ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMの違いと使えるスマホ

最終更新日 / 作成日 2016年10月17日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMには使える回線の種類によって、ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMの3つがあります。

格安SIMは独自の回線は持っていません。大手キャリアの回線や設備を借りて格安SIMのサービスを提供しています。

ドコモ系の格安SIMはドコモの回線を借りています。通信速度の違いがありますが、ドコモのスマホを使っている人と同じようにドコモのサービスエリアで使うことができます。そしてau系の格安SIMはauの回線を借りていて、ソフトバンク系の格安SIMはソフトバンクの回線を借りています。

格安SIMの主な違いは、ドコモ系/au系/ソフトバンク系の格安SIMごとに使えるスマホが異なってくることです。ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMの全てで使える格安スマホ(SIMフリーのスマートフォン)もありますが、ドコモ系でしか使えない格安スマホも多数あります。

これはドコモ、au、ソフトバンクで使っている対応バンド(電波/周波数)が違うためです。加えて、白ロムの場合はSIMロックにより使えるSIMカードを制限しているためです。

ここでは各回線系の格安SIMのリストを掲載するとともに、使える格安スマホと白ロムを説明していきます。それに加えて、テザリングやSMSの送受信ができるかどうかについても記載していきます。

格安SIMの中には、ドコモ系で使えるプランとau系で使えるプラン、はたまたソフトバンク系で使えるプランを提供しているMVNO(格安SIMサービスを提供している会社)があります。同じMVNO(格安SIM)でも、例えばドコモ系からau系のプランへ変更するには、格安SIMカード自体を交換しなければいけないので、基本的に別物として扱ってください。

ドコモ系の格安SIMと使えるスマホとタブレット

ドコモ系の格安SIMは普通のドコモユーザと同じようにドコモの回線を使うことができます。ドコモの回線の強みは、電波の受信が良いことです。かなりの田舎や山間部などの場合、ドコモの回線が一番良い評価を得ています。

大手キャリアの中でドコモの回線が一番安く借りることができて、使えるスマホの機種もたくさんあるので、多くの会社がドコモの回線を借りて格安SIMのサービスを提供しています。

ドコモ系の格安SIMの一覧

ドコモ系の格安SIMで使える端末

ドコモ系の格安SIMは、日本国内で販売されているほとんど全てのSIMフリーのスマートフォンとLTEに対応したタブレット、格安スマホ、ドコモのスマホ(白ロム)、ドコモのLTEに対応したタブレット(白ロム)で使うことができます。ドコモ系の格安SIMを使う場合は、基本的にこれらの端末を使います。

ドコモで購入したスマホやLTEに対応したタブレットなら、SIMロックの解除の必要なくドコモ系の格安SIMで使うことができます。ちなみに、白ロムとは大手キャリアで購入したスマホやタブレットのことを言います。

ドコモ系の格安SIMで使えないのは、SIMロック中のauとソフトバンクのスマホ/LTE対応タブレットです。auやソフトバンクのスマホやLTE対応タブレットでもSIMロックを解除できる場合、SIMロック解除後にドコモ系の格安SIMでも使うことができます。ただし、対応バンドの違いからiPhoneやiPad以外は電波の受信が悪くなります。

並行輸入品や海外から個人輸入したSIMフリーのスマートフォンやLTEに対応タブレットは、ドコモ系の格安SIMでも使えますが、FOMAプラスエリアのバンドやプラチナバンドに対応していない場合が普通にあります。FOMAプラスエリアのバンドやプラチナバンドに対応していないと電波の受信が悪くなります。

ドコモ系の格安SIMで普通に使えるスマホ

ドコモ系の格安SIMで普通に使えるタブレット

  • Apple Storeで購入したセルラー版のiPad
  • ドコモで購入したSIMロック中またはSIMロックを解除したセルラー版のiPad、SIMロックを解除したauとソフトバンクのセルラー版のiPad、その他ドコモで購入したLTEに対応したタブレット、中古のドコモのLTE対応のタブレットも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • MediaPad T2 7.0 Pro
  • ZenPad 3
  • その他、ほとんど全ての日本国内で販売されているLTEに対応しているタブレット。WiFi専用の場合は使えません。LTEに対応していれば全部と言っても差し支えないです。

