Xperia 10 IIの詳細スペックと性能レビュー、ワイモバイル版とSIMフリー版のOCNモバイルONEの違い

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (4) / 関連:格安スマホ更新順(102)

Xperia 10 IIをレビューします。Xperia 10 IIはワイモバイルが2020年5月29日、SIMフリー版が2020年10月1日に発売された格安スマホです。(auは2020年6月4日、ドコモは2020年6月25日に発売)

Xperiaと言えば、超高性能のXperia 1は価格が超高いし、普通性能のXperia AceやXperia 8は価格は比較的手頃ですが、性能を考えると割高。

微妙な機種が多かったのですが、Xperia 10 IIは違います。Xperia 10 IIは格安スマホとしても十分なコストパフォーマンスに優れた機種です。

Xperia 10 IIの詳細スペック

Xperia 10 IIの価格は購入場所で結構変わりますが、定価はだいたい3万9800円(税込4万3780円)です。

Xperia 10 IIの性能は、CPUは比較的高性能なSDM665、RAM4GB、ROM64GB、電池容量は3600mAh、画面6インチで有機EL、カメラはメイン1200万画素(F値2.0)、望遠800万画素、超広角800万画素、防水・おサイフケータイ対応です。

SIMフリー版はDSDVに対応しています。

Xperiaは電池持ちがイマイチな機種が多いのですが、Xperia 10 IIは旧型のXperia 8と比べて電池持ちが1.4倍に大幅改善しました。

Xperia 10 IIは電池持ちがとても良いにも関わらず、重さが151グラムしかありません。そして6インチの縦長スマホで幅69ミリのスリムなスマホで、一度に表示できる情報量も多いです。

Xperia 10 II、かなりおすすめです。

※ Xperia 10 IIの読み方は「エクスペリア・テン・マークツー」

Xperia 10 IIの詳細スペック(性能)

Xperia 10 II
CPUCPUオクタコア2.0GHzx4+1.8GHzx4 SDM665
RAM4GB
ROM64GB
ベンチマークAntutu V8:推定170,000 (GPU 33,000)
ディスプレイ6インチ / 有機ELトリルミナスディスプレイ
解像度2520×1080 Full HD+、画面比率21:9
背面カメラメイン1200万画素(F値2.0)
望遠800万画素(F値2.4 / 光学2倍ズーム)
超広角800万画素(F値2.2)
前面カメラ800万画素(F値2.0)
電池容量3600mAh
サイズ157 × 69 × 8.2mm
重さ151グラム
連続待受740時間(au電池持ち時間:140時間、ドコモ電池持ち時間135時間)
本体カラーホワイト、ブラック
価格(税抜)3万9800円(購入する場所でかなり違います)

Android 10、外部マイクロSD(最大1TB)、指紋認証(側面)、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、おサイフケータイ対応、防水対応、GPS(GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSSサポート) 、イヤフォンジャック搭載

SIMフリー版
・デュアルSIM:ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、SIMカードを2枚使う場合は、マイクロSDカードは使えなくなります。

ワイモバイル版/au版/ドコモ版
・シングルSIM:ナノSIMx1

主な非搭載機能:顔認証、ワンセグ、フルセグ

Xperia 10 IIの対応バンドと使える格安SIMのまとめ

SIMフリー版のXperia 10 IIの対応バンドと使える格安SIM

FDD-LTE : B1/3/4/5/8/12/18/19/21/28 au VoLTE対応
TDD-LTE : B38/39/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/4/5/6/8/19

SIMフリー版のXperia 10 IIは、ドコモ回線の格安SIMau回線の格安SIM(マルチSIM)、ソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

