タブレットと格安SIMという選択肢、Fireタブレット/ iPad Airとmini / ファーウェイ / 白ロム

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではタブレットの選び方を詳しく解説します。

スマホだと画面が小さいから大きな画面のタブレットが欲しい人、ガラケーをもっていてスマホにする気は無いけどLINEやアプリや大きな画面でネットをしたい人、老眼でスマホの小さい文字が読みづらい、そんな人におすすめなのがタブレットです。

WiFi版とLTE版の違い、適切な画面の大きさ、低性能なタブレットから超高性能タブレットと価格、携帯電話と同じように電話が使えるタブレット機能について説明していきます。

その後に、Fireタブレット、iPad/iPad Air/iPad mini、ファーウェイのタブレット、大手キャリアの中古タブレット(白ロム)を紹介します。

タブレットの大まかな選び方

タブレットはいろいろありますが大まかな選び方を説明します。

Wi-Fi版とLTE(セルラー)版、画面の大きさ、最低限必要な価格と性能、通話機能ありと通話機能なし、この4つの条件でタブレットを選びます。

WiFi版とLTE(セルラー)版、どちらを選ぶべき? ← WiFi版を選ぶ人が多い

タブレットにはWiFi版とLTE(セルラー)版があります。

WiFi版のタブレットの特徴

主に家にWiFi(無線LAN)があり外では使わない場合に選ぶタブレットです。家のWi-Fiを通してタブレットでWebサイトを見たりアプリを使うことができます。家から離れるとWi-Fiが届かなくなるので使えなくなります。

家のWiFiの代わりに、スマホをテザリングしたりモバイルルーターを使って、WiFi版のタブレットでネットを使うこともできます。この場合は、外でもタブレットを使うことができます。

WiFi版のタブレットにはSIMカードを入れる場所がないので格安SIMは使えません。

LTE(セルラー)版のタブレットの特徴

LTE版は家にWiFiがない場合や、スマホのテザリングやモバイルルーターなしで外でも使いたい場合に選ぶタブレットです。

格安SIMが使えるので、家にインターネットがなくてもタブレットでWebサイトを見たり、動画を見たり、メールを受け取ったり、アプリが使えます。もちろん外でも使えます。LTE版のタブレットは格安SIMを入れてカーナビ用途としても使うことができます。

LTE版はWi-Fiにも対応しているので、自宅にWiFiがあればWiFiでネットをして、外では格安SIMでネットをするという使い分けができます。

LTE版は、iPadだとWiFi版よりも1万5000円高くなります。SIMフリーのファーウェイのタブレットだとWiFi版より4000円程度高くなります。

基本的には安く買えるWiFi版を買う人が多いです。自宅にWiFiがない場合やカーナビ用途で使いたい場合は、LTE版がおすすめです。

タブレットの目次へ戻る

画面の大きさ:外でも使うなら8インチ、主に自宅で使う場合は10インチ

タブレットの画面の大きさは、主に8インチと10インチがあります。

どのサイズを選べばいいかというと、どのくらい外で使うかで変わってきます。

10インチのタブレットは、基本的には外へ持ち歩く大きさではありません。10インチのタブレットは基本的に家専用のタブレットです。電車内で使うにも、10インチでは大きすぎます。10インチのタブレットは、たまに外へ持ち出すくらいです。

8インチのタブレットなら外で使う場合も許容範囲の大きさです。

最近はスマホの画面が大きくなっていることから、8インチのタブレットはそんなに売れなくなっています。

ただ、10インチのタブレットはそれなりに大きいので、自宅でゴロゴロしながら片手で持つのは厳しいです。片手でも持てる特殊なケースが必要になりますが、割と重くなります。

8インチのタブレットなら、自宅でゴロゴロしながら片手でもそれなりに持てるので、ゴロゴロするのが好きな場合は8インチのタブレットを優先するのが良いかもしれません。ちゃんとした姿勢で使う場合は、10インチのタブレットが良いです。

タブレットの目次へ戻る

タブレットで最低限必要な価格と性能

タブレットをどんなことに使うかで最低限必要な価格と性能が変わってきます。

タブレットを使う人のほとんどは、動画、Webサイト、SNS系サイトの閲覧、LINE等が主な利用用途です。この場合、タブレットは最低限の性能でも十分機能します。1万円前後で買えるAmazonのFireタブレットが最有力候補になります。

ただし、1万円前後のタブレットでも動きますが、サクサク使うのは難しいです。サクサク使いたい場合は3万円前後のファーウェイのタブレットがおすすめです。

タブレットを長く快適に使いたい場合や、ゲームを快適に遊びたい場合は、6万円前後するiPad系がおすすめになります。

防水・ワンセグ・フルセグに対応したい場合はauやドコモの中古のタブレットも検討してみてください。

タブレットの目次へ戻る

通話機能あり or 通話機能なしの選択肢 ← 高齢者は通話機能ありが便利!