ドコモ系の格安SIMで使えるスマホについては、格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)にも記載しています。

ドコモ系の格安SIMでテザリングについて

ドコモ系の格安SIMで使える端末なら基本的にほとんどテザリングが使えます。

iPhoneやセルラー版のiPadシリーズ、SIMフリーのスマートフォン、SIMフリーのLTE対応のタブレットでテザリングが使えます。

テザリングが使えない端末は、iPhoneやiPad以外のドコモのスマホやタブレット(白ロム)です。ただし、最近のドコモの白ロムの中にはテザリングができるものが出始めています。

iPhoneやiPad以外のドコモの白ロムでもテザリングができる端末

テザリングができるドコモのスマホ
arrows SV F-03H、arrows Fit F-01H、Galaxy S7 edge SC-02H、AQUOS ZETA SH-04H、Disney Mobile on docomo DM-01H、AQUOS Compact SH-02H、AQUOS ZETA SH-01H、AQUOS EVER SH-04G、AQUOS ZETA SH-03G、Xperia X Performance SO-04H

テザリングができるドコモのタブレット
arrows Tab F-04H、AQUOS PAD SH-05G
(mineoさんが動作確認を行いました)

上記以外のドコモの白ロムでもGalaxy系やXperia系ならパソコンから特殊な設定をすれば、テザリングができるようになることもありますが、微妙です。Androidのバージョンをアップすると使えなくなったり、何かしらのアップデートで使えなくなったりする可能性があります。

無理やりテザリングをできるようにするよりも、もともとテザリングができる端末を選ぶことをお勧めします。

ドコモ系の格安SIMでのSMSについて

ドコモ系の格安SIM(SMS対応のデータSIM/音声通話SIM)で使える端末なら基本的にほとんどの機種でSMSが使えます。

SMSが使えないのはiPadシリーズとOptimus Pad L-06Cくらいです。

au系の格安SIMと使えるスマホとタブレット

au系の格安SIMは普通のauユーザと同じようにauの回線を使うことができます。auの回線の強みは、ドコモと同じく電波の受信が良いこと、それとau系の格安SIMでもVoLTEが使えるので、音声通話の音質がとても良いことです。

ただし、auの回線使用料が少し高いことと、auの使っている電波は世界標準とは異なるために使えるスマホがかなり限られることが原因で、auの回線を借りて格安SIMのサービスを提供するMVNOは少ないです。

au系の格安SIMの一覧

au系の格安SIMには、VoLTEに対応した格安SIMとVoLTEに対応していないLTE用の格安SIMの二種類があります。VoLTEに対応するかしないかで使える端末が異なるので注意が必要です。IIJmioのタイプAはVoLTE用の格安SIMしか提供していません。

UQ mobile:LTE対応SIMカードとVoLTE対応SIMカードを提供
マイネオのauプラン:microSIM/nanoSIMとauのVoLTE対応SIMを提供
IIJmioのタイプA:VoLTE用の格安SIMのみ提供

呼び名が若干違いますが、UQ mobileのLTE対応SIMカードとマイネオのauプランのmicroSIM/nanoSIMは、VoLTEに対応していないLTE用の格安SIMになります。

ここでは、VoLTEに対応した格安SIMを”VoLTE用SIM”、VoLTEに対応していない格安SIMを”LTE用SIM”と呼称します。

ちなみに、VoLTE用SIMのサイズの指定は不要です。VoLTE用SIMはSIMカード1つだけで、標準SIMやマイクロSIM、ナノSIMに簡単に切り抜くことができます。

au系のVoLTE用SIMで使える端末

au系のVoLTE用SIMは、日本国内で販売されている一部のSIMフリーのスマートフォンとLTEに対応したタブレット、SIMロックを解除したauのVoLTE対応スマホ(白ロム)、SIMロック解除したauのVoLTEに対応したタブレット(白ロム)で使うことができます。au系の格安SIMを使う場合は、基本的にこれらの端末を使います。

auのVoLTEに対応したタブレットは、2015年夏以降に発売されたタブレットです。Qua tab 01、Xperia Z4 Tablet SOT31、Qua tab 02、Qua tab PXがVoLTEタブレットです。

