格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMのデメリットのひとつが通話料金が高いことです。30秒で20円の通話料金になります。1日10分、1ヶ月で300分の電話をかけた場合、電話代だけで1万2000円かかってしまいます。1日5分だけでも1ヶ月で6000円の電話代。。

「せっかく格安SIMで節約できると思ったら、電話代を入れると逆に高くなる!」

と思った人、ご安心を。通話代をゼロ円、または半額に抑えることできます。格安SIMを使っている人の通話代の平均はたぶん月1000円以下だと思います。ちなみに格安SIMを使っている私の通話代は月100円くらいです。

まず最初、大半の人が電話をほとんどしなくなった

1ヶ月の通話時間(Lineなどの通話アプリでの通話は除く)

2014年8月 MMD研究所調べ (母数1218人)
1分未満14.6%
1分以上3分未満15.9%
3分以上5分未満11.6%
5分以上10分未満14.8%
10分以上15分未満10.2%
15分以上30分未満9.6%
30分以上1時間未満9.4%
1時間以上2時間未満7.2%
2時間以上3時間未満2.2%
3時間以上4.5%

75%の人が月30分も電話をかけていません。30分の通話料金は1200円です。さらに下記で説明する楽天電話を使えば半額の600円です。格安SIMで通話代が高くなる人(月2時間以上電話をかける人)は、全体の6.7%しかいません。

ほとんどの人が電話をかけなくなったのかというと、そうではなく無料の通話アプリ(LINE等)を使って電話をかけています。

通話代0円! LINEで家族や友達と無料通話をする

格安SIMを使っている人は通話といったらLINEの無料通話です。LINEで友達登録をすることで家族や友達に無料で電話をすることができます。

声が少し遅れて聞こえたり音質が少し悪かったりしますが、たいていの人は無料なので使っています。基本的にこれで電話代の大半を削減することができます。

通話代半額! 楽天でんわを使う

どうしてもLineを入れない友達というのがいたりします。そういった場合は、楽天でんわを使って電話をかけます。楽天でんわのアプリをスマホにインストールして登録するだけで簡単に使うことができます。通話料金は30秒10円と、通常の半額になります。

必要な時だけLINEを入れていない友達に楽天電話で1,2分ほど手短な要件だけ伝えて電話を切ればいいので電話代もそんなにかかりません。

スマホを持っていない両親への電話も楽天でんわで行えば問題ありません。親と電話をすることが多い場合は、2万円の格安スマホと月700円のデータ専用SIMを買ってLINEを設定して、親に持たせましょう。親に無料で電話ができるといえばLINEの使い方だけ嬉々として覚えてくれます。

月30分以上通話する人は、月60分までの通話が無料になるBIGLOBEの通話パック650(月額650円)がおすすめ

通常の格安SIMの通話料金は30秒20円です。楽天でんわ等を使うと30秒10円になります。それでも60分通話すると1200円になります。月額650円のBIGLOBEの通話パック650を申し込むと60分の通話を650円にすることができます。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは月額650円で月60分間までの通話が無料になる通話パック650を提供しています。1度の通話で使える無料通話時間は60分まで可能です。 1回5分まで無料という感じにはなっていません。無料通話を超過した場合でも30秒10円で通話することできます。

月30分から1時間30分くらい電話をする場合はBIGLOBE SIMの音声通話SIMと通話パック650だと安くできるのでおすすめです。月2時間くらい通話する場合は、格安スマホとガラケーの二台持ちのほうが一番節約できるようになります。

BIGLOBE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

10分以内の通話なら月300回まで無料に使える、しかし割安に使える条件はかなり厳しいのがY!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile

格安SIMのY!mobileは10分以内の通話を月300回まで無料で使うことができます。ただし、詳しく計算してみるとわかるのですが、実質的に割安に使うにはかなり厳しいです。

簡単にまとめると、ドコモかauのガラケーユーザで短い電話をよくする人で、Y!mobileへMNPができて、家電量販店で契約できると言われているSIMフリーのスマートフォン(ZenFone 2 Laser等)とスマホプランM(月3GB)を申し込む場合で、2年後に他の格安SIMへMNPをして逃げ出せる人が、Y!mobileを使うと実質的に割安に使える人たちです。

10分以内の通話が月300回まで無料というのは魅力的ですが、実際に料金を計算してみると、ほとんどのケースで割高になります。

Y!mobileの評価とネットの評判の詳細

新規契約の場合、キャッシュバックも割引もないので完全にかなり割高になります。

ドコモやauのスマホを持っている人は、そのスマホをワイモバイルで使うことができないので、新しいスマホを購入しなければならないので実質的に割高になります。他の格安SIMならドコモやauのスマホを使うことができます。

2年後にMNPをして逃げ出すにはSIMフリーのスマートフォンを選ぶ必要があるのですが、ワイモバイルには超割高なNexus 5Xしか扱っていないので、家電量販店で契約できると言われる他の安いSIMフリーのスマートフォンを選ぶ必要があります。

月3GBのプランなら安く使えますが、月1GBや月7GBのプランは割高になります。

1年後にMNP特別割引がなくなって月額料金が1000円アップして、2年後には端末の分割料金がなくなるにもかかわらず料金がほとんど変わらない上に、使えるデータ量は半分になるので、2年後にはMNPで他社へ移る必要があります。

