Netflix(ネットフリックス)用の格安SIMと格安スマホ、気軽に映画やドラマを見る方法

最終更新日 / 作成日 2015年11月5日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

Netflix(ネットフリックス)の映画やドラマを見るのに使うデータ量と画質、そして気軽に映画やドラマを見ることができる格安SIMと格安スマホを紹介します。このサイトではNetflix(ネットフリックス)に実際に加入して、スマホとタブレットとノートパソコン、デスクトップパソコンで実証実験を行っています。

Netflix(ネットフリックス)の特徴

アメリカとイギリスの人気ドラマが主体です。映画(洋画)もわりとたくさん用意されています。アニメは少なめですがあります。英語の字幕や音声もあるので、英語の勉強&息抜きで見るのもいいと思います。ちなみに英語が嫌いでも普通に楽しめます。

月額650円で使えて初月無料なので、とりあえずドラマ好きな人は登録して試してみるのをおすすめします。

Netflix(ネットフリックス)の月額料金と登録の仕方

公式サイト → Netflix

登録にはクレジットカードが必要です。登録した月(初月)の月額料金は無料で利用できます。

ネットフリックスには、ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つのプランがあります。

ベーシックプラン 月額650円
標準画質(SD)で1度に1画面見れます。標準画質(SD)で見るには3Mbpsの通信速度が必要です。スマホやタブレット、ノートパソコンで見る分には標準画質で十分キレイです。デスクトップパソコンやテレビで見ると標準画質レベルになります。標準画質以下の画質でも見ることができます。最低通信速度0.5Mbps。

スタンダードプラン 月額950円
同時に2画面見れます。高画質(HD)で視聴できます。高画質(HD)はデスクトップパソコンやテレビでキレイに見たい場合の画質になります。同時に2画面見れるというのは、2人で使うことができるという意味です。1人はスマホで見ていて、同時にもう1人は別のスマホやテレビなどでネットフリックスの映画やドラマを見れます。

プレミアムプラン 月額1450円
同時に4画面見れます。超高画質(UHD 4K)で視聴できます。超高画質(UHD 4K)は大きなテレビでキレイな画質でみたい場合の画質になります。4Kに対応したドラマや映画はまだまだ少ないので、おまけ程度です。4人のアカウントを作ることができ、それぞれでドラマや映画の視聴履歴や視聴途中のものを見れるようになっています。

最初の月は無料なので、とりあえずプレミアムプランに加入しておけばいいと思います。プランの変更や解約はいつでもできます。

Netflix(ネットフリックス)のドラマや映画を見るのに必要な通信速度

Netflixには5つの通信モードがあります。各通信モードで必要な通信速度が異なります。

通信速度 0.5Mbps (遅めの格安SIM/格安スマホ)
スマホで見ると少し画面が粗いかな?と思う感じの画質になります。タブレットだと少し荒い画質になります。ノートパソコンだと荒い画質になります。

通信速度 1.5Mbps (標準的な格安SIM/格安スマホ)
スマホで見るとわりとキレイな画質になります。タブレットだと普通な画質になります。ノートパソコンでも普通な画質になります。デスクトップパソコンやテレビで見ると少し荒い画質になります。Netflixのアプリで見ると通信速度が1.5Mbpsの画質が最大になります。

通信速度 3.0Mbps (速めの格安SIMやスマホ/Wimax/光回線)
大き目のノートパソコン、またはデスクトップパソコン、テレビでも普通に見れる画質になります。基本的にWimax 2+や光回線を使って見ます。速めの格安SIMや格安スマホをテザリングして、ノートパソコン、デスクトップパソコン、テレビで見ることもできますが、データ量を超使うので死にます。

通信速度 5.0Mbps (Wimax/光回線)
デスクトップパソコンやテレビできれいな画質で見れます。基本的に光回線を使って見ます。Wimax2+でも見れますが、データを超々使うのでWimax2+を使うとひどい目に合います。

通信速度 25Mbps (光回線)
4Kに対応したテレビや液晶モニタで超キレイな画質で見れます。光回線を使って見ます。この通信速度に対応した画質を提供しているドラマや映画は少ないです。