VoLTE用SIMは、auで購入したスマホやタブレットの場合はSIMロック解除しないと使うことはできません。

その他に、au系の格安SIMで使えないのは、SIMロック中のドコモとソフトバンクのスマホ/タブレットです。SIMロックを解除した場合でも対応バンドの違いから、ドコモとソフトバンクのスマホの場合はiPhoneやiPad以外はまともに使えないと思っておいたほうが良いです。

VoLTEに対応しているSIMフリーのスマートフォンならau系のVoLTE用SIMで使うことができます。

VoLTEに対応していないSIMフリーのスマートフォンのほとんどがau系の格安SIMでは使えません。※データ通信だけなら対応バンドの不備から受信が悪くなる可能性がありますが、VoLTEに対応していないSIMフリーのスマートフォンでもデータ通信だけなら使うことができます。ただ、一部でPHS保護に関する技適関連の問題があるらしく、VoLTEに対応していないSIMフリーのスマートフォンの利用は推奨できません。

VoLTEに対応しているSIMフリーのスマートフォンなら、VoLTE用SIMでSMSの送受信をすることができます。

au系のVoLTEに対応した格安SIMで普通に使えるスマホ

  • Apple Storeで購入したiPhone(iPhone 6以上)
  • SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクで購入したiPhone、その他SIMロックを解除したauで購入したVoLTE対応のスマホ、中古のSIMロックを解除したauのVoLTE対応のスマホも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • ZenFone 3
  • ZenFone 2 Laser
  • ZenFone Go
  • arrows M03
  • arrows M02

auのVoLTE対応端末の多くはCDMA2000に対応していないので、SIMロックを解除した場合でも、LTE用SIMでは音声通話ができない場合があるので気を付けてください。auのVoLTE対応端末には、VoLTE用SIMを使うのが無難です。

au系のVoLTE用SIMで普通に使えるタブレット

※音声通話機能に対応しているSIMフリーのタブレットでも、au系の格安SIMを使う場合は音声通話機能は使えません。SIMフリーのタブレットはSMSも使えません。ただし、SIMロックを解除したauのVoLTE対応のタブレット(iPad系を除く)ならSMSができます。

  • Apple Storeで購入したセルラー版のiPad
  • SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクのセルラー版のiPad、その他SIMロック解除したauで購入したVoLTEタブレット、SIMロック解除した中古のauのVoLTE対応タブレットも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • 上記の例:Qua tab 01 KYT31(SIMロック解除が必要、SMSも可)
  • MediaPad T2 7.0 Pro (SMS不可)
  • ZenPad 8 Z380KNL (SMS不可)
  • その他、日本国内で販売されているLTEに対応しているタブレットなら使えそうですが、7割くらいの可能性で対応バンドの違いから電波の受信が悪い機種が含まれていそうです。WiFi専用の場合は使えません。加えてPHS保護に関する技適の問題がある可能性が高いです。

auで購入したiPad mini 4とiPad ProはSIMロック解除をしないとau系の格安SIMでは使えないので気をつけてください。SIMロックを解除すれば、VoLTE用SIMとLTE用SIMの両方とも使うことができます。

ちなみに、auのVoLTEタブレットですが、製品ページではau VoLTEは灰色になっていてVoLTEに対応していないように見えますが、これはタブレットがVoLTEには対応していますが音声通話には対応していないため灰色になっています。

