Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量と必要な通信速度

最終更新日 / 作成日 2016年12月12日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIM(格安スマホ)でデータを大量に使うのが動画の視聴です。動画を2,3時間見るだけでもデータを1GB消費したりします。

ここでは動画で最も有名なYoutubeの視聴に必要な通信速度と消費するデータ量を説明した後に、Youtubeを視聴するのに向いているオススメの格安SIMとプランを紹介します。

Youtubeの画質の比較

Youtubeの画質は144p、240p、360p、480p、720p(HD)、1080p(HD)があります。数字が大きくなるほど高画質になります。ただし、画質が良くなる程、より多くのデータを消費して、より速い通信速度が必要になります。

画質の比較用に著作権フリー無料映像素材をYoutubeから探してきました。

一般的なテレビ番組が良いのですが、著作権に問題があるので商用利用可能で著作権フリーで無料映像素材だよーということころからお借りしてきました。

144p、240p、360p、480p、720p(HD)、1080p(HD)の画質の差をわかりやすく下記にまとめてみました。

144pは最低画質です。もはや動画を見るレベルではありません。聞くだけのレベルです。音質はそんなに悪くないので、聞く分には問題ありません。144pの画質のオリジナル画像

240pは低画質です。144pよりもだいぶマシになります。我慢すれば見れなくもないですが、楽しんで見るには少し厳しいです。240pの画質のオリジナル画像

360pはスマホで見る場合の普通画質です。スマホで見る場合、画質が綺麗とまではいきませんが、普通に楽しんで見れるレベルです。画面の大きなタブレット(7インチ以上)だと画質が少し悪いかなくらいは感じます。360pの画質の画像

480pはスマホで見る場合の高画質です。スマホで綺麗な映像で楽しむことができます。画面の大きなタブレットでは普通画質になります。パソコンで見る場合は少し画質が悪くなります。480pの画質のオリジナル画像

720pは画面の小さなスマホでは480pとの差がよくわからなくなります。画面の大きなタブレットで見る場合でも綺麗な画質で見ることができます。パソコンなどで見る場合に普通画質になります。720pの画質のオリジナル画像

1080pはスマホでは高画質過ぎて意味がないです。画面の大きなタブレットで見る場合でも720pとの差がよくわからなくなります。パソコンで見る場合に綺麗な画質で見ることができます。1080pの画質のオリジナル画像

ざっくりとYoutubeの画質を評価すると上記のようになります。

Youtubeの画質と消費するデータ量と必要な通信速度

Youtubeをより高画質に設定すればするほど、より多くのデータを消費します。必要な通信速度も、高画質になればなるほど、より速い通信速度が必要になります。

格安SIMは大手キャリアよりも通信速度が遅いので、高画質すぎると格安SIM程度の通信速度では動画が途中で止まってしまう場合もあります。ただ、そんな高画質な画質に設定すると、データ消費がすごいことになります。データを湯水のごとく使えるプランでもなければ、必要な通信速度はあまり気にしなくても大丈夫です。

Youtubeの動画を色々試していましたが、画質を1段階あげるごとに、消費するデータ量が約2倍なり、必要になる通信速度は約2倍になります。

同じ画質でも、風景やバラエティ番組、ドラマ、アニメ、ホームビデオ、ユーチューバー動画などにより、消費するデータ量と必要になる通信速度が変わってきます。動きがほとんどない風景動画が最もデータ量が少なく、アニメなどの圧縮しやすそうな配色の動画もそこそこデータ量が少なくなっています。

その反面、ガチャガチャとした動きが多いバラエティ番組、ドラマ、ホームビデオ、ユーチューバー動画などは、消費するデータが多い傾向があります。

画質必要な通信速度1時間で消費するデータ量
144p(最低画質)120kbps〜215kbps(平均180kbps)平均81MB/時間、1GBで12.6時間
240p(低画質)235kbps〜350kbps(平均270kbps)平均122MB/時間、1GBで8.4時間
360p(普通画質)330kbps〜680kbps(平均530kbps)平均239MB/時間、1GBで4.3時間
480p(高画質)700kbps〜1.2Mbps(平均800kbps)平均360MB/時間、1GBで2.8時間
720p(超高画質)1.4Mbps〜2.0Mbps(平均1.8Mbps)平均810MB/時間
1080p(超絶画質)2.4Mbps〜3.8Mbps(平均3.0Mbps)平均1.4GB/時間

