OPPO Reno Aの詳細スペックと実機レビュー、コスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

OPPO Reno Aは2019年10月18日に発売された高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。

OPPO Reno A

CPUは高性能なSDM710、RAMは大容量6GB、ROM64GB(楽天モバイルだけ128GB)、電池容量は3600mAh、画面6.4インチで有機EL、カメラはF値1.7で1600万画素、防水・おサイフケータイ対応、ディスプレイ指紋認証です。

これで価格は3万5800円です。

防水・おサイフケータイ対応スマホとしてコスパは超良いです。

Xperia AceXperia 8も防水・おサイフケータイに対応していますが、5万円近くするのに性能はOPPO Reno Aよりもだいぶ劣ります。

OPPO Reno Aと同じような価格でAQUOS sense3が11月に発売されますが、OPPO Reno Aよりも性能が一段下になります。

キャッシュレスが徐々に浸透し始めてきた今、おサイフケータイに対応したスマホを検討している場合、OPPO Reno Aが一番オススメの格安スマホです。

格安SIMの管理人はOPPO Reno AをIIJmio/OPPOから借りて実機テストを行っています。

OPPO Reno Aのスペック(性能)

OPPO Reno A
CPUCPUオクタコア2.2GHz+1.7GHz SDM710
RAM6GB
ROM64GB (楽天モバイルだけ128GB)
Antutu187,647 (V8.0.1-0B)
ディスプレイ6.4インチ / 有機EL / ゴリラガラス5
解像度2340×1080 Full HD+、画面比率19.5:9
カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)/前面2500万画素(F値2.0)
電池容量3600mAh
サイズ158.4 × 75.4 × 7.8mm
重さ169.5グラム
連続待受不明
充電時間2時間30分
本体カラーブルー、ブラック
価格定価3万5800円(購入する場所によって結構変わります)

Android 9、SIMフリー、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、マイクロSDカードを使う場合はナノSIMの1つが使えなくなリます)、ディスプレイ指紋認証、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO対応)、おサイフケータイ対応、防水対応(IPX7)

主な非対応機能:急速充電、ワイヤレス充電、通知ランプ(充電LEDや通知LED)

OPPO Reno Aのレビューの目次

OPPO Reno Aの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/39/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19
CA対応

OPPO Reno Aは、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

OPPO Reno Aのレビューの目次

OPPO Reno Aの実機レビューと評判

CPU性能の詳細:SDM710で高性能

OPPO Reno AのCPUはオクタコア2.2GHz+1.7GHz Snapdragon 710 (以下、SDM710)です。高性能なCPUです。

スマホをたくさん使う場合でもサクサク動く性能を持っています。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなども快適に遊べます。

※ ツムツムだと動作がもたつくケースがあるみたいです。凄腕レベルの場合は避けたほうが無難です。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがありますが、SDM710のGPUスコアはかなり高いので、ほとんどの場合で問題なく遊べます。

ただし、3Dゲームを絶対的に快適に遊びたい場合は、7万円前後のスマホを検討してください。

2019年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM835、SDM845、SDM855(SD8150)
Kirin:Kirin970、Kirin980、Kirin990
iPhone:8、X、XR、XS、XS Max、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
比較的高性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE
普通性能
Snapdragon:SDM450、SD625
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
低性能
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDMとSDは同じものと扱ってください・・。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

OPPO Reno AのAntutuのスコア V8.0.1-0B

OPPO Reno AのAntutuのスコア 187,647 (V8.0.1-0B)
CPU: 65,659
GPU : 54,414
MEM: 36,197
UX : 31,377

AntutuのスコアはV8のスコアです。V7以前のスコアとは主にMEMとGPUのスコアが異なるので注意してください。

OPPO Reno Aの3DMarkのスコア

Sling Shot Extreme
・OpenGL ES 3.1:1845
・Vulkan:1755

OPPO Reno AのGeekbench5のスコア

シングルコア:316
マルチコア:1496

OPPO Reno Aのレビューの目次

電池持ちの詳細:3600mAhで電池持ちはかなり良い

OPPO Reno Aは実のところOPPO R17 Neoの改善版です。

主な違いはOPPO Reno Aになって、CPUがより高性能で省エネ性能の強いSDM710になって、防水・おサイフケータイに対応したことです。

OPPO R17 Neoの電池持ちは比較的良かったので、OPPO Reno Aでより省エネに強くなったCPUを搭載することで、電池持ちはより良くなっています。

実際にOPPO Reno Aの電池持ちをテストしてみたところ、YouTubeの連続再生時間が18時間4分でした。(PCMarkの電池持ちはアプリがうまく動かず計測できませんでした)