VoLTEに対応しているか気にある場合は、製品ページのスペックのau ICカードの項目を見てください。ここがau Nano IC Card 04 LEになっていればVoLTE対応端末です。VoLTEに対応していないと、au Micro IC Card (4G LTE)みたいな表示になります。

au系のLTE用SIMで使える端末

au系のLTE用SIMは、VoLTEに対応していないauのスマホ(白ロム)、VoLTEに対応していないがLTEには対応しているauのタブレット(白ロム)で使うことができます。*au系のLTE用SIMが、SIMロックを解除したauのVoLTEスマホやVoLTEタブレットで使えるかどうかは不明です。

LTE用SIMを使う場合で、VoLTEに対応していないauのスマホやLTE対応タブレットの場合はSIMロックの解除は必要ありません。ただし、VoLTEに対応していないau端末でも、2012年以前(2012年を含む)に発売されたauのスマホは電波の受信が悪い可能性が高いので気をつけてください。

SIMフリーのスマートフォンやLTEに対応したSIMフリーのタブレットは、対応バンドの不備で電波の受信が悪い可能性がありますが、データ通信だけなら使うことができます。ただし、SIMフリーのスマホ(iPhoneを除く)やタブレットではSMSは音声通話に含まれるので使えません。一部のSIMフリー端末でPHS保護に関する技適の問題もあるので、利用は推奨しません。

au系のVoLTEに対応していない格安SIMで普通に使えるスマホ

  • Apple Storeで購入したiPhone
  • SIMロック中のauのiPhone、またはSIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクで購入したiPhone、その他SIMロック中/SIMロック解除済みのVoLTEに対応していないauで購入したスマホ、中古のSIMロック中/SIMロック解除済みのVoLTEに対応していないauのスマホも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • 上記の例:Galaxy S5 SCL23などのVoLTEに対応していないauのスマホ

確か2機種だけですが、au系のVoLTEに対応していない格安SIMでも普通に使えるSIMフリーのスマートフォンが存在しているはずですが、性能がクソ端末なので無視します。

2020年を目処にCDMA2000が廃止になる予定なので、VoLTEに対応していない格安SIMの場合は、2020年頃にスマホで音声通話が使えなくなるので、念のため気にかけておいてください。

au系のLTE用SIMで普通に使えるタブレット

※音声通話機能に対応しているSIMフリーのタブレットでも、au系の格安SIMを使う場合は音声通話機能は使えません。SMSも音声通話機能に含まれるので使えません。ただし、iPad以外のauのタブレット(白ロム)の場合は、CDMA2000に対応しているのでSMSの送受信ができるようになっています。

  • Apple Storeで購入したセルラー版のiPad
  • SIMロック中のauのセルラー版のiPad(iPad mini4とiPad ProはSIMロック解除が必須)、SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクのセルラー版のiPad、その他SIMロック中/SIMロック解除済みのauで購入したLTEに対応したタブレット、SIMロック中/SIMロック解除済みの中古のauのLTEに対応したタブレットも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • 上記の例:ASUS MEMO Pad 8 AST21などのauのVoLTEに対応していないLTE対応タブレット (SMS可)
  • MediaPad T2 7.0 Pro (SMS不可)
  • ZenPad 8.0 Z380KNL、ZenPad 10 Z300CNL (SMS不可)
  • その他、日本国内で販売されているLTEに対応しているタブレットなら使えそうですが、7割くらいの可能性で対応バンドの違いから電波の受信が悪い機種が含まれていそうです。WiFi専用の場合は使えません。加えてPHS保護に関する技適の問題がある可能性が高いです。

auのiPad mini4とiPad Proをau系の格安SIMで使うにはSIMロックの解除が必須です。SIMロックの解除をすれば、VoLTE用SIMとLTE用SIMの両方で使うことができます。

au系の格安SIMでのテザリングについて

iPhoneとiPad以外ならau系の格安SIMで使える端末ならテザリングができます。

iPadはどのau系の格安SIMでもテザリングが使えないのですが、問題はiPhoneです。

UQ mobileのVoLTE用SIMならSIMフリーまたはSIMロック解除したiPhone 6s / 6s Plus / SEでならテザリングができます。同じau系の格安SIMでもIIJmioのタイプAやmineoのauプランの場合は、すべてのiPhoneでテザリングができません。UQ mobileだけが特別扱いされています。

au系の格安SIMでのSMSについて

ここが最も意味不明にぐちゃぐちゃになるので気をつけてください。

iPadシリーズはSMSの送受信をすることはできません。

SIMフリーのLTE対応タブレット(MediaPad T2 7.0 Pro等)はau系の格安SIMではSMSの送受信をすることはできません。

VoLTEに対応したSIMフリーのスマートフォン(ZenFone 3等)ならVoLTE用SIM(SMS付きデータSIM/音声通話SIM)を使えばSMSを送受信することができます。(LTE用SIMを使うとSMSの送受信はできません)

SIMロックを解除したauのVoLTEスマホ/VoLTEタブレットは、VoLTE用SIMを使えばSMSの送受信ができます。(LTE用SIMでできるかどうかは不明です)

auのVoLTEに対応していないスマホやLTE対応タブレットは、LTE用SIMを使えばSMSの送受信ができます。(SIMロックを解除した場合、VoLTE用SIMでSMSが使えるかどうかは不明です)

ソフトバンク系の格安SIMと使えるスマホとタブレット

ソフトバンク系の格安SIMは普通のソフトバンクユーザと同じようにソフトバンクの回線を使うことができます。ドコモ系とau系の格安SIMは純ドコモユーザや純auユーザよりも速度がだいぶ遅くなりますが、ソフトバンク系の格安SIMは、純ソフトバンクとほぼ同じ超速い速度が出ます。

ただし、ソフトバンク系の格安SIMの月額料金が高いので、格安SIMの安さのメリットがほとんどなくなります。契約も2年縛りのため、格安SIM/格安スマホとか言いつつ、ほとんどソフトバンクの代理店(代理プラン)になり下がっているのがソフトバンク系の格安SIMです。

ソフトバンク系の格安SIMの一覧

ソフトバンク系の格安SIMで使える端末

ソフトバンク系で使っているバンドはLTEバンド1/3/8、3Gバンド1/8です。これらのバンドが使えれば受信感度はソフトバンクのサービスエリア内でOKになります。

ソフトバンクで購入したスマホでもSIMロックを解除しないとソフトバンク系の格安SIMでは使うことができません。

SIMロックを解除したドコモやauのスマホでもソフトバンク系の格安SIMで使うことができますが、対応バンドの違いからまともに使えるとは思わないほうがいいです。特にauのスマホはソフトバンク系の格安SIMの対応バンドにほとんど対応していないので最悪です。

ソフトバンク系の格安SIMで普通に使えるスマホ

  • Apple Storeで購入したiPhone
  • SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクで購入したiPhone、その他SIMロックを解除したソフトバンクで購入したスマホ、中古のSIMロックを解除したソフトバンクのスマホも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • ZenFone 3
  • ZenFone 2 Laser
  • ZenFone Go
  • ZenFone Max
  • P9lite
  • Moto G4 Plus
  • SAMURAI MIYABI/KIWAMI
  • その他、LTEバンド1/3/8、3Gバンド1/8に対応しているSIMフリーのスマートフォンやタブレットなら基本的に問題なく使えます。多数のSIMフリーのスマホを使うことができます。

ソフトバンク系の格安SIMで普通に使えるタブレット

  • Apple Storeで購入したセルラー版のiPad
  • SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクのセルラー版のiPad、その他SIMロック解除済みのソフトバンクで購入したLTEに対応したタブレット、SIMロック解除済みの中古のソフトバンクのLTEに対応したタブレットも含む ※ただしネットワーク利用制限が×のものは使えない
  • MediaPad T2 7.0 Pro(多分)
  • ZenPad 7.0、ZenPad 8.0 Z380KNL、ZenPad 10 Z300CNL
  • その他、LTEバンド1/3/8、3Gバンド1/8に対応しているタブレットなら使えそうです

