ZenFone Maxのスペックと評価と評判、格安SIMでの設定のまとめ

最終更新日 / 作成日 2016年3月15日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ZenFone Maxは電池持ちに特化した5.5インチの格安スマホです。一般的な5.5インチスマホの電池容量は3000mAhですが、ZenFone Maxの電池容量は5000mAhです。これにより、電池持ちは1.6倍くらい良くなります。

電池が超持つのと引き換えに、ZenFone Maxは一般的な5.5インチスマホよりも3割くらい重くなっています。

ざっくり評価すると、スマホの一般ユーザが5.5インチスマホを4年以上使いたい場合にZenFone Maxが最適な選択肢になります。5.5インチだと大きすぎると思う場合はZenFone 2 Laserが最適になります。

防水やおサイフケータイがほしい場合は、スマホ寿命は3年くらいになりますがarrows M02が選択肢になります。(スマホのライトユーザならarrows M02でも4年いけます)

ZenFone Maxは2016年3月18日に発売されました。このサイトでもレビューと各種テスト用にZenFone Maxを購入しました。

ZenFone Max

ZenFone Maxのスペック(性能)

ZenFone Max
CPUクワッドコア1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度1280×720
カメラ背面1300万画素(F値2.0)/前面500万画素
電池容量5000mAh
サイズ156 x 77.5 x 10.55mm
重さ202グラム
連続待受LTE 684時間、WCDMA 914時間
価格(税別)2万7800円

Android 5.0.2 Lollipop、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、デュアルSIM(マイクロSIMx2)。

ZenFone Maxの対応周波数(バンド)

FDD-LTE: B1/3/5/6/8/9/18/19/28
W-CDMA(3G): B1/2/5/6/8/19

FDD-LTEというのが日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。ドコモの主要バンドの全てをカバーしています。ドコモ系の格安SIMのLTEの受信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでデータ通信がしやすくなっています。

対応バンドの詳細は格安スマホ向け、ドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

ZenFone Maxの評価と比較

ZenFone Maxの強みは電池持ちです。電池持ち以外の性能は普通で、一般ユーザにとって十分な性能を持っています。他の5.5インチの格安スマホとの違いは電池持ちに特化させたことです。

ZenFone Maxは電池持ちが良い格安スマホと比較しても、1.5倍くらい電池持ちが良くなっています。電池持ちを重視する一般ユーザに、ZenFone Maxはかなりおすすめです。

電池容量5000mAh、格安スマホで圧倒的に電池が一番持つ

電池容量5000mAhは伊達じゃないです。電池容量が大きければ大きいほど電池持ちが良くなります。

5インチスマホの電池容量の標準は2400mAh、5.5インチスマホの電池容量の標準は3000mAhです。ZenFone Maxは5.5インチスマホで5000mAhあります。(5.5インチスマホは5インチスマホの1.2倍くらい電池を食います)

ざっくり評価すると、ZenFone Maxは電池持ちが良いと言われる格安スマホの1.6倍くらい電池持ちが良くなります。

電池容量そんなにあってどうするの?と思うかもしれませんが、電池の持ちは格安スマホで一番重視した方がいい項目です。理由は二つ、単純に電池の持ちを心配しなくて済むのと、電池の消耗を減らせてスアホを長く使うことができるからです。

ヘビーな使い方でも余裕で1日もつ

一般的な格安スマホの場合、一般的な使い方をすれば十分電池は1日持ちます。スマホのヘビーユーザの場合、一般的な格安スマホだと、電池は一日持ちません。普段は一般的な使い方をしなくても、たまにスマホをたくさん使う日があったりすると、、電池の残りが不安になる感じになります。

ZenFone Maxの場合は、そんな心配はありません。ヘビーな使い方でも余裕です。

4年くらい電池が消耗しない

電池は500回充電(0%→100%)すると、元の電池容量の7割くらいまでしか充電できなくなります。ざっくり計算すると使用に支障が出るまで700回くらい充電できます。一般ユーザが一般的な電池容量の格安スマホを使う場合、1.5日で完全に電池が空になって充電する感じになります。

