ZenFone 3 Max ZC520TL/ZC553KLの性能と評判、使える格安SIMもまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ZenFone 3 Max ZC520TLは2017年1月14日に発売、ZenFone 3 Max ZC553KLは2017年4月15日に発売された格安スマホです。

ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

発売当時は普通性能でしたが、今でもWebサイトやYouTubeなどはそれなりに普通に使うことができます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2017年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2017年時点の情報 ーーー

ZenFone 3 Max

ZenFone 3 Maxには2種類の性能が全く違うZenFone 3 Maxがあります。

1つはZenFone 3 Max (ZC520TL)です。2017年1月14日に発売された、5.2インチのスマホです。価格は2万円くらいで安いですが低性能のCPUを搭載しています。

もう一つはZenFone 3 Max (ZC553KL)です。2017年4月15日に発売された5.5インチのスマホです。価格は3万円くらいですが、比較的高性能なCPUとRAM3GBを搭載しています。

両者とも電池容量が4100mAhもあるので電池持ちに特化している格安スマホです。ただし、製品名がほぼ同じですが電池容量以外の性能が全然違います。

安い5.2インチのZenFone 3 Max (ZC520TL)はCPUが低性能で燃費も悪いので、電池も持ちが思ったよりもよくなく、評判は悪いです。普通価格で5.5インチのZenFone 3 Max (ZC553KL)はCPUが比較的高性能で燃費も普通で、電池持ちも良いので、そこそこ評判が良いです。

電池持ちを重視する場合は、普通価格で5.5インチのZenFone 3 Max (ZC553KL)がオススメです。低価格に惹かれて安い5.2インチのZenFone 3 Max (ZC520TL)を検討する場合は、nova liteを選ぶことを強くお勧めします。

ZenFone 3 Maxのスペック(性能)

ZC520TLZC553KL
CPUクワッドコア1.25GHz MediaTek MT6737Mオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4 Snapdragon 430
RAM2GB3GB
ROM16GB32GB
ディスプレイ5.2インチ5.5インチ
解像度1280×7201920×1080
カメラ背面1300万画素/前面500万画素背面1600万画素/前面800万画素
電池容量4100mAh
サイズ149.5 x 73.7 x 8.55mm151.4 × 76.2 × 8.3mm
重さ160グラム175グラム
連続待受3G 720時/ LTE 不明3G 794時間 / LTE 909時間
充電時間4.2時間3.8時間
本体カラーシルバー、ゴールド、グレーピンク、ゴールド、グレー
価格1万9800円2万7800円

ZC520TLのその他の仕様
Android 6.0(Android 7.0へアップデート可)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大32GB)、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1、DSDS非対応、auのVoLTE対応、マイクロSDカードを使う場合、ナノSIMが使えなくなります)、指紋認証対応、ジャイロスコープ非搭載、USB Type C 非対応

※ ZC520TLはAndroid 7.0へアップデートするとauのVoLTEに対応します。

ZC553KLのその他の仕様
Android 6.0.1(Android 7.1へアップデート可)、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大容量不明、microSDXCに対応しているので64GBは使えます)、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1、DSDS対応、auのVoLTE対応、マイクロSDカードを使う場合、ナノSIMが使えなくなります)、指紋認証対応、ジャイロスコープ搭載、USB Type C 非対応

※ ZC553KLはAndroid 7.1へアップデートするとDSDSとauのVoLTEに対応します。

ZenFone 3 Maxの対応周波数(バンド)

ZC520TL
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28 (auのVoLTE対応)
TD-LTE:B38/41
UMTS(WCDMA/3G): B1/2/5/6/8

ZC553KL
FDD-LTE : B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28 (auのVoLTE対応)
TD-LTE:B38/41
UMTS(WCDMA/3G): B1/2/5/6/8/19

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、バンド3、バンド19です。ZenFone 3 Maxはすべて対応しているので、LTEの受信は問題ないです。ドコモ系はこのほかにバンド21とバンド28を使っていますが、バンド21は超マイナーなバンドなので気にしなくて良いです。バンド28は2015年から稼働したバンドでおまけ程度の影響しかないのですが、ZenFone 3 Maxは対応しています。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでのデータ通信や音声通話がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。ZenFone 3 Maxはバンド11には対応していませんが地味な存在なので気にしなくていいです。LTEの受信には問題ないです。

ZC520TLとZC553KLはAndroidをアップデートすると、auのVoLTEに対応します。VoLTE用(マルチSIM)のau系の格安SIMなら、音声通話とSMSを使うことができます。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。ZenFone 3 Maxは全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話とSMSの送受信が問題なくできます。

ZenFone 3 Maxはドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。(au系の格安SIMの場合は、事前にAndroidをアップデートする必要があります)

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

基本的にZenFone 3 Maxを検討する場合は、5.5インチのZC553KLを検討することを強くお勧めします。5.2インチのZC520TLは価格が安いのですが、性能的に非常に微妙な代物です。

ここでは、まず最初に5.5インチのZC553KLの評価をしてから、5.2インチのZC520TLの評価を行います。

ZenFone 3 Max ZC553KLの評価と比較

電池持ち最重視+バランス重視の格安スマホ

電池持ちをかなり重視する場合で、ある程度価格を抑えて、できるだけ快適なスマホを探している場合、ZenFone 3 Max ZC553KLが筆頭候補になります。

電池持ちがかなり良いスマホはZenFone 3 Max ZC553KL以外にもいくつかありますが、燃費の悪いCPUを使っていたり、そのほかの性能が微妙だったりします。

ZenFone 3 Max ZC553KLならCPUは比較的高性能で、RAMはCPUの性能に見合った3GB、ROMは32GBあるのでデータの保存で困ることも少ないです。ZC553KLのCPU(Snapdragon 430)の燃費は普通程度なので、大容量の電池容量4100mAhを搭載することで、電池持ちはかなり良いです。

価格も2万7800円と、ZC553KLの性能的にも妥当な価格と評価できます。

性能バランスが良く電池持ちもかなり良く、価格もそこそこ無難、それがZenFone 3 Max ZC553KLです。

スマホの一般ユーザからヘビーユーざまでオススメの格安スマホです。ゲームをする場合も、CPUはSnapdragon 430なので一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGo(ジャイロ搭載なのでARモードも可)など問題なく遊ぶことができます。

3Dを多用するようなハードなゲームには性能不足ですが、一般ユーザが遊ぶようなスマホゲームなら普通に遊ぶことができます。

カメラの性能は要検証

ZC553KLのカメラ性能は背面1600万画素/前面800万画素です。ただ、カメラ性能は画素数だけではさっぱりわからない代物になっています。(実際に撮って比較しないと良し悪しは判明しません)

ASUSのスマホ(ZenFone全般)は、そこまでカメラ性能を重視しているわけではないので、ZenFone 3 Maxのカメラ性能は普通程度だと思われます。

カメラの性能を重視する場合、現状ファーウェイのスマホに軍配が上がっています。

ファーウェイのP10 / P10 PlusMate 9のカメラ性能はかなり良いです。

novanova liteなどかなり良いカメラの実性能になっています。ASUSのZenFone 3は健闘しています。

ZenFone 3 Laserはあまり良くなく、ZC553KLはZenFone 3 Laserよりも少し良い程度だと思われます。

GPSの精度は要検証、おそらく大丈夫

ZC553KLはGPS、GLONASS、Beidouをサポートしています。

実売価格が2万円未満の格安スマホだと、たまにGPSの精度がクソな奴が混じってきます。2万円以上だと基本的にGPSの精度がクソな奴は出てきていないので、実売価格が税込3万円程度のZC553KLのGPSの精度は高い確率で問題ないと思われます。

GPSに加えて、GLONASSとBeidouもサポートしているので、かなり運が悪くないと位置情報がクソなスマホには当たりません。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

指紋認証を搭載

ZenFone 3 Maxは指紋認証を搭載しています。指紋認証は主にCPUの性能が良いほどで反応速度が良くなります。

Mate 9 > honor8 = nova lite = P9lite = nova > ZenFone 3 = GR5 > ZenFone 3 Laser = ZenFone 3 MAX ZC553KL > g07 = ZenFone 3 Max ZC520TL

最下位のg07やZC520TLでも、実用上そんなに問題ありません。0.3秒ちょっとで指紋認証が通り画面のロックを解除してくれます。ちなみにMate 9だと0.1秒くらいです。

auのVoLTEに対応

ZenFone 3 MAXはAndroidを更新するとauのVoLTEに対応するので、au系の格安SIMでも使うことができます。

その他の電池持ちがかなり良い格安スマホとの比較

RAIJIN
価格3万円程度、5.5インチで電池容量5000mAhを搭載。ただしCPUの燃費は良くないので、超電池持ちが良いというわけではないです。ZC553KLと同等くらい。RAIJINにはいくつか不具合があるので手を出さない方が良いです。

・Priori4
価格1万7000円程度、5インチで電池容量4000mAhを搭載。CPUなどの性能は低いですが、電池持ちに特化した格安スマホです。ゲームをしなければ割と使えます。ただし、品質にばらつきがある恐れがあります。

Mate 9
価格6万円程度、5.9インチで電池容量4000mAhを搭載。超高性能スマホ。電池持ちもかなり良いです。

・ZenFone 3 Max ZC520TL
価格2万円程度で、5.2インチで電池容量4100mAhを搭載。CPUの燃費が悪いので、電池持ちは結構良い(かなり良いより下)程度。電池以外の性能が悪いので人気はそんなにないです。

格安スマホの実際の電池持ちは、スマホの電池持ちの詳細調査にて掲載しています。

ZenFone 3 Max ZC553KLの評価のまとめ

電池持ちをかなり重視していて、その他の性能もバランスよく構成されていて、価格も妥当なところで抑えたい場合、最もおすすめなのがZenFone 3 Max ZC553KLです。

ただ、ZenFone 3 Max ZC553KLの重さが175グラムあり、一般的な5.5インチのスマホの重さ150グラムよりも15%ちょっと重くなっています。たかだか25グラムの差ですが、わりとこの差は地味に少しずつ効いてきます。

ただ、この重さの差は電池容量を増やすために重くなっているので、電池容量とのトレードオフです。電池持ちをかなり重視する場合は、重さのデメリットよりも、電池持ちのメリットの方が大きいです。

ZenFone 3 Max ZC520TLの評価と比較

正直言って、ZenFone 3 Max ZC520TLはもはや買わなくていいです。

ZenFone 3 Max ZC520TLを検討する場合、より良い選択肢はnova liteです。

ZC520TLとnova liteの価格は同じくらいですが、nova liteの方がCPUの性能が2倍くらい良いです。nova liteのRAMは3GBです。ZC520TL(160グラム)は電池容量が4100mAhありますがCPUの燃費が悪いので、電池容量3000mAhですがCPUの燃費が良いnova lite(147グラム)と同等くらいです。

ZC520TLのカメラの実性能はわかりませんが、nova liteのカメラの実性能は結構良いです。

ZC520TLがMVNOのキャンペーンで1万円くらいで買えれば検討しても良いですが、同じような価格なら選ぶべきはnova liteです。

不人気理由:CPUが低性能で燃費が悪く、電池持ちがそこまで良くない

ZenFone 3 Max ZC520TLはあまり人気がありません。その主な原因はCPUが低性能で燃費が悪いからです。

ZC520TLのCPUはクワッドコア1.25GHzです。2017年どころか、2016年以降で発売されたスマホの中でも低い性能です。加えてZC520TLのCPUは燃費が悪く、電池を多く食います。せっかく4100mAhの大容量の電池を搭載していても、CPUの燃費が悪いので、電池持ちはそこまで良いとは言えない結果になっているようです。

CPUの性能を測るのにAntutuというのがあります。Antutuのスコアが高ければ高いほどCPUの性能が良くなりますが、ZC520TLのAntutuスコアは下記になります。

ZC520TLのAntutuスコア 29,000くらい

その他の格安スマホのCPUの性能(Antutu)
Mate9: 133,506
P10: 133,194
ZenFone 4: 110,000程度
nova: 65,136
ZenFone 3: 62,700
nova lite: 57,758
P10 lite: 57,619
ZenFone 3 Laser: 43,690
ZenFone 3 Max ZC553KL 43,000くらい
ZenFone 3 Max ZC520TL 29,000くらい

一般的なゲーム、パズドラやモンスト、ツムツムなどは29,000でも問題なくできますが、少し高度なゲームになると快適に遊ぶには最低でもZenFone 3 Laserが最低ライン(Antutu40,000以上)になります。

ゲームをあまりしない場合は、ZC520TLでも支障になることはほとんどないですが、今更わざわざ低性能のスマホを選ぶメリットはほとんどありません。

RAMとROMは普通

ZenFone 3 Max ZC520TLのRAMは2GB、ROMは16GBです。悪くはないのですが、良くもないです。普通ですが、できればRAMは3GB、ROMは32GBくらい欲しいところです。

最近の格安スマホはRAMが3GB〜4GBのものが増えてきましたが、ゲームをやりながら何かしたいというニーズでもない限り、RAMは2GBあれば普通に使えます。ゲームをやりながら何かしたい場合にRAMは3GBくらいあった方が快適にゲームができるようになるくらいです。