LTE版のタブレットには通話機能があるタブレットと、通話機能がないタブレットがあります。

通話機能は携帯電話番号で電話をする機能です。この機能があれば、格安SIM(通話SIM)を使えば、携帯電話番号で電話をかけたり受けたりできます。

ファーウェイのLTE版のタブレットには通話機能ありのタブレットが多いです。

通話機能なしのタブレットは携帯番号で電話はできませんが、LINEの無料通話や050を使った電話をすることはできます。

老眼で小さい文字が見にくい場合は、通話機能ありのSIMフリーのタブレットをスマホの代わりに使うのがオススメです。スマホよりもタブレットの画面のほうがかなり大きいので、高齢者に特にオススメです。

タブレットの目次へ戻る

Fireタブレット:1万円前後、WiFi版のみ、YouTubeやWebサイト用

できるだけ安いタブレットが良い場合はAmazonのFireタブレットがおすすめです。YouTubeなどの動画やWebサイトを見たり、LINEなどのSNSアプリを使う程度なら普通に使うことができます。

AmazonのプライムビデオやAmazon MUSIC、KindleなどAmazonのサービスを使う分には問題なく使えます。

LTE版はなくWiFi版のみです。ネットを使う場合は、自宅のWiFi、スマホのテザリング、モバイルルーターWiMAX2+などでネットが使えるようになります。

Fire 7 タブレット:7インチで最安

Amazon:Fire 7 タブレット

価格:ROM16GB版 税込5980円 / ROM32GB版 税込7980円

性能:7インチ(解像度1024×600)、CPUクアッドコア1.3GHz、RAM1GB、ROM16GB/32GB、電池容量不明、サイズ192x115x9.6mm、重さ286g、背面カメラ200万画素/インカメラ200万画素、マイクロSDカード対応、指紋認証非対応

Fire HD 8 タブレット:8インチで最安

Amazon:Fire 8 HD タブレット

価格:ROM16GB版 税込8980円 / ROM32GB版 税込1万980円

性能:8インチ(解像度1280×800)、CPUクアッドコア1.3GHz、RAM1.5GB、ROM16GB/32GB、電池容量4750mAh(推定)、サイズ214x128x9.7mm、重さ369g、背面カメラ200万画素/インカメラ200万画素、マイクロSDカード対応、指紋認証非対応

Fire HD 10 タブレット:10インチで最安

Amazon:Fire 10 HD タブレット

価格:ROM32GB版 税込1万5980円 / ROM64GB版 税込1万9980円

性能:10.1インチ(解像度1920×1200)、CPUクアッドコア1.8GHzx2+1.4GHzx2、RAM1.5GB、ROM16GB/32GB、電池容量6300mAh(推定)、サイズ262x159x9.8mm、重さ500g、背面カメラ30万画素/インカメラ200万画素、マイクロSDカード対応、WiFiのac対応、指紋認証非対応

総評:Fire 7は低性能、Fire 8 HDもそこそこ低性能、Fire HD 10は普通性能といったところです。

タブレットの目次へ戻る

iPad / iPad Air / iPad mini:6万円前後、WiFi版とLTE版、何でも快適

高性能なタブレットの中で人気なのが2019年に発売されたiPad AirとiPad miniです。価格は6万円前後と高いですが超高性能です。長く快適にタブレットを使い場合に一番おすすめです。4年以上快適に使うことができます。

どのくらい高性能かというと、Fireタブレットより処理能力が5倍〜10倍くらいアップします。特にゲーム性能がピカイチなので、ゲーム性能を重視する場合は最優先で検討することをおすすめします。

2018年に発売されたiPadの第6世代は2019年に発売されたiPad Ari/miniよりも性能は落ちますが、かなり高性能です。そして価格も4万円程度と比較的手頃な価格になっています。

