ZenFone Max Pro (M1)の性能評価+使える格安SIMとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone Max Pro (M1)は2018年12月21日に発売されたコスパが超良い格安スマホです。

価格が3万円でCPUはSDM636、RAM3GB、ROM32GB、画面6インチ、DSDVとauのVoLTE対応でトリプルスロット、電池容量は5000mAhです。

ZenFone Max Pro (M1)

単純にコスパが超良いです。WiFiの5GHz帯には対応しておらず、充電口もmicroUSBで急速充電には対応していないので充電時間が2.7時間と少し長いですが、それ以上のコスパメリットがZenFone Max Pro (M1)にはあります。

4000mAh以上の大容量の電池を搭載している格安スマホは他にもいくつかありますが、性能が今一歩だったり、価格が超高かったりと、電池持ち重視派にとっては悪くはないですが少し微妙な選択肢でした。

そんな中、発売されたのがZenFone Max Pro (M1)です。

ZenFone Max Pro (M1)は、電池持ち最強型のOPPO R15 Neoよりも性能が1.5倍良く、なおかつ電池容量がさらに1.2倍アップ、OPPO R15 Neoのデメリットだった画面の低解像度も解消されています。

電池持ちを重視する場合、スマホの中でZenFone Max Pro (M1)が一番オススメです。

ZenFone Max Pro (M1)のスペック(性能)

ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL
CPUCPUオクタコア1.8GHz SDM636
RAM3GB LPDDR4X
ROM32GB eMCP 5.1(eMMC 5.1)
Antutu113,795
ディスプレイ6インチ
解像度2160×1080、18:9
カメラ1600万画素(F値2.0)+500万画素(深度測定用)/前面800万画素(F値2.2)
電池容量5000mAh
サイズ159 × 76 × 8.4mm
重さ180グラム
連続待受840時間
充電時間2.7時間
本体カラースペースブルー、メテオシルバー、ディープシーブラック
価格2万9800円

Android 8.1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大2TB)、トリプルスロット(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応)、指紋認証、顔認証、microUSB(USB Type C 非対応)、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11b/g/n、ジャイロスコープ搭載、GPS(GLONASS、BeiDouサポート)

ZenFone Max Pro (M1)の対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/39/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/3/5/6/8/19
2CA対応

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

ZenFone Max Pro (M1)の評価

CPU性能の詳細

ZenFone Max Pro (M1)のCPUはオクタコア1.8GHz Snapdragon 636 (以下、SDM636)です。ZenFone 5と同じCPUを搭載しています。

一般的な使い方ならなんでもサクサク使えます。

ネットや、Twitter、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなどは、快適に遊ぶことができます。

ゲーム性能も良く、電池持ちが超良いのでゲームも快適に遊べます。

大抵のゲームは快適に長時間遊べますが、PUBGみたいに重い処理が必要なゲームを快適に遊びたい場合は、ゲーム性能が超良いiPhone7やiPhone8、ZenFone 5Zなどを選ぶことをおすすめします。

ZenFone Max Pro (M1)はゲームは普通にできれば良い人で、スマホをたくさん使う人におすすめです。

ZenFone Max Pro (M1)のAntutuのスコア v7.1.0


by グスタフさん提供

ZenFone Max Pro (M1)のAntutuスコア(v7.1.0) 113,795
CPU: 55,157
GPU : 20,795
UX : 32,017
MEM: 5,826

ZenFone 5と同じSoC(CPU)を搭載しているので、ZenFone Max Pro (M1)のAntutuのスコアもZenFone 5に近似します。

ただ、RAMとROMの性能が少し違うのでZenFone 5よりも全体的にパフォーマンスが10%程度低下しますが、体感差はほとんどない感じです。

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
ZenFone 5Z: 271,283
P20: 206,563
nova 3: 203,663
iPhone7: 196,402
iPhone6s: 150,000程度
OPPO R17 Neo: 132,813
nova lite 3: 128,056
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
Galaxy Feel2: 115,000程度 (ドコモwith対象機種)
ZenFone Max Pro (M1): 113,795
AQUOS sense plus: 88,670 (防水・おサイフケータイ対応)
P20 lite: 87,131
AQUOS sense2: 72,469
AQUOS sense lite 58,098

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら50,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。70,000ぐらいで比較的サクサク使えて、80,000以上で普通の使い方ではサクサクの限度で体感差が出ずらくなります。

ゲームをそこそこする場合は、Antutuスコアは最低でも50,000がボーダーラインです。70,000以上だと一般的なゲームなら結構普通に遊べます。

スマホをたくさん使う場合や、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

電池持ちの詳細

ZenFone Max Pro (M1)は5000mAhの超大容量の電池を搭載しています。

高性能で省エネタイプのCPU(SDM636)を搭載して、なおかつ超大容量の電池を搭載しているので、電池持ちは超良いです。ZenFone Max Pro (M1)は実利用特化型です。

