HUAWEI P20 lite (P20lite)の性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

HUAWEI P20 liteは2018年6月15日に発売した、ベゼルレスでノッチ付きの5.84インチの縦長ディスプレイを搭載した比較的コンパクトな格安スマホです。auのVoLTEにも対応しています。(ワイモバイル版だけauのVoLTEに対応していません)

2017年で一番売れた格安スマホ、P10liteの後継機がP20liteです。

P20 liteは、P10liteよりもCPUの性能が1割程度アップして、5.2インチのP10liteのディスプレイ周りの無駄な余白を少なくすることで、P10liteとほぼ同じ本体サイズで5.84インチのディスプレイを搭載しています。あとは、USB Type Cに対応しました。

※ ディスプレイ周りの無駄な余白を少なくすることを、ベゼルレスと言ったりします。ノッチはiPhone Xみたいにディスプレイ上部の凹っとした箇所をノッチと言います。

ボコッとしたところがノッチ↓ (P20lite)

価格は3万1980円(MVNOだと2万9000円前後)、比較的高性能なCPU、RAM3GB、ROM32GBを搭載しています。電池持ちも比較的良いです。

格安スマホのコスパ最強はnova lite 2ですが、P20 liteならau系の格安SIMでも使うことができます。

基本的には価格が安いnova lite 2がオススメですが、nova lite 2はau系の格安SIMでは使えないので、au系の格安SIM、UQ mobileを使う場合はP20 liteがオススメです。

P20 liteはnova lite 2とともに、2018年で1番目と2番目に売れる格安スマホです。ZenFone 5もかなり良い機種ですが価格が高いので、ZenFone 5は3番目に売れる格安スマホになると思います。

P20 liteはスマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにオススメの格安スマホです。

防水とおサイフケータイに対応している格安スマホを探している場合は、AQUOS senseまたはAQUOS sense liteがオススメです。比較的安い格安スマホでカメラ性能を重視する場合は、UQ mobile専売になりますがnova2がオススメです。他には、電池持ちを超重視する場合はZenFone 4 Maxも検討してみてください。

このサイトでは、HUAWEI P20 liteを購入して、電池持ちやカメラの実性能、GPSの精度、指紋認証の反応速度などの一連のテストを行なっています。(レビュー用にUQ mobileから1台借りて、格安SIMの通信速度ののリアルタイム計測用に2台ほどMVNOやAmazonなどで購入しました)

※ カメラ性能と電池持ちのテストには少し時間がかかるので、後日追加します。

HUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 liteのスペック(性能)

HUAWEI P20 lite
CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin 659
RAM4GB
ROM32GB (au版のHWV32だけ64GB)
ディスプレイ5.84インチ
解像度2280×1080、19:9(ノッチ付き)
カメラ1600万画素(F値2.2 / 1.12μm)+200万画素/前面1600万画素(F値2.0)
電池容量3000mAh
サイズ148.6 × 71.2 × 7.4mm
重さ145グラム
連続待受433時間 (auのVoLTEだと350時間、auの電池持ち時間75時間)
充電時間100時間
本体カラークラインブルー、ミッドナイトブラック、サクラピンク
価格家電量販店3万1980円(MVNOだと2万9000円前後)

Android 8.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE対応、ワイモバイル版だけauのVoLTE非対応)、指紋認証、顔認証、USB Type C 対応、Bluetooth 4.2 LE Support aptX、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、ジャイロスコープ搭載、緊急地震速報、津波速報/災害・避難情報(Jアラート)対応

※ 通常版のP20liteはデュアルSIMに対応していますが、UQ版、au版、ワイモバイル版のデュアルSIMは使えません

HUAWEI P20 liteの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26/28 (au VoLTE対応、ワイモバイル版だけauのVoLTE非対応)
TDD-LTE : B41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/5/6/8/19
2CA対応

P20liteには、SIMフリー版、UQ mobile版、au版、ワイモバイル版があります。

SIMフリー版とワイモバイル版は上記の対応周波数(バンド)に対応しています。UQ mobile版とau版も非常に高い可能性(95%以上)で上記のバンドに対応していると思われます。このサイトではUQ mobile版とau版もSIMフリー版と同じバンドに対応するとみなして評価しますが、自己判断でお願いします。

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1/3/19です。P20liteはすべて対応しているので、LTEの受信は問題ないです。ドコモ系はバンド21とバンド28を使っていますが、バンド21は超マイナーなバンド、バンド28は2015年から稼働したバンドでおまけ程度の影響しかないので気にしなくていいです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでのデータ通信や音声通話がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1/11/18/26/28です。バンド11は超地味な存在で、バンド28も地味な存在なので気にしなくて良いです。P10liteはバンド1/18/26/28に対応しているので、LTEの受信は問題ないです。

auのVoLTEにも対応しているので、VoLTE用のSIMを使えば、au系の格安SIM(通話SIM)で音声通話とSMSを使うことができます。

※ ワイモバイル版だけauのVoLTEに対応していないので、ワイモバイル版だけau系の格安SIMでは使えないので注意してください。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1/3/8です。P20liteは全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話とSMSの送受信が問題なくできます。