LTE版(セルラー版)とWiFi版を販売しています。※ セルラー版(Cellular)=LTE版です

LTE版(セルラー版)なら格安SIMのデータSIMが使えます。ドコモ系、au系、ソフトバンク系のすべての格安SIMが使えます。

SMSなしのデータSIMでSIMのサイズはナノSIMを使うのが良いです。かなり昔にSMSなしのデータSIMを使うとLTEの電波の掴みが遅くなる現象が発生したことがありますが、現在では確認できません。

iOSのアップデートでごく微量で再発する可能性がありますが、SMSありにすると月140円ほど料金がアップするので、もし万が一、iOSのアップデートでSMSなしで不具合が出たら、その時にSMSありのデータSIMを再契約するのが経済的です。

WiFi版でネットを使いたい場合は、自宅のWiFi、スマホのテザリング、モバイルルーターWiMAX2+などでネットが使えるようになります。

2019年発売のiPad mini:7.9インチで最高性能

WiFi版の価格
ROM64GB版 税込4万9400円程度 / ROM256GB版 税込6万7800円程度

LTE(セルラー)版の価格
ROM64GB版 税込6万5664円程度 / ROM256GB版 税込8万4024円程度

性能:7.9インチ(解像度2048×1536)、CPU A12 Bionicチップ、RAM3GB、ROM64GB/256GB、電池容量5124mAh、サイズ203.2×134.8×6.1mm、重さ300〜308g、背面カメラ800万画素/インカメラ700万画素、マイクロSDカード非対応、WiFiのac対応

2019年発売のiPad Air:10.5インチで超高性能

WiFi版の価格
ROM64GB版 税込5万9100円程度 / ROM256GB版 税込7万7100円程度

LTE(セルラー)版の価格
ROM64GB版 税込7万5384円程度 / ROM256GB版 税込9万3744円程度

性能:10.5インチ(解像度2224×1668)、CPU A12 Bionicチップ、RAM3GB、ROM64GB/256GB、電池容量8134mAh、サイズ250.6×174.1×6.1mm、重さ456〜464g、背面カメラ800万画素/インカメラ700万画素、マイクロSDカード非対応、WiFiのac対応

2018年発売のiPad:9.7インチで高性能で比較的手頃な価格

WiFi版の価格
ROM32GB版 税込4万800円程度 / ROM128GB版 税込5万2691円程度

LTE(セルラー)版の価格
ROM32GB版 税込5万7024円程度 / ROM128GB版 税込6万8904円程度

性能:9.7インチ(解像度2048×1536)、CPU A10、RAM2GB、ROM32GB/128GB、電池容量8827mAh、サイズ240×169.5×7.5mm、重さ469〜478g、背面カメラ800万画素/インカメラ120万画素、マイクロSDカード非対応、WiFiのac対応

10インチ前後だと、2019年発売のiPad Airと2018年発売のiPadと迷うところです。普通の使い方なら安さを重視してiPadが良いかもです。重い3Dゲームを快適に遊びたい場合は、iPad Airがおすすめです。

LTE版のiPad mini / iPad Air / iPadなら、そのタブレットでテザリングも使えます。以前はau系の格安SIMだとiPadでテザリングが使えませんでしたが、2018年10月末からテザリングができるようになりました。

LTE版なら格安SIMを入れてカーナビ用途としても使うことができます。

タブレットの目次へ戻る

ファーウェイのタブレット:3万円前後、WiFi版とLTE版、通話機能対応、比較的快適

ファーウェイのタブレットは、超高性能のiPadと低性能のFireタブレットの中間にいるようなタブレットです。比較的快適に使うことができます。

Fireタブレットでもある程度普通に使うことができますが、タブレットを比較的たくさん使う場合は厳しいです。もっとサクサク使えるタブレットがほしくなります。

ファーウェイのタブレットならFireタブレットよりも性能が2倍〜5倍ほど良いので、たいていのことはサクサク使えるようになります。価格も比較的手頃になっています。

iPadと違い、OSやセキュリティアップデートが少ないので、iPadのように安全に最新のOSで使うことはできませんが、それなりに長い間、比較的快適に使えます。5,6年使い続けたいならiPad mini / iPad Airがおすすめですが、3,4年程度ならファーウェイのタブレットでも何とかなります。

