ZenFone 2 Laserの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2015年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(65)

ZenFone 2 Laserは2015年8月8日に発売された、当時の普通性能の格安スマホです。

ドコモ回線、au回線(UQモバイル)、ソフトバンク回線(ワイモバイルとLINEMO)の格安SIMで使えます。楽天モバイルでは使えません。(ahamoは不明)

格安スマホの中でもロングセラーの人気機種がZenFone 2 Laserです。ZenFone 2 Laserは大ヒットした2014年発売のZenFone 5の改善版です。

ZenFone 2 Laser

ーーー 以下2016年時点の評価 ーーー

ZenFone 2 Laserでは電池の容量が増えて普通の使い方なら1日電池が持つようになりました。カメラの画質も向上して普通レベルになり、一般ユーザにとって十分な性能でした。

ZenFone 2 Laserは2015年8月8日にひっそりと発売され、9月には一番人気の格安スマホになり、ロングセラーの人気機種を維持しました。

ここではZenFone 2 Laserで使える格安SIMとキャンペーン情報、詳細スペックとレビューを徹底解説します。

ZenFone 2 Laserのスペック(性能)

ZenFone 2 Laser ZE500KL
CPUSnapdragon 410 クワッドコア1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチ
解像度720×1280
カメラ背面1300万画素/前面500万画素
電池容量2400mAh
サイズ143.7 x 71.5 x 10.5 mm
重さ145グラム
連続待受LTE241時間、WCDMA502時間
実売(税込)2016年時点で1万8000円

Android 5 (Android 6へのアップデート可)、デュアルSIM(マイクロSIM × 2)、SIMフリー、外部SDカード(最大128GB)、テザリング可

ZenFone 2 Laserで使える格安SIMのまとめ

ZenFone 2 Laser ZE500KLの対応バンド

LTE(4G): バンド1/3/5/6/8/9/18/19/28 auのVoLTE対応
WCDMA(3G): バンド1/2/5/6/8/19

ZenFone 2 Laserはドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMau回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはマイクロSIMです。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

機種変がおすすめ!キャンペーンで最新の格安スマホが大幅割引

Zenfone 2 Laserはかなり古い機種なので、機種変更がおすすめです。

格安SIMに乗り換えれば、最新機種がキャンペーンで大幅割引で買えます。

IIJmioに乗り換えなら端末が大幅割引

ドコモ/au/ソフトバンク/その他の格安SIMからIIJmioに乗り換えなら、Androidスマホと中古iPhoneを大幅割引で買えます。

IIJmioのスマホおすすめ機種

IIJmioのスマホおすすめ機種ランキング

注意:在庫切れの格安スマホは時刻未定で再入荷

他社からIIJmioに乗り換える場合、格安スマホが大幅割引で買えますが、在庫切れになっている場合があります。

IIJmioの格安スマホの在庫チェックと申し込み

在庫切れの場合、朝10時から昼12時の間に入荷することが多いです。

事務手数料(初期費用):1,650円+SIM発行手数料433円 (au回線は+13円)
最低利用期間と違約金:なし

2GB:月850円 / 4GB:月990円 / 8GB:月1,500円 / 15GB:月1,800円 / 20GB:月2,000円

IIJmioのデメリットと評判、ギガプランの総まとめ

その他の端末キャンペーン情報

格安SIMでお得に機種変更

2016年当時のZenFone 2 Laserの性能レビュー

ZenFone 2 Laserの評判は正直言うと微妙です。悪くはないのですが、他の人気の格安スマホと比べると同じくらいのコストパフォーマンスになっています。

ZenFone 2 Laserと競合するのがHuawei P8liteです。P8liteとZenFone 2 Laserの性能はほぼ互角です。両方とも一般的なユーザにとって十分な性能を持っています。

人気の理由は両方とも発売当初は税込3万円くらいでしたが、発売から1年ほどで税込2万円以下にまで値下がりして、両方ともAndroid 6に対応しているためです。

さらにZenFone 2 Laserは自分で電池交換ができるので、途中で電池交換しても4年くらい使うことができます。

このため、ZenFone 2 Laserはロングセラーで人気上位の格安スマホになりました。

ZenFone 2 Laserは電池が交換できる

ZenFone 2 Laserの最大の特徴は電池が交換できることです。

格安スマホの弱点は電池を交換するのに高額な料金が請求される上に修理工場へ送りになることです。そのため電池が2,3年で消耗したら新しく機種に買い直すのが実情です。

ZenFone 2 Laserなら、電池の交換を自分で簡単にできるので、新しい電池を入手さえすれば電池が消耗しても問題ありません。性能的に4年くらい使っていけます。

