無制限に高速通信が使えるデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

無制限に高速通信が使えるデータ専用の格安SIMは主に動画と音楽の視聴用の格安SIMです。

毎日動画を1時間以上見る場合に無制限プランがおすすめ

高速データ通信が無制限に使えるプラン(以下、無制限プラン)はYoutubeやニコニコ動画、HuluやNetflixなどの動画を長時間視聴するためにあります。

スマホでデータを一番使うのが動画です。動画を1時間見るだけでデータを200MBから400MBほど使います。毎日1時間見るだけで月6GBから12GBのデータを使ってしまいます。

月10GB超のデータプランはDMM mobileにありますが、15GBで月3600円もします。無制限プランは月額料金は1980円から2980円なので、月10GB以上使う場合は無制限プランがおすすめです。ただし、無制限プランは実際に出る通信速度が遅いので利用には注意が必要です。

毎日1時間も動画を見ない場合は月に4GB以上使えるデータSIMがおすすめです。無制限プランよりも通信速度が速く月額料金も安くなります。1日平均20分も動画を見ない場合は、月に3GB使えるデータSIMで十分になります。

動画を毎日1時間以上見る場合に無制限プランを検討してください。

毎日音楽ストリーミングサービスを4時間以上聴く場合

Google Play MusicやApple Music等の音楽ストリーミングサービスを長時間使う場合にも、無制限プランがおすすめになります。

音楽ストリーミングサービスを1時間聴くとデータを80MBくらい使います。1日1時間聴くと月2.4GBのデータを使います。1日4時間で月10GBのデータ量になります。

音楽を聴くだけなら10GBを超えることはあまりなさそうですが、音楽を聴いたり、動画を見たりする場合に月10GBを超える可能性が出てきます。たとえば、動画を1日30分みて音楽を1日2時間聴いた場合、データ量が月10GBを超えてくるので、無制限プランが必要になってきます。

無制限に高速通信が使えるデータSIMの比較のポイント

比較するポイントは月額料金と実際に出る通信速度、そして利用できるデータ量です。

実際に出る通信速度はそこそこ速くても動画を見るとき速度制限をしている無制限プランがあったり、実際に出る通信速度そのものが遅かったり、無制限プランと言いつつ利用できるデータ量に制限があったりします。安易に無制限プランを信じるとひどい目にあうのが無制限プランです。

このサイトでは複数の格安SIMとWiMAX 2+を契約して、実際に出る通信速度を格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録にて掲載しているので参考にしてみてください。

無制限プランを選んでもひどい目にあわないように下記のおすすめランキングで落とし穴の概要を説明していきます。

無制限に高速通信が使えるデータSIMのおすすめランキング

No.1 BIGLOBE WiMAX 2+

長いこと格安SIMの通信速度を計測してきましたが、格安SIMの無制限プランは通信速度が遅かったり、無制限で使えなかったりと、ほぼ実用的ではないという結論になってしまいました。代わりに何を選べばいいかというと、WiMAX 2+です。

データを無制限に使いたい場合、まず最初にBIGLOBE WiMAX 2+を検討してみてください。BIGLOBE WiMAX 2+なら速い通信速度で月50GBでも60GBでも使うことができます。(郊外だと電波が届かない可能性があるので、そこだけ注意が必要です)

WiMAX 2+では都合が悪い場合にだけ、無制限プランのデータSIMを検討してください。

月額料金(2年間の平均)データ容量
ギガ放題3094円〜3370円無制限(※1)

※1: 3日間で3GB以上のデータ通信を行うと翌日速度制限になります。ただし、WiMAX 2+の場合、速度制限中でも5Mbps程度の速度が出るので速度制限中でも快適に使えます。

キャッシュバックを考慮すると、BIGLOBE WiMAX 2+の2年間の平均の月額料金は3094円〜3370円くらいになります。

BIGLOBE WiMAX 2+の評価と比較とネットの評判の詳細
WiMAX 2+とポケットWiFiの比較と評価、自分に最適なプランの選び方


No.2 UQ mobile

UQ mobileのデータ無制限プランの実際に出る通信速度は500kbpsと遅いのですが、3日間で3GB使うことができるので、1ヶ月だと最大30GB使えます。通信速度も普通画質の動画を見る分には十分な速度が出ています。スマホでネットをするくらいなら少し遅いかな?くらいで使えるので、そんなにストレスにはなりません。格安SIMの無制限プランはUQ mobileが一番まともでおすすめになります。

月額料金データ容量
データ無制限プラン1980円3日間で3GB以内(500kbps)

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile


No.3 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMの無制限プランは通信速度がそこそこ速くて、月額料金も最安値レベルです。実際に使えるデータ量も月30GBぐらいありそうですが、大幅に採算割れをしているレベルです。今後、通信速度が低下するか使えるデータ量が少なくなる可能性が非常に高いです。速度が遅くなったり、使えるデータ量が少なくなる覚悟をしておく必要があります。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)2200円15GB〜45GB(ネットつかい放題)

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DTI SIM


No.4 U-mobile

U-mobile

無制限プランの中ではそこそこ通信速度が出るほうですが、実際に使えるデータ量は少なめです。3日間で1.2GB前後のデータ通信を行うと速度制限にひっかかります。

月額料金データ容量
データ専用 LTE使い放題2480円3日間で1.2GB前後

U-mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → U-mobile: ユーモバイル


No.5 ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのFonプレミアムプランが無制限プランの中で一番安く使うことができます。ただし、短期間かつ大容量のダウンロードをした場合、通信速度が制限される場合があります。加えて、ネットでの評判ですが、相当通信速度が遅いそうです。今まで計測した格安SIMの中では、ぷららモバイルLTEの通信速度が一番遅くて使いづらくなっているのですが、それよりもさらに悪くなっているようです。まともに使えるとは考えないほうがいいですが、月額料金が安いので5番目にランクインさせておきました。

月額料金データ容量
Fonプレミアムプラン、データSIM1556円無制限(3Mbps)

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価とネットの評判の詳細


No.6 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランで高速データ通信を無制限に使うことができます。UQ mobileやU-mobileのように使いすぎた場合でも速度制限はありませんが、実際に出る通信速度がかなり遅くて安定していません。平日の夜になると動画を見れない程度まで速度が低下します。アプリのダウンロードも遅いです。ぷららモバイルLTE程度の速度だと、テザリングを使うと色々支障が出てくるかと思います。ぷららモバイルLTEは使い物にならないことを覚悟して試す必要があります。

月額料金データ容量
定額無制限プラン、データSIM2760円無制限(3Mbps)

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


No.7 b-mobile

b-mobile

日本通信のb-mobileには月額1980円で高速データ通信が無制限に使えますが、動画を見ると特殊な速度制限がかけられているらしく、読み込みがかなり遅くなって見れたもんじゃありません。料金は安いですがサービス開始当初から評判が超悪いです。敬遠したほうが良いです。

月額料金データ容量
高速定額、データSIM1980円無制限

b-mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → b-mobile


No.8 OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは通信量は無制限ではありませんが通信速度500kbpsで月15GBまで使うことができます。ただし月15GBまでしか使えないので、UQ mobileの無制限プラン(月最大30GB使える)の方がおすすめです。

月額料金データ容量
500kbpsコース1800円月15GB(500kbps)

OCNモバイルONEの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る