比較用:OPPO R17 Neoの電池持ち
・Youtubeの連続再生時間 16時間36分
・PCMarkのバッテリテスト 9時間59分

OPPO Reno AのPCMarkの電池持ちはおそらく11時間程度になっていると思われます。

電池持ちに特化した格安スマホというわけではありませんが、普通に使う分には十分以上の電池持ちを発揮します。

※ 画面を明るくしすぎると、電池持ちは悪くなります。不便に思わない程度の明るさに抑えて使うのを強くオススメします。

OPPO Reno Aのレビューの目次

カメラ性能の詳細:3万円台のスマホとして合格点

OPPO Reno Aのカメラ性能
背面:1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)
前面:前面2500万画素(F値2.0)

F値1.7のレンズを使っているので、暗いところでも比較的明るく撮ることができます。

旧モデルのOPPO R17 Neoと同じカメラスペックです。

参考:OPPO R17 Neoのカメラのサンプル写真

画質もOPPO R17 Neoと同じような感じになると思いますが、CPU(SoC)の中にはISPという画像処理プロセッサが入っていて、ISPの性能も画質に結構影響を与えます。

OPPO Reno AのCPUはSDM710なので、ISPもそれなりに改善されて、画質がよりシャープになったり、ノイズが減ったりします。

ざっくり評価してしまうと、OPPO Reno Aは3万円台のスマホの中では結構頑張っているカメラ性能です。カメラ性能を少し重視しているくらいならOPPO Reno Aで十分満足します。

カメラ性能をかなり重視する場合は、もっと高額な8万円くらいするスマホが必要になります。

OPPO Reno Aのカメラの作例サンプル

※ 画像をクリックするとオリジナルの大きな画像になります。

通常

普通に見るぶんにはよく撮れていますが、原寸大にすると色ムラのようなノイズが多めになっています。

2倍ズーム

5倍ズーム

最大10倍ズーム

OPPO R17 Neoの原寸大だと色ムラのようなノイズが多めになるので、OPPOのミドルレンジスマホの特徴なのかもです。

高倍率のズームになるほど色ムラのようなノイズが強くなっていくので、ズーム性能を重視する場合はOPPO Reno Aは避けたほうが良いかもです。

通常(AIの自動設定の夜モード)

手動の夜モード

OPPO Reno AのカメラにはAIの自動設定の夜モードと、手動の夜モードがあります。AIの夜モードでもそれなりに撮れますが、手動の夜モードなら結構綺麗に夜景を撮ってくれます。

夜空は少しノイズが多いですが、価格的には十分許容範囲かなと思います。

食べ物も実物に近い色合いで美味しそうに撮れました。Xperia 8でも写真を撮ったのですが、Xperia 8だとメシマズな色合いになりました。。

自撮りもそれなりに綺麗だけど、ポートレートモードは失敗

通常モードの自撮り

自撮りも綺麗に撮れましたが、ポートレートモードにすると、背景がボケるとともに全体が白っぽくなって駄作でした。

ポートレートモードの自撮り

自撮りでポートレートモードをよく使う場合は、避けたほうが良いです。

色ムラのノイズやポートレートモードの悪さなどがありますが、全体的にみて3万円中盤のスマホのカメラとしては十分合格点です。

OPPO Reno Aのレビューの目次

その他

GPSの詳細(みちびき対応&位置精度良し)

OPPO Reno Aは、GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)に対応しています。

みちびきに対応すると、都市部などビルが建ち並びGPSの電波が不安定な場所でも、みちびきの位置衛星が頭上にきやすいので、GPSを捕捉しやすくなり位置情報が安定します。(都市部などのビル街ではなければ、みちびき対応の有無はそんなに違いは出ないです)

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

OPPO Reno Aなら位置衛星をたくさん捕捉します。

普通のスマホはIn Useが20個もあれば良い方ですが、OPPO Reno Aなら27個もIn Useになっていました。

たくさん掴めるほど位置情報が安定する傾向があるので、位置情報の精度(安定性)を重視する場合はOPPO Reno Aはおすすめです。

便利な顔認証、それなりに早いディスプレイ指紋認証

OPPO Reno Aは顔認証とディスプレイ指紋認証に対応しています。

スマホを持ち上げれば、顔認証が起動してスマホのロックをすぐ解除してくれます。暗いところでも画面が明るくなって、顔認証ができるようになっています。目をつぶっている場合は、ロックを解除しない設定にすることもできます。