ROMは16GBですが、アプリを色々インストールすると16GBは割と簡単に使い切ってしまうので、アプリを色々インストールしようと思っている場合は、マイクロSDカードで写真や音楽などを保存する場所を作っておく必要があります。

カメラの性能とGPSの精度は要検証

ZenFone 3 Max ZC520TLのカメラは1300万画素です。標準的な画素数です。

カメラの実性能は画素数だけでは全く分からなくなっています。ZenFone系はファーウェイと比べるとカメラ品質はそんなにこだわっていなく、価格が安いZenFone(ZenFone Go等)だとカメラ性能もあんまり良くないことが多いです。

ZenFone 3 Max ZC520TLのカメラ性能はあまり期待しない方が良いです。

GPSの精度について

ZenFone系の中には、ZenFone 2 LaserとZenFone GoというクソのようなGPS精度のスマホがありますが、ZenFone 3 Max ZC520TLにはそういう評判は出ていないので、おそらく普通程度のGPSの精度になっていると思われます。

ジャイロ非搭載

ZenFone 3 Max ZC553KLはジャイロスコープを搭載していますが、ZC520TLにはジャイロは搭載していません。

ZenFone 3 Max ZC520TLの評価まとめ

コスパ最強のnova liteの登場でZenFone 3 Max ZC520TLを選ぶ価値はなくなりました。

ただ、ZenFone 3 Max ZC520TLはMVNOのキャンペーン割引で結構割引されていることがあるので、2万円くらいするnova liteよりも5000円以上安く手に入りそうな場合に検討してみてください。

ZenFone 3 Maxの評判

ZenFoneシリーズはなんだかんだと話題になるのですが、ZenFone 3 Max・・・、全然話題になっていません。

ZenFone 3 Maxは2017年1月14日に5.2インチのZC520TLが発売されて、2017年4月15日に5.5インチのZC553KLが発売されました。

ZC520TLの発売時点でユーザのZenFone 3 Maxへの関心はかなり低下しました。というのも、ZC520TL は大容量の電池を搭載していますが、燃費の悪く低性能なCPUを使っているので、電池持ちはそこまで良くはありません。

そんな中に発売されたのがZC553KLです。ZC553KLは結構良いスマホですが、ZenFone 3 Maxという名前がすでに死に体になっていて、十全なアピールをすることができませんでした。

もし最初にZC553KLを投入していれば、話は違ったかもしれません。いずれにせよZenFone 3 Maxの中に性能が全く異なるZC520TLとZC553KLの型番が存在していることもネックです。割と多くのユーザがごちゃ混ぜに考えてしまっています。

ZenFone 3 Max ZC553KL/ZC520TLが使えるおすすめの格安SIM

ZenFone 3 Max ZC553KL/ZC520TLはドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)で使うことができます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。(マイクロSIMも使えます)

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間400円&YouTube見放題+3000円相当プレゼント、格安スマホ1万2000ポイント還元

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引き(合計9600円引き)、そして月額料金の支払いに使える3000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。

さらに指定の格安スマホセットなら1万2000円相当のポイントがもらえます。YouTubeがギガ消費なしで見放題になるエンタメフリーオプションも半年間無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら普通、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が2ヶ月間無料キャンペーン+最大1万円相当のポイント、おすすめの格安スマホも徹底解説

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。

さらに最大1万円相当(実質7300円相当)のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの嘆きのレビュー、新料金プランと評価を実際に使って徹底解説

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホプランを申し込むと最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細、現金キャッシュバック8000円&OPPO Reno Aが2万3760円

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が半年間で最大3360円引きになる割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大2400円引きです。

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと現金8000円がキャッシュバックになるキャンペーンも行っています。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

さらにOPPO Reno Aが2万3760円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーン、最大2万円キャッシュバック実施中

LIBMOはデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。

最大2万円のキャッシュバックは2020年5月末に一旦終了しましたが、6月18日に再開です!キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+au回線なら合計2100円引き+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、他社からMNPで乗り換えなら4000円キャッシュバック、そしてau回線なら合計2100円引きで使えるキャンペーンをしています。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が4ヶ月無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2019年8月23日 / 作成日 2017年2月1日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「ZenFone 3 Max ZC520TL/ZC553KLの性能と評判、使える格安SIMもまとめ」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMとスマホ比較のカテゴリ
サイト内検索
コメント