arrows Be F-04Kの性能と評判+詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

arrows Be F-04Kは2018年5月25日に発売されたドコモのスマホです。ドコモとドコモ系の格安SIMで使うことができます。

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kは比較的コンパクトな5インチの画面で、縦長画面でもないので、片手でスマホを操作するのも楽になっています。さらにExliderという側面の電源ボタンでスマホを片手で簡単に操作することができます。

片手でスマホを操作するのに特化したのがarrows Be F-04Kです。

最近のスマホは画面が割れやすいですが、arrows Beは高さ1.5mから26方向でコンクリートに落とす落下テストでも画面が割れない構造になっています。

CPUは発売当時としては新型の省エネで比較的高性能なSnarpdragon 450(以下、SDM450)です。一般的な使い方なら問題なく使うことができます。SDM450の省エネ性能はかなり良く、画面は5インチのHD(720×1280)なので、電池持ちはかなり良いものになっています。

ただし、arrows Be F-04Kは発売から1年経つので今から買う機種ではありません。ドコモのスマホの購入を検討している場合は、下記のランキングページを参考にしてみてください。

ドコモのAndroidスマホのおすすめランキングと性能評価

arrows Be F-04Kのスペック(性能)

arrows Be F-04K
CPUSnapdragon 450 オクタコア1.8GHz SDM450
GPUAdreno 506
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5インチ Gorilla Glass 5
解像度720×1280(HD)
カメラ背面1220万画素(F値1.9)/前面800万画素(F値2.4)、電子手ぶれ補正
電池容量2580mAh、ドコモ電池持ち時間130時間
サイズ144×72×8.3mm
重さ146グラム
連続待受530時間
本体カラーホワイト、ブラック、ピンク
発売日2018年5月25日
価格(税抜)3万1680円

Android 8.1、テザリング対応、外部マイクロSD(最大400GB)、nanoUIM(ナノSIM)、指紋認証(電源ボタン)、WiFi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、USB Type C 2.0、ワンセグ(内蔵アンテナ/録画不可)、防水・防塵、耐衝撃、おサイフケータイ、伝言メモ

対応周波数(バンド)

FDD-LTE: B1/3/5/12/17/19
TD-LTE: B38/39/41
W-CDMA: B1/5/6/19

格安SIMへの対応

arrows Be F-04Kはドコモのスマホなので、ドコモ系の格安SIMでも使うことができます。

SIMロックを解除してもau系の格安SIMでは使えません。対応バンドの違いとauのVoLTEに対応していないので無理です。SIMロックを解除すれば、ソフトバンク系の格安SIMならある程度使えますが、対応バンドの違いから電波の受信が悪くなります。

arrows Beの目次

arrows Be F-04Kの評価と比較

比較的高性能で省エネなCPUを搭載

※ ここからはarrows Be F-04K = arrows Beと省略して説明していきます。

arrows BeのCPUはSnapdragon 450 オクタコア1.8GHzです。(以下、SDM450)

ざっくり評価すると比較的高性能で省エネ性能に優れたCPUです。

SDM450は比較的高性能で省エネで好評だったSDM625の派生バージョンです。SDM625(クロック数2.0GHz)はそもそも省エネで評判だったのですが、SDM450はクロック数を1.8GHzに抑えることで、さらに省エネが進んでいます。

ゲームも比較的快適にプレイできる

arrows Beは一般的な使い方はもちろん、ゲームも比較的快適にプレイできます。モンストやツムツム、パズドラ、ポケモンGOなどなど普通にできます。ゲームをしている時の電池持ちも良いです。

ただし、スマホゲームの中にはやたら高性能なCPU/GPUが必要なゲームがあります。代表例は音ゲーとFGOです。SDM450でもそこそこ普通に遊べますが、快適に遊ぶとなると少し厳しいです。

大体のゲームは遊べますが、音ゲーみたいな負荷の高いスマホゲームを快適に遊びたい場合、ミドルスペックのdocomo with対象端末は諦めて、ドコモの超高性能スマホが超安い「Special Price」のスマホのおすすめランキングを参考に高性能なスマホを検討してみてください。

ゲーム性能をそこまで重視していない場合は、arrows Be F-04Kでも十分な性能になっています。

arrows Be F-04KのAntutuのスコア(v7.0.9)


(tested by あおなぎさん)

arrows Be F-04KのAntutuスコアは71,485になりました。

AQUOS sense2のAntutuスコア(v7.1.1) 72,469
CPU: 33,216
GPU : 12,110
UX : 21,137
MEM: 6,006

Galaxy Feel2のAntutuスコア 115,000程度
CPU: 50,000
GPU : 25,000
UX : 30,000
MEM: 6,000

arrows Be F-04KとAQUOS sense2は同じCPUを搭載してるので、Antutuスコアも似たり寄ったりです。Galaxy Feel2はarrows Beよりも1万円くらい価格が高くなるので、より高性能になっています。

下記はAntutuテストv7以上での評価基準です。

一般的な使い方なら70,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。80,000ぐらいで比較的サクサク使えて、100,000以上で普通の使い方で十分満足できるサクサク感になります。

スマホをたくさん使う場合やゲームが好きな場合はAntutuスコア130,000以上のスマホ、スマホを超たくさん使う場合やゲームが大好きな場合はAntutuスコア200,000以上のスマホがおすすめです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

arrows Beの目次

RAM3GBとROM32GBを搭載

arrows BeはRAM3GBとROM32GBを搭載しています。

RAMの容量が大きいほど一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは3GBで十分です。arrows BeのCPUの性能的にもRAM3GBがちょうど良い感じです。

スマホをたくさん使いたい場合は、docomo with対象端末の性能では少し厳しいです。docomo with対象端末は基本的に、スマホを少しヘビーに使う程度までの人をカバーしています。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROMは32GBもあるので、アプリを比較的たくさんインストールすることができます。

写真などのデータはマイクロSDカードに保存するのがオススメ

1600円程度のマイクロSDカード(32GB)を買って、写真や動画、音楽、書籍データなどのデータはマイクロSDカード側に保存することをオススメします。

ROMが32GBあればある程度は大丈夫ですが、写真や動画をたくさん撮ったり、アプリをインストールしていくと、だんだんと厳しくなります。

加えて、スマホは精密機械なんで、何かの拍子で壊れる可能性があります。もしスマホが起動できないくらい壊れても、マイクロSDカードに写真などのデータを保存しておけば、ほぼ確実に写真のデータをもとに戻すことができます。(arrows Beは耐久性に優れているので、壊れる可能性は少ないですが・・)

他にも、保存容量を多く使う電子書籍系のアプリ(KindleやKobo等)や動画系のアプリ(Netflix等)は、データの相当部分をマイクロSDカード側に自動的に保存することができるので、ROMが32GBあっても、基本的にはマイクロSDカードを買って設定することを強くオススメします。

マイクロSDカードを購入して設定する

どのマイクロSDカードを選べばいいのかわからない場合は、とりあえず下記を選んでください。一番無難な選択肢です。

Amazon: microSDカード32GB Class10 UHS-I対応
Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO

マイクロSDカードは32GBぐらいがちょうどいいです。他メーカーでもかまいません。届いたら早速設定します。下記のページで、マイクロSDカードを入れて設定するやり方を載せているので、やり方にあまり自信がない場合は、他機種の例になりますが参考にしてみてください。

マイクロSDカードを格安スマホで使う

これで写真や動画、たいていの電子書籍系のアプリのデータがマイクロSDカードに自動的に保存されるようになります。

arrows Beの目次

壊れにくい耐衝撃&Gorilla Glass 5

arrows Beは、高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させても画面が割れないことを確認する試験をクリアしていて、壊れにくい耐衝撃スマホになっています。

画面が割れにくいポイントは、Corning Gorilla Glass 5、画面保護フレーム、フレーム一体型のフロントホルダー、リジッドベゼルという点です。

Corning Gorilla Glass 5
1.6mの高さから硬い地面に落としても80%の可能性で割れない強化ガラスを使用しています。高額なスマホだとCorning Gorilla Glass 5を使っている場合がありますが、3万円前後のスマホでCorning Gorilla Glass 5を使っているのはarrows Beくらいな気がします。

画面保護フレーム
画面の上下端に0.3mmのフチを作って、落下時に画面が直接地面に当たりにくくしています。

フレーム一体型のフロントホルダー
両サイドをステンレスフレームで補強して、スマホ本体が曲がりにくくします。

リジッドベゼル
側面に丸みをつけて、落下時の衝撃を分散させ、画面への衝撃を抑制します。

こんな感じで落下時の画面割れを防ぐ工夫がかなり施されています。

他にも米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)、落下、耐衝撃、防水、防塵、塩水耐久、防湿、耐日射、耐振動、熱衝撃、高温動作、高温保管、低温動作、低圧動作、低圧保管、氷結に準拠した試験を実施しています。