ZenFone Max Pro (M1)の電池持ちの詳細

Wi-Fi通信時のネット利用時間:28時間
モバイル通信時のネット利用時間:21時間
Youtubeの連続再生時間:20時間
一般的なゲームプレイ時間:12時間
連続通話時間:42時間
連続待受時間:840時間

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間連続待受時間
nova lite 38時間54分13時間25分テスト待ち
nova 39時間0分13時間43分404時間
P209時間6分12時間52分371時間
P20 lite7時間17分11時間30分334時間
AQUOS sense29時間50分13時間49分528時間
ZenFone 59時間18分14時間5分498時間
ZenFone 5Z10時間7分14時間30分424時間
Oppo R15 Neo17時間0分20時間30分644時間

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。連続待受時間はスリープ状態で電池がなくなるまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

ZenFone Max Pro (M1)の充電時間は2.7時間で少し長め

最近のスマホは充電が2時間程度で早く充電できますが、ZenFone Max Pro (M1)は急速充電には対応していないので2.7時間と少し長めになります。

※ 5V1Aの充電器を使うと充電時間は4時間くらいかかってしまうので、5V2A以上に対応している充電器で充電することをおすすめします。

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

カメラ性能の詳細

ZenFone Max Pro (M1)のカメラ性能
背面:1600万画素(F値2.0)+500万画素(深度測定用)
前面:800万画素(F値2.2)

ZenFone Max Pro (M1)はダブルレンズカメラです。一つのレンズは深度測定用で写真のボケを作るのに用いられます。

3万円前後のスマホとして普通かもしくは少し劣ってそうなカメラ性能になっています。

※ カメラ性能が少し劣っている可能性がある理由は、3万円でSDM636と5000mAhの電池を搭載している場合、単純にコストを削る先がカメラの実性能になる傾向が高いためです。

ビデオカメラの性能

4K UHD (3840×2160)の動画撮影に対応
30FPSで1080p FHDの動画撮影に対応
30FPSで720p HDの動画撮影に対応

動画撮影中に静止画の撮影可

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

ZenFone Max Pro (M1)の総合評価

ZenFone Max Pro (M1)は実用性に特化した格安スマホです。

価格を3万円前後に抑えているにも関わらず、SDM636と言う比較的高性能で省エネのCPUを搭載していて、なおかつ電池容量が5000mAhです。普通の使い方ならサクサク使えて、なおかつ電池持ちが一般的な格安スマホよりも1.5倍くらい持ちます。

その反面、MVNOでは販売していないので、格安SIMとセットでは購入できず、家電量販店かAmazonなどで本体だけ購入する形になります。

WiFiは5GHz帯には対応しておらず、充電口もmicroUSBで急速充電には対応していないので充電時間が他の機種と比べると少し時間がかかります。

デメリットはあるものの、3万円&超電池持ちが良い&CPUの性能も結構良いメリットは大きいので、かなりおすすめの格安スマホです。

電池持ちを重視する場合に一番オススメの格安スマホです。

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

ZenFone Max Pro (M1)の評判

ZenFone Max Pro (M1)は2018年4月に発表され、まず最初にインドとインドネシアで発売されました。

ZenFone Max Pro (M1)のコスパの良さから、インドでは半年で100万台を売り上げた超ヒット作になっています。

日本でも発売が待ち望まれた機種ですが、2018年12月5日にビックカメラグループが先行販売、12月21日にヨドバシなどの家電量販店でも販売が開始されました。

MVNOではまだ販売していませんが、評判は結構良いです。カメラの評判はそれなりでしかなさそうですが、3万円で高性能で省エネタイプのSDM636と電池容量5000mAhを搭載した評価はかなり高いものになっています。

ZenFone Max Pro (M1)の口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。ZenFone Max Pro (M1)も下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:ASUSのスマホ(ZenFone等)の口コミ

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

ZenFone Max Pro (M1)が買える場所

ZenFone Max Pro (M1)の定価:2万9800円(税抜)

ZenFone Max Pro (M1)は基本的にどこで買っても同じような本体価格になります。Amazonや家電量販店で買うことができます。MVNOではDMMモバイルだけが販売しています。

DMMモバイル

DMMモバイルではZenFone Max Pro (M1)を2万6800円で販売しています。DMMモバイルで買う場合は格安SIMとセットで申し込む必要があります。

DMMモバイルのキャンペーンの詳細、新規契約手数料3000円が無料+通話SIMなら最大3300円割引+Amazonギフト券が最大1万4000円分もらえる

DMMモバイルの格安SIM(データSIM/通話SIM)を申し込むと、新規契約手数料3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。通話SIMだと初期費用無料に加えて、月額料金が最大で合計3300円引になるキャンペーンも行っています。2019年5月16日までのキャンペーンです。

さらに当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分が追加でもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

