Youtubeの視聴に必要な通信速度とデータ量&Youtube向けのオススメの格安SIM

最終更新日 / 作成日 2016年12月12日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIM(格安スマホ)でデータを大量に使うのが動画の視聴です。動画を2,3時間見るだけでも、1GBのデータを消費したりします。

ここでは動画で最も有名なYoutubeの画質の種類と綺麗さを説明した後に、Youtubeを視聴するのに必要な格安SIMの通信速度、1時間あたりのデータ量の消費/1GBで見れる時間が画質別に解説します。最後に、Youtubeを視聴するのに向いているオススメの格安SIMとプランを紹介します。

Youtubeの画質(144p/240p/360p/480p/720p/1080p)の種類と綺麗さの比較

Youtubeには144p、240p、360p、480p、720p(HD)、1080p(HD)の画質があります。数字が大きくなるほど画質が良くなります。ただし、画質が良くなる程、より速い通信速度が必要になり、データ量の消費も大きくなります。

画質の比較用に、著作権フリー無料映像素材をYoutubeから探してきました。

一般的なテレビ番組とかの方が良いのですが著作権に問題があるので、商用利用可能で著作権フリーで無料映像素材だよーということころからお借りしてきました。

144p、240p、360p、480p、720p(HD)、1080p(HD)の画質の差をわかりやすく下記にまとめてみました。

144pは最低画質です。もはや動画を見るレベルではありません。聞くだけのレベルです。音質はそんなに悪くないので、聞く分には問題ありません。144pの画質の画像

240pは低画質です。144pよりもだいぶマシになりますが、我慢すれば見れなくもないですが、楽しんで見るには少し厳しいです。240pの画質の画像

360pはスマホで見る場合の普通画質です。スマホで見る場合、画質が綺麗とまではいきませんが、これなら普通に楽しんで見れるレベルになります。画面の大きなタブレット(7インチ以上)だと画質が少し悪いかなくらいは感じます。360pの画質の画像

480pはスマホで見る場合の高画質です。スマホで綺麗な映像で楽しむことができます。画面の大きなタブレットでは普通画質になります。480pの画質の画像

720pは画面の小さなスマホでは480pとの差がよくわからなくなります。画面の大きなタブレットで見る場合は綺麗な画質で見ることができます。パソコンなどで見る場合に普通画質になります。720pの画質の画像

1080pはスマホでは高画質過ぎて意味がないです。画面の大きなタブレットで見る場合でも720pとの差がよくわからなくなります。パソコンで見る場合に綺麗な画質で見ることができます。1080pの画質の画像

ざっくりとYoutubeの画質を評価すると上記のようになります。

Youtubeの画質(144p/240p/360p/480p/720p/1080p)と必要になる通信速度と1時間あたりのデータ量/1GBあたりで見れる時間

Youtubeの画質が良くなれば良くなる程、より速い通信速度が必要になり、そして消費するデータ量も多くなります。

Youtubeの動画を色々試していましたが、画質を1段階あげるごとに、ざっくりと必要になる通信速度は2倍になり、消費するデータ量も2倍なります。

同じ画質でも、風景やバラエティ番組、ドラマ、アニメ、ホームビデオ、ユーチューバー動画などにより、必要になる通信速度やデータ量が変わってきます。

動きがほとんどないような風景動画が最もデータ量が少なく、アニメなどの圧縮しやすそうな配色の動画もそこそこデータ量が少なくなっています。

その反面、ガチャガチャとした動きが多いバラエティ番組、ドラマ、ホームビデオ、ユーチューバー動画などはデータ量をより多めに必要になる傾向があります。

画質必要な通信速度1時間で消費するデータ量
144p(最低画質)120kbps〜215kbps(平均180kbps)平均81MB/時間、1GBで12.6時間
240p(低画質)235kbps〜350kbps(平均270kbps)平均122MB/時間、1GBで8.4時間
360p(普通画質)330kbps〜680kbps(平均530kbps)平均239MB/時間、1GBで4.3時間
480p(高画質)700kbps〜1.2Mbps(平均800kbps)平均360MB/時間、1GBで2.8時間
720p(超高画質)1.4Mbps〜2.0Mbps(平均1.8Mbps)平均810MB/時間
1080p(超絶画質)2.4Mbps〜3.8Mbps(平均3.0Mbps)平均1.4GB/時間

換算:1Mbps=1024kbps、1GB=1024MB

格安SIMでYoutubeを見る場合の適切な画質、360p

格安SIM(格安スマホ)でYoutubeを見る場合、通信速度が遅いため720pや1080pの画質だと途中で止まる可能性が高いです。そして何よりもデータ量をバカみたいに消費します。720pなら1時間で810MB、1080pなら1時間で1.4GBのデータ量を消費します。こんなの選んだら、格安SIMで使えるデータがあっという間に枯渇するので、考慮から外します。

480pなら大抵の格安SIMでほとんどの時間帯で途中で止まらずにYoutubeを再生することができます。スマホで見る場合に綺麗な画質で楽しむことができますが、1時間で360MBのデータを消費してしまいます。1GBで2.8時間くらい見れます。格安SIMを使う人の月のデータ量の平均は月3GB〜5GBぐらいです。480pのYoutubeの動画を月10時間(1日20分)も見れば、大半のデータ量を消費してしまいます。

格安SIMでYoutubeを見る場合のベストな画質は360pです。平日の昼(12時)だと再生途中で止まる可能性はありますが、それ以外の時間帯ならほぼ確実に止まらずに再生することができます。画質は綺麗とまではいきませんが、十分楽しめる程度の画質で映像を見ることができます。360pなら1時間で平均239MB程度のデータを消費します。1GBで4.3時間見れます。BIGLOBE SIMのエンタメフリープランなら無制限で見れて、UQ mobileの500kbpsの無制限プランだとギリギリまたは途中で少し止まる感じで再生できます。

240pだと動画の楽しみが3,4割低下する感じになります。見るに耐えないというわけでもないですが、動画の楽しみは確実に減ります。必要な通信速度は平均270kbpsなので、通信速度が低下している平日の昼でも見れます。必要なデータ量もだいぶ減って、1GBで8時間くらい見ることができます。UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの300kbpsの低速モードでギリギリ見れる感じです。

144pはもはや動画の楽しみを捨てています。音声で楽しむことになります。1GBで13時間くらい聴けます。200kbpsの低速モードでギリギリ聴ける感じです。低速モードだとOCNモバイルONEが最も優秀です。(他の低速モードだと途中で止まる場合もあります)

WiMAX2+でYoutubeを見る場合の適切な画質、480p

WiMAX2+(ギガ放題)を使う場合、Youtubeの画質を気にする必要はありません。大抵の場所で10Mbps以上の速度が出るので、1080pでも途中で止まらずに再生することができます。

動画だけ見るだけだったら1080pで見続けても問題ありません。動画を見ながらネット(Webサイトの閲覧等)をする場合に、動画の画質を下げる必要が出てきます。

WiMAX 2+の場合、3日間で3GB以上のデータ量を使うと通信速度は4Mbpsに制限されます。4Mbpsの制限に引っかかっても1080pの画質でも平均3.0Mbps出れば途中で止まらずに再生できます。ただし、WiMAX 2+の速度がほとんど全て動画の再生に使われてしまいます。速度制限中に、パソコンで1080pの動画を見ながらネットをするなどしてしまうと、Webサイトの読み込みがかなり遅くなってしまいます。

720p(超高画質)でも併用するとWebサイトの読み込みが遅くなります。速度制限中に動画を見ながらネットをする場合は、480pくらいが適切な画質になります。

光回線(無線LAN)でYoutubeを見る場合の適切な画質、なんでもOK

自宅に光回線(無線LAN)があれば、Youtubeの画質なんて気にせずに1080pで見続けても問題ありません。動画を見ながらネットをする場合でも光回線や無線LANならびくともしません。

ただし、一部の集合住宅向け(マンションタイプ)の光回線だと光回線でも速度が遅い!とか低質なものがあるので、その場合は制限中のWiMAX 2+と同じような対策が必要になります。

Youtubeを見る場合のオススメの格安SIMとプラン

Youtubeを見るのが月に10時間(毎日20分)以内なら、特にオススメの格安SIMとプランはありません。Youtubeの画質を360pにして、適当な格安SIMを選んでおけば良いです。TONEモバイルだけが、通常プランではYoutubeを見れなくさせていますが、それ以外の格安SIMでは360pなら問題なく再生できます。

360pでのデータ消費量
月に10時間(毎日20分):2.3GB
月に15時間(毎日30分):3.5GB
月に30時間(毎日1時間):7GB
月に45時間(毎日1.5時間):10.5GB
月に60時間(毎日2時間):14GB

月に30時間までなら通常の格安SIMとプラン(エキサイトモバイルやDMM mobile等、そのほか多数)でなんとかなりますが、それ以上になると通常の格安SIMとプランでは月額料金が高額になりすぎます。月に30時間を超える場合は、Youtube用の格安SIMのプランを選ぶ必要があります。

長時間のYoutubeの視聴に適した格安SIMのプランは実際のところ少ないです。下記からオススメのYoutube用の格安SIMのプランを紹介していきます。

Youtube用オススメNo.1 BIGLOBE SIMとエンタメフリー

BIGLOBE SIM

Youtubeをたくさん見るなら、BIGLOBE SIMが一番オススメです。というのも、BIGLOBE SIMには月額480円で360pの画質のYoutubeが見放題になるオプション、エンタメフリーオプションがあるからです。

BIGLOBE SIMの音声通話SIMの6GB(月2150円)または12GB(3400円)を契約する場合はエンタメフリーが月額480円で使えます。データSIMの6GB(月1450円)または12GB(月2700円)を契約する場合はエンタメフリーは月額980円です。

Youtube以外にもAbemaTVも見放題で楽しめます。このオプションは相当お得なので、YoutubeやAbemaTVを自由気ままに見たい場合に、BIGLOBE SIMを最優先に検討することをお勧めします。

BIGLOBE SIMとエンタメフリーオプションのの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → BIGLOBE SIM


Youtube用オススメNo.2 UQ mobileの無制限プラン

UQ mobile

UQ mobileの無制限プランは月額1980円です。通信速度は500kbps程度に抑えられて入れていますが、Youtubeの360pの動画ならギリギリか再生途中で少し止まるくらいで見ることができます。

3日間で6GBのデータを使えるので、360pの動画なら毎日9時間くらい見ることができます。BIGLOBE SIMのエンタメフリーよりも再生が少しスムーズにはいきませんが、使い方に限らず3日間で6GB、月最大60GB使えます。

Youtube以外にも、AbemaTV、ニコニコ動画、Netflixなど、その超大容量内で自由に見ることができる強みがあります。YoutubeやAbemaTV以外にもできるだけ安くたくさん動画を見たい場合にオススメの格安SIMです。

ただし、無制限プランはiPhoneとは相性が最悪なので、iPhoneを使う場合は選ばない方が絶対良いです。詳しくはこのページの下部で後述します。

UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile


Youtube用オススメNo.3 UQ mobileのおしゃべりプラン

UQ mobileのおしゃべりプラン

UQ mobileのおしゃべりプラン(ぴったり/たっぷりプラン)は、低速モードにしても300kbpsがでます。300kbps出ればYoutubeの240pをほとんど止まらずに見ることができます。低速モードの制限は3日間で6GBなので、実質的に無制限で見ることができます。

おしゃべりプラン(ぴったり/たっぷりプラン)の月額料金は複雑なので詳細は下記のページを参考にして見てください。できるだけ安く、できるだけ見るに耐えない程度の画質でたくさん見たい場合、おしゃべりプラン(ぴったり/たっぷりプラン)が最強プランになります。

UQ mobileのぴったりプランとたっぷりプラン(おしゃべりプラン)の詳細まとめ

ただし、UQ mobileの無制限プランと同様におしゃべりプラン(ぴったり/たっぷりプラン)はiPhoneとは相性が最悪なので、iPhoneを使う場合は選ばない方が絶対良いです。

公式サイト → UQ mobile


Youtube用オススメNo.4 OCNモバイルONEの低速モード

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの低速モードは230kbps程度でます。230kbps出ればYoutubeの144pをほとんど止まらずに見ることができます。(他の格安SIMの低速モードは180kbps〜200kbpsなので、144pでも割と頻繁に止まります)

