格安SIMのメリットとデメリットの詳細

最終更新日 / 作成日 2015年3月19日 / 作成者 格安SIMの管理人

結論から言ってしまうと、ほとんどの人は格安SIMにしたほうがいいです。

例外的に、社会人で取引先の人に電話をかけることが多い人の場合は格安SIMはあいません。それ以外の人、子供や学生、主婦や主夫、高齢者、会社用ではなく個人用のスマホを使っている社会人の場合、スマホ代を大幅に安くできる格安SIMが絶対オススメです。

遅かれ早かれ、ほとんどの人が格安SIMを使うことになると思います。早ければ早いほど、携帯電話代を節約できるので、行動するなら今です!

ここでは、まず最初に格安SIMのメリットを説明した後にデメリットを詳細に説明していきます。

※ 格安SIMと格安スマホを同じものとして考えても問題ありません。(格安スマホは厳密には、主に格安SIMで使うSIMフリーのスマートフォンのことを言います)

格安SIMのメリット

1) 携帯電話の月額料金が2000円くらいになる

格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。今まで月7000円〜8000円だったスマホ代が2000円くらいになります。ざっくり計算して、毎月6000円の節約、年間だと7万円以上の節約です。料金が下がっても、ほとんどの人にとって使い勝手はあまり変わりません。

初めてスマホを使う人でも、格安SIMなら最初から月2000円くらいでスマホを使うことができます。

総務省のスマホの月額料金のアンケート結果(2016年、PDF)

MNOはドコモや、au、ソフトバンクのスマホを使っている人の月額料金です。サブブランドはワイモバイルとUQ mobileです。MVNOが楽天モバイルや、エキサイトモバイル、NifMoなどの格安SIM(格安スマホ)ユーザの月額料金です。

MNO(大手キャリア)のスマホの月額料金は月7000円から8000円くらいです。それに対して、MVNO(格安SIM)は実に68.5%もの人が月1999円以下しか払っていません。MVNOで月4000円以上払っている人は6%だけです。

2) 契約に縛られない

ほとんどの格安SIMは1年程度利用すれば、その後に解約や他社へ乗り換えても違約金は発生しません。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアは2年毎に契約が自動更新されます。更新月以外に解約や他社へ乗り換えると1万円くらいの違約金が発生してしまいます。

※ 大手キャリアにも契約に縛られないプランがありますが、もともと高い月額料金がさらに1500円くらい高くなるので、選べるようなプランではありません。

3) 月額料金は基本的にずーと同じ、スマホを長く使える

格安SIMの月額料金は基本的にずーと同じです。格安スマホを分割して購入した場合は、最初の2年間は1200円くらい高くなって月3200円くらいかかるかもしれませんが、2年経過後はずーと月2000円くらいで収まります。

大手キャリアで契約すると、最新のスマホがかなり安く手に入って、最初の2年間は各種割引などで月5000円程度で使うことができます。ただし、2年経過すると月額料金が8000円くらいに値上がりします。

2年経過すると、機種変で新しい月額割引を適用できるので、また最新の超高性能のスマホを安く手に入れることができるのですが、ハードなゲーマー以外は、超高性能のスマホにするメリットはほとんどありません。ほとんどの人は2年後も今使っているスマホで十分です。

2年後に他社へ乗り換えれば、最新のスマホが安く手に入り、キャッシュバックやMNPの割引などで月額料金を5000円ぐらいで引き続き使うことができます。ただし手数料が6000円かかり、更新月を逃せば違約金が1万円かかるので、面倒なため多くの人がそのまま放置してしまっています。

格安SIMならこういった煩わしいことを考えずに、ずーと同じ料金で節約し続けてくれます。

※ 大手キャリアにも長期契約ユーザ向けの割引がありますが、格安SIMの節約額に比べたら雀の涙です・・。

※ auは2017年7月から、スマホが高くなる代わりに月額料金が安くなるピタットプランとフラットプランを開始しました。ただ、それでも格安SIMと比べるとかなり割高な月額料金になっています。

4) 今すぐ格安SIMにしたほうが絶対良い人

電話をあまりしない人

ドコモやau、ソフトバンクだと電話をしなくても、スマホだと月2700円の電話代(かけ放題)がかかります。5分以内の通話が無料になるプランでも月1800円の電話代になります。電話を1分たりともしない場合でも、強制的に加入させられます。