P20liteはドコモ系、au系(VoLTE用SIM/マルチSIM)、そしてソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。

※ ワイモバイル版のP20liteだけはau系の格安SIMでは使えません。

※ au版のP20liteはSIMロックを解除しないと、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでは使えないので注意してください。

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

P20 liteの評価と比較

比較的性能の良いCPUを搭載

P20 liteのCPUはオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin659です。格安スマホの中でも比較的良いCPUを搭載しています。

簡単に評価すると、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザでも満足して使えるCPUの性能です。

2017年で一番売れた旧モデルのP10 liteのCPUよりも1割ほど性能がアップしています。nova lite 2やnova 2と同じCPUを搭載しています。

Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムなどは、快適に遊ぶことができます。多少高度なゲームでもP20 liteでも普通に遊べます。

ただし、CPUがKirinなので、かなり高度なゲームをするのが好き場合は、少し避けた方が良いスマホになります。

大抵のスマホゲームは問題なく遊べますが、中にはやたらと重いゲームが存在します。例えば、有名どころではFGO(Fate Grand Order)などが重いゲームの代表格です。他には、タッチの反応速度がシビアなデレステのような3Dの音ゲーなども、重いゲームの代表格です。

こういったやけに重いゲームでも遊べますが、快適に遊べるかというと厳しいです。

もし万全にゲームをしたいのであれば、価格は5万円近くしますが超高度な3Dゲームでも快適に遊べる高性能なSnapdragonを積んでいるZenFone 4がオススメです。

ネットや、Twitter、Facebook、LINEなど、一般的な使い方や一般的なゲームの場合は、特に問題なく使うことができます。

P20 liteのAntutuのスコア(v7.0.9)

P20 liteのAntutuスコアは87,131になりました。

P20 liteのAntutuスコア(v7.0.9) 87,131
CPU: 41,311
GPU : 13,143
UX : 23,932
MEM: 8,745

nova lite 2のAntutuスコア(v7.0.4) 88,801
CPU: 41,851
GPU : 13,295
UX : 24,361
MEM: 9,294

nova2のAntutuスコア(v7.0.4) 82,710
CPU: 39,991
GPU : 13,320
UX : 21,859
MEM: 7,540

Antutuのスコアが高いほど高性能なCPU(&GPU&メモリ)を搭載していることになります。

P20 liteよりもnova lite 2の方が少しだけスコアが良いですが誤差の範囲なので気にしなくていいです。P20 liteはRAMが4GBありますが、RAM3GBのnova lite 2とほぼ同じ結果になりました。

同じCPUを搭載しているnova2のスコアが少し低いですが、nova2の本体サイズが小さいために、同じような性能構成でも発熱を抑えるために少し性能を抑えているのかもしれません。(本当のところは良くわかりません・・)

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
・Mate9: 146,184
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
nova lite 2: 88,801
・P20 lite: 87,131
nova2: 82,710
P10 lite: 77,155
・ZenFone 3: 77,021
nova lite: 75,044
ZenFone 4 Max 55,776
・ZenFone 2 Laser: 35,022

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら35,000程度でもわりと普通に使えますが、サクサク感は厳しいです。50,000あるとかなりサクサク使えて、もっとサクサク使いたい場合は70,000以上が望ましいです。

ゲーム好きな場合は、Antutuスコアが最低でも55,000がボーダーラインです。70,000以上である程度余裕が出てきて、高度なゲームでも大抵は問題なく遊べます。ただし、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

ゲームは暇つぶしと思っているくらいだと、35,000くらいでもそこそこ普通に遊べます。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細+電池消費と発熱時の温度 (この記事はまだv6.2.7基準の測定です。できるだけ早くv7以上の情報に修正します)

RAM4GB

P20 liteのRAMは4GBです。P20 liteの比較的高性能なCPUを支えるRAMとして、少し多めな印象です。

CPUが脳みそに相当しますが、RAMは勉強机の広さに相当します。RAMの容量が大きければより多くのアプリを同時に起動することができます。

高性能なCPUだとRAMは4GB以上あったほうがいいですが、比較的高性能なCPUだとRAM3GBでも十分な感じです。ただ、時間が経つにつれてOSのアップデートやらなんやらで、使用するRAMが少しずつ増えていきます。

一般的なユーザならRAM3GBでも大丈夫ですが、今後できるだけ長く快適に使っていきたい場合は、RAMは4GBくらいあると安心感が少し増える感じです。

P20 liteのRAMの使用量

初期設定後の起動直後でRAMを1.64GB使っていました。RAMの空き容量が2GB近くあるので、結構たくさんのアプリを同時に起動できそうです。

ROM32GB (au版だけROM64GB)

P20 liteのROMは32GBです。(au版のP20 lite HWV32だけROMは64GBです)

