Google Pixel 5a (5G)のレビューと詳細スペック、本体のみ購入の場合におすすめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (4) / 関連:格安スマホ更新順(101)

2021年8月26日発売のSIMフリーのスマートフォン、Google Pixel 5a (5G)をレビューします。

Pixel 5a (5G)は、Android OSを提供しているGoogleが作っているスマホです。最大の特徴は、4680mAhの大容量の電池を搭載しているので、Pixelシリーズで一番電池持ちが良いことです。

Pixel 5a (5G)の価格は51,700円です。

Google Pixel 5a (5G)

Pixel 5a (5G)の性能は、高性能なSnapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、画面が6.34インチ、メインカメラが1220万画素(F値)で光学手ブレ補正対応、1600万画素の超広角カメラも搭載しています。

大容量の電池を搭載していますが、重さが183グラムで割と手軽な重さです。防水とおサイフケータイにも対応しています。指紋認証には対応していますが、顔認証は非対応、マイクロSDカード非搭載、5G対応でナノSIM+eSIMのDSDV対応です。

Pixel 5a (5G)の購入 → Google Store

ざっくり評価するとスマホ本体だけほしい場合で、できるだけ長く使いたい場合にPixel 5a (5G)がおすすめです。

格安SIMの管理人はPixel 5a (5G)を購入して、実機レビューと動作テストをしています。楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、LINEMO、ahamo、povoなどでPixel 5aが使えます。

Pixel 5a (5G)の詳細スペック(性能)

CPUSnapdragon 765G オクタコア2.4GHzx1+2.2GHzx1+1.8GHzx6
RAM6GB LPDDR4x
ROM128GB
処理能力Antutu V9:381,210 (GPU102,256)
ディスプレイ6.34インチ / AMOLED(有機EL) / ゴリラガラス3 / リフレッシュレート60Hz
解像度2400×1080 Full HD+、画面比率20:9
背面カメラメイン1220万画素(F値1.7、ピクセル幅1.4um、センサーサイズ1/2.55インチ、視野77°、光学手ブレ補正)
超広角1600万画素(F値2.2、ピクセル幅1.0um、視野118.7°)
前面カメラ800万画素(F値2.0、ピクセル幅1.12um、センサーサイズ1/3.92インチ、視野83°)
電池容量4680mAh、18W急速充電
サイズ156.2 × 73.2 × 8.8mm
重さ183グラム
本体カラーMostly Black
発売日2021年8月26日
価格定価51,700円
製品情報メーカーの製品ページ

Android 11、SIMフリー、指紋認証(背面)、USB Type C対応、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 2×2 MIMO、GPS(GPS、Beidou、GLONASS、GALILEO、みちびきQZSS対応)、おサイフケータイ対応(NFCとFelica対応)、防水・防塵対応(IP67)、5G対応、イヤフォンジャック

デュアルSIM:ナノSIMx1+eSIMのDSDV対応

主な非対応機能:顔認証、マイクロSDカード、ワイヤレス充電、5Gのミリ波

付属品:SIMカードスロット用ピン、Typc CのUSB充電器(18W)、USB Type-C ケーブル、クイックスイッチアダプター(データ移行用)

レビュー

Pixel 5a (5G)の中身

CPU性能:Snaprdarong 765GでAntutuスコアが381,210

Pixel 5a (5G)のCPUはSnapdragon 765Gという高性能なCPUです。

Pixel 5a (5G)のAntutuスコア

Pixel 5a (5G)のAntutuスコア V9.1.1
・総合スコア;381,210
・CPU:109,692
・GPU:102,256
・MEM:73,937
・UX:95,325

ほとんどのことはサクサク使えます。ゲーム性能も良いです。

※ 3DMark、Geekbench 5、PCMarkはPixel 5a (5G)では動作しませんでした。

2021年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:845、780G、855、865、870、888
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:480、730、730G、690 5G、720G、732G、765G、835
MediaTek:Dimensity 800U
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、710
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:630、632、650、636
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:450、625、439、460
MediaTek:Hello P35
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:400、410、430、435

※ 右に行くほど高性能 (Snapdragon 480から732Gまではほとんど同性能)

