ポケモンGOを格安SIMや格安スマホでやる上での注意点のまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ポケモンGOを格安SIMや格安スマホでやる上での注意点や、ポケモンGOをやる上でのおすすめの格安SIMや格安スマホを紹介していきます。

まず最初に言ってしまいますが、既にポケモンGOにどっぷりはまっている人ならいざ知らず、初めてポケモンGOをする人の場合、ポケモンGOを基準に格安スマホや格安SIMを選ぶ必要はあまりありません。

というのも、ポケモンGOを何ヶ月も続けられる人は少ないからです。大体の人は1,2ヶ月で引退してしまいます。1,2ヶ月のためにポケモンGOに適した格安スマホを選ぶのは、あまり得策ではありません。

ただし、ポケモンが大好きな場合は続ける可能性が高いです。ポケモン大好きな場合や、すでにポケモンGOにどっぷりはまっている場合は、下記を参考に必要な物やポケモンGOに適した格安スマホを選んでみてください。

電池を結構使うので、ハマるとモバイルバッテリーが必須

まず最初に、ポケモンGOは位置情報を常に更新するので電池を食います。1時間ポケモンGOをすると平均20%くらい使う感じです。電池持ちが良くないスマホの場合はもっと使います。

散歩するときに、ついでにポケモンGOをするくらいなら問題ありませんが、通勤や通学、普通に外出先でポケモンGOをやる場合は、外でもスマホを充電できるモバイルバッテリーが必須です。

モバイルバッテリーならなんでもいいですが、持っていない場合は、下記のモバイルバッテリーをおすすめします。

Amazon: RAVPower 6700mAh 急速充電 モバイルバッテリー
携帯充電器 RAVPower 6700mAh 急速充電 モバイルバッテリー (6700mAh 最小・最軽量/2016年9月末時点、iSmart2.0機能搭載) iPhone / iPad / Xperia / タブレット / ゲーム機 等対応 RP-PB060 ホワイト

RAVPowerは6700mAhありますが、113グラムでかなり軽いです。スマホは2回くらい充電できます。普通の人は、とりあえずこれを買っておけばいいです。1700円くらいです。

基本的にこれで十分です。必要かどうか微妙だなーと思う場合でも、モバイルバッテリーを持っていない場合は、一つくらい買ってバックに投げ込んでおくことをオススメします。

ポケモンGOをがっつりやりそうな場合は、もう少し大容量のモバイルバッテリーがおすすめです。

Amazon: Anker PowerCore 10000
Anker PowerCore 10000 (10000mAh パナソニックセル搭載 最小最軽量* 大容量 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点 A1263011

重さは180グラムですが、電池容量が10000mAhあります。スマホを3回くらい充電できます。2600円くらいします。

充電の回数が増えると、スマホの寿命が短くなる

スマホは500回充電(0%→100%)すると電池容量が当初の7割くらいになり電池持ちが悪くなります。ざっくり言うと、750回くらい充電するとスマホの電池持ちが我慢できないくらい悪くなるので、電池を交換するか、新しいスマホに買い替える事になります。

最近の格安スマホは電池持ちが良いので、普通に使えば3年くらいは電池の消耗を気にせずに使うことができます。3年経つと、電池が消耗して電池の持ちが悪くなっていくので、新しい機種の購入を検討し始める感じです。

そこに登場したのが、電池キラーのポケモンGOです。

毎日1時間ポケモンGOをやり続けた場合、電池の寿命は2割くらい短くなります。3年ちょっと使えていたのが、2年半くらいで電池の寿命がきます。

ポケモンGOは毎日1時間で十分な感じですが、ポケモンGOにハマって毎日2時間した場合は2年で電池が死亡、毎日3時間で1年半で死亡、毎日4時間で1年で死亡コースになります。

電池の交換費用はスマホメーカーにより大幅に異なる

電池交換費用

iPhone 8800円
大手キャリアのスマホ 8000円程度
ファーウェイのスマホ 1万5000円程度
ASUSのスマホ 1万7000円程度
その他のSIMフリーのスマートフォン 1万円〜スマホの本体価格

iPhoneはアップルストアに持っていけば、その場で電池交換してくれます。ファーウェイのスマホは、東京の銀座と大阪の梅田にあるカスタマーサービスセンターに持っていけば、その場で電池交換してくれます。両方とも、かかる時間は1時間程度。

それ以外のスマホは基本的に修理工場送りになるので、手元からスマホがなくなります。

大手キャリアで契約しているスマホの場合は代替機を貸し出してくれますが、格安スマホの場合は代替機は貸してくれません。修理工場送りになると、5日〜7日ほど時間がかかるので、この間は新しいスマホが必要になります。

なお、電池交換を依頼すると、スマホのデータがなくなるので、事前にパソコンなどにデータをバックアップしておく必要があります。

ポケモンGOにハマりそう・・、そんな場合は電池持ちに特化したスマホや電池交換費用が安いiPhoneを優先的に選ぶことをオススメします。

※ 大手キャリアのスマホ(白ロム)を格安SIMで使うとGPSの精度が悪くなる可能性があるので、ポケモンGOをする場合は白ロムは避けたほうがいいです。

消費するデータ量は普通の人なら月300MB程度

ポケモンGOの時間当たりの消費するデータ量はたいしたことありません。ポケモンGOは基本的に何時間もずーと起動しっぱなしにするゲームではありません。

外を出歩く間だけ起動するので、ポケモンGOで遊ぶ普通の人なら1日1時間くらい起動させるくらいです。1時間で使うデータ量は10MBぐらいです。

毎日1時間ポケモンGOをした場合でも、月に使うポケモンGOのデータ量は300MBくらいしかありません。

200kbpsの低速モードでも遊べるけど、イラつく

データを消費しない200kbpsの低速モードでもポケモンGOが遊べます。1時間10MBの通信速度は平均23kbpsなので、200kbpsの低速モードでも十分ポケモンGOが使えます。

ただし、地図上にポケモンが出ても、捕まえる時にポケモンが画面に出てくるのが遅くなる場合が結構あります。サクサクできなくて、だんだんイラついてきます。

200kbpsでも遊べますが、だんだんとウザくなってくるので、データ消費が少ないので基本的には200kbpsでは高速データ通信でポケモンGOをすることをオススメします。

GPSの精度はどのくらい必要?

ポケモンGOは位置情報(GPS)を常に使います。GPSの精度が悪いと、移動しなかったり、そでもない場所へ移動したりとまともにポケモンGOで遊べなくなります。

ほとんどの格安スマホのGPSの精度は問題ないですが、価格が安すぎる格安スマホだとGPSの精度が悪い可能性が高くなります。1万8000円以下の格安スマホだと注意が必要です。

このサイトでは主要な格安スマホの位置情報の精度を実際にテストして評価しているので、GPSの精度は下記のページを参考にしてみてください。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

位置情報の精度の評価が普通以上になっていれば問題ないです。

大手キャリアのスマホ(iPhone以外)を格安SIMで使う場合、GPSを掴むのに時間がかかる場合があるので、ポケモンGO向きではありません。遊べなくはないですが、快適に遊ぶのは少し難しいです。

必要なスマホのスペックは?

iPhoneの場合、iPhone 5以上です。
Androidスマホの場合、Android 4.4以上、RAM2GB以上が必要になります。

ほとんどのメジャーな格安スマホでポケモンGOで遊ぶことができます。知名度のかなり低いスマホだと、もしかしたらポケモンGOに対応していない可能性があります。対応していない場合は、アプリ自体をインストールできません。

電子コンパスはあったほうが良い

ほとんどの格安スマホは電子コンパスが付いていますが、ごくごく稀に電子コンパスが付いていない格安スマホがあります。電子コンパスが付いていないと、ポケモンGOのキャラ(アバター)が一方方向で固定されてしまいます。

電子コンパスがないと割と嬉しくない感じの表示になるので、電子コンパスは付いているほうが良いです。

ほとんどの格安スマホには電子コンパスがついていますが、Motorolaの格安スマホには電子コンパスが付いていない場合が多いので注意してください。

ジャイロコンパス(ジャイロスコープ)はなくても大丈夫

スマホにジャイロコンパスが搭載されていると、ポケモンGOでARモードを使って遊ぶことができます。ARモードを使うと、カメラを使って実際の背景(風景)にポケモンを表示しながら、ポケモンを捕まえることができます。

