Netflix(ネットフリックス)向けの格安SIMと格安スマホ、データ量と通信速度、ダウンロードのまとめ

最終更新日 / 作成日 2015年11月5日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ここではNetflix(ネットフリックス)の映画やドラマを見るのに使うデータ量、必要な通信速度、ダウンロードの使い方、最後にNetflixに適した格安SIM(格安スマホ)を紹介します。

Netflix(ネットフリックス)の特徴

アメリカとイギリスの人気ドラマが主体です。映画(洋画)もわりとたくさん用意されています。アニメも最近増えてきています。英語の字幕や音声もあるので、英語の勉強&息抜きで見るのもいいと思います。ちなみに英語が嫌いでも普通に楽しめます。

月額650円で使えて初月無料なので、とりあえずドラマ好きな人は登録して試してみるのをおすすめします。

Netflix(ネットフリックス)の月額料金と登録の仕方

公式サイト → Netflix

登録にはクレジットカードが必要です。登録した月(初月)の月額料金は無料で利用できます。

ネットフリックスには、ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つのプランがあります。

最初の月は無料なので、とりあえずプレミアムプランに加入しておけばいいと思います。プランの変更や解約はいつでもできます。

ベーシックプラン 月額650円

ベーシックプランは標準画質(SD)で1度に1画面見れます。スマホやタブレットで見る分には標準画質でも必要以上にキレイです。パソコンやテレビで見ると標準画質レベルになります。標準画質以下の画質でも見ることができます。最低通信速度は0.5Mbpsです。1台のスマートフォンまたはタブレットに動画をダウンロードすることも可能です。

スタンダードプラン 月額950円

スタンダードプランは同時に2画面見れます。高画質(HD)で視聴できます。高画質(HD)はデスクトップパソコンやテレビでキレイに見たい場合の画質になります。同時に2画面見れるというのは、2人で使うことができるという意味です。1人はスマホで見ていて、同時にもう1人は別のスマホやテレビなどでネットフリックスの映画やドラマを見れます。2台のスマートフォンまたはタブレットに動画をダウンロードすることもできます。

プレミアムプラン 月額1450円

プレミアムプランは同時に4画面見れます。超高画質(UHD 4K)で視聴できます。超高画質(UHD 4K)は大きなテレビでキレイな画質でみたい場合の画質になります。4Kに対応したドラマや映画はまだまだ少ないので、おまけ程度です。4人のアカウントを作ることができ、それぞれでドラマや映画の視聴履歴や視聴途中のものを見れるようになっています。4台のスマートフォンまたはタブレットに動画をダウンロードすることもできます。

Netflixのドラマや映画を見るのに必要な通信速度とデータ量

Netflixはスマホやタブレットで見る場合と、パソコンやテレビで見る場合で必要な通信速度とデータ量が変わってきます。

ここでは、まず最初にNetflixが推奨するインターネット接続速度を紹介した後に、スマホやタブレットで見る場合に必要な通信速度とデータ量、その後にパソコンやテレビで見る場合に必要な通信速度とデータ量を説明します。

Netflixが推奨するインターネット接続速度

通信速度 0.5Mbps (遅めの格安SIM/格安スマホ)
スマホで見ると少し画面が粗いかな?と思う感じの画質になります(普通に楽しめる程度の画質にはなっています)。タブレットだと少し荒い画質になります。ノートパソコンだと荒い画質になります。

通信速度 1.5Mbps (標準的な格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+)
スマホで見るとキレイな画質になります。タブレットでも割と綺麗な画質になります。パソコンだと普通な画質になります。テレビで見ると少し荒い画質になります。

通信速度 3.0Mbps (速めの格安SIMやスマホ/WiMAX2+/光回線)
パソコンでも綺麗な画質になります。テレビでも割と綺麗な画質になります。基本的にWiMAX 2+や光回線を使って見ます。速めの格安SIMや格安スマホをテザリングしてパソコンや場合によってはテレビでも見ることもできますが、データ量を超使うので死にます。

通信速度 5.0Mbps (WiMAX2+/光回線)
テレビでもかなり綺麗な画質で見れます。基本的に光回線を使って見ます。WiMAX2+でも見れますが、データを超々使うのでWiMAX2+を使う場合でもひどい目に合います。

