格安SIMの基本的なこと、格安SIMとは何?

最終更新日 / 作成日 2015年3月17日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMについて説明する前に、まず最初にSIMカードについて説明します。順々にわかりやすく説明していくので、最後まで読むと格安SIMの正体がすっきりわかると思います。

SIMカードの説明 → 格安SIMカードの説明 → 格安SIMの説明 → (おまけ)MVNOの説明

SIMカードって何?

SIMカードとは携帯電話(スマートフォン)の中に入っている小さいチップのことを言います。

この1円玉よりも小さいのがSIMカードです。

携帯電話(iPhone5)の中には下記のように入っています。

SIMカードには3種類のサイズがあります。

  • 一番大きなサイズの標準SIM
  • 中くらいの大きさのマイクロ(micro)SIM
  • 一番小さいナノ(nano)SIM

写真のSIMカードはナノSIMのサイズになります。マイクロSIMが一般的なサイズです。

SIMカードは携帯キャリアによって(通常の)SIMカードと格安SIMカードという呼び方に変わります。

(通常の)SIMカードと格安SIMカードの違い

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアが提供しているSIMカードを(通常の)SIMカードと言います。

少し大雑把ですが、大手キャリア以外の携帯キャリアが提供しているSIMカードを格安SIMカードと言います。なぜ格安というのかというと大手携帯キャリアと比べて月額料金が圧倒的に安くなるからです。

格安SIMカードでもSIMカードと呼んでも問題ありませんが、便宜上わかりやすくするために格安SIMカードといって区別しています。

格安SIMカード = 大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外の携帯キャリアのSIMカード

大手携帯キャリア以外の携帯キャリア
DMM mobile、楽天モバイル、OCN、IIJmioなどその他沢山あります。

格安SIMカードと格安SIMの違い

格安SIMカードだと少し名前が長いので、格安SIMと呼ばれます。それだけです。

おまけ:用語解説、MVNOとは何?

MVNO(エムブイエヌオー)とは格安SIMのサービスを提供している携帯キャリアのことを言います。DMM mobile、楽天モバイル、OCN、IIJmio等をそれぞれMVNOといいます。基本的にドコモやau、ソフトバンク等の大手携帯キャリア以外の携帯キャリアをMVNOと呼びます。

MVNOのDMM mobile、MVNOの楽天モバイル、MVNOのOCN等と呼んだりします。MVNOは独自の回線を持たない代わりに、ドコモやauの回線を借りて携帯サービスを行っています。

格安SIMはなぜ安いのか?

格安SIMはドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアと契約するのではなく、DMM mobile、楽天モバイル、OCN、IIJmioなどの大手キャリア以外の携帯キャリアと契約します。

今まで月6000円から7000円くらいかかっていた携帯電話代が、格安SIMにすることで月2000円くらいに節約することができます。

多くの人が疑問に思うこと
「なぜ、こんなに安くなるの?」

答えはドコモやau、ソフトバンクがぼったくってるからです。格安SIMが安すぎるのではなく、ドコモやau、ソフトバンクが高すぎるんです。その証拠に、毎年ドコモやau、ソフトバンクは巨額の利益を出しています。

電話の質やネットの速度など格安SIMでもドコモ品質です。格安SIMを提供している多くの携帯キャリアがドコモの設備を使っているからです。auの設備を使っている携帯キャリアが少しあります。

「格安SIMはちょっと難しそう、面倒くさそう、よくわからない・・・・」

格安SIMにするための最初の手続きは若干手間なのは否定できませんが、放置すれば放置するほど、無駄に高い月額料金を払う羽目になり、大手キャリアの養分になるだけです。

このサイトで格安SIMに無事移れるように全力でサポートします。

とりあえず下記の3つのページを読んでみてください。

この2つのページで格安SIMヘの移り方がかなりクリアになると思います。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

↑このページの先頭に戻る