スマホを人よりも少し多く使う場合は、比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

電池持ちは4680mAhでかなり良い

Pixel 5a (5G)の電池容量は4680mAhの大容量、画面は6.34インチ、CPUは省エネに強い7nmプロセスのSnapdragon 765Gなので、電池持ちはかなり良いです。

スペック的にPixel 5a (5G)はOPPO Reno5 Aより電池持ちが2割、Mi 11 Lite 5Gより1割ちょっとアップします。

Pixel 5a (5G)は重さが183グラムと比較的軽いので、電池持ちを重視する場合にもおすすめの機種です。

※ Pixel 5a (5G)はPCMarkが動作しないため、電池持ちのテストができません・・。Pixel 5a (5G)はベンチマーク系のアプリの多くがインストールできないです。

防水とおサイフケータイ対応

Pixel 5a (5G)は防水とおサイフケータイに対応しています。

GPSの精度は安定している

Pixel 5a (5G)は、GPS、Beidou、GLONASS、GALILEO、みちびきQZSSに対応しています。

Pixel 5a (5G)のGPSの精度

○がGPS
△がGLONASS
□がQZSS(みちびき)
五角形がGALILEO
星型がBEIDOU

そこまで多くの位置衛星は掴みませんが、安定して掴むことができる感じです。

ナビとして使う場合で不便になることは無いです。※ Pixel 5a (5G)でナビがうまく動かない場所は、他の機種もほとんどの場合でダメです。

最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデート保証

Pixel 5a (5G)は最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートを保証しています。

普通の格安スマホだとアップデート保証は2年間なので、Pixel 5a (5G)はならより長く最新のセキュリティとOSで安心して使えます。

※ Android OSとセキュリティは多少古くても問題なく使えます。

長く使うためのコツ:電池の消耗を少し気にかける

スマホを買い換える最大のポイントは、OSが古くなったとかではないです。電池が消耗したから買い換えるのが一番の理由です。

Pixel 5a (5G)をできるだけ長く使いたい場合、電池の消耗に少し気にかけることをおすすめします。

スマホの電池が消耗するポイント
・発熱した状態でスマホを使う (最悪)
・電池残量が100%近いの状態、または20%未満のでスマホを使う (あまり良くない)

Pixel 5a (5G)は4680mAhの大容量の電池を搭載しているので、普通の使い方なら3年半くらいは電池消耗を気にせず使えます。

ただし、Pixel 5a (5G)は発熱しやすいスマホではないですが、発熱した状態で使うと電池の劣化が早くなります。

あとは少し気にするくらいで良いのですが、電池残量が20%〜80%くらいの間でスマホを使うのが電池を一番痛めません。

発熱と比べたらそんな大きな影響ではないですが、4年以上使いたい場合は、気づいたらで良いので80%を超えた充電はある程度避けるのがおすすめです。

※ 電池残量が80%でも、普通の使い方ならPixel 5a (5G)なら十分1日持ちます

デメリット:顔認証非対応、マイクロSDカード非対応

Pixel 5a (5G)は顔認証非対応、マイクロSDカード非対応です。

開発者モードでもう少しサクサクするかも?

Pixel 5a (5G) → 設定 → デバイス情報 → ビルド番号を複数回タップして、開発者向けオプションを有効にする

Pixel 5a (5G) → 設定 → システム → 詳細設定 → 開発者向けオプション

開発者向けオプション
・ウィンドウアニメスケール 1x → .5xに変更
・トランジションアニメスケール 1x → .5xに変更
・Animator再生時間スケール 1x → .5xに変更

この設定でサクサク感が増すと思います!

