格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法、半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDS

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMのデメリットのひとつが電話をたくさんすると通話料金が高くなることです。普通に電話をすると通話料金が30秒で20円かかります。1日10分、1ヶ月で300分の電話をかけた場合、電話代だけで1万2000円かかってしまいます。1日5分だけでも1ヶ月で6000円の電話代・・・。

「せっかく格安SIMで節約できると思ったら、電話代を入れると逆に高くなる!」

と思った人、ご安心を。通話代をゼロ円、または半額に抑えることができます。5分かけ放題をうまく使えば、電話をたくさんする場合でも電話代を月800円くらいに抑えることができます。

格安SIMを使っている人の通話代の平均はたぶん月1000円以下だと思います。ちなみに格安SIMを使っているこのサイトの管理人の通話代は月100円くらいです・・。(電話相手がいないというのも一因ですが・・)

ここでは格安SIMで通話料金をできるだけ抑える方法を全て説明していきます。

まず最初に、大半の人が電話をほとんどしなくなった

格安SIMは何も工夫せずに電話をたくさんすると電話代が高額になりますが、実はほとんどの人は電話をあまりしなくなっています。これは電話の代わりに、LINEの無料通話やトークを使ったり、TwitterやFacebookなどでコミュニケーションをするのが一般的になりつつあるためです。

1ヶ月の通話時間(LINEなどの通話アプリでの通話は除く)

2014年8月 MMD研究所調べ (母数1218人)
1分未満14.6%
1分以上3分未満15.9%
3分以上5分未満11.6%
5分以上10分未満14.8%
10分以上15分未満10.2%
15分以上30分未満9.6%
30分以上1時間未満9.4%
1時間以上2時間未満7.2%
2時間以上3時間未満2.2%
3時間以上4.5%

少し古いデータになりますが、上記のデータだと75%の人が月30分も電話をかけていません。30分の通話料金は1200円です。さらに下記で説明する楽天でんわを使えば半額の600円になります。格安SIMで通話代が高くなる人(月2時間以上電話をかける人)は、全体の6.7%しかいません。

より正確なデータを総務省から出しています。

参考:総務省:平成26年度の音声通信利用状況(PDF)

スマホ以外にもガラケーも含めた日本における平均的な通話時間は月68分間です。半額でんわを使えば格安SIMでも電話代は月1360円になります。5分かけ放題をうまく使えば、電話代を月850円に抑えることもできます。

格安SIMの基本料金と合わせても、電話代込みで月2000円〜月2500円くらいになります。

下記から、格安SIMでの電話代の節約方法を電話をかける頻度や通話時間に応じて説明していきます。電話をかける頻度が少ない場合の電話代の節約方法から順に説明していきます。

通話代0円! LINEで家族や友達と無料通話をする

格安SIMを使っている人は通話といったらLINEの無料通話です。LINEで友達登録をすることで家族や友達に無料で電話をすることができます。

声が少し遅れて聞こえたり音質が少し悪かったりしますが、たいていの人は無料なので使っています。基本的にスマホ同士ならLINEで家族や友達同士の電話代を無料にすることができます。

1ヶ月30分以内なら、通話代半額の楽天でんわを使う

通話時間が1ヶ月30分以内の場合は、通話代が半額になる楽天でんわを使うのが一番簡単に一番安くなります。

楽天でんわ:通話料金30秒10円

格安SIMで普通に電話をすると通話料金は30秒20円ですが、楽天でんわを使えば通話料金が半額の30秒10円になります。LINEを使っていない友達や、普通の電話番号に電話をかける必要があるときは、通話料が半額になるを使います。

楽天でんわは誰でも使うことができます。別に楽天モバイルを契約しなければならないというわけでもありません。UQ mobileでもmineoでも、その他の音声通話SIMの格安SIMで使うことができます。(データSIMでは使えません)

使い方は簡単です。スマホに楽天でんわのアプリをインストールして、楽天でんわのアプリから電話をかけるだけです。通常30秒20円の通話料金が30秒10円になります。通話音質も普通の携帯電話と同じです。

月合計30分程度(600円)の電話なら、楽天でんわを使って電話をするのが安くて一番簡単にできる節約方法になります。

月30分以上通話する場合、月60分までの通話が無料になるBIGLOBEの通話パック60(月額650円)がおすすめ

通常の格安SIMの通話料金は30秒20円です。楽天でんわ等を使うと30秒10円になります。それでも60分通話すると1200円になります。この場合、月額650円のBIGLOBEの通話パック60を申し込むと60分の通話を650円にすることができます。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは月額650円で月60分間までの通話が無料になる通話パック60を提供しています。1回5分まで無料という感じにはなっていません。1度の通話で無料通話時間の60分を全て使い切ることも可能です。 無料通話を超過した場合でも30秒10円で通話することできます。

