じが安っぽいですが、ケースに入れれば関係ないです。というか、nova liteは落としやすいツルツル感があるので、ケースに入れて使いましょう!

nova liteなら最初から保護ケースがついてくるので、それに入れれば十分です。

ただちゃっちいケースなので、スマホを壊したことがある人の場合は、ショックを吸収しやすそうなケースを探してみてください。

nova liteのディスプレイが黄色っぽくなる噂について

発売前に、ネット上でnova liteのディスプレイが黄色っぽくなるという話が少しで回りましたが、実際は普通に白でした。

なんでそんな話が出たのかというと、おそらくブルーレイをカットする機能をONにした状態のものを見たためだと思われます。

nova liteにはブルーレイをカットする設定があるのですが、それをオンにすると上の写真のように黄色っぽくなります。それだけです。

定評のファーウェイのカメラ性能、そこそこの夜景と自撮りが撮れる

nova liteのカメラ性能
背面:1200万画素 (開口部F2.2/AF/BSI)
前面:800万画素 (開口部F2.0/FF/BSI)

よく分からない単語が少しありますが、一般ユーザの場合は気にしなくていいです。もし、カメラ性能に超こだわりがある場合は、最も高性能なカメラを搭載しているMate9を選んでください。

nova liteのカメラの特徴は、少し暗いところでも多少は綺麗に撮れるので、夜景なんかを撮る場合はそこそこの写真写りになります。自撮りにも力を入れているので、そこそこの自撮りを撮ることができます。

2万円前後の格安スマホの中では、nova liteがもっとも良いカメラの実性能を発揮すると思われます。ただ、novaシリーズはカメラに特化したスマホではありません。カジュアルに写真を撮る、そしてそこそこ良い写真になる、そんな感じです。

デジタル一眼レフで撮った写真

まず最初に、実物と一番近似する写真としてデジタル一眼レフが下記になります。

画像をクリックすると、よりオリジナルに近い写真になります。

暗いところで撮るとデジタル一眼レフでは下記のような画質になります。

ちなみに、デジタル一眼レフ品質とか言っちゃうスマホがありますが、技術革新でもない限り、スマホのカメラではデジタル一眼レフにはなれません。

nova liteで撮った写真

リンゴが少しピンクっぽくなる傾向がありますが、普通に撮る分には特に困ることはおこりません。

ファーウェイの宣伝文句では少し暗いところでも綺麗に撮れるとか書いてありましたが、実際には、少しだけ明るく撮れるくらいです。夜景でもそこそこ撮れるかなーくらいが妥当な評価です。夜景が強いのはMate 9です。

Mate 9で撮った写真

最強のカメラ性能のMate 9でも、なぜか少しだけピンクっぽさが出てきました。nova liteっぽい写真になりました。暗いところでは、かなり鮮明に明るい写真を撮ることができます。

カメラ性能で思うこと

正直、どう比較したら良いのか、もはや分かりません・・・。

1年くらい前は、割とカメラ性能の違いが出てくるスマホがあったのですが、今では重箱の隅を突っつくような評価くらいしか書けません。

普通の人や、少しカメラ性能を重視するくらいの人の場合、ファーウェイの最近のスマホならどれを選んでも満足できると思います。ファーウェイ以外のスマホでも3万円以上出しておけば、ほとんどの場合で違いに気づかないと思います。

手ぶれ補正の違いなどもあるにはあるんですが、実際に写真を撮った時の違いが、どう出るのかさっぱり実感が出て来ません。

格安スマホのカメラ性能は、普通の人にとって違いがよくわからないところまで来ています。以前は普通に撮る場合でも、格安スマホによって大きな違いが出ましたが、もはやこれまです。

普通の人や、多少カメラ性能を重視する人程度なら、nova liteのカメラで十分です。

カメラ性能を特に重視していて、写真を撮ったあとに加工したり、色々編集したり楽しみたい場合はnova liteでは不十分です。そんな場合にhonor8、P9、Mate 9などの高性能なカメラ性能を持ったスマホを引っ張り出すくらいです。