ファーウェイのLTE版のタブレットは、一部を除いて通話機能が付いています。格安SIMの通話SIMを使えば、普通のスマホと同じように携帯電話番号で電話を受けたり、かけたりできます。スマホよりもタブレットの画面のほうがかなり大きいので、高齢者用のスマホとしても結構オススメです。

LTE版はテザリングやGPSも使えます。カーナビとしても使うことができます。(安い端末だとカーナビの安定性は少し微妙です・・)

WiFi版でネットを使いたい場合は、自宅のWiFi、スマホのテザリング、モバイルルーターWiMAX2+などでネットが使えるようになります。

MediaPad M5 lite 8:8インチ、比較的高性能、LTE版は通話機能あり

MediaPad M5 lite 8の価格
WiFi版 税込2万4000円ぐらい / LTE版 税込2万9000円ぐらい

性能:8インチ(1920×1200)、CPUオクタコア2.2 GHz+1.7 GHzx4 Kirin 710、RAM3GB、ROM32GB、電池5100mAh、サイズ204.2×122.2×8.2mm、重さ310g、Android 9.0、背面カメラ1300万画素/インカメラ800万画素、マイクロSDカード対応、WiFiのac対応

LTE版:ナノSIM、SIMフリー、通話機能あり

ドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。通話機能が付いているので、データSIM(SMSあり/SMSなし)に加えて、通話SIMも使えます。

au系の格安SIMはデータSIMには対応していますが、おそらくauのVoLTEには対応していないためau系はSMSと通話SIMは使えません。

MediaPad M5:8.4インチ、高性能、LTE版は通話機能あり

MediaPad M5の価格
WiFi版 税込3万7000円くらい / LTE版 税込4万円くらい

性能:8.4インチ(2560×1600)、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4 Kirin 960、RAM4GB、ROM32GB、電池5100mAh、サイズ212.6×124.8×7.3mm、重さ320g、Android 8.0、背面カメラ1300万画素/インカメラ800万画素、マイクロSDカード対応、WiFiのac対応

LTE版:ナノSIM、SIMフリー、通話機能あり

ドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。通話機能が付いているので、データSIM(SMSあり/SMSなし)に加えて、通話SIMも使えます。

au系の格安SIMはデータSIMが使えます。au系はSMSと通話SIMは使えません。

MediaPad T5 10:10.1インチ、普通性能、LTE版は通話機能あり

MediaPad T5 10の価格
WiFi版 税込1万5000円くらい / LTE版 税込2万2000円くらい

性能:10.1インチ(1920×1200)、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin 659、RAM2GB、ROM16GB、電池5100mAh、サイズ243x164x7.8mm、重さ465g、Android 8.0、背面カメラ500万画素/インカメラ200万画素、マイクロSDカード対応、WiFiのac対応

LTE版:ナノSIM、SIMフリー、通話機能あり

ドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。データSIM(SMSあり/SMSなし)が使えます。通話機能が付いているので、データSIM(SMSあり/SMSなし)に加えて、通話SIMも使えます。

au系の格安SIMのデータSIMでの動作確認は不明です。auのVoLTEには対応していないので、au系はSMSと通話SIMは使えません。

MediaPad M3 Lite 10 wp:10.1インチ、比較的高性能、WiFi版のみ、防水/ワンセグ/フルセグ対応

MediaPad M3 Lite 10 wpの価格
WiFi版 税込2万7000円くらい

性能:10.1インチ(1920×1200)、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin 659、RAM3GB、ROM32GB、電池6660mAh、サイズ248x173x7.8mm、重さ465g、Android 7.0、背面カメラ800万画素/インカメラ800万画素、マイクロSDカード対応、WiFiのac対応

MediaPad M3 Lite 10 wpはLTE版はありません。WiFi版のみなので格安SIMは使えません。防水/ワンセグ/フルセグに対応しています。

タブレットの目次へ戻る

白ロムタブレット:ヤフオクの中古で1万5000円前後、LTE版のみ、比較的快適で防水/ワンセグ/フルセグ対応

白ロムタブレットとは、ドコモやau、ソフトバンクで販売されたタブレットのことを言います。中古で手に入れることができて、価格も結構安いです。

白ロムタブレットの多くは、防水、ワンセグ、フルセグに対応していて、LTEも使えます。中古でも気にしない場合に検討してみてください。なお、通話機能はありません。

白ロムでもGPSも使えますが、白ロムだと位置情報の取得に時間がかかる場合があります。白ロム端末をカーナビとして使うのは不向きです。

Qua tab QZ8:8インチ、普通性能、防水対応、auのタブレット

Qua tab QZ8
ヤフオクの平均落札価格 1万3000円

性能:8インチ(1920×1200)、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4 Snapdragon 430、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ325グラム、電池容量5200mAh、Android 7.1(Android 8へアップデート可)、指紋認証なし

SIMロックを解除しなくても、au系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIMのデータSIM)で使えます。SMSとテザリングもできます。通話機能はないので、音声通話はできません。

SIMロックを解除すると、ドコモ系の格安SIM(データSIM)でも使えますが、電波が悪くなる可能性が高いです。

Qua tab QZ10:10.1インチ、比較的高性能、防水/ワンセグ/フルセグ対応、auのタブレット

Qua tab QZ10
ヤフオクの平均落札価格 1万5000円

性能:10.1インチ(1920×1200)、CPUオクタコア2.0GHz Snapdragon 625、RAM3GB、ROM32GB、カメラ500万画素、重さ503グラム、電池容量7000mAh、Android 7.1(Android 8へアップデート可)、指紋認証なし

SIMロックを解除していないくても、au系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIMのデータSIM)で使えます。SMSとテザリングもできます。通話機能はないので、音声通話はできません。

SIMロックが解除されていると、ドコモ系の格安SIM(データSIM)でも使えますが、電波が悪くなる可能性が高いです。

防水、ワンセグ、フルセグに全て対応しています。ワンセグとフルセグはアンテナケーブルをイヤホン端子に挿入することで見ることができますが、フルセグの受信は窓際でも厳しめです。

arrows Tab F-04H:10.5インチ、比較的高性能、防水/ワンセグ/フルセグ対応、ドコモのタブレット

arrows Tab F-04H
ヤフオクの平均落札価格 1万5000円

性能:10.5インチ(2560×1600)、CPUヘキサコア1.8GHzx2/1.4GHzx4 Snapdragon 808 Qualcomm MSM8992、RAM3GB、ROM32GB、カメラ810万画素、重さ439グラム、電池容量6000mAh、連続待受970時間、ナノSIM、Android 6.0(Android 7へアップデート可)、指紋認証なし

SIMロック解除なしで、ドコモ系の格安SIM(データSIM)で使えます。SMSとテザリングも使えます。通話機能がないので、通話SIMは使えません。

SIMロックを解除すると、au系の格安SIM(VoLTE用SIM/マルチSIMのデータSIM)でも使えますが、電波が悪くなります。

防水、ワンセグ、フルセグに全て対応しています。ワンセグとフルセグ用のアンテナがニョキニョキ伸びるタイプが内蔵されています。ワンセグなら室内でもこれで結構テレビを受信します。フルセグは少し厳しめかと思います。

オプション品のUSB同軸変換ケーブルF01(1000円くらい)を使用することにより、家庭用のアンテナ端子と接続できて、フルセグでも見れる可能性がかなり高くなると思います。

タブレットの目次へ戻る

昔レビューしたタブレット

下記は昔レビューしたタブレットです。今から購入するメリットはないですが、記録用に残しています。

ASUS MEMO Pad 8 AST21 au / ZenPad 7.0 / dtab d-01g / AQUOS PAD SH-08E / MediaPad T2 7.0 Pro / ZenPad 3 8.0

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

最終更新日 2019年5月20日 / 作成日 2015年4月25日 / 作成者 格安SIMの管理人
「タブレットと格安SIMという選択肢、Fireタブレット/ iPad Airとmini / ファーウェイ / 白ロム」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

5
この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
3 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
4 Comment authors
いぬふんじゃった格安SIMの管理人電波青年名無し Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
いぬふんじゃった
ゲスト
いぬふんじゃった
この記事は参考になった/良かった :
     

MediaPad M5

速い!綺麗!
前機種Qua tab 01(Android5.1 ROM 2G)
「スペックの違い」と言うものを実感しました。
重量が…ちょっと重いのが玉に瑕~

電波青年
ゲスト
電波青年

MediaPad T5 10 LTE版「通話機能なし」と書かれてますが、現に楽天モバイルのSIMを入れて通話してますよ。

名無し
ゲスト
名無し

simフリー版ipad miniって、こちらの記事ではau系はできないとなってますよね?mineoやBIGLOBEの動作確認ではできるとなっていますが・・・

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