月30分から1時間10分くらい電話をする場合はBIGLOBE SIMの音声通話SIMと通話パック60が格安SIMの中で一番安くできるのでおすすめです。

ただし、携帯電話へ発信する場合は自分の電話番号が通知されますが、固定電話へ発信する場合は自分の電話番号が非通知になります。非通知を拒否設定している固定電話の場合は電話ができません。この場合、通常の電話アプリ(楽天でんわ等)から電話をする必要があります。

BIGLOBE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

短い電話をよくする場合、3分/5分かけ放題がおすすめ

総務省の平成26年の統計によると、携帯電話・PHSの1日当たりの通話回数は0.9回、通話時間は2分16秒です。携帯電話はガラケーに加えてスマホも含まれています。

平均的に見て、1度の通話で2分25秒の通話を行っています。そこに目をつけて登場したのが、月額780円〜850円で5分間の国内通話がかけ放題になるサービスです。

ざっくり計算すると、1日1回3分の通話をすると、1カ月で90分、格安SIMの半額電話(楽天でんわ)でも月の通話料金が1800円かかります。BIGLOBEの通話パック60なら650円+600円で1250円です。

5分かけ放題のオプションに加入しておくと通話料金は月額780円〜850円だけで済みます。かなり割安です。ただし、5分かけ放題を提供していない格安SIMもあるので、短い電話をよくする場合は事前に5分かけ放題のオプションを提供している格安SIMを選んでおく必要があります。

短い電話をちょくちょくする平均的な人の場合、5分かけ放題でかなり節約することができます。大手キャリアのスマホだと2700円で国内通話がかけ放題になりますが、普通の人はもうそんなに電話をしません。月額780円〜850円の5分かけ放題で十分です。

5分かけ放題を提供している格安SIMはそこそこありますが、月額600円〜650円で3分かけ放題を提供している格安SIMもあります。中にはあまり役に立ちそうにないですが、月額399円で1分かけ放題もあります。

下記で1分/3分/5分かけ放題のオプションがある格安SIMを紹介します。

※ かけ放題のオプションが使えるのは音声通話SIMだけです。データSIMではかけ放題は使えません。

楽天モバイル

楽天モバイル

月額850円のオプション料金で5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分超過後の通話料金は30秒10円です。固定電話への番号通知もできて音質も良いです。5分かけ放題を初めて始めたのが楽天モバイルです。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル


IIJmio

IIJmio

月額600円のオプション料金で3分以内の国内通話がかけ放題、月額830円で5分以内の国内通話がかけ放題になります。3分または5分超過後の通話料金は30秒10円です。固定電話への番号通知もできて音質も良いです。

IIJmioの音声通話SIMを複数契約している場合は、その格安SIM間の通話に限り、3分かけ放題が10分のかけ放題、5分のかけ放題が30分に増加します。

IIJmioの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → IIJmio


BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは月額650円で月60分間までの通話が無料になる通話パック60を提供していますが、同じく月額650円で3分以内の国内通話が無料になるBIGLOBEでんわ3分かけ放題も提供しています。3分かけ放題は3分を超過した場合でも30秒10円で通話を続けることができます。

ただし、通話パック60と同じく携帯電話へ発信する場合は自分の電話番号が通知されますが、固定電話へ発信する場合は自分の電話番号が非通知になります。非通知を拒否設定している固定電話の場合は電話ができません。この場合、通常の電話アプリ(楽天でんわ等)から電話をする必要があるので注意が必要です。

BIGLOBE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細


DTI SIM

DTI SIM

月額780円のオプション料金で、5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分超過後の通話料金は30秒20円です。固定電話への番号通知もできて、音質も良いです。

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DTI SIM


OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

月額850円のオプション料金で5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分超過後の通話料金は30秒10円です。固定電話への番号通知もできて音質も良いです。

OCNモバイルONEの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → OCNモバイルONE


FREETEL

フリーテル

月額840円のオプション料金で、5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分超過後の通話料金は30秒10円です。以前は固定電話への番号通知もできず音質も悪かったのですが、2016年7月下旬に改善され固定電話への番号通知もできるようになり、音質もまともになりました。

月額399円のオプション料金で1分以内の国内通話がかけ放題になるプランもありますが、さすがにここまで短い電話になると、楽天でんわを使ったほうが安くなりそうです・・。

FREETEL(フリーテル)の評価とネットの評判の詳細


この他、U-mobileの3分かけ放題や、もしもシークスの5分かけ放題もありますが、選べるプランに制限があったり、固定電話へ電話すると相手側で非通知になり着信拒否になったり、音質に問題があるようなのでわざわざ選ばないほうがいいです。

ワイモバイルなら月300回10分以内の通話がかけ放題だけど、割安に使える条件はかなり厳しい

普通の使い方であれば、5分かけ放題で十分です。5分以上かける場合も、超過通話料金は30秒10円なので、よっぽど頻繁に長電話しなければ問題はありません。

どうしてももっと長く電話をしたい場合に、ワイモバイルなら10分以内の通話なら月300回まで無料で使うことができます。ただし、割安に使える条件はかなり厳しいのでワイモバイルを検討する場合は、よくよく考えることをお勧めします。

ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルは10分以内の国内通話を月300回まで無料で使うことができます。ただし、詳しく計算してみると実質的に割安に使うにはかなり厳しいです。

簡単にまとめると、ワイモバイルで音声通話SIM(音声USIMカード)だけ契約して、スマホは自分で別のところで購入できるソフトバンクユーザ以外の人でMNP、加えて、2年後に他の格安SIMへMNPできる場合です。

10分以内の通話が月300回まで無料というのは魅力的ですが、実際に料金を計算してみると、ほとんどのケースで割高になるので注意してください。

ワイモバイルの評価とネットの評判の詳細

月120分〜240分の無料の通話時間がついたプラン

UQ mobileのぴったりプラン

UQ mobileのぴったりプラン

UQ mobileには月120分から240分の無料の通話時間がついた、ぴったりプランがあります。無料の通話時間がついて、新しい格安スマホもマンスリー割の月額割引がもらえます。通話時間をうまく消費できれば、割安に使えるプランになっています。
たっぷりプラン〜13ヶ月目14〜25ヶ月目26ヶ月目以降
新規またはauとau系の格安SIM以外からMNPする場合1980円/月2980円/月2980円/月
auとau系の格安SIMからMNPする場合2980円/月3980円/月2980円/月
サービス内容2GB/月、無料通話時間120分/月、スマホとセットに申し込むと月400円〜1450円の割引(2年間)1GB/月、無料通話時間60分/月
ぴったりプラン+たっぷりオプション〜13ヶ月目14〜25ヶ月目26ヶ月目以降
新規またはauとau系の格安SIM以外からMNPする場合2980円/月3980円/月3980円/月
auとau系の格安SIMからMNPする場合3980円/月4980円/月3980円/月
サービス内容6GB/月、無料通話時間240分/月、スマホとセットに申し込むと月700円〜1900円の割引(2年間)3GB/月、無料通話時間120分/月

UQ mobileのぴったりプランの評価とネットの評判の詳細

若干微妙、050のIP電話を使った通話料金の節約の仕方

050のIP電話を使い通話料金を節約する方法もあります。ただし、これは若干微妙な方法になります。

格安SIMでも使える代表的な050のIP電話は050 plus、SMARTalk、そしてLaLa Callです。050のIP電話を申し込むと自分の050番号をもらえます。IP電話のアプリをスマホにインストールして、IP電話アプリから電話をすると通話料金が安くなります。自分の050のIP電話番号を相手に知らせれば、相手は普通に電話をかけることができます。

・050 plus
月額料金300円、固定電話への発信 8円/3分、携帯電話番号への発信 17円/分、050 plus同士の通話 0円

・SMARTalk
月額料金0円、固定電話への発信 8円/30秒、携帯電話番号への発信 8円/30秒、SMARTalk同士とLaLa Callへの通話 0円

・LaLa Call
月額料金100円、固定電話への発信 8円/3分、携帯電話番号への発信 18円/分、LaLa Call同士とSMARTalkへの通話 0円

音声品質は050 plusが定評があります。

通話料金は楽天電話を使えば10円/30秒なので、あまり節約にはなりません。各IP電話同士なら通話料が無料になりますが、LINEの無料通話よりも少し音質が良くなるくらいなので、手間をかけてまでIP電話を設定する必要もないような気がします。

ただし050のIP電話はデータSIMでも使うことができます。データSIMは音声通話機能がないので070や080、090の携帯電話番号で電話をすることはできませんが、050のIP電話を使えば電話をすることができます。