格安SIMなら電話をしなければ電話代は0円です。

初めてスマホを使う人

新しくスマホを新規契約しようと思っている場合、格安SIM(格安スマホ)にしたほうが絶対良いです。大手キャリアで新規契約するメリットはほとんどありません。

大手キャリアには他社から乗り換えるとキャッシュバックや乗り換え用の月額割引があったりしますが、新規契約にはほとんどありません。

格安SIMの場合、新規契約でも他社からの乗り換えでも、格安SIM各社のキャンペーンでは同じように扱っています。

大手キャリアで2年を超えて契約している人

大手キャリアを選ぶメリットは、2年ごとに最新の超高性能のスマホに安く機種変できることですが、機種変せずに放置している人が相当数います。2年ごとに機種変している場合でも、超高性能なスマホに機種変する必要性のある人は、ごく一部のハードなゲーマくらいです。(もしくは単に趣味で最新のスマホが好きな人)

2年を超えても機種変しない人は、大手キャリアにいる意味がほとんどなく、機種変する人でも格安SIMの節約額以上のメリットを機種変で受けられる人はかなり少ないです。

大手キャリアを2年以上契約している場合は月額料金が8000円くらいです。格安SIMなら月2000円くらいにできます。

更新月が1ヶ月後とかの場合は、少し待って更新月になってから格安SIMへMNPをすることをおすすめします。更新月が2ヶ月以上先の場合は、あきらめて1万円の違約金を払って格安SIMへMNPしたほうが、トータルで安くなります。

※ 大手キャリアで更新月以外の解約/MNPをする場合、違約金は1万円が普通ですが、昔から契約している人の場合は3000円程度の場合もあります。違約金の詳細は、契約中の大手キャリアにお問い合わせください。

更新月がいつだかわからない場合は、自分が契約している大手キャリア、ドコモ(0120-800-000)au(0077-7-111)ソフトバンク(0800-919-0157)などに電話で問い合わせれば教えてくれます。

更新月を聞くときは、ついでに違約金についても聞いておくことをおすすめします。違約金が高額な場合でもたいていの場合は違約金を支払ってでも格安SIMへMNPした方がお得になっています。

大手キャリアを使っていて格安SIMにしたいけど、やり方がいまいちわからない場合は、下記のページを参考にしてみてください。

初めてスマホを契約(新規契約)しようと思っている人は手続きは簡単です。新規契約の場合は格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを参考にしてみてください。

格安SIMのデメリット

1) スマホを購入する必要がある

格安SIMの最大のデメリットは最初にスマホを購入する必要があることです。

ただし、大手キャリアのスマホを使っている場合は、ほとんどの場合で今使っているスマホをそのまま格安SIMでも使うことができます。いくつか注意点があるので、詳しくはドコモのスマホを持っている場合auのスマホを持っている場合ソフトバンクのスマホを持っている場合を参考してみてください。

スマホを持っていない場合は、新しくスマホを購入する必要があります。ほとんどの人にとって不満なく使える格安スマホの価格帯は3万円前後です。分割で購入することできますが、端末価格の15%ぐらいの分割手数料がかかる場合があるので、一括で購入することをお勧めします。

どんな格安スマホをどこで買えばいいかは格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価に記載しているのでそちらを参考にしてみてください。長く使えば使うほど節約になるので大切に使いましょう!(目標は4年です)

iPhoneでも格安SIMを使うことできます。詳細はiPhoneで格安SIMを使うための完全ガイドをご確認ください。

2) 電話をたくさんすると月額料金が高くなる

格安SIMの通話代は30秒20円が基本です。何も考えずに格安SIMで長電話をするとひどい目にあります。例えば1時間の電話をすると2400円です。

ただし、何も考えずに格安SIMを使った場合はです。楽天でんわアプリを使えば、通話の質を落とさずに30秒10円にすることができます。これで1時間の電話をしても1200円です。

格安SIMにも5分かけ放題や、10分かけ放題のオプションが月850円程度で使えたりします。総務省の統計によると、日本人の平均的な1日当たりの通話回数は0.9回、通話時間は2分16秒です。一般的な人の場合、ほとんどの場合で5分/10分かけ放題でカバーできます。

1ヶ月の通話時間(LINEなどの通話アプリでの通話は除く)

2014年8月 MMD研究所調べ (母数1218人)
1分未満14.6%
1分以上3分未満15.9%
3分以上5分未満11.6%
5分以上10分未満14.8%
10分以上15分未満10.2%
15分以上30分未満9.6%
30分以上1時間未満9.4%
1時間以上2時間未満7.2%
2時間以上3時間未満2.2%
3時間以上4.5%

格安SIMは長電話する場合は、あまり電話代を節約することができないのですが、家族や友達ならLINEの無料通話を使えばいいので、長電話する人自体がほとんどいなくなっています。