通信速度 25Mbps (光回線)
4Kに対応したテレビや液晶モニタで超キレイな画質で見れます。光回線を使って見ます。この通信速度に対応した画質を提供しているドラマや映画は少ないので気にしなくて良いです。

推奨するインターネット接続速度はあくまで目安なので、あまり気にしなくていいです。重要なのは下記のスマホやタブレット、またはパソコンやテレビで見る場合の必要な通信速度とデータ量です。

スマホやタブレットで見る場合の必要な通信速度とデータ量

スマホやタブレットでNetflixのアプリで見る場合に、モバイルデータの使用量を下記のように変更することができます。

モバイルデータ使用量

オフ:Wi-Fi接続時のみ
低:1GBあたり約4時間 (約0.5Mbps)
中:1GBあたり約2時間 (約1.0Mbps)
高画質:1GBあたり約1時間 (約2.0Mbps)
無制限:注:無制限のデータ通信サービス契約がある方にオススメ

WiMAX2+を使う場合

WiMAX2+だとモバイルデータ使用量の設定を無視します。

アニメ(男子高校生の日常)で試して見ましたが、BIGLOBE WiMAX 2+で、オフと低を試したところ、両方とも中で再生されていました。このことから、WiFi(WiMAX2+)で見る場合、モバイルデータ使用量からではデータを制限することができないようです。WiFiの通信速度により、自動で画質が変わるようです。

Netflixアプリで再生する場合、アニメだと高画質がないようで中がWiFi(WiMAX2+)での画質になります。ドラマや映画だと中よりも少しデータを使う感じ(1GBあたり約1.7時間)になります。

格安SIMを使う場合

格安SIMならモバイルデータ使用量の設定を反映します(テザリングを除く)。

格安SIM経由で再生したところ、オフにすると動画の再生ができません。低に設定すれば低で再生することができます。消費するデータ量も低です。中に設定すれば中のデータ量になりました。ちなみに、低でもアニメだと普通に楽しめる画質になっています。中ならより鮮明な画質になりますが、低の方が使うデータ量が半分なので低で見るのが主になります。ちなみに高画質にしても、アニメだと高画質がなく、強制的に中の再生になります。

高画質の動画がどこにあるのか見つけることができませんでしたが、高画質の動画はあまりなさそうで、加えて中でも十分きれいなので高画質はあまり気にしなくて良いです。

無制限はおそらく格安SIMの通信速度によって、自動で画質が変わる設定だと思われます。たいていの格安SIMなら中での再生になると思います。

スマホやタブレットで見る場合の総評

WiMAX2+なら設定無視で、ほとんどの場合で中での再生になります。ドラマや映画の場合は中よりも少しデータを使う感じになります。格安SIMなら設定により、低と中を、ドラマや映画なら高(実際には中より高)を設定することができます。

WiMAX2+は2017年2月から制限が変わって、3日間で10GB使えて、それを超えると1Mbpsに制限されます。スマホやタブレットでネットフリックスを再生し続けても、3日間で10GBを突破するのは至難です。1日6時間見続ければ、なんとか突破できる感じなので、気にせず見続けて良いです。

格安SIMの場合は、低に設定してデータを節約しましょう。月10GBなら、1日1時間くらいNetflixの低の画質を見ることができます。(低でも割と楽しめます!)

パソコンやテレビで見る場合の必要な通信速度とデータ量

Netflixをパソコンやテレビで見る場合は下記の再生設定になります。

データの使用量(必要な通信速度)
低:0.3GB/時間 (約700kbps)
中:SDで0.7GB/時間 (約1.6Mbps)
高:HDで3.0GB/時間 (約6.8Mbps)、UHDで7.0GB/時間 (約16Mbps)

パソコンでNetflixを見る場合、「低」では画質が少し荒く動画を見る楽しみが低下します。「中」が動画を楽しむことができる画質になります。「高」のHDだと超綺麗になりますが、パソコンなら「中」が丁度良い感じです。

テレビで見る場合、パソコンよりも画面が大きいので「中」でも若干動画が粗く見える感じです(それでも楽しめるレベルです)。「高」のHDならキレイな画質で楽しんで見ることができます。「高」のUHDだと超綺麗ですが、UHDに対応している動画は限られているので気にしなくて良いです。