その他の格安スマホとの比較画像

nova liteと他に格安スマホ5機種、それとデジタル一眼レフを持って桜とその他いくつか写真を撮ってきました。

HUAWEI nova liteのカメラで撮ったサンプル写真(27点)、格安スマホ6機種とデジテル一眼レフの比較画像

nova liteで撮ったビックマックセットの写真

ビックマックセットでのカメラの性能テスト、P10 lite、NuAns Neo Reloaded、AQUOS L2、nova lite、nova、ZenFone 3

カメラ性能を重視している場合は、参考に比較してみてください。

GPSの精度は少し良い

実売価格が2万円程度のスマホだと、GPSの精度が悪いものが出て来たりするのですが、nova liteの場合は問題ありませんでした。

nova liteのGPSの精度は、スマホの中で少し良いくらいになります。一般的な使い方で、nova liteのGSPの精度で支障が出ることは考えにくいです。nova liteのGPSの精度で支障が出る場合は、大半のスマホでも支障が出ています。

徒歩や、電車、自転車で使ってみましたが、問題ありませんでした。電車の中でも普通にGPSを掴んでいたので、車のナビとしても普通に使うことができます。

nova liteはGPSとGLONASSの測位衛星を掴むことができます。P9liteはBeidouも掴んでいましたが、nova liteでは掴んでいませんでした。

ただ製品ページにはGPS/AGPS/Glonass/Beidou対応と記載されているので、少しだけBeidouも掴むのかなと思います。(P9liteもBeidouは少ししか掴みませんでした)

格安スマホ等のGPSの精度の詳細は下記に記載しているので参考にしてみてください。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

反応の良い指紋認証を搭載

最近の大半の格安スマホと同じように、nova liteにも指紋認証を搭載しています。nova liteの背面に指紋センサーが付いていて、そこに指でタッチすれば指紋認証でスマホのロックを解除することができます。

丸いところに登録した指でタッチすると、スマホのロックが解除されます。

スマホの性能に指紋認証の反応速度が異なります。

指紋認証の反応速度ランキング

Mate 9 > honor8 = nova lite = P10 lite = P9 lite = nova > ZenFone 3 = GR5 > ZenFone 3 Laser > g07 (SAMURAI REIはランク外)

反応速度が少し遅いg07でも、セカセカした人ではない限り普通に使える程度の反応速度なので、nova liteなら普通よりも快適に反応すると思っておけば大丈夫です。

擬似ジャイロを搭載、ポケモンGO対応

nova liteは物理的な単独の部品としてのジャイロセンサーは搭載されていませんが、各種センサーを組み合わせて、擬似的にジャイロが動いているようにしています。

ジャイロって何に使うのかというと、一般的にはポケモンGOのARモードです。早速、ポケモンを捕まえに行きました。

nova liteのARモード

擬似ジャイロのnova liteでも、ポケモンGOでARモードをオンにして、ポケモンを捕まえることができました。

ポケモンGOでARモードを使うのなんて最初の2,3回くらいです。ポケモンを捕まえづらくなるので、ポケモンGOをしている人のほとんどはARモードは使っていません。ジャイロがなくても普通にポケモンGOは遊べます。

ジャイロセンサーはこの他にも、健康系のアプリで使っている可能性があります。体の動きをより正確に把握するために、ジャイロセンサーを利用する場合があるとかなんとか。。

とりあえず、それっぽいアプリを使ってみましたが、特に支障はなかった気がします。(健康系アプリに詳しくないので、あまり正確には言えませんが・・)

あとはVR系のアプリで使うことになるのですが、ジャイロ以前にnova lite程度の性能では、そもそもVR系のアプリを快適に使うのは無理があります。VR系がまともに使えるのは、少なくともAXON7(5万円くらい)が必要になります。

スピーカーの音は普通に良い

2万円くらいになるとスピーカーをケチって、スマホでスピーカーで音楽を流すと安っぽい音が流れるスマホもありますが、nova liteのスピーカーの音は普通に良いです。

