格安スマホ向け、ドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめ(4G/LTE/3G/WCDMA/CDMA2000の説明付き)

最終更新日 / 作成日 2015年11月16日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMや格安スマホを選ぶ上でLTEの対応バンドの把握は重要です。間違えると電波の受信が悪かったり、最悪の場合は電波を全く受信しなくなったりします。

ここでは、まず最初に対応バンドの基礎知識、2G、3G、4G(LTE)を簡単に説明した後に、ドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMが使っているバンドと、ついでにソフトバンクが使っているバンドをわかりやすく説明します。

2G、3G、4Gの基礎知識

2G、3G、4Gは電波形式の世代のことを指します。世代の数が大きい方が最新の世代になります。

日本国内で使う場合は、3Gと4G(LTE)だけ理解しておけばいいのですが、海外でも使う場合に2Gまで理解しておく必要があります。

ざっくり言うと、
・2Gは古い(日本では終了)
・3Gは少し古い
・4Gが一般的

Gはgenerationで世代を指しています。世代が新しくなるほど通信速度が速く快適になります。

2Gは日本ではすでに終了していますが、海外では使っているところがまだまだあるので、海外で使いたい場合は対応しておく必要があります。海外で使われている2GはGSMと呼ばれていて、GSM850/900/1800/1900MHzに対応していれば問題ありません。

3GにはW-CDMAとCDMA2000の2つの規格があります。ドコモとsoftbankが使っているのがW-CDMAです。auが使っているのがCDMA2000です。世界的にはW-CDMAが主に使われています。

4GはLTEとLTE-Advanceがあります。LTEが一般的に使われています。LTE-AdvanceはLTEの進化版です。

LTEの詳細

LTEはスマホでネットをする時に使う電波形式です。LTEに対応しているスマホを使うとネットがサクサクできる代物です。今売られているスマホのほとんどはLTEに対応しています。

3,4年前はLTEではなく3G(WCDMA、CDMA2000)という電波形式でスマホやガラケーでネットをしていました。3Gでは少しネットが遅かったため、もっと快適に使えるLTEが導入されました。

LTEは4Gと呼ばれたりもします。どちらを使っても基本的には同じ意味です。最初はLTEとして普及していましたが、4Gと呼ばれることが正式に認められて4Gとも呼ばれるようになりました。ここではLTEで統一します。

LTEはバンドで区切られています。バンドはバンド1からバンド44まであります。

LTEはバンドを大きく二つに分けています。
バンド1からバンド32までをFDD-LTEと呼びます。
バンド34からバンド44までをTD-LTEと呼びます。

日本や海外の多くはFDD-LTEのバンドを主に使っています。中国とインドが主にTD-LTEを使っています。

国(携帯キャリア)ごとに対応しているバンドが異なります。
そしてスマホごとに対応しているバンドも異なります。

何やら複雑に思えるかもしれませんが、有名どころの格安スマホを日本国内で使う場合は、気にする必要はあまりありません。知名度の低い格安スマホやSIMフリーのスマートフォンを使う場合、または海外でも使いたい場合に対応バンドを気にする必要があります。

対応バンドの合わせ方は、まず最初に購入しようとしているスマホの対応バンドを調べます。そして、使おうと思っている国(携帯キャリア)で使っているバンドと見比べます。携帯キャリアで使っているバンドが全てスマホで対応している場合は問題なく使えます。少し対応していなバンドがある場合でも基本的に問題なく使えます。全く対応していない場合は、使えません。電波をつかまないのでネットができません。音声通話は3Gを主に使っているので、音声通話も使いたい場合は、3G(または2G)も合わせる必要があります。

以上が、2G、3G、4Gの簡単な説明です。下記から実際に日本で使われている対応バンドを説明していきます。

日本で使われているLTEバンド

ドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)は同じLTEバンドも使っていますが、それぞれ異なるLTEバンドも使っています。

