格安タブレットと格安SIMという選択肢

最終更新日 / 作成日 2015年4月25日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ここは格安タブレットとそのタブレットにあった格安SIMの購入ガイドです。

スマホだと画面が小さいから大きな画面のタブレットが欲しい人、ガラケーをもっていてスマホにする気は無いけどLINEやアプリや大きな画面でネットをしたい人、老眼でスマホの小さい文字が読みづらい・・、そんな人向けの購入ガイドになっています。

順々に読んでいくと自分にとってベストな格安タブレットが見つかると思います。

ちなみに格安タブレットとは、単に安いタブレットのことです。

格安タブレットの大まかな選び方

タブレットはいろいろありますが、まず最初に大まかな選び方から説明します。

最低限必要な価格、Wi-Fi版とセルラー(LTE)版の違い、 SIMフリーと白ロムの違い、通話機能ありと通話機能なし、画面の大きさついて説明します。この5つ(価格と4つの違い)がわかれば自分に合わないタブレットを買うことはなくなると思います。

価格が1万円以下の格安タブレットはゴミ

価格が1万円以下の格安タブレットは性能が悪すぎて使いものにならないと見たほうがいいです。安かろう悪かろうが発生するのは1万円以下の格安タブレットがほとんどです。

いくら9800円で格安タブレットが売っていても、かなりの高確率でゴミになります。格安タブレットのおすすめの価格帯は1万3000万円から3万円になります。10インチのタブレットになると3万円から5万円くらいがおすすめの価格帯になります。

格安タブレットの価格をみて1万円を切っていたら、まともな性能ではないので考慮に値しません。

Wi-Fi版 or セルラー(LTE)版の選択肢

タブレットにはWi-Fi版とセルラー(LTE)版があります。

Wi-Fi版は家にインターネットがあって外では使わない場合のタブレットです。家のWi-Fiを通してタブレットでネットやアプリを使うことができます。家から離れるとWi-Fiが届かなくなるのでタブレットではネットやアプリ(ネット接続が必要なアプリ)が使えなくなります。Wi-Fi版のタブレットでは格安SIMを使うことができません。

セルラー(LTE)版は家にインターネットがない場合や、外でも使う場合のタブレットです。格安SIMをセルラー(LTE)版のタブレットに入れることで、家にインターネットがなくてもタブレットでネットをしたりメールを受け取ったり、アプリを使ったりすることができいます。もちろん外でも使えます。セルラー(LTE)版はWi-Fiにも対応しています。

家にインターネットがあって外に持ち運ぶことがないなら、Wi-Fi版のタブレットを選びます。それ以外の場合は、セルラー(LTE)版のタブレットを選びます。

SIMフリー or 白ロムの選択肢

タブレットにはSIMフリーと白ロムがあります。SIMフリーは大手家電量販店などで売られているタブレットです。白ロムはドコモやauで売られていたタブレットです。

ドコモやauで売られているタブレット(またはスマートフォン)を白ロムと言います。ソフトバンクでもタブレットを売っていますが格安SIMでは使えないのでわざわざ買う価値はありません。白ロムはドコモやauで買うのではなく、Amazonやヤフオクで購入(落札)します。白ロムだと同じような性能のSIMフリーのタブレットよりも安く購入することができます。

SIMフリーのタブレットと白ロムのタブレットの違いは、性能と購入のしやすさです。

同じ価格でも白ロムのタブレットのほうが性能が良いです。感覚的に同じ性能のタブレットでも、SIMフリーが3万円だとしたら白ロムは1万5000円くらいで買うことができます。

SIMフリーは大手家電量販店等でもたくさん売っているので簡単に買うことができますが、白ロムの場合は流通量が限られているのでAmazonやヤフオクで少量販売されています。

基本的に白ロムのタブレットを買ったほうがお得ですが、最近ではコスパの高いSIMフリーのタブレットも出てきたので、そこまでお得というわけでもありません。

通話機能あり or 通話機能なしの選択肢

タブレットには音声通話機能ありとなしのタブレットがあります。

通話機能とは何なのかというと、携帯電話番号で電話をする機能です。セルラー(LTE)版のタブレットに格安SIM(通話SIM)を入れると、携帯電話番号で電話をかけたり受け取ったりすることができます。

通話機能なしの格安タブレットの場合は携帯電話番号で電話をかけたり受け取ったりすることはできませんが、LINEの無料通話や050を使った電話をすることはできます。通話機能はあくまで070/080/090の携帯電話番号を使って電話をするための機能です。

大半のタブレットには通話機能が付いていません。家に固定電話がある場合や、スマホやガラケーを使っている場合は、タブレットに通話機能が付いている必要はありません。スマホやガラケーをやめてタブレットにしようと思っている場合は、通話機能付のタブレットを選んでおいたほうが良いです。