一般ユーザが一般的な格安スマホを使う場合の電池寿命は1000日です。約3年です。電池交換できない格安スマホの場合、これでゴミ箱へポイになります。(2年半くらいが限度かもしれません)

ZenFone Maxの場合、電池容量が5000mAhなので充電回数が相応に減るので、電池寿命がそれだけ延びます。ざっくり1.6倍電池寿命が延びます。つまり1600日、約4年くらい使えます。もともとの電池容量も大きいので、実際には支障が出るまで5年くらい使えそうです。

スマホの電池持ちの詳細調査に格安スマホや白ロムの電池持ちの実証テストを行っています。まだ検証途中ですが、動画再生時間が14時間53分もあり、他の格安スマホを圧倒しています。(電池持ちが良いと言われているスマホでも動画再生時間は8時間から9時間くらいです)

ちなみにZenFone Maxと張り合うのが、Galaxy S5 電池増量版です。5600mAhの互換電池が使えるのでバカみたいに電池が持ちます。

Android 6に対応

ZenFone MaxのAndroidのバージョンは5.0.2ですが、Android 6に対応するようになっています。いつごろ対応するのかわかりませんが、とりあえずAndroid 6へアップデートできるので、より安全に長期間スマホを使うことができます。

価格を抑えた結果、その他の性能は普通

ZenFone Maxは5.5インチの大画面で5000mAhの大容量、それなのに価格は2万7800円。

その結果、その他の性能はいたって普通な性能になっています。CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、解像度1280×720。

スマホの一般ユーザの場合は気にするところは特にないのですが、少し気になるところは解像度が1280×720のところです。5.5インチのスマホの解像度は1920×1080が標準なので、一般的な5.5インチのスマホよりも画質は悪いです。

ただ、どんだけ悪いかというと、実際に見ないとわからないのですが、いたって普通な画質になっていると思われます。キレイではないけど、普通。一般的な使い方で支障が出るということにはならないと思います。

CPUやGPU、RAMの性能はZenFone 2 Laserと同じです。ZenFone 2 Laserと同じように一般的なゲーム、モンストやパズドラ、ツムツムなど問題なくできる性能を持っています。Twitter、Facebook、LINEなども問題なく使えます。苦手なことは、綺麗な3Dを多用するゲームです。

単純にZenFone 2 Laserが5.5インチに大きくなって、電池容量が倍増したのがZenFone Maxです。

大きい、少し重い、でもモバイルバッテリーとしても使える

電池容量が大きいと、その分、電池も大きくなるので、スマホ本体の重さも重くなります。そして必然的に少し厚くなります。5.5インチなので、全体的にも少し大きくなります。

ZenFone Max(5.5インチ、5000mAh)
大きさ 156 x 77.5 x 5.2〜10.55mm 重さ202グラム

ZenFone 2 Laser(5インチ、2400mAh)
大きさ 143.7 x 71.5 x 3.5〜10.5 mm 重さ145グラム

HUAWEI GR5(5.5インチ、3000mAh)
大きさ 151.3 x 76.3 x 8.15mm 重さ158グラム

電池容量2400mAhのZenFone 2 Laserと比べて、ZenFone Maxは4割くらい重くなっています。同じ5.5インチスマホのHUAWEI GR5と比べても、高さも幅も少し大きくなっています。

長時間読書をすることを前提にしているKindle Paperwhiteが213グラムなので、ZenFone Maxが202グラムだからといって恐れることはありませんが、他の格安スマホよりは重いです。

加えて、ZenFone Maxの場合、モバイルバッテリーとしても機能します。ZenFone Maxで他のスマホやタブレットなどを充電することができます。一番軽量はモバイルバッテリー、Amazon:Astro E1(5200mAh)でも119グラムあります。

スマホのライトユーザの場合はZenFone Goがおすすめ

ZenFone Maxと時を同じくしてZenFone Goが発売されます。簡単に評価すると、ZenFone Goは5.5インチの大画面スマホを使いたいライトユーザ用の格安スマホです。