内部ダメージを分散させるためにソフトケースを付けるのがオススメ

日本製は地味に見えないところでも細々と工夫してくれるのですが、長く使いたい場合は落下時の内部ダメージを分散させるためにソフトケースを付けておくのがオススメです。

Amazon: arrows Be ソフトケース 極み 透明+衝撃吸収
エレコム arrows Be ケース PD-F04K ソフトケース 極み 透明+衝撃吸収 [端子周りまで保護する極み設計] クリア PD-F04KUCTCR

arrows Beの画面自体はかなり雑に扱わない限り割れにくいものになっていると思いますが、それでも落下の衝撃が内部に蓄積されていく可能性がそこそこあります(日本製だと、この辺も生真面目に対策してくれているかもですが・・)。

ソフトケースを付けておけば、落下時の衝撃をソフトケースである程度吸収してくれるので、内部へのダメージも残りづらくなります。スマホをできる限り長く使いたい場合、耐衝撃のarrows Beであってもソフトケースを付けておいたほうが無難です。

arrows Beの目次

電池持ちがかなり良い

スマホの電池持ちはCPU(SoC)、画面のサイズと解像度、電池容量、連続待受時間、ドコモ電池持ち時間でだいたいの予想が付きます。

arrows BeのCPUはSDM450、5インチで解像度は720×1280(HD)、電池容量は2580mAh、連続待受時間は530時間、ドコモ電池持ち時間は130時間です。

総合的評価してarrows Beの電池持ちはかなり良いものになります。

SDM450は省エネ性能に優れています。

画面のサイズが小さいほど解像度も小さいほど電池消費が少なくなります。最近のスマホは高解像度で6インチ近い大画面化が進んでいますが、arrows Beは5インチです。解像度も720×1280(HD)の低解像度です。低解像度と言っても、画面が5インチで小さめなので普通にキレイに表示されます。

電池容量は2580mAhなので少し少なめです。

連続待受時間は500時間程度が標準なので530時間はそこそこ良いほうです。(連続待受時間はスマホをスリープにした状態での電池の持ち時間です)

ドコモ電池持ち時間は100時間〜110時間くらいが一般的な感じなので、130時間は割と長持ちするほうです。

電池容量こそ少し少なめですが、CPUは省エネで画面は5インチの低解像度です。連続待受時間もそこそこよく、ドコモ電池持ち時間も結構良いです。

ドコモwith対象機種の中では電池持ちはおそらく2番目に良いです。1番目はGalaxy feelです。Galaxy feelも良い機種ですが、CPUの性能がだいぶ良くなっているarrows Beのほうがオススメです。

arrows Beの電池持ちが良いので、充電回数が少なくなり、電池の劣化も抑えることができます。そのままでも長く使っていけるのがarrows Beです。

スマホの電池の劣化を抑える方法は下記のページにまとめているので、arrows Beをできるだけ長く使いたい場合に参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法+おすすめのモバイルバッテリー

arrows Beの目次

カメラ性能は普通な感じ

arrows Beのカメラ性能
・背面1220万画素(F値1.9)
・前面800万画素(F値2.4)
・電子手ぶれ補正

arrows Beのカメラの主な特徴

高感度カメラ
旧モデル(arrows Be F-05J)の約1.7倍の明るさで撮影できるので、暗いところでも明るめに撮ることができます。

被写体をズームして動画を撮影、Live Auto Zoom
人が目で追うようにカメラ自らが被写体を追い、なめらかにズームします。自動ズームを使えば、走る子どもを見逃す心配もなく、自然にズームアップした楽しい動画を撮影できます。

arrows Beは旧モデルよりもF値の低いカメラレンズを使っているので、暗いところでも比較的キレイに撮ることができます。Live Auto Zoomでフォーカスを合わせたい被写体を指で丸く囲うことで、被写体をズームして追いかけて動画の撮影ができます。

カメラのカタログスペックはスマホとしては普通レベルです。普通に使う場合はarrows Be F-04Kのカメラ性能でも十分使えます。

ただし、カメラ性能を重視する場合は3万円前後のスマホでは力不足です。カメラ性能はスマホの本体価格に比例するので、価格が高いスマホほどカメラ性能は良くなります。(※3万円前後でもnova2なら結構頑張れます)