換算:1Mbps=1024kbps、1GB=1024MB

格安SIMでYoutubeを見る場合の適切な画質は360p

格安SIM(格安スマホ)でYoutubeを見る場合、通信速度が遅いため720pや1080pの画質だと途中で止まる可能性が高いです。そして何よりも720p以上の画質はデータをバカみたいに消費します。720pなら1時間で810MB、1080pなら1時間で1.4GBのデータを使います。こんなの選んだら、格安SIMで使えるデータがあっという間に枯渇するので、考慮から外します。

480pなら大抵の格安SIMでほとんどの時間帯で途中で止まらずにYoutubeを再生することができます。(※平日の昼だと再生途中で止まる場合がほとんどです)

スマホだと綺麗な画質で楽しむことができますが、1時間で360MBのデータを消費します。毎日30分見たら180MBx30日で月5.4GBも使ってしまいます。

このため格安SIMでYoutubeを見る場合のベストな画質は、データ消費を抑えられて画質も普通レベルで見える360pです。

平日の昼(12時)だと再生途中で止まる可能性はありますが、それ以外の時間帯ならほぼ確実に止まらずに再生することができます。画質は綺麗とまではいきませんが、十分楽しめる程度の画質で映像を見ることができます。

360pなら1時間で平均239MB程度のデータを消費します。1GBで4.3時間見れます。毎日30分見たら120MBx30日で月3.6GBのデータ消費で抑えることができます。後述しますが、360pの画質ならBIGLOBEモバイルのエンタメフリーならデータ消費なしに無制限で見ることができます。UQ mobileの500kbpsの無制限プランだとギリギリまたは途中で少し止まる感じで再生できます。360pの画質なら、データ消費を抑えられる上に、MVNOによってはデータを消費しないプランも用意されています。

240pだと動画の楽しみが3,4割低下する感じです。見るに耐えないというわけでもないですが、動画の楽しみは減ります。必要な通信速度は平均270kbpsなので、通信速度が低下している平日の昼でも見れます。必要なデータ量もだいぶ減って、1GBで8時間くらい見ることができます。UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの300kbpsの低速モードでギリギリ見れる感じです。

144pはもはや動画の楽しみを捨てています。音声で楽しむことになります。1GBで13時間くらい聴けます。200kbpsの低速モードでギリギリ聴ける感じです。低速モードだとOCNモバイルONEが最も優秀です。他の格安SIMの低速モードだと途中で止まる場合もあります。144pは音楽を聴き流す場合にオススメです。

データ消費なしでYoutubeが見れるBIGLOBEモバイルの特徴

データ消費なしにYoutubeを無制限に見れる格安SIMがあります。それがBIGLOBEモバイルです。

BIGLOBEモバイルの月3GB以上の通話SIMなら、月480円のエンタメフリーオプションに加入すれば、Youtubeがデータ消費なしに無制限で見ることができます。(月3GB以上のデータSIMだとオプション料金は月980円になります)

加えて2018年2月4日までにエンタメフリーオプション付きで月3GB以上の通話SIMを申し込めば、オプション料金は2年間月380円になります。

注意点は、エンタメフリーオプションに加入すると、Youtubeの画質が360pになるように通信速度がコントロールされていることです。

BIGLOBEモバイルのYoutube視聴時のトラフィックコントロール

最初は速い通信速度を適用して素早く再生できるようにして、少ししたら通信速度を抑えるコントロールを行なっています。上図では「きれい」と説明してしまっていますが、実際のところはスマホで見る場合でも普通画質です。

エンタメフリーで画質の設定を高画質の480pにすると、高い可能性で途中で動画が止まります。普通画質の360pの場合に止まらずに再生することができます。(※時間帯は日によっては、360pで再生途中で止まる可能性が少しあります)

少し画質に制限がありますが、実用上はYoutubeを普通に見ることができます。

通話SIMなら月480円足せば、Youtubeが見放題になるのはかなりコスパは良いです。Youtubeの360pは毎日30分見るだけでもデータを月3.6GB消費します。月480円足せば月3.6GBのデータ消費分がゼロになります。毎日1時間見てデータを月7.2GB消費する場合でも、エンタメフリーならデータ消費はゼロです。

Yotubeをそこそこ以上見る場合、大容量のデータプランを選ぶよりもエンタメフリーを選んだほうが節約できます。

BIGLOBEモバイルとエンタメフリーオプションの評価と評判

公式サイト → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーの実際

このサイトではBIGLOBEモバイルを契約してエンタメフリーのオプションも追加して使っています。実際にエンタメフリーを使ってYoutubeの360pを再生してみたところ下記のような通信速度になっていました。

長い動画(1時間)

短めの動画(10分)

※ BIGLOBEモバイルのトラフィックコントロールの図とは逆方向の時間経過になります。

長い動画だと動画データを全て読み込まず、ある程度読み込んだら通信を止めて必要に応じて単発的にデータの読み込みを行っています。短めの動画だと全ての動画データを読み込もうとするため、左肩下りに速度が低下していきます。

実際のところYoutubeアプリ側で通信をコントロールしていますが、最大速度はBIGLOBEモバイル側でコントロールしている感じです。ちなみに、通信をしていない箇所でも動画の再生は止まっていません。Youtubeは必要以上にデータを読み込まないようにコントロールしているだけです。

エンタメフリーで速度をコントロールしているのは動画や音楽やラジオのストリーミングです。Webサイトを見るときは、エンタメフリー用の通信速度ではなく、通常の高速データ通信速度が適用されます。

エンタメフリーの対象アプリ
YouTube、AbemaTV、radiko.jp、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、U-Next、YouTube Kids

iPhoneだとサードバーティー製のYoutubeアプリはバックグランド再生ができたりします。Androidスマホだとバックグランド再生はできないですが、画面を上下の二画面設定にして、一画面はYoutubeを再生、もう一画面でWebサイトやツイッターを見たりすることができます。(できるかどうかはAndroidスマホの機種によって変わります)

この場合でもYoutubeはデータ消費なしでエンタメフリー用の通信速度が適用されて、同時に使っているブラウザやTwitterなどは通常の高速データ通信が適用されます。

動画を見ながら/音楽を聴きながら、いろんなことをしたい場合でもBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら速度が落ちることなく使うことができます。

Youtubeを見る場合のオススメの格安SIMとプラン

Youtubeを見るのが月に10時間(毎日20分)以内なら、特にオススメの格安SIMとプランはありません。Youtubeの画質を360pにして、適当な格安SIMを選んでおけば良いです。

TONEモバイルだけ通常プランではYoutubeを見れませんが、それ以外の格安SIMでは360pなら問題なく再生できます。(iPhoneだと画質の設定ができないので注意してください)

Youtubeを毎日30分くらい見そうな場合にYoutubeの視聴に特化した格安SIMがオススメです。下記からオススメのYoutube用の格安SIMのプランを紹介していきます。

Youtube用オススメNo.1:BIGLOBEモバイルとエンタメフリー

BIGLOBEモバイル
Youtubeをたくさん見るなら、BIGLOBEモバイルが一番オススメです。前述したようにBIGLOBEモバイルには月額480円で360pの画質のYoutubeが見放題になるオプション、エンタメフリーオプションがあるからです。

BIGLOBEモバイルの通話SIMの3GB以上のプランを契約する場合はエンタメフリーが月480円で使えます。データSIMの3GB以上のプランだとエンタメフリーは月980円です。

Youtube以外にもAbemaTVも見放題で楽しめます。このオプションは相当お得なので、YoutubeやAbemaTVを自由気ままに見たい場合に、BIGLOBEモバイルを最優先に検討することをお勧めします。

BIGLOBEモバイルとエンタメフリーオプションの評価と評判

公式サイト → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大2万円キャッシュバック+料金1000円引き+紹介プログラムで更に1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランで下記のキャッシュバックを行なっています。通話SIMのみで1万6400円、データSIMのみで2400円、通話SIMと格安スマホのセットで2万円、データSIMと格安スマホのセットで9600円。

月3GB以上の通話SIM、もしくは通話SIMと格安スマホのセットで、月額料金の支払いに使える1000円分のGポイントをもらうことができます。2018年2月4日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る


Youtube用オススメNo.2:楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイは最大1Mbpsで使い放題、それと5分かけ放題がついた通話SIMのプランです。月額料金が1980円(2年目2980円)。2年契約なら楽天ポイントが1万ポイント、3年契約なら2万ポイントもらうことができます。

Youtubeは1Mbps出れば480pの高画質で動画を止まらずに見ることができます。NetflixやHulu、AmebaTVなら普通画質で止まらずに見ることができます。スーパーホーダイは実測でも1Mbps出ていますが、最大1Mbps表記のため実測1Mbpsを保証している訳ではなく、今後実測1Mbpsを維持できるかどうかは不透明です。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

※ 昼12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は通信速度は最大300kbpsに制限されます。
※ スーパーホーダイは通話SIMのみです。データSIMはありません。

公式サイト → 楽天モバイル


Youtube用オススメNo.3:UQ mobileの無制限プラン

UQ mobile
UQ mobileの無制限プランは月額1980円です。通信速度は500kbps程度に抑えられて入れていますが、Youtubeの360pの動画ならギリギリか再生途中で少し止まるくらいで見ることができます。

3日間で6GBのデータを使えるので、360pの動画なら毎日9時間くらい見ることができます。BIGLOBEモバイルのエンタメフリーよりも再生が少しスムーズにはいきませんが、使い方に限らず3日間で6GB、月最大60GB使えます。

Youtube以外にも、AbemaTV、ニコニコ動画、Netflixなど、その超大容量内で自由に見ることができる強みがあります。YoutubeやAbemaTV以外にもできるだけ安くたくさん動画を見たい場合にオススメの格安SIMです。

ただし無制限プランはiPhoneとは相性が最悪なので、iPhoneを使う場合は選ばない方が絶対いいです。詳しくはこのページの下部で後述します。

UQ mobileの詳細評価

公式サイト → UQ mobile


Youtube用オススメNo.4:UQ mobileのおしゃべり/ぴったりプラン

UQ mobileのおしゃべりプラン
UQ mobileのおしゃべり/ぴったりプランは、低速モードにしても300kbpsがでます。300kbps出ればYoutubeの240pをほとんど止まらずに見ることができます。低速モードの制限は3日間で6GBなので、実質的に無制限で見ることができます。

おしゃべり/ぴったりプランの月額料金は複雑なので詳細は下記のページを参考にして見てください。できるだけ安く、最低限まともな画質でたくさん見たい場合、おしゃべりプラン(ぴったり/たっぷりプラン)が最強プランになります。

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

※ UQ mobileの無制限プランと同様におしゃべり/ぴったりプランはiPhoneとは相性が最悪なので、iPhoneを使う場合は選ばない方が良いです。
※ おしゃべり/ぴったりプランは通話SIMのみです。データSIMはありません。

公式サイト → UQ mobile

最大1万3000円の商品券プレゼント付きの申込サイト → 商品券プレゼントキャンペーン


Youtube用オススメNo.5:DTI SIMのDTI見放題SIM

DTI SIM
DTI SIMには月2430円で高速データが7GB使えて、Youtubeはデータ消費なしに見放題のプランがあります。Youtubeは360p程度の動画の再生ができる程度の通信速度が出ます。

DTI SIMの詳細評価


Youtube用オススメNo.6:OCNモバイルONEの低速モード

OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの低速モードは230kbps程度でます。230kbps出ればYoutubeの144pをほとんど止まらずに見ることができます。(他の格安SIMの低速モードは180kbps〜200kbpsなので、144pでも割と頻繁に止まります)

144pなので映像を見るのには不適格ですが、音楽を聴く場合は割と普通の音質をしているので、Youtubeを聞き流したい場合にOCNモバイルONEの低速モードが最高のプランになります。OCNモバイルONEの低速モードは無制限で使えます。

OCN モバイル ONEの詳細評価


タブレットやパソコンだとWiMAX2+

BIGLOBE WiMAX 2+

スマホでYoutubeを見る分には上記の格安SIMとプランがおすすめですが、タブレットやパソコンでYoutubeを見る場合にはWiMAX 2+がオススメです。

タブレットやパソコンだと画面が大きいので、より画質の良い480pで見たくなります。格安SIMだと通信速度と月額料金の兼ね合いから480pで長時間Youtubeを見るのは現実的ではありません。そのため、データをたくさん使っても安くできるWiMAX2+が無難な選択肢なります。

Youtube以外にも、AmebaTV、Netflix、Hulu、ニコニコ動画などなど、なんでも気ままに高画質で見ることができます。タブレットやパソコンでも見たい場合に、WiMAX2+を強くお勧めします。