その他、格安SIMにも通話料金を抑える方法が色々あるので、電話をよくする場合は下記を参考にしてみてください。

格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法、半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDS

3) ガラケーの人にメールが送れなくなる可能性がある

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っていた人が格安SIMにすると、キャリアメールが使えなくなります。

大手キャリアのキャリアメールを使うメリットは、ガラケーの人にもメールを問題なく送れることです。大手キャリア以外のメールアドレスでメールを送ると、ガラケーの人がブロックして届かない可能性があります。ちなみにブロックを解除してもらえれば、ガラケーの人にもメールは届くようになります。

これから、ブロックを解除してくれない人のために月5000円を支払う価値があると思う場合は、そのまま格安SIMにせずに大手キャリアを使い続けてください。そんな価値はないと思う場合は、キャリアメールを捨ててGmailを使いましょう。

Gmail

最も有名な無料のメールサービスです。Gmailでメールアドレスを作成して、家族や友達などにメールアドレスの変更の連絡をしましょう。Gmailもスマホで普通に確認できるので心配無用です。

ヤフーメールやホットメールを使っている場合は、Gmailの変わりに使うこともできます。iPhoneの場合は、iCoudのメールアドレスでも問題ありません。

DSDSを使えばドコモのキャリアメールなら使い続けられる

DSDSに対応した格安スマホを使えば、ドコモのキャリアメールを使い続けることができます。

ただし、どうしても大手キャリアメールのメルアドが必要というわけではない場合は、結構面倒な手続きになっているのでやめた方が良いです。格安SIMの5分かけ放題などのサービスも使えなくなるので注意してください。

ざっくり説明すると、SPモードを契約して、ドコモのガラケー(FOMAの3Gスマホ)がなければ、ガラケーを借りるかヤフオクなどで購入して、スマホを使っている場合はSIMカードをFOMAカードに変更してもらって、FOMAカードをガラケーに入れて、ガラケーからマルチデバイスの設定をする必要があります。

この上で、DSDSに対応したスマホを購入して、音声通話SIMとしてFOMAカードを入れて、データ通信用に格安SIM(データSIM)を購入して挿入します。

マルチデバイスの設定と、スマホでのメールアプリの設定は下記に記載されているので参考にしてみてください。

ドコモ:その他のメールアプリからのご利用

参考 → 格安SIMのSNS:FOMA新規契約 (ZenFone 3でドコモメールを使っている人の情報提供)

ごく一部のネットサービスで大手キャリアのメルアドが必要になる場合がある

有名どころでは、ゆうちょ銀行のオンラインバンキングは、基本的に大手キャリアのメールアドレスが必要になります。ただし、楽天モバイルマイネオ、そしてUQ mobileのメールアドレスでも登録できるようになっています。これらのキャリアと契約していない場合は、即時の送金ができません。

あとは、一部のアイドルゲームなんかだと大手キャリアのメールアドレスが必要になったりする場合があります。

4) 通信速度が遅くなる

格安SIMの通信速度は大手キャリアよりも遅いです。

遅いですが、大体の人にとってほとんど問題ない感じで使えます。問題を感じる場合でも、格安SIMを使うことで得られる節約額の方が圧倒的にメリットがあると大半の人は感じると思います。

まず最初に、一日中、通信速度が遅いというわけではありません。遅さを感じるのは、平日の昼(12時台)の時間帯です。サイトを閲覧するくらいなら数秒(2秒〜4秒くらい)我慢すれば見ることができますが、動画やアプリのダウンロードは難しいです。唯一、UQ mobileだけが平日の昼の時間帯でも快適に使える速度が出ます。

ただし平日の昼以外でも、大手キャリアでも速度が低下する局所的な混雑場所(ラッシュ時の駅や電車内)だと、格安SIMは大手キャリアより速度が低下するので快適な利用は難しくなる場合があります。

それ以外の時間帯や場所なら基本的に格安SIMでも問題なく使うことができます。

ただし、格安SIMの中にも通信速度が速い格安SIMから、普通の格安SIM、そして遅い格安SIMがあります。

速い格安SIMと遅い格安SIMを比べると速度差が10倍以上あったりします。大体の格安SIMは一般的な使い方なら普通に使える速度が出ていますが、普通に使えないくらい遅い速度の格安SIMが無視できない数で存在します。

このサイトではMVNOの格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で格安SIMの実際に出る速度を毎月計測して、通信品質ランキングを掲載しています。毎月の通信品質ランキングの下位はやばいです。普通に使えません。ランキング中位だとほとんどの時間帯で普通に使えて、ランキング上位でほぼ快適に使える感じになっています。

宣伝目的だけで適当に評価しているサイトが多数存在するので、格安SIMを選ぶ場合は実際に速度をちゃんと計測しているサイトを参考にするのをオススメします。

速度を計測する場合でもスピードブースターという計測アプリの計測時にだけ速度を速くしている格安SIMが存在するので、計測アプリ(Speedtest等)の計測結果しか載せていないサイトも信頼しないほうがいいです。画像の読み込み速度や、アプリのダウンロード速度、そしてできれば動画再生時の通信速度も掲載しているサイトを参考にしてください。

5) おサイフケータイやワンセグに対応していない?