カメラの実機テスト

カメラのスペック

  • メイン1220万画素(F値1.7、ピクセル幅1.4um、センサーサイズ1/2.55インチ、視野77°、光学手ブレ補正)
  • 超広角1600万画素(F値2.2、ピクセル幅1.0um、視野118.7°)
  • 前面カメラ800万画素(F値2.0、ピクセル幅1.12um、センサーサイズ1/3.92インチ、視野83°)

最近の格安スマホのメインカメラは4800万画素や6400万画素、はまたは1億800万画素などがありますが、Pixel 5a (5G)のメインカメラは1220万画素だけ・・。

といっても、スマホのカメラは画素数では判断しないほうが良いです。

身もふたもないですが画素数よりも本体価格で判断したほうが良いです。基本的に本体価格が高いほどカメラらの実性能が良くなります。

※ AQUOSとXperiaは価格が中華メーカーより高くても、カメラ性能が劣ったりしますが・・。

超ざっくりとした評価ですが、Pixel 5a (5G)のカメラの実性能は6400万画素クラスな感じがします。下記でPixel 5a (5G)のカメラで撮った写真を紹介します。

※ 画像をクリックするとオリジナルの画像が表示されます。

夜景モードはやっぱ結構良い


メインカメラの夜景モード

他の有名どころの格安スマホと比べて、色合いが少し鮮やかな感じです。


メインカメラの夜景モードの2倍ズーム(最大7倍のデジタルズーム)

かなり明るく撮ってくれますが、時計の文字が読めません。。


メインカメラの夜景モードの2倍ズームで時計にフォーカス

時計にフォーカスすると、時計も文字も読めるようになります。周囲が真っ暗になりますが、肉眼ではこのくらいの暗さです。

光学手ブレ補正に対応しているので、文字がぶれていないのが良いです。


超広角カメラの夜景モード

1600万画素の超広角カメラも夜景モードに対応していますが、画質が荒くなるのでおすすめではないです。

「止まれマーク」がキレイに撮れる?


メインカメラの夜景モード

Pixel 5a (5G)は他の格安スマホの夜景モードよりもより明るく撮ります。


メインカメラの夜景モードの2倍ズーム

明るく取れるけど「止まれマーク」が写真だと全く見えない・・。


メインカメラの夜景モードの2倍ズームで「止まれマーク」にフォーカス

「止まれマーク」にフォーカスすれば、周囲が暗くなりますがマークがちゃんと見れるようになりました。肉眼ではこのくらいの暗さです。

他の格安スマホだとフォーカスしてもマークが光って見れなかったりですが、Pixel 5aなら大丈夫。(マークが小さすぎると無理だけど)


メインカメラの夜景モードの4倍ズーム

フォーカスしないと光るマークはまともに撮れません。


メインカメラの夜景モードの4倍ズームで「止まれマーク」にフォーカス

フォーカスすれば4倍ズームでもきれいに撮れます。

他の格安スマホだとブレたりするのですが、Pixel 5aならブレずにきれいに撮れました。

Pixel 5aは光学手ブレ補正に対応しているから、夜景をズームしてもブレずに撮れるのかなと思ったりです。

その他の写真は後日撮って掲載

その他の写真は後日撮って掲載します。。

総合評価:本体のみ購入する場合に高コスパ

Pixel 5a (5G)は、本体のみを購入する場合におすすめのスマホです。

というのも、他の強豪になりそうなスマホは格安SIMとセットで申し込むと、やたら安く買えます。

OPPO Reno5 A、Mi 11 Lite 5G、Redmi Note 10 Proなど、通常価格は4万円前後ですが、IIJmioOCNモバイルONEワイモバイルに乗り換えられる人なら1万円台で手に入ります。

他社に乗り換えるのが面倒くさい、本体のみ購入したい場合は、1万円程度の差額になるので、性能が少し良くなる&メインカメラが光学手ブレ補正対応&安心して長く使えるPixel 5a (5G)がおすすめです。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+乗り換えなら格安スマホが大幅割引

IIJmioなら初期費用3300円が1円、3ヶ月1GB増量、他社からMNPで乗り換えなら格安スマホとiPhone 11、SE 第2世代、8が大幅割引で買えるキャンペーンを行っています。

2021年10月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

乗り換えなら大幅割引 → IIJmioの格安スマホ

【2021年最新】OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ端末ランキング、大幅割引セール実施中

OCNモバイルONEのキャンペーンとおすすめ機種を徹底解説します。

OCNモバイルONEでは人気の格安スマホとiPhoneが乗り換えなら割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

・Redmi Note 10 Pro:7,700円
・OPPO Reno5 A:15,400円
・AQUOS sense4:6,600円
・moto g100:22,900円
・その他多数

