Xperia 8の詳細スペックと実機レビュー、コンパクトな縦長スマホ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Xperia 8は2019年10月25日にau、UQモバイル、ワイモバイルで発売された縦長で比較的コンパクトな防水・おサイフケータイ対応スマホです。

Xperia 8は比較的高性能で定価は4万9000円(税込5万4000円)くらいです。

CPUはSDM630、RAM4GB、ROM64GB、電池容量は2760mAh、画面6インチ、カメラはF値1.8で1200万画素、防水・おサイフケータイ対応です。

Xperia 8

ざっくり評価すると定価4万9000円は結構割高な価格設定です。Xperiaというブランド価値を考慮してもスペック的に3万5000円くらいが妥当です。(ブランド価値を差っ引くと3万円)

定価4万9000円だと検討外です。馬に蹴られて何とやらです。

ただし、Xperia 8はUQモバイルだと他社からの乗り換えなら3万2400円(税込3万5640円)、ワイモバイルなら新規契約/ソフトバンク以外からの乗り換えなら3万2530円(税込3万5784円)で買うことができます。

このいずれかのケースに当てはまる人だけ、Xperia 8を検討してみてください。

格安SIMの管理人はUQモバイルからXperia 8を借りて、実機テストを行っています。

実機性能が少しまずいので少し高い気がしますが、3万円台で買えるならそれなりに妥当な感じです。5万円前後だともはや日本メーカーというマヤカシにぼったくられているだけです。

UQモバイルだと他社からの乗り換えの場合は1万8000円引きでXperia 8が買えるので、他社からの乗り換えられる人だけ検討してみてください。

乗り換え用:UQ mobileの公式サイト(1万8000円引き)

新規契約用:UQ mobileのXperia 8 → 5000円のキャッシュバック

Xperia 8のスペック(性能)

Xperia 8
CPUCPUオクタコア2.2GHz+1.8GHz SDM630
RAM4GB
ROM64GB
Antutu109,656 (V8.0.1-0B)
ディスプレイ6インチ / TFT液晶トリルミナスディスプレイ
解像度2520×1080 Full HD+、画面比率21:9、ゴリラガラス6
カメラ1200万画素(F値1.8)+望遠800万画素(F値2.4 / 光学2倍ズーム)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量2760mAh
サイズ158 × 69 × 8.1mm
重さ170グラム
連続待受580時間(au電池持ち時間:100時間)
充電時間160分
本体カラーホワイト、ブラック
価格(税抜)4万9000円(新規契約か乗り換えかで価格はかなり変わります)

Android 9、UQ版はSIMフリー(ワイモバイル版は不明、au版はSIMロック)、外部マイクロSD(最大512GB)、ナノSIM、UQ版とau版はauのVoLTE対応、指紋認証(側面)、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、おサイフケータイ対応、防水対応

主な非対応機能:ワイヤレス充電、DSDV、顔認証(Smart Lock版の顔認証のみ対応、目をつぶっても認証突破できるくらい脆い)

Xperia Aceのレビューの目次

Xperia 8の対応周波数(バンド)

各社&メーカー含めて製品ページに記載なし

UQ mobile版のXperia 8はSIMフリーなので、auとau系の格安SIM(VoLTE/マルチSIM)で使うことができます。ドコモ系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも使えますが、対応バンドが不明なためドコモ系とソフトバンク系で使うと電波が悪くなる可能性があります。

au版のXperia 8はSIMロックがかかっています。auとau系の格安SIM(VoLTE/マルチSIM)で使うことができます。SIMロックを解除すると、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでも使えますが、対応バンドが不明なためドコモ系とソフトバンク系で使うと電波が悪くなる可能性があります。

ワイモバイル版はSIMフリーかSIMロックかの記載なしです。auのVoLTE対応もわかりません。恐らくはSIMフリーでauのVoLTEにも対応していると思いますが、判断は自己責任で・・。SIMフリーでauのVoLTEにも対応している場合、ソフトバンク系の格安SIMで使えます。対応バンドが不明なためドコモ系とau系で使うと電波が悪くなる可能性があります。

SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

Xperia 8のレビューの目次

Xperia 8の評価レビューと評判

最大の特徴:縦長スマホでコンパクト&サイドセンスで操作しやすい

Xperia 8の最大の特徴は、縦長スマホでコンパクトな点です。

最近の格安スマホの画面は高さ18:幅9の比率です。Xperia 8は高さ21:幅9の比率になっていて、画面が縦長になっています。

幅は69ミリのコンパクトサイズに抑えられているので持ちやすいです。

さらに操作しやすいようにサイドセンスがついています。

サイドセンスは画面の横の部分をダブルタップすると、よく使うアプリを出したり、登録したアプリを出したりできます。右側だけでなく、左側や両側をダブルタップしてアプリを呼び出すことができます。

加えて、画面中央を下方向にスワイプすれば通知画面が出てきて、上画面にスワイプすればアプリ一覧が出てきます。

縦長ですが、操作しやすくなっています。Xperia 8の特徴であり強みは操作のしやすさです。

Xperia 8のレビューの目次

SDM630で比較的高性能だけで、5万円近いスマホとしては微妙

Xperia 8のCPUはオクタコア2.2GHz+1.8GHz Snapdragon 630 (以下、SDM630)です。比較的高性能なCPUです。普通に使う分には十分な性能をしています。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムなども快適に遊べます。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがあるので、重い3Dゲームを快適に遊びたい場合は、SDM660以上の高性能なCPUを選んでください。

個人的な最大の不満点は、価格が5万円近くするのにCPUの性能がそこまで良くないことです。SDM630は悪くはないCPUですが、5万円近く出す場合はSDM660以上の高性能なCPUを搭載してもらいたかったです。

2019年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM835、SDM845、SDM855(SD8150)
Kirin:Kirin970、Kirin980、Kirin990
iPhone:8、X、XR、XS、XS Max、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
比較的高性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE
普通性能
Snapdragon:SDM450、SD625
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
低性能
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDMとSDは同じものと扱ってください・・。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

Xperia 8のAntutuのスコア V8.0.1-0B

Xperia 8のAntutuのスコア 109,656 (V8.0.1-0B)
CPU: 44,153
GPU : 17,055
MEM: 17,496
UX : 30,952

AntutuのスコアはV8のスコアです。V7以前のスコアとは主にMEMとGPUのスコアが異なるので注意してください。

比較用にOPPO Reno AのAntutuスコアを載せます。

OPPO Reno AのAntutuのスコア 187,647 (V8.0.1-0B)
CPU: 65,659
GPU : 54,414
MEM: 31,377
UX : 36,197

OPPO Reno Aは定価35,800円で、Xperia 8は定価50,000円程度です。安いOPPO Reno Aの方が性能が1.8倍近く良いです・・。

Xperia 8の3DMarkのスコア

Sling Shot Extreme
・OpenGL ES 3.1:823
・Vulkan:840

Xperia 8のGeekbench5のスコア

シングルコア:178
マルチコア:866

Xperia 8のレビューの目次

電池持ちの詳細:電池持ちは普通か比較的悪い

Xperia 8の電池容量は2760mAhです。

最近の格安スマホは3000mAhは当たり前、4000mAh、5000mAhなどの大容量の電池を搭載して電池持ちが良いものがたくさん出てきています。

そんな中、Xperia 8の電池容量は2760mAhです。。ただ、Xperiaは電池容量が少なくても電池持ちが結構良い場合があるので、格安SIMの管理人は実際の電池持ちのテストを行ってみました。。

その結果・・・

PCMarkの電池持ちは7時間29分・・。かなり悪い結果になりました。

YouTubeの連続再生時間も計測したところ10時間30分でした。

電池持ちが2年前の格安スマホレベルな感じです。

ちなみにOPPO Reno Aの電池持ちは、YouTubeの連続再生時間が18時間4分でした。電池持ちが全然違います。

Xperia 8でも普通に使う分には1日くらい電池は持ちますが、最近の格安スマホの電池持ちはかなり良くなっているので、それと比べると見劣りする電池持ちになっています。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間
Pixel 3a10時間20分12時間43分
Galaxy A3011時間41分16時間35分
nova lite 38時間54分13時間25分
AQUOS sense29時間50分13時間49分
ZenFone 617時間47分22時間48分

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

Xperia 8のレビューの目次

カメラ性能の詳細:5万円近いスマホとしては落第レベル

Xperia 8のカメラ性能
背面:1200万画素(F値1.8)+望遠800万画素(F値2.4 / 光学2倍ズーム)
前面:800万画素(F値2.0)