格安SIMだとおサイフケータイやワンセグが使えないと思っている人がいますが誤解です。

格安SIMでもおサイフケータイに対応したスマホを使えば格安SIMでもおサイフケータイが使えます。ワンセグに対応しているスマホなら格安SIMを入れても入れなくてもワンセグを使うことができます。

ただし、おサイフケータイの中でもiDだけは注意が必要です。今まで使っていたスマホではiDは使えなくなります。格安SIMでiDを使うには、おサイフケータイに対応していて、iDにも対応しているSIMフリーのスマートフォンを利用する必要があります。

おサイフケータイとワンセグに関しては下記に詳しく書いてあるので参考にしてください。

6) アプリのデータが消える?

格安SIMにしたからといってアプリのデータは消えません。ドコモのスマホを使っている人は、SIMカードを入れ替えるだけで格安SIMが使えるので、パズドラやモンスト、ポケモンGO、Twitter、Facebook、LINEなどのアプリもそのままのデータで続けることができます。

新しいスマホにした場合は、古いスマホにアプリのデータがありますが、ほとんどのメジャーなアプリは機種変更のためのデータ移行の方法があります。格安SIMにしたからといってゲームアプリを最初からやり直すなんてことはありません。気になる人は、アプリ名と機種変更で検索してみるといいかと思います。

※ 大手キャリアの純正アプリの場合は動かなくなる可能性があります。例えば、ドコモメールの場合、ドコモを解約すると使えなくなります。

7) 大手キャリアで最近契約した場合は、今すぐ格安SIMにしないほうが良い

大手キャリアでiPhoneを最近購入した場合

大手キャリアでiPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusを購入した場合(新規契約やMNP、機種変含む)、半年間は大手キャリアで契約を継続することを強くおすすめします。

半年間継続するとSIMロックを解除をすることができます。SIMロックを解除すると、そのiPhoneがすべての格安SIMで使えるようになります。

SIMロック解除しなくても、ドコモのiPhoneならドコモ系の格安SIMが使えますが、au系の格安SIMでは使えません。auのiPhoneならau系の格安SIMでは使えますが、ドコモ系の格安SIMでは使えません。ソフトバンクのiPhoneなんて、SIMロック解除しないと全ての格安SIMで使えません。

いずれにせよ、大手キャリアで最近iPhoneを契約した場合は、半年継続してSIMロックを解除してから格安SIMへMNPすることをおすすめします。

大手キャリアでiPhone以外のスマホを最近購入した場合

大手キャリアでiPhone以外のスマホ(Androidスマホ)を購入した場合は、SIMロックを解除するために半年はその契約を継続した方が良いです。

ドコモのAndroidスマホならSIMロックを解除しなくてもドコモ系の格安SIMで問題なく使えるので、特に問題はないのですが、auとソフトバンクのAndroidスマホはSIMロックの解除しないと、格安SIMでは使えなくなっています。

※ auは2017年8月から、スマホやiPhoneを購入してから3ヶ月後にSIMロックの解除ができるようになっています。

違約金がある場合でも、すぐに格安SIMへMNPした方が節約できる

大手キャリアから格安SIMヘMNPする場合、高額な違約金がある場合があります。ただ、多くの場合で高額な違約金を払ってでも格安SIMへすぐにMNPした方がトータルで計算すると節約できます。

高額な違約金の主犯はスマホの分割代の残りです。スマホを一括で購入していれば、違約金は1万円くらいです。分割で支払っている場合は、分割代の残りを一括で支払いわないといけないので、そのぶんだけ違約金が高額になります。

ただ、これから大手キャリを契約し続ける場合に支払う月額料金を考えると、違約金を支払ってでも月額料金の安い格安SIMへすぐにMNPした方が、トータルで計算すると、ほとんどの場合で節約することができます。

スマホのSIMロックを解除できたら、格安SIMへMNPすることを強くお勧めします。

7) 格安SIMの会社は潰れることがある?