普通の人は顔認証を使うと思いますが、花粉症か何かでマスクをする場合は、ディスプレイ指紋認証を併用する感じになります。

ディスプレイ指紋認証も旧モデルのOPPO R17 Neoよりも3割くらい認証速度が速くなっているので、結構素早くロックを解除してくれます。

OPPO Reno Aの中身

OPPO Reno A本体(保護フィルム付き)、柔らかい保護ケース、SIM取り出しピン、USB充電器(5V2A)、充電ケーブル、イヤフォン

付属の保護ケースを使えば良いと思いますが、手帳型のケースが良い場合は別途購入してください。保護フィルムは貼り付け済みなので買う必要はありません。

ディスプレイ指紋認証なので、ディスプレイに強化ガラスなどを貼り付けたりすると指紋認証の精度が悪くなったりするので、付属の保護フィルムのままで使うことをオススメします。

注意点:通知ランプがない

OPPO Reno Aには通知ランプは付いていないので注意してください。

格安スマホの大半は充電をするとき充電ランプ(通知ランプ)が点灯して充電の状態を知らせてくれますが、OPPO Reno Aには通知ランプは付いていないので、特に何も光りません。

LINEやメールが来た時も通知ランプは付いていないので、特に何も光りません。

OPPO Reno Aのレビューの目次

OPPO Reno Aの総合評価、おサイフケータイ・防水対応スマホとして最高のコスパ機種

OPPO Reno AはSDM710の高性能CPUと大容量のRAM6GBを搭載していて、おサイフケータイ・防水対応、そして価格は3万5800円です。

高性能なおサイフケータイ・防水対応スマホとしてコスパは最高です。

カメラ性能も3万円のスマホとしては結構頑張っていて、電池持ちもかなり良いです。

旧モデルのOPPO R17 Neoの不満点だったディスプレイ指紋認証の反応速度の微妙な遅さも、OPPO Reno Aで約3割スピードアップしたことで解消されました。

競合として出てくくるのはAQUOS sense3ですが、AQUOS sense3が優っている点は電池持ちとコンパクトさです。OPPO Reno Aは電池持ちはかなり良いですが、AQUOS sense3は電池持ちが超良いレベルになっています。

ざっくり評価すると、電池持ちとコンパクトさを重視する場合はAQUOS sense3、CPUの性能とカメラ性能を重視する場合はOPPO Reno Aがおすすめです。

知名度的にAQUOS sense3の方が売れそうですが、性能的にはOPPO Reno Aがおすすめです。

OPPO Reno Aのレビューの目次

OPPO Reno Aが買えるMVNOとキャンペーン情報

OPPO Reno Aの定価:3万5800円(税抜)

MVNOではIIJmio、OCNモバイルONE、楽天モバイルなどが販売します。

おすすめ:OCNモバイルONE、発売記念特価で2万円(11月5日11時以降は2万7000円)

OCNモバイルONEではOPPO Reno Aを発売記念特価で2万円で販売します。2019年11月5日午前11時以降になると、2万7000円に値上げになります。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも大幅割引で買うことができます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える

OCNモバイルONEでは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行なっています。

OPPO A5 2020が1万4800円、OPPO Reno Aが2万7000円、P30 liteが1万2800円、AQUOS sense2が1万6500円など割引価格で手に入れることができます。
キャンペーンの詳細を見る

OPPO Reno Aが2万円 → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測240kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYouTubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

OPPO Reno Aのレビューの目次

IIJmio、3万4800円+ギフト券5000円

IIJmioではOPPO Reno Aを3万4800円で販売します。通話SIMとセットに申し込むと5000円分の選べるギフト券(Amazonギフト券等)がもらえます。

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのOPPO Reno Aの詳細と申し込み → IIJmio

IIJmioの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OPPO Reno Aのレビューの目次

楽天モバイル、3万5273円、ROMが128GBに倍増、2回線目以降は5000円引き

楽天モバイルではOPPO Reno Aを3万5273円で販売します。楽天モバイルで販売するOPPO Reno AはROMが128GBと通常版の2倍の容量になっています。

楽天モバイルは1回線目に通話SIMを申し込むと、2回線目以降は端末代金が5000円引きになります。

楽天モバイルのキャンペーンを徹底解説、格安スマホのおすすめランキング&2回線目以降はプラス割で最大5000円キャッシュバックまたは追加割引

楽天モバイルでは格安スマホが少し買えるキャンペーンを行なっています。

2019年11月1日までのキャンペーン
対象スマホ:AQUOS sense3 lite、OPPO Reno A、arrows RX

2019年11月14日までのキャンペーン
対象スマホ:P30 lite、AQUOS zero、AQUOS R2 compactなど

その他、2回線目以降はプラス割で最大5000円キャッシュバックも行なっています。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OPPO Reno Aのレビューの目次

OPPO Reno Aを本体のみ購入したい場合

OPPO Reno Aのレビューの目次

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイ対応で普通性能なのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh
最終更新日 2019年11月3日 / 作成日 2019年10月16日 / 作成者 格安SIMの管理人
「OPPO Reno Aの詳細スペックと実機レビュー、コスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