こんな感じで、割安に使うには、かなりの条件を突破していく必要があります。ひとつでもひっかかると割安にはならずに割高になります。

5分以内の短い電話をよくする人は楽天モバイルの5分かけ放題、長電話をよくする人はガラケーと格安スマホの2台持ちがベストな方法になります。

5分以内の短い電話をよくする場合は、月額850円で5分以内の通話がし放題の楽天モバイルがベスト

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは月額850円のオプション料金を支払うことで5分以内の通話がかけ放題になります。(1回の通話が5分を超えると、超過分は30秒10円になります)

5分以内の通話を1日1回くらいはする場合は、かなり割安です。2日1回程度でも割安です。3日1回程度になると、かけ放題オプションに加入せずに、普通に楽天でんわの半額電話、30秒10円で話したほうが割安になる計算になります。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

短い電話をよくかける場合、楽天モバイルの5分かけ放題はかなりお得です。ワイモバイルのようにMNPじゃなければ安くならないとか、一定期間経つと月額料金が高くなるとか、そういったトラップもありません。短い電話をよくかける場合に、楽天モバイルがお得になります。

楽天モバイルの5分かけ放題オプションの詳細

公式サイト → 楽天モバイル

長電話や10分以上の通話をよくする場合は、ガラケーと格安スマホの2台持ちがベスト

格安SIMにも、BIGLOBE SIMの通話パック60や楽天モバイルの5分かけ放題があり通話をある程度安くできます。ただし、長電話をすることが多い場合はどうしようもありません。

できるだけLINEの無料通話や楽天でんわ、通話パック60もしくは5分かけ放題で通話料金を抑えて、それでもダメそうな場合は、思い切ってガラケーと格安スマホ(または格安タブレット)の2台持ちにしたほうが便利でそして節約になります。

格安スマホ(または格安タブレット)+データSIM 月900円(月3GB)
大手キャリアのガラケーの国内電話し放題プラン 月2200円

月3100円で普通の使い方なら十分なデータ通信ができ、そして国内電話が話し放題になります。

格安スマホ+音声SIMの月額料金は1600円なので、月1500円加えることで国内電話が無料になります。電話をある程度する場合、基本的にガラケーと格安スマホの2台持ちがベストな方法です。

どんな格安スマホがいいかは、格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)を参考にしてみてください。

格安スマホではなく、格安タブレットでもガラケーとの2台持ちができます。違いは画面の大きさです。格安スマホは画面が5インチなのにたいして、格安タブレットは7インチや8インチが主な大きさです。画面が大きいほど見やすいですが、その分、本体が大きいです。重さは300グラムぐらいなので気にするほどではないのですが、片手での操作はできないので、電車で立って使うには厳しいです。

屋内で主に使おうと思っている場合は、格安タブレットがおすすめです。格安タブレットに関しては格安タブレットと格安SIMという選択肢を参考にしてみてください。

国内電話し放題に関しては、ドコモでもソフトバンクでもauでも月2200円でやっています。違いはないです。ガラケーを持っていない場合は、auのガラケーが比較的安いので、auにしておいたほうがいいかもしれません。近くにドコモショップがあるならドコモのガラケーを買って契約するというのでも良いと思います。

ガラケーの話し放題プラン:ドコモの場合

ドコモのガラケーの場合、月2200円を支払うことで国内通話し放題になります。

ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」 / 料金表

ごちゃごちゃしていて読み取りにくいですが、カケホーダイプラン(ケータイ)というのが月2200円で使えます。他にもオプション料金が加算されていくように見えますが、月2200円で使えます。

ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)を持っていない場合は、Amazonで“ドコモ ガラケー”と検索すれば5000円から1万3000円くらいで買うことができます。

ドコモのフィーチャーフォンを持ってドコモショップへ行けば、月2200円のカケホーダイプランを契約することができます。

ガラケーの話し放題プラン:ソフトバンクの場合

ソフトバンクのガラケーの場合も月2200円で国内通話し放題になります。

SoftBank 3G(携帯電話)のスマ放題料金体系

スマ放題はS!ベーシックパックなしでも契約できます。むしろS!ベーシックパックありの場合、パケ死の恐れがあるので、S!ベーシックパックなしのほうが安全で安いです。

ソフトバンクのフィーチャーフォンを持っていない場合は、Amazonで“ソフトバンク 白ロム”と検索すれば6000円くらいで買うことができます。

ソフトバンクのガラケーを手に入れたら、それを持って近くのソフトバンクショップへ行き、スマ放題の基本使用料だけのプランに加入すれば月2200円で話し放題ができます。

ガラケーの話し放題プラン:auの場合

auのガラケーの場合も月2200円で国内通話し放題になります。

au 3Gケータイ 料金・割引プラン電話カケ放題プラン(ケータイ)

auのフィーチャーフォンを持っていない場合は、Amazonで“au 白ロム”と検索すれば中古なら3000円くらいで買えます。新品なら6000円くらい。

auのガラケーを手に入れたら、それをauショップへ行き電話カケ放題プラン(ケータイ)を契約すれば月2200円で話し放題ができるようになります。

格安SIMを使っている人の半分くらいはガラケーと格安スマホの2台持ちという統計があるそうなので、ガラケーと格安スマホを2台使っていても変ではありません。ガラケーと格安スマホの2台持ちになるので持ち歩くのが少し面倒くさく感じるかもしれませんが、電話をよくする人にはメンドクサイ以上の節約効果があります。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る