ZenFone Maxは電池持ち最強です。ですが、この電池持ちはスマホのヘビーユーザや一般ユーザにとってはありがたいですが、ライトユーザの場合は意味ありません。

ライトユーザの場合、普通の電池持ちでも、あまり使わないから長時間電池が持つんです。電池が超持つ格安スマホを使っても、ライトユーザの場合はメリットはほとんどありません。

そんな場合に、ZenFone Maxよりも8000円安く買える5.5インチのZenFone Go(1万9800円)がオススメになります。ZenFone Goは電池容量3000mAhです。

ZenFone GoのCPUはクワッドコア1.4GHzです。一見ZenFone Maxのクワッドコア1.2GHzよりもよさそうに見えますが、CPUの型番が違うので、実質的にはZenFone Maxの方が少し良いくらいになります。いずれにせよ、ライトユーザなら問題ありません。

ただ、ZenFone GoはAndroid 6には対応していないようなので、4年くらいでアプリが対応しなくなりゴミ箱行きになると思います。(ZenFone MaxはAndroid 6に対応しているので5年くらい問題なく使えると思います)

ZenFone Goは電池交換ができるタイプの格安スマホですが、交換電池は販売されていません。

ZenFone Goの詳細は下記のリンクを参考にしてみてください。

ZenFone Goのスペックと評価と評判、格安SIMでの設定のまとめ

ZenFone Maxと他の格安スマホとの比較

ZenFone Maxの他にもオススメの格安スマホが幾つかありますが、ざっくり分けると3年使って捨てるか、4年以上使って捨てるかに分かれます。評価基準は電池持ちです。

3年使って捨てるオススメの格安スマホ
ZenFone Go 2万1000円、5.5インチ、安さ重視
arrows M02/RM02 3万円、5インチ、防水・おサイフケータイ対応
HUAWEI GR5 3万4000円、5.5インチ、性能が良い、指紋認証、Android 6対応?

4年以上使って捨てるオススメの格安スマホ
・ZenFone Max 3万円、5.5インチ、5000mAh、Android 6対応
ZenFone 2 Laser 2万5000円、5インチ、電池交換可、Android 6対応
Priori3S LTE 2万円、5インチ、4000mAh

どれを選んでも後悔することはないと思いますが、注意点があるとしたらPriori3S LTEです。Priori3S LTEのCPUは貧弱なのでゲームをやると死にます。

一般ユーザを基準にしているので、スマホのライトユーザの場合はもっと長く使えて、ヘビーユーザの場合はもっと短くなります。

ただし、スマホのライトユーザであっても、Androidのバージョンが古くなりすぎるとアプリが使えなくなるので、基本的にスマホの寿命は4年(Android 5)、持って5年(Android 6)です。6年とか7年とかは使えません。

ZenFone MaxはGR5よりも表示面積が10%大きい!

HUAWEI GR5とZenFone Maxは同じ5.5インチディスプレイですが、ZenFone Maxのほうが表示する面積が10%くらい大きくなっています。

左がGR5、右がZenFone Max

見た目はディスプレイのサイズは同じです。本体のサイズはZenFone Maxのほうが少しだけ大きくなっています。

Yahooのホームページを開いてみると・・・

GR5は下に黒いボタンの枠(戻る/ホーム画面/起動アプリ一覧ボタン)が表示されるのに対して、ZenFone Maxは画面いっぱいにYahooのページが表示されます。

黒いボタンの枠に相当するのがどこに行ったかというと、ZenFone Maxの場合は本体部分に付いています。本体下部の白い部分に戻る/ホーム画面/起動アプリ一覧ボタンが付いています。

このため、同じ5.5インチディスプレイでもZenFone Maxのほうが10%くらい表示面積が大きくなります。

ZenFone Maxの評判

電池持ちをどう捉えるかで評価が完全に分かれます。

電池持ちを重視している人の場合、ZenFone Maxはかなり好評です。逆に電池持ちをそこまで重視していない場合は、ZenFone Maxは重い大きい死ねみたいな評価になっています。

