月額2000円以上のデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

月額2000円以上のデータ専用の格安SIMは完全にスマホのヘビーユーザのためのデータSIMになります。

家にインターネットがない場合で、スマホで動画を毎日1時間以上見たり、ゲームアプリをたくさんダウンロードしたり、もしくは家のインターネットの変わりにする場合に月2000円以上のデータ専用の格安SIMが必要になります。

スマホをみんなと同じように使っているようなら月1000円未満のデータ専用の格安SIMで十分です。人より多く使っていそうな場合は、月2000円台のデータ専用の格安SIMです。月2000円以上は人より超かなり使っている場合になります。

月額2000円以上のデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較するポイントは、月額料金、実際に出る通信速度、使える高速通信データ容量になります。

実際に出る通信速度の速い格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速い〜やや速いmineo、NifMo、エキサイトモバイル、DMM mobile、FREETEL、IIJmio、イオンモバイル
普通OCNモバイルONE、BIGLOBE
やや遅いU-mobile、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル、DTI、スマモバ
遅いぷららモバイルLTE、0SIM(超遅い)

通信速度の理論的な最大速度はどの格安SIMの似たようなものですが、実際に出る通信速度はかなりの差が出ます。遅い格安SIMと速い格安SIMを比べると速度が10倍違うなんてことも普通にあります。

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報はMVNOの格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録でご確認下さい。

高速通信データ容量は月10GBが多くのMVNOで最大容量になりますが、無制限プランを使うことで月12GB〜最大60GB(UQ mobileの無制限プラン)まで使うことができます。無制限プランは通信速度が遅めなので使いどころに注意する必要があります。無制限プランの比較に関しては無制限プランの比較とランキングを参考にしてみてください。

月額2000円以上のデータSIMのお勧めランキング

No.1 BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

月額2000円以上のデータSIMを検討する場合、WiMAX2+も検討することを強くお勧めします。WiMAX2+は平均的な月額料金は3000円ちょっとですが、月50GBでも60GBでも使えます。(郊外だと電波が届かない可能性があるので、そこだけ注意が必要です)

月額2000円程度のデータSIMは月10GBぐらいのデータ量なので、後1000円ちょっと出して月50GBでも60GBでも使えるWiMAX 2+を検討してみてください。

月額料金(2年間の平均)データ容量
ギガ放題3094円〜3370円無制限(※1)

※1: 3日間で3GB以上のデータ通信を行うと翌日速度制限になります。ただし、WiMAX 2+の場合、速度制限中でも5Mbps程度の速度が出るので速度制限中でも快適に使えます。

キャッシュバックを考慮すると、BIGLOBE WiMAX 2+の2年間の平均の月額料金は3094円〜3370円くらいになります。

公式サイト → BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+の評価と比較とネットの評判の詳細
WiMAX 2+とポケットWiFiの比較と評価、自分に最適なプランの選び方


No.2 DMM mobile

DMM mobile

月額2000円以上のデータ通話SIMで最安値水準で使えるのがDMM mobileです。選べるデータ量が豊富で月額料金が最安値レベルなプランがそろっています。実際に出る通信速度も速めでバランスの良い格安SIMになっています。月10GBを超えるプランは割高になるので、それ以外のプランがおすすめです。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM2190円10GB
3600円15GB
4980円20GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.3 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。

月額料金データ容量
SIM1枚コース2120円8GB
2200円9B
2380円10GB

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → エキサイトモバイル


No.4 FREETEL

フリーテル

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金がかわる従量制をとっています。実際に出る通信速度は早いですが、余ったデータ量の繰越はできないので、少しだけ割高になります。通信速度を重視する場合にオススメの格安SIMです。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)2140円8GB
2470円10GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.5 IIJmio

IIJmio

IIJmioはMVNO業界でシェア2位を占め、長い間安定した速い通信速度を維持していたことから高い信頼を得ています。月額料金の価格破壊のパイオニアで通信速度も速めです。信頼性を重視する人にIIJmioがおすすめです。

月額料金データ容量
データ通信専用SIM ファミリーシェアプラン2560円10GB

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


No.6 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、サービス開始直後から長期に渡って受け入れ態勢の不備で申し込みを停止していました。現在でも、ネットでの申し込みは数量限定です。イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速く、申し込みも問題なくできるエキサイトモバイルやDMM mobileがオススメです。ただし、イオンモバイルの場合、高額ですが20GB超の大容量のプランがあります。

月額料金データ容量
データ通信プラン、データSIM2680円12GB
4480円20GB
6480円30GB
7480円40GB
10800円50GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.7 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのデータSIMのネットつかい放題は、データを無制限に使えて月額料金もかなり安いですが、実際に出る速度は普通になったり遅くなったりと不安定です。速度の信頼性は低いです。加えて、実際には無制限ではなく、1日もしくは連続する2日の通信量が1~3GB程度の場合、速度制限になる可能性があります。月額料金が何ヶ月か安くなるキャンペーンをよく行っています。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)2200円無制限(ネットつかい放題)