この他に初期費用3733円がかかります。2021年10月8日午前11時までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEの格安スマホのセール

※ 個人的にはOPPO Reno5 A、Mi 11 Lite 5G、Redmi Note 10 Proでも安心して長く使えると思っていますが、1万円程度の差額ならGoogleのスマホのほうが魅力的に思えます。

使える格安SIM

Pixel 5a (5G)の対応バンド

  • 5G:n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
  • LTE : B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS(WCDMA/3G) : 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19

キャリアアグリゲーション対応
・LTE:最大4CC(12 レイヤ)DL および 2CC UL2
・5GのTDD:最大 1CC x 100 MHz 4×4 MIMO DL および 1CC x 100 MHz UL2
・5GのFDD:最大 1CC x 20 MHz 4×4 MIMO DL および 1CC x 20 MHz UL2

VoLTE対応:ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのVoLTEに全対応 (※ 格安SIMの管理人の実機テスト結果)

※ 5Gでの動作確認は行っていませんが、普通に使えると思われます。

楽天モバイルで使える

Pixel 5a (5G)は楽天モバイルで使えます。楽天モバイルのSIMを入れれば、APNの設定すること無く、Pixel 5a (5G)が自動的に使えました。

楽天回線エリア内で物理SIMで試しましたが、eSIMでも問題ないはずです。パートナー回線エリアでも普通に動くと思われます。楽天リンクはWiFi接続中でも電話番号の通知ができます。

[2021年] 楽天モバイルのキャンペーンとおすすめ機種ランキング

楽天モバイルでは月3278円のギガ使い放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルなら事務手数料3300円も無料、SIMのみの申込みなら最大20,000ポイント、端末とセットだと最大25,000ポイントの楽天ポイントがもらえます。

  • SIM/eSIMのみで新規:5,000ポイント
  • SIM/eSIMのみで乗換:20,000ポイント
  • Androidスマホとセット:最大25,000ポイント
  • iPhoneとセット:最大27,000円相当還元

キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルのSIMのみの申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

ワイモバイルで使える

Pixel 5a (5G)はワイモバイルで使えます。ワイモバイルのSIMを入れれば、APNの設定すること無く、Pixel 5a (5G)が自動的に使えました。

最初3G通信になって、10秒ほどでLTE通信になりました。

ワイモバイルのeSIMは試していませんが、普通に使えると思います。

ワイモバのSIMのみの申込み → 公式のY!mobileオンラインストア

LINEMOで使える

Pixel 5a (5G)はLINEMOで使えます。LINEMOのSIMを入れれば、APNの設定すること無く、数秒で自動的に使えました。

ただし、自動で設定されるAPNはワイモバイル用のAPNでした。

LINEMOをワイモバイルのAPNで使っても特に問題ないですが、気になる場合はLINEMO用のAPNに設定し直してあげてください。

LINEMOのAPN
・APN:plus.acs.jp
・ユーザー名:lm
・パスワード:lm
・認証タイプ:CHAP

LINEMOのeSIMは試していませんが、普通に使えると思います。

LINEMO(ラインモ)のキャンペーンを徹底解説、PayPay最大1万円プレゼント&5分かけ放題が1年間無料

ラインモでは現在3つのキャンペーンを行っています。

①PayPay最大1万円プレゼント
②LINEスタンプ700万種類以上が実質無料
③5分かけ放題が1年間無料
キャンペーンの詳細を見る

LINEMOのSIMもみの申込み → LINEMOの公式サイト

LINEMOのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

ahamoで使える

Pixel 5a (5G)はahamoで使えます。ahamoのSIMを入れれば、APNの設定すること無く、数秒で自動的に使えました。

ahamo(アハモ)のキャンペーンの裏技で最大1万ポイント還元

アハモは他社からの乗り換えの場合で、SIMのみの契約なら7000ポイント、新しいスマホとセットなら3000ポイントのdポイントがもらえるキャンペーンをしていますが・・

実はもっとお得なahamoのキャンペーン(裏技)があります。

キャンペーンの詳細を見る

ahamoの公式サイト

ahamoのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

UQモバイルで使える(要:APN設定)

Pixel 5a (5G)はUQモバイルで使えます。

ただし、Pixel 5a (5G)にはUQモバイルのAPN情報がないのでSIMを差し込んだだけでは使えません。UQモバイルのAPNを作成して設定する必要があります。

UQモバイルのAPN
・APN:uqmobile.jp
・ユーザー名:uq@uqmobile.jp
・パスワード:uq
・認証タイプ:CHAP

UQモバイルのAPNを設定してあげれば、Pixel 5a (5G)でUQモバイルが使えるようになります。

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万3000円のキャッシュバック、または端末割引

UQモバイルを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに割引価格で端末が買えます。

UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。
UQモバイルのキャンペーンの詳細 / UQモバイルの格安スマホのおすすめランキング

最大1万円のキャッシュバック → UQ mobileの公式サイト

UQモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

povoで使える

Pixel 5a (5G)はpovoで使えます。povoのSIMを入れれば、APNの設定すること無く、Pixel 5a (5G)が数秒で自動的に使えました。

povoの5GのAPNが自動的に認識されていました。

povoのeSIMは試していませんが、普通に使えると思います。

povoの公式サイト

auのpovoのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

その他の格安SIM

その他の格安SIMもほぼ確実にPixel 5a (5G)で使えます。

超古いスマホを使っている場合は、SIMのサイズがナノSIMになっているか、au回線の格安SIMの場合は黒いSIMカードを使っていないかを注意するくらいです。

購入場所

基本的にGoogleストア

Pixel 5a (5G)は基本的にGoogleストアで購入します。送料込みで税込51,700円です。

Pixel 5a (5G)の購入 → Google Store

ソフトバンクでは割高に販売中

残念な人達がソフトバンクでPixel 5a (5G)を買います。ソフトバンクのPixel 5a (5G)は税込64,800円です。

Googleストアよりも13,100円も高くなりますが、単純に高くなるだけです。

ソフトバンクのPixel 5a (5G)の詳細と購入はこちら

ソフトバンクでPixel 5a (5G)を買う人は、人や社会から騙されることが多いと思いますが、頑張って生きてください・・。

Pixel 5a (5G)用のケース

できるだけ長く使いたい場合、保護ケースに入れて使うのがおすすめです。

今までにスマホを落として画面を割ったことがある場合は、Amazonのごついケースが良いかもです。壊したことがない人は、Amazonのは少しゴツくて重いので、純正品がおすすめです。

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • AQUOS sense4
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良く高性能です。30,000円、5.8インチ、CPU Snapdragon 720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)+超広角1200万画素(F値2.2)+望遠800万画素(F値2.4)、重さ176g、電池容量4570mAh
  • Redmi 9T
    • 安さ最重視の場合におすすめの格安スマホです。14,000円、6.53インチ、CPU Snapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ198g、電池容量6000mAh
  • OPPO Reno5 A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ・5G対応スマホです。カメラ性能も良いです。39,000円、6.5インチ、CPU Snapdragon 765G、RAM6GB、ROM128GB、カメラ6400万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素、重さ182g、電池容量4000mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 49,280円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は54,780円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
格安SIMの管理人の画像
書いた人

2015年3月から格安SIMの比較サイトを運営しています。

1人で地道にこつこつ運営していたら、累計訪問者数は約2600万人で約9000万ページビューになりました(2021年8月時点)

これからも格安SIMと格安スマホの情報をできるだけ詳しくお届けします!

最終更新日 2021年8月27日 / 作成日 2021年8月27日
4 1
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
4 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ポッポ
ポッポ
2021年8月29日 12:33 PM

ソフトバンクでPixel 5a (5G)を買う人は、人や社会から騙されることが多いと思いますが、頑張って生きてください・・。

笑わせてもらいました。
言い得て妙 という感じですね

しょうじ
しょうじ
2021年8月28日 9:31 AM
この記事は参考になった/良かった :
     

記事掲載、ありがとうございました。とても参考になりました。マイクロSDカードがないことは少し気になります。Pixel 5a (5G)かOPPO Reno5 Aをキャンペーンで買うか、迷うとこです。

「Google Pixel 5a (5G)のレビューと詳細スペック、本体のみ購入の場合におすすめ」をシェアしてくださいm(_ _)m
コメント