最適な格安タブレットの画面の大きさ

格安タブレットの画面の大きさには、7インチ、8インチ、10インチがあります。(9インチもありますが少数なので無視します)

どの程度、外へ持ち出すかで最適な大きさは変わってきます。

10インチのタブレットは、もはや外へ持ち歩く大きさではありません。10インチのタブレットは家の中線用のタブレットです。

7インチと8インチのタブレットなら外へ持ち歩く場合でも許容範囲です。外へ持ち歩くのが多い場合は7インチ、そこまで持ち歩くわけではない場合は8インチを選ぶのが無難です。

7インチと8インチのタブレットの大きさの違いはそんなにありませんが、片手で持つ場合は7インチの方が持ちやすくなっています。女性の場合は7インチを選んでおいた方が良いです。

おすすめの格安タブレット

以前は人それぞれの使い方や目的によっておすすめの格安タブレットが変わりましたが、多くの人にとって最適な格安タブレット、MediaPad T2 7.0 Proが発売されたことにより、格安タブレットは基本的にMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのが一番無難で正解です。

MediaPad T2 7.0 Proだと、なぜか如何しても不都合がある場合に、他の格安タブレットを選ぶ感じになります。

多くの人にとって最適で最高の格安タブレット、MediaPad T2 7.0 Pro

MediaPad T2 7.0 Pro

MediaPad T2 7.0 Proの性能
画面7インチ、CPUオクタコア1.5GHz/1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ250g、Android 5.1、カメラ1300万画素、電池4360mAh、FOMAプラスエリアに対応(Band6/19)、ナノSIM、SIMフリー、音声通話機能付、テザリング可

価格は2万5000円くらいです。Amazonや大手量販店で販売されています。性能が良く、電池持ちが良く、画質が高画質で、カメラの質も良い、そして音声通話機能にも対応しています。ドコモ系とau系の両方の格安SIMを使うことができます。

ここまで性能と機能が良い上に、価格は2万5000円前後と手頃な価格になっています。多くの人にとって一番良い格安タブレットが、MediaPad T2 7.0 Proです。

LTEに対応しているので、格安SIMを入れれば家にインターネットがなくても使うことができます。もちろん外でも使うことができます。MediaPad T2 7.0 Proは多くの人にとって最適なタブレットになっています。

MediaPad T2 7.0 Proの詳細情報
MediaPad T2 7.0 Proのスペックと評価と評判、格安SIMの設定のまとめ

安くて高品質、auの格安タブレット ASUS MeMO Pad 8 AST21

ASUS MeMO Pad 8 AST21

ASUS MeMO Pad 8 AST21 (auの白ロム)の性能
画面8インチ、CPUクワッドコア2.3GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ301g、Android 4.4、カメラ500万画素、電池4000mAh、auプラチナバンドに対応、マイクロSIM、テザリング可

ASUS MeMO Pad 8 AST21の価格はAmazonで2万円くらい、ヤフオクで1万8000円くらいです。ディスプレイの画質が良いので画像や小さい文字もキレイに見えます。LTEにも対応しています。au系の格安SIMが使えるので通信速度も速く、ネットなんかはサクサク見ることができます。テザリングも簡単にできます。

基本的にはMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのがベストですが、画面がもうちょい大きいのが良かったり、できるだけ安くしたい場合に、ASUS MeMO Pad 8 AST21がおすすめです。

ASUS MeMO Pad 8 AST21の詳細情報
auの格安タブレット、ASUS MEMO Pad 8 AST21 auのスペックと格安SIMの設定方法

とにかく安く使いたい場合、ドコモの格安タブレット d-01G dtab

docomo d-01G  dtab

d-01G dtab (docomoの白ロム)の性能
画面8インチ、CPUクワッドコア1.6GHz、RAM1GB、ROM16GB、重さ340g、Android 4.4、カメラ500万画素、電池4650mAh、FOMAプラスエリアに対応(Band6/19)、マイクロSIM、テザリング困難

価格は1万2000円くらいです。Amazonとヤフオクの価格は同じくらいです。一番安いタブレットを探しているならこの機種です。ただしRAMが1GBしかないので、あまり多くのアプリを同時に起動することはできません。

LTEに対応しているので、ドコモ系の格安SIMを入れれば家にインターネットがなくても使うことができるし、外でも使えます。

基本的にはMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのがベストですが、価格の安さを最優先にする場合で、画面が少し荒くて、カメラの質が少し悪くて、本体が少し重くて、CPUの性能が少し悪くても気にしない場合は、d-01G dtabでもいいかもしれません。

d-01G dtabの詳細情報
ドコモの格安タブレット、dtab d-01gのスペックと格安SIMの設定方法とテザリングの設定

以前一番売れていた通話機能付のSIMフリーの格安タブレット、ZenPad 7 Z370KL

ASUS ZenPad7 TABLET / ホワイト ( Android 5.1.1 / 7inch touch / Snapdragon 210 / 2G / 16G ) Z370KL-WH16

ZenPad 7 Z370KLの性能
画面7インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ268g、Android 5.1、カメラ800万画素、電池3450mAh、FOMAプラスエリアに対応(Band6)、マイクロSIM、SIMフリー、音声通話機能付、テザリング可

価格は2万2000円くらい。2016年6月までは、格安タブレットで一番売れていたのがZenPad 7です。SIMフリーの格安タブレットの中でも価格が安く、7インチのコンパクトな作りで、音声通話機能にも対応しています。ゲームをするのには少し向いていませんが、初めて使うタブレット端末として一番おすすめです。テザリングも普通にできます。

それが、2016年7月にMediaPad T2 7.0 Proが発売されて、MediaPad T2 7.0 Proの方が性能がかなり良い上に、ZenPad 7 Z370KLよりも値段が3000円くらいしか高くならない。

ZenPad 7 Z370KLは人気機種からはじき飛ばされて、2016年7月にMediaPad T2 7.0 Proが格安タブレットで一番売れているタブレットになっています。

ZenPad 7 Z370KLの詳細情報
ZenPad 7.0 (Z370KL)のスペックと評価と評判、設定のまとめ

防水とワンセグ対応なら白ロム格安タブレット、AQUOS PAD SH-08E

AQUOS PAD SH-08E

AQUOS PAD SH-08E (docomoの白ロム)の性能
画面7インチ、CPUクワッドコア1.7GHz、RAM2GB ROM32GB、重さ288g、Android 4.2、防水、カメラ810万画素、電池4100mAh、フルセグ、FOMAプラスエリアに対応(Band6/19)、音声通話機能にも対応、マイクロSIM、テザリング不可

価格はヤフオクで1万8000円くらい、Amazonで2万円くらいです。防水とワンセグに対応したタブレットならAQUOS PAD SH-08Eがおすすめです。

タブレットで防水またはワンセグに対応しているのは、AQUOS PAD SH-08Eくらいです。

AQUOS PAD SH-08Eの性能の詳細は、購入の仕方、使える格安SIM等は下記に記載しているので参考にしてみてください。AQUOS PADはテザリングはできないので、それだけ注意してください。

AQUOS PAD SH-08Eの詳細情報
AQUOS PAD SH-08Eのスペックと評価と格安SIMでの使い方

8インチのSIMフリーのタブレットなら、MediaPad M2 8.0

Huawei タブレット Mediapad M2 8.0 SIMフリー (Android 5.1 + EMUI 3.1/8.0型/Hisilicon Kirin 930 オクタコア) シルバー MediaPad M2 8.0

Amazon: MediaPad M2 8.0

MediaPad M2 8.0の性能
価格3万5000円くらい、画面8インチ、CPUオクタコア2.0GHz/1.5GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ330g、カメラ800万画素、電池容量4800mAh、Android 5.1、SIMフリー、テザリング可

基本的にはMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのがベストですが、どうしても8インチのSIMフリーのタブレットがいい場合は、選択肢はMediapad M2 8.0になります。

価格3万5000円と少し高いですが、CPUの性能も良くて画面も高画質になっています。電池容量も4800mAhの大容量なので、電池持ちも良いです。音声通話機能には対応していません。

老眼が更に気になる場合は10インチのドコモのタブレット、Xperia Z2 Tablet SO-05F

Xperia Z2 Tablet SO-05F

Xperia Z2 Tablet SO-05F docomoの性能
画面10.1インチ、CPUクワッドコア2.3GHz、RAM3GB、ROM32GB、重さ426g、Android 4.4、防水防塵、カメラ810万画素、電池6000mAh、FOMAプラスエリアに対応(Band6)、マイクロSIM

Amazon: SO-05F Xperia Z2 Tablet docomo

老眼で文字が見にくい場合で外にほとんど持ち歩かない場合は、10インチのタブレットがおすすめです。Xperia Z2 Tabletのドコモ版(白ロム)。Amazonのマーケットプレイスでは4万円くらいで売っていますが、ヤフオクでは平均3万5000円程度で落札されています。

ドコモ版のXperia Z2 TabletはWiFiはもちろんLTEにも対応しています。そして白ロムなのでWiFi版(5万5000円)よりもかなり安くなっています。

白ロムはドコモのSIMしか使うことができませんが、格安SIMの多くはドコモ系のSIMを使っているのでほとんど問題ありません。UQ mobileとmineoのauプランの格安SIMだけ使えませんが他の格安SIMは使えます。