ドコモ系の格安SIM、楽天モバイル、DMM mobile等はドコモの回線を使っているので、ドコモと同じLTEバンドを使うことになります。au系の格安SIM、UQ mobileとmineoのauプランはauの回線を使っているので、auと同じLTEバンドです。ソフトバンクとワイモバイルは同じLTEバンドを使っています。

LTEバンド周波数ドコモauSoftbank
Band 12.1GHz
Band 31.7/1.8GHz
Band 8900MHz
Band 111.5GHz
Band 18800MHz
Band 19800MHz
Band 211.5GHz
Band 26800MHz(○)
Band 28700MHz(△)(△)(△)
Band 412.5GHz(□)(□)
Band 423.5GHz(将来)(将来)(将来)

◎は重要なLTEバンドです。○はそこそこ重要ですが代用できます。△は重要ではありません。□は用途が少し異なるので気にしなくて良いです。(将来)は現在使われていませんが将来使うことになるバンドなので気にしなくていいです。

Band 28は2015年から少しずつ稼働し始めたLTEバンドです。影響が出るのは2,3年はかかりそうなので、そんなに気にしなくても大丈夫です。対応していたら良いなーくらいのLTEバンドです。

Band 41はauがWimax 2+で使われているLTEバンドです。ソフトバンクはソフトバンク 4G(SoftBank Air、AXGP)で使っているLTEバンドです。スマホの場合はほとんど気にしなくていいです。

Band 42は2016年から少しずつ稼働すると言われているLTE-Advance用のバンドです。当分の間は気にしなくていいです。

ドコモとドコモ系の格安SIMが使っているLTEバンド

ドコモとドコモ系の格安SIMが使っているLTEバンドは、Band1、Band3、Band19、Band21です。

ちなみにドコモ系の格安SIMは、楽天モバイル、DMM mobile、IIJmio、mineoのドコモプラン、U-mobile、ぷららモバイルLTE、NifMo、BIGLOBE、FREETEL等です。UQ mobileとmineoのauプラン以外の格安SIMがドコモ系の格安SIMです。

Band1、Band3、Band19、Band21の4つのバンドを使っていますが、重要なのがBand1とBand19です。ドコモ系の格安SIMまたは格安スマホを使う場合は、Band1とBand19は必須です。

Band3は東京、名古屋、大阪で使われているバンドです。このバンドに対応していると東京、名古屋、大阪で通信速度が速くなる場合があります。Band3は世界でよく使われているバンドでもあるので、対応エリアは今後拡大していくと思います。

Band21は地方都市の一部で使われているそうですが、日本でしか使われていないので死にバンドです。ほとんど全ての格安スマホとSIMフリーのスマートフォン、iPhoneやNexus 5/6はBand21に対応していません。Band21に対応させようとすると、ほとんどのスマホを選べなくなるので、Band21は気にしなくて良いです。Band21は衰退していくと思います。

auとau系の格安SIMが使っているLTEバンド

au系の格安SIMはUQ mobileとmineoのauプランの二つだけです。

auとau系の格安SIMが使っているLTEバンドは、Band1、Band11、Band18、Band26です。Band26はBand5,6,18,19を含んでいます。Band18が入っていなくてもBand26に対応していれば、Band18を使うことができます。

重要なのはBand1とBand18(またはBand26)です。Band11は超地味な存在なのでなくても問題ないです。

SIMフリーのスマートフォンでBand1に対応している場合、対応バンド上では使うことができても、電波法上の問題などが発生する。au系の格安SIMで使えるのはauで販売している/販売していたスマホ、またはUQ mobileとmineoで販売していスマホ、あとはarrows M02ぐらいしかありません。

au系の格安SIMでもBand41に対応しています。つまりWimax 2+の電波があるところでは、Wimax 2+の高速データ通信を使うことができます。Wimax 2+は他のLTEバンドよりも通信速度が速いです。

ソフトバンクとワイモバイルが使っているLTEバンド

ワイモバイルはソフトバンクの子会社なので、ソフトバンクとワイモバイルは同じLTEバンドを使っています。一応、ワイモバイルは格安SIMの位置付ですが、実質的には大手キャリアと同じような2年ごとの自動更新になります。

ソフトバンクとワイモバイルが使っている主なLTEバンドはBand1とBand3です。Band8は使いづらいバンドだったので稼働が遅れてしまいましたが、2015年になってからエリアが拡大し始めました。Band8は今後は対応しておいたほうがいいバンドになっています。

Band3はもともとはイーモバイルが使っていて、のちにワイモバイルになって、最後にソフトバンクに吸収されました。

Softbank 4G LTEはこのBand1とBand3のことを言います。SoftBank 4GはBand41になります。

Band41はSoftBank Air(でかいモバイルルータみたいなやつ)で使っています。屋内だと電波が入りにくいのですが、屋外だと比較的通信速度の速いLTEバンドです。iPhone 6でもBand41に対応しています。ソフトバンクで使っているBand41をAXGPと呼んだりもします。

日本で使われている3G(W-CDMAとCDMA2000)

3Gは音声通話とデータ通信の両方で使われています。音声通話はVoLTEを使うことで4Gでも使えるようになり始めましたが、まだまだ3Gでの通話が主力です。格安SIMでVoLTEに対応しているのはmineoのauプラン(VoLTE対応SIM)だけになります。

3Gの規格にはW-CDMA(WCDMAまたはUMTS)とCDMA2000があります。日本ではドコモとソフトバンクがW-CDMAを使っていて、auがCDMA2000を使っています。W-CDMAとUMTSは同じものですが、ヨーロッパではW-CDMAをUMTSと呼んでいます。

世界的にはW-CDMAが主流です。CDMA2000を使っているのは日本のauとアメリカのVerizonくらいです。CDMA2000は特殊なのでCDMA2000のバンドは気にしなくて良いです。auで販売している/販売していたスマホはCDMA2000に対応していて、それ以外はCDMA2000には対応していません。(mineoとUQ mobileで販売している格安スマホはCDMA2000にも対応)

ここでは3GのW-CDMAのバンドについて説明します。基本的に3G = WCDMA = UMTSのことを指しています。

WCDMAバンド周波数ドコモauSoftbank
Band 12.1GHz
Band 6800MHz
Band 8900MHz
Band 91.7GHz?
Band 111.5GHz
Band 19800MHz

ドコモとドコモ系の格安SIMが使っているWCDMAバンド

ドコモとドコモ系の格安SIMが使っている主なWCDMAバンドはBand1とBand6です。Band19は以前使われていましたが、現在ではほとんど使われなくなっているので無視していいです。(Band6とBand19をあべこべに記載してしまいました。問い合わせからの指摘で気づいて修正しました。)

WCDMAバンドは主に音声通話をする時に重要になるバンドです。音声通話はWCDMAバンドを使っています。最近ではVoLTEを使ってLTEでも音声通話ができる機種が出てきましたが、ドコモ系の格安SIM(格安スマホ)はVoLTEにまだ対応していません。

Band1ほほとんどすべてのスマホで対応していますが、Band 6に対応していないスマホもあります。

Band6はFOMAプラスエリアで使われています。FOMAプラスエリアは主に山間部などで使われています。山間部に住んでいなければ基本的には気にしなくて良いですが、山間部に住んでいる場合や山登りなどによく行く場合などにはFOMAプラスエリアに対応したBand6が必要になります。

Band6に対応していないと山で電話が通じないみたいなことがあります。

ソフトバンクとワイモバイルが使っているWCDMAバンド

ソフトバンクとワイモバイルが使っているWCDMAバンドはBand1とBand11です。Band11(ULTRA SPEED)はWCDMAでもデータ通信を高速にするためのBandです。