通信速度5.0Mbps以上の画質で見たい場合は、アカウント情報の再生設定を変更する必要があります。アプリからではできないので、ブラウザから変更する必要があります。

画面別のデータ使用量を“高”にすると、高画質で見ることができます。ただし、格安SIMや格安スマホには関係ありません。格安SIMや格安スマホで見る場合は、“低”で普通な画質でドラマや映画を見ることができます。

Netflixに最適な格安SIM、1位 UQ mobile、2位 U-mobile、3位 DMM mobile

どのくらいNetflixの映画やドラマを見るかで最適な格安SIMは変わってきてしまいますが、たくさん見る場合はUQ mobile、そこそこ見る場合はU-mobile、ぼちぼち見る場合はDMM mobileの格安SIMが最適になります。

毎日5時間見れる、YoutubeとNetflix用の最強プラン、UQ mobileの無制限プラン、月額1980円

UQ mobile

UQ mobile

UQ mobileの無制限プランは月額1980円で月最大30GB使うことができます。3日間で3GB超のデータを使うと翌日速度制限になります。UQ mobileの無制限プランは、通信速度が500kbps程度に抑えられているのですが、NetflixやYoutubeなら再生途中で止まらずに見ることができます。

公式サイト → UQ mobile

通信速度を抑えて再生することができるので、長時間動画を見ることができます。YoutubeやNetflixならスマホで毎日5時間くらい見れるデータ量と通信速度になります。通信速度が超安定しているので、500kbps程度の速度でも割と普通に使えたりします。

UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

毎日1時間から2時間見る場合の最適な格安SIM、U-mobileのLTE使い放題、月額2480円

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile

U-mobileのLTE使い放題は月額2480円で月最大20GB使うことができます。3日間で2GB超のデータを使うと翌日速度制限になります。UQ mobileの無制限プランと比べると通信速度が速めなので、そのぶん動画を見るときにデータ量を使ってしまいます。Youtubeの普通画質(360p)なら毎日3時間くらい見れますが、Netflixの場合は毎日1時間から2時間見れる程度のデータ量になります。

通信速度がUQ mobileの無制限プランよりも数倍速いので、画像が沢山あるサイトの閲覧や、アプリやファイルのダウンロードもUQ mobileの無制限プランと比べると、かなり素早く行うことができます。ただし、平日の夜になると通信速度が低下して、UQ mobileの無制限プラん並みの速度になることがあります。

公式サイト → U-mobile: ユーモバイル

U-mobileのLTE使い放題は、LTE使い放題というプラン名になっていますが、実際のところ使い放題ではありません。3日間で2GB超のデータを使うと翌日速度制限になり使い物にならなくなります。

3日間で2GB以内なら速度制限なしに使うことができます。ただし、回線状況によっては3日間で使えるデータ量は多少増減します。とりあえず、3日2GBと仮定すると、これは毎日2時間以内のドラマや映画を見れる程度のデータ量になります。1日で5,6時間見てしまうと翌日速度制限にかかって使い物にならなくなる可能性があるので、土日や休日にまとめてたくさん見るといった使い方はできません。

UQ mobileは動画の視聴に超特化した格安SIMのプランです。Webサイトの閲覧やアプリやファイルのダウンロードもできますが、正直遅めです。Webサイトの閲覧くらいなら、そんなに問題はありませんが、アプリのダウンロードなどは気長にダウンロードする必要があります。

U-mobileの無制限プランは動画の再生にも強いですが、基本的に万能型の格安SIMのプランです。月額料金がUQ mobileよりも高く、使えるデータ量もUQ mobileよりも少ないですが、そのぶん通信速度が速くなっています。(ただし、U-mobileの無制限プランは、平日の夜になるとUQ mobileの無制限プランの通信速度と同程度にまで低下する場合があります)

U-mobile(ユーモバイル)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

家にインターネットがある場合で、毎日外で1時間も見ない場合に最適な格安SIM、DMM mobile

DMM mobile

毎日平均1時間もドラマや映画を見ない場合におすすめなのがDMM mobileです。動画はそんなに長時間見れない代わりに、通信速度も速く月額料金を安くすることができます。家にインターネットがある場合で、外で毎日1時間以上動画を見ない場合は、DMM mobileが一番おすすめになります。毎日30分程度だと月額料金は1210円(月5GB)、毎日1時間程度になると月額料金は2190円(月10GB)になります。