ROMは机の引き出しの大きさに相当します。ROMの容量が大きければより多くのデータを保存することができます。

P20 liteのROMは32GBあるので、アプリを比較的たくさんインストールすることができます。写真や音楽を比較的多く保存しても大丈夫です。

P20 liteのROMの空き容量

初期設定後の起動直後のROMの空き容量

20.84GBの空き容量がありました。デフォルトでインストールされているアプリを全て最新版に更新すると・・

空き容量は18.20GBになりました。必要ないアプリが結構入っているので削除します。

アプリの削除
設定 → アプリと通知 → アプリ

ここで必要なさそうなアプリをタップして、無効にしたりアンインストールしたりします。とりあえず、ウイルスバスターを削除しました。

こんな感じでとりあえず1.5GBほど空き容量を増やして、19.69GBになりました。

空き容量を増やすというよりも、最初にいらないアプリを削除しておけば、今後アップデートで邪魔なアプリのアップデートをしなくて済むのでオススメです。

写真などのデータはマイクロSDカードに保存するのがオススメ

1600円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、写真や動画、音楽、書籍データなどのデータはマイクロSDカード側に保存することをオススメします。

ROMが32GBあればある程度は大丈夫ですが、写真や動画をたくさん撮ったり、アプリをインストールしていくと、だんだんと厳しくなります。

加えて、スマホは精密機械なんで、何かの拍子で壊れる可能性があります。もしスマホが起動できないくらい壊れても、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておけば、ほぼ確実に写真のデータをもとに戻すことができます。(arrows Beは耐久性に優れているので、壊れる可能性は少ないですが・・)

他にも、保存容量を多く使う電子書籍系のアプリ(KindleやKobo等)や動画系のアプリ(Netflix等)は、データの相当部分をマイクロSDカード側に自動的に保存することができるので、ROMが32GBあっても、基本的にはマイクロSDカードを買って設定することを強くオススメします。

マイクロSDカードを購入して設定する

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon: microSDカード32GB Class10 UHS-I対応
Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO

マイクロSDカードは32GBぐらいがちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。下記のページで、マイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は、他機種の例になりますが参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

これで写真や動画、たいていの電子書籍系のアプリのデータがマイクロSDカードに自動的に保存されるようになります。

電池持ちは結構良さそうだけど注意が必要

P20 liteと同じような性能をしているnova lite 2の電池持ちは結構良いので、P20 liteの電池持ちも結構良いものになると思われます。

電池持ちに影響を与えるのは、CPUの性能、電池容量、画面の大きさです。省エネなCPUほど、電池容量が大きいほど、画面が小さいほど電池持ちが良くなります。

P20 liteはKirin659という、そこそこ省エネのCPUを搭載しています。電池容量は3000mAhで標準的です。画面は5.84インチの大画面ですが、画面比率が19:9なので、実際には縦に少し長い画面になっているので、そこまで大画面というわけでもありません。従来の16:9の5.5インチと面積的にはほぼ同サイズです。

P20 liteはnova lite 2よりも画面の大きさが3%〜4%くらい広くなるので、単純に電池持ちも3%〜4%くらい悪くなるくらいだと思われます。

P20 liteでも一般的な使い方や、少しヘビーな使い方でも、大丈夫な電池持ちになってそうです。

電池持ちに特化しているスマホというわけではないので、スマホをたくさん使いたい場合は、電池容量が4000mAhあるZenFone 4 Maxがおすすめです(ただし、ZenFone 4 Maxはスリープ時の電池持ちはよくないので、スマホをあまり使わない場合はオススメではありません)。

一般的な使い方ならP20 liteの電池持ちで満足すると思います。

P20 liteの実際の電池持ち

P20 liteの実機が届いたら電池持ちのテストを行う予定です。(電池持ちのテストは時間がかかるので、結果がわかりしだい後日追加します)

nova lite 2とほとんど同じになると思われます。ちなみにnova lite 2のYoutubeの連続再生時間は12時間15分です。

連続再生時間が8時間なら普通程度の電池持ち、10時間なら結構良いレベル、12時間以上でかなり良いレベル、14時間超えで超電池持ちが良いスマホと評価できます。

格安スマホで人気のP10 liteの連続再生時間は10時間、nova liteは12時間、AQUOS sense/liteは12時間30分、電池持ちに特化しているZenFone 4 Maxは14時間9分、ZenFone 5は14時間5分です。

その他の格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査を参考にしてください。

注意点:auの電池持ち時間が約75時間と短め

P20liteはauでも販売していますが、auのスペック表のP20liteの電池持ち時間が75時間と短めです。連続待受時間(au VoLTE)も350時間で短めです。ちなみにauで販売しているAQUOS senseの電池持ち時間は90時間、連続待受時間は650時間です。

ソフトバンク系の格安SIM(おそらくドコモ系の格安SIMも含む)を使う場合は、連続待受時間は433時間で普通レベルです。

一般的な使い方なら連続待受時間はそこまで影響は出ませんが、使わない間も電池をそこそこ消費するので、スマホをあまり使わない場合、au系の格安SIMで使う場合は少しウザい感じになります。

5.84インチの大画面で比較的コンパクト

P20 liteは5.84インチの大画面のディスプレイを搭載していますが、19:9の縦長ディスプレイなので比較的コンパクトな作りになっています。

nova lite 2大きさ 150.1 x 72.1 x 7.45mm 143グラム (5.65インチ)
P20 lite大きさ 148.6 x 71.2 x 7.4mm 145グラム (5.84インチ)
P10 lite大きさ 146.5 x 72.0 x 7.2mm 146グラム (5.2インチ)
ZenFone 5大きさ 153.0 x 75.6 x 7.7mm 165グラム (6.2インチ)

P20liteは旧モデルのP10liteより画面が12%くらい広くなりますが、P10liteと本体サイズがほぼ同じです。

nova lite 2と比べてもほぼ同じ本体サイズです。P20liteはノッチ付きなので、ノッチが付いている分だけnova lite 2よりも画面を少しだけ広く使うことができます。

ZenFone 5は5.5インチの画面サイズを縦長にしたもの、P20liteとnova lite 2は5.2インチの画面サイズを縦長にしたものです。

ZenFone 5はP20liteよりも一回り本体サイズが大きくなりますが、画面のサイズもP20liteより一回り大きくなります。

実際の画面の大きさの違い

画像をクリックすると2倍になります。

少しわかりにくいと思うので、画像をクリックして大きくして見てください。左から、P10lite、P20lite、nova lite 2、ZenFone 5です。

P10lite、P20lite、nova lite 2の本体サイズはほぼ同じです。P10liteと比較すると、P20liteならYahooで表示できる文章量が5行増えます。nova lite 2だと3行、ZenFone 5だと4行増えます。

これは結構な違いです。WebサイトやSNS(TwitterやFacebook、インスタ)などを一度に見れる範囲が増えるので便利です。

ZenFone 5はP10liteなどよりも本体サイズが一回り大きいのに行数の増加は4行ですが、これはZenFone 5で表示される文字が少しだけ大きいためです。

何れにしても、縦長ディスプレイは使ってみると気にいると思います。

実寸

P20 lite
画面:5.84インチ
実際の画面サイズ:134ミリ x 63ミリ
戻るボタン等(8ミリ)を無視した場合のサイズ:126ミリ x 63ミリ

nova lite 2
画面:5.65インチ
実際の画面サイズ:129ミリ x 64ミリ
戻るボタン等(8ミリ)を無視した場合のサイズ:121ミリ x 64ミリ

ZenFone 5
画面:6.2インチ
実際の画面サイズ:142ミリ x 68ミリ
戻るボタン等(8ミリ)を無視した場合のサイズ:134ミリ x 68ミリ

なぜかnova lite 2のほうがP20 liteよりも1ミリだけ画面の幅の実寸が大きいです。

保護ケースが必須なので高級感は無意味

P20 liteは高級感がある質感ですが、これ少しでも高いところから落とすと画面が割れます(あとピカピカして綺麗ですが、指紋がベタベタつきます)

そのため衝撃吸収性の高い保護ケースを付けて利用する必要があります。P20 liteには少し柔らかめの保護ケースが入っているので、とりあえずそのケースを付けて使うことを強くオススメします。

TPUケースという少し柔らかいケースです。P20 liteを買えば一緒に入っています。装着すると下記のようになります。

画面よりも1mmくらい保護ケースが出っ張っているので、落としても画面に直接衝撃がいくのを緩和してくれます。

これで大体の場合で大丈夫な気はしますが、そこまで完璧という感じでもないです。このケースで不安な場合は、下記の手帳型のケースがオススメです。

Amazon: P20 Lite 手帳型ケース マグネット/カード収納/横置き/ストラップ通し穴
Huawei P20 Lite ケース 手帳型 ファーウェイp20ライト - Rssviss サイドマグネット カード収納 横置き機能 ストラップ通し穴 高級PUレザー p20ライト ケース 財布型 (Huawei P20 Lite用) W5 ブラック

カメラ性能はダブルレンズカメラ搭載で普通っぽい(実機テスト待ち)

P20 ilteのカメラ性能
背面:ダブルレンズ1600万画素(F値2.2 / 1.12μm)+200万画素
前面:1600万画素(F値2.0)

1600万画素で高画質ですが、F値が2.2で高めです。

F値が大きいほど暗いところでカメラ写りが悪くなりますが、単純にF値の大きなカメラほどカメラ性能を重視していないので、明るいところでも写真写りが微妙になります。

スマホのカメラ性能は画素数だけでは評価できませんが、お金を出せば出すだけ、カメラの実性能が良くなる世界になっています。逆に、お金を出さないと、カメラ性能は値段相当の性能になります。

とはいえ、P20liteでも普通に写真を撮る分には問題なく写真が撮れる程度のカメラ性能です。

カメラ性能を重視する場合や、インスタ映えする写真を撮りたい場合、カメラ性能を重視した価格の高いスマホを選ぶことをオススメします。

UQ専売機ですが、P20liteと同じような価格だと、カメラ性能がワンランクアップしているnova2がおすすめです。価格が高くなりますが、ZenFone 5も結構カメラ性能が良くなっています。

P20liteのカメラ性能はあくまで価格相当の普通レベルだと思ったほうが良いです。

P20liteが届き次第、nova lite 2、P10lite、ZenFone 5などと一緒にカメラの比較テストを行います。(台風で天気が悪いので、天気が良くなったらテストしようと思います)

GPSの精度(実機テスト待ち)

実売価格が1万8000円を切るスマホだとGPSの精度が悪いスマホがごく稀にありますが、1万8000円以上ならGPSの精度が悪い可能性は相当少ないです。

P20liteも徒歩や自転車、電車、車などでも普通に使える精度になっていると思われます。(95%くらい問題ないと思っています)

P20liteが届き次第、P20liteを持ってウロウロしてGPSの精度を試して、その結果を後日ここに追記します。

格安スマホ等のGPSの精度の詳細は下記に記載しているので参考にしてみてください。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

指紋認証の精度は良い&速い

最近の大半の格安スマホと同じように、P20 liteにも指紋認証を搭載しています。P20 liteの背面に指紋センサーが付いていて、そこに指でタッチすれば指紋認証でスマホのロックを解除することができます。

真ん中の丸いところが指紋センサーになっています。この場所をスマホを持った手の人差し指でタッチして、ロックを解除します。

P20 liteの指紋センサーの精度も良く、サクッとロックを解除してくれます。

顔認証に対応(実機テスト待ち)

P20 liteは顔認証にも対応しています。

顔認証は自撮り用のカメラで自分の顔を撮影して、指紋認証の代わりに、自分の顔を向ければロックを解除できる機能です。スマホに顔を向けると0.8秒でロックを解除してくれます。

ただし、顔認証をするにはスマホの電源を押す必要があります。

指紋認証なら指紋認証のセンサーに指でタッチすればロックを解除してくれます。電源を押す必要はありません。顔認証だと、電源を押してスマホを正面に向けてロックを解除します。顔認証自体は0.8秒で解除してくれますが、電源を押すくらいなら最初から指紋認証にしたほうが手っ取り早いです。

指紋認証が出来るなら指紋認証がオススメですが、手袋を良くする場合、指紋が薄すぎて指紋認証に失敗しやすい高齢者などの場合は、顔認証を使い勝手が良いです。

顔認証はセキュリティ的に少し弱いので、スマホのセキュリティはそんなに重要ではない場合、指紋認証と顔認証を登録しておくと便利です。

注:UQ版、au版、ワイモバイル版のデュアルSIMは使えない

通常版のP20liteはデュアルSIMに対応していますが、UQ mobile版、au版、ワイモバイル版だとデュアルSIMは使えなくさせられています。

au版、ワイモバイル版だとそもそもシングルSIMに削減されているので、SIMカードは1枚しか入れられません。UQ mobile版はデュアルSIMですが、SIMスロット2がソフトウェアで潰されています。

UQ mobile版のSIMスロット2にSIMカードを挿入すると・・・

こんな感じで通信サービスなしになります。SIMスロット2にSIMカードを入れて挿入すると電話もネットもできません。

UQ mobile版での正しいSIMカードの入れ方

(SIMスロット1にSIMカードを置いて挿入する必要あり)

間違えて左側のSIMスロット2に入れると通信サービスなしで、電話もネットもできないので注意してください。UQ版だとSIMスロット2は日本では無能です。

Amazon、家電量販店、MVNOの通常のP20 liteのSIMスロット2も使える

Amazon、家電量販店、ワイモバイルとUQ mobile以外のMVNOで買った通常のP20 liteなら、SIMスロット2に入れた場合でも普通にネットや電話ができます。もちろんSIMスロット1でも普通に使えます。

P20 liteはデュアルSIMですが、DSDVやDSDSには対応していないので、SIMスロット2がauによって潰されていても実害は少ないのですが、SIMスロット2が使える場合は下記のように使うSIMカードをソフトウェア的に切り替えることができます。

DSDV(の一部)やDSDSだと両方のSIMカードの電話を着信できますが、デュアルSIMでもDSDVやDSDSに対応していない場合、データ通信を設定しているSIMカードでしか電話やSMSを着信することはできません。

そのためP20 liteのようにデュアルSIMでもDSDSに対応してないスマホで、2枚SIMカードを使うのは極めて稀です・・。2枚SIMカードを使いたい場合は普通はDSDSかDSDV対応スマホを選びます。

UQ版、au版、ワイモバイル版のP20liteのSIMスロット2は潰されていますが、実害は少ないです。ただ、わざわざ潰す必要があったのかは疑問です。

UQ mobileでP20liteを買った人で、ネットや電話が使えないと悩む人が結構出てくると思われます。実害があるとしたらこれだと思います。困ったときは、SIMスロット1に入れ替えて試しましょう!

P20 liteの内容物

P20lite本体、急速充電器(HUAWEI Quick Charger)、USBケーブル、クリアケース、イヤホンマイク、SIM取り出しピン、クイックスタートガイドが入っています。

P20 liteのホーム画面

今をときめく、coinhiveで有名になったトレンドマイクロ社のウイルスバスターが入っていました! (ゲゲゲっ

とりあえず、私はウイルスバスターを削除しました。スマホのセキュリティアプリって効果があるのか微妙で、入れなくても良いんじゃないかと思ったりするのですが、気になる場合はスマホのセキュリティとウイルス/盗難/紛失対策のセキュリティアプリを参考にしてみてください。

私はウイルスバスターを削除しました(二度目)

なんでトレンドマイクロ社のウイルスバスターを私は削除しているか気になる方は下記のサイトをご確認をー。超長いので暇で気が向いたときにでも・・。

高木浩光@自宅の日記:懸念されていた濫用がついに始まった刑法19章の2「不正指令電磁的記録に関する罪」

一部抜粋
> ウイルス対策ソフト販売会社は、人々を脅せば脅すほど儲かるのである。このように、何でもサイバー犯罪だと煽って、「セキュリティーソフトを入れれば……」と、自社製品を宣伝するわけだ。

P20 lite、nova lite 2、nova2の違い

P20 liteと競合するのはnova lite 2とnova2です。

主な違いP20 litenova lite 2nova 2
価格3万1980円
(実売2万9000円)
2万5980円
(実売2万2800円)
2万8980円
(UQ専売)
RAM4GB3GB4GB
ROM32GB32GB64GB
ディスプレイ5.84インチ5.65インチ5インチ
カメラ普通微妙良い
au VoLTE対応非対応対応
充電口Type CmicroUSBType C
WiFiのacac対応ac非対応ac対応 ac非対応

※ nova2のWiFiのacは非対応でした。6月16日修正。

P20 liteとnova lite 2の大きな差はauのVoLTEに対応しているか否かです。

P20 liteはauのVoLTEに対応しているのでau系の格安SIMでも使えます。nova lite 2はauのVoLTEに対応していないのでau系の格安SIMでは使えず、ドコモ系の格安SIMかソフトバンク系の格安SIMしか使えません。

au系の格安SIMが使えるメリットは、通信速度が超速いUQ mobileが使えるということです。

ざっくり評価してしまうと、通信速度が超速いUQ mobileを使いたい場合はP20 lite、UQ mobileを使う予定がない場合はP20 liteよりも安く買えるnova lite 2がオススメです。

ドコモ系の格安SIMを使う場合は、nova lite 2で十分な感じです。nova lite 2の実売価格は2万2800円、P20 liteの実売価格は2万9000円程度です。

ドコモ系の格安SIMで使う場合、P20 liteとnova lite 2の差は、RAMと充電口の違い、それとWiFiのac対応の有無です。画面の大きさはP20 liteのほうが3%くらい広いですが微妙です。

これらの差で6000円程度の価値があるかというと、悪くはないですが正直微妙なところです。

ただ、IIJmioのキャンペーンだと、P20liteが2万7800円(Amazonギフト券5000円プレゼント)、nova lite 2が2万1800円(Amazonギフト券3000円プレゼント)を行なっています。Amazonギフト券を考慮すると、実質的な差額は4000円です。これくらいの差額になると、P20liteで良いんじゃないかと思う感じです。

P20lite vs nova2 at UQ mobile

UQ mobileを使う場合はP20 liteかnova2です。一般的には画面の大きいほうが利便性が高くなるので、UQでは基本的にはP20 liteをオススメします。カメラ性能を重視する場合で、画面は少し小さめでも問題ない場合はnova2を選ぶ感じです。

P20 liteの評判

P20liteの前評判は上々です。

P8lite → P9lite → P10lite → P20lite

順当に格安スマホの性能が向上しています。P9liteは2016年で一番売れた格安スマホ、P10liteは2017年で一番売れた格安スマホでした。

P20liteも2018年で一番売れた格安スマホになるかというと、nova lite 2がSIMフリーとして販売されたのに加えて、ASUSがZenFone 5で復活したのでその差は微妙なものになると思います。

2018年で一番売れる格安スマホ
P20lite、nova lite 2、ZenFone 5、この三機種が競い合う形で売れるんだろうと思います。

他にもAQUOS sense Plus、SIMフリー版のarrows Be F-04Kなどの有望そうな格安スマホも発売されると思うので、ファーウェイ一強だった2016年、2017年とは異なる2018年になりそうです。

P20liteの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。P20liteも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:ファーウェイのスマホの口コミ