電池持ちをそこまで重視しない場合は、HUAWEI GR5の方が同じ5.5インチスマホでも軽いし性能が良いのでGR5の方がオススメです。GR5も電池持ちは良いほうです。

5.5インチじゃ大きいと思う場合は、5インチスマホのZenFone 2 Laserの方がオススメになります。3年でスマホを交換しようと思う場合は、防水に対応しているarrows M02/RM02の方がオススメになります。

ZenFone Maxは電池が全てです。スマホの一般ユーザであればあるほど、長く使うために電池持ちを重視した方が良いです。一般ユーザが5.5インチスマホを4年以上使いたい場合にZenFone Maxが最適な選択肢になります。

ZenFone Maxの購入の仕方

ZenFone MaxはAmazon、ASUSショップ、その他、家電量販店などで買うことができます。税込み3万円ほどで価格差はほとんどないので、どこで買ってもいいです。

Amazon: ZenFone Max
【国内正規品】ASUSTek ZenFone Max (SIMフリー/Android5.0.2 /5.5inch /デュアルmicroSIM /LTE /5,000mAh)(2GB/16GB) (ブラック) ZC550KL-BK16

ASUSショップの場合、数量限定で保護フィルムやIIJmioの音声通話SIMが付いてきます。

ASUS Shop:ZenFone Max

ZenFone Maxにおすすめの格安SIM

ZenFone Maxはドコモ系の格安SIMで使うことができます。おすすめのドコモ系の格安SIMは、楽天モバイル、BIGLOBE、mineo(ドコモプラン)、DMM mobileなどになります。au系の格安SIM、UQ mobileやmineoのauプランを使いたい場合はGalaxy S5を選んでください。

  • 楽天モバイル
    • 楽天市場を使う人なら楽天モバイルが一番良い格安SIMです。通話SIMを申し込んだ場合は楽天市場ので買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。実際に出る通信速度は速めです。初月無料です。850円で5分間の国内通話がかけ放題になるオプションもあります。
  • BIGLOBE SIM
    • 月6GB使えるプランの月額料金が安いです。月650円で60分間の無料通話ができるオプションもあるので、格安SIMでも電話をしたい場合におすすめの格安SIMになっています。通信速度は平凡です。
  • mineo(ドコモプラン)
    • 通信速度は平凡ですが、家族割やパケットシェア、パケットギフトなど、家族みんなで解約する場合に割安に使えるオプションが用意されています。複数人で使う場合におすすめの格安SIMです。
  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値レベルです。キャンペーンなどをおこなわないので、実質的には最安値にはならないのですが、通信速度も速くバースト機能もできます。

ZenFone Maxの設定の仕方

予約注文しておいたZenFone Maxが届いたので、早速格安SIMで使えるように設定します。今回は楽天モバイルの格安SIMを使いますが、他の格安SIMでもやり方はほとんど同じです。

こんな箱で届きました。箱には特に変わったところはありません。

箱の中身は、ZenFone Max本体、イヤホン、イヤピース、充電器、充電ケーブル、OTGケーブルが入っていました。OTGケーブルはZenFone Maxをモバイルバッテリーとして使うことができるようになるケーブルです。OTGケーブルをZenFone Maxにつなげて、充電ゲーブルでOTGケーブルと他のスマホやタブレットにつなげると他のスマホやタブレットを充電できます。

ZenFone Maxの裏面。見た目と手触りを少し良くするために、少しザラザラしている質感になっています。

格安SIMカードを挿入するためにバッテリーカバーを外します。ZenFoneのバッテリーカバーは外しづらくなっているのですが、ZenFone Maxの場合は、簡単に外せるようになっていました。右上に小さい白いやつは格安SIMカードです。