データSIMは音声通話SIMよりも月額料金が700円くらい安くなるので、データSIMとIP電話の組み合わせなら月額料金も安くなるので節約できます。(データSIMは楽天でんわなどの半額でんわやかけ放題オプションは使えません)

ただ、IP電話は0120などのフリーダイヤルや緊急通報(110と119)にかけることができないので注意してください。

参考:音声通話SIMとデータSIMの違い

長電話をよくする場合、ガラケーと格安スマホの2台持ちがベスト

格安SIMにも、半額でんわやBIGLOBE SIMの通話パック60、楽天モバイル等の5分かけ放題があり通話をある程度する場合でも安くできます。ただし、何時間も長電話をする場合はどうしようもありません。この場合は思い切ってガラケーと格安スマホ(または格安タブレット)の2台持ちにしたほうが便利でそして節約できます。

格安スマホ(または格安タブレット)+データSIM 月900円(月3GB)
大手キャリアのガラケーの国内電話し放題プラン 月2200円

月3100円で普通の使い方なら十分なデータ通信ができ、そして国内電話が話し放題になります。

格安スマホの音声SIMの月額料金は1600円なので、月1500円加えることで国内電話が無料になります。長電話をする場合はガラケーと格安スマホの2台持ちがベストな方法です。

どんな格安スマホがいいかは、格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)を参考にしてみてください。

格安タブレットでもガラケーとの2台持ちができます。格安スマホは画面が主に5インチなのにたいして、格安タブレットは7インチや8インチが主な大きさです。画面が大きいほど見やすいですが、そのぶん大きいです。重さは250グラムから300グラムぐらいなので気にするほどではないのですが、片手での操作は無理です。

老眼が気にある場合は格安タブレットがおすすめです。格安タブレットに関しては格安タブレットと格安SIMという選択肢を参考にしてみてください。

国内電話し放題に関しては、ドコモでもソフトバンクでもauでも月2200円でやっています。auは2020年頃にCDMA2000を停波してガラケーが使えなくなる可能性があるので、ドコモがおすすめです。ソフトバンクでも良いですが、ドコモのほうが山間部や超田舎で繋がりやすいので、念のためドコモにしておくのが良いです。

ガラケーの話し放題プラン:ドコモの場合

ドコモのガラケーの場合、月2200円を支払うことで国内通話し放題になります。

ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」 / 料金表

カケホーダイプラン(ケータイ)というのが月2200円で使えます。ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)を持っていない場合は、Amazonで“ドコモ ガラケー”と検索すれば5000円から1万3000円くらいで買うことができます。ドコモのフィーチャーフォンを持ってドコモショップへ行けば、月2200円のカケホーダイプランを契約することができます。

ガラケーの話し放題プラン:ソフトバンクの場合

ソフトバンクのガラケーの場合も月2200円で国内通話し放題になります。

SoftBank 3G(携帯電話)のスマ放題料金体系

スマ放題はS!ベーシックパックなしでも契約できます。ソフトバンクのフィーチャーフォンを持っていない場合は、Amazonで“ソフトバンク 白ロム”と検索すれば6000円くらいで買うことができます。ソフトバンクのガラケーを手に入れたら、それを持って近くのソフトバンクショップへ行き、スマ放題の基本使用料だけのプランに加入すれば月2200円で話し放題ができます。

ガラケーの話し放題プラン:auの場合

auのガラケーの場合も月2200円で国内通話し放題になります。ただし、auのガラケーは2020年にCDMA2000の終了に伴い使えなくなる可能性があります。実際のところ、2020年に停波するのか正確ではないのですが、高い確率で2020年頃に現存するauのガラケーが使えなくなります。

そのため、わざわざauのガラケーを使うのではなく、ドコモのガラケーがおすすめです。ドコモのガラケーも2022年頃に3Gが停波になるかもしれませんが、まだ何も決まっていない相当先の話なので気にしなくていいです。

au 3Gケータイ 料金・割引プラン電話カケ放題プラン(ケータイ)

auのフィーチャーフォンを持っていない場合は、Amazonで“au 白ロム”と検索すれば中古なら3000円くらいで買えます。新品なら6000円くらい。auのガラケーを手に入れたら、それをauショップへ行き電話カケ放題プラン(ケータイ)を契約すれば月2200円で話し放題ができるようになります。

格安SIMを使っている人の半分くらいはガラケーと格安スマホの2台持ちという統計があるので、2台持ちでも変ではありません。持ち歩くのが少し面倒くさいですが、長電話をよくする人にはメンドクサイ以上の節約効果があります。

2台も持ち歩くのは面倒くさい場合は、下記で説明しているDSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホを使えば一台にまとめることもできます。

ガラケーと格安スマホを1台にまとめられる、DSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホによる通話料金の節約の仕方

ガラケーと格安スマホを1台にまとめられるDSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホが販売され始めました。ガラケーのドコモのFOMAカードと格安SIMカードの2枚をデュアルスタンバイ対応スマホに入れることで、両方のカードを同時に使うことができます。

通話料金を主体に考えると、DSDSの使い方は2つあります。一つはドコモのFOMAカード(タイプSSバリュー)と格安SIMのデータSIMを使う方法、もう一つはドコモのFOMAカード(かけ放題)と格安SIMのデータSIMを使う方法です。

タイプSSバリュープランのFOMAカード + データSIM

たまに電話をする場合で最も月額料金を抑えられるのがこのプランです。加えて、家族がみんなドコモを使っている場合、家族間の通話が無料になります。

ドコモのタイプSSバリュー(最大25分無料) 月934円 + データSIM 月900円程度(3GB) = 月1834円

タイプSSバリューの無料通話は3000円分、最大75分まで繰り越すことができます。無料通話を消費した後の通話料金は30秒20円になります。

この場合のデメリットは、無料通話時間を全て使い切ってしまった場合は、通話料金が30秒20円になることです。データSIMなので楽天でんわ等の半額でんわも使えません。音声通話SIMなら楽天でんわで30秒10円が使えます。

タイプSSバリューの損益分岐時間は月12分から37分です。月12分から月37分までならタイプSSバリューのFOMAカードとデータSIMの組み合わせが安くなります。逆に、月12分も電話をかけない場合は音声通話SIMを使い楽天でんわを使ったほうが安くなり、月37分を超えると音声通話SIMを使い楽天でんわや5分かけ放題を使った方が安くなります。

ただ、家族がドコモを使っている場合は、タイプSSバリューを使えば家族間の通話が無料になります。家族以外へは電話をほとんどしないけど、家族間で電話をよくする場合にタイプSSバリューと格安SIMの組み合わせがおすすめになります。

かけ放題のFOMAカード + データSIM

長電話をする場合に、かけ放題のFOMAカードとデータSIMの組み合わせが安くて便利に使うことができます。

ガラケーだと月2200円でカケホーダイが使えるのですが、スマホで使うと指定外デバイス利用料として500円加算されるので、月2700円になります。ガラケーと格安スマホを1台にまとめることができますが、月額料金は500円高くなります。

カケホーダイのガラケーと格安スマホ(データSIM3GB)の2台持ちの月額料金
月2200円+月900円 = 月3100円

DSDS対応のスマホでカケホーダイとデータSIM3GBを使う場合の月額料金
月2700円+月900円 = 月3600円

ドコモとソフトバンクのかけ放題を使うことができます。基本的にドコモの方が山奥でも繋がるので、ドコモにしておけばいいです。

DSDS対応スマホはCDMA2000に対応していないのが普通なので、DSDSを使う場合はauのかけ放題は基本的に使えません。(※ Zenfone 3 Deluxe ZS570KLだけがauのCDMA2000に対応していて、auのかけ放題もDSDSで使える可能性があります)

DSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホ

MOTOROLA Moto G4 Plus

MOTOROLA Moto G4 Plus
価格 税込3万5000円程度
性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ157グラム、電池容量3000mAh

MOTOROLA Moto G4 Plusのスペックと評価と評判のまとめ

国内初のデュアルスタンバイ対応スマホがMOTOROLA Moto G4 Plusです。そこそこ高性能なCPUと3GBのRAMを搭載しています。ただし、見た目がプラスチックで値段の割には高級感がなく、FOMAプラスエリアに対応していないことや、電子コンパスも付いていないという欠点を抱えています。


ZenFone 3

ZenFone 3
価格 税込4万2000円程度
性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ144グラム、電池容量2650mAh

ZenFone 3のスペックと評価と評判のまとめ

ZenFone 3は高性能で省エネのCPUと3GBのRAMを搭載したデュアルスタンバイ対応の格安スマホです。見た目も非常に良く、FOMAプラスエリアにも対応していて、電子コンパスも搭載しています。価格が高いのがネックですが、満足度が高い機種になっています。

ZenFone 3の場合、デュアルスタンバイでSIMカードを二枚使うと、マイクロSDカードを入れる場所がなくなります。音楽をたくさん保存したり、動画をそこそこ撮るとROM32GBでは保存容量が足りなくなるので気をつけてください。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る