公式サイト → DMM mobile

Netflixを使うとドラマや映画をたくさん見ることになります。家にインターネットがあれば、家では格安SIMのデータを使わなくて済むので、基本的にUQ mobileの無制限プランやU-mobileのLTE使い放題は必要ではありません。ただし通勤通学等で外で毎日1時間以上視聴するような場合には、UQ mobileの無制限プランやU-mobileのLTE使い放題が必要になります。

家にインターネットがない場合でネットフリックスを使いたい場合は、UQ mobileの無制限プランを選ぶ必要があります。

家にインターネットがある場合でも、通勤通学等で外で1時間以上ネットフリックスでドラマや映画を視聴したい場合は、UQ mobileの無制限プランかU-mobileのLTE使い放題を選ぶ必要があります。

家にインターネットがある場合で、通勤通学等で外で1時間もネットフリックスを使わない場合に、DMM mobileを選びます。

DMM mobileは月10GB以下のプランは割安ですが、月10GBを超えると割高になります。毎日1時間動画を視聴すると月10GBのデータ量になるので、毎日1時間以下(月30時間以下)の動画視聴の場合にだけ、DMM mobileを選ぶことになります。

DMM mobileではそんなにデータを使うことができないのですが、その分、月額料金が安くすることができ、そして通信速度も速いです。DMM mobileだと月額料金は毎日30分程度の視聴で1210円(月5GB)、毎日1時間程度になると2190円(月10GB)になります。通信速度も速いので、ネットもサクサクできて、テザリングも不自由なく使うことができます。

DMM mobileはネットやテザリングの利便性や月額料金を重視しています。動画はオマケ程度になります。(DMM mobileを選んだ場合でも、家にインターネットがあれば、家の中では問題なくネットフリックスを使うことができます。外だとオマケ程度の使い方になります。)

DMM mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

ぷららモバイルLTEやb-mobile、Wirelessgateなどの無制限プランはオススメではありません

格安SIMには、UQ mobileやU-mobileの無制限プランの他にも、ぷららモバイルLTEb-mobileWirelessgateなどの無制限プランがありますが、基本的にぷららモバイルLTEやb-mobile、Wirelessgateなどの無制限プランは動画を見るには速度が安定していないのでおすすめではありません。

ぷららモバイルLTEは実際にサイトのテスト用に使っていますが、通信速度が相当不安定になっています。再生できるような、できないような・・・。アプリやファイルのダウンロードは他の格安SIMと比べてもかなり遅いです。UQ mobileの無制限プランと比較しても数段以上遅くなっています。Webサイトを見るだけでも、通信が安定していないので、動きが鈍いです。

b-mobileの無制限プランは、動画の再生に特殊な制限を設けているようで、うまく動画を再生できないようです。実際に試していないので、もしかしたらうまくいくかもしれませんが、チャレンジャーな方は試してみてください。b-mobileの無制限プランのネットの評判が悪すぎるので、試すのも・・・。

Wirelessgateの無制限プランは、最近始まったプランなのですが、評判は相当悪いです。無制限プランの中で月額料金が一番安いのですが、ぷららモバイルLTEよりも通信速度が出ないらしいというのが、ネットの総評です。超超チャレンジャーは試して見るのもいいかもしれませんが・・、泣く準備をしておいたほうがいいです。

無制限プランを下手に手を出すと痛い目を見ます。無制限プランで一番まともに使えるのは、UQ mobileです。次に平日の夜に速度が低下しますが、U-mobileのLTE使い放題になっています。

ネットフリックスの映画やドラマを見るのに必要なデータ量

スマホやタブレットでNetflixを見た場合、1時間180MB~360MB

スマホやタブレットでNetflixのアプリを使って映画やドラマを見た場合、1時間で180MB~360MBのデータ量を使います。

格安SIMの通信速度が0.5Mbps程度のとき、1時間で180MB程度のデータ消費量になります。スマホで見るなら少し荒いかな?くらいの画質になります。タブレットで見る場合は、少し荒い画像になります。

格安SIMの通信速度が1.0Mbps以上のとき、1時間で360MB程度のデータ消費量になります。スマホだとわりとキレイな画質になります。タブレットで見ると普通画質になります。格安SIMの通信速度がいくら速くても、Netflixのアプリで見ると、1時間で400MB以上のデータ量にはなりません。Netflixの再生設定で“低”にした場合も、格安SIMの通信速度が速い場合は、データ使用量は1時間360MBになります。

実証データ

タブレット(dtab d-01g)で試してみる。

ぷららモバイルLTEの通信速度 3Mbps 2015年11月4日 13:55
デビルフォレストをNetflixのアプリで再生する
30分の視聴で180MBのデータ量を使用、1時間だと360MB、0.8Mbps
8インチタブレットだと画像が少し荒い気がする

DMM mobileの通信速度 31.92Mbps 2015年11月4日 14:35
デビルフォレストをNetflixのアプリで再生する
20分の視聴で129MBのデータ量を使用、1時間だと390MB、 0.86Mbps
8インチタブレットだと画像が少し荒い気がする

デビルフォレスト(映画)からワンハンドレッド(ドラマ)に変更してみる。

DMM mobileの通信速度 未測定(たぶん30Mbps前後) 2015年11月4日 15:02
ワンハンドレッドをNetflixのアプリで再生する
10分の視聴で58MBのデータ量を使用、1時間だと342MB、0.76Mbps
ワンハンドレッドならタブレットでも普通画質程度で見れる。昔の映画だと少し画像が荒くなって、最近の映画やドラマだと同じデータ量でも画質が少し良くなる気がする。

スマホ(ZenFone 5)で試してみる。

ぷららモバイルLTEの通信速度 1.85Mbps 2015年11月4日 14:58
ワンハンドレッドをNetflixのアプリで再生する
10分の視聴で60MBのデータ量を使用、1時間だと360MB、0.8Mbps
スマホだと普通にキレイに見える

タブレットで通信速度が遅い場合を試してみる。

ぷららモバイルLTEの通信速度
1回目1.24Mbps、2回目1.09Mbps、3回目0.97Mbps、4回目1.17Mbps
視聴前の平均通信速度 1.12Mbps
10分の視聴で31MBのデータ量を使用、1時間だと186MB、0.41Mbps
視聴後の平均通信速度 1.29Mbps

通信速度が1.5Mbps未満くらいになると、最低画質で1時間180MBのデータ量になる。

通信速度がもっと遅い場合を試してみる。

ぷららモバイルLTEの通信速度
1回目0.14Mbps、2回目0.21Mbps、3回目0.33Mbps、4回目0.57Mbps、5回目0.42Mbps、6回目0.36Mbps
視聴前の平均通信速度 0.31Mbps
10分の視聴で34MBのデータ量を使用、1時間だと196MB、0.43Mbps
視聴後の平均通信速度 0.49Mbps

再生開始後9分後に再生が止まる。20秒してから再生が再開される。通信速度が遅い場合でも、ちょこちょこ止まらずに再生する。

ノートパソコンやデスクトップパソコンでNetflixを見た場合、1時間180MB~900MB、最大1時間7GB?

ノートパソコンやデスクトップパソコンでNetflixを見た場合、データ量は1時間で180MBから900MBになります。最大1時間7GBのデータ量を使う超高画質な映画やドラマがあるそうですが、ここでは試していません。

ノートパソコンだと普通画質の動画を再生すると1時間で600MBのデータ量を使います。デスクトップパソコンだと普通画質の動画を再生すると1時間で900MBのデータ量を使います。

ぷららモバイルLTEをテザリングしてNetflixをノートパソコンで見る場合は、平日の朝7時から9時、昼12時、夜17時以降を除けば、ノートパソコンで普通画質の動画(1時間600MB)を見れる程度の速度が出てます。

他の格安SIM、U-mobileやDMM mobileの場合は、テザリングをしてノートパソコンで見ると、データを使いすぎてひどい目(速度制限)にあうので、ノートパソコンでは動画を見ません。

デスクトップパソコンはノートパソコンよりも画面が大きいので、動画の画質が荒くなります。ぷららモバイルLTEが混雑していないときは見れなくもないですが、画質は荒いなーレベルになります。

実証データ

ぷららモバイルLTEの格安SIMを入れたZenFone 5をテザリングして、ノートパソコンでNetflixを見る。

ぷららモバイルLTEの通信速度 2.8Mbps(Speedtestアプリの3回の計測の平均)
ノートパソコン側の通信速度 1.04Mbps (BNRスピードテスト)
10分の視聴で100MBのデータ量を使用、1時間だと600MB、1.33Mbps

ノートパソコンでBNRスピードテストを使った通信速度は少し誤差が大きいようです。1時間600MBのデータ量の動画ならノートパソコンでも普通画質程度で見ることができます。

光回線を使ったデスクトップパソコンを試してみる。

1話41分50秒の視聴で607MBのデータ量を使用、1時間で870MB、1.93Mbps。

光回線だから超速くて高画質と思っていたら、普通画質程度の動画になっていました。デスクトップパソコンの場合、もう少しキレイな画質でみたいと思いました。

ネットフリックスの映画やドラマを見るのにおすすめの格安スマホと格安タブレット

格安SIMの選択肢は、動画をたくさん見る場合はぷららモバイルLTE、動画はそこそこ見る場合はU-mobile、家にインターネットがあって外ではそんなに動画を見ない場合はDMM mobileになります。

次に格安スマホの選択肢に移ります。格安スマホの変わりに、格安タブレットを選んでもいいです。

ちなみにSIMフリーのスマートフォンやドコモのスマートフォンを持っていれば、それを使えるので新しくスマホを買う必要はありません。

3G専用端末は避けるべき

まず最初に動画を見る場合は、3G専用端末はさせて、LTEに対応した端末を選んだほうがいいです。3G専用端末だと通信速度が遅くなります。もともと通信速度が速くないぷららモバイルLTEはより通信速度が遅くなり、使い物にならなくなる恐れがあります。U-mobileでも再生途中で止まるようになる可能性が出てきます。

3G専用端末は、priori2、covia、geaneeなどの名前が入っていて1万円くらいで販売しているのが3G専用端末です。それ以外は、基本的にLTEに対応しています。4年くらい前に発売されたドコモのスマホなんかも3G専用だったりします。

電池容量の少ないものは避けるべき

電池容量の少ないスマホも避けるべきです。電池容量が2000mAh以下はとりあえず却下です。動画はそんなに電池を食うものではないのですが、外で動画を1,2時間見ると、電池が1日持たなくなる可能性が出てきます。

ライトユーザ向けのスマホはだいたい電池容量が少ないので避けたほうがいいです。

動画をたくさん見る場合は、スマホの電池容量が大きければ大きいほど良いです。

できれば電池が交換できるスマホか価格が安いスマホがおすすめ

スマホで動画を良く見ていると電池の消耗が速くなります。最近のスマホは電池が交換できないか、交換できても1万円くらいかかったりします。このため価格が高いスマホを買っても2年くらいでゴミ箱行きになってしまう可能性が高いです。

動画を良く見る場合は、高くても3万円で買える格安スマホがおすすめです。

おすすめの格安スマホと格安タブレット

動画の視聴はそこまで電池を消費しませんが、電池持ちが悪いスマホだと電池が消耗しやすくなるので、下記を参考に電池持ちが良いスマホやタブレットを選ぶのをオススメします。

スマホやタブレットの電池持ちの詳細調査: 動画再生時の電池消費

動画再生用のおすすめの格安スマホ

おすすめNo.1 ZenFone Max
3万円程度で買える5.5インチスマホです。電池交換はできませんが、電池容量が5000mAhあるので、電池の持ちが超超良いです。動画の再生時間は他の平均的な格安スマホの2倍ぐらいになります。画面も大きいので、かなりおすすめです。テザリングの設定は簡単にできます。

おすすめNo.2 ZenFone 2 Laser
2万5000円程度で買える5インチスマホです。電池交換ができます(ただし交換電池は互換電池です)。テザリングの設定は簡単にできます。

おすすめNo.3 GALAXY S5
2万5000円程度で買える5.1インチスマホです。おサイフケータイに対応していてワンセグも付いています。電池持ちも良く、電池の交換も3000円くらいでできます。au版のGALAXY S5 SCL23ならテザリングの設定も簡単です。UQ mobileの無制限プランを使うなら、GALAXY S5 SCL23がおすすめです。ドコモ版のGalaxy S5 SC-04Fだとテザリングの設定は至難です。

おすすめNo.4 SAMURAI MIYABI(雅)
2万円程度で買える5インチスマホです。電池は交換できますが、電池持ちはそんなに良くはありません。テザリングの設定は簡単にできます。

おすすめNo.5 Huawei P8lite
2万3000円程度で買える5インチスマホです。電池の交換はできませんが、電池の持ちは良いスマホです。テザリングの設定は簡単にできます。

動画再生用のおすすめの格安タブレット

大きな画面でNetflixの映画やドラマを楽しみたい場合に、格安タブレットがおすすめです。下記の格安タブレットに格安SIMを入れることで、家にインターネットがなくてもNetflixを楽しめます(もちろん外でも楽しめます) 。基本的に電池の交換はできません。動画を見るのが習慣化すると電池が2,3年で消耗するので、2,3年後に新しいタブレットに交換することになります。

おすすめNo.1 ZenPad 7.0 (Z370KL)
7インチタブレットです。2万1000円程度で買うことができます。au系の格安SIMでもドコモ系の格安SIMでも使えます。テザリングもできて、音声通話機能にも対応しています。初めてタブレットを使いたい場合は、ZenPad 7.0がいちばん無難です。

おすすめNo.2 ASUS MEMO Pad 8 AST21
8インチの高性能なタブレットです。2万1000円程度で買うことができます。au系の格安SIMで使うことができます。テザリングは問題なくできますが、音声通話機能には対応していません。UQ mobileの無制限プランを使う場合は、このタブレットがおすすめです。電池持ちは普通レベルです。

おすすめNo.3 dtab d-01g
8インチタブレットです。画質が少し悪いですが1万2000円程度で買うことができます。ドコモ系の格安SIMで使えます。テザリングの設定に難がありますが、パソコンで設定すればテザリングもできるようになります。音声通話機能や防水には対応していません。動画再生時の電池持ちは良いです。

おすすめではない AQUOS PAD SH-08E
試したスマホやタブレットの中で、なぜかAQUOS PADだけが再生途中でちょこちょこ止まることが多かったです。原因は不明ですが、AQUOS PADの場合、高画質で再生しようとする傾向があります。

Netflix(ネットフリックス)と格安SIMと格安スマホのまとめ

Netflix(ネットフリックス)を気軽にたくさん使いたい場合は、UQ mobileのデータ無制限プランとU-mobileのLTE使い放題プランがおすすめです。

Netflix用のおすすめの格安SIMとプラン1:UQ mobileの無制限プラン

月額1980円で毎日YoutubeやNetflixを5時間見れる、動画に超特化したプラン。

公式サイト → UQ mobile

UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

Netflixのおすすめの格安SIMとプラン2: U-mobileのLTE使い放題

月額2480円で毎日YoutubeやNetflixを1〜2時間見れる。UQ mobileの無制限プランよりも月額料金が高くて動画を見れる時間が少ないが、アプリやファイルのダウンロード速度が数倍速く、画像をたくさんあるWebサイトでもストレスなく見れる。万能型のプラン。

公式サイト → U-mobile: ユーモバイル

U-mobile(ユーモバイル)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

動画をたくさん見る場合、格安スマホならZenFone Max、格安タブレットならZenPad 7.0が一番おすすめです。格安スマホとタブレットの最新情報は下記のリンクにも記載しているので参考にしてみてください。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)
格安タブレットと格安SIMという選択肢

音声通話SIMを申し込むことで携帯電話番号を使った電話をすることができます。データSIMの場合は携帯電話番号を使った電話はできませんが、050番号やLINEの無料電話を使った電話をすることができます。

今使っている電話番号そのままで、格安SIMヘMNPをしたい場合は、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方法(MNP)を参考にしてみてください。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る