P8liteは良い格安スマホですが、電池が交換できないので、普通に使っていくと電池が消耗して3年でゴミ箱行きになります。ZenFone 2 Laserなら互換電池に交換して4年くらい使えます。

GSPの精度が最悪

ZenFone 2 Laserには一点だけ問題があります。それがGPSの精度です。

たいていの格安スマホのGSPの精度は普通に良いですが、ZenFone 2 LaserのGPSの精度だけはクソです。

格安スマホの中でもZenFone Goと双璧をなすくらい圧倒的に最悪です。ZenFone 2 LaserとZenFone Goだけは、まともにナビが使えるとは思わないほうがいいです。

ZenFone 2 Laserを持って、Google Mapsを起動して、その辺を移動してみたのですが、Google Mapsの現在位置が移動しません。

普通の格安スマホだと、移動すればGoogle Mapsの現在位置も移動してくれます。ZenFone 2 Laserは現在位置の取得に時間がかかり、まともに動きません。

アルミ箔を貼るとGPSの精度が上がる!?

バッテリーカバーを外して、アルミ箔を細長く切ってL字にして貼り付けるとGPSの精度が上がる噂があります。

ZenFone 2 Laserを持っているので、台所にあったアルミフォイルで試してみたのですが、結果はたいして変わりませんでした・・・。

6インチのZenFone 2 Laser ZE601KLについて

2015年11月13日、ZenFone 2 Laserの画面が6インチになる、ZenFone 2 Laser ZE601KLが発売されました。ただし、これは超マイナーな機種なので無視していいです。

ZenFone 2 Laserといった場合、基本的に画面が5インチのZenFone 2 Laser ZE500KLを指します。

6インチのZenFone 2 Laser ZE601KLはマイナーな上に偽物(国内版ではなく中国版)が横行しているので購入しない方がいいです。

※ 楽天モバイル限定のROM8GB版のZenFone 2 Laserもありました

ZenFone 2 Laser ZE601KLの性能

6インチ(解像度1920×1080)、CPU Snapdragon 616 オクタコア1.7GHz/1.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、背面1300万画素/前面500万画素、電池容量3000mAh、大きさ164.5 × 84 × 10.55mm、重さ190グラム、連続待受時間LTE353時間/WCDMA439時間、3万7000円

ZenFone 2 Laser ZE601KLの対応バンド(国内版)
LTE(4G): B1/3/5/6/8/9/19/28/38/39/40/41
WCDMA(3G): B1/2/5/6/8/19
TD-SCDMA: B39/34

ZenFone 2 Laser ZE601KLの対応バンドのTD-SCDMAは中国用のバンドになります。LTEの38,39,40,41も中国/インド用のバンドになります。ZE500KLとZE601KLの対応バンドの主な違いは、ZE601KLは中国でも使えるようになっていることです。

ZE601KLは高性能というわけではありませんが、そこそこ良い性能で6インチの大きな画面を使いたい場合におすすめでした。

ただし、ZenFone 2 Laser ZE601KL(国内版)ではなく、ZenFone 2 Laser ZE601KL(中国版/グローバル版)の不正販売が横行しているので、購入するリスクが高いです。

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno7 A
    • 見た目が良くて、電池持ちも良い。40,000円、6.4インチ、CPU Snapdragon 695 5G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ175g、電池容量4500mAh、防水、おサイフケータイ
  • OPPO Reno5 A
    • コスパが良く高性能。カメラ性能も良い。35,000円、6.5インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ182g、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ
  • Mi 11 Lite 5G
    • 薄型軽量で高性能。40,000円、6.55インチ、CPU Snapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.79)+超広角800万画素(F値2.2)+テレマクロ500万画素、重さ159g、電池容量4250mAh、おサイフケータイ
  • AQUOS sense6
    • 長く使える。40,000円、6.1インチ、CPU Snapdragon 690、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+望遠800万画素(光学2倍)、重さ156g、電池容量4570mAh、防水、おサイフケータイ、耐衝撃
格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2800万人で約9700万ページビューになりました(2022年10月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2022年10月29日 / 作成日 2015年9月12日
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:口コミやコメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミ

購読する
通知する
guest

0 の口コミとコメント
「ZenFone 2 Laserの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2015年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント