大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方法(MNP)

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を記載しています。070、080、090などの自分の携帯電話のままで格安SIMへ番号移行することができます。

大手キャリア以外からも格安SIMヘ乗り換えることができますが、ここでは大手キャリアのみの番号移行について説明します。自分の契約している携帯キャリアを下記から選択してクリックしてください。

ドコモから格安SIMへ乗り換えauから格安SIMへ乗り換えソフトバンクから乗り換え

格安SIMへMNPする場合の共通事項

必要なもの

MNPをするために、事前にMNP予約番号を現在契約している携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)からもらう必要があります。直接ショップに行ってもいいですが、電話でももらうことができます。

MNP予約番号には有効期限があるので、格安SIMや格安スマホを申し込む直前(当日または前日)にMNP予約番号をもらうのが無難です。

格安SIMへMNPする場合は、音声通話プランがついた格安SIMが必要になります。MNPをする場合は音声通話SIMの購入時にMNP予約番号が必要になります。

格安SIMを購入する際には本人名義のクレジットカードが必要になります。クレジットカードで月額料金の引き落としが行われます。

現在使っているスマホの名義とクレジットカードの名義、そして格安SIMを申し込む人が同じ人でないと契約できないので気をつけてください。

MNPをすると現在契約している携帯キャリアから2000円の手数料が請求されます。通常の携帯電話代と一緒に請求されます。

事前にすること

キャリアメールが使えなくなるので、事前にGmailでメールアドレスを作ってメールアドレスの変更を家族や知人に連絡をします。

GmailなどのPCメールからガラケーユーザへメールを出すと、メールが届かない可能性があります。現在使っているキャリアメールから新しいGmailのメールアドレスを知らせるのが無難です。ガラケーユーザの場合は、受信許可アドレスに追加してくれると助かりますと一言添えておけば完璧です。

格安SIMや格安スマホの大半は、MNPをする場合でもスマホが使えなくなる期間はほとんどないです(せいぜい1,2時間)。ただし、一部のドコモ系の格安SIMの場合、新しい格安SIMカードや格安スマホが届くまで2,3日ほど電話やインターネットが使えなくなる場合があります。スマホが使えなくなる期間がある格安SIMの場合は、念のため家族や心配しそうな友人に連絡をしておきましょう。

MNPをする場合でもスマホが使えなくなる期間がない場合と、MNPをすると2,3日スマホが使えなくなる場合に関してはMNPの手続きで自宅で回線切り替え手続きができるMVNOの詳細と注意点に記載しているので参考にしてくてください。

格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます

格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます。

今まで使ってきたiPhoneを格安SIMで運用するときにできないことは、キャリアメールを使うことです。それ以外はできます。格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなるので、iPhoneで格安SIMを使う前に、Gmailでメールアドレスを作ってメールアドレスの変更を家族や知人に連絡をしておく必要があります。

ドコモのiPhoneを持っている場合

ドコモ系の格安SIM(NifMoや楽天モバイルなど)を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、格安SIMで今まで使ってきたiPhoneが使えるようになります。アプリも撮った写真も、電話帳もそのままで使い続けることができます。

ドコモのiPhone 6s / 6s Plus / SEの場合は、スマホ購入後180日経てばSIMロック解除ができて、au系の格安SIMでも使えるようになります。ただし、ドコモを解約して3ヶ月以上経過している場合は、SIMロック解除はできません。

auのiPhoneを使っている場合

au系の格安SIM(UQ mobileとmineoのauプラン)を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。auのiPhone 4 / 4sは格安SIMでは使えないので注意してください。

auのiPhone 6s / 6s Plus / SEの場合は、スマホ購入後180日経てばSIMロック解除ができて、ドコモ系の格安SIMでも使えるようになります。auユーザでなくても購入後180日経っていればSIMロックの解除をすることができます。

au系の格安SIMの場合、iPhoneではテザリングができないので注意してください。ドコモ系の格安SIMならiPhoneでも普通にテザリングができます。

ソフトバンクのiPhoneを使っている場合

ソフトバンクのiPhone 6s / 6s plus / SEの場合で、スマホ購入後180日以上経っていればSIMロックの解除ができるので、ドコモ系とau系の格安SIMの両方で使うことができます。ただし、ソフトバンクを解約して3ヶ月以上経過している場合は、SIMロック解除はできません。

ソフトバンクのiPhone 6 / 6 plus / 5s / 5 / 4s / 4の場合は、SIMロック解除できないので格安SIMで使うことができません。

iPhoneを使い続けたい場合は、ドコモのiPhoneを買うのが一番安く済みます。iPhoneというと価格が高いイメージがありますが、ドコモのiPhone 5sなら3万円くらいで買うことができます。

例えばソフトバンクのiPhone 5を使っている人なら、ドコモのiPhone 5sを3万円で買って、使っていたiPhone 5は1万円くらいで売れるので、実質2万円くらいでiPhoneを格安SIMで使えるようになります。iPhoneならデータの移行も簡単なので、今まで使っていたアプリや撮った写真、電話帳等を新しいドコモのiPhoneで使い続けるころができます。

iPhoneを格安SIMで使うのは少し難しいと思うかもしれませんが、実際にやってみると簡単にそして安くiPhoneを格安SIMで運用できることに気づくと思います。詳しくは下記に記載しているので参考にしてみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

おまけ:格安SIMへのMNPは早ければ早いほどいい

早ければ早いほど、スマホ代の節約になります。

大手キャリアから格安SIMへのMNPしてしばらくすると、なんでもっと早く乗り換えなかったんだろうと思います!

↑このページの先頭に戻る