ZenFone Max Pro (M1)の申し込み → DMMモバイル

DMMモバイルは月1GBもデータを使わない場合に一番オススメの格安SIMです。

DMMモバイルの詳細評価

Amazon

Amazon:ASUS Zenfone Max Pro M1 ZB602KL

ビックカメラ、ヨドバシなどの家電量販店

家電量販店で買うとポイントが1%くらい付きます。

ヨドバシカメラ:Zenfone Max Pro M1
ビックカメラ:Zenfone Max Pro M1

そのほか、ビックカメラグループのコジマ、ソフマップなどでも扱っています。

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

ZenFone Max Pro (M1)が使える格安SIMとキャンペーン情報

ZenFone Max Pro (M1)は、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはナノSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。SIMのサイズが必要な場合に、ナノSIMを指定してください。

au系の格安SIMはマルチSIM(VoLTE対応SIM)とLTE用SIMがあります。LTE用SIMも扱っているUQ mobileもしくはmineoのau回線を選ぶ場合は、マルチSIMを選んでください。それ以外のau系の格安SIMは全てマルチSIMです。

ソフトバンク系の格安SIMはナノSIMを選んでください。

Amazonや家電量販店でZenFone Max Pro (M1)を購入したら、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選んでみてください。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、Youtubeがデータ消費なしに見れる

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大3万3749円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックがもらえて、初期費用も無料になるキャンペーンを行なっています。2019年3月31日までのキャンペーンです。

通話SIMのみは最大で1万9594円分の特典、通話SIMと端末セットは最大3万3794円分の特典、データSIMと端末セットだと最大7200円分の特典がもらえます。通話SIMならYoutube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーが3ヶ月無料のキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの詳細評価

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、初月無料+通話SIMだと3ヶ月間1390円引き+10人に1人1年間タダ+5000円相当のポイントプレゼント

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと初月無料に加えて、翌月から月額料金が3ヶ月間1390円引き(合計4170円引き)、さらに他社からの乗り換えだと10人に1人、月額料金が1年間タダになるキャンペーンも行なっています。10人に1人タダキャンペーンは3月28日までです。

さらに音声通話SIMだと月額割引と抽選に加えて、LINEモバイルの支払いに使えるLINEポイントが5000ポイント(5000円相当)もらえるキャンペーンも行っています。5000ポイントは2019年4月22日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの詳細評価

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万3000円のキャッシュバック

UQモバイルの通話SIMを申し込むと5000円のキャッシュバック、おしゃべりプランとぴったりプランを申し込む場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの詳細評価

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、ばり得キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。2019年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+1年間毎月4GB増量+通話SIMなら月額料金が3カ月1300円引+最大1万円分のギフト券

IIJmioでは2019年5月8日までに格安SIMを申し込むと通常3000円かかる初期費用が1円になり、データ量が12カ月間月1GB増量します。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに当サイト限定でデータ量が12カ月間さらに追加で毎月3GBもらえるキャンペーンも行っています。つまりこのサイト経由で申し込むと1年間、毎月4GB追加でもらえます!

2019年3月20日午前10時から数量限定でXperia XZ Premiumが4万円、OPPO R15 Neoが100円、AQUOS sense plusが1万円、P20 liteが7000円、ZenFone Live (L1)が5000円。売り切れた場合でも翌日の午前10時に再度販売する場合があります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの詳細評価

DMMモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

DMMモバイルの特徴:利用料金の10%がポイントバックで好きな漫画がタダで読める

DMMモバイルのキャンペーンの詳細、新規契約手数料3000円が無料+通話SIMなら最大3300円割引+Amazonギフト券が最大1万4000円分もらえる

DMMモバイルの格安SIM(データSIM/通話SIM)を申し込むと、新規契約手数料3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。通話SIMだと初期費用無料に加えて、月額料金が最大で合計3300円引になるキャンペーンも行っています。2019年5月16日までのキャンペーンです。

さらに当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分が追加でもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルの詳細評価

ZenFone Max Pro M1の目次へ戻る

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 3が一番無難です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.7GHzx4 Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • P20 lite
    • P20liteはnova lite 3より4000円ほど高くなりますが、RAMが4GBに増えて、Type Cに対応、画面が少しだけ広くなって、WiFiのacに対応しています。P20liteは2018年で一番売れている格安スマホです。5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh、auのVoLTE対応
  • OPPO R17 Neo
    • OPPO R17 Neoはコスパとゲーム性能が良い格安スマホです。UQ専売です。DSDVとauのVoLTEにも対応しています。トリプルスロットなのでDSDVとマイクロSDを同時に使うことができます。CPUオクタコア1.95GHzx4+1.8GHzx4 SDM660、RAM4GB、ROM128GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ156g、電池容量3600mAh
最終更新日 2019年2月5日 / 作成日 2018年12月30日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ZenFone Max Pro (M1)の性能評価+使える格安SIMとキャンペーン情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る