正直微妙なカメラスペックです。

実性能はさらに微妙になっています。具体的には2万円台のカメラの実性能になっていました。

普通の明るさのところで風景などの写真を撮る場合は普通に撮れます。

画像をクリックするとオリジナルの大きな画像になります

通常

光学2倍

最大5倍ズーム

光学2倍に対応しているのに、最大ズームは5倍まででした。

光学2倍に対応するなら、ハイブリットで10倍ズームくらいできなかったのだろうかとは思いますが、明るいところで風景を撮る場合は合格点な気がします。

問題になるのが次からです。

夜景

画質悪いです。光がにじみます。

比較用にOPPO Reno Aの夜景モードで撮った写真

OPPO Reno Aなら綺麗に夜景を撮ってくれました。OPPO Reno Aの場合は、原寸大で見るとノイズが少し多めに出てきますが、夜景はXperia 8と比べて段違いに良いです。

Xperia 8にも自動的に夜景モードになる機能がついていますが、屁のツッパリにもならない気がします。

夜景なんて撮らない場合、最後にカメラ性能で個人的に一番の問題点・・

青白いというか、なんかまずそうに撮れてしまいました。

同じ被写体をOPPO Reno Aで撮ると・・

OPPO Reno A

実際の色合いもOPPO Reno Aが合っています。よく撮れています。

Xperia 8が2万円ならよくあるカメラ性能ですが、5万円でメシマズ性能は相当ひどいです。

ついでに自撮りを試してみましたが、自撮りも少し暗く撮れていまいちな性能でした。

Xperiaを作っているソニーはカメラで重要なイメージセンサーの最大手ですが、なんでこんなしょぼいカメラ性能になるんだと不思議でたまりません。

Xperia 8のレビューの目次

その他

GPSの詳細(みちびき対応)

Xperia 8は、GPS、GLONASS、QZSS(みちびき)に対応しています。

みちびきに対応すると、都市部などビルが建ち並びGPSの電波が不安定な場所でも、みちびきの位置衛星が頭上にきやすいので、GPSを捕捉しやすくなり位置情報が安定します。(都市部などのビル街ではなければ、みちびき対応の有無はそんなに違いは出ないです)

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

ただ、Xperia 8の位置情報の精度は悪くはないのですが、OPPO Reno Aと比べると見劣りします。

OPPO Reno AはBeidouとGALILEOにも対応していて、Xperia 8よりも1.5倍くらい多く位置衛星を捕捉してくれます。

中身は本体のみ(充電器などはなし)

Xperia 8を買うと、手に入るのはXperia 8本体のみです・・。充電器や充電ケーブル、保護ケース、保護フィルムなどは入っていません。

OPPO Reno Aの場合は、保護フィルムが最初からついていて、保護ケースが入っていて、充電器と充電ケーブルも入っています。。

Xperia 8を充電できそうな充電器とケーブルを持っていない場合は、下記のような充電器を買っておくと良いです。

Amazon:エレコム USB 充電器 ACアダプター コンセント USB TypeC PD対応 18W ケーブル一体型 急速充電器 折畳式プラグ 1.5m

Xperia 8のレビューの目次

Xperia 8の総合評価、手軽に使える縦長でコンパクトなスマホ、3万円台で買える場合に検討する

Xperia 8は5万円台で買えるか、3万円台で買えるかで総合評価が大きく異なります。

Xperia 8:定価4万9000円(税込5万4000円)の場合の総合評価

Xperia 8は何かしらの信条で日本メーカーの中からスマホを選びたい人、またはXperiaからスマホを選びたい人が検討してみてください。

もしくは、中身よりも見た目重視で、少し細長いコンパクトなスマホを最重視する場合に検討するくらいです。

今回はOPPO Reno Aを結構言及していますが、実機テストをXperia 8と一緒に行っていたためです。

Xperia 8は定価4万9000円くらいですが、OPPO Reno Aは定価3万5800円です。OPPO Reno Aの方が1万円以上安くなるのに、Xperia 8よりOPPO Reno AのほうがCPUの性能が1.8倍近くよくて、カメラ性能も結構よくて、電池持ちはかなり良くて、GPSの精度も良いです。

Xperia 8は見た目と日本メーカーという名前しか残っていない感じです・・。

もしOPPO Reno AとAQUOS sense3が存在しなければ、Xperia 8という選択肢もあるのかも・・と少しだけ思いました。

Xperia 8:3万円台で買える場合の総合評価

すぐ後述しますが、UQモバイルだと他社からの乗り換えならXperia 8が3万2400円(税込3万5640円)、ワイモバイルだと新規契約とソフトバンク以外からの乗り換えならXperia 8が3万2530円(税込3万5784円)で買うことができます。

カメラ性能が微妙で、電池持ちが微妙ですが、3万円台で買えるなら価格相応な性能と評価できます。

3万円台でも少し割高な気がしなくもないですが、そこはXperiaという日本メーカーというブランド価値と、コンパクトで縦長でサイドセンスなど操作しやすくなっている点を考慮すれば、日本メーカーに足元見られていない妥当な価格帯だと思います。

Xperia 8のレビューの目次

Xperia 8が買えるUQモバイルとキャンペーン情報、他社からの乗り換えだと大幅割引

UQモバイルでは新規契約と乗り換えで機種代金が変わります。

UQモバイルのXperia 8の機種代金
・新規契約:5万400円(税込5万5440円)+キャッシュバック5000円
・他社からの乗り換え:3万2400円(税込3万5640円)

新規契約だとキャッシュバックが5000円もらえますが、乗り換えだとキャッシュバックの代わりに1万8000円引きになります。

新規契約だとXperia 8はキャッシュバック込みでも割高感が強いですが、他社からの乗り換えの場合は1万8000円引きで買えるので、結構それなりに妥当な価格になります。

他社からの乗り換えられる場合にXperia 8を検討することをお勧めします。UQモバイルは速度が速いので、快適にスマホを使いたい場合におすすめです。

※ UQモバイルは初期費用としてSIMパッケージ料金:3000円(税込3300円)がかかります。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大6000円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホプランを申し込むと最大6000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。乗り換えの場合はiPhone6s/7などの端末が大幅割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適に使いたい場合におすすめです。
UQ mobileのキャンペーンの詳細を見る

新規契約用:UQ mobileのXperia 8 → 5000円のキャッシュバック

乗り換え用:UQ mobileの公式サイト(1万8000円引き)

UQ mobileの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

Xperia 8のレビューの目次

Xperia 8が買えるワイモバイルとキャンペーン情報、新規契約/ソフトバンク以外からの乗り換えだと大幅割引+5の付く日なら3000円相当プレゼント+初期費用(事務手数料)無料

ワイモバイルでも新規契約と乗り換えで機種代金が変わります。

ワイモバイルのXperia 8の機種代金
・新規契約/ソフトバンク以外からの乗り換え:3万2530円(税込3万5784円)
・ソフトバンクからの乗り換え:4万9090円(税込5万4000円)

ワイモバイルの場合は新規契約でも安くXperia 8を買うことができますが、乗り換えでもソフトバンクからの乗り換えだと定価になります。

新規契約やソフトバンク以外からの乗り換えの場合にXperia 8を検討してみてください。

ワイモバイルもUQモバイルと同様に超速い速度で快適にスマホが使えます。

UQモバイルは余ったデータを繰り越せるので、データの使い勝手を重視する場合はUQモバイルがお勧めです。ワイモバイルは余ったデータを繰り越せないので、データの使い勝手は悪いですが、ヤフーショッピングでお得に買い物ができます。

データの使い勝手よりも、ヤフーショッピングのお得さを重視する場合にワイモバイルを選んでみてください。

※ ワイモバイルだと初期費用のSIMパッケージ料金はかかりません

ワイモバイルは5の付く日に申し込むと、PyPayボーナスライトが3000円分もらえるので、5日、15日、25日に申し込むことをオススメします。

ワイモバイルのXperia 8 → ワイモバイルのオンラインストア

Xperia 8のレビューの目次

Xperia 8が買えるau情報、特にない

auでもXperia 8を販売していますが、オススメ度は低いです。

ほとんどの場合でUQモバイルを契約したほうが毎月の月額料金を半額近くに安くできます。

月に使うデータが14GBを超える場合にauを検討してみてください。月14GB以下のほとんどの人はUQモバイルを契約したほうがお得なので、auの紹介やここでは省略します。

Xperia 8のレビューの目次

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイ対応で普通性能なのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh
最終更新日 2019年10月26日 / 作成日 2019年10月26日 / 作成者 格安SIMの管理人
「Xperia 8の詳細スペックと実機レビュー、コンパクトな縦長スマホ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