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.8 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの実際に出る通信速度は遅めですが、格安スマホが大幅な割引価格で買えるキャンペーンをしょっちゅう行っています。初月の月額料金も無料です。新しいスマホが必要な場合で、速度を重視していない場合に検討してみてください。

月額料金データ容量
データSIM、10GBパック2260円10GB

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細


No.7 NifMo

NifMo

NifMoの実際に出る通信速度はかなり速いですが、月5GB以上の月額料金が割高になっています。ただし、高額なキャッシュバックを行っている場合があり、その場合はキャッシュバックを考慮すると月額料金も割安になります。通信速度を重視する場合で、キャッシュバックキャンペーンを行っている場合にNifMoを検討してみてください。

月額料金データ容量
10GBプラン2800円10GB

NifMoの評価とネットの評判の詳細


No.9 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMの大容量版のプランの月額料金はそこそこ割安なので通信速度は普通レベルです。朝や日中は通信速度が速いのですが、平日の夜になると通信速度が少し遅くなる傾向があります。平日の夜に主に使おうと思っている場合は注意が必要です。

月額料金データ容量
データSIM 12GBプラン2700円12GB

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


No.10 LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはLINE(年齢認証可)とTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。ただし、データをたくさん使う場合、LINEやTwitter、Facebookが占める割合は少なくなるので、月額料金が少し高くなるLINEモバイルのお得度は低めです。

月額料金データ容量
コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS)1110円3GB(LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし)
2300円7GB(LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし)
2640円10GB(LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし)

LINEモバイルの評価とネットの評判の詳細>


No.11 Wonderlink

Wonderlink

PanasonicのWonderlinkは月7GBの高速データ通信量を使い切ると、その後は700kbpsで使うことが出来ます。1日で1GB以上使うと通信速度が100kbps程度に制限される場合があります。割とコスパの良いプランになっていますが、SMSオプションは付けられず、余ったデータの繰越もできず、プランの変更もできません。

月額料金データ容量
F-7G2480円7GB(超過後700kbps)

Wonderlinkの評価とネットの評判の詳細


No.12 GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBのデータSIMの月額料金は最安値水準ですが、余ったデータの繰越ができません。データSIMの実際に出る通信速度は不明です。

月額料金データ容量
データSIM2240円10GB

GMOとくとくBBの格安SIMの評価とネットの評判の詳細


No.13 U-mobile

U-mobile

U-mobileには月額2480円で高速データ通信を無制限に使えるLTE使い放題プランがあります。ただし、実際には無制限では使えず、数日間のうちに何GBか使うと速度が大幅に制限されます。どのくらいで制限されるかは、U-mobileの方針によっても大幅に変わるので、なんなんだかさっぱりわかりません。実際に出る通信速度も安定していません。

月額料金データ容量
データ専用 PREMIUM LTE使い放題2480円無制限

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.14 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEにも高速データ通信を無制限で使えるプランがあります。月額料金は2760円と高めですが、使いすぎた場合でも速度制限はありません。ただし、実際に出る通信速度はかなり遅いです。このサイトでもぷららモバイルLTEを契約して定期的に速度を計測していましたが、速度が遅く通信も不安定で、長期にわたって改善の兆しもないので解約してしまいました。

月額料金データ容量
定額無制限プラン、データSIM2760円無制限

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


No.15 b-mobile

b-mobile

日本通信のb-mobileには月額1980円で無制限に高速データ通信が使えるプランがあります。料金は安いですが動画などを見ると速度制限になるので動画の読み込みが超遅くなるようです。評判がかなり悪いですが、それよりもb-mobile自体が他の企業に身売りされてしまい、今後どうなるのかわからないので選ばないほうが良いです。

月額料金データ容量
高速定額、データSIM1980円無制限

b-mobileの評価とネットの評判の詳細


評価外 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
2GBまで高速プラン2100円2GB
3GBまで高速プラン2500円3GB

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 スマモバ

スマモバ

スマモバの2000円以上のデータSIMは、従量制のスマート250プランとそれ以外のプランがあります。250プランは実際に使ったデータに応じて月額料金が変わる従量制のプランです。プレミマムプランは時間帯により大幅に速度が変わる無制限プラン、LTEつかい放題は3かで3GB程度使えるプランです。通信速度は普通ですが、2年以内に解約すると違約金が発生したり、端末の分割代の隠れ超コストが存在します。

月額料金データ容量
プレミアムプラン2480円平日の深夜1時から17時までLTE使い放題、それ以外の時間帯と土日祝日は128kbps
5GBプラン2480円5GB
7GBプラン+割高なタブレット強制セット4980円(←これにはタブレットの分割が含まれていません)7GB
LTE使い放題プラン3480円直近3日間で3GBまでLTEつかい放題、それ以上は128kbps
スマート250プラン(従量制)2650円4.1GB
3250円5GB

スマモバの評価とネットの評判の詳細

料金別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る