格安SIMカードをこんな感じで挿入します。挿入したら、バッテリーカバーをつけて、スマホの電源を入れて設定に入ります。

言語設定です。そのまま右矢印をタップします。

インターネット接続は、モバイルネットワークとWi-Fiのままで右矢印をタップします。

Wi-Fiの選択画面が出てきます。自宅にWi-Fiがある場合はここでWi-Fiを設定してもいいですが、今回は選択せずに右矢印をタップします。(Wi-Fiは後からでも設定できます)

名前を入力する画面です。入力する必要はないので空欄のまま右下のNextボタンをタップして、最後に右矢印をタップして次へ進みます。

Googleサービスのチェックボタンを全部外して、次へ進みます。

ASUS製品の登録は面倒なので、無視して右矢印ボタンをタップして次へ進みます。

ネットワーク接続なしというウインドウが出てきますが、気にせずキャンセルをタップします。

電池を節約するために、データの自動同期のチェックを外します。これは外さなくてもいいです。外すとメールが来ても通知してくれなくなるので注意してください。後からでも変更できます。右矢印ボタンをタップして次へ進みます。

日時の設定はそのままで、右矢印ボタンをタップして次へ進みます。

100GB無料でくれるらしいですが、必要ないので右矢印ボタンをタップして次へ進みます。後からでもGoogle Driveアプリを起動してちょっと設定するだけで100GBもらえます。

利用データ送信を許可しません、にチェックを入れて右矢印ボタンをタップして次へ進みます。

セットアップ完了です。

最初の画面はこんな感じになっています。

使える保存容量の残りは10.20GBになっていました。ちなみに、各種アプリをアップデートするだけで2GBくらい使うので、実質的には8GBちょっと使えるくらいになります。保存容量がもっと必要な場合は、外部SDカードを買ってZenFone Maxに取り付けましょう。最大128GBまで増やすことができます。

APNの設定

APNの設定をすることで、インターネットにつながるようになります。今回は楽天モバイル(2015年10月6日以降に契約したもの)を設定しますが、他の格安SIMでも基本的にやり方は同じです。

ZenFone Maxから
設定 → もっと見る → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 → SIM1 アクセスポイント名 → 楽天モバイルB(LTE/3G)にチェックを入れる(他の格安SIMを使う場合は、該当する格安SIMにチェックを入れます)

これでAPNの設定は完了です。

もしこれで数分しても”H”や”4G”と表示されない場合は、電波の良さそうな窓際に行って、スマホを再起動してみてください。

Googleアカウントの設定

アプリをダウンロードしたりGmailでメールを送受信するには、Googleアカウントの設定をする必要があります。まだGoogleでGmailアカウントを取得していない場合は、Gmailアカウントを取ってください。

Gmail

Gmailのアカウントを作ると、Googleアカウントとして使えます。

設定 → アカウント → アカウントを追加 → Google → Gmailのメールアドレスとパスワードを入力してGoogleアカウントを追加します。

これが終われば、Playストアからアプリのダウンロードとインストールができるようになります。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Zenfone 2 Laser
    • Zenfone 5の改善版がZenfone 2 Laserです。大ヒットした格安スマホ、ZenFone 5の弱点だった電池とカメラが改善されています。税込2万5000円くらい、5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145g、電池容量2400mAh。
  • HUAWEI GR5
    • 格安スマホの中で一番人気があるのがHUAWEI GR5です。5.5インチの大画面に指紋認証機能が付いていて、メタリックボディで高級感があるのが特徴です。価格も税込3万5000円程度で買うことができます。CPUオクタコア1.5GHz/1.2GHzz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ158g、電池容量3000mAh。
  • arrows M02/RM02
    • 格安スマホの中で2番目に人気があるのがarrows M02/RM02です。おサイフケータイと防水に対応していて電池持ちもかなり良いです。ドコモ系とau系の両方の格安SIMを使うことができます。税込3万円くらい、5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149g、電池容量2330mAh。
  • Priori3S LTE
    • 低価格の格安スマホの中で人気があるのが電池持ちが最強に良いPriori3S LTEです。価格も1万7800円(税抜)で買うことができます。5インチ、CPUクワッドコア1.0GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ161g、電池容量4000mAh。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る