ソフトバンク系の格安SIMでのテザリングについて

iPhoneとiPadはソフトバンク系の格安SIMではテザリングができません。

※ ソフトバンク系の格安SIM、YmobileもU-mobile SUPERもiPadシリーズの動作確認を取っていないので確実には言えませんが、au系と同じくほぼ間違いなくテザリングはできないと思います。

※ Ymobileで販売しているSIMロックが解除できないクソのようなiPhone 5sならYmobileでテザリングができます。

iPhoneとiPad以外ならソフトバンク系の格安SIMで使える端末ならテザリングができます。ただし、動作確認を行っている端末が少ないため、動作端末に入っていない場合は使えない可能性が少しあるかもしれません。

ソフトバンク系の格安SIMでのSMSについて

ソフトバンク系の格安SIM(SMS対応のデータSIM/音声通話SIM)で使える端末なら基本的にほとんどの機種でSMSが使えます。

SMSが使えないのはiPadシリーズくらいです。ただし、ソフトバンク系の格安SIMではiPadの動作確認さえ取っていないので、SMSができるかどうかはわかりません。ドコモ系とau系の格安SIMでもiPadシリーズではSMSの送受信ができないので、ソフトバンク系でもできないと思います。

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMのまとめ

格安SIMの75%くらいはドコモ系の格安SIMが占めていると思われます。15%ぐらいがau系の格安SIM、残りの10%くらいがソフトバンク系の格安SIMになっていると思われます。(※ソフトバンク系の格安スマホ、ワイモバイルの扱い次第で割合がだいぶ変わる可能性があります)

ドコモ系の格安SIMが多数を占めているのは、ドコモの回線使用料が一番安かったことと、使えるスマホの機種の数が多いためです。いろいろ考えるのが面倒な場合は、とりあえずドコモ系の格安SIMを使っておくのが一番無難です。

au系の格安SIMはドコモ系よりもかなり少ないです。これは、auの回線使用料が以前はドコモよりもだいぶ高かったことが一つの原因です。それに加えて、au系の格安SIMで使えるスマホの機種がかなり限られたこともau系の格安SIMが少ない原因の一つになります。ただし、現在はauの回線使用料もドコモと同じくらいに下がり、使えるスマホの機種もある程度増えてきたことから格安SIMに占めるau系の格安SIMの割合は今後は増えていくと思われます。ただ、VoLTE対応やCDMA2000の廃止やSIMロックなど、気をつけるポイントがドコモ系よりもかなり多くなるので、au系は若干玄人向けの格安SIMです。

ソフトバンク系の格安SIMは、格安SIM(または格安スマホ)と名をつけただけの、ソフトバンクの手先(代理店)です。月額料金も高く、契約も2年縛りです。ソフトバンクの回線使用料が高いため、まともな格安SIMのプランを出すことができません。わざわざソフトバンク系の格安SIMを使うなら、普通にソフトバンクを除く大手キャリアのスマホ(できればドコモ)を使ったほうがまだ良いです。政府の圧力で2017年4月からソフトバンクの回線使用料がドコモ並みに下がるそうなので、もしかしたら2017年中に、まともなソフトバンク系の格安SIMが出てくるかもしれません。

おまけ:大手キャリアで思うこと

ソフトバンクがMVNOに力を入れないのは儲からないからです。ソフトバンクは儲かりそうなことにはお題目を並べて超熱心になりますが、儲からないと思ったら超消極的です。そんなソフトバンクは金融投資で大きな成果を残しています。

ドコモはMVNOで少し還元しているように見えますが、これはおそらく日本政府がドコモの大株主のNTT株をたくさん握っているからです。ドコモは政府にあまり逆らえないので、MVNOへ儲からない回線貸し出しを渋々率先してやるはめになっているんだと思います。どうせドコモは日本人のスマホ代で儲かったお金を海外投資でドブに捨てちゃうから、ドコモはもっとMVNOで還元しちゃえばいいのさ。

auは内部留保で溜め込んでいるのかな?

その他の格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る