はい、潰れることがあります。

実際に潰れることもありますが、基本的には事業譲渡で他の企業に身売りされる場合があります。有名どころの格安SIMが30社くらいありますが、そのうち潰れたのが1社、事業譲渡した格安SIMは3社です。

潰れたのが、ぷららモバイルLTEです。利用者はOCNモバイルONEへ無料でMNPして、OCNモバイルONEで格安SIMを使い続けられるようになりました。

ServersMan SIM LTEは、ユーザ数が伸び悩みトーンモバイル株式会社へ事業譲渡されました。そのまま使い続けることができますが、サービス内容の改善は絶望的です。

NifMo(Nifty)は、富士通の子会社でしたが、事業上の理由(選択と集中)でノジマへ売却しました。売却後も特に変わらずサービス展開しているので、ユーザにとっては特に関係ない感じです。

BIGLOBE SIMは、日本産業パートナーズからKDDIに売却されました。売却後も特に変わらずサービス展開していて、ユーザにとっては特に関係ない感じです。

ぷららモバイルLTEとServersManはどうしようもありませんが、NifMoとBIGLOBE SIMは特に滞りなくといったところです。

もし、使っている格安SIMに不安を感じた場合は、他の格安SIMヘMNPです。MNPの費用は6000円くらいです。

大手キャリアから格安SIMにすることで年間5万円〜7万円くらい節約できます。もし、格安SIMの会社(MVNO)がご臨終してしまった場合でも、面倒ですが6000円出して他の格安SIMへMNPすれば、また普通に使うことができます。

8) 格安SIMだと大規模な通信障害を起こす可能性が高い

大手キャリアでも数年に一度くらい大規模な通信障害を起こして、数時間インターネット接続ができなくなる場合がありますが、格安SIMだとその頻度が数倍になります。

大手キャリア、例えばドコモが通信障害を起こすと、ドコモ系の格安SIMも同じく通信障害を起こします。それに加えて、格安SIMは格安SIM独自の通信障害を起こしたりします。

平均的な格安SIMなら大規模な障害は年に1回あるかないかくらいです。ただし質の悪い格安SIMだと、1年に2,3回くらい大規模な数時間にわたる通信障害を起こす場合があります。

平均的な格安SIMならほとんどの場合で通信障害に気づかずに終わるのですが、質の悪い格安SIMだと通信障害でネットが使えず、不都合が生じる可能性があります。

このサイトでは下記のページで、通信障害を起こしやすい格安SIMや障害対策を掲載しているので、参考にしてみてください。

格安SIMの通信障害の危険性と通信障害の記録&DSDSによる障害対策

ちなみに、障害で電話が使えなくなったというのは聞いたこともないので、電話の通話障害に関しては格安SIMでも気にしなくて良いです。

格安SIMのメリットとデメリットのまとめ

格安SIMのメリットは、スマホの月額料金が圧倒的に安くなることです。一般的な使い方なら普通に使えます。スマホを使っている8割くらいの人が格安SIMで十分な感じです。

格安SIMのデメリットは「何も考えず」に適当に契約すると快適に使えない場合があることです。

通信速度の遅い格安SIMを選んでしまったり、使えるデータ量が少ない格安SIMを選んでしまったり、長電話をしてしまったりなど。

これらは少し調べれば回避できますが、調べない場合はデメリットが直撃します。

大手キャリアなら何も考えずに契約しても、高い月額料金がふりかかるくらいで、それ以外は快適に使うことができます。お金さえ出していれば、何も考えなくても快適安心を保障しているのが大手キャリアです。

格安SIMは大手キャリアの月額料金の4分の1くらいでスマホを使うことができますが、どの格安SIMがあっているかを自分で考える必要があります。

おすすめの格安SIM

  • エキサイトモバイル
    • 通信速度が比較的速く、月額料金は実際に使ったデータ量に応じて変わる従量制になっています。1GBごとの従量制になっているので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。
  • 楽天モバイル
    • 格安スマホを大幅に安く買えるキャンペーンをしょっちゅう行っています。月額料金が初月無料で、楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になります。新しいスマホが必要な場合や、楽天市場で買い物をする場合にオススメです。
  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。auユーザに特におすすめです。
  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
  • mineo(マイネオ)
    • mineoはau系の格安SIM(auプラン)とドコモ系の格安SIM(ドコモプラン)の両方の格安SIMを提供しています。月額料金もそこそこ安く、通信速度も比較的速いです。音声通話SIMをすぐに解約しても違約金が発生しないので、格安SIMをちょっと試してみたい人におすすめです。

格安SIMのお役立ち情報

↑このページの先頭に戻る