格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方

最終更新日 / 作成日 2015年3月19日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ここでは格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方を説明します。

大雑把な流れ
自分にあった格安SIMを選ぶ。

格安SIMを購入する。
(新しいスマホが必要な場合は、一緒に買う)

格安SIMが届く。
届いた書類を見ながら設定をする。

利用開始!

ステップ1: 格安SIMの選び方 070、080、090の番号を持つかどうか

まず最初に、070、080、090の携帯電話の電話番号を持つかどうかで、音声通話付きの格安SIMかデータ専用の格安SIMかに分かれます。

070、080、090の電話番号ありの格安SIM

他社からの番号移行(MNP)や、新しく携帯電話の電話番号が欲しい場合は、音声通話付きの格安SIMを選びます。

音声通話付きの格安SIMは携帯キャリアによって呼び方が若干異なります。音声SIM、音声通話機能付きSIM、音声対応SIM、通話SIMなどと呼ばれています。

データ専用の格安SIMと比べて、月700円から800円ほど料金が高くなります。

どの通話プランが自分にあっているかは下記のページで行っているので参考にしてみてください。

音声通話プランのある格安SIMカードの比較と評価

070、080、090の電話番号なしの格安SIM

070、080、090の携帯電話の電話番号が必要ない場合は、データ通信専用の格安SIMを選びます。

データ通信専用の格安SIMは070、080、090の電話番号を持つことはできませんが、LINEで無料通話をしたり、無料の050の電話番号で電話をかけたり受け取ったりすることができます。通話をするぶんにはこれで十分だと思います。

子供や学生、まだ携帯電話の電話番号を持っていない人は、データ通信専用の格安SIMでも問題ないと思います。データ通信専用の格安SIMの場合、月額料金も安く、手続きも簡単になるのでオススメです。

データ通信専用の格安SIMの比較は下記のページで行っているので参考にしてみてください。

データ通信専用の格安SIMカードの比較と評価

データ通信専用の格安SIMのSMS機能対応について

データ通信専用の格安SIMにはSMS機能対応が付いたものと付いていないものがあります。SMS機能対応が付くと月150円ほど高くなりますが、SMS機能対応が付いてないと問題が発生したり、今は問題はなくても将来問題が発生する可能性があります。

使えなくなるアプリなんかも出てくるので、SMS機能対応が付いたデータ通信専用SIMを選ぶことをおすすめします。なお通話SIMには最初からSMS機能対応が付いています。

ステップ2: 新しいスマートフォンが必要かどうか

スマートフォンを持っていない場合は購入する必要があります。格安SIMとスマートフォンをセットにして割引して販売してあるところもあります。逆に割高に販売しているところもあるので値段に注意してセットで購入するかAmazonで格安スマホを別に購入するか選びましょう。

どんなスマートフォンがいいかは下記のページに書いてあるので参考にしてみてください。

大手キャリアのスマートフォンを持っている場合

ドコモのスマートフォンを持っている場合はSIMを入れ替えるだけでそのまま使うことができます。新しくスマートフォンを購入する必要はありません。ただしドコモのスマートフォン(通称、白ロム)を格安SIMで使う場合、基本的にテザリングができなくなります。テザリング機能が必要な場合は格安スマホやSIMフリー機種を購入する必要があります。

問題はauもしくはソフトバンクのスマートフォンがある場合です。基本的にauかソフトバンクのスマートフォンを持っていても格安SIMでは使うことができませんが、一部の機種の一部の格安SIMで使える場合があります。説明がややこしくなるので下記のページを参考にしてください。

ステップ3: 格安SIMの購入の仕方

自分にあった格安SIMを選んだら購入します。音声通話付きの格安SIMとデータ通信専用の格安SIMでは購入の仕方が異なるので別々に説明します。

購入手続きが簡単なデータ通信専用の格安SIMからまず最初に説明します。

データ通信専用の格安SIMの購入の仕方

購入に必要なのはクレジットカードだけです。オプションにSMS機能対応をつけておけば他に注意する点はありません。簡単に購入できると思います。

音声通話付きの格安SIMの購入の仕方1、他社からの番号移行なし

現在携帯電話をもっていない、または携帯電話を持っていても電話番号は移行せず新しい電話番号にする場合、必要なのはクレジットカードと本人確認書です。

本人確認書(運転免許証、健康保険、パスポート等)はスマホで写真を撮ってアップロードすればいいだけです。

今まで使っていた携帯電話がある場合で、その携帯電話を使わない場合は忘れずに解約をしましょう。解約したらキャリアメールは使えなくなるので、キャリアメールを使っている人は解約する前にGmail等でメールアドレスを新しく作って、メルアドの変更を家族や友人に知らせてから解約手続きを行いましょう。

音声通話付きの格安SIMの購入の仕方2、他社からの番号移行あり

携帯電話を持っていて、その電話番号を格安SIMでも使いたい場合は、購入時に必要になるのはクレジットカードと本人確認書とMNP予約番号になります。

本人確認書(運転免許証、健康保険、パスポート等)はスマホで写真を撮ってアップロードすればいいだけです。MNP予約番号は現在契約している携帯キャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかけるともらうことができます。

他社から番号移行する場合で、キャリアメールを使っている場合は、事前にGmail等でメールアドレスを新しく作って、メルアドの変更を家族や友人に知らせてから手続きを行いましょう。キャリアメールは手続きのあと使えなくなります。

以前は購入手続きをすると新しいSIMカードが届くまで電話が使えなくなりましたが、今では使えなくなる期間なしでMNPできるようになりました。

MNPの手続きで自宅で回線切り替え手続きができるMVNOの詳細と注意点

番号を移行する場合は現在使っている携帯電話の解約は必要ありません。購入手続きをして格安SIMが自宅に届くと、自動的に現在使っている携帯電話の契約は解約になります。

ステップ4: 格安SIMの設定をする

購入手続きをして、4,5日すると自宅に格安SIMが届きます。

届いた書類に記載されているやり方に従って設定を行えば問題ありません。説明書を読むのに3分、回線切り替え手続きをするのに3分、SIMをスマホに挿入するのに3分、実際の設定は1分もかからないと思います。

以上で格安SIMで電話やインターネットが使えるようになります。

格安SIMを使い始めてしばらくすると、なんでもっと早く格安SIMにしなかったんだろうと思いますよ!

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る