Band9はワイモバイルで使われていたのですが、Softbankの子会社になってからどうなったのかよくわかりません。

格安SIMと格安スマホのためのドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめ

格安SIM(格安スマホ)の不満点の一つに通信速度の遅さがあります。

格安SIM(格安スマホ)の通信速度が遅くなる原因
・格安SIM自体が遅い
・格安スマホの性能が悪い
・対応バンドが少ない

通信速度が遅い格安SIM、普通の格安SIM、速い格安SIMがあります。格安SIMごとの通信速度はMVNO格安SIMの通信速度の比較記録に掲載しているので参考にしてみてください。

次に、格安スマホの性能が悪いと通信速度が遅くなっているような印象を受けるようになります。CPUがクワッドコアではなく、デュアルコアだったり、クワッドコア1.2GH未満だったり、ROMが8GBでROMを目一杯使ってしまっている場合に、スマホの性能により、サイトを読み込むのが遅くなったりします。

最後に、格安スマホの対応バンドが少ない場合です。一番気をつけたいことは、3G専用端末です。3G専用端末だとLTEが使えないので、データ通信がその分遅くなります。LTEに対応している格安スマホ、並び主要なにLTEバンドに対応している格安スマホを選ぶのが重要になります。

一番重要なのが対応バンドです。次に、格安SIM自体の通信速度と格安スマホの性能です。

スマホのヘビーユーザの場合は上記の三つ全て把握することをお勧めします。

スマホの一般ユーザの場合は対応バンドと格安スマホの性能を優先して対処することをお勧めします。一般ユーザの場合は、そこまで格安SIM自体の通信速度を気にする必要はあまりありません。

スマホのライトユーザの場合は対応バンドだけ気にして下さい。安っぽいスマホでも、対応バンドさえ押さえておけば、ライトな使い方なら特に問題はないです。

おすすめの格安スマホと白ロム

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)

  • arrows M02/RM02
    • 今一番オススメなのがarrows M02/RM02です。おサイフケータイと防水に対応していて電池持ちも格安スマホの中で一番良いです。価格もMVNOで2万9800円(税抜)で買うことができます。ドコモ系とau系の両方の格安SIMを使うことができます。CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149g、電池容量2330mAh。
  • Zenfone 2 Laser
    • Zenfone 5の改善版がZenfone 2 Laserです。大ヒットした格安スマホ、ZenFone 5の弱点だった電池とカメラが改善されています。税込3万24円で5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145g、電池容量2400mAh。
  • Huawei P8lite
    • 3万円の格安スマホの中でもコストパフォーマンスが良いのがP8liteです。価格は税込みで3万円888円、5インチ、CPUオクタコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ131g、電池容量2200mAh。
  • Xperia A SO-04E
    • 格安SIMが使えて一番安くまともな性能を持っているのがXperia A SO-04Eです。税込1万5000円程度で買えて、性能が4.6インチ、CPUクワッドコア 1.5GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ141g、防水、ワンセグ対応、電池容量2300mAh、おサイフケータイ対応です。
  • GALAXY S4 SC-04E
    • Xperia A SO-04Eよりも画面が少し大きいのがGALAXY S4 SC-04Eです。税込1万7000円程度で買えて、性能が5インチ、CPUクワッドコア 1.9GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1320万画素、重さ134g、ワンセグ対応、電池容量2600mAh、おサイフケータイ対応です。

おすすめの格安SIM

  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通ですが、楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをいつも行っているので、楽天市場で買い物をすることがある人に一番おすすめの格安SIMになっています。通話SIMの場合は楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。
  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度も速くIIJmioと同じくバースト機能があります。
  • UQ mobile
    • UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。
  • mineo
    • au系の格安SIM(auプラン)とドコモ系の格安SIM(ドコプラン)の両方の格安SIMを提供しています。mineoの場合、音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金が発生しません。ちょっと試してみたい場合におすすめの格安SIMになっています。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る