何か希少なポケモンを変わった場所で捕まえた時に、Twitterなどに投稿する時に便利です。

それだけです。

ジャイロコンパスがないとARモードが使えません。カメラを使った実際の風景ではなく、イラストの風景でポケモンを捕まえることになります。

実際の風景だとポケモンを捕まえるのが難しいので、イラストの風景でポケモンを捕まえたほうがいいです。ポケモンGOで遊んでいる人のほとんどはARモードをオフにして、イラストの風景でポケモンを捕まえています。

大体の格安スマホでジャイロスコープを搭載していますが、2万円以下の格安スマホだとジャイロスコープを搭載していない場合が多いです。

※ ジャイロスコープの代わりに擬似ジャイロを搭載している格安スマホもあります、擬似ジャイロでもARモードが使えます。

ポケモンGOにおすすめの格安スマホ

ポケモンGOのヘビーユーザでもない限り、ポケモンGOを気にして格安スマホを選ぶ必要はあまりありません。ポケモンGOのヘビーユーザやヘビーユーザになりそうな場合にだけ、下記を参考にスマホを選んでみてください。

ポケモンGOのヘビーユーザ用のスマホ
・価格が安い格安スマホ
・電池容量の大きいスマホ
・GPSの精度が普通以上のスマホ
・電子コンパスを搭載しているスマホ
・電池の交換費用が安いiPhone

ほとんどのスマホは電子コンパスを搭載していてGPSの精度も普通以上ですが、問題は電池です。

自分で電池交換できる格安スマホはほとんどありません。このため電池の交換費用が安いiPhoneか、電池容量の大きいスマホを選ぶ必要があります。

おすすめ1位:ZenFone 4 Max、電池持ちが超良い5.2インチスマホ

ZenFone 3 Max ZC553KL

ZenFone 4 Max
価格:2万4800円

性能:5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4 、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、同時にマイクロSDカードの使用可)

一般的な使い方なら普通に使える性能をしていて、電池持ちに特化した5.2インチスマホです。手頃な価格で普通に使えて、電池持ちは超良く、GPSの精度もかなり良いです。

ポケモンGOでたくさん遊びたい場合は、ZenFone 4 Maxが一番おすすめです。

ZenFone 4 Max ZC520KLの性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ2位:nova lite 2、使い潰す

Huawei nova lite 2

Huawei nova lite 2
価格:2万2800円(取り扱いMVNOで価格が前後します)

性能 5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GB、デュアルレンズカメラを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

価格が比較的安めですが高性能です。電池持ちも結構良いので、使い潰す感じで使います。

HUAWEI nova lite 2の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめ3位:iPhone、電池交換しながら使い続ける

iPhone

iPhone 価格:2万円〜10万円

性能 超高性能、GPSの精度良好、電池の交換費用8800円

iPhoneの電池持ちはそこそこですが、電池が消耗した場合でも比較的安く電池交換することができます。自分で交換する場合は、2000円程度の交換キットを買えば比較的簡単に電池を交換できます。

参考:iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

普通にポケモンGOで遊ぶ程度の場合のおすすめのスマホ

ポケモンGOを普通程度に遊べれば良い場合は、格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)を参考に選んでみてください。

ポケモンGOにおすすめの格安SIMはある?

ポケモンGOはデータをあまり使わないので、ポケモンGO用のオススメの格安SIMというのは特にありません。

ポケモンGOの一時的な流行に便乗して、ポケモンGOをデータ消費なしに使える格安SIMのプランがあります。ただし、そもそもポケモンGOはデータ消費が少ない上に、ポケモンGOの地図データはデータを消費するので、ほぼ意味がない代物です。

格安SIMは、格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方を参考に選んでみてください。

格安SIMの中にはキャンペーンで月額割引などをしているMVNOもあるので、格安SIMと格安スマホのキャンペーンの最新情報を参考にお得な格安SIMや格安スマホを探してみるのをオススメします。

白ロムの位置情報の取得に時間がかかる場合の対処法

格安スマホなら問題ないのですが、大手キャリアで販売しているスマホ(白ロム)を格安SIMで使うと、GSPの位置情報を取得するのに時間がかかる場合があります。

位置情報の取得を開始すると、最初はたいていは数秒から10秒もすれば、位置情報を取得し始めます。一度取得を始めると、普通に位置情報を更新してくれます。

ただし、たまにGALAXY S5などの白ロムなどを格安SIMで使っている場合、位置情報の取得を開始に数分から数十分時間がかかることがあります。スマホを再起動すればすんなりGPSの位置情報の取得を開始する場合もありますが、ウンともすんとも言わなくなる場合があります。

そういう場合、GPS Status & Toolboxをインストールして、GPS Status & Toolboxから「A-GPSの管理」→「リセット」して、スマホを再起動してみてください。

基本的には、これで動かなかった位置情報の更新が開始されるかと思います。

他には、位置情報の設定をGSPのみ利用(デバイスのみ)にしていると、位置情報を取得できなかったりする場合もあります。その場合、GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークを利用(高精度)に設定してみてください。

ポケモンGOの歩きスマホや自転車スマホは危険?

ポケモンGOが2016年夏にリリースされて、数ヶ月ほど大流行しました。その当時は、歩きスマホだのなんだのと、ピーチクパーチク文句を言われたりしていましたが、今ではさっぱりそんな話題が出てきません。

ポケモンGOをしている人が少なくなったのが大きな理由の一つですが、ポケモンGOの危険性はGoogle Mapsなどの地図アプリでナビを使うのと同じかそれ以下なためです。

ポケモンGOを実際にやっているとわかりますが、歩きながら、または自転車をこぎながらポケモンGOのためにスマホを見ることはほとんどしません。歩きながらならせいぜい数秒、自転車でポケモンGOを確認したい場合は止まるのが普通です。

ポケモンが見つかるとスマホが振動するので、振動したらスマホを取り出して、どんなポケモンがいるか数秒で確認して、捕まえる場合は、邪魔にならない脇によって立ち止まってポケモンを捕まえることになります。

歩きながらポケモンを捕まえると、その間の歩いた距離はタマゴの孵化の距離にカウントされないので、その意味でも止まります。

ポケモンGOで遊び始めると、まだ慣れていないので注意が散漫になる可能性は高いですが、1日で慣れます。ポケモンGOで事故る奴は、ポケモンGOがなくても事故ります。

自転車でポケモンGOをするのは危険?

自転車をこぎながらポケモンGOをすると危険性が高まりますが、そこまで危険でもありません。

ポケモンはある程度速度を落としたほうが見つかりやすくなっています。おそらく時速5〜6kmくらいが最も見つけやすいです。加えて、ポケモンの卵を孵化させるのには、時速10km以下に抑えないといけません。

このため、のろのろ自転車をこぐことになります。基本的に前かごに入れたり、自転車のホルダーに固定したりします。ポケスポットを確認したい場合や振動した時は基本的に止まります。

ただ、世の中には危機意識が皆無な人もおりまして、スマホを手に持って片手で自転車をこぐ人もいます。この場合は危険性がかなり高まります。ポケモンGOだから危険というわけではなく、LINEやTwitterなども同列に危険な代物になります。

たまに、高校生なんかが自転車に乗りながらスマホをイジっていたりしますが、あいつら自殺願望でもあるのかと思ってしまいます。

交通量の多い車道などの場合は危険

交通量の多い車道や狭い車道をのろのろ自転車を漕ぐと危ないです。加えてポケモンが見つかった時、車道では危なくて止まれません。

このため基本的に歩道をのろのろこぎます。ただ、歩行者や他の自転車に邪魔になるので、人通りの少ない歩道でのろのろ自転車をこぐ必要があります。スマホが振動したら邪魔にならなそうな脇によって、ポケモンを捕まえる感じになります。

※ 自転車の歩道の走行は原則禁止ですが、交通量の多い車道や狭い車道は歩道でもOKらしいです。というか、ポケモン以前に、だいたいの車道は狭いので自転車で車道を通行するのは基本的に危険だと思います。

男性の場合で自転車でポケモンを探す場合は車が少ない真夜中がいいです。自動車も人も少ないのでかなり安全です。ただ、真夜中だと歩行者や自転車の存在を無視する運転が荒いタクシーがたまにいるので、タクシーの存在だけ気をつける必要があります。

このサイトの管理人のポケモンGOのステータス(2018年4月)

リリース日から始めて、レベル22
図鑑:捕まえた数 88種類
コレクター:947匹(今まで捕まえた数)
ラプラスがいるくらい。

リリースから2ヶ月くらい頑張りましたが、今ではほとんど引退状態です・・。ポケモンGOをすると、目的地に到着するのに2倍くらい時間がかかるんです。。

その他の格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報

最終更新日 2018年4月4日 / 作成日 2016年7月15日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る