144pなので映像を見るのには不適格ですが、音楽を聴く場合は割と普通の音質をしているので、Youtubeを聞き流したい場合にOCNモバイルONEの低速モードが最高のプランになります。OCNモバイルONEの低速モードは無制限で使えます。

OCN モバイル ONEの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

公式サイト → OCNモバイルONE


タブレットやパソコンだと、WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX 2+

スマホでYoutubeを見る分には上記の格安SIMとプランがおすすめですが、タブレットやパソコンでYoutubeを見る場合にはWiMAX 2+がオススメになります。

タブレットやパソコンだと画面が大きいので、より画質の良い480pで見たくなります。格安SIMだと通信速度と月額料金の兼ね合いから480pで長時間Youtubeを見るのは現実的ではありません。そのため、速度制限中でも4Mbpsの通信速度が無制限に出るWiMAX 2+が無難な選択肢なります。

BIGLOBE WiMAX 2+の場合、比較的高額なキャッシュバックを計算に入れると、月額3100円〜3300円程度で無制限に高速データ通信を使うことができます(3日間で3GB以上使うと、通信速度が4Mbpsに制限されます)。

Youtube以外にも、AmebaTV、Netflix、Hulu、ニコニコ動画などなど、なんでも気ままに高画質で見ることができます。タブレットやパソコンでも見たい場合に、WiMAX2+を強くお勧めします。

BIGLOBE WiMAX (WiMAX 2+)の評価と比較とネットの評判の詳細

重要!格安SIMで運用中のiPhoneでYoutubeを見る場合の注意点

Androidスマホ/タブレットなら画質を変更できるので注意点はないのですが、iPhoneの場合は格安SIM経由でYoutubeを見ると画質を変更することができないので注意が必要です。

WiFi経由で見る場合はiPhoneでもYoutubeの画質を変更することができるのですが、格安SIM経由の場合は「携帯電話ネットワークでの手動画質選択はサポートされていません」と表示されて画質を変更することができなくなっています。

携帯電話ネットワークと判断された場合、データの消費を抑えるために画質を抑えてくれるのですが、問題は格安SIMの場合はもともと通信速度が速くないので、画質を抑えられすぎて144pのクソ画質まで抑えられてしまう場合があります。(大半の格安SIMのプランは大丈夫です)

影響をもろに食らうのが、UQ mobileの無制限プラン

UQ mobileの無制限プランの通信速度は500kbpsです。Androidスマホなら画質を変更することができて、360pの画質(平均530kbps)でギリギリ見れるか途中で少し止まるくらいで見ることができます。iPhoneの場合、画質を変更することができず144pの画質での固定再生になります。

iPhoneアプリには、Youtubeの画質を変更できるEverTubeというアプリがあるので試してみましたが、UQ mobileの無制限プランだと、ものすっごく反応が悪いです。読込みに1〜3分くらいかかったりします。Androidスマホなら読み込みに10秒〜20秒くらいで360pでも再生するのですが、iPhoneの場合はどうしようもありません。

UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの低速モードでも144p画質

UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの低速モードは300kbps出ます。240p(低画質)の必要な通信速度は平均270kbpsなので、Androidスマホなら300kbpsの低速モードで240pの動画をほとんど止まらずに見ることができます。iPhoneの場合は、無制限プランと同様に無理です。強制的に144pでの再生にさせられてしまいます。

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションは大丈夫?

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションは360p程度で動画を再生できるように速度を調整しています。Androidスマホの場合は問題ないと思いますが、iPhoneの場合でも問題なく360pで再生できるかどうか不明です。

おそらくiPhoneでも大丈夫とは思いますが、少なくない可能性でiPhoneだと360pでの再生ができない可能性があるので、実際に試すまでiPhoneでのBIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションの評価は保留です。

2017年1月から6GBのプランに変更できるので、その時にエンタメフリーオプションを申し込んで実際に試してみようと思います。

その他の格安SIMや格安スマホのお役立ち情報

↑このページの先頭に戻る