カメラ性能を重視する場合は5万円程度するスマホがオススメです。カメラ性能を特に重視する場合は8万円〜10万円くらいするスマホが必要になります。

arrows Beの目次

指紋認証に対応

arrows Beは指紋認証に対応しています。

電源キーに指紋認証が搭載されています。

arrows Beの目次

内部アンテナ付きのワンセグに対応

arrows Beはワンセグに対応していて、TVアンテナを内蔵しているので外付けケーブルを使わなくてもワンセグを視聴することができます。

たいていのワンセグ対応機種は外付けケーブルをイヤフォンジャックに取り付けないとワンセグが見れないので、ワンセグをよく見る場合はarrows Beは便利です。

ただし、arrows Beではワンセグで録画はできません。録画できるdocomo with対応機種はGalaxy feelくらいです。

arrows Beの目次

Exlider、側面の電源ボタンで楽々スマホ操作

arrows Beには親指で電源ボタンをなぞるだけで、スマホを操作できるExlider(エクスライダー)という機能が付いています。

Webサイトを見ているときに、電源キーをスライドして指を止めると、自動的に画面がスクロールします。上方向にスライドすると上に自動スクロール、下方向にスライドすると下に自動スクロールします。自動スクロールの速度も3段階で調整できます。

Exliderは片手で操作したい場合に便利な機能です。

電源ボタンの上下で画面を拡大・縮小することもできます。

arrows Beなら片手で文字を見やすく・読みやすく、簡単に操作できます。

arrows Beの目次

充電器について、USB Type C

arrows BeはUSB Type Cに対応しています。充電するとき、充電ケーブルの向きを気にする必要がないので少し楽です。

注意点はarrows Beを購入しても、充電器が入っていないことです。USB Type Cに対応した充電器を持っていればいいのですが、持っていない場合は自分で購入する必要があります。

今までAndroidスマホを使っていた場合は下記の変換アダプターを今まで使っていた充電器につけると、arrows Beでも充電できるようになります。

Amazon: Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01
Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01

初めてスマホを使う場合に必要な充電器とケーブル

Amazon: Anker 24W 2ポート USB急速充電器
Anker 24W 2ポート USB急速充電器 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】 (ブラック)

Amazon: Rampow Type Cケーブル USB3.1ケーブル 3.0A急速充電
Rampow Type Cケーブル USB3.1ケーブル 3.0A急速充電 生涯保証 5Gbps高速データ転送 7000回以上の曲折テスト QuickCharge3.0対応 USB type cケーブル 多機種対応

この二つを買えば初めてスマホを購入する場合でも充電できます。

ドコモオンラインショップ(docomo select)でも対応する充電器を販売していますが、少し割高なので基本的にはAmazonで揃えることをお勧めします。

ドコモオンラインショップで買う場合
・ACアダプタ 06またはACアダプタ 07
・microUSB変換アダプタ B to C 01

arrows Beの目次

その他の細々としたこと

防水(洗剤でも洗える)・防塵・おサイフケータイ対応

arrows Beは防水・防塵・おサイフケータイにも対応しています。

洗剤でも洗える防水機能なので、汚れたら洗剤でガシガシ洗うことができます。普通の防水スマホだと、洗い流すくらいは大丈夫ですが、洗剤でガシガシ洗うとまずいことになりますが、arrows Beなら大丈夫です。

WiFi 802.11ac対応

arrows BeはWiFi 802.11acにも対応しています。WiFiの接続が安定します。3万円前後だとacに対応していないスマホもあるので、少し嬉しいポイントです。

arrows Beの目次

arrows Be F-04Kの評判

arrows Be F-04Kの評判は上々です。

旧モデルのarrows Be F-05JはCPUの性能が低すぎて洗えるだけのゴミスマホで、Galaxy feelやAQUOS senseに惨敗しました。

arrows Be F-04Kになってようやく新型の比較的高性能で省エネなCPU(SDM450)を搭載することにより、極めてまともな性能のスマホになりました。

性能もまともで、本体価格も税込3万3696円と比較的手頃な価格に抑えられている点も評価されています。

arrows Be F-04Kは発売されてから少し経ちますが、壊れにくいことと、スマホを片手で操作しやすいことが評価されて、ロングセラーになっています。

ちなみにドコモwith対象端末としてLG style L-03Kが2018年6月に発売されましたが、LG styleはarrows Beのような長所がないため、LGのほうは早々に売れなくなってしまいました。

arrows Beの目次

arrows Beが使えるおすすめの格安SIM

arrows Beはドコモ系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIM/ドコモ/WiMAX2+の速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1500円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

arrows Beの目次

最終更新日 2019年10月15日 / 作成日 2018年5月27日 / 作成者 格安SIMの管理人
「arrows Be F-04Kの性能と評判+詳細レビューと機種変/新規/MNP&キャンペーン情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