楽天モバイルUNLIMITでも高い可能性で使えると思いますが、動作確認はまだないです。

※ SIMフリー版はOCNモバイルONE、IIJmio、mineo、nuroモバイルで販売しているXperia 10 IIです。

ワイモバイル版のXperia 10 IIの対応バンドと使える格安SIM

FDD-LTE : B1/3/4/8/12/28
TDD-LTE : B38
UMTS(WCDMA/3G) : B1/4/8

ワイモバイル版のXperia 10 IIはSIMロックを解除すれば、ソフトバンク回線の格安SIMで使えます。SIMロックを解除した場合でも対応バンドが少ないのでドコモ回線の格安SIMで使うと電波が悪くなる可能性があります。

au回線の格安SIMで使えるかは不明ですが、使えた場合でも電波が悪くなります。楽天アンリミットでは使えません。

au版のXperia 10 II SOV43の対応バンドと使える格安SIM

FDD-LTE : B1/3/18/26 au VoLTE対応
UMTS(WCDMA/3G) : B1

au版のXperia 10 II SOV43はSIMロックがかかっていますが、そのままau回線の格安SIMで使えます。SIMロックを解除すると、ドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIMでも使えますが、対応バンドが少ないので電波が悪くなる可能性があります。

au版のXperia 10 II SOV43ならSIMロックを解除すれば楽天モバイルUNLIMITで使える可能性は高いですが、動作確認はまだありません。

ドコモ版のXperia 10 II SO-41Aの対応バンドと使える格安SIM

FDD-LTE : B1/3/19/21
UMTS(WCDMA/3G) : B1/6/19

ドコモ版のXperia 10 II SO-41AはSIMロックがかかっていますが、そのままドコモ回線の格安SIMで使えます。SIMロックを解除すると、ソフトバンク回線の格安SIMでも使えますが、対応バンドが少ないので電波が悪くなる可能性があります。

au回線の格安SIMで使えるかは不明ですが、使えた場合でも電波が悪くなります。楽天アンリミットでは使えません。

Xperia 10 IIの性能レビュー

最大の特徴:縦長スマホでコンパクトで軽い

Xperia 10 IIの最大の特徴は、縦長スマホでコンパクトで軽いことです。

Xperia 10 IIは細長くてスリムな形状になっています。

最近の格安スマホの画面は高さ18:幅9の比率です。Xperia 10 IIは高さ21:幅9の比率です。

画面が縦長なので、一度に表示できる情報量が増えます。WebサイトやTwitterを見たりするときにスクロールを減らせるので便利です。

幅は69ミリのコンパクトサイズに抑えられているので持ちやすいです。

さらに操作しやすいようにサイドセンスがついています。

サイドセンスは画面の横の部分をダブルタップすると、よく使うアプリを出したり、登録したアプリを出したりできます。

右側だけでなく、左側や両側をダブルタップしてアプリを呼び出すことができます。縦長ですが、操作しやすくなっています。

重さが151グラムで軽い

最近の格安スマホは200グラム前後と重くなっていますが、Xperia 10 IIの重さは151グラムです。卵一個分くらい軽くなっています。

CPU性能の詳細:比較的高性能なSDM665

Xperia 10 IIのCPUはオクタコア2.0GHz+1.8GHz Snapdragon 665 (以下、SDM665)です。比較的高性能なCPUです。

スマホをたくさん使う場合でも、比較的サクサク動く性能を持っています。

ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGOなども快適に遊べます。

スマホゲームの中にやFGOや音ゲー等やたら重いゲームや反応速度にシビアなゲームがありますが、SDM665のGPUスコアはそこまで高くないので、快適に使うには少し厳しいかもですが、普通程度には遊べる性能です。

Xperia 10 IIのAntutuのスコア 推定170,000 (V8)
CPU: 推定70,000
GPU : 推定33,000
MEM: 推定40,000
UX : 推定27,000

2020年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM845、SDM855、SDM865
Kirin:Kirin990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM730、SDM765G、SDM730G、SDM720G、SDM835
Kirin:Kirin970、Kirin980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM675、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:SDM450、SD625、SDM439
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

3600mAhで電池持ちがかなり良い、電池容量をケチるソニータイマーからの脱却!