BIGLOBE WiMAX (WiMAX 2+)の詳細評価

重要!格安SIMで運用中のiPhoneでYoutubeを見る場合の注意点

Androidスマホ/タブレットなら画質を変更できるので注意点はないのですが、iPhoneの場合は格安SIM経由でYoutubeを見ると画質を変更することができないので注意が必要です。

WiFi経由で見る場合はiPhoneでもYoutubeの画質を変更することができるのですが、格安SIM経由の場合は「携帯電話ネットワークでの手動画質選択はサポートされていません」と表示されて画質を変更することができなくなっています。

この場合で問題なるのが、通信速度が速くて高画質に設定されてしまう場合、そして通信速度が遅くて最低画質に設定されてしまう場合です。

通信速度が速くて高画質に設定されてしまう場合

格安SIMの通信速度は大手キャリアよりも遅いのですが、Youtubeの再生にはそもそもそんなに高速な通信速度は必要ありません。たいていの格安SIMは高画質でもYoutubeを再生してくれます。(720pみたいな超高画質とかだと再生が厳しい場合があります)

iPhoneでは、WiFiではなく格安経由でYoutubeを見てしまうと、格安SIMの通信速度によっては480pの高画質になったり、運が悪いと720pの最高画質で強制的に再生されてしまったりします。

10分20分程度なら別に気にする必要はないですが、長い時間見たり、毎日ちょこちょこ見るくらいでも、積もりに積もってデータを大量に使ってしまいます。

これを防げる格安SIMはあまりなく、大丈夫なのは上記で紹介した格安SIMくらいです。

ちなみにBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなら、iPhoneでYoutubeをバックグランド再生(サードアプリ:Evercast)しながら、Webサイトをみたりと便利に使うことができます。この場合、Youtubeはエンタメフリーの通信速度が適用されて、Yotube分のデータ消費なゼロになります。Webサイトは通常の高速データ通信が適用されて、Webサイトの読み込みデータ量だけデータ消費としてカウントされます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの低速モードだと最大1Mbpsなので、Youtubeをバックグランドなどで再生していると、Webサイトの読み込みなどはかなり遅くなったりします。

YoutubeやAmebaTVを気ままに楽しみたい場合、BIGLOBEモバイルの強さは際立っています。

通信速度が遅くて最低画質に設定されてしまう場合

通信速度が速いとデータをバカみたいに消費する高画質でYoutubeを再生してしまう問題がありますが、逆に通信速度が少し遅いと画質を抑えられすぎて144pの最低画質まで抑えられてしまう場合があります。(大半の格安SIMのプランは大丈夫です)

この影響をもろに食らうのが、UQ mobileの無制限プラン

UQ mobileの無制限プランの通信速度は500kbpsです。Androidスマホなら画質を変更することができて、360pの画質(平均530kbps)でギリギリ見れるか途中で少し止まるくらいで見ることができます。iPhoneの場合、画質を変更することができず144pの画質での固定再生になります。

iPhoneアプリには、Youtubeの画質を変更できるEvercastというアプリがあるので試してみましたが、UQ mobileの無制限プランだと、ものすっごく反応が悪いです。読込みに1〜3分くらいかかったりします。Androidスマホなら5秒くらい読み込んで360pでも再生できるのですが、iPhoneの場合はどうしようもありません。

UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの低速モードでも144p画質

UQ mobileのぴったりプラン/たっぷりプラン/おしゃべりプランの低速モードは300kbps出ます。240p(低画質)の必要な通信速度は平均270kbpsなので、Androidスマホなら300kbpsの低速モードで240pの動画をほとんど止まらずに見ることができます。iPhoneの場合は、無制限プランと同様に無理です。強制的に144pでの再生にさせられてしまいます。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは大丈夫

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは360p程度で動画を再生できるように速度が調整されています。実際にエンタメフリーオプションに加入して試したところ、最初の数秒は速い速度が出て、少しずつ速度が低下して、360p程度が止まらずに再生できる程度の速度に落ち着きます。

このためAndroidスマホはもちろん、iPhoneの場合でも問題なく360pで再生できました。

楽天モバイルのスーパーホーダイも大丈夫

楽天モバイルのスーパーホーダイを最大1Mbpsの低速モードにして、iPhoneに入れてYoutubeを再生してみましたが、こちらもスムーズに360pの普通画質で動画を再生することができました。

その他の格安SIMや格安スマホのお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る