3万5000円程度で買えて、10インチ、LTE対応、防水防塵、そして性能もピカイチなXperia Z2 Tabletに敵はいません。iPad Air2のLTE(cellular)版なんか8万円くらいします。どう考えてもドコモ版のXperia Z2 Tabletを選ぶべきです。

注意する点は格安SIMでドコモ版のXperia Z2 Tabletを使う場合、テザリングができないことです。テザリングとは例えばドコモ版のXperia Z2 Tabletを経由して他のデバイス(スマホやタブレット等)でインターネットをする機能です。10インチタブレットを使ってテザリングをしようとする人は少ないと思うので、あまり気にする必要はないと思います。

ドコモ版のXperia Z2 Tabletには音声通話機能が付いています。格安SIMはデータSIMではなく音声SIMを購入すると、携帯電話と同じように通話をすることができます。

防水なのでお風呂でも使えます。ただし、お風呂で沈めて遊ぶのはあまりおすすめではありません。

Xperia Z2 Tablet SO-05F docomoで使えるおすすめの格安SIM
DMM mobile
楽天モバイル
mineo (ドコモプラン/Dプラン)

音声通話機能を使いたい場合は、音声SIM(通話SIMまたはデュアルタイプ)を選ぶ必要があります。データSIM(シングルタイプ)は音声通話機能(携帯電話番号での発着信)を使えません。音声通話機能が付いているのでデータSIMを選ぶ場合はSMSオプション付を選んだほうが無難です。

家にインターネットがあって外では使わない場合、Wi-Fi用 iPad Pro/Air/miniまたはNexus 7(2013)

Wi-Fi用は外では使えませんが、家にインターネットがある場合で主に家で使う場合はWi-Fi用のタブレットでも問題なく使えます。

MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

Amazon: iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)

iPad Air 2 WiFiの性能
4万5000円くらい、画面9.7インチ、CPU A8X、ROM16GB、重さ437g、カメラ800万画素

iOSデバイスが良いならiPad Air 2で決まりです。価格は少し高いですがアップル製品は使いやすいです。

MGNV2J/A シルバー iPad mini 3 Wi-Fiモデル 16GB

Amazon: iPad mini 3 Wi-Fiモデル 16GB

iPad mini 3 WiFiの性能
価格3万7000円くらい、画面7.9インチ、CPU A7、ROM16GB、重さ331g、カメラ500万画素

iOSが気に入っていて、寝ながら使いたいならコンパクトなiPad miniがおすすめです。iPadではでかすぎて、寝ながら使うのは疲れます。

ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G

Amazon: ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET

ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLETの性能
2万円くらい、画面7インチ、CPUクワッドコア1.5GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ290g、Android 4.3、カメラ500万画素、電池3950mAh

Nexus7は長い間一番売れていたタブレットでしたが、今から買う必要はありません。

おすすめのスマホ(白ロム)と格安スマホ

  • Xperia A SO-04E (ドコモの白ロム)
    • 格安SIMが使えるスマホで安さにこだわった場合で、一番まともに使えるのがXperia A SO-04Eです。1万5000円程度で手に入り、4.6インチ、CPUクワッドコア 1.5GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ141g、電池容量2300mAh、防水、ワンセグ、おサイフケータイ対応。
  • GALAXY S4 SC-04E (ドコモの白ロム)
    • 5インチのスマホで一番長く使っていけるのは、電池交換もできて性能がそこそ良い、GALAXY S4 SC-04Eです。 1万7000円程度で買えます。5インチ、CPUクワッドコア 1.9GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1320万画素、重さ134g、電池容量2600mAh、ワンセグ、おサイフケータイ対応。
  • Huawei P9 lite
    • 格安スマホの中で2016年7月時点で一番人気があるのがHuawei P9 liteです。5.2インチで高画質で、電池持ちが良くて、カメラの質も良くて、指紋認証にも対応しています。価格も税込2万9000円程度で買うことができます。CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHzz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147g、電池容量3000mAh。
  • ZenFone Go
    • 5.5インチの格安スマホで人気なのが、安さを重視したZenFone Goです。特別な性能はありませんが、5.5インチスマホを税込2万1000円くらいで買うことができます。5.5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池容量3000mAh。
  • arrows M02/RM02
    • 格安スマホの中で2番目に人気があるのがarrows M02/RM02です。おサイフケータイと防水に対応していて電池持ちもかなり良いです。価格もMVNOで2万9800円(税抜)で買うことができます。ドコモ系とau系の両方の格安SIMを使うことができます。5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149g、電池容量2330mAh。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

↑このページの先頭に戻る