P20 liteが買えるMVNOとキャンペーン情報

P20 liteは主要なMVNOで取り扱っています。

これから格安SIMを使う場合は、キャンペーン割引があるMVNOで申し込むことをお勧めします。※ 3000円から3400円程度の事務手数料(または初期費用/SIMパッケージ費用)が加算されます。

P20 liteの定価:3万1980円

税込で計算すると面倒なので、全て税抜き価格になります。分割払いにできるところでも、分割にしてしまうと、分割手数料が15%くらい発生したりする場合があるので、一括払いで買うことをおすすめします。

おすすめ No1:UQ mobile、高額キャッシュバックと月額割引で実質ゼロ円〜1万4100円

UQ mobileでは、P20 liteを2万8900円で6月15日から販売しますが、ぴったりプラン、またはおしゃべりプランを申し込むと、マンスリー割という月額割引と高額のキャッシュバックをもらうことができます。

おしゃべりプランとぴったりプランを選ぶ場合

おしゃべり/ぴったりプランS
マンスリー割 200円x24ヶ月 = 4800円
+1万円のキャッシュバック
→ 2万8900円 – 4800円 – 1万円 = 実質1万4100円

おしゃべり/ぴったりプランM
マンスリー割 700円x24ヶ月 = 1万6800円
+1万1000円のキャッシュバック
→ 2万8900円 – 1万6800円 – 1万1000円 = 実質1100円

おしゃべり/ぴったりプランL
マンスリー割 700円x24ヶ月 = 1万6800円
+1万3000円のキャッシュバック
→ 2万8900円 – 1万6800円 – 1万3000円 = 実質ゼロ円、キャッシュバックが900円残る計算

最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーンはこちら → UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランは結構複雑なプランになっています。簡単に説明すると、電話をそこそこする場合にオススメのプランになっています。電話を全くしない場合は、お得度は微妙なものになるプランです。詳細はUQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプラン詳細まとめを参考にしてみてください。

キャッシュバックのもらい方や諸条件などの細かいことは、キャッシュバックキャンペーンの詳細と注意点をご確認ください。

その他のプランを選ぶ場合

データ高速+音声通話プラン(月3GB使える通話SIM)を申し込む場合は、マンスリー割(月額割引)は適用されませんが、5000円のキャッシュバックをもらうことができます。

データ高速+音声通話プランの場合
5000円のキャッシュバック
→ 2万8900円 – 5000円 = 実質2万3900円

UQ mobileのキャッシュバックキャンペーン

おすすめ No2:NifMo、高額キャッシュバック

NifMoでは、P20liteを2万8889円で販売していますが、さらにキャンペーンでかなり割安に手に入れることができます。

NifMo(ニフモ)のキャンペーンの詳細、格安スマホまたは格安SIMの申し込みで高額キャッシュバック

NifMo(ニフモ)では格安スマホを購入すると最大2万100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

対象の格安スマホ:P20 lite、nova lite 2、P10 Plus、Mate 10 Pro、AQUOS sense lite、ZenFone 5、ZenFone 5Q、ZenFone 4、ZenFone 4 Max、ZenFone Max Plus(M1)、Moto G6 Plus、Moto G6、Moto E5等

格安SIMのみ申し込む場合も最大15100円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。2018年6月30日まで。
キャンペーンの詳細を見る

NifMoのP20liteの詳細と申し込みはこちら →

※NifMoでは在庫切れを起こすことがあるので、検討する前に在庫があるかどうか確認することをオススメします。

NifMoは格安スマホを安く手に入るのに加えて、実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金も安いので格安SIMとしてもおすすめです。

NifMoの詳細評価

おすすめ No3:BIGLOBEモバイル、キャッシュバックと月額割引

BIGLOBEモバイルではP20liteを2万9760円で販売していますが、キャンペーン中につき、キャッシュバックや割引を複数適用することができ、かなり安くP20liteを手に入れることができます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大1万5300円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線のタイプDの月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックを行なっています。

通話SIMのみだと合計7200円の月額割引、通話SIMと格安スマホのセットだと合計1万800円、データSIMと格安スマホのセットだと合計3600円の月額割引を行なっています。さらに通話SIMだと4000円のキャッシュバックと月額料金の支払いに使える500円分のGポイントももらえます。

2018年8月5日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルのP20liteの申し込みはこちら → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVが月480円で見放題になるオプションがあるので、動画をたくさんみたい人にオススメの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの詳細評価

おすすめ No4:IIJmio、少し安い

IIJmioのP10 liteの価格は2万7800円です。IIJmioでは月額割引、Amazonギフト券のプレゼント、データ量増量キャンペーンを行なっています。データを比較的多く使う場合にオススメです。

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+月4GB増量+最大1万円分のギフト券+1年間月額料金が300円引き