格安SIMでテザリングしてパソコンやテレビでNetflixを見る場合、「中」が限界になります。格安SIMの動画再生時の通信速度は1.5Mbpsくらいが平均値なので、頑張っても「中」画質がせいぜいです。

「中」でも16時間の視聴で10GBのデータを使い切ってしまいます。パソコンやテレビで1日30分もネットフリックスを格安SIMのテザリング経由で見てしまうと、月10GBのデータを使い切ってしまいます。格安SIMを使うのはあまり実用的ではありません。

代わりに出てくるの、WiMAX2+と光回線です。

WiMAX2+なら3日間で3GB使えて、それ以上使うと通信速度が4Mbpsに制限されます。「中」なら速度制限時でも無限に見続けることができます。

ただし、WiMAX2+は2017年2月から制限が変わって、3日間で10GB使えて、それ以上使うと通信速度が1Mbpsに制限されるようになるので、2017年2月からは月最大100GB、「中」画質なら毎日5時間半見ることができます。「高」のHDだと毎日1時間20分になります。WiMAX2+は2年契約になりますが、キャッシュバックを考慮すると、月平均3100円くらいで使うことができます。

WiMAX2+は一人や多くても二人の場合にオススメですが、それ以上の人数になる場合や、WiMAX2+の電波が届きにくい郊外などの場合は無制限に使える光回線がオススメになります。

Netflixの映画やドラマ、アニメがダウンロードできる!

少し前までNetflixはストリーミング再生のみで、映画やドラマ、アニメをダウンロードしてから見ることはできませんでした。それが2016年11月末にダウロードに対応しました。

全ての映画やドラマ、アニメがダウンロードできるようになったというわけではないのですが、かなりの数(7割くらい?)の映画やドラマ、アニメがダウンロードできるようになっています。

ダウンロードできる作品はかなりたくさんあります。

ダウンロードできるようになって何が良くなったかというと、自宅にWiFi(無線LAN)があれば、自宅でスマホのNetflixアプリを使って映画やドラマ、アニメをダウンロードしておけば、外でデータ消費なしにダウロードした映画やドラマ、アニメを見ることができます。

自宅にWiFiがない場合でも、例えばUQ mobileの無制限プランなら寝る前に複数の映画やドラマ、アニメをダウンロード指定しておけば、起きた時にはダウンロードが完了しています。バックグラウンドでダウンロードを続けてくれます。スリープにしていても、ダウンロードを続けてくれます。

ダウンロードができるというのは、相当便利です。

ちなみに、スマホやタブレットのNetflixアプリでダウンロードができますが、パソコンやテレビだとダウンロードはできません。

Netflixのダウンロードの設定と保存容量

ダウンロードの設定画面

Wi-Fiのみにチェックを入れれば、WiFiで接続している時だけダウンロードすることができます。自宅にWiFiがあればチェックを入れておくことをおすすめします。

ダウンロード画質はスタンダードと高画質を選ぶことができます。スタンダードでも普通に楽しめますが、高画質だとかなり鮮明になります。高画質のデータ量はスタンダードのざっくり1.5倍くらいになります。

高画質だとだいたい1時間で500MBくらいのデータ量になります。

ROMが16GBの格安スマホ(P9lite)を使っているのですが、Netflixで適当にダウンロードして1.2GB使ったら、空きが4.7GBになってしまいました。保存できる容量が不安な場合は、iPhoneとNexus以外のスマホを使っていれば、マイクロSDカードを買ってくれば保存できるデータ量を増やすことができます。

参考:格安スマホのROMと外部SDカードの使い方、購入から設定まで

マイクロSDカードをスマホに入れて、設定を少し変えます。

スマホによって異なりますが、P9liteの場合は設定→詳細設定→メモリとストレージ→デフォルトの保存場所→内部ストレージからSDカードヘ変更

これでNetflixの動画を保存できる容量が残り4.7GBから57GBに増えました。保存場所を変えると、それ以前にダウンロードした作品はダウンロードされていない状態になります。もう一度ダウンロードし直すか、保存場所を内部ストレージに変更する必要があります。

ダウンロードできる数は90〜100個まで

映画やドラマ、アニメなどをとりあえず数時間で大量にダウンロードして、合計で27GB(映画22作品、ドラマ11話、アニメ60話)までダウンロードしましたが、そのあとにダウンロードエラー(BRL.22002)がでて、それ以降の作品がダウンロードできなくなりました。

何回かパターンを試したところ、映画だろうが短いアニメだろうが、ダウンロードできる総数が90〜100個くjらいまでになっているようです。

上限に達した場合、BRL.22002というエラーが出てきてダウンロードできなくなります。ダウンロード済みの作品を削除すれば、その削除した数だけダウンロードできるようになります。

Netflixのダウンロードのスタンダードと高画質のデータ量の違い

スタンダードの画質でダウンロードした場合のデータ量

高画質でダウンロードした場合のデータ量

スタンダードでも普通に楽しめますが、高画質だとより楽しめる感じです。

Netflixに最適なプラン、1位 UQ mobileの無制限プラン、2位 WiMAX 2+、3位 エキサイトモバイル

自宅にWiFiがあれば、WiFi経由でNetflixの動画をダウンロードできるので、どの格安SIMを使っても問題ないです。格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録音声通話プランのある格安SIMカードの比較またはデータ専用の格安SIMカードの容量別の比較を参考に、自分にあった格安SIMを選んでみてください。

ここでは自宅にWiFiがない場合に最適なプランを紹介します。

どのくらいNetflixの映画やドラマを見るかで最適な格安SIM(またはWiMAX2+)が変わってきますが、たくさん見る場合はUQ mobileの無制限プランかWiMAX 2+、そこそこ見る場合はエキサイトモバイルがおすすめになります。

毎日9時間見れる、YoutubeとNetflix用の最強プラン、UQ mobileの無制限プラン、月額1980円

UQ mobile

UQ mobile

UQ mobileの無制限プランは月額1980円で月最大60GB使うことができます。3日間で6GB超のデータを使うと翌日速度制限になります。

UQ mobileの無制限プランは、通信速度が500kbps程度に抑えられているのですが、Netflixなら再生途中でほとんど止まらずに見ることができます。Youtubeの360pの普通画質でギリギリ止まらずにみれるか、再生途中で少し止まるくらいで見ることができます。

公式サイト → UQ mobile

通信速度を抑えて再生することができるので、長時間動画を見ることができます。YoutubeやNetflixならスマホで毎日9時間くらい見れるデータ量と通信速度になります。通信速度が超安定しているので、500kbps程度の速度でも割と普通に使えたりします。

Netflixなら動画を事前にダウンロードできるので、寝る前にダウンロードしたい作品を選択しておけば、起きた時にはダウンロードが完了しています。(スタンダードの画質なら、1時間の動画でダウンロードは1時間かかります。高画質だと1時間の動画でダウンロードは1.5時間くらいかかります)

寝ている間にダウンロードする場合ですが、充電しながらダウンロードすると電池の劣化が進むので、ダウンロード中は充電しないほうが良いです。

UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

速い通信速度で月最大100GB使える、BIGLOBE WiMAX 2+、月額3100円〜3400円程度

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

格安SIMではありませんが、BIGLOBE WiMAX 2+なら3日間で10GB使えるので、月最大100GB使えます。スマホやタブレットでネットフリックスを中画質で見る場合でも、月最大200時間くらい見れます(低画質なら400時間・・)。パソコンで見る場合は月最大130時間くらいになります。

2年契約になりますが、月額料金はキャッシュバックを考慮すると月額3100円〜3400円程度で使うことができます。UQ mobileの無制限プランは500kbps(0.5Mbps)に速度が制限されていますが、WiMAX2+なら場所にもよりますが15Mbps前後の速度が出ます。

公式サイト → BIGLOBE WiMAX 2+

Netflix以外にもいろんなことに使いたい場合に、BIGLOBE WiMAX 2+がおすすめです。(2017年1月末までは、WiMAX2+は3日間で3GBまで使えて、それ以上になると4Mbpsに速度が制限されます)

BIGLOBE WiMAX 2+の評価と比較とネットの評判の詳細

毎日1時間以内の視聴の場合に最適な格安SIM、エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

自宅にWiFiがある場合や、Netflixを毎日1時間程度しか見ない場合は格安SIMのエキサイトモバイルがオススメです。月額料金は1GBごとの従量制(最適料金プラン)になっていて、実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わります。

Netflixを見る時間があまり定まっていない場合に、柔軟に対応することができます。月額料金を簡単に一番安くすることができます。上限が月10GBなので、使い過ぎそうになる場合でも月10GBで止まるので安心して使えます。

公式サイト → エキサイトモバイル

UQ mobileの無制限プランは500kbps(0.5Mbps)ですが、エキサイトモバイルなら平日の昼を除けば、通信速度は1.5Mbps〜25Mbps程度出ます。

Netflixを毎日1時間も見ない場合に、UQ mobileの無制限プランよりも月額料金が安くなっていきます。Netflixをそんなに見ない場合や自宅にWiFiがあれば、エキサイトモバイルが一番おすすめです。

エキサイトモバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判

ネットフリックスを見るのにおすすめの格安スマホ(または格安タブレット)

基本的によっぽど古いスマホやタブレットじゃなければ、ネットフリックスを見ることができます。LTEに対応していないタブレットでも、自宅にWiFiがあれば、WiFiで動画をダウンロードしておけば、外でWiFiがない状態でもダウンロードした動画を見ることができます。

ネットフリックスの場合はスマホやタブレットの性能はほとんど重要ではないのですが、電池の持ちだけ重視するのをおすすめします。

スマホの電池持ちの詳細調査:動画再生時の電池消費(一部のタブレットも調査しています)

スマホやタブレットによっては、動画の再生時の電池持ちが3,4割違う場合あります。平均的なスマホで7時間〜9時間、電池持ちがとても良いスマホだと10時間以上動画を再生できたりします。

電池持ちが悪いスマホだと動画の連続再生時間は7時間を切っていたりするので、ネットフリックスをたくさん見る場合は、電池持ちは少なくとも8時間、できれば9時間以上のスマホを選ぶことをおすすめします。

ディスプレイの解像度はあまり気にしなくても良いのですが、1万円前後のスマホやタブレットだと解像度が低過ぎて画質が悪くなる場合もあるので、安すぎるものを買う場合にだけ平均的な解像度以上(スマホ:1280×720、タブレット1920×1200)の性能になっているかどうかだけ確認して見てください。

Netflix(ネットフリックス)と格安SIMと格安スマホのまとめ

Netflixの大半の作品がダウンロードできるようになったことから、自宅にWiFiがあれば、Netflixを見るのに使うデータ量や、格安SIMの通信速度はあまり重要ではなくなっています。

自宅にWiFiがない場合でも、格安SIMと格安スマホのための無料のWi-Fiなら、近所にコンビニがあればそこでNetflixの動画をダウンロードできたりします。

自宅にWiFiがない場合や、近所に無料のWiFiが使えるコンビニがない場合やそこまでいくのが面倒な場合など、各自のネット環境に合わせて、Netflix向きの格安SIM(UQ mobileの無制限プランやエキサイトモバイル)、WiMAX 2+等をを参考にしてみてください。

格安スマホに関しては、ネットフリックスの場合は、電池持ちだけ気にしておけばほとんど大丈夫です。ダウンロードするとスマホの保存容量がなくなっていきますが、マイクロSDカードを買ってスマホに入れればダウンロードのデータ量も気にしなくて大丈夫になります。(iPhoneやNexusだとマイクロSDカードは使えないので、そこだけ注意です)

へふー、Netflixを見ながら永遠とゴロゴロしたいですー。

その他のおすすめの格安SIMやお役立ち情報

  • LINEモバイル
    • LINEモバイルはLINEをデータの消費なしに使うことができます。LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。そのほかTwitterやFacebook、Instagramのデータ消費もなしに使えるプランがあるので、これらのサービスを良く使う場合にオススメの格安SIMになっています。
  • 楽天モバイル
    • 通信速度は少し遅めですが、格安スマホが割安に買えるキャンペーンをいつも行っています。通話SIMなら楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になる特典がもらえます。初月無料です。
  • NifMo
    • 格安スマホとセットで買うと月額料金200円引き。キャッシュバックもあり。通信速度も比較的速いです。
  • マイネオ
    • マイネオはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。家族割や複数回線割があるので多人数で使う場合に安くなります。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金がないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもおすすめです。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る