Xperiaは電池容量をケチる傾向があり、そのため電池持ちがイマイチだったりするのですが、Xperia 10 IIは違います。

Xperia 10 IIの電池容量は3600mAhです。6インチの画面で電池容量が3600mAhなので、電池持ちはかなり良いです。

Xperia 8
・画面6インチ
・電池容量:2760mAh
・auの電池持ち時間:100時間
・重さ170グラム

Xperia 10 II
・画面6インチ
・電池容量:3600mAh
・auの電池持ち時間:140時間
・重さ151グラム

軽くなったのに、電池持ちが1.4倍になりました!この改善が一番良いです。

カメラ性能の詳細:光学2倍ズームに対応

Xperia 10 IIのカメラ性能

背面カメラ
・メイン1200万画素(F値2.0)
・望遠800万画素(F値2.4 / 光学2倍ズーム)
・超広角800万画素(F値2.2)

前面カメラ
・800万画素(F値2.0)

Xperia 10 IIはおすすめの格安スマホですが、カメラ性能については妥協しておいたほうが良いです。おそらくXperia 10 IIのカメラ性能は、Xperia 8のカメラ性能とあまり変わっていないと思われます。違いは超広角カメラが付いたくらい。。

Xperia 8のカメラの写真サンプル

光学2倍ズームなのでズーム性能はわりと良いですが、それ以外は妥協点だと思われます。

防水・おサイフケータイ対応

Xperia 10 IIは防水とおサイフケータイに対応しています。

SIMフリー版はDSDV対応

SIMフリー版のXperia 10 IIはDSDVに対応しているので、SIMカード2枚を便利に使うことができます。

ワイモバイル版/au版/ドコモ版のXperia 10 IIはDSDV非対応です。SIMカードは1枚しか使えません。

楽天アンリミットの対応状況、SIMフリー版とau版はおそらく対応

SIMフリー版とau版のXperia 10 IIは高い可能性で楽天モバイルUNLIMITに対応していると思われます(au版はSIMロックの解除が必須)。

90%くらいで対応しているはずですが、楽天モバイルUNLIMITでの動作確認はまだ行われていません。

※ ワイモバイル版とドコモ版のXperia 10 IIは楽天アンリミットは無理です。

楽天アンリミットの申込み → 楽天モバイルの公式サイト

ギガ使い放題になるのは楽天回線エリアのみです。パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsになります。

SIMフリー版はDSDVに対応しているので、SIMカードを2枚入れて使うことができます。楽天アンリミットのSIMを入れて試してみるのも良いと思います。

※ 確実に使えるかはわかりませんが、おそらく使えるはずかと・・。

楽天モバイルのUN-LIMITを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&1年無料でギガ使い放題

その他:GPSはみちびき対応、指紋認証対応だけど顔認証は非対応

Xperia 10 IIはGPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)に対応しています。

Xperia 10 IIは側面に指紋認証が付いていますが、顔認証には対応していません。

Xperia 10 IIの総合評価、Xperiaで一番オススメです

電池持ちが大幅改善したのが大きいです。

Xperiaは電池容量をケチって、電池を消耗させやすくしていました。普通に使って2年半程度で電池が消耗して使えなくなるソニータイマー搭載です。

そんなXperiaでしたが、Xperia 10 IIは旧型のXperia 8と比べて電池持ちが1.4倍に大幅アップしました。

Xperia 10 IIなら普通に使う程度なら3年半くらい電池が持ちます。長く使えるのでコスパも良いです。

カメラ性能は微妙ですが、電池持ちがかなり良く、長く使えて151グラムで軽くて持ちやすい、コスパの良い使い勝手の良い格安スマホに仕上がっています。

Xperiaを検討している場合は、Xperia 10 IIが一番おすすめです。

格安SIMとセットでXperia 10 IIが安く買えるキャンペーン情報

SIMフリー版のXperia 10 IIはOCNモバイルONE、IIJmio、nuroモバイル、mineoで販売しています。

定価:3万9800円(税込4万3780円)