IIJmioでは2018年7月31日までに格安SIMを申し込むと、通常3000円かかる初期費用が1円、1年間毎月3GB増量になります。それに加えて、音声通話SIMだと月額料金が1年間300円引き(合計3600円引き)、音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに今ならデータ量が1年間毎月1GB追加でもらえる当サイト限定のキャンペーンも行っています。通常キャンペーンと合わせて合計4GB増量です。例えば月3GBプランなら1年間毎月7GBも使えます!
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのP20liteの詳細と申込はこちら → IIJmio

IIJmioの詳細評価

たまに一番おすすめ:OCNモバイルONE、たまに大幅な端末割引

OCNモバイルONEで通話SIMを申し込む場合、P20 liteを2万6800円で販売しています。

OCNモバイルONEでは、P20 liteをさらに大幅割引で買えるキャンペーンを行ったりします。

1ヶ月に1回あるかないかの不定期の割引キャンペーンですが、その時はP20 liteがさらに割引価格になったりします。そのキャンペーンが行われている時はOCNモバイルONEが一番オススメになります。キャンペーンがあり次第下記のリンクでお知らせします。

OCNモバイルONEのキャンペーンの詳細、格安スマホの大幅割引セール実施中+通話SIMのみだとAmazonギフト券プレゼント

OCNモバイルONEでは通話SIMとセットに格安スマホを購入すると、通常価格よりも安く格安スマホを購入できるセット割引を行っています。さらに、今なら6月26日まで格安スマホがさらに大幅割引で買えるセールを実施しています。

nova lite 2が4800円、P20 liteが1万4800円、ZenFone 4が2万4580円、honor9が1万4480円、Mate 10 Proが4万5980円など超特価価格!(一部の機種は台数限定)
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのP20 liteの詳細と申し込みはこちら → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測230kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYoutubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

OCNモバイルONEの詳細評価

ワイモバイル

ワイモバイルでは、P20 liteを4万2500円で販売していますが、下記の月額割引を2年間適用することができます。

機種変の月額割引:スマホプランSは250円(合計6000円引き)、スマホプランM/Lは750円(合計1万8000円引き)

新規契約とMNPの月額割引:スマホプランSは750円(合計1万8000円引き)、スマホプランM/Lは1250円(合計3万円引き)

月額割引考慮後のワイモバイルのP20 liteの実質価格
機種変:スマホプランSは3万6500円、スマホプランM/Lは2万4500円
新規契約とMNP:スマホプランSは2万4500円、スマホプランM/Lは1万2500円

ワイモバイルのP20 liteはauのVoLTEには対応していないので注意してください。

ワイモバイルのP20 liteの詳細と申し込みはこちら → ワイモバイル

ワイモバイルの詳細評価

イオンモバイル

イオンモバイルではP20liteを3万1800円で販売しています。通話SIM(音声プラン)とセットにP20liteを申し込むと2万7800円で買えるキャンペーンを2018年9月3日まで行なっています。

イオンモバイルのキャンペーンの詳細、通話SIMの月額料金が最大4ヶ月半額、データSIMの初期費用3000円が5円(送料760円)

イオンモバイルでは、通話SIMの4/6/8GBを申し込んだ場合、2018年8月利用分まで月額料金が半額になるキャンペーンを行っています。データSIM(タイプ2)の4GB以上のプランを選ぶ場合は、初期費用3000円が5円になるキャンペーンを行なっています。2018年6月4日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

イオンモバイルの詳細評価

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルでは、P20liteを2万8800円で販売しています。

エキサイトモバイルのP20liteの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの詳細評価

mineo

mineoではP10liteを2万9400円で6月22日から販売します。

mineoの詳細評価

P20 liteだけ買いたい場合、Amazonで約3万1000円(税込)

契約が必要な格安SIMとセットではなく、P20 liteだけ買いたい場合は、Amazonがお勧めです。

Amazon: Huawei P20 lite
Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー ※クリアケース、イヤホンマイク付属※【日本正規代理店品】

Amazonだと価格が少し変わったりしますが、税込で約3万1000円ぐらいで買うことができます。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 5
    • ノッチ付きの6.2インチの縦長のベゼルレスになっています。auのVoLTEとDSDVにも対応しています。価格は5万2800円、6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDV対応、auのVoLTE対応
  • nova lite 2
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 2です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 2が一番無難です。価格は2万2800円、5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • nova2
    • UQ mobile専売モデルのコンパクトなAndroidスマホです。nova lite 2よりも各種性能が少し良くなっています。特にカメラ性能がかなり良いです。価格は2万8900円。5インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素(F値1.8)+800万画素、重さ143g、電池容量3000mAh
  • AQUOS senseとAQUOS sense lite
    • AQUOS sense/liteは、そこそこのCPUと防水・おサイフケータイ対応、RAM3GB、ROM32GBのバランスの良い日本仕様の格安スマホです。価格も3万円程度と比較的手頃な価格です。CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHz×4 SDM430、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148g、電池容量2700mAh
最終更新日 2018年6月17日 / 作成日 2018年6月14日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る