OPPO A5 2020の詳細スペックと評価レビュー、低解像度だけで高性能&電池持ち化け物のコスパ機

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

OPPO A5 2020は2019年11月1日に発売された、ディスプレイは低解像度だけど、CPUは高性能な電池持ちが異常に良い格安スマホです。

OPPO A5 2020

CPUは高性能で省エネなSDM665、RAMは4GB、ROM64GB、電池容量は5000mAh、画面6.5インチで解像度はHDの低画質、カメラはF値1.8で1200万画素、超広角カメラにも対応しています。

価格は2万6800円です。

DSDV対応でauのVoLTEにも対応しているので、全ての格安SIMで使えます。

2019年10月に発売された3万5800円のOPPO Reno Aは防水・おサイフケータイ対応で、ディスプレイは高画質なFHD画質です。

OPPO Reno Aと比べると、OPPO A5 2020は性能面は1段落ちますが、電池持ちが化け物クラスになり、価格を少し抑えています。OPPO A5 2020は電池持ちを最重視する場合に検討してみてください。

OPPO A5 2020のスペック(性能)

OPPO A5 2020
CPUCPUオクタコア2.0GHz+1.8GHz SDM665
RAM4GB
ROM64GB (UFS2.1対応)
Antutu不明
ディスプレイ6.5インチ / TFT液晶
解像度1600×720 HD+、画面比率20:9
カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート200万画素(F値2.4)+モノクロ200万画素(F値2.4)/前面1600万画素(F値2.0)
電池容量5000mAh
サイズ163.6 × 75.6 × 9.1mm
重さ195グラム
連続待受不明
充電時間不明
本体カラーブルー、グリーン
価格定価2万6800円(購入する場所で変わります。最安値1万4800円)

Android 9、SIMフリー、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、マイクロSDカードを使う場合でもSIMカードは2つ使えます)、指紋認証(背面)、顔認証、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、GPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO対応)、NFC対応(FeliCa未搭載)

主な非対応機能:急速充電、ワイヤレス充電、おそらく通知ランプ(充電LEDや通知LED)がない

OPPO A5 2020のレビューの目次

OPPO A5 2020の対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/39/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19
CA対応

OPPO A5 2020は、ドコモ系の格安SIMau系の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。SIMのサイズはマルチSIMまたはナノSIMです。

OPPO A5 2020のレビューの目次

OPPO A5 2020の実機レビューと評判

CPU性能の詳細:SDM665で高性能

OPPO A5 2020のCPUはオクタコア2.0GHz+1.8GHz Snapdragon 665 (以下、SDM665)です。高性能なCPUです。

スマホをたくさん使う場合でもサクサク動く性能を持っています。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなども快適に遊べます。

※ 基本的には快適に使えますが、絶対的にサクサク使いたい場合は6万円以上のスマホを買ってください。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがありますが、OPPO A5 2020の画面はHDの低解像度なので、反応速度が結構良くなったりします。

ただ、HDの低解像度だとゲームの画像も悪くなるので、綺麗な画質でゲームを楽しむのは難しいです。

綺麗な画質でゲームをしたい場合はFHDの高解像度の画面のスマホを購入することをおすすめします。(8割がたのスマホはFHD以上の高画質です)

2019年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM835、SDM845、SDM855(SD8150)
Kirin:Kirin970、Kirin980、Kirin990
iPhone:8、X、XR、XS、XS Max、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
比較的高性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE
普通性能
Snapdragon:SDM450、SD625
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
低性能
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDMとSDは同じものと扱ってください・・。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

SDM665はSDM660の低消費バージョンです。パフォーマンスが少し低下する代わりに、省エネ性能が20%アップしています。

OPPO A5 2020のレビューの目次

電池持ちの詳細:5000mAhで電池持ちは超良いけで、急速充電に非対応で充電時間が長い

OPPO A5 2020の最大の特徴で強みは、電池持ちが超良いことです。

電池は大容量の5000mAh、CPUはSDM665で省エネ性能が高い、そして画面はHDの低解像度(低解像度ほど電池持ちがアップ)です。

格安スマホの中でもトップクラス、おそらく一番電池持ちが良いのがOPPO A5 2020です。

電池持ちを最重視する場合に、一番オススメの格安スマホです。

注:急速充電に非対応なので充電時間が推定3.5時間

OPPO A5 2020は急速充電に対応していません。そして電池容量も5000mAhの大容量です。

最近のスマホは1時間の超急速充電に対応しているものや、急速充電で1時間半〜2時間程度で充電できるスマホが多いですが、OPPO A5 2020はおそらくフル充電するのに3時間半くらいかかります。

OPPO A5 2020のレビューの目次

最大のデメリット:ディスプレイが低解像度、Webサイトの画像やゲームの画質が悪くなる

OPPO A5 2020の最大のデメリットは、HDの低解像度なことです。

小さい画面ならHD解像度でも特に問題ないですが、大画面でHD解像度だと表示される画像の画質が少し悪くなります。(ゲームの画像だと結構悪くなる)

小さい文字ならHD解像度でも大丈夫ですが、Webサイトの比較的大きめの画像、ゲームの画像、写真の画像などは、大画面のHDの低解像度で表示すると画質はそれなりに悪くなるので注意してください。

※ スマホではそんな高画質な動画は再生できないので、スマホの動画はHDの低解像度でも問題ないです。

OPPO A5 2020のレビューの目次

カメラ性能の詳細:性能的には普通

OPPO A5 2020のカメラ性能
背面:1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート200万画素(F値2.4)+モノクロ200万画素(F値2.4)
前面:1600万画素(F値2.0)

OPPO A5 2020は4眼カメラですが、4眼のうち2眼はサポート的な役割をするだけです。

普通に写真を撮るときは1200万画素(F値1.8)を使います。風景などで広い範囲の写真を撮りたい場合に超広角800万画素(F値2.25)を使います。

ポートレート200万画素(F値2.4)は、背景のぼかし効果を高めるサポート的なカメラです。モノクロ200万画素(F値2.4)は陰影を強調するためのサポート的なカメラになります。

カメラ性能は、実際に写真を撮って検証しないと実力はわからないのですが、おそらく普通程度の性能をしてそうな感じです。

OPPO A5 2020のレビューの目次

OPPO A5 2020の総合評価、電池持ち最重視の高性能コスパ機種(画面の画質を妥協)

OPPO A5 2020は、それなりに安い価格で、処理能力の高いCPUで快適に使えて、電池持ちを最重視する場合にオススメの格安スマホです。

残念な点は、画面が低解像度で急速充電に対応していないことです。

画像の画質をあまり気にしない人や、スマホの充電は寝るときにすれば良いと思っている場合に、OPPO A5 2020を検討してみてください。

OPPO A5 2020のレビューの目次

OPPO A5 2020が買えるMVNOとキャンペーン情報

OPPO A5 2020の定価:2万6800円(税抜)

MVNOではOCNモバイルONE、UQモバイル、IIJmio、LINEモバイルなどが販売します。

おすすめ:OCNモバイルONE、発売記念特価で1万4800円(11月18日11時以降は1万9000円)

OCNモバイルONEではOPPO A5 2020を発売記念特価で1万4800円で販売します。2019年11月18日午前11時以降になると、1万9000円に値上げになります。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも大幅割引で買うことができます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える

OCNモバイルONEでは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行なっています。

OPPO A5 2020が1万4800円、OPPO Reno Aが2万7000円、P30 liteが1万2800円、AQUOS sense2が1万6500円など割引価格で手に入れることができます。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのOPPO A5 2020の詳細 → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富で実測240kbpsの低速モードが無制限に使うことができます。

格安SIMでも長電話をしたい場合や、低速モードでインターネットラジオのradikoやYouTubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMです。ただし、高速データ通信の実際に出る通信速度は遅めです。

OPPO A5 2020のレビューの目次

おすすめ:UQモバイル、1万8000円

UQモバイルではOPPO A5 2020を1万8000円で販売しています。

UQモバイルのスマホプラン(通話SIM)とセットに申し込む必要がありますが、UQモバイルでも定価よりも大幅割引で買うことができます。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大6000円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホプランを申し込むと最大6000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。乗り換えの場合はiPhone6s/7などの端末が大幅割引で買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適に使いたい場合におすすめです。
UQ mobileのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルのOPPO A5 2020の詳細と申し込み → UQ mobile

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

UQモバイルは速度が超速いので、快適にスマホを使いたい場合におすすめです。

OPPO A5 2020のレビューの目次

LINEモバイル、2万6800円

LINEモバイルではOPPO A5 2020を2万6800円で販売しています。端末は定価ですが、LINEモバイルは下記のキャンペーンを適用することができます。

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタをデータ消費なしに使えるので、SNS系アプリをたくさん使う場合におすすめです。

LINEモバイルのOPPO A5 2020の詳細と申し込み → LINEモバイル

OPPO A5 2020のレビューの目次

IIJmio、2万4800円+ギフト券3000円

IIJmioではOPPO A5 2020を2万4800円で販売します。通話SIMとセットに申し込むと3000円分の選べるギフト券(Amazonギフト券等)がもらえます。

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのOPPO A5 2020の詳細と申し込み → IIJmio

IIJmioの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OPPO A5 2020のレビューの目次

OPPO A5 2020を本体のみ購入したい場合

OPPO A5 2020のレビューの目次

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。カメラ性能は少し悪いですが、安くて高性能です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイ対応で普通性能なのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh
最終更新日 2019年11月3日 / 作成日 2019年11月3日 / 作成者 格安SIMの管理人
「OPPO A5 2020の詳細スペックと評価レビュー、低解像度だけで高性能&電池持ち化け物のコスパ機」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