おすすめ:OCNモバイルONE、Xperia 10 IIが3万2800円+たまに激安セールを実施

OCNモバイルONEではXperia 10 IIを3万2800円で販売しています。

OCNモバイルONEの通話SIMとセットに申し込む必要がありますが、定価よりも安く買えます。

不定期にさらに安く買える激安セールをしている場合があります。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが大幅割引

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホとiPhoneを大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

今なら初期費用込み&税込みで・・
・ZenFone7:7万3913円(乗り換えなら6万8413円) ← 11月4日までの発売記念セール
・Redmi Note 9sのRAM4GB:1万113円(乗り換えなら4613円)
・OPPO Reno3 A:1万7263円
・AQUOS sense3:1万2643円
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのXperia 10 IIの詳細と申込み → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの料金プランと評価を実際に使って徹底解説

OCNモバイルONEは、電話代を安くできる通話オプションが豊富です。実際に出る通信速度も速く、月1GBの割安なプランもあります。

IIJmio

IIJmioではXperia 10 IIを3万9800円で販売しています。IIJmioでは下記のキャンペーン特典も適用できます。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+月額料金が最大1万1880円引き+10分かけ放題が7ヶ月無料+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、月額料金が合計で最大1万1880円引き、10分かけ放題が7ヶ月無料、他社からMNPで乗り換えならタイアップキャンペーンで4000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに他社からの乗り換えならRedmi Note 9Sが9800円で買えます。

結構複雑ですが、12GBプランや家族で契約する場合にお得なキャンペーンになっています。2020年11月4日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの公式サイト

IIJmioを徹底解説、料金プランと総合評価&信頼性重視の格安SIM

mineo

mineoではXperia 10 IIを3万9600円で販売しています。

mineoを徹底解説

nuroモバイル

nuroモバイルではXperia 10 IIを3万9800円で販売していますが、Xperia 10 IIを購入すると5000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

nuroモバイルを徹底解説

ワイモバイルのXperia 10 IIの価格とキャンペーン情報

ワイモバイルのXperia 10 II
・定価:5万4000円(税込)

機種代金割引
・プランS:12,240円割引
・プランM/L:15,840円割引

PayPay特典
・5の付く日や日曜日に申し込むと8555円相当のPayPayプレゼント

実質価格:定価 ー 機種代金割引 + 事務手数料手数料3300円 ー PayPay8555円
・プランS:実質36,505円(税込)
・プランM/L:実質32,905円(税込)

※ ワイモバイルのXperia 10 IIはシングルSIMです。DSDVには対応していません。使える格安SIMも基本的にはソフトバンク回線の格安SIMのみです。

※ ソフトバンクとソフトバンク回線の格安SIMからの乗り換えだと機種代金割引は適用されません。

ヤフー店のワイモバイルのオンラインストア

ワイモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&ネットの買い物が最安

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年10月1日 / 作成日 2020年10月1日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
4 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
あぐり
あぐり
2020年10月10日 12:57 PM

SIMフリー版が量販店などで購入することができれば良いのですが…
今のところ、いくつかのMVNOのみってのが残念です。

古参
古参
2020年10月2日 1:32 AM

この機種のレビューをして欲しかったので、嬉しいです。

幅69mmと軽さは魅力的ですね。
バッテリーも重量とのバランスを考えたらこのくらいが正しいかなと感じました。
※iphoneSE2はバッテリー軽視しすぎ、sense4は重視しすぎ、Xperia10Ⅱとpixel4aがちょうどいい感じをうけます。

「Xperia 10 IIの詳細スペックと性能レビュー、ワイモバイル版とSIMフリー版のOCNモバイルONEの違い」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント