arrows Be F-04Kの詳細スペックと性能レビュー&使える格安SIMのまとめ(2018年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(102)

arrows Be F-04Kは2018年5月25日に発売されたドコモのスマホです。ドコモ回線の格安SIMで使えます。

発売当時そこそこ高性能だったので、今でも普通に使えます。片手でスマホを操作するのに特化したのがarrows Be F-04Kです。

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kは比較的コンパクトな5インチの画面なので、片手でスマホを操作するのも楽です。さらにExliderという側面の電源ボタンでスマホを片手で簡単に操作できます。

最近のスマホは画面が割れやすいですが、arrows Beは高さ1.5mから26方向でコンクリートに落とす落下テストでも画面が割れない構造になっています。

ーーー 以下2018年時点の評価 ーーー

CPUは発売当時としては新型の省エネで比較的高性能なSnarpdragon 450(以下、SDM450)です。一般的な使い方なら問題なく使うことができます。

SDM450の省エネ性能はかなり良く、画面は5インチのHD(720×1280)なので、電池持ちはかなり良いものになっています。

arrows Be F-04Kの詳細スペック(性能)

arrows Be F-04K
CPUSnapdragon 450 オクタコア1.8GHz SDM450
GPUAdreno 506
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5インチ Gorilla Glass 5
解像度720×1280(HD)
カメラ背面1220万画素(F値1.9)/前面800万画素(F値2.4)、電子手ぶれ補正
電池容量2580mAh、ドコモ電池持ち時間130時間
サイズ144×72×8.3mm
重さ146グラム
連続待受530時間
本体カラーホワイト、ブラック、ピンク
発売日2018年5月25日
価格(税抜)3万1680円

Android 8.1 (Android 10へアップデート可)、テザリング対応、外部マイクロSD(最大400GB)、nanoUIM(ナノSIM)、指紋認証(電源ボタン)、WiFi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、USB Type C 2.0、ワンセグ(内蔵アンテナ/録画不可)、防水・防塵、耐衝撃、おサイフケータイ、伝言メモ

arrows Beが使える格安SIMのまとめ

arrows Be F-04Kの対応バンド

FDD-LTE: B1/3/5/12/17/19
TD-LTE: B38/39/41
W-CDMA: B1/5/6/19

arrows Beはドコモ回線の格安SIMで使えます。SIMロックの解除は不要です。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間1200円引き+SIMのみは初期費用無料と1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間1200円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、翌月から6ヶ月間1200円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

おすすめの格安SIM:LINEモバイル(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら速度が速く、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使えます。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、シークレット特典で最大5000円相当プレゼント+月額料金3ヶ月500円+格安スマホぽっきりSALE

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと翌月から3ヶ月間は980円引きで使えるキャンペーンを行なっています。(3GBプランなら月500円)

格安スマホのnova lite 3が1万2000円、OPPO Reno3 Aが2万4000円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるセールを行っています。2020年11月4日までのキャンペーンです。

SIMのみの申込みなら、シークレット特典で最大5000円相当のポイントがもらえます(シークレット特典の終了日は未定)。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルを徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

2018年発売時のarrows Be F-04Kの性能レビュー

比較的高性能で省エネなCPUを搭載

※ ここからはarrows Be F-04K = arrows Beと省略して説明していきます。

arrows BeのCPUはSnapdragon 450 オクタコア1.8GHzです。(以下、SDM450)

ざっくり評価すると比較的高性能で省エネ性能に優れたCPUです。

SDM450は比較的高性能で省エネで好評だったSDM625の派生バージョンです。SDM625(クロック数2.0GHz)はそもそも省エネで評判だったのですが、SDM450はクロック数を1.8GHzに抑えることで、さらに省エネが進んでいます。

ゲームも比較的快適にプレイできる

arrows Beは一般的な使い方はもちろん、ゲームも比較的快適にプレイできます。モンストやツムツム、パズドラ、ポケモンGOなどなど普通にできます。ゲームをしている時の電池持ちも良いです。

ただし、スマホゲームの中にはやたら高性能なCPU/GPUが必要なゲームがあります。代表例は音ゲーとFGOです。SDM450でもそこそこ普通に遊べますが、快適に遊ぶとなると少し厳しいです。

ゲーム性能をそこまで重視していない場合は、arrows Be F-04Kでも十分な性能です。

arrows Be F-04KのAntutuのスコア(v7.0.9)


(tested by あおなぎさん)

arrows Be F-04KのAntutuスコアは71,485になりました。

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM765G、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

RAM3GBとROM32GBを搭載

arrows BeはRAM3GBとROM32GBを搭載しています。

壊れにくい耐衝撃&Gorilla Glass 5

arrows Beは、高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させても画面が割れないことを確認する試験をクリアしていて、壊れにくい耐衝撃スマホになっています。

画面が割れにくいポイントは、Corning Gorilla Glass 5、画面保護フレーム、フレーム一体型のフロントホルダー、リジッドベゼルという点です。

Corning Gorilla Glass 5
1.6mの高さから硬い地面に落としても80%の可能性で割れない強化ガラスを使用しています。高額なスマホだとCorning Gorilla Glass 5を使っている場合がありますが、3万円前後のスマホでCorning Gorilla Glass 5を使っているのはarrows Beくらいな気がします。

画面保護フレーム
画面の上下端に0.3mmのフチを作って、落下時に画面が直接地面に当たりにくくしています。

フレーム一体型のフロントホルダー
両サイドをステンレスフレームで補強して、スマホ本体が曲がりにくくします。

リジッドベゼル
側面に丸みをつけて、落下時の衝撃を分散させ、画面への衝撃を抑制します。

こんな感じで落下時の画面割れを防ぐ工夫がかなり施されています。

他にも米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)、落下、耐衝撃、防水、防塵、塩水耐久、防湿、耐日射、耐振動、熱衝撃、高温動作、高温保管、低温動作、低圧動作、低圧保管、氷結に準拠した試験を実施しています。

arrows Be F-04Kなら保護ケース無しでも大丈夫です。(念ため保護ケースに入れて使うとより良いですが・・)

電池持ちがかなり良い

スマホの電池持ちはCPU(SoC)、画面のサイズと解像度、電池容量、連続待受時間、ドコモ電池持ち時間でだいたいの予想が付きます。

arrows BeのCPUは省エネ性能に優れたSDM450、5インチで解像度は720×1280(HD)、電池容量は2580mAh、連続待受時間は530時間、ドコモ電池持ち時間は130時間です。

最近のスマホは高解像度で6インチ近い大画面化が進んでいますが、arrows Beは5インチなので、画面が小さいほど電池消費が少なくなります。解像度も720×1280(HD)の低解像度なので省エネです。

電池容量は2580mAhなので少し少なめです。

連続待受時間は500時間程度が標準なので530時間はそこそこ良いほうです。(連続待受時間はスマホをスリープにした状態での電池の持ち時間です)

ドコモ電池持ち時間は100時間〜110時間くらいが一般的な感じなので、130時間は割と長持ちするほうです。

総合的評価してarrows Beの電池持ちはかなり良いものになります。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち
Redmi Note 9S17時間15分
Pixel 4a11時間9分
OPPO Reno3 A11時間25分
OPPO Reno A9時間59分
P30 lite10時間38分
AQUOS sense314時間14分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

カメラ性能は普通な感じ

arrows Beのカメラ性能
・背面1220万画素(F値1.9)
・前面800万画素(F値2.4)
・電子手ぶれ補正

arrows Beのカメラの主な特徴

高感度カメラ
旧モデル(arrows Be F-05J)の約1.7倍の明るさで撮影できるので、暗いところでも明るめに撮ることができます。

被写体をズームして動画を撮影、Live Auto Zoom
人が目で追うようにカメラ自らが被写体を追い、なめらかにズームします。自動ズームを使えば、走る子どもを見逃す心配もなく、自然にズームアップした楽しい動画を撮影できます。

arrows Beは旧モデルよりもF値の低いカメラレンズを使っているので、暗いところでも比較的キレイに撮ることができます。Live Auto Zoomでフォーカスを合わせたい被写体を指で丸く囲うことで、被写体をズームして追いかけて動画の撮影ができます。

カメラのカタログスペックはスマホとしては普通レベルですが、arrowsのスマホは歴史的にカメラの実性能はそんなに良くないです。

普通に使う場合はarrows Be F-04Kのカメラ性能でも十分使えますが、カメラ性能を重視する場合はarrowsスマホは避けたほうが無難です。

指紋認証に対応

arrows Beは指紋認証に対応しています。

電源キーに指紋認証が搭載されています。

内部アンテナ付きのワンセグに対応

arrows Beはワンセグに対応していて、TVアンテナを内蔵しているので外付けケーブルを使わなくてもワンセグを視聴することができます。

たいていのワンセグ対応機種は外付けケーブルをイヤフォンジャックに取り付けないとワンセグが見れないので、ワンセグをよく見る場合はarrows Beは便利です。

ただし、arrows Beではワンセグで録画はできません。

Exlider、側面の電源ボタンで楽々スマホ操作

arrows Beには親指で電源ボタンをなぞるだけで、スマホを操作できるExlider(エクスライダー)という機能が付いています。

Webサイトを見ているときに、電源キーをスライドして指を止めると、自動的に画面がスクロールします。上方向にスライドすると上に自動スクロール、下方向にスライドすると下に自動スクロールします。自動スクロールの速度も3段階で調整できます。

Exliderは片手で操作したい場合に便利な機能です。

電源ボタンの上下で画面を拡大・縮小することもできます。

arrows Beなら片手で文字を見やすく・読みやすく、簡単に操作できます。

その他の細々としたこと

防水(洗剤でも洗える)・防塵・おサイフケータイ対応

arrows Beは防水・防塵・おサイフケータイにも対応しています。

洗剤でも洗える防水機能なので、汚れたら洗剤でガシガシ洗うことができます。普通の防水スマホだと、洗い流すくらいは大丈夫ですが、洗剤でガシガシ洗うとまずいことになりますが、arrows Beなら大丈夫です。

WiFi 802.11ac対応

arrows BeはWiFi 802.11acにも対応しています。WiFiの接続が安定します。3万円前後だとacに対応していないスマホもあるので、少し嬉しいポイントです。

2018年発売時のarrows Be F-04Kの評判

arrows Be F-04Kの評判は上々です。

旧モデルのarrows Be F-05JはCPUの性能が低すぎて洗えるだけのゴミスマホで、Galaxy feelやAQUOS senseに惨敗しました。

arrows Be F-04Kになってようやく新型の比較的高性能で省エネなCPU(SDM450)を搭載することにより、極めてまともな性能のスマホになりました。

性能もまともで、本体価格も税込3万3696円と比較的手頃な価格に抑えられている点も評価されています。

arrows Be F-04Kは発売されてから少し経ちますが、壊れにくいことと、スマホを片手で操作しやすいことが評価されて、ロングセラーになっています。

ちなみにドコモwith対象端末としてLG style L-03Kが2018年6月に発売されましたが、LG styleはarrows Beのような長所がないため、LGのほうは早々に売れなくなってしまいました。

その他の格安スマホの情報

格安スマホのおすすめ機種ランキング&性能比較と評価レビューでは、今売れている端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年8月24日 / 作成日 2018年5月27日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「arrows Be F-04Kの詳細スペックと性能レビュー&使える格安SIMのまとめ(2018年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント