ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

LIBMOのキャッシュバック

ここではLIBMOのキャンペーンの詳細を説明した後に、LIBMOで販売しているオススメの格安スマホを紹介します。

LIBMO(リブモ)の料金プランと評価を実際に使って徹底解説&高額キャッシュバックがもらえて、速度も比較的速い

キャッシュバックの詳細と申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

一番お得なLIBMOのキャッシュバックキャンペーンの詳細

LIBMOは現在申し込む場所によって5つの異なるキャンペーンを展開しています。すべて同時に適用することはできません。どれか一つのキャンペーンから申し込む必要があります。

①公式サイトの月額割引キャンペーンは大損、最大3600円の割引

LIBMOの公式サイトでは、通話SIMを申し込むとLIBMO音声サポートプログラムで月額料金が6ヶ月間600円引きになるキャンペーンを行なっています。

合計3600円の割引です。公式サイトではデータSIMはキャンペーン対象外です。

キャッシュバックサイトなら最大2万円のキャッシュバックがもらえるので、公式サイトのキャンペーンは損です。

公式サイトの端末購入サポートプログラムも損

LIBMOの公式サイトで端末を購入すると、LIBMO音声サポートプログラムの代わりに、端末購入サポートプログラムで2年間300円引きの割引(合計7200円)がもらえます。

これも最大2万円のキャッシュバックサイトから申し込んだほうがお得なので、公式サイトでの申し込みはおすすめではありません。

LIBMOのキャンペーンの目次

②月額割引アップのキャンペーンのお得度も低い、最大7200円の割引

一部の紹介サイトを経由すると、紹介サイト特典で月額料金がさらに1年間300円引きになるキャンペーンを行なっています。

LIBMOの月額割引アップのキャンペーン
・データSIM:1年間、月300円の割引 (合計3600円)
・通話SIM:半年間月900円の割引+その後の半年間月300円の割引 (合計7200円)

公式サイトよりもお得度は高いですが、一番お得度が高いのは下記のキャッシュバックキャンペーンです。

LIBMOのキャンペーンの目次

③キャッシュバックキャンペーンなら最大2万円キャッシュバック!

LIBMOの格安SIM(または格安SIMとスマホのセット)を下記のリンクから申し込むと、最大2万円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの詳細 → LIBMOの高額キャッシュバック

申し込み月を1ヶ月目として6ヶ月目(上旬を予定)にキャッシュバックの申請書が登録住所に届きます。振込口座を記入して返送すると申し込みから7ヶ月目の月末にキャッシュバックが振り込まれます。

キャッシュバック額はプランによって下記のようになっています。

※ ライトプランは200kbpsの低速通信が無制限に使えるプランです。ライトプランだと高速データ通信は使えません。

データSIM月額料金キャッシュバック額
ライトプラン480円3,000円
3GBプラン880円5,000円
6GBプラン1,480円7,000円
10GBプラン2,280円7,000円
20GBプラン3,980円10,000円
30GBプラン5,880円10,000円

※ SMS付きのデータSIMの場合は月額料金が+140円になります。

通話SIM月額料金キャッシュバック額
ライトプラン1,180円8,000円
3GBプラン1,580円14,000円
6GBプラン2,180円17,000円
10GBプラン2,980円17,000円
20GBプラン4,680円20,000円
30GBプラン6,580円20,000円

月額割引アップのキャンペーンと比べると、データSIMのライトプランを申し込む場合にだけ月額割引アップのほうがお得度が高いですが、それ以外のプランはキャッシュバックキャンペーンのほうがお得度が大幅にアップします。

おすすめは3GB以上のプランです。

ライトプランは月額料金が安いですが、通信速度が200kbpsしか出ず結構遅いです。3GBプランにすると月額料金が400円アップしますが、データSIMならキャッシュバックが2,000円アップ、通話SIMだとキャッシュバックが6,000円もアップします。

キャッシュバックをもらうには7ヶ月契約する必要があるので、ライトプランではなく3GBプランを契約すると7ヶ月の合計で2,800円の月額料金がアップします。

データSIMなら2,000円のキャッシュバックが増えるので、実質800円の負担で7ヶ月間高速データ通信でネットが使えます。通話SIMの場合は6,000円もキャッシュバックがアップするので、ライトプランを契約するよりも3GBプランを契約したほうが逆に安くなります。

キャッシュバックを受け取る前にデータ量を変更すると、変更後または変更前のデータ量の少ないキャッシュバック額が適用になります。

無理にキャッシュバック額の大きいプランを選ぶのではなく、3GBプランか6GBプランがおすすめです。大体の人は月3GBか6GBで十分な感じです。(全体の1割弱が10GB以上のプランを選んでいる感じです)

キャッシュバックのキャンペーン期間:終了日未定

キャッシュバックの詳細と申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

※ キャッシュバックの申請書が届いた翌月末までに返却しないとキャッシュバックは無効になります。

※ 住所が変更になった場合は、LIBMOお客様センター(0120-27-1146)に電話をかけて、住所の変更手続きを行う必要があります。

LIBMOのキャンペーンの目次

④LIBMOの学割、学生応援プログラムは特に意味なし

利用者が18歳以下の場合、親がLIBMOを契約して、学生応援プログラムを適用するためのプログラム申請書を記載して郵送すると下記の学割が適用されます。

6GBプラン 600円x13ヶ月間 = 合計7,800円の割引
10GBプラン 800円x13ヶ月間 = 合計10,2400円の割引
20GBプラン 1,000円x13ヶ月間 = 合計13,000円の割引

キャッシュバックキャンペーンなら、6GBプランと10GBプランなら17,000円のキャッシュバック、20GBプランなら20,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックや通常の月額割引と、学生応援プログラムの学割は併用できません。キャンペーンを適用できるのは、どれか一つだけです。

キャッシュバックが一番お得なので、LIBMOを申し込む場合はキャッシュバックキャンペーン経由で申し込むことを強くオススメします。

LIBMOのキャンペーンの目次

⑤契約解除料0円プログラムよりも最大2万円のキャッシュバックがおすすめ

LIBMOでは、音声通話機能付きSIM(通話SIM)を12ヶ月以内に解約や他社へMNPをすると、9500円の音声通話機能解除手数料がかかります。

契約解除料0円プログラムを適用して申し込むと、12ヶ月以内に解約やMNPをする場合でも9500円の解除手数料が掛からなくなります。

ただし、契約解除料0円プログラムを適用して申し込むと最大2万円のキャシュバックももらえません・・・。

LIBMOを申し込む場合は、キャッシュバックサイトから申し込むことを強くおすすめします。

申し込みはこちら → LIBMOの高額キャッシュバックサイト

LIBMOの詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

LIBMOのキャンペーンの目次

LIBMOの格安スマホのおすすめランキング

LIBMOの格安SIMはキャンペーンでかなり安く使うことができますが、格安スマホは定価販売です。

格安スマホを買う場合は、格安スマホが安く買えるMVNOがオススメです。OCNモバイルONEのキャンペーンBIGLOBEモバイルのキャンペーンUQ mobileのキャッシュバックなどで格安スマホが安く手に入ります。

参考
格安スマホのキャンペーンのお得度ランキング
iPhoneのキャンペーンのお得度ランキング

基本的に格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホの性能に関しては格安スマホのおすすめ機種ランキングで、端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しているので参考にしてみてください。

LIBMOで格安スマホを買う場合は、下記がオススメになります。

おすすめ No.1:OPPO Reno A、高性能でコスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホ

OPPO Reno A

OPPO Reno Aの価格:3万5520円

性能:6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)、重さ169.5グラム、電池容量3600mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、WiFiのac対応、Type C対応、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno Aは2019年10月18日に発売された高性能でコスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホです。

CPUは高性能なSDM710、RAMも大容量の6GB、カメラ性能も割と頑張っていて、電池持ちも良いです。そして防水とおサイフケータイにも対応しています。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、比較的手ごろな価格で高性能なOPPO Reno Aが一番おすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno Aが一番コスパが良い機種になります。

OPPO Reno Aの申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

OPPO Reno Aの詳細スペックと評価レビュー、コスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホ

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.2:P30 lite、バランスが良い比較的高性能な格安スマホ

P30 lite

P30 liteの価格:2万8800円

性能:6.15インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズカメラ(広角2400万画素+超広角800万画素+200万画素)、重さ159グラム、電池容量3340mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、WiFiのac対応、Type C対応

2018年で一番売れた格安スマホP20 liteの後継機種です。米国政府によるファーウェイの制裁により発売が延期になりましたが、OCNモバイルONEでは2019年8月20日にようやく販売を開始しました。

P20 liteと比べて、CPUの性能は1.6倍、ROMは2倍の64GB、暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズを搭載、広い範囲の風景が撮れる超広角レンズも搭載しました。6.21インチの大画面の格安スマホです。

バランスの良い格安スマホに仕上がっています。

防水・おサイフケータイが必要ない場合で、出来るだけ安くて性能バランスの良いスマホが欲しい場合はP30 liteがおすすめです。

P30 liteの申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

P30 liteの徹底レビューとスペックの詳細&米国政府の制裁について

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.3:AQUOS sense3、比較的高性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応

AQUOS sense3 / sense3 lite

AQUOS sense3の価格:3万4800円

性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、防水・防塵、おサイフケータイ対応、Android 9、WiFiのac対応、Type C対応、耐衝撃対応

AQUOS sense3は2019年11月に発売された比較的高性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。2018年後半から2019年前半に一番売れた格安スマホのAQUOS sense2の後継機です。

AQUOS sense3になってCPUの処理能力が15%アップ、ゲーム性能で重要なGPUの処理能力は60%アップ、そして電池持ちが約1.4倍にアップしました。

AQUOS sense3は特別なスマホではありませんが、とりあえず普通に使えて、5.5インチなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。スマホに特にこだわりがない場合は、AQUOS sense3がおすすめです。

AQUOS sense3の申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

AQUOS sense3の詳細スペックと実機レビュー、2019年で一番売れる実用性重視の普通の格安スマホ

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.4:OPPO A5 2020、低解像度だけで、高性能で電池持ち化け物

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020の価格:2万6400円

性能:6.5インチ(低解像度)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、4眼カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ195グラム、電池容量5000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、同時にマイクロSDカードの使用可)、WiFiのac対応、Type C対応

OPPO A5 2020は2019年11月1日に発売された電池持ちに特化した格安スマホです。

5000mAhの超大容量の電池を搭載していて、CPUは高性能で省エネ性能も高いSDM665、そして画面はHDの低解像度です。電池持ちが超良いスペック構成になっています。

処理性能的には高性能ですが、大画面で低解像度なのでゲームや写真の画質が少し悪くなります。

WiFiのacとType Cにも対応していて、電池持ちを最重視する場合におすすめです。

OPPO A5 2020の申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

OPPO A5 2020の詳細スペックと実機レビュー、低解像度だけで高性能&電池持ち化け物のコスパ機

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.5:ZenFone Live L1、比較的コンパクトで安さ重視

ZenFone Live (L1)

ZenFone Live L1の価格:1万6800円

性能:5.5インチ、CPU SDM430、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ140グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDS利用時でもマイクロSDカードを同時に利用可)

ZenFone Live L1は2018年12月21日に発売された5.5インチの比較的コンパクトで価格を抑えた格安スマホです。

価格は安いですがRAMが2GBしかありません。スマホをあまり使わない場合にZenFone Live L1を検討してみてください。

ZenFone Live L1の申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.6:moto g7 plus、カメラ性能アップ版

moto g7 plus

moto g7 plusの価格:3万8400円

性能:6.24インチ、CPU SDM632、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1600万画素(F値1.7)+500万画素、重さ172グラム、電池容量3000mAh

moto g7 plusは2019年6月7日に発売された、moto g7のカメラ性能アップ版です。WiFiのacにも対応しています。

光学手ぶれ補正に対応して、1600万画素の高画素でF値は1.7とかなり低くなっているので、暗いところでも比較的きれいな写真が撮れるスペックになっています。

モトローラシリーズでカメラ性能を重視する場合にmoto g7 plusを検討してみてください。

moto g7 plusの申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめ No.7:arrows M05、普通性能で防水・おサイフケータイ対応

arrows M05

arrows M05の価格:3万4800円

性能:5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素+500万画素、重さ166グラム、電池容量2880mAh、防水、おサイフケータイ対応

arrows M05は2019年12月18日に発売された普通性能の防水・おサイフケータイ対応スマホです。

arrows M05はAQUOS sense3と同じ価格ですが、AQUOS sense3のほうが高性能で電池持ちが良いです。arrows M05を買うメリットはほぼないです。

なぜかarrowsブランドではないとダメな場合に検討してみてください。

arrows M05の申し込み → LIBMOの高額キャッシュバック

LIBMOのキャンペーンの目次

おすすめではない:LIBMOで販売しているiPhone

LIBMOではiPhone XR、iPhone8、iPhone7、iPhoneSEを販売していますが、割高です。

LIBMOでiPhoneを使いたい場合は、アップルストアで新品を買うことをおすすめします(64GBのiPhone8がおすすめです)。

iPhoneを格安SIMで使うための完全ガイド

おすすめではない:AQUOS sense2

AQUOS sense2の価格:3万2400円

性能:5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証搭載(前面)

後継機種のAQUOS sense3が発売された今となってはAQUOS sense2を選ぶメリットはありません。

AQUOS sense2の性能評価

おすすめではない:ZenFone 5

ZenFone 5の価格:4万5600円

性能 6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角)、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 5は2018年5月18日に発売された格安スマホで結構古いです。今から買うメリットはほとんどないです。

ZenFone 5の性能評価

おすすめではない:ZenFone Max M1

ZenFone Max M1の価格:1万9680円

性能:5.5インチ、CPU SDM430、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 800万画素広角)、重さ150グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone Max M1の後継きのM2が発売されたので、今更M1を買う理由はありません。

おすすめではない:moto g7

moto g7の価格:3万円

性能:6.24インチ、CPU SDM632、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+500万画素、重さ174グラム、電池容量3000mAh、WiFiのac非対応

moto g7は2019年6月7日に発売された、比較的高性能でバランスの良いコスパ機種です。

それなりに性能が高いですが、より安くより高性能なOPPO A5 2020があるので、moto g7を選ぶメリットはあまりありません。

LIBMOではこの他にもZenFone 4 Selfieを扱っていますが、オススメ度はかなり低いので紹介は省略します。

LIBMOのキャンペーンの目次

LIBMOの関連情報

LIBMOの高額キャッシュバック

LIBMOの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:LIBMOの口コミ

LIBMOのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
LIBMOの速度(リアルタイム)

最終更新日 2020年1月23日 / 作成日 2018年4月17日 / 作成者 格安SIMの管理人

4
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
1 Comment threads
3 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors
格安SIMの管理人わわわわわわ Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
わわわ
ゲスト
わわわ
この記事は参考になった/良かった :
     

他のサイトでアマゾンエントリーパックがお得だと見て、注文しました。エントリーパックは公式キャンペーンとほぼ変わりありませんし、キャッシュバックの方が断然お得ですね!
申し込み前に分かって良かったです。ありがとうございました!

「LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
(税込1人当たり)
1人目