P9liteと聴き比べてみましたが、違いがなかったので、P9liteと同等のスピーカーが搭載されているようです。

P9liteやnova liteは音にこだわったスマホではないので、とても良いとかではないですが、一般的な人の場合は普通に満足する音が出ます。

修理受付は全国のワイモバイルショップで可能

HUAWEI製(nova lite含む)の格安スマホなら全国のワイモバイルショップで修理の依頼をすることができます。代替機の貸し出しも無料です。

格安スマホで困ることの一つが、スマホが壊れた時です。大手キャリアなら代替機を貸し出してくれますが、格安SIMユーザだとスマホが壊れた時は基本的には代替機を貸してくれないので、修理の間(数日〜1週間)は手元からスマホがなくなってしまいます。

月額350円〜500円程度の保証サービスに入れば代替機を貸し出してくれたりしますが、そのために保証サービスに入るのは経済的ではありません。

HUAWEI製の格安スマホなら保証サービスに入ることなく、ワイモバイルショップへ行けば代替機を貸してくれます。1年間のメーカー保証中なら水没や落下による故障以外なら、無料で修理してくれます。

最近の格安スマホ(HUAWEIやASUS)は結構しっかりできているので、故障することはあまりないのですが、HUAWEI製ならもし壊れてしまった場合でも、ワイモバイルショップで対応してくれるのでかなり安心です。

電池交換費用が1万500円、ただし自分でやれば3500円程度

nova liteの電池持ちはかなり良いので、一般的な使い方なら電池が消耗するのに3年ちょっとくらいです。

ただ、スマホを少しヘビーに使うユーザだと電池が2年〜2年半、かなりヘビーに使うと2年未満で消耗します。P10 liteは4年くらい使える性能なので、スマホを使うユーザーほど安く電池交換できるスマホが重要になってきます。

ファーウェイは以前は6500円〜7000円で電池交換を受け付けていましたが、2017年10月14日からnova liteの場合は1万500円に値上げしてしまいました。

電池交換は修理と同じようにワイモバイルで代替機種を貸し出してくれて、銀座なら即日(1〜2時間)で電池を交換してくれますが、本体価格が2万円で、電池の交換費用が1万500円なのは少し高いです。

電池が消耗しきったら、捨てて新しい格安スマホを購入するのがいいと思いますが、少し器用な人は下記の電池の交換キットなら3500円で電池を交換することができます。

Amazon: P9 / P9 lite / nova lite / P10 lite / Honor8 交換バッテリー + 自分で交換キット
Huawei P9 / P9 lite / nova lite / P10 lite / Honor8 純正交換用バッテリー(内蔵電池パック) + 自分で交換キット HB366481ECW

ただし、自分で電池を交換する場合は自己責任でお願いします。

novaとnova liteの違い

novaとnova liteは完全に別物です。

nova liteは名前的にはnovaの廉価版のような響きがしますが、全然関係ないと思ってください。

novaの特徴
5インチスマホ、かなりコンパクトな作り、電池持ちがかなり良い、Snapdragon 625でゲーム面での弱点がない、実売価格は3万円くらい

nova liteの特徴
5.2インチスマホ、一般的な大きさ、電池持ちがかなり良い、Kirin 655でゲーム面で弱点がある場合がある、価格は2万円くらい

nova liteは、別の国ではHuawei P8 Lite (2017)とかhonor 8 Liteとか呼んでいたりします。P9liteの多くを引き継いでいるので、P10liteと呼べばいいのですが、P10liteはすでに販売予定の機種に入っています。

そんなこんなで、右往左往しているのがnova liteの名前です。

ちなみにnovaシリーズは若年層をターゲットにしているスマホだそうですが、nova liteは安いので普通に若者以外が買っても良いし、novaはコンパクトなので女性が買っても良い機種になっています。

novaシリーズのどの辺が若年層をターゲットにしているかですが、自撮り機能だと思われます。最近の高校生・大学生、並びに社会人の動向なんて、さっぱりわかりませんが(社会生活・・)、若い人たちは自撮りが好きなのかなーと思います。

自撮りをすることが多い場合は、novaなんかはいろんな自撮り機能が付いていて、nova liteでもそこそこの機能が付いているようです。

HUAWEI novaの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

一番オススメの格安スマホの簡単回答

2年前は比較するも何も、格安スマホはZenFone 5くらいしかなかったので、ZenFone 5の紹介だけで済んだのですが、最近はバカスカ新しい格安スマホが発売されて・・・。

問い合わせでよく聞かれるのですが、結局どのスマホが良いのかわからない・・・、そんな時はほぼP9liteが一番無難ですという回答を送っていました。

そして、今回P9liteよりもグレードアップして価格が低下した、nova liteがそのポジションにつきました。今後は、どのスマホが良いのかわからないという問い合わせには、ほぼ全てでnova liteが一番無難ですと答えることになります。

一般的なユーザの場合、nova liteが最も正解になる可能性が高い格安スマホです。

質問内容に応じて、アプリを結構インストールしそうな場合はP10 lite、コンパクトなスマホを探していそうならnova、ゲームならnovaかZenFone 3、最高のものを求めていそうな場合はMate9、カメラ性能を重視していそうならP10、大きな画面を探しているならMate9みたいな回答になります。

MVNOのキャンペーンの有無や、防水やらワンセグ、おサイフケータイやらが出てきたら、他の格安スマホを提案する感じになります。

nova liteの評判

nova liteの評判は超良いです。

ただし、なぜP9liteが売れ続けている現状でnova liteを出してきたのかが疑問の声が上がっています。というのも、nova liteとP9liteが共食い状態になるといいますが、nova liteがP9liteを飲み込む形になるからです。

nova liteの不評をあげるとしたら2点あります。

一つは、ゲーム性能が万全ではないこと。nova liteはCPUは比較的高性能ですが、Kiriniなのでゲーム性能は万全ではありません。ただ、一般的なゲームなら問題になることはまず考えられません。そこに、突っ込む人がポツポツといます。10人中9人くらいは問題ないと判断すると思うのですが、1人くらいはゲーム性能が問題だと判断する感じになっていると思います。

もう一つは、外側がプラスチック感の素材なので安っぽいとかなんとか。正直これもどうでも良いです。確かに、高級感はそれほどないのですが、もはや当たり屋的な不評の仕方になります。

統計なんて取っていないので、上記はあまり正確ではないのですが、一般的な感覚では妥当な判断だと思っています。

他には、nova liteはUSB Type Cではないとか、急速充電に対応しているけど付属の充電器は5V1Aで急速充電にはならないとか、付属のイヤフォンが安っぽいとかもありますが、2万円程度という価格で黙らすことができます。

nova liteが例え2万3000円でも結構コスパが良いです。2万5000円くらいになると、微妙ーに感じるくらいです。2万円以下だと、他のメーカーは正直太刀打ちができないです。

nova liteはスマホにこだわりはないけど、普通に使いたい、できれば安く使いたい、できれば快適に使いたい、そんな場合にnova liteが一番オススメです。

nova liteの口コミと質問は下記から

このサイトでは新しくユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトを始めました。nova liteも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:ファーウェイのスマホの口コミ

格安SIMの設定、WiFiの設定、アプリのダウンロードの仕方

nova liteの格安SIMの設定、WiFiの設定、アプリのダウンロードの仕方については、下記のページにて画像付きで詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

nova liteの格安SIMの設定、WiFiの設定、アプリのダウンロードの仕方

格安SIMを設定することで、nova liteでネットができるようになります。自宅にWiFiがあれば、WiFiを設定することでMate 9を自宅で使う時にデータ消費なしで使うことができます。

最後にGoogleアカウントを設定することで、アプリのダウンロードやメール(Gmail)の送受信もできるようになります。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格が2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • P20 lite
    • P20liteはnova lite 2より6000円ほど高くなりますが、RAMが4GBに増えて、Type Cに対応、画面が少しだけ広くなって、WiFiのacに対応しています。P20liteは2018年で一番売れる格安スマホです。auのVoLTEにも対応しています。5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ145g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense plus
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense plusです。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157g、電池容量3100mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応
  • ZenFone 4 Max
    • 電池持ちに特化している格安スマホです。DSDSとauのVoLTEにも対応しています。トリプルスロットなのでDSDSとマイクロSDを同時に使うことができます。CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHz×4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素+500万画素広角、重さ156g、電池容量4100mAh
最終更新日 2018年2月28日 / 作成日 2017年2月24日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る